atafuta191

 

Embed or link this publication

Description

apia40

Popular Pages


p. 1

Vol.191 9 2014年 月号 TABINEKOABURADAN

[close]

p. 2

Live Schedule 2014 September ※各日入場時に1ドリンク(¥500〜)別途オーダーいただきます。 3 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 4 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 8 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 10 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 11 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 15 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 16 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 17 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 18 OPEN 18:30 / START 19:20 ADV ¥2500 / DOOR ¥2800 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 22 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 23 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 24 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 25 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 ¥1500 29 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 30 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 てあしくちびる 「Punch! Kick! Kiss!」 1st Album 1. てあしくちびるのテーマ 2. まがる 3. ペリ 4. 関東平野がここから ぶった切られているのを毎日感じている 5. ひもがし 6. 白い光 / 白い熱 7.O.W.W.O 8.New Error 9.hada to hada 2014.6.11 ¥1,500(TAX IN) 10. 君が発火している RWA14-M001 11.Punch! Kick! Kiss! JAN CODE-4562479490011

[close]

p. 3

5 OPEN 18:30/ START 19:20 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300 6 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 7 昼の部 ¥1500 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1000 12 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 13 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 14 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ADV ¥2500 / DOOR ¥2800 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 19 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 20 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 21 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 ¥1500 26 OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 27 OPEN 18:30 / START 19:00 ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 28 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300

[close]

p. 4

誓いを超えた誓いへ  私 は 未 だ か つ て、 彼ほどに自分の死期 をはっきりと知る人 を知らなかった。彼 は完璧なほどに素晴 らしい最後を自ら整 え、魂とともに愛の 生命を放ち、その終 止符を打った。それ は美しすぎるほど美 Shanti インド・カルカッタ ヒンドゥー教徒サドゥーババを訪ねて 父から、サドゥーの様態がかなり悪いので会いに行った方がい いと知らされた。翌日木曜でボランティアは休みだったから朝 のミサを終えてから、私は一人でプレムダンに向かった。ミサ の間やプレムダンに行く道すがら、私はサドゥーとの思い出を 一つひとつ思い出しては目頭を熱くし、祈っていた。  プレムダンに着き、最初サドゥーに会った時、彼だと分から なかったほど、 顔を膨れていた。 彼は苦しそうに息をしながらも、 私と目をあわし、時に私の言うことに頷いてくれたり、今朝の ミサでは心配でずっと祈っていたと言うと、彼は元気だった頃 のような慈しみ深い笑みを浮かべたりもした。会話の中で私も カトリックなったことを告げたりもした。  お互いに長い年月をかけてカトリックになったが、サドゥー しく、神々しくあり、 神に見守られたもの であったに違いない。私はそれをどうしても疑えないのだ。  彼はカルカッタのマザーテレサの施設プレムダンで働いていた。 私は95年から彼を知り、彼に助けられてきた。彼がいつどのよ うにしてプレムダンに来たかは誰も知らない、 なぜなら、 彼は「喋 らない誓い」 を立てていたヒンドゥー教のサドゥー {修行者} であっ た。  きっと何かの事情があり、プレムダンに来たことであろう、も しかすれば、行き倒れて運ばれた患者だったのかもしれない。し かし、私の知る彼はいつもワーカーのように、患者たちの世話を していた。それも誰もが嫌がるような仕事も嫌な顔一つ見せず、 シスターたちですら、そうであった。患者たちからは「サドゥー ババ」と呼ばれていた。 「ババ」とはベンガル語で「父」と言う意 味である。その彼が歳を重ねていく上で病気にもなり、以前のよ うに働けなくなったが、それでも、他の患者たちは彼への尊敬の 念を無くすことは決してなかった。  今年二月半ば、サドゥーは様態がかなり悪くなり、自らアイル ランドの NGO「Hope」の病院に入院することを望み、入院した。 私はそれを知り、彼を心配していたが仕事の忙しさを言い訳に見 舞いには行かなかった。  それから二週間ぐらい経った頃、サドゥーがプレムダンに戻っ てきたことを知った。しかし、その退院は病状が良くなっての退 サドゥーは「死ぬためにプレムダンに帰ってきた」ことを。  その後、彼はプレムダンでカトリックの洗礼を受けた。洗礼名 はジョセフメリーである。彼が洗礼を受けたと言う、その意味は 安易に想像できるものではないが、彼自身が間近に死を覚悟して いることを誰もが感じたであろう。彼はヒンドゥーのサドゥーと  3月12日、マザーハウスの夕の礼拝後、友達のイタリア人神 の場合は命をかけた永遠の誓いへと向かう洗礼であり、天国へ 旅立つ準備であり、また新しく生まれ変わった復活の意味も あったのであろう。病状に苦しむ彼であったが私は長い間畏敬 の念をもって見つめた。そして、また来ることを告げて、プレ ムダンを去った。  午後に私のゴッドファーザーのジムとゴッドマザーのジョア ンとの食事会があった。そこで普段プレムダンで働いている ジョアンにサドゥーのことを聞くと、サドゥーは一昨日喋った と言うことだった。彼が喋れるとは、にわかには信じられない の信者であるからサドゥーになった時の誓いを守らなくても良 くなっているのである。だから、数十年ぶりに彼は喋ったので ある、 ベンガル語、 ヒンドゥー語、 英語も喋ったとのことだった。  彼は死を前にして、語らずにはいられなかったのか、何かを 言い残したかったのか、 私には確かなことは分からない、 しかし、 ただ分かるのはサドゥーは死への準備をしていることだけであ る。もう彼にはあまり時間がなかった。ジョアンはサドゥーが 今日まだ生きていると思えないくらいに一昨日は様態が悪かっ たと話していた。  3月15日土曜日、私は駅の仕事が早く終わったのでサ ドゥーに会うためにプレムダンに向かった。そこで初めて彼の ない不憫さもあり、簡単な言葉しか発することが出来なかった が、私がはっきりと理解できるものであった。  彼にいつから喋ることを止めたのかと聞くと、うまく返事が 出来なかったのだろう、右手の指先で3と7と書いたのだった。 彼は何と37年間も喋らなかったのである。想像できるであろ 生活になることが分かりながら、誓いを守り続けることが果た 寡黙にして穏やかなに行っていた。 その姿には誰もが敬意を示した。 話であった。しかし、彼ももうサドゥーではなく、カトリック 院ではないことを知り、 私と彼を知るボランティアたちは確信した。 声を聞いた。その声はまだ音を出すようになってからままなら しての誓いを超えて、 永遠の誓いの中へ、 その時歩もうとしていた。 うか、例え神さまとの誓いとは言え、そんなに長い間不自由な

[close]

p. 5

して可能なのであったのだろうか、いや、信 じなくてはならなかった。その証明者である サドゥーが目の前にいるのである。私には到 Tetsu Shanti Tetsu 底理解しがたいが、誓いを破ることなく己の 真理に生きた男の神々しさにただただ畏敬の 念を抱くしかなかった。  サドゥーには現在シュシュババンの院長であるシスターポ リタ{以前、長い間プレムダンの男性病棟の責任者であった} にもサドゥーのことを昨日の午後に伝えたことを知らせた。 その時、彼女もサドゥーが話したことを知ると、とても驚い ていた。そして、彼女もサドゥーに会うに行くと言っていた ことをサドゥーに話すと、彼は仰向けに寝たベッドの上で、 人差し指を天にさし、天国で会うと示した。  それは「もう間に合わない」と言う意味だと言うことが瞬 時に分かった。それはサドゥーの予知能力なのか、彼はすで に分かっていた。シスターポリタにはプレムダンに来る時間 がないかも知れないと・・・。シュシュババンの院長とは、 世界中から集まってくる物資の処理から養子縁組、そして、 子供たちの世話とその管理など計り知れないほどのハード ワークである。だが、私は言わざるを得なかった「シスター ポリタは忙しいけど、来ると思う。彼女もサドゥーのことを とても心配していた」と再度伝えた。しかし、彼は優しく微 笑んでいた。それを知っただけで十分ですと言葉に出さずに 微笑みの上にそれを現していた。サドゥーはその時すでに分 かっていたのである、自分の死ぬ時を。それも逃げも隠れも せず、落ち着き払った心で、死を受け容れる覚悟をしていた のである。  この日プレムダンを去る時、 私はサドゥーにこう言った。 「明 日はホーリーだから、駅の仕事はお休みなんだ」と。すると、 彼はとても愛くるしく微笑んだ。ホーリーとはヒンドゥー教 徒のカラーの祭りで色を他人つけあったりする、そして、中 にはドラッグ入りのラッシーなどを飲んだりする者がいたり、 狂乱状態にもなったりする者もいるので、駅の仕事は危険な 状態が想像され、毎年休みにしている。これをインド人と一 緒に楽しむボランティアもいるが、レイプされたりした者も いた。  サドゥーの微笑みは、ホーリーは色付けらたり大変だから、 と言う感じと、またそのホーリーを喜ぶ微笑みでもあった。 それがほんとうに人懐っこくて美しい微笑みだった。 「サ ドゥー、月曜日にまた来るからね」と私は伝え微笑み返した。  月曜日の朝、私はプレムダンに行くジョアンに、もしサ ドゥーに何かあった場合には携帯に連絡して欲しいと伝え、  近くにいたジョアンに私は「今日はサドゥーのために祈ろう」 と言うと、ジョアンは微笑んで言った「いいえ、サドゥーが私た ちのために祈ってくれている」と。  彼はそれをとても嬉しそうに教えてくれた。私ははっとした。 死は決して哀しむべきものだけではない、十二分に生命を生き抜 いた死は祝福されるものであることを肌身で知ったのだった。私 は微笑んだ。サドゥーを思い、感謝の思いに包まれ、比類ない喜 びに包まれた。それはサドゥーが周りの者たちに祝福を与え続け、 天国に旅立ったと言うことの証しが私のうちに芽生えたのであっ た。  人間にはサドゥーのような生き方が可能なのか、私は彼を聖人 だと思わずにはいられなかった。駅の仕事を終え、花輪を買って プレムダンに行った。 多くの患者が私を見るとサドゥーが亡くなっ たことを知らせてくれた。一人の小さな知的障害の男の子はサ ドゥーの死を惜しんで泣きじゃくっていた。サドゥーは誰にでも ほんとうに優しくあり、愛された男だった。  一人の患者が私のところに駆け寄って来て、 サドゥーが亡くなっ たことを言うと、彼は亡くなる前にサドゥーが話したことを教え てくれた。 「私はもう先に行くから、あなたたちは後からゆっくり と来なさい」と。  サドゥーは昨夜亡くなったと言うことだった。サドゥーはホー リーの喜びの夜に亡くなったのだ。ヒンドゥー教のサドゥーとし て生き、結婚もせず、親兄弟などとは一切会わずに、その哀しみ も誰にも語らず、私利私欲なく、その生涯の長い間を病人のケア のために使い、最後にカトリックになり、言葉を話し始め、最後 の最後まで周りの者たちに愛を与え続けた。そして、選んだ最後 の日がホーリーの夜とは、私にはあまりに完璧に思えてしょうが なかった。あまりに美しく思えてしょうがなかった。彼の生涯、 そのすべては神さまのために美しいことをしたことに終えた。 仕事に向かった。毎朝の駅の仕事に向かう前に行く病院の訪問を 終えて、マナーモードにしていた携帯を見るとジョアンからの着 信が二度あった。 「まさか、サドゥーが・・・」と思いながらも、 すでに心のうちでは覚悟を決めて、ジョアンに電話した。

[close]

p. 6

勘と本能で。 嘘みたいな 2014 年終戦記念日に動物宴をしようじゃないか。 牛馬もちろん蝉もサバも、 人間だって動物さ。 人間は野生本能を失ったというけれど、 目を開き耳を開き 鼻を開き、 新たな本能を感じてみよう。 ノリ、 痛切、 興奮、 て 何だ?説明できない音楽は本能的だ。 ジャンルに囚われず、 血が騒ぐそれだけを。 圧倒的津波から三年半。 不安が事例から亜情報を生み伝言ゲーム過熱、 疑心を超えた暗鬼が 各々の壁を防波堤代わりに乱立。 他者が津波かぁ?正義団結と一番不安な人々の心とのズ レ、 ズレ。 静かな戦争は日本でも始まっちゃった。 待ってましたと正義風に独裁政権成立、 世界もますます戦乱で・ ・ ・ 全然笑えない喜劇のような風潮を愚痴るのも虚しい。 風に乗らない吹かれない。 千の風にならない。 俺は風を切る、 死ぬま で実体だからな。 勘と本能で、 動物宴をしようぜ!音楽くらいは自由柔軟で個人的に。 平和を唱える前に仲良くやれてるかな?愛を唱える前に何を愛し ている?今一番ムカつくのは?都合を恥じるな!言っちゃえよ聞 【曲目】  1.UMA2014   2.サバ道 日死ぬかもしれねぇぞ。   3.ヨナヨナキムヨナ 野生動物に勝る知恵があるのなら、 人間もっと面白いはず。 それが野   4.野良牛の冒険パレード編   5.パープルゾーン 生動物を凌駕してる人間の責任だ。 なにタソガレてんだー   6.BigAスーパー大感謝祭  7.民民蝉   8.アベノミクソ 独唱パンクな俺だがアルバム用ゲスト多数起用、 内容と音重視で貪   9.グスク山 欲柔軟面白く。 鬼才・山崎怠雅リードギター三曲参加。 舞台音楽界の奇    10.引力     11.I Stand Here 才・松本じろプロデュース 「野良牛の冒険パレード編」 。 福島の綾波か     12.あまちゃん     13.サバ道コア いてくれよ。 未来を語る前に俺と君の今をシンクロさせようぜ。 明 壇蜜か?白石ひかりボーカル参加 「アベノミクソ」 。 素朴に大胆な田 畑純子ピアノ参加 「BigA スーパー大感謝祭」 。 変態真面目なモンジ ドラム参加 「サバ道コア」 。 他全13曲。 ジャケは紫を愛する函館 のイラストレーター・ツキヨ。 一山いくらでスーパーで売られてい るような俺らの、 一人一人よ聴いておくれ。 チバ大三  『動物宴』 【発売日】2014年8月15日(金)  【品番】PMF-151  【本体価格】2,000円+税  【レーベル名】ペルメージレコード 

[close]

p. 7

NEW AL BUM バンドメンバーから促されて、 ステージネー ムを渋々 yamachan からヤマモトマサヤに変 更した、 ヤマモトマサヤです。 アピアさんには、 90 年代の渋谷時代からお世話になり、 2012 年 に活動再開後、 今は月イチのペースで出演さ せていただいております。 さて、 2014 年夏、 僕自身としては公式には初め て の ア ル バ ム を 発 表 し ま し た。 アコース ティックコンボによる演奏でラブソングを中 心とした 「HIKARINi」 (13 曲入り ¥1500 7/26 発 売 ) と、 ソロ又はデュオによる演奏でメッセー ジソングを中心とした 「KAGENi」 (12 曲入り ¥1500、 9 月発売 ) の二部作です。 二枚セットで ¥2500。 Amazon にて順次販売 ( 価格は変更あ り )。 ラテンフォーキー色溢れる楽曲の数々を、 一人でも多くの方に触れていただきたいです。 1、さようならMr.Blue 2、恋するおまじない 3、ラブソングス 4、かまくらの輝く朝に 5、銀色のうみ 6、いのちの地図 7、ずっと抱きしめるだけ 8、愛の虹の橋を架けよう 9、ペンギン君と赤いねこ 10.胸いっぱいの愛を 11、ただの風だから 12、光の中へ 13、花鳥風 月 1、Guruguru 2、真っ暗な闇の中で眠るだけ 3、見えない悪魔が忍び寄る 4、魂の灯 5、あなたは僕のそばにいればいい 6、日出ずる国の物語 7、綺麗な水を 8、愛の言葉だけ聴かせてよ 9、3.11 あの日を最期に 10、Mother Earth 11、雨が降る今宵は 12、狂った時代に

[close]

p. 8

よく 「九番地ってどういう意味?」 と聞かれる。 いつも 「特に意味ない」 と答え る。 それは 50% 真実であり、 50% うそだ。 細かい説明をすることもできる。 で もその説明の内容もつまらなくて、 やっぱり 「特に意味ない」 ということになる。 だからあえて意味をつけるなら、 「九番地」 とは場所のことだ。 シオコウジとカ ンケフミユキが音楽を鳴らす場所のことだ。 そしてこの 「九番地」 というアル バムは 「かつて僕たちが音楽を鳴らした場所」 だ。 可能ならそこに行ってみて ほしい。 PLAY ボタンを押せば、 そこには 「九番地」 がある。 九 番 地

[close]

p. 9

SHIGEYA WEB: http://shigeya9.wix.com/shigeya Twitter: @ShigeyaShigeya 2014 年 4 月 13 日、 APIA40 に て 初ライブをさせてもらい、 もう 累計で 5 回のライブをここ 3 ヶ 月間で行った。 まだまだ駆け出 したばかりだが、 僕にとっての 出発港になってくれた APIA40 はきっといつまでも大切な場所 になると思っている。 僕自身は高校一年生から留学し ていて、 現在は 19 歳になりロン ドン芸術大学にてプロダクトデ ザインを専攻している。 それと 平行して作曲し、 ロンドンでラ イブを行うなどの音楽活動をし ている。 先攻がデザインという こともあって、 自主制作の CD や WEB はデザインにこだわりを 持って制作に望んでいる。 好きな音楽についてだが、 UK ロックはもちろんのこと、 ジャズ、 R&B からフレンチポップまで聞く。 色んなジャン ルの音楽の中の好きなリズムと音、 メロディが僕の中で交 錯して、 それを濾過して凝縮して吐き出すような感覚で作 曲している。 ライブでのスタイルは弾き語りだが、 CD 音源 を作る時はベース、 ドラム、 シンセ等々を自分のただ入れた いように、 吐き出したい” ソレ” に近づけるように宅録で 作っている。 歌詞は、 日々感じた事、 感情をそのままの言葉でストレート に表現するよりも、 それに似た状況や季節感などを通して 比喩表現する作詞手法を重んじている。 もしかすると、 初 めて詞を書いたときに、 完全にストレートな歌詞を歌う事 への小さい恥ずかしさが、 キッカケだったのかもしれない。 そんな作曲過程を越えたその先の、 初めてのライブという のは僕にとって全く新鮮なもので、 ライブというその一瞬 の空間と時間を演出することは、 宅録で音楽を作ることと は同じようで全く違うことであったし、 この上ない達成感 を噛みしめることも出来た。 それと同時にもっと沢山の人 にこの気持ちを届けたい、 伝えたいと感じた。 そして音楽 は僕一人だけでは成り立たないものであるということも。 この僕の新しい気持ちを、 古くから続く APIA40 をキッカ ケとして、 いつまでも振り返り、 思い出し、 抱くことが出来 たら素敵だなと思う。             SHIGEYA

[close]

p. 10

吉川亮毅 吉川亮毅 facebook Youtube サイト https://www.facebook.com/profile.php?id=100006426009245 http://www.youtube.com/channel/UCEMCj0_U3EVrIIPB2v2zZNQ http://yoshikawaryoki.weebly.com/ 初めまして吉川亮毅 (よしかわりょうき) です。 下北 沢を中心にギター一本でライブ活動を行ってます。 僕なりにはジャンルはあまり決めてるつもりはない ですが、 POP が多く ROCK もちょこちょこある感じ です。 僕の目指す音楽は” 良い音楽” です。 ” 良い” って人そ れぞれだし曖昧すぎる気がしますが、 僕の持論は” 良 い音楽” には人を感動させたり、 癒したり、 と心を動 かす何か得体の知れないような共通するあくまでも” 何か” があるんです。 その” 何か” を言葉で説明できる ように見つけた人はいないだろうし、 説明できるもの でもないと思ってます。 そんな” 何か” を探り続けて、 ” 良い音楽” を創り続けることが今の僕の目標であり 最大の壁です。 僕は弾き語りなので、 歌も歌います。 ” 良い音楽” にす るために詩を使うことが出来るので最初に耳に入っ てくるメロディーに後からなじんでくる詩を意識し て表現の” 面白さ” を追求してます。 詩での表現は、 好 きなアーティストの方で想像して頂ければいいんで すが、 時代によって使う言葉が変わっていくし、 それ によって新しい比喩を創れる可 能性が広がる、 かと いって昔からある表現や比喩を捨ててしまうわけで はなく、 新しいものと混ぜることで違う見方が出来る ようになるかもしれない、 、 、 こんな風に詩は” 面白さ” があります。 僕はまだまだ出来ていないのですが詩 の” 面白さ” の追及もし続けます。 人生において経験できることがまだまだあるのでこ の目標と共に成長できたらと思います。

[close]

p. 11

W 杯は始まって、 そして終わってしまった 祭りの後はい つ も さ び し い も う 少 し 余 韻 が 欲 し い と い つ も 思 う うまいもんを食ったときだって、 ほうじ茶とか飲みな がら 「ああ美味かったな、 これあの娘に食わせたいな今度、 そしたら ああおいしい、 こんなの食べさせてくれて有難 う、 ショーイチさん大好き!前からずっと!とかいわれる か も し れ な い な と か」 思 う 余 韻 の 時 間 が 必 要 だ ALL YOU NEED IS 余韻 ライブだって演る方も観る方も終 わった後は余韻が必要だ そう思う 映画だっていい映 画の時はエンドロールが終わっても席を立てないってい う経験はあるだろう 今回の W 杯にしても試合直後に現 場に働きに行くことになったんだけども、 周りのヤツラは 誰も積極的にそういう話をしない (市議会議員が嘘泣きし たときはみんな話してた) こらえきれずこっちが話をふる と、 みんな忙しそうに 「そうだね ( 笑 )」 とか 「そうですね ( 笑 )」 とか言ってどこかへ行ってしまうんだ 孤独な ひとりぼっちの日々だ 特に今回はブラジルだったので きつかった 特にきつかったのは予選リーグだ 毎日夜 中の 1時と3時と5時と3試合あったので、 へろへろになっ た サッカーもライブもリアルタイムだ なのでずっと 起きてなくちゃならない もう髪の毛は抜ける 肌は荒 れる 世の中のみんなが敵に見えてくる とかそういう 思いをしながらだ 俺は昼間からみんなのおかげで沢山 働かせてもらってるので、 5時からの試合なんかはまぼろ し の よ う に な る メ ッ シ ス ア レ ス ロ ド リ ゲ ス 本 田 ザッケローニ みんな遠いまぼろしのようだ その 蜃気楼のようなうすくたなびく記憶の中のクラリモン ド じゃなくて 記憶の中へはいって行って考えたり 思ったりすることが そういう時間が必要なんだ それ が な け れ ば 何 が ラ イ ブ だ だ け ど も う 動 き 出 し て い る 何もなかったかのよーに いろんなことがあったは ずだ 夜中にひとり叫び声をあげたり 絶望的な気分に なったり 遠くの誰かを思ったり すれ違ったべっぴん を思ったり 忘れるなんてできっこないぜ だから今日 も思い考えながら現場までの道を俺も歩く 街角にアベ シンゾーのうすら笑いのポスターがずっと貼ってあ る 前から思ってたけどまるでジョージオーウェルの小 説 1984 の 「ビッグブラザーはおまえを見ている」 を連想さ せる不気味なポスターだ とにかく俺はドーハの時から の遅れてきたサッカーファンに過ぎないただの素人だけ ども、 言わせてもらうなら サッカーは大体が負ける、 勝っても一瞬で勝ち続けるのは難しい (スペインを見ろ、 ブラジルを、 ハンニバルを) でも ボコボコにされても、 蹴 飛ばされても、 相手にされなくても、 ぶっ倒されても、 そこ からが男の見せどころだぜ!立ち上がってくるのをみん な待ってる 俺もみんなもそういう毎日なんだ そうだ ぜシスター 俺はいつもここにいて君を待っているん だ 君だけだぜシスター ホントだぜ LOVEPEACE ! ごきげんよう

[close]

p. 12

CD の所有枚数は 2000 枚を超える CD ジャンキーのマーブル後藤 (a.k.a. ごと うはるか / アピア 40 スタッフ / ホーミータイツ ) が、mp3 全盛のこの時代にさす がに整頓するかとちょこちょこ処分を始めた折、これだけは手放すまい!と 決めたマイ・ゴールド・ディスクを誰からも要望がないので自らご紹介。 小学生低学年の頃から目が悪く、 当時 「視力回復セ ンター」 なる場所に通っていました。 変な矯正メガ ネと変な矯正ベルトを着用させられて、 手に持った 風景写真を遠くから徐々に眼前に近づける動作を 繰り返す、 という、 今考えると少々オカルティック な施設でした。 そのセンターが入っていたビルの 1 階にレンタルビデオ店があり、 帰りにそこでビデオ を借りるのが習慣となっていました。 当時 (1992 年 頃 ) はレンタルビデオ店の勃興期で、 町中の至る所 にレンタルビデオ店 ( 非チェーン ) がありましたが、 そのセンター 1 階のお店にだけ、 スヌーピーのアニ メが置いてありました。 これがとにかく面白くて、 そのお店にあったシリーズは全部借りて観てし まったほど。 後で調べたところ、 そのシリーズは東 映からリリースされていたもので、 チャーリー・ブ ラウンの声優は古田信幸さんという人でした。 原作 者チャールズ・M・シュルツの生前の要望により、 日 本語版もその後は子どもの声での吹き替えになり ました。 しかしその子どもたちによる吹き替えは、 セリフが棒読みで、 せっかくの頓知の効いた粋なセ リフがもったいないことになってしまっている印 象でした ( 現在販売されている DVD は全てこの子ど も ver. で、 古田信幸 ver. は VHS でしか観られないの です… )。 古田さんの言い回しが絶妙で、 チャーリー の “丸出だめ夫” 感が非常によく表現されていて、 ま たルーシーとの掛け合いなども非常に味わい深く、 そういった要素と原作とのマッチング具合に僕は 惹かれていたのだなと思いました ( ちなみに最初期 の吹き替えはチャーリーを谷啓が、 ルーシーをうつ み宮土理がやっていました )。 で、 その声優陣の名演 とともに印象に残っているのがその音楽です。 担当 していたのはジャズピアニストで作曲家のヴィン ス・ガラルディ。 子ども向けアニメに軽妙洒脱なピ アノトリオによる演奏がとても小気味良く、 鑑賞体 験をより豊かなものにしていたような気がします。 代表的な曲として 「Lucy and Linus」 が有名ですが、 『ス ヌ ー ピ ー の バ レ ン タ イ ン』 冒頭で挿入される 「Heartburn Waltz」 がお気に入りでした。 エレピによ る甘酸っぱい旋律が、 “丸出だめ夫” チャーリー・ブ ラウンなりのロマンティシズムとあいまって、 なん ともいえない切なさがありました。 これは手放すわ けにはいきません。

[close]

Comments

no comments yet