New Chronicle

 
no ad

Embed or link this publication

Description

This is the new chronicle

Popular Pages


p. 1

7 ICC 早稲田大学 国際コミュニティセンター 年 の歩 み

[close]

p. 2

7 早稲田大学 国際コミュニティセンター(ICC) 年 の歩 み はじめに 2 201   『早稲田大学 国際コ ミ ュニテ ィ セン ター (ICC)7 年の歩み』 を お届けいた し ます。ICC は、早稲田大学における異文化交流の さ らなる充実をめざして、2006 年 7月に設立されま した。日本で 最多数の留学生を受け入れ、ま た、多 く の在学生を世界各地へ 留学生と して送 り 出 し、数の上での国際化と い う 目標達成が順調 に進んでいるなか、次なるステ ッ プと して求められたのは、国際 化の〈質〉を一層向上させる こ とで した。キャ ンパスにおける多 様性が日常的な も のになっ て き た と き、 それを質の高い も のに高め、 定着させなければな らないという使命感のも と、ICC は設立され たのです。国際コ ミ ュニテ ィ セン ター という名称に〈国際〉という 語が含ま れているに も かかわらず、ICC が国際部ではな く 、学生 国際コ ミ ュニテ ィ セン ター長 国際学術院教授 部の管轄下に置かれた とい う 事実には、早稲田大学の日常的な 学生生活の中に、この多様性を しっかり と根付かせたいという 強い意図が表れている よ う に感じ ます。 2009 2008 2007 2006 三神 弘子

[close]

p. 3

2012 2011 10  設立当初から ICC が志と して掲げ、目指して き たのは、 「東西 古今の文化のう しほ」 の渦を、早稲田の地から起こ していこ う とい う 校歌の一節です。目指す方向はわかっ ていた と はいえ、 セン ター を運営する具体的なお手本があったわけではな く 、全く の手探り 状態から始ま った ICC ですが、それで も、さ ま ざまな企画を立ち 上げ、関わった一人ひと り が工夫し、自分たちの方法を探る毎日 を積み重ねる う ちに、7 年が過ぎ ま した。この冊子は、校歌が謳う 高邁な目標に向かって試行錯誤を続けて き た、多 く の教職員・学 生によ る 7 年間の歴史を記録した ものです。ICC のさ さやかな活 動を記録する こ と に よ っ て記憶し、 さ らに未来に繋げてい き たい と い う 気持ちで編集されま した。ご一読いただ き、まだまだ進化の途中 にある若い ICC を、今後も見守 り 、育んでいただけた ら幸いです。 C O N T E N T S はじめに …………………………………………………… 1 ICC とは?… ICC EVENT …………………………………………… … ………………………………………… … …………………………………… 2 4 6 数字で見る ICC Annual Overview 2006 ~ 2012……………… 8 歴代センター長インタビュー  ・課長寄稿 ………………………………………… 22 体験記  学生スタッフリーダーレポート … …… 26  プロジェクトメンバーレポート … ……  32  サポーター体験記 … ………………………… 34  イベント参加体験記 … ……………………… 36 イベント一覧表  2006 ~ 2012 … ……… 38 ICC 7 年史に寄せて~ SSL メッセージ   /おわりに … ………………………………… 48 2013年7月  早稲田大学 国際コ ミ ュニティ センター(ICC) 早稲田キ ャ ンパス 7 号館1階 TEL: 03-5286-3990 FAX: 03-5286-3991 E-mail: icc@list.waseda.jp http://www.waseda-icc.jp/ waseda icc @waseda_icc はじめに 1

[close]

p. 4

ICC 7 Fea tures o f the とは ? ICC 3 5 施設概要 異文化交流の 「場」 を提供する ICCラウ ンジ 学部・研究科問わず気軽に集まれる ICC ラウンジには、 情報発信&収集の 1 ベース と なる さ ま ざま な仕掛けがあ り ます。 設立趣旨・活動方針 ICC :異文化交流コミュニティ 学生が創り ・育てる 早稲田大学には現在 90を超える国 / 地域から 4,400 人以上の外国人 学生が在籍 し、 また、 毎年 2,600 人以上の学生が海外へ留学 しています。 その国際性豊かな環境を活か し、 キ ャ ンパスにおける異文化交流のさ らな る充実を目指して、 2006 年 7月に国際コ ミ ュニティ センター (ICC) が設立 されま した。 すべての学生たちが、 国境、 国籍、 文化の枠を越えて、 活発な 相互交流を行う過程で、 異文化理解を深めながら、 新たな価値観や文化を 生み出すこ と を目指 し、 活動 しています。 カウ ンター ICC ラウンジの 学生スタ ッ フ リ ーダーや職員が 各種質問に対応 し、 イベン ト企画の相談にも乗り ます。 リ ソース つの インフ ォメ ーシ ョ ン・ボッ クス 外国人学生の出身国および 47 都道府県のイ ンフ ォ メ ー シ ョ ン・ボ ッ クスには、 観光局か ら取り寄せた資料や、 利用者自身によ って提供さ れた地図や 観光ガイ ドが入っています。 『地球の歩き方』 旅行計画な どに活用さ れる、 学生に人気の ガイ ドブッ ク シ リ ーズを そろえています。 2 4 ICC ライ ブラ リ ー 利用者が持ち込む各国の小説や写真集、 活動概要 異文化交流の 「機会」 を創出する イベン ト・プログラム 運営体制 コ ミ ッ クな ど を フ リ ーライ ブラ リ ー と して 活用 しています。 イ ンフ ォ メ ー シ ョ ン・ボー ド ICC 主催のイベン ト情報の他、 学内外で開催さ れる異文化交流・ 理解に関連する各種イベン トやプログラム情報を提供 しています。 バラエティ 豊かな企画内容 多種多様なライ ンアッ プで展開する単発イベン トは、 多く の学生に き っかけを与え、 興味を持つ参加者層を広げる と い う位置づけで実施 しています。 テーマに基づき中長期間で取り組むプロジェ ク トや、 ディ スカ ッ シ ョ ンやチーム・アクティ ビティ を中心と するテーマ・キ ャ ン プは、 学生が協働体験を通じて得られる気づき、 学びに重点をおいた教育 的要素の強いものです。 なかでも看板プロジェ ク トは、 ICC が発信し たいメ ッ セージと担当する学生スタ ッ フ リ ーダーの関心・強みを掛け 合わせたと ころでテーマ・形態を決めて実施する、 その年を代表する つの特徴 ICC イベン トの 学生と職員が協働で企画、 運営に当た り ます。 さ ま ざま な カウ ンターパー トが対象 学生同士の交流を中心に、 学生と教職員、 学生と卒業生、 学生と地域コミ ュニティの 交流を創出 し ます。 組織間連携体制 学内外のさ ま ざま な機関と連携 し、 企画の幅を 広げます。 プロ ジェ ク トです。 ICC ICC ICC 2

[close]

p. 5

早稲田大学では、 日本人学生と外国人学生の相互交流促進を学生支援の一部と と ら え、ICC は学生部に位置付け られています。 従来の国際業務である海外留学プロ グラムの開発や、 留学生受入業務とは別に、 キャ ンパスにおける相互交流促進業務に 特化したセンターと して、 国際部と も密な連携を図り ながら、 大学全体でグローバル人材 育成を推進 し、 学生のコ ミ ュニティ 作り を支援 しています。 4 3 学内における位置づけ 学生支援業務 > 国際業務 学生支援・国際業務関連組織図 5 ICC 活用術  学生の興味・関心に応じ た さ ま ざま な関わり方 学生スタ ッ フ リ ーダー と して働く 6 学生スタ ッ フ リ ーダー (Student Staff Leader) 制度 e Featur ! ICC の活 動を中 心となって牽引するのが「 学 生スタッフ リーダー (SSL) 」です。 学 生自身の視 点と発 想、 企 画力、 機動力を生かすことにより、 在学生のニーズに合った交流 機会を提供すると と もに、 将来グローバル社会で活躍できる リーダーシッ プ トレーニングの機会と もなっています。 イベン ト 企画業務から、 新入生や国内外からの訪問客へのプレゼン テーシ ョ ンな どの広報活動、 カウンターでの利用者応対を含む ICC の運営業務まで、 幅広いタスクがあり ます。 単なるアル バイ トではな く イ ンターンシ ッ プ的な要素もあ り、 社会で役立つ スキルや経験を積むこ と ができ ます。 つの関わり方 I C C との 学生の視点を生か し、 イベン ト企画・実施や センター運営のオフ ィ スワークに携わる有給の スタ ッ フ制度。 公募にて募集さ れ、 書類・面接 選考があ り ます。 サポーター と して イベン ト を企画・運営する 早大生からの企画発案も歓迎。 実施が 決まった企画案は ICCスタ ッ フと と もに 準備を進めます。 その他、ICC 発案企画 のサポーター も定期的に公募 し ます。 参加者と して イベン ト、 プロ ジェ ク トに 参加する ほとんどのイベン トは参加事前 登録不要、 参加費無料。 早大生は興味のあるイベン トに 自由に参加する こ と ができ ます。 ICCとは? 3

[close]

p. 6

特定の国にスポットをあて、 その国の文化を さまざまな角度から紹介する ドリンク片手に 気軽に交流が楽しめる カフェ・スタイルのイベント カントリー・フェスタ スパニッシュ・ウィーク、 パキスタン・ナイト、etc. テーマ・カフェ 新入生 (日本人&外国人学生) が キャンパスライフに慣れる 一助とすると同時に、 早稲田の国際交流を紹介する 新入生歓迎ウェルカム・フェスタ カフェ・イベント、キャンパスツアー、etc. 外国人学生を対象に行う 日本文化体験企画 ジャパニーズ ・ カルチャー・ウィーク 浴衣着付、書道・茶道体験、ポップカルチャー、etc. 日本の各地方の 文化を学び、 楽しむ ローカル・ウィーク 佐賀がばいよかとこカフェ、 阿波踊り体験、etc. 指定言語で おしゃべりを楽しむ時間。 当該言語を母語とする留学生が コーディネーターを務める ランゲージ・アワー 英語、中国語、朝鮮語、フランス語、ドイツ語、 イタリア語、ロシア語、アラビア語、etc. ICC 大きく分けて現在約 25 の カテゴリがありますが、 ICC イ ベ ン ト は 常 に 決まった枠のなかで 実施されるもの 留学生が 日本人学生サポーターとともに 日本語会話を楽しむ にほんごペラペラクラブ 昼休みに ランチを持ち寄っての コミュニティ作り ランチ・イベント ICC de Lunch, ランゲージ・ランチ、 テーマ・ランチ、趣味トモ・ランチ、etc. ICC でマッチングされた パートナーとの 言語と文化のエクスチェンジ 各国大使館、国際機関、企業等から 専門家・実務家をゲストに迎える オー プン・レクチャー& ディスカッション ランゲージ&カルチャー・ エクスチェンジ アカデミック・フォーラム& トーク・セッション テーマに基づいて レクチャーを受けた後、 現場を訪問するセット企画 海外青年協力隊体験談& 体験型ワークショッ プ トーク&ビジッ ト JICA 国際ボランティアセミナー 4

[close]

p. 7

スポーツを介した交流 スポーツ・イベント フットサル、バスケットボール、 卓球、etc. 大学スポーツ観戦情報& 観戦チケットの提供、 校歌&応援練習 大学スポーツ応援企画 日帰りから泊りがけまで、 日本の伝統文化や ハイテク産業に触れたり、 自然を満喫する 学外イベント フィールド・トリップ テーマを定めて ディスカッション等を行う合宿企画 テーマ・キャンプ ノーボーダー・キャンプ、ホンネ交流キャンプ キャンパス間交流 それぞれのキャンパスの 特性を活かした交流イベント  スポーツ、筍掘り、etc. 各国ダンスや音楽の鑑賞・体験 EVENT ではありません。学生の 関心やニーズに応じて 日々新しいイベント・ ア イ デ ア が 生 ま れ、 発展していきます。 異文化理解等に関する 映画鑑賞会& 監督・出演者等による トーク・セッション ダンス&ミュージック・ナイト 映画鑑賞会 新宿区、 高田馬場近隣商店街との 連携で行う月に一度の ボランティ ア清掃活動 お掃除プロジェクト 外国人学生と日本の学生がペアになり、 小中高等学校で、外国人学生の母国の 文化に関する授業を行う 異文化理解教育の支援活動 アウトリーチ 学外機関主催 外国人学生対象イベントの周知広報、 地方体験プログラム (ホームステイ) 等 海外協定校等からの 学生訪問団との交流会 ビジター・セッション ディスカッション、キャンパスツアー、ランチ交流会、etc. 外国人学生対象学外活動支援 中長期で実施する、 気づき・学びを促す教育的プロジェクト 看板プロジェクト ミュージカル・プロジェクト 『FAME』 無国籍キャンプ Waseda Global Festival (WGF) グループ・リサーチ・プロジェクト 「働く杯」 サークル活動啓蒙冊子 「Waseda Student Club Guide」 スチューデント・セミナー 「多文化共生」 リサーチ・プロジェクト 「グローバル人材とは」 クリエイティブ・グループ・コンペ 「日本観光杯」etc. ICC EVENT 5

[close]

p. 8

データで見る Figures & Numbers ICC 数字で見る 7年 開設以来 7 年の実施企画数、 参加者数を示します。  累計イベント数:  1,465 件 累計参加者数: 60,761 人 2006 年 7 月     スタッフ数   課長  専任職員  学生スタッフ 2013 年 7 月 1人 7人 ▼  課長  専任職員  常勤嘱託職員  学生スタッフ 3人 3人 15 人 年を追うごとに企画数、 参加者数とも順調な伸びを見せています。  2009 年 に は、 ICC 設 立 3 周 年 記 念 の 大 型イベントを実 施した た め、 参加者数が多くなりました。 量的成長だけでなく、 企画の内容も 多岐にわたり、 学生の関心を喚起するための単 発 交 流イベントが 数字で見る 参加者 ※ ICC イベント参加者は、 事前登録や会場受付にて参加者データをとれるものと、 自由参加で 個人の特定ができないものがあります。 本データは、 2012 年度実施企画 375 件 (13,409 人) のうち、 249 件 (8,588 人) をベースにしています。 (2012 年度) 2012 年度を例に、 ICC イベントの 参加者内訳を示します。 男 女 学術院(学部のみ) 国 籍 学 年 6

[close]

p. 9

数字で見る 学生スタッフ     これまで ICC で勤務した学生スタッフリーダー (SSL) 累計 51 名の 内訳を示します。 学部・研究科 男 女 学 年(採用時) 国・地域 学生スタッフリーダーは、 在学生から公募により採用されます。 平均倍率 10 倍で選抜される SSL ですが、 学部・学年・国籍等その背景はさまざま。 中 心 だった 初 期 に 比して、 企 業との 連 携 企 画 や、  中長期で取り組む気づき・学びを促す教育的プロ ジェクトも増え、 発展的な異文化交流コミュニティ 形成に繋がっています。 外国人学生や日本で教育を受けた外国籍の学生をはじめ、 海外で教育を 受けた日本人帰国生に海外留学経験者も多数含まれる一方、 海外滞在経験 のない学生もおり、 多様なバックグラウンドを持つ早大生のニーズを反映すべ く、 それぞれの観点から企画立案に励んでいます。 国・地域別参加人数(累計) ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 1 日本 2 中国 3 韓国 4 台湾 5 アメリカ 6 タイ 7 香港 8 フランス 9 カナダ 10 シンガポール 5,469 人 1,273 人 373 人 316 人 286 人 89 人 70 人 47 人 43 人 41 人 ベトナム 39 人 マレーシア 34 人 ドイツ 34 人 オーストラリア 28 人 ウズベキスタン 26 人 イタリア 25 人 イギリス 24 人 インドネシア 24 人 カンボジア 22 人 ロシア 19 人 エストニア 18 人 アフガニスタン 17 人 ニュージーランド 15 人 スペイン 14 人 ブルガリア 14 人 オーストリア 14 人 イラン 13 人 インド 13 人 デンマーク 12 人 チュニジア 12 人 モンゴル 12 人 メキシコ 11 人 リトアニア 10 人 パキスタン 9人 フィリピン 9人 ハンガリー 8人 スイス 8人 イスラエル 8人 エルサルバドル 7 人 トルコ 7人 フィンランド 5人 ブラジル 5人 オランダ 4人 ベネズエラ 4人 スウェーデン 4人 アルゼンチン 4人 チリ 3人 バングラデシュ 3 人 セルビア 3人 アイスランド 3人 ポーランド 3人 イラク 3人 ベラルーシ ミャンマー ブルネイ ギリシア スロバキア サウジアラビア コロンビア スリランカ アイルランド モルドバ キリバス エジプト ベルギー チェコ カザフスタン ラオス ポルトガル ルーマニア タンザニア 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 2人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 数 字 で ICC の 活 動を振り 返った後は、 年 度 別に企 画 内容をご紹介します。 その年 ごとの特 色あるイベン トを、 学 生スタッフリーダーやサ ポーター、 参加者の声と共に お 届けします。 各 頁を彩る イベン トポスターはスタッフ による手作り。 年を追っての 変 遷にもご注目ください。 71/94 か国・地域 早稲田大学全在籍者の約 12.5%を占める外国人学生ですが、ICC の参加者比率では約 36%を 占めており、 全外国人学生の 72%が ICC イベントに参加している計算となります。 学年別では 1年生の参加率が高い一方 (約 33%) 、 学部生向けと思われがちな交流イベン トの参加者の約 2割 を大学院生が占めています。 国籍別では、 早稲田に在籍する 94 か国の学生の内、 71 か国の学生 が ICC を利用しています。 在学生男女比率 (女子比率約 33%) と異なり、 女子学生の参加率が 全体の約 58%を占め、 女子学生の国際交流への関心の高さが伺えます。 データで見るICC Next 年度別 オ ーバー ビ ュ ー 7

[close]

p. 10

2012 2011 2010 2009 Annual Overview 8 2008 2007 2006   2006 82  実施企画数 件 Feature 3,433 設立 SSL が振り返る、 参加者数 オープニング・セレモニー 人 7 月 7日、 七夕の日に、 大隈ガーデン ハウス 1Fにて ICC 開所式が執り行 われま した。 大隈庭園に面したラウ ン ジにはバリ アフ リー化工事が施され、 サムスン電子ジャパン株式会社よ り ご寄 附いただいたマルチモニター システムが各国ニュースを色彩豊か に映し出しています。 総長、 学生担 当常任理事、ICCセンター長らによ るテープカ ッ トに続き、 来賓ご挨拶、 学生スタ ッ フ リーダー決意表明の辞 があ り、 早稲田大学に新しい異文化 交流コ ミ ュニテ ィ が誕生しま した。 初代学生ス タ ッ フ リ ー ダー 始動 初代学生スタ ッ フ リーダーは、80 名 以上の応募者から選ばれた、 学部・ 研究科、 学年、 国籍等さまざまの熱 意溢れる精鋭 7 名。 開所後間もな く 開催された ICC オ リエンテーシ ョ ン ・ ウィークでは、 訪れる学生に ICC の 施設や活動について、 日本語、 英語、 中国語、 韓国語、 ドイ ツ語等多言語 で説明しま した。 学生自身のアイ デア とパワーで、 早稲田の新しい国際交 流を牽引する頼も しい学生リーダー の誕生です。 初 年度の TV モニターが 10 台並んだ新 しいラウ ンジ施設 を見て、 こ こで早稲田の異文化交流拠点を作っ てい く んだ と興奮 し ま した。 設立当初はその知名 度の低さ か ら、 イベン ト を して も実際に人が来て く れるか不安だったので、 初めてラウンジが学生 でいっぱいになった時は感動 しま した。 初めての 泊りがけフィ ール ド・ ト リ ッ プ (名古屋・三重) にも同行しま したが、 イベン ト企画も広報もすべ てが手探り。 その分苦労もあ り ま したが、 逆に先 例のない中で自由に新しいものを作るやり がい はひと しおで した。 ICC 2006 年 7 月 7 日 (金) 瀬田 真 第1期 SSL 2010年3月 大学院法学研究科 修士課程修了 参加人数:80 名 こんにちは ЗДРАВСТВУЙТИ Merci Nice to Meet you Chμo anh Buenas tardes あなたは KOREAを知っていますか ? 利きキムチ 韓国伝統マナー教室 韓国伝統ゲーム体験 韓国料理教室 韓流カフェ:韓国恋愛事情 韓国伝統武術「テコンドー」 韓国映画イブニング・シアター コリア・ショート・クイズ Te sekkur ederimPerdon VDZDW GLL NKUDS Anar kaluva tielyanna Mucho Gusto 만나서 반갑습니다 Do you want to know real KOREA? KIMCHI Tasting Korean Traditional Manner Lessons Korean Cafe: Romance of Korean Couples Korean Cooking Class Enjoy Korean Traditional Games TAEKONDO Performance & Experience Evening Theater “My Tutor Friend” Short Quiz on Korea ©X Filme creative pool GmbH 2003 GoodBye, 外国のことを知るには、その国の映画を観るのが一番! ドイツの人々の生き生きとした姿、東西ドイツの歴史の重み、そして家族の絆… 名作映画からぜひ感じ取ってみてください! Lenin LANGUA E G EXCHANGE namaste 谢谢! 一緒に 始めてみませんか。 おはようございます Terima Kasih Apa Kabar Anar kaluva tielyanna presented by 徳島学生稲門会 日時:10月20日(金)17:00~19:00 (17:00~18:00 カフェタイム 18:00~19:00 阿波踊り) 場所:国際コミュニティセンター 大隈ガーデンハウス1階 Period: Monday, October 23 ~ Friday, October 27 For details: www.waseda.jp/icc/ 期 間:10月23日(月)~10月27日(金) ICC 語学相互学習プログラム 仲間同士で語学を教えあおう! ラン ゲ ージ エクスチ ・ ェンジ 外国人留学生 2006年9月11日(月)~10月6日(金) 2名あるいは3~4名で、異なる言語のスピーカーをマッチングし、お互いに母 語等を教え合うプログラムです。授業とは一味違ったインフォーマルな環境で、 仲間同士気軽に言語を教え、学んでみませんか。 登録期間: 日本人学生 2006年9月15日(金)~9月26日(火) 登録場所: 登録方法: 外国人研究者も 大歓迎! 阿波踊りとは・・・ 阿波踊りは、徳島県に伝わる日本の伝統舞踊で、その歴史は約400年にもなり ます。毎年8月の4日間、阿波踊り本番の徳島はまさに踊り一色。街はお囃子の リズムに包まれ、この日を待ちわびた人々のエネルギーとともに熱狂の渦と化す のです。「手を上げて足を運べば阿波踊り」と言われますが、そのシンプルさゆ え、どこまでも奥が深いのが阿波踊り。女は品良く 艶やかに。男は自由 奔放、豪快に踊り狂います。今宵、皆さんもご一緒に! ICC イブニング・シアター 『グッバイ、レーニン!』 日 時: 7月19日 (水) 18:00 ~ 20:00 映画上映 20:00 ~ 21:00 トーク・セッション 言 語: ドイツ語音声・日本語字幕版 場 所: 国際コミュニティセンター(ICC)(大隈ガーデンハウス1階) ゲスト: 本学講師 ボクミワ・イズミ先生 ※ お問い合わせ: 国際コミュニティセンター(ICC)Tel: 03-5286-3990 E-mail: german-cafe@list.waseda.jp 国際コミュニティセンター(ICC)(大隈ガーデンハウス1階) 所定の登録用紙に記入の上、国際コミュニティセンターカウンターにて ご提出ください(メールによる登録は不可)。マッチングの前に、登録者を 対象にオリエンテーションを行ないます。 詳細: お問合せ: http://www.waseda.jp/icc/lan_ex.html TEL: 03-5286-3990 E-mail: lan-ex@list.waseda.jp 講師:徳島学生稲門会の皆さん 徳島学生稲門会は、徳島出身者で構成される現役の早大生で、徳島で開 催される阿波踊りに「早稲田連」として参加されています。そんな本場 仕込みの皆さんから、阿波踊りの真髄を学びませんか? 国際コミュニティセンター(ICC) ※ ご登録後すぐにマッチングができるとは限りません。時間がかかる場合や、登録言語のニーズ のバランスによってはマッチングが不可能な場合もありますので、予めご了承ください。 © WASEDA Univ. International Community Center All Right Reserved. No registration required. Just come and join us!! 国際コミュニティセンター(ICC) 大隈ガーデンハウス1階 International Community Center (ICC), 1st Fl., Okuma Garden House コリアン ・ KOREAN FESTA フ ス ェ タ ICC 7 月 19 日 (水) ジャーマン・フェスタ : 映画鑑賞会 『グッバイ、レーニン!』 2006 年後期 ランゲージ・エクスチェンジ 10 月 20 日 (金) ローカル・ウィーク:徳島  阿波踊りパフォーマンス&体験 10 月 23 日 (月) ~ 27 日 (金) コリアン・フェスタ

[close]

p. 11

2006 ジ ャパニーズ・フ ェ スタ Pick up 新入外国人学生を歓迎して行う 日本文化 紹 介 企 画では、 学 生スタ ッフリーダーと サポーターが一からアイデアを出し合い ま した。 “留学生に目一杯楽しんでも らい たい” という 思いから、 体験型イベン ト を中 心に実 施。 浴 衣の着 付けや書道体験、 「和風茶屋」 (ジャパニーズ・カ フェ) 、 映 画鑑賞会『東京物語』 、 「お箸 DE 豆つ かみ競争」 等々、 手探りで実施した初回 企画の数々は、 その後定番企画に発展す る礎と な り ま した。 サポーターの声 2006 Pick up カ ン ト リ ー・フ ェ スタ ドイ ツ、 韓国、 スコ ッ トラ ン ド 2006 Pick up フ ィ ール ド・ ト リ ッ プ 名古屋・三重 初 年 度は、 学 生スタ ッフリーダー自身の 母国、 あるいは留学経験を生かし、 ドイ ツ、 韓国、 ス コ ッ ト ラ ン ド と3 ヶ国の文化紹介企 画を実施しま した。 スコ ッ ト ラ ン ド・フェス タ のハイ ライ トは、 「東京パイプバン ド」 に ご協力いただいた「スコ ッ ト ラ ン ド・ ダンス とバグパイ プの夕べ」 。 大隈ガーデンハウス 2 階の生 協カフェテリアにバグパイプの 音色が高らかに響き渡 り ま した。 学生スタッフリーダーの声> ICC 初の泊ま りがけフィール ド・ ト リ ップ (2 泊 3日) では、 新幹線で名古屋へ移動 後、 まずは ト ヨ タ工場にて日本式管理法が 徹底された生産現場を見学し ま した。 皇學 館大學博物館にて神道の作法や日本語 表現の原義について学んだう えで伊勢神 宮を参拝し、 鳥羽のミ キモ ト真珠博物館を 見学、 松阪牛に舌鼓を打ち、 名古屋城の 天守閣からの眺めを堪能し ま した。 参加者の声 最近マスコ ミ な どの影響で 「韓流」 という言葉 と と も にかな り親し く 感じられる よ う になっている 韓国ですが、 日本人はその本当の素顔を知っ ているので し ょ う か。 今回のコ リ ア ン ・ フェス タは さまざまな体 験イベン ト を通じて学 生たちに 韓国のも っ と多様な面を発見して も らいたいと い う 思いで企画し ま した。 留学生から出された質問は「なぜ桜がこんな に愛されるのか? 」 「サムラ イはなぜ切腹でき るのか」等々、 私が今まで考えたこ とがないこ とばかり 。 日本人であるがゆえに、 当たり前に 思っていたこ とが、 留学生と接する こ とで、 あら ためて日本と い う 国の不可思議さに気づかされ ま した。 今回の旅を通して一番予想外だったのは、 あちこちで早稲田の先輩方とお会いしたこ と です。 松阪を案内していただき、 高級な松阪牛 を破格の価格でご提供いただき、 早稲田の 後輩である私たちにとても親切に して く ださる 先輩の姿を見て、 早稲田の一員と してあ らため て誇 り を感じる よ う にな り ま した。 2006 年 9月 25日 (月) ~ 28日 (木) 参加人数:9 イベント合計 360 名  ジャーマン・フェスタ 2006 年 7月 18日 (火) ~ 20日 (木) 参加人数:4 イベント合計 161 名  コリアン・フェスタ 2006 年 10月 23日 (月) ~ 27日 (金) 参加人数:7 イベント合計 190 名  スコッ トランド・フェスタ 2006 年 11月 20日 (月) ~ 30日 (木) 参加人数:7 イベント合計 180 名 2007 年 2月 14日 (水) ~ 16日 (金) (2 泊 3日) 参加人数:42 名 Free Enterance ICC icc Dance with your friends Scottish Dance & Bagpipe! スコットランド・ダンス&バグパイプ スコットランドといえばスコッティシュダンス&バ グパイプ! エジンバラ大学からの留学生がダン スの指導をしてくれます! また、「東京パイピングソサイヤティ」の 方々が奏でるバグパイプの音色を楽しみま せんか?初めての人も、経験者も一緒にスコット ランド人になりきって夢の時間をすごしましょう! 一緒に踊りませんか? スコティッシュダンス! Scottish- style!! Magic Show nite friday マジック・シ ョ 日時:12月1日(金) 17:00~19:00 場所:国際コミュニティセンター(ICC) 大隈ガーデンハウス1階 C IC Singa Cafe ナンヤン工科大学生とのディスカッション 한류카페 ICC韓流カフェ ~韓国の“美”を探る~ ICC Korean Cafe Discussion with Nanyang Technological University Students あなたにとって「就職する」ってどういうことですか? シンガポールにあるナンヤン工科大学(NTU)の学生23名が早稲田を訪問します。 高い教育水準で知られるシンガポールは、日本企業にとってのアジアの拠点としても高い 存在感を示しています。同年代の若者は、どんなキャリア意識を持っているのでしょうか? 日本とシンガポールのマーケット事情の違いなどを踏まえ、学生の 「職業意識」また 「企業への就職」について英語でディスカッションしてみませんか? ー Date & Time : 5:00-7:00 p.m., Friday, December 1, 2006 Place : International Community Center (ICC) 1st Fl., Okuma Garden House How do you find a job? What are your career aspirations? 日時:1月15日(月) 16:30~18:00 場所:国際コミュニティセンター(大隈ガーデンハウス1階) Date & Time: 4:30 ~ 6:00 p.m. Monday, 15 January 2007 Place: ICC (1st Fl., Okuma Garden House)㻌 㻌 今も昔も変わることなく、様々な形で受け継がれていると言われる 韓国の‘美’への追求。美しさを創り出し、保っていく、その方法が 今や世界中に広まりつつあります。伝統古典芸能から韓国式美肌 法にいたるまで、今や日本でも、若い世代から中年世代まで、幅広い 年代の人々が「韓国美」に注目しています。日本的な美しさとはどこ がどう違うのでしょう? ‘美’を柱に、韓日の共通点と相違点を、 コスメ、建築、写真、文学、芸能、スポーツなど あらゆる方面から楽しくおしゃべりしませんか?㻌 韓国語でも日本語でも英語でもOK。 お気軽にお越しください。 Let’s talk about Korean Beauty Korea has become very popular in recent years. What makes this country beautiful? Pretty women and handsome men? Enhanced through cosmetics or even plastic surgery? Beautiful landscape and beautiful buildings? These are just some issues that will be discussed... Any language, e.g. Japanese, Korean, English, ok 素敵な「マジックの夕べ マジックの夕べ」を過ごしませんか? How about spending a great “Magic Magic Evening"? Evening 5:00 6:00 6:00 p.m.: カ フ ェ ・ タ イ ム Cafe Time 7:00 p.m.: マジ ッ ク ・ シ ョ ー Magic Show Twenty-three students from Nanyang Technological University (NTU) in Singapore will visit Waseda. Singapore is not only famous for its quality education but also a hub for Japanese business. Thousands of Japanese expatriates are working in Singapore. Let’s exchange some views and opinions about “career aspirations” and “jobhunting” in Japan, Singapore and other parts of the world. ●Date & Time: Fri., Dec. 15 12/15(金), 5:00 - 7:00 pm ●Place: International Community Center (ICC), 1st Fl., Okuma Garden House ●Program: 1. Presentation by NTU Students on their visits to Japanese companies 2. Group Discussion ●Language: English or Singlish ●Registration: 日本語混じり もOK Annual Overview 2006 パフォーマー:早稲田マジッククラブの皆さん 早稲田マジッククラブは、早稲田大学唯一の手品サークルです。年3回のステージ マジックショーを中心に、ホテルや小学校などに出向いてマジックを披露するなど、 さまざまな活動を精力的に行っておられます。今回は、サロンマジックとクロース アップマジックでショーを構成していただきます。 The main event! ICC is holding a „ceilidh‟, a party with traditional Scottish dancing. It‟s a lot of fun (especially if you‟re a beginner!) so come along with your friends and learn how to dance like the Scots! “Tokyo Piping Society” presents bagpipe music performance! A party will follow. 対象:学生・教職員・一般㻌 㻌 㻌 参加費:無料 お申し込み:「韓流カフェ」とタイトルに明記の上、氏名、所属(学部・大学院等)、 学年、主に話した い言語(韓国語、日本語、英語等)をicc-cafe@list.waseda.jp までメールでお送りください。 お問い合わせ: 国際コミュニティセンター(ICC) TEL: 03-5286-3990 E-mail: icc-cafe@list.waseda.jp Presented by Waseda Magic Club Waseda Magic Club is the only magic club at Waseda. They perform three major magic shows on stage per year, and also do some occasional shows at hotels and primary schools, etc. You can enjoy Saloon Magic and Close-up Magic this time. All students, faculty and staff are welcome. Come and join us! ICC FRIDAY NITE is supported by Ginza Cozy Corner. International Community Center (ICC) 11 月 24 日 (金) スコットランド・フェスタ : スコットランド ・ ダンス&バグパイプ 12 月 1 日 (金) フライデーナイト : マジック・ショー 12 月 15 日 (金) ビジター・セッション : シンガ・カフェ ~ナンヤン工科大学生とのディスカッション~ IC C 18:00~20:00 Friday, 24 November 2006 Cafeteria, 2nd Fl., Okuma Garden House 11月24日(金)18:00~20:00 大隈ガーデンハウス2階生協食堂 参加事前登録不要 No registration required. 対象: 学生・教職員 定員:30名 「シンガ・カフェ」とタイトルに明記の上、氏名、所属(学部・ 大学院等)、学年を lan-cafe@list.waseda.jp までメールで お送りください。 All students, faculty and staff are welcome! Please send an e-mail to lan-cafe@list.waseda.jp indicating “Singa Cafe" in the title, and your full name, affiliation (undergraduate school, etc.). and year. Capacity: 30 people All students, faculty & staff, and general public are welcome! Free of charge. Registration: Please send an e-mail to icc-cafe@list.waseda.jp㻌 indicating “Korean Cafe” in the title, and your full name, affiliation (undergraduate school, etc.), school year, and which language (Korean, Japanese or English) you prefer to speak in this cafe. Inquires: International Community Center (ICC) TEL: 03-5286-3990 E-mail: icc-cafe@list.waseda.jp 1 月 15 日 (月) 韓流カフェ 9

[close]

p. 12

2012 2011 2010 2009 Annual Overview 10 2008 2007 2006 135 実施企画数  件 参加者数 7,518 体育会 (バスケッ トボール部) の部活経験と 人脈を生か し、ICC スポーツ企画を発展させ ま した。 東伏見のア式蹴球部のグラウン ドを 借り て、 サッ カー大会を実施 し ま した し、 初めての キャンパス間 交 流も所 沢でのソフ トボール 大 会でした。 大 学スポーツの公 式 戦 情 報を 英語で留学生にも提供し、 一緒にバスケッ ト ボール早慶戦を観に行ったのもよい思い出 です。 自分の米国留学経験と部活の経験を 生か し、 微力ながら後輩の早稲田ライ フ充実に 貢献する こ と ができたかな と思います。 2007 人 Feature ミュージカル・プロジェク ト 『FAME』 「看板プロジェク ト 」の始ま り となり ま した。 参加者の声 「単発イ ベン トばかりでは本当の交流 は深ま らないのではないか。 一定期間 共通の目標に向かって協働すること で、 日本人学生 ・外国人学生の枠を 超えて真の 絆と友 情を育みたい」 ……そんな学生スタ ッ フリーダーの発 案から始ま ったミ ュージカ ル ・ プロジェ ク ト。 公募で集まった約 100 名のさま ざまな国籍の学生 (ス タ ッ フ ・ キャ ス ト ) が、 10か月間にわた り活動に取り組み ま した。 練習合宿や、 ミ ュージカ ル俳優 で校友の沢木順氏によるスペシャ ル ・ ワークショ ッ プ、 日々の歌やダンスの練 習に大道具 ・ 小道具制作な どを経て、 本番は大隈講堂にて英語、 日本語公 演をそれぞれ上演。 異文化交流活動 には多様な可能性があると気づかさ れ、 その後さまざまな展開を見せる 設立 SSL が振り返る、 まさに素晴らしい機 会でした。 皆でひとつの 目標に向かって頑 張 れ ば、 自然と連 帯感 や 一体感が生まれるもの。 それは国籍が違っても 同様に言えることです。 生まれた場所や言語、 文化が違っていても、 みんな同じことで苦労し、 同じことで笑い、 同じことで緊張し、 同じことで 感動していました。 練習場所やステージの上で はみんな 「FAME のメンバー」であり、 そこに 違いはありません。 世界がこのチーム FAME の拡大版のよ うになれば、 平和の実現も夢では ないのではないかとさえ思いま した。 制作期間:2007 年 2 月~ 12 月 (約 10 か月) 本 公 演:12 月 17日 (月) 日本語版 18日 (火) 英語版 会場:大隈講堂 参加人数: キャスト・スタッフ約 100 名、 聴衆約 880 名 (2日間合計) ICC 2 年目の 井口 菜央子 第3期 SSL 2008年3月 教育学部卒 ICC Japanese Festa ICCジャパニーズ・フェスタ April 2 - 14, 2007 ICC SPORTS EVENT Futsal & Basketball ICC ICC Japanese Festa Kimono Show BY Sponsored by: Aoyama Kimono Gakuin 青山きもの学院 Supported by: All Japan Kimono Promoting Association 全日本きもの振興会(※) きもの着付け&マナー・ショー Unveiling the real kimono You have seen the gorgeous way kimono is worn in movies - richly patterned, bound by an obi, but that may be all you know.... Discover a whole culture beneath Kimono on the 10th April at ICC. Get to know about the traditional kimono etiquette, and prepare your eyes for pure exquisiteness.... 優雅な着物の立ち振る舞いに憧れたことはあり ませんか? 着物を見たこと、着せてもらったこと はあるかもしれませんが、自分で着付け、立ち居 振る舞いをスマートにできる人は少ないかもしれ ません。今回なんと、全日本きもの振興会の会 員である「青山きもの学院」のご厚意により、講 師の方が着付けと作法を教えてくださいます。日 本文化の真髄を体験する数少ないチャンス!ぜ ひ、足を運び、体験してみてください。 Date & Time: 4:30 - 6:30 p.m., Tue, April 10, 2007 Place: International Community Center, 1st Floor, Okuma Garden House (Bldg. 25) Eligibility: Waseda students, faculty and staff Registration: Not required Fees: Free of charge ■Inquiries: ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: japanese-festa@list.waseda.jp 日 時:4月10日(火)16:30~18:30 場 所:国際コミュニティセンター(ICC) 大隈ガーデンハウス(25号館)1階 対 象:早大生・教職員 参加事前登録:不要 参加費:無料 ■お問合せ:ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: japanese-festa@list.waseda.jp FUN Tournament Need a break from studying? Do you like playing soccer or basketball? Then, what about joining International Community Center's (ICC) futsal or basketball fun tournament? Both amateur players and advanced players are welcomed! Simply send an email to us and we will assign you into a team. ICC初のスポーツ企画! 異文化交流だとか、異文化理解だとか、お堅 い話は抜きにして、とにかくみんなで一緒に、 さわやかな汗、流してみませんか? 今回の種目はフットサルとバスケ。経験や 腕前は問いません。スポーツするのにむずか しい言葉は必要なし!「英語は苦手だけど フットサルなら自信がある」というアナタ! 「あんなに好きだったバスケ、そういえば 高校卒業してからしてないな」というアナ タ! 迷わず、奮ってご参加ください。 Date & time: 3:40-6:40 pm, Sat., June 9th Place: Indoor gym room at Shinjuku Cosmic Sport Center (next to Okubo Campus) Fee: 200 yen for renting the gym facility Registration: send an email to icc-sports@list.waseda.jp with "futsal or basketball"(choose one) in the title, and in the text body please answer the following questions by 5:00 pm, Thursday, June 7. 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. Name Affiliated school and your current year Sex Telephone number Email address Which game would you like to participate, futsal or basketball? Your level in that sports (beginner, intermediate, advanced) & 早稲田を代表するラテン系サークルの協力により、ICCが ラテンのリズムに包まれます! 観て楽しみたい人も、踊っ てみたいあなたも大歓迎。サルサやメレンゲはシンプルなス テップも多く、初心者でも楽しく踊ることができます。ダンス のバックミュージックはなんと生バンドによる演奏! 思わず 踊りだしたくなる陽気なラテン音楽&情熱的なダンスで梅 雨のうっとうしさを吹き飛ばそう! 日 時 :2007年7月11日(水)17:15 - 19:30 場 所 :国際コミュニティセンター 大隈ガーデンハウス1階 対 象 :早大生・教職員 参加費:無料 参加事前登録:不要 ー ♪ ッ l What‘s the deal with modern Japanese slang, fashion and subculture? Find out, over coffee and the most popular snack among Waseda students while making new friends at the “WAHOO! CAFE”. A variety of interesting activities are planned to help you learn more about the fascinating (and often bizarre!) world of Japanese subculture, including short skits, quizzes, and more!! プログラム 1 Dates & Times: September 21st (Fri), 3:00-5:00 pm. September 25th (Tue), 1:00-3:00 pm. Place: International Community Center, 1st Fl., Okuma Garden House Eligibility : Waseda students, faculty and staff members Registration: Not required Fees: Free of charge 2 映画予告編上映 ”THIS IS BOSSA NOVA” ボサノバ&カリプソ演奏 by 中南米研究会 サルサ&メレンゲ パフォーマンス by サルサ・パーティー Sponsored by: Yuraku Confectionery Co.,Ltd. ※2007年度秋学期 開講予定オープン科目 「きもの学講座」は 全日本きもの振興会に よる寄付講座です。 ※Course on Kimono Study will be donated by All Japan Kimono Promotion Association in the Fall 2007. 3 日 時: 6月9日(土)15:40~18:40 場 所: 新宿コズミックスポーツセンター 大体育室 (大久保キャンパス隣) 参加費: 200円(会場使用料) 応募方法: ICC(icc-sports@list.waseda.jp)宛にメールにて下 記の情報をお送りください。 締 切: 6月7日(木)17:00 タイトル:フットサル or バスケットボール(どちらかをお選びください) 1. お名前(フリガナ) 2. 所属(学部・大学院等)・学年 3. 性別 4. 電話番号 5. メールアドレス 6.参加希望種目(フットサル or バスケ) 7.希望種目の経験 サルサ・パーティ まさしズ Ryu Bread Latino (ザ・ラブラブ・エクスタシーズ) サンバ パフォーマンス 4 by ラテンアメリカ協会 In cooperation with サルサ・パーティー 中南米研究会 ラテンアメリカ協会 国際コミュニティセンター(ICC) TEL: 03-5286-3990 E-mail: latin-festa@list.waseda.jp 国際コミュニティ センター INTERNATIONAL COMMUNITY CENTER www.waseda.jp/icc/ *We will notify you of further details regarding this event through e-mail. ※詳細につきましては参加の申し込みをされた方にメールで ご連絡します。 参加費:200円 Fee: 200 yen お問合せ:国際コミュニティセンター 参加登録要 Registration Required 対象:早大生・教職員 For waseda students, faculty and staff members Inquiries: International Community Center (ICC) Inquiries: ICC Tel.: 03-5286-3990 E-mail: icc-sports@list@waseda.jp URL: www.waseda.jp/icc TEL: 03-5286-3990 E-mail: japanese-festa@list.waseda.jp ぱ に ぇ ず た ゃ ー 4 月 10 日 (火) ジャパニーズ・フェスタ : きもの着付け&マナー・ショー 6月9日 (土) スポーツイベント : フットサル&バスケットボール 7 月 11 日 (水) ラテン・フェスタ : ラテンダンス&ミュージックナイト 9 月 21 日 (金) ・9 月 25 日 (火) ジャパニーズ・フェスタ : WAHOO! CAFE

[close]

p. 13

2007 フ ェスタ ・イ タ リア ーナ Pick up 2007 Pick up アウ トリーチ 2007 Pick up ローカル・ウ ィ ーク 南九州 イタリア 大 使 館 主 催「PRIMAVERA ITALIANA イ タ リ アの春 2007」 と連動し、 I C Cで も大規模なイ タ リ ア文化紹介企画を 実施しま した。 大使館の全面協力を得て、 イタ リアファンである学 生 サポーターが 20 名以上集結。 2 週間にわたる イ ベン ト 中、 イ タ リ アの世界遺産を紹介する カ フェ、 ワイ ン講座、 イ タ リ ア ン ・ エス プレ ッ ソ、 パス タ作 り 、 イ タ リ アン ・ブラ ン ドの世界 (ベネ ト ン) 、 ビジ ネス ・ フ ォ ーラム (フ ィ ア ッ ト) 、 旅先で役立つ イ タ リ ア語等多彩なイベン トが企画され、 連日参加する リ ピーター も いるな ど、 イ タ リ ア 人気の高さが伺え ま した。 なかでも 目玉は イ タ リ ア人留学生が自らアリ タ リ ア航空と 交渉して獲得したイ タ リ ア往復無料航空 券がも ら える「夢のイ タ リ ア ・ ト ラベルプラ ン ・ コンテス ト」 。 理想の旅行をプランニング した学生の中から、 みごと最優秀賞に選ば れたのはイ ン ド人学生 (大学院創造理工 学研究科) で した。 「ま さか日本に留学に 来てイ タ リ ア旅行ができ るなんて…!」と 大感激。 日本人学生と外国人学生がペアにな り 、 小中高等学校を訪問して異文化理解教 育支援活動を行う アウ ト リ ーチ。 文部科学 省の補助金事業「新たな社会的ニーズ に対 応した学 生 支 援プログラム (学生 支援 GP) 」に採択されたものです。 参加 学 生は約 3 週 間にわたり 、 授 業 計 画を 考え、 留学生の母国の文化を紹介する授 業を実施します。 地域貢献を行いながら、 準備の過程で学生同士の協働を通じて お互いの文化への理解や交流を深める も のです。 参加者の声 校友である東国原知事の就任で注目 を集 めた宮崎県と、 鹿児島県を紹介した地方 文化紹介企画「南九州」 。 両県のカ フェ イ ベン ト はそれぞれの稲門会メ ンバーに よ る プロデュース。 ローカルク イズあ り 、 伝統民 謡あ り 、 地元の名物あ り 、 地元企業よ り さ ま ざま な特産品をご協賛いただき、 方言も飛 び交う なか、 出身者・九州フ ァ ン と も に九州 の空気を味わい、 親交を深めたひと と きで した。 イベ ント サ ポ ー タ ー の 声 > 2 時間と い う 限られた時間で したが、 留学生をは じめ多数の学生が (宮崎に縁のある先生も !) このカ フェ を訪れて く れま した。 特産物の日向夏 と 日向夏ジュースによ るお も てな しはとて も評判 がよ く 、 「持ち帰り たい」 という声も多数 。 この イベン ト を機に、 早稲田の学生に宮崎について も っ と も っ と興味を持って欲しい し、 “ 来宮” して 欲しいと思いま した。 そ して私自身は、 宮崎だけ に視野を狭める こ と な く 、 誇れるふる さ と 「宮崎」 を ツールに、 グローカルな精神を も って羽ばたい てゆ き たいです。 私は も と も と人前で話をするのが得意な方では な く 、 子ど も と接する こ と に も慣れていませんで し た。 で も、 いざ教室に入る と子ども たちが期待の 眼差しで私たち を見ていて、 この日 を楽しみに し ていたこ とが伝わって き ま した。 子ども たちは元 気よ く 無邪気に私たちを「先生」と呼び、 積 極的に授業に参加して く れ、 不安を感じていた 私たちの背中を押して く れま した。 パー ト ナーの 留学生と仲良 く なれたこ と も大き な収穫で した。 2007 年 6月 1日 (金) ~ 13日 (水) 、   7月 12日 (木) 参加人数:14 イベント合計 485 名 実施回数:10 校にて 13 回実施 参加人数:13 回合計 180 名 2007 年 4 月 25日 (水) & 27日 (金) 参加人数:2イベント合計 80 名 中国茶 ~本格烏龍茶で愉しむ午後のひととき~ 11月16⽇(⾦) 第Ⅰ部 14:30〜16:10 第Ⅱ部 16:20〜18:00 November 16, 2007 (Fri) Part I: 2:30 - 4:10pm, Part II: 4:20 – 6:00pm @ ICC (1st Fl., Okuma Garden House) (C)日本中国茶普及協会 ©日本中国茶普及協会 J es e a n apan d E n gl i sh - D o b l e P er f o r m a n ������� ��� �������� Whenever Chinese tea is mentioned, people think about 中国のお茶と言えば烏龍茶!しかしひとくちに烏龍茶と いっても実はその種類はとっても豊富。名誉茶師が厳選し Oolong tea! However, you may not know that there are た“本当においしい烏龍茶”を、素敵な茶器を使って本格 various kinds of Oolong tea. Would you like to try some 的に淹れてみませんか?花の香りと口いっぱいに広がる real Oolong tea selected by a famous tea master using the real Chinese tea sets? まろやかな味わいをご堪能ください。おいしいお菓子(月 In the first part of our event, a guest tea master will 餅)もご用意してお待ちしております。 demonstrate and teach you how to make a nice cup of 第一部:ゲスト講師がお茶を上手に淹れるコツを直伝! Oolong tea. In the second part, you will be able to enjoy 烏龍茶のおいしい話を聴きながらごゆるりと。 your favorite type of tea. You are very welcome to 参加希望者は事前にご予約ください。 participate in the second part without any reservation. 第二部:お気に入りのお茶を心ゆくまでお楽しみください。 There will also be delicious sweets that you can enjoy with 当日参加OK!くじ引きなどの企画もあります! the tea. A lottery is also being planned! If you are lucky, ※第一部、第二部は連続してご参加していただけます。 you will be able to bring home a nice little present! Musical Project ICC se! ICC地中海イベント第2弾。今回は、地中海 の文化、風土、習慣それぞれの関係性に触れ、 沿岸の国々の特徴、違い、摩擦をフランス出 身の講師から分かりやすく解説していただきま す。 地中海沿岸の人々の食文化、彼らの生活に 欠かせないワイン文化。それらの背景にある事 情を知れば、地中海地域に対する見方も変わ るはず。あなたの知的好奇心をくすぐる、ちょっ ぴりアカデミックなサロンへ足を踏み入れてみ ませんか? With Europe located to the north, Africa to the south, and Asia to the east, the Mediterranean sea played an extremely important role for ancient merchants and travelers. Faculty of Commerce Associate Professor Marguerite-Marie Parvulesco will give a short, informative lecture on the Mediterranean from a French point of view, touching on the different characteristics of the various countries that border the Mediterranean, and their respective customs, climates and food culture, including wine. Take this chance to further familiarize yourself with the Mediterranean, in an academic environment. We hope to see you there! ICC Evening Theater Arna’s Children イスラエルの平和運動家であったアルナ・メールは、1989年にパレスチナのジェニン難民キャンプの中 に「支援と学習」という子どもたちのための事業を開始した。彼女はキャンプに泊り込み、子どもたちに勉 強だけでなく、絵画やダンスなど自己表現の仕方を教えていた。 1993年、アルナはスウェーデン議会から「もうひとつのノーベル平和賞」を受賞する。この賞金をもとに キャンプに子ども劇団が作られ、アルナの息子のジュリアノが指導にあたった。才能あふれ希望に満ち た子どもたちと、ジュリアノやアルナとの信頼に結びついた関係が作られた。ジェニンの子どもたちは、閉 塞状態と暴カ的な、雰囲気の中で成長している。演劇トレーングで暴カ的な教師の姿を再現する子ど もたち。また、日常的なイスラエル兵士による圧迫の様子も再視されている。それでも、子どもたちは演劇 を通して世界を広げ、夢を膨らませていった。 ・・・ (パレスチナ子どものキャンペーンHPより) Yussef committed a suicide attack in Hadera, 2001. Ashraf was killed in the battle of Jenin by the Israeli army. Alaa leads a resistance group. The film tells the story of a Palestinian theatre group that was established by Arna Mer Khamis in Jenin and shows suicide attackers in their childhood. 講 日 場 対 師:マルグリット・パルヴューレスコ 先生(商学学術院教授) 時:12月13日(木)18:00 -19:00 (カフェタイム&質疑応答タイム含む) 所:ICC(大隈ガーデンハウス1階) 象:早大生・教職員 Presenter: Assoc. Prof. Marguerite-Marie PARVULESCO, Faculty of Commerce Date & Time: Dec. 13th, 2007(thu), 6:00 – 7:00 pm Place: ICC (1st Fl., Okuma Garden House) Eligibility: Waseda Students, Faculty and Staff members Language: Japanese and French (as necessary) Registration: Not required Fees: Free of charge Co-organizer: Open Education Center (including "cafe time" and question and answer session) ゲスト講師 名誉茶師 松井陽吉 氏 第Ⅰ 部 Honored guest: Mr. Yokichi Matsui スペシャル・ゲスト 現在、サントリー飲料開発設計部部長 (シニア・スペシャリスト) コーヒーをはじめ、紅茶、烏龍茶、緑茶等の嗜好飲料の新製品を 開発。特に烏龍茶については、25年間にわたり研究・商品開発に 従事。 2004年 中国政府より、烏龍茶の研究と品質向上への貢献が認 められ、名誉茶師の称号を授与される。 2001年 中国国際茶文化研究会名誉会員 2005年 日本中国茶普及協会理事 2005年 中国曁南(jinan)大学 中薬及び天然薬物研究所客員教 授書 著書に「烏龍茶の魅力」(プレジデント社)など。 使用言語:日本語/フランス語(必要に応じて) 言 語: 日本語(一部中国語、英語可) 対 象 : 早大生・教職員 定 員 : 第Ⅰ部のみ40名 参加事前登録: 第一部のみ必要(第二部は事前登録不要) 「中国茶参加希望」とタイトルに明記の上、 氏名、所属(学部・大学院等)、学年を xiexie@list.waseda.jp までメールでお送りください。 Language : Chiefly Japanese Eligibility : For Waseda Students, Faculty and Staff members Capacity : 40 for Part I Registration: Required only for Part 1. Please send an e-mail to xiexie@list.waseda.jp, indicating “Tea Tasting” in the title, and your full name, affiliation, and school year. 参加事前登録:不要 参加費:無料 共 催:オープン教育センター 「アルナの子どもたち」 パレスチナ難民キャンプでの生と死 Israeli Film and Talk Session 日 時 上 映 演 目 言 語 プ ロ グ ラ ム 2007年12月14日(金) 18:00~20:00 『アルナの子どもたち』 (ジュリアノ・メール・ハミス監督作品) アラビア語・ヘブライ語(日本語および英語字幕) 18:00-18:10 映画解説(日本語・英語) 18:10-19:40 映画上映 『アルナの子どもたち』 19:40-20:00 質疑応答(日本語・英語) Alexander Bukh 氏 (大学院政治学研究科外国人研究員) 早大生・教職員 (参加事前登録:不要) 無料 December 14th (fri), 2007 6:00-8:00 pm “Arna’s Children" directed by Juliano Mer Khamis Arabic and Hebrew with English & Japanese subtitles 6:00 - 6:10 pm, Talk by an Israeli researcher (Japanese and English) 6:10 - 7:40 pm, Film “Arna’s Children" 7:40 - 8:00 pm, Q&A Session (Japanese and English) Dr. Alexander Bukh, Visiting Researcher, Graduate School of Political Sciences Waseda students, faculty and staff members FREE @ICC(大隈ガーデンハウス1階 Not required 1st Fl., Okuma Garden House) Annual Overview 2007 フランスから見る ICC Mediterranean event series, Part 2 of 2 Inquiries お問合せ: ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: xiexie@list.waseda.jp 地中海 協賛 株式会社 孫悟空 株式会社 聘 珍 樓 日本中国茶 普及協会 "The Mediterranean from a French perspective" コーディネーター 対 象 参 加 費 Date & Time Title Language Program Coordinator 欢迎中国 1st Fl. Okuma Garden House(Bldg. 25) 中国大使館 後援 友好交流部 November 12 ~ 22 中 国を ICC Chinese Festa ICC Theme Salon お問合せ Inquiries :ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: icc-cafe@list.waseda.jp フェイム-4☆.indd 7 2007/12/01 15:47:28 Eligibility Fee Registration :::::: お問合せ(Inquiries):ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: icc-cafe@list.waseda.jp :::::: 11 月 16 日 (金) チャイニーズ・フェスタ : I love 中国茶 ~本格烏龍茶で愉しむ午後のひととき~ 12 月 17 日 (月) ・18 日 (火) ミュージカル 『FAME』 12 月 13 日 (木) テーマ・サロン:フランスから見る地中海 12 月 14 日 (金) イスラエル映画鑑賞会 『アルナの子どもたち』 11

[close]

p. 14

2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 Annual Overview 12 163 実施企画数 件 参加者数 7,843 設立 SSL が振り返る、 2008 人 Feature 無国籍キャンプ 参加者の声 「国籍って何だろう ? 国境って何だ ろう ? 」 …… 一 般 的な “国際交流 イベント” のあり方に疑問を呈する 学生スタッフリーダーの発案により、 国籍や国境からく る固定観念や既成 概 念に縛られず 、 その枠を超えて 人間同士のぶつかり合いができる 「無国籍キャ ンプ」が生まれました。 本名・国籍・学部・学 年・年齢 等 属性情報をすべて隠して行うこの交 流キャンプでは、 さまざまなディス カッションやチームビルディ ング・ア クティビティを通じて、 ふだんとは 一味違う交流が展開されました。 本 企画はその後定番化され、ICC 独 自の交流メソッ ドとして高い評価を 受けています。 参加したさまざまな ICC のイベントの中で、 「無国籍キャンプ in 沖縄」 が一番思い出に残っ ています。 「どこから来たの? 」という典型的 な質問から始まらない会話は、 なぜか不思議 に距離感を縮めてくれるもので、 一緒に頭や 体を動かしているうちに、 留学 生も日本人も とても仲良くなれました。 その後もメンバー 同士で頻繁に連絡を取り合うようになり、 帰国 した留学生の友だちの国に旅行に行った時、 地元の穴場スポットなどを紹介してもらいま した。 今でも ICC を通して知り合った友だち とは深い絆で繋がっています。 3 年目の 一番の思い出はやは り 「無国籍キ ャ ンプ」 です。 SSLの問題意識が企画と して実を結んでいく 過程を体感できま した し、 国際交流イベン トの 大きな可能性にも気づかされま した。 学生留学 ア ドバイザーと連携し、 長瀞ライ ン下り と蕎麦 打ち体験のフ ィ ール ド・ ト リ ッ プも企画しま した。 学内のさ ま ざまな部署と連携を図るこ とで、 さ ら に企画の幅や参加する学生の層も広がってい く と感じ ま した。 個人的には卒業前に留学先の イギリスの文 化 紹 介イベン トができたことも よかった と思います。 ICC  無国籍キャンプ in 神奈川 2008 年 10 月 11日 (土) ~ 13日 (月) (2 泊 3日) 参加人数:49 名  無国籍キャンプ in 沖縄 2009 年 2 月 9日 (月) ~ 13日 (金) (4 泊 5日) 参加人数:42 名 西 裕也 第4 期 SSL 2009年3月 政治経済学部卒 ICC北米フェスティバルカナダ紹介トーク・セッション 2008年10月27日~ 31日 日本の約27倍、世界第二位の国土面積をもつ広大な国、 カナダ。東の端から西の端までの距離が6000kmあまりと北海 道の北端から九州の南端までの3倍強であることを考えると、 その広大さが実感できるでしょう。こんな広大な国であるにも かかわらず、日本からのツアーがあるのは西海岸と、カナディア ンロッキー、ナイアガラの滝、メープル街道くらいなもの。しかし、 カナダにはまだまだ語りつくせないほどの素晴らしい場所がたく さんあるのです。今回はカナダを知り尽くした『カナダ・スペシャ リスト』がカナダならではの魅力的な場所や現象を十二分に ご紹介します。 日 時 : 6月26日(木) 17:00 ~ 19:00(部分参加OK) 場 所 : 国際コミュニティセンター(大隈ガーデンハウス1階) 言 語 : 日本語 対 象 : 早大生・教職員・一般 参加費 : 無料! 参加事前登録:「カナダ」とタイトルに明記の上、氏名、所属 (学部・大学院)をnorth-america@list. waseda.jp 宛にe-mailにてお送りください。 *当日参加も歓迎ですが、人数把握のためできる だけ 事前登録にご協力ください。 Make new friends at Waseda Date & Time: Sep. 25th (Thu), 3:00-5:00 pm Place: International Community Center (ICC), 1st Fl., Okuma Garden House (Bldg. 25) Eligibility:All Waseda students, faculty and staff Language:Japanese & English Fees: Free! Registration: Not required Partial participation welcome! カフェ・タイム アフリカ文化に触れてみませんか? ボツワナの伝統音楽 の生演奏と「セタパ」と 呼ばれる南部アフリカ土着のツワナ族の伝統的な踊りを披露します。アフリカが好き、 ダンスが好きという方大歓迎! 実際にダンスを踊れる体験タイムもあり! Ntirelang Berman 「ンティレラン・ベルマン」 Phate Ya Setso 「パテ・ヤ・セツォ」 日 時 : 2008年5月21日(水) 17:00 ~ 19:00 (部分参加OK) 場 所 : 国際コミュニティセンター (大隈ガーデンハウス1階) 対 象 : 早大生・教職員 ・一般 参加費 : 無料 参加事前登録 :不要 ボツワナの伝統音楽と 詩の弾き語りを聴かせ ます。ボツワナ国内の 祝賀行事での演奏は もちろん、ドイツや中国 など海外公演実績も 豊富です。 ボツワナ中央に位置するMahalapye(マハラピェ)出 身の学業を終えたばかりの若者で編成されているグ ループです。2002年8月に結成され、ボツワナの音 楽と舞踊の文化遺産を保存し継承する目的で活動 しています。彼らが得意とするのは「セタパ」と呼ばれ る南部アフリカ土着のツワナ族の伝統的な踊りです が、他の踊りも取り入れています。独立記念日を始 め重要な行事で踊ったり、諸外国の首脳のボツワナ 訪問時に招かれて踊りを披露したりするなどの実績 を重ねています。12名のメンバーが初来日します。 Have a chat with local and other international students over a cup of coffee and free drinks and snacks. We will also offer cultural experiences through games. 昨年2007年度は『日本・エジプト両国間における文化交流協定締結 50周年』にあたり、様々な記念行事が開催されました。今年は両国政 府間で「日本・エジプト科学技術年」に定められており、両国の関係は学 術分野においても更に深まることが期待されます。このたび、国際コミュニ ティセンター主催によりさらなる文化交流、相互理解、友好関係の促進 ��ること���として「��� �������� ����」が開催されます。この 機会に、エジプトの文化に触れ親しんでみてください。 全イベント ハイビスカス茶付 東京観光プランを 立てよう! 日 時: 10月27日 (月) 16:20~18:00 場 所: 小野記念講堂(27号館) プログラム: 1)大使挨拶 2)ドキュメンタリー映画 「ツタンカーメン王・死の真実」 3)Q&A セッション (大使が質問に答えてくださいます) 言 語: 大使挨拶(英語)・ 映画 (日本語) Dr. W. Abdelnasser 日本の若者文化 Interested in Japanese subculture? Get to know the common lifestyle of Waseda students which would help your new life here in Japan. Guest Speakers 林弥太郎 カナダ・スペシャリスト(第一号) 1977年政経学部経済学科卒。(株)日立トラベルビューロー入 社。海外団体部を経て、カナダのスキー取り扱うブルーガイド・セン ターに配属。ここで初めてカナダと出会う。1988年、独立し、カナ ダ個人旅行の専門旅行会社 株式会社カナディアンネットワークを 共同で設立、以来、個人旅行専門のパイオニア的旅行会社とし て現在に至る。スタッフは5名だが、うち4名がカナダ・スペシャリスト の資格を持ち、この数は日本最多。入社以来カナダ渡航回数は 100回近く、カナダのガイドブックや刊行物も多く、日本作家協会 会員でもある。 協 力 : カナダ観光局 Plan a one-day trip in Tokyo in groups and win a small prize! Try to make your best plan using sightseeing brochures and train maps. 日 時: 10月28日 (火) 14 14: :40~17: 17:45 場 所: ICC(大隈ガーデンハウス (大隈ガーデンハウス1階) プログラム: プログラム : 14: 14 :40 40-15 15: :30 アラビア書道 アラビア書道 実演・ 実演 ・体験書道 ゲスト:日本 ゲスト :日本アラビア アラビア書道協会 書道協会・ ・山岡幸一氏 15: 15 :45 45-17 17: :45 エジプト映画 エジプト映画 “The Best of Time ” ファシリテーター: Prof. Dr. Karam Khalil エジプト大使館文化 エジプト 大使館文化・ ・教育 教育・ ・科学局参事官 日 時: 10月30日(木)16 16: :15~19 19: :30 ICC(大隈ガーデンハウス ガーデンハウス1階) 場 所: ICC(大隈 プログラム: 16: 16 :15 15-17 17: :45 観光案内フィルム 観光案内フィルム 解説:Ibrahim Khalil氏 Head of Egyptology & Tourist Promotion 協 協 賛 : 賛 : 株式会社 カナディアンネットワーク Hany Salah氏 Head of Press & Information Office 言 語: アラビア語 アラビア語 (英語字幕) 解説は 解説 は日本語 日本語あり あり 18: 18 :00 00-19 19: :30 エジプト エジプト音楽 音楽 & ベリーダンス: “Kewayes” 言 語: 英語 & 日本語 エジプトのスナック付(無料) アフリカ南部の中央に位置する内陸の国で面積は日本の約1.5倍です。北西部に広がる 世界最大の内陸河川デルタ「オカバンゴ湿地帯」は、オカバンゴ川が河口に出ないまま三 角州を作り、カラハリ砂漠の砂に吸い込まれるように消えるという世界的に珍しい地形です。 また6万頭という世界一の数のゾウが生息する「チョベ国立公園」など見どころも沢山ありま す。政治的にも安定した民主主義国家であるとともに、世界一のダイヤモンド生産高を誇り、 経済成長も著しい国です。一方、伝統を重んじ、豊かな文化を大切に守っています。 お問合せ: 国際コミュニティセンター (ICC), 大隈ガーデンハウス1F URL: www.waseda.jp/icc TEL: 03-5286-3990 E-mail: country-festival@list.waseda.jp 横山修 カナダ観光局旅行業界担当マネジャー 1973年早稲田大学商学部卒。1973年10月から現在までカ ナダ観光局とカナダ大使館に勤務。カナダ全土の主要都市・観光 地を定期的に訪れ、日本マーケットでその魅力をPR・マーケティン グ・販売促進活動を通して紹介している。 ご来場者にはカナダ関連グッズをプレゼント! カフェ・タイムには風味豊かなメープル・クッキーあり! じ ゃぱに ーず ・ ふ ぇす た Inquiries: ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: japanese-festa@list.waseda.jp 無料 参加事前登録不要 対象:早大生 対象:早大生・ ・教職員 教職員・ ・一般 お問合せ: 国際コミュニティセンター TEL: 03-5286-3990 E-mail: egypt@list.waseda.jp 5 月 21 日 (水) ボツワナ・ダンス&ミュージック・ナイト 6 月 26 日 (木) 北米フェスティバル : カナダの隠れた見所を探る 9 月 25 日 (木) ジャパニーズ・フェスタ: ようこそ! Tokyo カフェ 10 月 27 日 (月)~ 10 月 31 日 (金) エジプシャン・ウィーク

[close]

p. 15

2008 トーク&ビジッ ト Pick up 2008 ビジター・セッション Pick up 2008 サウジアラビア ・デー Pick up アカデミ ッ ク な観点から 日本独自の問題や 世界の共通課題について理解を深める ため、 レ クチャーを聴いた後、 実際に現場を 訪問する本企画が学生ス タ ッ フ リ ーダーの 発 案で始ま り ま した。 サポーターと と もに 考えた初年度のテーマは 「多文化共生」 、 「環境と資源」 、 「ツー リ ズム」 、 「裁判員 制度」 、 「少子化」 の 5 つ。 実施を間近 に控えた「裁判員制度」 では、 校友である 検事から制度全般について概要説明を 伺った後、 実際に東京地方裁判所を訪問 して刑事裁判を傍聴、 裁判所の立場から 裁判員制度について講義を受けま した。 日本人学生のみならず、 留学生も参加し、 共に日本の法制度について理解を深めま した。 参加者の声 海外から訪日する大学生との交流会は、 訪問学生の「日本の学生と話したい !」 という熱意から、 短時間でも毎回中身の 濃い交流とな り ます。 アラブ首長国連邦 (UAE) 初の本格的な国立女子総合大 学、 ザイ ー ド大学からは女子学生 10 名を 迎え、 「女性の仕事」 、 「女性の リ ー ダーシ ッ プ」等についてディ スカ ッ シ ョ ン を行いま し た。 男性と同じテーブルにつ く こ とに驚き を 感じるザイ ー ド大の学生に早大生はびっ く り する な ど、 両大学の学生がそれぞれ文化 の違いを体感する機会とな り ま した。 経済 的には豊かで も本国ではあ ま り 自由のない UAE の女性にと って生涯忘れる こ とので き ない体験になったと後に感謝の言葉が 寄せられま した。 参加者の声 サウジアラ ビア大使館の全面協力によ り 、 全学的に開催されたサウ ジア ラ ビア ・ デー。 オープン教 育センターでは大 使 講 座の 第一弾と して、 サウジアラ ビア王国大使を お迎え し、 「サウ ジア ラ ビア と 日本の戦略的 ・ 重層的パー ト ナーシ ッ プの促進」と題 して、 両国間の友好関係・今後の展望について 語っ ていただ き ま した。 ICC では学生対象の文化交流イベン ト と し て「アラ ビア・カ フェ」を実施しま した。 サ ウジ風に装飾されたラウ ンジにて、 アラブ・ コー ヒー と デーツ (なつめや し) で も てな しを 受け、 来 場した学 生たちは思い思いに 伝統衣装を試着した り 、 絨毯の上で く つろ ぎま した。 アラブ・イ ス ラーム学院から派遣 されたゲス ト講師に よ り 開催された「アラ ビ ア語体験レッスン」には、2日合計で約 100 名の参加者が集ま り ま した。 また、 本場 のシェフがその場で炙るチキン を削って レ タス と と も にパンにはさんだアラブ風サン ド イ ッ チ、 シュ ワルマが先着 100 名に供されま した。 目で、 耳で、 舌で、 アラブ文化を感じる こ とがで き た一週間で した。 自分のと こ ろに候補者名簿記載通知が届いた ので、 直接検事に質問する こ とがで き、 助か り ま した。 実際に説明と質疑応答での皆の感想を 聞いて、 あらためていろんな問題があるんだな と実感し ま した。 ディ スカ ッ シ ョ ンは女性問題という少し難しい テーマでしたが、 UAE の社会状況はある面 日本にも似たところがあり 、 UAE の政 府 が 女性の社会進出を手助けしているこ となども 知る こ とがで き ま した。 2008 年 6月、7月、12 月、2009 年 1月  参加人数:10 イベント合計 195 名 来構大学: 中 国 清 華 大 学、 中 国 浙 江 大 学、  ザイード大学、 サウジアラビアユース デリゲーション、 早 稲 田エデュケー ションタイランド 参加人数:5 回合計 144 名 2008 年 6月 17日 (火) ~ 23日 (月) 参加人数:7イベント合計 550 名 Fabriquons�La�Cartonnage Fabriquons�La�Cartonnage ensemble! ensemble! 䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛷䝣䜷䝖䝣䝺䞊䝮䜢䛴䛟䜝䛖䟿 䝣䝷䞁䝇䛾ఏ⤫ᕤⱁ䚸䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䜢 䜏 䜣䛺䛷䛴䛟䜝䛖䟿 ௒ᅇ䛿䝣䜷䝖䝣䝺䞊䝮 䛻䝏䝱䝺䞁䝆䟿䟿 ⮬ศ䛰䛡䛾䛛䜟䛔䛔 䝣䜷䝖䝣䝺䞊䝮䜢స䛳䛶䜏䜎䛫䜣䛛䠛 ICC�Festival�Fran çais ICC�Festival�Franç Cartonnage photo frame workshop Let’s make Cartonnage! During this workshop, we will be decorating a photo frame, which is yours to keep! PARTY 日 時: 2008年12月12日(金) 17:30~19:30 場 所: ICC(大隈ガーデンハウス1階) 参加資格: 早大生、教職員 Date & Time: Dec. 12, 2008 (Fri) 5:30-7:30 pm Place: ICC (1st Fl, Okuma Garden House) Eligibility: For Waseda Students, faculty and staff members Friday Nite 中華人民共和国建国60周年特別企画 スチューデント・ディスカッション付試写会 䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛸䛿䠛 䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛸䛿䝣䝷䞁䝇䛾 ఏ⤫ᕤⱁ䛷䚸ཌ⣬䜢ዲ䛝䛺ᙧ䛻 ษ䛳䛶⤌䜏❧䛶䛯䜒䛾䜢⣬䜔 ᕸ䛺䛹䛷そ䛳䛶䛷䛝䛯సရ 䠄㼛㼡㼢㼞㼍㼓㼑 㼐㼡㻌㼏㼍㼞㼠㼛㼚䠅䛾䛣䛸䚹 Cartonnage is a type of traditional French craft that involves decorating cardboard boxes, and other objects. What is “Cartonnage” Cartonnage”? ᪥ ᫬䠖 䠎䠌䠌䠔ᖺ䠍䠎᭶䠍䠌᪥䠄Ỉ䠅䠍䠒䠖䠏䠌䡚䠍䠔䠖䠏䠌 ሙ ᡤ䠖 㻵㻯㻯䠄኱㝰䜺䞊䝕䞁䝝䜴䝇䠍㝵䠅 ᑐ ㇟䠖 ᪩኱⏕䞉ᩍ⫋ဨ ᐃ ဨ䠖 䠏䠌ྡ䠄ᛂເ⪅ከᩘ䛾ሙྜ䛿ᢳ㑅䠅 ཧຍ㈝䠖 䠑䠌䠌෇ ゝ ㄒ䠖 ᪥ᮏㄒ䠄௖ㄒ䞉ⱥㄒ䛷䛾⿵㊊ㄝ᫂ྍ䠅 ཧຍⓏ㘓䠖 䛂䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳ཧຍᕼᮃ䛃䛸䝍䜲䝖䝹䛻᫂グ䛾ୖ䚸 Ặྡ䚸ᡤᒓ䠄Ꮫ㒊䞉኱Ꮫ㝔➼䠅Ꮫ⡠␒ྕ䚸Ꮫᖺ䜢 㼎㼛㼚㼖㼛㼡㼞㻬㼘㼕㼟㼠㻚㼣㼍㼟㼑㼐㼍㻚㼖㼜ᐄ䛻䝯䞊䝹䛻䛶䛚㏦䜚䛟䛰䛥䛔䚹 Ⓩ㘓⥾ษ䠖䠍䠎᭶䠐᪥䠄ᮌ䠅䠍䠓䠖䠌䠌 Date and Time : Dec. 10th, (Wed), 4:30-6:30pm Place : ICC, 1st Fl, Okuma Garden House (Bldg. No. 25) Eligibility : Waseda students, faculty and staff members Capacity : 30 (random lottery in case the number of applicants exceeds capacity) Fees : 500 yen Language: Japanese (French and English assistance as required) Registration : Please send an e-mail to bonjour@list.waseda.jp indicating “Cartonnage” in the title, with your full name, affiliation (undergraduate/ graduate school you belong to), Student ID No., and school year. Registration Deadline: 5:00pm, Dec.4th, 2008 プログラム: 13:30~15:34 映画上映 イングランド風に飾られた空間で、ビートル ズ・ナンバーの生演奏を聴きながらパー ティーを楽しみませんか? 音楽、フリードリ ンク&スナック、プレゼント(ビートルズ・クイ ズ勝者への賞品)と3拍子そろった今学期 最後のICCパーティーを見逃すな!! Hey Jude! Join the “fab four” for a night of Beatles fun and nostalgia, including live music courtesy of “Waseda Beatlemania” and a trivia session (prizes included) where Beatles fans can put their knowledge to the test! Don’t miss out! ★ 早稲田ビートルマニア ★ 1978年2月に創設以来、ビートルズサウンドの再現演 奏とビートルズ研究の双方を軸に、60年代にビートルズ が体現していた時代の精神を今に伝える事を目標に 日々活動している。メンバーは、早大生を中心に、近 隣の大学生、女子大生、更にはOLやフリーター、サラ リーマンまで幅広く、ビートルズとその周辺文化を愛する 全ての人のためのサークルである。 Since its establishment in Feb 1978, WASEDA BEATLEMANIA has been realizing the sprit of the age which The Beatles embodied in the 1960s through its various activities which include recreating The Beatles sound and also Beatles related research. The group consists of not only Waseda students but students from other universities and even office workers. WASEDA BEATLEMANIA is for all people who love The Beatles and their culture! 12 月 10 日 (水) フェスティバル・フランセ: カルトナージュ制作 LA CARRTONAGE 15:45~16:30 スチューデント・ ディスカッション 対 象: 早大生・教職員・一般 丌要 (収容人数290人 先着順) c2007 Huayi Brothers Media & Co.,Ltd. Media Asia Films (BVI) Ltd. All Rights Reserved. Annual Overview 2008 参加事前登録: 当日は直接会場にお越しください。満員の際は入場をお断りすることもございます。 また混乱を避けるため当日は係員の指示に従って下さい。 参 言 要参加予約(Waseda-net portalより申請フォーム登録) 定員:先着100名(会場収容人数に制限があるため) 登録締切:12月11日 ただし、定員に達した時点で予告無く締切ります。 参加申込方法: [Waseda-net Portal] - [システム・サービス] - [申請 フォーム入力] - [Friday Nite Party at ICC - December 12, 2008 - ] パーティ当日は、登録後に自動送信されるメールを印刷して、受付で提示 してください。(事前参加登録がないと、当日は入場できません) Registration required (from Waseda-net portal) Capacity: 100 people (due to the limited venue space) To apply: [Waseda-net portal] – [System services] – [Application] – [Friday Nite Party at ICC - December 12, 2008 - ] Registration Deadline: December 11, 2008 (Please note that registrations will close without prior notice after reaching capacity (100).Please print out the reply mail and bring it with you to the event. Participation without registration is not permitted. 主催:学生留学アドバイザー 共催: ICC, CIE Organized by Study Abroad Student Advisers Co-organized by the ICC & CIE 加 費: 無料 語: 中国語音声・日本語字幕(ディスカッションは日本語) 催: 早稲田大学国際コミュニティセンター 早稲田大学中国留学生会 ブロードメディア・スタジオ株式会社 A FENG XIAOGANG film ㅮᖌ⤂௓ 䜘䛣䛯ᆂᏊඛ⏕ 㻝㻣ᖺ㛫䛾ᾏእ⏕ά䜢⤒㦂䚹㻝㻥㻥㻠ᖺ䛛䜙㻞㻜㻜㻜 ᖺ䝟䝸ᅾఫ୰䚸䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛸ฟ఍䛔䚸⌧ ᆅ䛾㻠ே䛾ㅮᖌ䜘䜚ᢏ⾡䜢ಟᚓ䚹ᖐᅜᚋ䚸 㻞㻜㻜㻜ᖺ㻝㻜᭶䜘䜚ᮾᛴ䝉䝭䝘䞊㻮㻱῰㇂ᰯ䜢⓶ ษ䜚䛻䚸䜹䝹䝏䝱䞊䝇䜽䞊䝹䛷䛾άື䜢㛤ጞ䚹 㻞㻜㻜㻝ᖺ㻠᭶䚸䝤䝔䜱䝑䜽♫䜘䜚䛄ཌ⣬䜽䝷䝣䝖 䜹 䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛾ୡ⏺ 䛅䜢ฟ∧䚹㻞㻜㻜㻟ᖺ㻝㻜᭶䚸 ᪥ᮏ䛷ึ䜑䛶䛾䜹䝹䝖䝘䞊䝆䝳䛾䛯䜑䛰䛡䛾 䜰䝖䝸䜶䜢ᮾி⚄ᴦᆏ䛻䜸䞊䝥䞁䛩䜛䚹 主 Advanced Screening Date & Time: January 16th, 2009 (fri) 5:30 - 7:30 pm Place: ICC, 1st Fl., Okuma Garden House Language: English & Japanese Eligibility: For Waseda students, Faculty and Staff Members Registration: Not Required Fees: Free! *Partial participation welcome! Ms Keiko Yokota Ms Yokota has previously lived outside of Japan for 17 years. She first encountered cartonnage when she was living in Paris, and learned technique from 4 local teachers. After returning to Japan, she began teaching cartonnage at a “culture school” in Shibuya from October, 2000. On April, 2001, she released a book about cartonnage, and in October, 2003, she opened Japan’s first cartonnage only atelier in Kagurazaka, Tokyo. 日 時: 2009年1月16日(金) 17:30~19:30 ※部分参加OK 場 所: 国際コミュニティセンター (大隈ガーデンハウス1階) 言 語: 英語・日本語 対 象: 早大生・教職員 参加事前登録:不要 費 用: 無料! 60th Anniversary of the Founding of the People's Republic of China (2009) Special Event お問合せ: ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: icc@list.waseda.jp Inquiries: ICC��TEL: 03�5286�3990��E�mail: bonjour@list.waseda.jp お問合せ Inquiries: ICC TEL: 03-5286-3990 E-mail: abbeyroad@list.waseda.jp 12 月 12 日 (金) フライデー・ナイト・パーティ 1 月 10 日 (土) 中国映画試写会 『戦場のレクイエム』 1 月 16 日 (金) イングリッシュ・ウィーク: ビートルズナイトパーティー 13

[close]

Comments

no comments yet