hairo20131108

 

Embed or link this publication

Description

experimental film magazine

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2



[close]

p. 3



[close]

p. 4

祐子の窓 線 虫 は 死 ぬ と 青 く 発 光 す る   ず い ぶ ん 私 を 可 愛 が っ て く れ て い た 伯 父 が い ら に 青 く 園 る 稚 。 と れ 幼 だ る 喋 ら う て く た そ 当 。 と に か し る を か れ 線 し さ 外 う 、 も 測 、 紫 思 か 、 観 き と た 前 が と た っ る と く い だ が こ い て 前 あ る で し る に い ん 長 す 校 て 死 は 成 園 入   小 学 し が 光 虫 く 発   線 (新連載) ら し い 山 口 祐 子 Vol.7 Shunkan HAIRO 2

[close]

p. 5

で 死 を 表 現 し て い る 。   挙 げ た ら き り が な い く ら い 沢 山 の 作 品 が 青 ピ カ ソ『 青 の 時 代 』 ン『 グ ラ ン ・ ブ ル ー 』 ソ ッ ベ ・ ク ッ ュ リ ャ ン = ジ ャ ッ ク ・ ベ ネ ッ ク ス 『 青 い 夢 の 女 』 ジ レ ク ジ ャ ー マ ン『 デ が 死 を 連 想 さ せ る 青 ょ う ど 光 っ て い る 最 中 だ っ た ん だ ろ う か 。 ち   あ の と き お じ ち ゃ ん が 真 っ 青 だ っ た の は   っ た 。 か の と き み た い に 真 っ 青 な 人 は 誰 一 人 い な あ   し か し 、 そ れ 以 降 ど の お 葬 式 や お 通 夜 で も 得 し た 。 の と き 、死 ぬ と 青 く な る ん だ な 。と 納 そ 、 ど れ ぬ っ て ど う ゆ う こ と か 全 然 解 ら な か っ た け 死 真 っ 青 だ っ た 。絵 の 具 の 青 の よ う だ っ た 。 が   伯 父 宅 で 故 人 に 対 面 し た と き 、 お じ ち ゃ ん 頭 に 響 い た 。 の フ ェ ン ス の 高 さ と 夜 道 の 暗 さ が ら が す 道 う 心 臓 が バ ク バ ク し て 慌 た だ し く 伯 父 宅 へ 向 か   わ る い 病 気 っ て 何 だ か 知 ら な か っ た け れ ど 、 じ ゃ っ た の よ 」と 言 っ た 。 、 わ る い 病 気 で 死 ん ね は ゃ ん ち じ お が「 母 く な っ た 。 亡 3 Shunkan HAIRO 祐子の窓 BLUE 』

[close]

p. 6

れ な い 。 に 死( 生 命 ) を 感 じ て い た か ら か も し 、 青 が た   私 が な ぜ 青 に 惹 か れ る の か よ く 解 ら な か っ 撮 影 し 始 め た 。 て 青 く 光 る 話 を 思 い 出 し て と み を 空 と 柱 信 電   今 回 の 作 品 は 夕 方 日 が 沈 む と き 、 光 始 め た こ と な く 不 安 に さ せ る 。 含 ん で い る こ と が ど も 素 要 の 死 た っ い と る れ   生 命 に 書 か せ な い 水 で あ り な が ら 水 害 や 溺 材 に 青 単 色 で 制 作 し た 。 対 す る 不 安 、 恐 怖 を 題 に 」 水 る「 み に 夢 を 品 作   私 も 2 0 0 9 年 に「 青 / プ ラ シ ー ボ 」 と い う い 。 も 体 の ど こ か で 読 み 取 っ て い る に 違 い な と   目 に は 見 え な か っ た り 、 耳 に 聞 こ え な い こ て き た の か も し れ な い と 思 っ た 。 品 が 生 ま れ 作 な 々 様 て じ 感 を 安 不 」に 青 ら「 か   も し か し た ら 目 に 見 え な い 死 の 光 を 感 じ る じ る の か 不 思 議 だ っ た 。 し て も 、 な ぜ そ う 感 に る あ が け 付 裏 の 学 理 心   感 覚 的 に 使 っ て い た 色 彩 に 、 も ち ろ ん 色 彩 線虫の情報は 『 「死」 は青い光を放つことが判明 (WIRED.JP) より 』 山口祐子/ YAMAGUCHI Yuuko(やまぐちゆうこ) 宇宙や重力や遠心力とかについて日々ぼんやりと考えています。 あと色や音についても考えています。 そういうことから作品を創っていこうと思います。 Vol.7 Shunkan HAIRO 4

[close]

p. 7

5 Shunkan HAIRO

[close]

p. 8

7 Shunkan HAIRO

[close]

p. 9

Vol.7 Shunkan HAIRO 6

[close]

p. 10

Vol.7 Shunkan HAIRO 8

[close]

p. 11

マエダシゲル/ MAEDA Shigeru 日テレの AD、PFF の映写技師、 学校事務、 大田青果市場、 文芸坐映写技師、を経て同時通訳技 師。 仕事から映画へのスイッチの切り替えに時間がかかる。 仕事のストレスがなかなか消えな い。 新しい生活サイクルを模索中。 音痴音響作家。 三児の父。 本名前田茂 (まえだしげる)1961年横浜生まれ。 : 立川育ち。 現八王子在中。 本籍は鹿児島。 東京映像芸術学院卒。 9 Shunkan HAIRO

[close]

p. 12

鈴木所長/ SUZUKI Syotyo 本名鈴木宏忠 (すずきひろただ) :1969 年生まれ。 東京映像芸術学院卒。 98 年から上映集団ハイロに参加。 ハイロで 10 年カメラを使わずにフィルムで何がどう表現できる かを研究発表する 「鈴木研究所」 を担当した経験を元に研究を作品へと意識を変換してます。 ほし の艦長との共作をきっかけに、2011 年からイメージフォーラムフェスティバルに参加しはじめる。 IFF2011『誰かがいる誰かがいる誰かがいる』 IFF2012『20』 IFF2013『Mark』 、 、 上映。 アート ・ディ レクターとして、ロンドン国際広告賞 1999ファイナリスト、2000NYフェスティバルファイナリスト。 Vol.7 Shunkan HAIRO 10

[close]

p. 13

11 Shunkan HAIRO

[close]

p. 14

Vol.7 Shunkan HAIRO 12

[close]

p. 15

13 Shunkan HAIRO

[close]

Comments

no comments yet