キタカミムサビ

 

Embed or link this publication

Description

北上の巨大カレンダー

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

キタカミムサビ Kitakami-Musabi

[close]

p. 3

プロジェクト名 キタカミムサビ プロジェクト概要 町のコミュニティの活性化 メンバー 戸塚香里、友田菜月、池田咲、宮崎瑞穂 白澤奈生子 期間 2012.04 - 2013.01 場所 宮城県石巻市北上町周辺 Project Name Kitakami-Musabi Project Description The revitalization of the community Members Kaori Totsuka, Natsuki Tomoda, Saki Ikeda, Mizuho Miyazaki, Naoko Shirasawa Terms 2012.04 - 2013.01 Location Kitakami cho, Ishinomaki City, Miyagi Pref. 北上コミュニティの活性化 東 日 本 大 震 災 後、 津 波 で ほ と ん ど の も の を 失 な っ て し ま っ た 石 巻 市 北 上 町 に「WE ARE ONE KITAKAMI」という仮設商店を建てた女性がいた。そんな復興の希望となる仮説商店を応援すべく、キ タカミムサビプロジェクトは発足する。Architecture for Humanity という NPO 団体の力を借り、2013 年 1 月に本設の複合施設へと成長する WE ARE ONE KITAKAMI へ、ものづくりによる支援活動を行っ ている。プロジェクトは地元の現状調査から開始し、最終的に媒体はカレンダーへと決まった。それも ただのカレンダーでは無い、子どもから大人まで楽しめる巨大ブック型カレンダーだ。機能としては住 民の情報共有の為の掲示板を持つものとなっている。 「津波で失われてしまった北上町の風景をよみが えらせて欲しい」という住民の要望のもと、北上町の為だけのカレンダーが出来上がる。 Revitalization of Kitakami community After the Tohoku Earthquake and Tsunami, there is a woman who started a temporary shop and multi-purpose community center called “WE ARE ONE KITAKAMI” at Kitakami Town, Ishinomaki City where tsunami robbed almost everything. To support this temporary shop - a hope for revival - we launched KITAKAMI-MUSABI PROJECT with support from Architecture for Humanity. We started by investigating Kitakami to design a calendar. And it is not an ordinary calendar but an enormous book calendar which entertains people of all ages. It can be used as a bulletinboard to share information for residents. In response to the residents longing to revive their memories of Kitakami’s lost landscape and beautiful sceneries, a calendar that was specifically designed for Kitakami, was born. 右図:キタカミムサビ相関図 北上町でマーケットを立ち上げた佐藤尚美さん。そこに私たちが 関わる。私たちを援助してくれる Archtecture for Humanity の 齋藤高晴さん、 Judit(ユディ)さん、 インダストリアルデザイナー の浅井治彦先生。 Chart on the right : Kitakami-Musabi correlation diagram Ms.Naomi Sato in Kitakami Town. We are involved in helping her activity. Those who helped us - Mr. Saito of Architecture for Humanity, Ms. Judit and Professor Asai. 36

[close]

p. 4

37

[close]

p. 5

カレンダーの 12 ヶ月と風景のモチーフ 1 月 …… 小室港と大漁旗 2 月 …… 相川の獅子舞 3 月 …… ワカメ漁 4 月 …… 釣石神社 5 月 …… こいのぼり 6 月 …… 旧北上町役場 7 月 …… 白浜海水浴場 8 月 …… 吉浜小学校 9 月 …… 大指港 10 月 … イヌワシと北上川河口 11 月 … ヨシ刈り 12 月 … アワビ漁 Motifs for the 12 months of the calendar January …… Port of Komuro and big catch flag February … Lion dance in Aikawa March……… Seaweed fishing April ……… Tsuriishi shrine May ……… Carp streamers June ……… Old Kitakami town hall July ……… Shirahama beach August …… Yoshihama elementary school September… Port of Ohsashi October …… Golden eagle and Kitakami river estuary November … Reed harvest December … Abalone fishing 38

[close]

p. 6

1 月 January 2 月 February 3 月  March 4 月  April 5 月  May 6 月 June 7 月 July 8 月 August 9 月 September 10 月 October 11 月 November 12 月 December 39

[close]

p. 7

成果物  WE ARE ONE KITAKAMI と 北上町の住民達を繋ぐ 巨大カレンダー Large calendar that connects Kitakami residents and WE ARE ONE KITAKAMI 40

[close]

p. 8

北上ムサビプロジェクト  私たちは北上町への支援を考える上で、その支援そのものが住民の方の負担にならないよう気をつけ ながらプロジェクトを進めてきた。その為、地元の現状やマーケットが抱える問題についてヒアリン グやリサーチを行い、繰り返し支援方法や制作物の提案を行った。媒体がカレンダーに決まるきっか けとなったのはリサーチで持ち上がった3つの課題を解決できるものだった為だ。一つめは、説明書 のいらない誰にでも分かる媒体であること。二つめは、地域住民の情報共有や会話のきっかけになる ものであること。三つめは、震災で無くなった北上町の風景をよみがえらせてほしいということ。こ れらの課題を解決する為のカレンダーの構造も、試行錯誤を経て今の形態に落ち着いた。それぞれ 12 ヶ月を彩る震災以前の風景は、その月毎の北上町の文化や風習、季節の風物詩など、この地域なら ではの物となっている。 カレンダーと掲示板の部分にはホワイトボードのように書いて消せる透明シー トが貼ってあり、住民同士の情報を共有できる仕組み。カレンダーの日付け部分はスライド式の構造 になっており、組み替えながらいつまでも使えるようになっている。沢山の方の協力のもとに出来上 がったこのカレンダーは、2013 年 1 月 31 日に実際に WE ARE ONE KITAKAMI に設置され、今もこ の場所で住民の方々に使っていただいています。 Kitakami-Musabi project In thinking about supporting Kitakami, we had to be careful not to impose and make our project a burden for residents there. So we conducted through research on the current situation of Kitakami and the problems the market was facing. In the process, we had to present proposals and possible design solutions again and again. The reason why we chose a calendar is because it could solve three problems found in our research. Firstly, it was a medium that everyone knows, and doesn’t require any instruction to use. Secondly, it could foster communication among the residents and sharing of information. Lastly, it could restore the memories of Kitakami with designs. To achieve the goal, through trial and error we settled in the form of a calendar. The designs for the 12 months of the calendar include the culture, customs and season’s feature of each month in Kitakami before the earthquake - as described by the residents who have been forced to live in temporary housings. It is possible to write and erase on the calendar just like a whiteboard so that residents of the community can share information. The dates on the calendar can be adjusted freely and can be used forever. The calendar was installed in “WE ARE ONE KITAKAMI” on January 31st in 2013, and residents have been using it actively since. 41

[close]

Comments

no comments yet