キムプロ

 

Embed or link this publication

Description

ロマンチックドライブ

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

キムプロ THE KIMPRO

[close]

p. 3

プロジェクト名 ロマンティックドライヴの書 in 宮城 プロジェクト概要 観光支援、エコドライヴの推進、コミュニケーション メンバー 木村美紀、里村真菜美、矢部たつこ、岡部桜子、光澤美有紀 期間 2012.04 - 2012.12 場所 宮城県仙台市周辺 ロマンティックに東北を応援♡  震災後、暗いイメージが拭いきれない東北の地。そのイメージを払拭し、人が行きたいと思うような、 魅力的な地として東北をアピールすることを目指した。主なターゲットを若者に設定し、若者が興味を 持っている恋愛を切り口として、東北の地を紹介する冊子を制作した。カップル向けに東北のデートス ポットを紹介するとともに、ふたりのコミュニケーションツールとしての役割も果たすものになってい る。協力団体日本ロマンチスト協会の提唱する「ロマンティックドライヴ」 (カップルがお互いを気遣 い合いながら、安全運転すること)の考え方に基づいたドライヴで、東北のロマンティックな場所を巡 りながら、お互いの愛を深められる仕組みになっている。仙台市を中心に配布している。 Project Name Romantic Drive Guide in Miyagi Project Description tourist support, eco drive, communication Members Miki Kimura, Manami Satomura, Tatsuko Yabe, Sakurako Okabe, Miyuki Mitsuzawa Terms 2012.04 - 2012.12 Location Sendai City, Miyagi Pref. The purpose of this project We aimed to dispel negative public image of Tohoku that has been created after the earthquake and to introduce Tohoku as an attractive place where people want to go. So we set the main target to young people and produced a booklet that introduces driving date spots of Tohoku and serves as a communication tool. The couple who use this booklet can deepen their love for each other based on the idea of “Romantic Drive” advocated by Nippon Romanticist Association while driving around Tohoku. The booklet is distributed mainly in Sendai City. 右図:キムプロ相関図 若いカップルに東北へ行ってもらうことによって、東北の地を盛 り上げたい&東北のイメージを明るくしたい!と考えるキムプロ に日本ロマンチスト協会が協力!ロマンティックなドライヴで宮 城県を楽しむためのガイドブックを制作した。 chart on the right : Kimpro’s correlation diagram Nippon Romanticist Association helped THE KIMPRO who wanted to cheer Tohoku up and brighten the images by making young couples trip to Tohoku. They made a guidebook to enjoy Romantic Drive in Miyagi Pref. 48

[close]

p. 4

49

[close]

p. 5

ロマンティックドライヴの書:表面  Romantic Drive Guide:front side 50

[close]

p. 6

ロマンティックドライヴの書:裏面  Romantic Drive Guide:back side 51

[close]

p. 7

成果物  ロマンティックドライヴの書 in 宮城 Romantic Drive Guide in Miyagi 52

[close]

p. 8

ロマンティック×デザイン  とにかく東北の魅力を明るく伝えたい。それが私たちの思いでした。特に若者に興味を持ってもらいた い、そのためにはどうしたらよいか。“ ロマンティック ” というキーワードにたどりつくまでは、とて も時間がかかった。若者が興味をもつこと … それはやはり恋愛なのではないか。恋愛を切り口として 東北のことを伝えることで、ネガティブなイメージを払拭できるのではないかと考え、テーマを設定し た。この「ロマンティックドライヴの書」で宮城県を旅することによって、楽しみながら宮城県のこと を知ることができ、その場所に対するイメージが、明るいもの・楽しいものに変わっていくことをねら いとしている。長い間、“ 東北のためにできること ” というのを何度も考えてみたが、しっくりくるも のがなかなか見つからなかった。“ 私たちだからできること ” を考え始めてから、自分たちなりに答え と思えるものが見え始めてきた。私たちと同じ年代、震災や過疎地の問題から目を背けている人はたく さんいる。彼らにいくら目を向けて欲しいと思っても、なかなかそうはいかないことは、同じ立場であ る私たちが一番分かっている。被災地の外にいる若者だからこそ、何を魅力に変えていけばいいか、新 鮮な考えができたのではないかと思う。 Romantic × design  We wanted to promote the beauty of Tohoku. In particular, to engage young people to have an interest in the region, but we did not know what we should do. It took a long time until we came up with the keyword “romantic”. What are young people most interested in? It is…“love!” We thought if we introduced Tohoku focusing on love, we would be able to dispel its negative image. This is how we came to design a booklet for couples to have a romantic drive to Tohoku and have fun.  For a long time, we struggled to find what we could do for Tohoku. Only when we shifted our thinking to “solutions only we can design” did our concept started to take shape. Many young people in Japan look away from the problems in the disaster stricken area. It is very difficult to persuade them to change their attitude. In the end, being young, passionate and living outside of Tohoku became our strength in solving this task with a fresh approach because we understand our own generation better than anyone else. 53

[close]

Comments

no comments yet