アクアアートシップ

 

Embed or link this publication

Description

アクアアートシップ

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

アクアアートシップ Aqua Art Ship

[close]

p. 3

プロジェクト名 アクアアートシップ プロジェクト概要 小名浜の昔、今、未来  メンバー 星野祐里、浅井量子、三枝詩歩、神宮菜々子、サイユーサン 期間 2012.04 - 2012.12 場所 福島県いわき市小名浜 Project Name Aqua Art Ship Project Description Past Present and Future of Onahama. Members Yuri Hoshino, Ryoko Asai, Shiho Saegusa, Nanako Jingu, YuShan Tsai Terms 2012.04 - 2012.12 Location Onahama, Iwaki City, Fukushima Pref. 私たちの使命 2011 年 3 月の原子力発電所事故により被害を受けた福島県。連日メディアを通して見る「福島」では なく、実際に私たちの目で見たいと思い、いわき市を訪れた。中でもどこか懐かしい町並みと、家族の ように接してくれる方々の住む小名浜に愛着を持ち、未だ震災の爪痕が残るこの土地に、私たち美大生 が何か力になれないかと考えるようになった。豊かな海産物や、漁港など『海』がキープレイスである 小名浜。そこで津波に遭い打ち捨てられた廃船や、大漁旗を媒体にして小名浜の人々の想いを発信でき ないかと考えて Aqua Art Ship Project を発足させた。震災以前、 人と自然が美しく共存していた 『過去』 、 二度と同じ瞬間は来ない『現在』 、震災を経験し、変化した小名浜に期待し待ち望む『未来』 。住民との 対話を通じて感じ取った彼らの想いをデザインを介して整理し、より多くの人に届けること。これが私 たちの使命である。 Our mission In March 2011, Fukushima Pref. was heavily damaged by the Fukushima Nuclear Disaster and the place became very famous through this accident. Our group wanted to witness real Fukushima with our own eyes, not from the news we watch every day. We felt a strong attachment to Onahama City because good old streets and the kind people of this city and we started to think what we can do for Onahama with the skills of art university students. Before the accident, seafood was a specialty of Onahama. Also there are harbors and aquarium so key place for Onahama is the ocean. We decided to convey voice of the people in Onahama through the ships and fisherman’s flags which were destroyed by the tsunami. This is how the Aqua Art Ship Project was inaugurated. In the “past”, people and nature coexisted harmoniously before the disaster. Precious moments of “present”. People anticipate a better “future” for Onahama. Visualization of the aspiration of the people through field research and interviews - this is our project’s mission. 右図:アクアアートシップ 相関図 廣木さんからアドバイスをもらい、漁連の力を借り、小名浜の 3つの場所で市民の方と共に作品を完成させ、市内の3つの場 所で展示をした。 Chart on the right : Aqua Art Ship correlation diagram We took some advice from Mr. Hiroki, with support from Fishery Cooperation. Our artworks were co-designed with the people from the local communities and have been exhibited in three places in Onahama. 24

[close]

p. 4

25

[close]

p. 5

成果物 大漁旗 Fisherman’s flags みんなで作る大漁旗  老人ホーム、 はるる小名浜の皆様から “ 幼少期の思い出 ” を。 私たちの作業場所である、 市場食堂に来てくれた方から “ 今日の小名浜 ” を。小名浜東小学校イラスト部の皆様 から “未来の小名浜の地図 ” を。想いを受け取って、 『過去』 『現在』 『未来』を表した 大漁旗を制作。 The Fisherman’s Flags made by everyone We made three flags. “The Flag of Childhood Memories” with senior citizens of Haruru Onahama. “The Flag of Today’s Onahama” with the people that came to our workshops, ICHIBA SYOKUDO. “The Flag of Future: Map of Onahama” with the students from an illustration club of Onahama East Elementary School. 完成品を見せている図。 Showing the flag. 現在の旗を描いている様子。 Drawing the flag of the present. 未来の旗を作っている様子。 Making the flag of the future. 過去を表す旗。 The flag of the past 現在を表す旗。 The flag of the present 未来を表す旗。The flag of the future 26

[close]

p. 6

成果物 アートシップ Art Ship 時を超え、伝える船  東日本大震災の津波被害で、片付けることが出来ず、四倉漁港に放置されていた廃船 からヒントを得、同じく津波の影響で小名浜港付近に山積された廃船から、一隻を譲 り受けた。その船に小名浜港にて震災以前行われていた底曳漁の様子を【過去】 、小 名浜港から見える風景を【現在】に、また再び漁業が再開し、網に多くの魚がかかっ ている様子を【未来】とし、船を三面にわけ、これらをペイント。制作した船は同時 制作している大漁旗とともに、 月 5 日から 7 日の間に行われる、 10 小名浜みなとフェ スティバルにて展示された他、アクアマリンふくしまの屋外で約1ヶ月間の展示が実 現した。もとは廃棄予定だった船を、漁業にまつわるメッセージ性のあるオブジェに 蘇らせることが目的だ。 A ship that carries messages beyond time   Inspired by the piles of damaged ships left behind in Yotukura Harbor, we got a damaged ship near Onahama Harbor. We divided the ship into three sections and painted each section with the theme of past, present and future. The past shows how Sokobiki (trawl) fishing used to be done. The present shows the scenery from Onahama Harbor today. The future shows fishery of Onahama which started again. The ship was exhibited in Onahama Harbor Festival (2012.10.05-07) with the Fisherman’s Flags. It is also exhibited in Aqua Marine Fukushima for one month. Our aim is to give life to a broken ship as a symbol of the hope of the fishermen in Onahama. 過去 / 震災以前の底曳漁の様子。 past/the picture of the trawl fishery. 現在 / 小名浜港の風景。地元の有名な観光施設や水族館を描写。 present/scenery from the Onahama harbor. 未来 / 漁業が再開されることを願い、豊かな海を描写。 future/the picture of squid, octopus, cod, and mullet on two sides of the ship 27

[close]

p. 7

展示中実際に入って遊んでもらった船は子供たちに大好評。展示中は小名浜の海の生き物を塗り絵で学ぶワークショップも開催。 Art ship was very popular among the children. We also held a workshop. 28

[close]

p. 8

作品を展示し、人々の想いを発信する  作品完成後、ペイントされた廃棄船と大漁旗は小名浜を発信する使命を持ってあらゆる所を巡る。 ひと際多くの人の目に触れた 10 月 6 日から 8 日までの間、小名浜美食ホテル付近で初開催された 「いわき小名浜みなとフェスティバル」での展示が実現した。いわき市民はもちろん、県外からも多 くの人が訪れた震災復興イベントだった。海中が描かれた船に足を止めてくれた子供たちには実際 に船に触れて遊んでもらい、また、メヒカリやイカ・タコなどかつて小名浜の底曵漁で捕れた魚を、 塗り絵をしながら学んでもらうワークショップも開催した。訪れた方の中には実際に大漁旗制作に 参加してくれた方もおり、その多くは、これから大人になり小名浜ひいては福島を牽引していく存 在となる地元の子どもたちだった。フェスティバル終了後、福島県でも有数の観光スポットである 水族館「アクアマリンふくしま」での展示と、いわき市の中心地にある「いわき芸術文化交流館ア リオス」での展示が行われた。福島県内での活動をひとしきり終えた後は東京に持ち帰り、首都圏 内での展示を目指している。 Exhibition and communicating the aspiration of the people. Our art works, painted ship and fisherman’s flags, will tour around Japan to convey present situations of Onahama. Our project was exhibited at “Iwaki Onahama Harbor Festival” which was held at Onahama Bisyoku Hotel from October 6th to October 8th, 2012. Many people came to this charity festival to see the art ship. Especially children played with the undersea images. We also held a workshop to learn about the fish of Onahama. Moreover, many of them were those who cooperated with us to make the flags, including students from Onahama East Elementary School, who were the collaborator of ‘The Flag of Future. They are the generation that will create the future of Onahama, and will support and lead Onahama in the future. After the festival, our works have also been exhibited in Aquamarine Fukushima, a famous aquarium in Fukushima Pref. and in Alios Iwaki Performing Arts Center located in downtown Iwaki City. After these exhibitions in Fukushima Pref., we are planning to hold exhibitions in Tokyo. 29

[close]

Comments

no comments yet