陽光22号

 

Embed or link this publication

Description

陽光22号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

りた初が咽がを常 でを一係いいる打ち射うに 、めの得頭、発にがは打重者るともつで線認は概 主 に 皮 膚 が ん な ど の 表 在 が ん 深 部 へ の 到 達 線 量 は 不 十 分 で X 線 は 低 エ ネ ル ギ ー で あ っ ら れ た と す る 報 告 が あ る 。 が ん に X 線 照 射 さ れ 疼 痛 緩 そ の 翌 年 に は す で に 手 術 不 能 見 し た の は 1 8 9 5 年 で あ 長 い 。 レ ン ト ゲ ン 博 士 が X ん の 放 射 線 治 療 の 歴 史 は 実 は そ こ に は 触 れ な い 。 っ て い る と こ ろ で あ る が 、 本 に 教 育 の 問 題 と 考 え て 色 々 と に も 当 て は ま る 。 私 は 、 こ れ 。 残 念 な こ と に 、 こ れ は 医 療 い う 認 識 が 、 今 も 色 濃 く 残 っ の で 、 効 果 は あ ま り 期 待 で き 手 が な い が ん 患 者 に 仕 方 な く あ る 。 ま た 、 放 射 線 治 療 は 他 治 療 も 負 の イ メ ー ジ が 持 た れ 識 が 付 き ま と い 、 そ れ を 使 う 何 か 得 体 の 知 れ な い 怖 い 物 と し て 放 射 線 ・ 放 射 能 と い う 言 があた当和なる線非 稿手は関てなやにが放い葉 へ 潟歯と線及と遡の法射挿源線射は化てネ年主 の話病学な治しなるキも線入を治」放し、ル代な 放 射 線 治 療 が 可 能 に な っ た を 「 外 照 射 」 に 戻 す 。 深 部 臓 院 で 行 わ れ て い る 。 総 合 病 院 と 県 立 が ん セ ン タ ー っ て い る 。 県 内 で は 新 潟 大 学 療 で は 欠 く こ と が で き な い も 、 特 に 子 宮 頸 が ん の 根 治 的 放 く 遠 隔 操 作 で 治 療 す る 方 法 が 。 現 在 は 医 療 者 が 被 ば く す る ュ リ ー 夫 妻 の ラ ジ ウ ム 発 見 ま あ る 。 こ の 起 源 は 1 8 9 8 を 照 射 す る 「 内 照 射 」 と い う し た り し て 、 が ん の 内 部 か ら 組 織 内 に 刺 入 し た り 、 管 腔 内 療 に は 放 射 線 同 位 元 素 の 密 封 の 歴 史 で あ る 。 と こ ろ で 、 放 射 線 を 体 外 か ら 照 射 す る 「 外 、 現 在 に つ な が っ て い る 。 以 深 部 臓 器 へ の 放 射 線 照 射 が 本 ギ ー X 線 リ ニ ア ッ ク が 登 場 に な り テ レ コ バ ル ト 装 置 や 高 治 療 対 象 と な っ た 。 1 9 5 こ器 新医の射普こで年方放に線射照上格しエ0 よ半射うくとわ基け度放めえ正でとる漏らXれろ り 「 広 く 」 照 射 す る 時 代 か ら 、 可 に M R I が 導 入 さ れ た 。 こ れ に 線 治 療 に C T 、 1 9 9 0 年 代 後 に な り 、 1 9 8 0 年 代 後 半 に 放 て も 体 内 臓 器 の 断 層 像 が 見 え る よ M R I が 発 明 さ れ 、 手 術 を し な れ た 。 1 9 7 0 年 代 に 入 り C T 礎 的 、 臨 床 的 研 究 が 盛 ん に お こ な て 毎 日 照 射 す る 「 分 割 照 射 法 」 の に 大 線 量 を 照 射 せ ず 、 数 週 間 に 分 射 線 生 物 学 が 飛 躍 的 に 進 歩 し 、 一 に ど う す れ ば よ い の か を 研 究 す る 、 さ ら に が ん の 制 御 率 を 上 げ る た 常 臓 器 の 放 射 線 に よ る 副 作 用 を 抑 は な い 。 こ の 時 代 に 、 が ん 周 囲 の い う 面 で 考 え る と 悪 い こ と ば か り 必 要 が あ っ た 。 こ れ は 学 問 の 発 展 ら し が な い よ う に 「 広 く 」 照 射 す 類 推 す る が ん の 位 置 に 対 し て 打 ち 線 写 真 で も よ く 見 え る 骨 構 造 か て い な い 。 従 っ て 、 視 診 や 触 診 、 は 、 ま だ C T ・ M R I は 発 明 さ 新新 潟潟 大 学 医 県 で 歯 学 総 行 わ 合 病 院 れ て  い 放 射 線 る 最 治 療 科 新 の ( 教 授 放 射 、 青 放 射 線 治 山 線 治 療 療 に 英科 つ 長 史) い て ト パ ネ ル 搭 載 の S y n c T に 世 界 で 初 め て 導 入 さ れ た 地 域 医 療 教 育 セ ン タ ー 魚 沼 基 治 療 を 紹 介 す る 。 一 つ 目 は 新 来 年 度 か ら 開 始 予 定 の 高 精 度 精 度 」 の 県 内 で 実 施 可 能 、 も で あ る 。 そ こ で 「 地 方 最 先 識 を 持 っ て い る 方 は か な り 多 さ ん の 流 れ を 見 る と 、 こ の よ ン セ ン ス で あ る 。 し か し な が る 訳 だ が 、 実 は こ れ は 全 く も と 「 地 方 時 代 遅 れ 低 精 度 ⇒ ⇒ い で あ ろ う か 。 こ れ を ひ っ く 大 都 会 」 的 な 意 識 を 持 つ 方 い う 言 葉 を み て 、「 高 精 度 と こ ろ で 「 高 精 度 」 放 射 線 が あ る 。 が 増 す こ と は 常 に 意 識 し て お う こ と は 、 近 傍 か ら の 再 発 の ん に 限 局 し た 照 射 野 で 治 療 す と ら え る こ と が で き る 。 た だ 治 療 」 も 限 局 し て 照 射 す る 一 術 で あ る 。 見 方 を 変 え る と 「 く 病 変 に 限 局 し て 照 射 す る た こ む 「 強 度 変 調 放 射 線 治 療 」 な 形 状 に 放 射 線 の 線 量 分 布 を 「 定 位 放 射 線 照 射 」 や 、 大 き に ピ ン ポ イ ン ト で 高 線 量 を 照 す る 方 向 に 進 ん で き た 。 小 さ 能 な 限 り 狭 く 、 が ん に 限 局 し ⇒ ⇒ ⇒⇒ rフ幹潟放し端いうらっ」りは最治 くリるし手粒めは合く射なて aラ病大射く よな患てと返い先療 必スと、法子の、わ複す病照 xッ院学線は高う意者ナなすな端と 要クいがと線技狭せ雑る巣射 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成30年11月 2

[close]

p. 3

射 線 治 療 科 ) が 作 成 し 大 学 医 歯 学 総 合 病 院 生 、 丸 山 克 也 先 生 ( 射 線 治 療 科 、) 阿 部 英 ン タ ー 魚 沼 基 幹 病 院 ( 新 潟 大 学 地 域 医 療 教 謝 辞 : 図 は 川 口 弦 た・新輔・育先 。放潟先放セ生 セ ラ ピ ー ) と い う 装 置 で あ る が 、 こ る T o m o t h e r a p y ( ト モ た 。 二 つ 目 は 来 年 度 か ら 稼 働 と な 精脳を 度腫合 で瘍わ 治でせ 療もこ す誤む る こ 差 技 術 と が 可 能 と な っ 0・ 5 m m 以 下 の ) が 可 能 と な り 、 で 骨 照 合 ( 二 軸 で 撮 像 し た 骨 構 造 で は フ ラ ッ ト パ ネ ル を 搭 載 し た こ と 療 ) が 可 能 と な っ た 。 更 に こ の 装 置 治 療 す る こ と ( 動 体 追 跡 放 射 線 治 も あ た か も 止 ま っ て い る か の よ う に 1 。) こ れ に よ り 動 い て い る 腫 瘍 で ( シ ン ク ト ラ ッ ク ス ) で あ る ( 図 カに射あ新型こイ三調範同れ ル衝線る鋭ラれバつ放囲じは と突治(のイはー目射で見外 い う 物 質 が 、 D N A に 傷 を し た と き に で き る フ リ ー ラ ジ 療 は 、 放 射 線 が 体 内 の 水 分 子 図 3 )。 と こ ろ で 、 が ん の 放 定 位 放 射 線 照 射 の 専 用 装 置 で ナ ッ ク を 搭 載 し た も の で 、 最 工 業 用 の ロ ボ ッ ト ア ー ム に 小 ナ イ フ ) と い う 装 置 で あ る 。 は C y b e r K n i f (e サ 線 治 療 が 可 能 で あ る ( 図 2 。) あ れ ば 長 さ の 制 限 な く 強 度 変 た 目 を し て い る 。 寝 台 が 動 く 見 か ら わ か る と お り C T と て 精 度 管 理 を 主 な 業 務 と す る 医 学 物 射 を 行 う 施 設 で は 医 師 と 技 師 に 加 え プ を 意 味 す る 。 ま た 高 精 度 放 射 線 照 く 、 ポ リ シ ー を 共 有 し て い る グ ル ー 合 の 「 だ れ 」 は 特 定 の 個 人 で は な り 、 治 療 成 績 に も 直 結 す る 。 こ の 場 療 し た か 」 の 方 が は る か に 重 要 で あ 「 だ れ が 、 ど の よ う な ポ リ シ ー で 治 て 、 ど の 装 置 で 治 療 し た か よ り も 、 で あ り 、本 質 的 な 違 い で は な い 。従 っ 放 射 線 の 分 布 の さ せ 方 の 違 い や 特 徴 治 療 で あ る 。 装 置 の 違 い と い う の は つ け る こ と で が ん 細 胞 を 死 滅 さ せ る 族んに放 て育 物着ては理 あ る 。 け る 一 助 に な れ ば 幸 い で 射 線 治 療 を 受 け て い た だ 稿 が 、 安 心 し て 県 内 で 放 に 越 し た こ と は な い 。 本 身 近 な 所 で 治 療 を 受 け る の 負 担 を 考 え る と 、 可 能 で あ れ ば 治 療 は 長 期 に 及 ぶ 。 ご 本 人 や ご 家 着 実 に 人 材 が 育 成 さ れ て い る 。 が 射 線 治 療 装 置 が 勢 ぞ ろ い し 、 さ ら こ の よ う に 、 新 潟 県 に は 最 新 鋭 の い る 。 シ 2大 理 ス学士 テしレ ムかジ で行デ 、っン 全てト 国いコ かなー らいス 注画は 目期国 を的内 集なで め教は 実 に 成 果 を 上 げ て い る 。 特 に 医 学 医 学 物 理 士 養 成 コ ー ス を 開 始 し 、 2 0 1 4 年 か ら 新 潟 大 学 に お い 士 が い る こ と が 必 須 と な る 。 我 々 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.22

[close]

p. 4

リし は猛やがお 冠い緯て冠目参研住州年 は ン た 6歳3 な 威 ・第の ル若 ー 32代 さ ズ米で か っ た 。 1 を 振 る う “ ベ国脳9疫 ル ト も 犠 牲 大 統 領 フ ラ 出 血 に よ り 4 5 年 4月 病 ” を 鎮 め る 者 ン 死 12日 す のク亡にべ 治 療 に 関 す る 知 識 は 皆 無 に 等 し く 占 め る よ う に な っ て い た が 、 予 防 け る 死 因 の 半 数 以 上 を 心 血 管 疾 患 1 9 4 0 年 代 の 初 頭 に は 米 国 に 動 脈 疾 患 の 増 加 と 疫 学 研 究 の 萌 芽 。 に つ い て あ ら た め て 考 え て み た 捉 え ら れ る よ う に な っ て い っ た 経 動 脈 疾 患 が 生 活 習 慣 病 の 一 つ と し に 疫 学 研 究 の 黎 明 期 を 振 り 返 り 、 加 者 が 公 式 に 登 録 さ れ た 。 こ の 節 究 の オ リ ジ ナ ル コ ホ ー ト に 最 初 の 民 を 対 象 と し た フ ラ ミ ン ガ ム 心 臓 ボ ちじ ス 10月 ょ め ト うに ン 11日 ど 郊、今 外米か の国ら フマ ラ サ 70年 ミチ前 ンュの ガー1 ムセ9 町ッ4 のツ8 H e a r t , L u n g , a n 現 在 の N a t i o n a H e a r t I n s t i t u t e 立 心 臓 研 究 所 ( N a t i o n a 大 統 領 の 死 は 1 9 4 8 年 の な 現 象 で あ っ た の で あ る 。 や 脳 卒 中 は 依 然 と し て あ る 種 神 秘 い た り 大 き な 後 遺 症 を 遺 す 心 臓 発 が 、予 期 せ ず 発 症 し て 時 に 突 然 死 を 果 関 係 は す で に 明 ら か に さ れ て い 球 菌 感 染 症 と リ ウ マ チ 性 心 疾 患 の パ リ ダ ム 感 染 症 と 心 血 管 梅 毒 や 、連 た 」と 述 べ て い る 。当 時 、ト レ ポ ネ ー く( 大 統 領 の 死 は 青) 天 の 霹 靂 で あ ア 提 督 は「 差 し 迫 っ た 危 険 の 兆 候 は あ っ た 耳 鼻 咽 喉 科 医 の マ ッ キ ン タ と は 明 ら か で あ る が 、か か り つ け 医 心 臓 病 に よ る 心 不 全 を 呈 し て い た り 周、 囲 の 人 々 の 証 言 か ら も 高 血 圧 3 0 0 / 1 9 0 m m H g に 及 ん で 見 る と イ ベ ン ト 発 症 直 前 の 血 圧 一 人 で あ る 。残 さ れ た 医 療 記 録 dl;l国 的作招た因鎖マっなイでこ性おはを て因早合脈険さ以フたスの疾よ圧示しラ展の設B 多子くっ疾因ら後ァ。ク因患びにさてミにフ立l 変ともて患子に広クこが子発心加れ高ンつラにo 量 ロ ジ ス テ ィ ッ ク 回 帰 分 析 に 冠 動 脈 疾 患 の 発 症 確 率 に つ い 1 9 6 7 年 に は 複 数 の 危 険 発 症 に 至 る こ と が 判 明 し た 。 は 多 く の 要 因 が 複 雑 に 絡 み と し て 次 々 に 同 定 さ れ 、 冠 動 喫 煙 、 年 齢 、 糖 尿 病 な ど が 危 く 普 及 し て ゆ く こ と に な る 。 タ ー ) と い う 用 語 が 使 わ れ 、 こ で 初 め て 危 険 因 子 ( リ ス ク 増 強 す る こ と が 明 ら か に さ れ が 組 み 合 わ さ る こ と で 更 に リ 症 の リ ス ク に 関 与 し 、 こ れ ら 電 図 の 左 室 肥 大 所 見 が 冠 動 脈 え て 高 コ レ ス テ ロ ー ル 血 症 お る と 、 1 9 6 1 年 に は 高 血 血 圧 と 冠 動 脈 疾 患 の 関 連 性 が ガ ム 心 臓 研 究 の 最 初 の 成 果 と な が っ た 。 1 9 5 7 年 に フ ミ ン ガ ム 心 臓 研 究 の 再 編 ・ 発 大 き な 影 響 を 及 ぼ し 、 そ の 後 o d I n s t i t u t e ) 月 潟 内 科 ク リ ニ ッ ク 院 長 廣 野   暁 生 活 習 慣 病 と し て の 冠 動 脈 疾 患 と 包 括 的 管 理 の 重 要 性 と 発 展 し て ゆ く 。 メ タ ボ リ ッ ク シ ン ド ロ ー ム の 概 念 へ 招 来 す る と い う こ の 考 え 方 は 、 後 に て 集 積 し 最 終 的 に 心 血 管 イ ベ ン ト を の で は な く 、 共 通 の 病 態 を 基 盤 と し れ ぞ れ の 危 険 因 子 が 偶 然 に 重 な っ た 唱 さ れ 注 目 さ れ る よ う に な っ た 。 そ ( K a p l a n ら ) 等 の 名 称 で 提 X ( R e a v e n ら )、 死 の 四 重 奏 肪 症 候 群 ( 松 澤 ら 、) シ ン ド ロ ー ム し て 捉 え ら れ る よ う に な り 、 内 臓 脂 た 状 態 は 一 つ の 病 態 / 疾 患 概 念 と 年 代 後 半 に な る と 危 険 因 子 が 重 複 し る こ と が 明 ら か に さ れ た 。 1 9 8 0 進 的 に イ ベ ン ト 発 症 リ ス ク が 増 加 す し た 場 合 、 そ の 保 有 数 に 依 存 し て 漸 ら の 危 険 因 子 が 一 個 人 に お い て 集 積 と い っ た 病 態 が 密 接 に 関 与 し 、 こ れ に は 高 血 圧 、 耐 糖 能 異 常 、 脂 質 異 常 こ の よ う に し て 冠 動 脈 疾 患 の 発 症 ド ロ ー ム 危 険 因 子 の 集 積 と メ タ ボ リ ッ ク シ ン い ら れ て い る 。 ガ ム リ ス ク ス コ ア は 今 も な お 広 く 用 疾糖レ 患尿ス 発病テ 症のロ リ ス ク を 推 定 す る フ ラ ミ ン 7因 子 か ら 1年0 間 の 冠 動 脈 ー ル 、 収 縮 期 血 圧 、 喫 煙 、 別 、 総 コ レ ス テ ロ ー ル 、 H D L コ 1 9 9 8 年 に 開 発 さ れ た 年 齢 、 性 よ っ て モ デ ル 化 す る 試 み が な さ れ 、 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成30年11月 4

[close]

p. 5

のク け厚と一健リ活 優しに高ア目の置リロえ危数子れ候か患 割 合 シ ン 2)』の1 る 国 生 労 い う 定 の 康 審 ッ ク 習 慣 我 が れ て た 早 位 置 リ ス ッ プ 指 す 基 礎 き 、 ン 抵 ー ム 方 に 険 因 か ら を い て き 群 と ら マ 発 症 複 数 の 増 加 を 認 め て い る が 、 意 識 ド ロ ー ム を 認 知 し て い る 国 民 最 終 評 価 に よ る と メ タ ボ リ ッ 民働キ 健省ャ 康のッ づ く り 運 動 ( 健 康 日 本 推 進 す る 『 2世1 紀 に お チ ー な 呼 称 も あ っ て 、 効 果 を あ げ て い る 。「 メ タ ボ 」 査特・ 定 保 健 指 導 が 開 始 さ れ 、 シ ン ド ロ ー ム に 着 目 し た 特 定 病 の 予 防 を 目 的 と し て メ タ ボ 国 で も 2 0 0 8 年 度 か ら 生 い る 。 期 治 療 介 入 が 可 能 と な る 点 で す る 生 活 習 慣 の 是 正 を 根 幹 と ク 群 に 対 し て 、 病 態 の 最 上 流 さ れ な い 境 界 域 に あ る 潜 在 的 。 従 来 の 診 断 基 準 で は ピ ッ ク 病 態 を 意 識 し た 包 括 的 管 理 を 個 々 の 危 険 因 子 を 超 え て 共 通 抗 性 を 一 連 の 病 態 の 上 流 に で は 内 臓 脂 肪 蓄 積 や イ ン ス 対 し て 、 メ タ ボ リ ッ ク シ ン ド 子 の 管 理 に 重 点 を 置 く こ の 考 ハ イ リ ス ク 者 を 抽 出 し 個 々 の わ ば 並 列 に 扱 い 、 危 険 因 子 の た 。 そ れ ぞ れ 独 立 し た 危 険 因 呼 ば れ 積 極 的 な 治 療 対 象 と さ ル チ プ ル リ ス ク フ ァ ク タ ー 症 の 高 リ ス ク 状 態 で あ り 、 従 来 の 危 険 因 子 の 集 積 は 冠 動 脈 疾 初 め て 絶 対 リ ス ク に 基 づ く 包 括 的 リ 標 と し て 採 用 し 、 こ こ で 我 が 国 で は 冠リNた 動 脈 疾 患 死 亡 率 を 絶 対 ス ク 評 価 チ ャ ー ト に よ I P P O N D A T A が 、 2 0 1 2 年 版 に リ ス ク の る 80に 1年0 基 間づ お い て 指のくは 険 因 子 の 数 で リ ス ク を 区 分 し て い ン 』 で も 2 0 0 7 年 版 ま で は 危 『 動 脈 硬 化 性 疾 患 予 防 ガ イ ド ラ イ 日 本 動 脈 硬 化 学 会 の 作 成 す る リ ス ク 評 価 チ ャ ー ト が 作 成 さ れ た 。 血別ロ 管にー 疾ル 患 に よ る 死 亡 10年 間 の 冠 動 脈 、随 時 血 糖 の 確 率 疾 患 5因 を 推 定 す る 、脳 卒 中 心、 子 か ら 男 女 年N調生 齢I査労 収、 縮 期 血 圧 、喫 煙 、総 コ レ ス テ Pの働 P O N コ ホ ー 省 の 第 Dト A T A を 3次 循 19年 環 80に 基 づ き 、 間 追 跡 し た 器 疾 患 基 礎 ま れ る 中 、1 9 8 0 年 に 行 わ れ た 厚 国 独 自 の リ ス ク ス コ ア の 作 成 が 望 の 妥 当 性 は 疑 問 視 さ れ て い た 。我 が ス ク ス コ ア を 日 本 人 に 用 い る こ と 米 国 で 開 発 さ れ た フ ラ ミ ン ガ ム リ は 欧 米 人 に 比 べ て 極 め て 低 い た め 、 日 本 人 の 冠 動 脈 疾 患 発 症 リ ス ク 日 本 人 を 対 象 と し た リ ス ク 評 価 群 の 減 少 に は 至 っ て い な い 。 リ ッ ク シ ン ド ロ ー ム の 該 当 者 ・ 予 備 向 に あ る も の の 、 残 念 な が ら メ タ ボ 的 に 運 動 を 心 が け て い る 人 は 増 加 傾 版度年やを評NるにレL年とるア吹 は 新とH要じ亡で下心ろス で で 間 煩 含 価 I こ 割 ス D 齢 し 大 は 田 1年0 絶 今 た し D と 、 率 予 し 血 が ク は予の雑むチPとりテL、た阪国ス間対回なてLなまと測た管近管 、 脂 質 管 理 目 標 値 設 定 の た め 測 可 能 で あ る 。 2 0 1 7 年 冠とた 動なめ 脈るリ 疾がス 患、ク 発日ス 症本コ 確人ア 率にの をお計 高け算 いるは 精や 10 ャPで ーOリ トNス に 比 べ 多 く の 危 険 因 子 D A T A 8の0 リ ス ク ク ス コ ア を 算 出 す る 。 当 て ら れ た 点 数 を 足 し 合 わ ロ ー ル 、 慢 性 腎 臓 病 の 8項 コ レ ス テ ロ ー ル 、 H D L せ目コ 性 別 、 喫 煙 、 糖 尿 病 、 血 圧 、 吹 田 研 究 を も と に 作 成 さ れ 、 府 吹 田 市 の 都 市 部 住 民 を 対 象 立 循 環 器 病 研 究 セ ン タ ー に よ コ ア が 用 い ら れ た 。 吹 田 ス コ の 発 症 率 を ア ウ ト カ ム と す る リ ス ク の 算 出 に 冠 動 脈 疾 患 の 改 定 さ れ た 2 0 1 7 年 版 で 問 題 と な っ た 。 組 み 込 ん で い な い こ と な ど が コ レ ス テ ロ ー ル を 予 測 因 子 る L D L コ レ ス テ ロ ー ル や た 脂 質 管 理 目 標 値 の 設 定 に 重 実 際 の 死 亡 率 と に 乖 離 が 生 さ れ る 冠 動 脈 疾 患 に よ る 死 こ と か ら リ ス ク 評 価 チ ャ ー ト イ ベ ン ト 発 症 後 の 死 亡 率 が 低 年 の 急 性 期 治 療 の 発 展 に よ り 理 の 概 念 が 導 入 さ れ た 。 と こ があのしク対が態治脂わス通 管絶目わ進と潜えき心 お標別れの るる改て層リ望を療質ばリの複理対指れ歩が在た、臓 わが化たフ も の 心 血 善 に 用 い 別 化 ス ク ま し 常 に の 枠 異 常 発 現 ン 抵 病 態 数 の 指 標 リ ス し て 、 よ を 受 可 能 的 な 。 様 後 の 研 70年 り 究前に 設 定 を 行 吹 田 ロ ー と管取なな予い意を症型抗と危がクガりけと高々疫はに さいスチ 期イりがら測。識超なで性し険設にイ効てなリな学統開 れ、コャ 待 さ れ る 。 ベ ン ト 発 症 予 防 に つ な 組 む こ と が 最 終 目 標 で ら 、 早 期 か ら 生 活 習 慣 び に 動 機 付 け の 補 助 と ツ ー ル を 対 象 者 の リ ス 観 察 研 究 で 得 ら れ た 絶 し て 診 療 に あ た る こ と え て 背 景 に 存 在 す る 病 ど 個 々 の 疾 病 に 対 す る あ る 高 血 圧 症 糖、 尿 病 、 が 想 定 さ れ て お り 、 い て 内 臓 脂 肪 蓄 積 や イ ン 因 子 集 積 を も た ら す 共 定 さ れ る に 至 っ た 。 基 づ く 各 種 危 険 因 子 の ド ラ イ ン が 作 成 さ れ 、 果 的 な 早 期 治 療 介 入 を 数 多 く の 臨 床 試 験 が 行 る と と も に 、 治 療 学 の ス ク 群 を 汲 み 上 げ る こ 冠 危 険 因 子 が 同 定 さ れ 研 究 に 大 き な 影 響 を 与 計 学 的 手 法 の 基 礎 を 築 始 さ れ た フ ラ ミ ン ガ ム てリアー いスをト るク用に 。にい合 応てわ じリせ たスて 管ク修 理の正 目層さ 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.22

[close]

p. 6

「 新 潟 は っ ぴ ー 乳 ラ イ フ 」 は が 開 催 さ れ て い ま す 。 が日グ ん本ラ 早でフ 期もィ 発デ 見 1月0 イ を 目 的 と し た イ ベ ン ト に 全 国 で い ろ い ろ な 乳 に」 制 定 し た こ と か ら 、 のた 第。 ク 3金 リ 曜ン 日ト をン 「元 ナ米 シ国 ョ大 ナ統 ル領 マが ン モ 10月 ら 全 国 的 に 様 々 な 活 動 が 広 が り ま し ピ ン ク 色 に ラ イ ト ア ッ プ し た こ と か 団2年運ん 体0近動死 「0くが亡 あ け ぼ の 会 」 が 東 京 タ 0 年 10月 に 乳 が ん 患 が 経 過 し ま し た 。 日 1 9 8 0 年 代 に 始 ま 減 少 を 祈 願 し た ピ ン ク ワ者本っリ ー支でてボ を援も ン 40 乳 が ん 患 者 の 多 い ア メ リ カ で 乳 が り 良 か っ た と 思 い ま す 。 時 開 催 と な り 、 い ろ い ろ な 交 流 が あ 催月 さ今 れ 2日1 年 ま(の し日ピ た)ン 。にク 地岩リ 域室ボ の地ン イ区ホ ベ公リ ン民デ ト館ー とでは 同開 10 門もの 家のピ かとン ら思ク 講わリ 演れボ がまン あすホ り。リ ま今デ し回ー たはは 。意 3名 義 の深 専い こ の タ イ ミ ン グ で 開 催 さ れ た 今 回 数 も 減 少 す る こ と が 期 待 さ れ ま す 。 と 肩 を 並 べ 、新 潟 県 の 乳 が ん 死 亡 者 て進済 い国協 まで力 しは開 たか発 。日 本 も よ う や な り 以 前 か ら 機 構 加) 盟 国 い、 く 50% わ 先をゆ 進超る 国え先 要 と さ れ 日、 本 以 外 の O E C D ( 経 検 診 受 診 率 が 5%0 を 超 え る こ と が 必 乳 が ん 死 亡 を 減 少 さ せ る た め に は 、 50・ 8% と 初 め て 50% を 超 え ま し た 。 9% と 大 幅 に 改 善 さ れ 、 新 潟 県 で は 率前 も 2 0 1 2%0 程 度 6だ 年 で は っ た 乳 が 全ん 国検 で診 受 44・ 診 ざ ま な 取 り 組 み が 功 を 奏 し て 、 以 催 し 1年0 以 上 経 過 し ま し た 。 さ ま 年 か ら ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー を 開 2 0 0 6 年 に 結 成 さ れ 、 2 0 0 7 み ん な 司 会 で   ま き の 乳 腺 ク リ ニ 学 ぼ う 乳 が ッ ク ん   院 の 長  牧   こ と 野   春   彦 まい法マて生岩 しスけがとジ⑥発者め分る患気ま田 して、ン」か室つてラであ乳ョ乳乳さ方類か者?る邊最 たわメモとら健づくイ りがリががん、法、数~わ匡初 。 以 前 、 新 潟 で 開 催 し て い た か り や す く 解 説 し て い た だ き リ ッ ト 、 デ メ リ ッ ト な ど に つ グ ラ フ ィ 検 診 の 目 的 、 検 査 方 題 し て 放 射 線 技 師 の 立 場 か ら 「 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 に つ い 康 増 進 セ ン タ ー の 金 子 聡 子 先 い て 新 潟 県 労 働 衛 生 医 学 協 会 れ ま し た 。 ド 1時 ま を間し 使くた っ て わ か り や す く 説 明 ら い 必 要 な の で す が 、 。 本 来 な ら こ の 講 演 だ んー ので ほ有 ぼ名 すに べな てっ にた つ遺 い伝 て性 解乳 説癌   ん と 遺 伝 ― ア ン ジ ェ リ ー ナ ・ ん の 治 療 ― 最 新 の 薬 物 治 療 、 の 負 担 を 軽 減 す る 手 術 、 ⑤ 再 ④ 手 術 ― 最 近 行 わ れ て い る 患 、 ③ 初 期 治 療 ― 治 療 方 針 の 決 ② 診 断 ― 特 に 最 近 の 乳 が ん の 、 死 亡 数 が い か に 増 加 し て い 」 と 題 し て 乳 が ん の ① 疫 学 ― か り ~ 乳 が ん っ て ど ん な 病 先 生 か ら 「 知 り た い と こ ろ が に 済 生 会 新 潟 第 二 病 院 外 科 の ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー 2 0 1 8   リ レ ー 講 座 や減らんマい てはりにととん講に小 モ乳診マ時 み少な検マた今も明やつ飲違と演~山最グが率ンは まにる診友方回い日すい酒っ栄が食諭後ラんアモ検 せつ増をな々のいかくて習た養あ事先にフ死ッグ診 んな加受どがリ話ら解ユ慣観学りは生新ィ亡プラ車 。が、診多、レだす説ーの点のま?よ潟検減をフを っ て い く こ と を 願 っ て 新 潟 県 の 乳 が ん 死 亡 の さ れ 、 検 診 受 診 率 の さ く の 友 人 を 誘 っ て 乳 が お 茶 飲 み 仲 間 あ る い は ー 講 座 を 聞 い て い た だ っ た と 思 い ま す 。 ぐ 使 え る 知 識 と し て と し て く れ ま し た 。 こ れ モ ア を 交 え な が ら わ か 改 善 が 重 要 で あ る こ と か ら 乳 が ん 予 防 に 肥 満 専 門 家 な の で 、 い つ も し た 。 小 山 先 生 は 乳 が 運 動 は ? ~ 」 と 題 し て り 「 乳 が ん を 防 ぐ た め 大 学 医 学 部 保 健 学 科 の 診 で す 。 少 の 主 役 は や は り マ ン 目 指 し た 経 緯 が あ り 、 ィ 検 診 を 実 施 し 検 診 受 会 場 に つ け て 希 望 者 に 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成30年11月 6

[close]

p. 7

場見少はうて内 ②続著こらや日ク方が年で9齢と ① 合 が 多 い 。 病 院 や 精 密 検 査 機 関 に さ れ た 乳 が ん に 比 べ て 病 期 の 早 い な か ら ず 含 ま れ 、 症 状 が あ っ て 発 、 し こ り を 触 れ な い 段 階 の も の も に な る 。 検 診 で 見 つ か る 乳 が ん に 周 囲 に 食 い 込 む と し こ り を 作 る よ で 増 え な が ら 広 が り 、 乳 管 を 破 っ 乳 が ん は 主 に 乳 管 か ら 発 生 し て 管 乳 が ん の 診 断 と 治 療 の 組 み 立 て い て い る の が 問 題 と い わ れ る 。 し く 、 未 だ に 死 亡 率 の 増 加 傾 向 が れ に 対 し 日 本 で は 、 罹 患 の 増 加 が 死 亡 率 が 低 下 傾 向 に 転 じ て い る 。 治本年 療の齢 の 進 歩 で 、 1 9 9 0 約 3倍 と 多 い が 、 検 診 が 高 齢 者 層 に あ り 、 罹 年の患 代普率 か及で 、欧 米 諸 国 の 乳 が ん は 、罹 患 の ピ ー 、齢は 高は第 齢一 で 4~0 位 もの 決 5歳0 罹 し代患 てで率 珍活で し躍あ く世る な代。 いにピ 。多ー 一いク 0 0, 0 0 人 が 罹 患 、 女 性 の が ん 層 で 増 え 続 け て お り 、 年 間 約 言 え る も の の 、 わ が 国 で は 全 年 乳 が ん は 比 較 的 予 後 の 良 い が ん 乳 が ん の 疫 学 ④ 1世9 乳 が 紀ん 以の 降手 1術 9 7 0 年 代 ま で 、 か ら 手 術 を 行 な う 場 合 が 多 い 。 抗 が ん 剤 な ど の 薬 物 療 法 を 効 か せ て い な ど 病、 期 が ご く 早 い 場 合 を 除 き 、 り 、 腫 瘍 が 小 さ く リ ン パ 節 転 移 が 無 乳 が ん は 、 全 般 に 荒 々 し い 特 性 で あ 増 え る タ イ プ ( 内 分 泌 非 感 受 性 ) の い 。 一 方 、 女 性 ホ ル モ ン と 無 関 係 に な ど の 治 療 を 後 に 行 な う 場 合 が 多 ん で い る 場 合 を 除 き 、 手 術 を 先 に 薬 リ ン パ 節 転 移 が あ る な ど 、 病 期 が 進 や か な 特 性 で あ り 、 腫 瘍 が 大 き い ・ 分 泌 感 受 性 ) の 乳 が ん は 、 全 般 に 穏 う 。女 性 ホ ル モ ン で 増 え る タ イ プ( 内 治 を 目 差 し て 妥 協 の な い 治 療 を 行 な 内 臓 な ど に 転 移 が 無 い 場 合 は 、 完 ③ 乳 が ん の 初 期 治 療 て を 行 な う 。 プ と 進 行 度 を 勘 案 し て 治 療 の 組 み 立 や 適 す る 薬 剤 が 違 う た め 、 サ ブ タ イ プ ( サ ブ タ イ プ ) が 存 在 し 、 悪 性 度 る 。 乳 が ん に は 特 性 の 異 な る グ ル ー い 上 げ 、 顕 微 鏡 検 査 で 診 断 を 確 定 す 受 診 し た 場 合 、 画 像 診 断 で 病 変 を 拾 知 り た い と 済こ 生 会 新 潟 ろ が ま 第 二 病 る わ 院   外 か り 科ー 部乳 長が  ん 田っ   邊   て ど ん な     匡 病 気 ? ー ア メ リ カ の 女 優 ア ン ジ ェ リ ー ナ ・ ⑥ 乳 が ん と 遺 伝 く 。 長 く 続 け ら れ る よ う に 組 み 立 て て ゆ を 、患 者 さ ん の 生 活 の 質 を 保 ち つ つ 、 効 果 的 で な る べ く 負 担 の 少 な い 治 療 心 と な る サ。 ブ タ イ プ と 病 状 に 応 じ 、 り も 、 薬 物 療 法 に よ る 全 身 治 療 が 中 こ っ た 場 合 、 手 術 な ど 局 所 の 治 療 よ 残 念 な が ら 内 臓 な ど に 転 移 が 起 ⑤ 進 行 再 発 乳 癌 の 治 療 な っ て い る 。 転 移 が あ れ ば 郭 清 す る 方 法 が 主 流 と を 行 い ( セ ン チ ネ ル リ ン パ 節 生 検 、) リ ン パ 節 を 見 つ け て 取 っ て 術 中 診 断 な い 場 合 は 『 見 張 り 』 の 位 置 に あ る パ 節 を 奥 ま で 取 り ( 郭 清 、) そ う で が 疑 わ れ る 場 合 に は 、 従 来 通 り リ ン ン パ 節 に 関 し て は 、 画 像 診 断 で 転 移 房 部 分 切 除 を 選 択 す る 。 脇 の 下 の リ 著 し く な い と 予 想 さ れ る 場 合 に 、 乳 乳 頭 を 温 存 可 能 で 、 切 除 後 の 変 形 が き く 変 化 し た 。腫 瘍 が 比 較 的 小 さ く 、 は 、 部 分 切 除 が 急 増 し 手 術 方 法 が 大 全 摘 に 劣 ら な い と 証 明 さ れ て か ら 治 療 を 組 み 合 わ せ た 治 療 の 効 果 が 、 り 、 さ ら に 、 乳 房 部 分 切 除 と 放 射 線 の 後 筋 肉 を 温 存 す る 術 式 が 中 心 と な る 拡 大 手 術 が 行 な わ れ て き た が 、 そ 乳 が ん の 手 術 は 胸 の 筋 肉 ま で 切 除 す 来薬のまあに親ととジ る剤変たる乳かを予ョ よの異、(がら公防リ う選をが遺ん受表的ー に な っ て い る 。 択 な ど に 役 立 て る こ と が 出 調 べ 、 再 発 危 険 度 の 判 定 や ん 細 胞 に 生 じ て い る 遺 伝 子 伝 性 乳 癌 卵 巣 癌 症 候 群 。) ・ 卵 巣 が ん を 生 じ る 場 合 が け 継 ぐ 遺 伝 子 の 異 常 で 高 率 し て 世 界 に 衝 撃 が 走 っ た 。 な 乳 腺 切 除 手 術 を 受 け た こ が 、 自 ら の 持 つ 遺 伝 子 変 異 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.22

[close]

p. 8

向行のの 撮い方撮検 影まに影査 を 追 加 す る こ と が あ り す が 、 50歳 以 上 の 方 に は プ ラ ス し て 上 下 方 向 を 行 い ま す 。 40歳 以 上 は 左 右 の 乳 房 に つ い て ま す も 上 の 撮 50歳 斜 め 。下影未方 用 の 撮 影 装 置 で 撮 影 し ま す 。 乳 房 の X 線 撮 影 の こ と で 、 乳 房 ︽ マ ン モ グ ラ フ ィ と は ︾ を 発 見 で き る 可 能 性 が あ り ま す 。 や し こ り を 作 ら な い タ イ プ の 乳 が こ り と し て 触 れ る 前 の 小 さ な 乳 が で 安 全 な 検 査 だ と さ れ て い ま す 。 ん 検 診 に お い て 世 界 的 に 最 も 一 般 が あ り ま す 。 マ ン モ グ ラ フ ィ は 乳 診 の 受 診 率 も さ ら に 向 上 さ せ る 必 亡 率 の 増 加 し て い る 現 在 、 乳 が ん 診 の 目 的 で す 。 乳 が ん の 罹 患 率 ・ て期 い治乳 ま療が すをん 。すは これ早 のば期 早約発 期見 発 9割 ・ 見が早 が治期 乳る診 がと断 んさ・ ︽ 乳 が ん 検 診 の 目 的 ︾ 心 に お 話 し さ せ て い た だ き ま し た う こ と で 、 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 を “ 受 け て み な せ や 乳 が ん 検 診 ” と 今 回 の ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー 方を満向 専 んんし的が要検死検れ早 。中いは 人圧 れり ③減な ②がこまに重そ ① 方く ︽ そ 力 通 ま 、 圧 薄 り X 乳 被 は と す 腫 な の 乳 乳 乳 3つ が 圧 マ 圧 れで常すボ迫くま線房ばっで。瘤っま房腺房の多迫ン迫 ぞ れ 違 い ま す 。 痛 み を 強 く 感 押 し ま す が 、 痛 み の 感 じ 方 は 多 く の 方 が 我 慢 で き る 程 度 の 。 ケ や に じ み の 少 な い 写 真 が 撮 す る こ と で 乳 房 が 動 か な く な 広 げ た 乳 腺 を 固 定 す る た め す 。 量 が 少 な く な る の で 被 ば く も を 薄 く す る こ と で 撮 影 に 必 要 く 線 量 を 減 ら す た め き り 写 り ま す 。 腫 瘤 が 見 つ け や す く 、 ま た 形 乳 腺 全 体 を 薄 く 均 一 に 広 げ る が あ っ て も 見 つ け づ ら く な り て 写 り ま す 。 そ う す る と 実 際 ま 撮 る と 乳 腺 に 脂 肪 や 血 管 が は 立 体 的 で 厚 み が あ る た め 、 を 薄 く 広 げ る た め の 中 が よ く 観 察 で き る よ う に 目 的 が あ り ま す 。 い と 思 い ま す 。 こ の 圧 迫 に は さ れ 痛 い 、 と い う イ メ ー ジ の モ グ ラ フ ィ と い う と 乳 房 を 強 の 目 的 ︾ マ︵ 一 ン社 ︶新 モ潟 県 労 グ働 衛 ラ生 医 学 フ協 会 岩 ィ室 健 康 検増 進 診セ ン タ にー 診 療 つ放 射 線 技 い  師 て金   子   聡   子 研価マのすれろ音行ド ︽らでな多あ多めラしい年と診 ば︽伝じ 究 結 果 が 待 た れ て い る と す る 全 国 的 な 研 究 が 行 わ れ ン モ と 超 音 波 の 検 診 の 有 効 女 性 を 対 象 に マ ン モ だ け の 。 乳 腺 の 量 が 多 い で あ ろ う て い る の は マ ン モ グ ラ フ ィ 国 の 指 針 で 乳 が ん 検 診 の 基 波 検 診 が お 勧 め で す が 、 今 っ て い ま す 。 乳 腺 の 多 い 胸 ッ ク や 検 診 施 設 で 希 望 者 す 超 音 波 に よ る 乳 が ん 検 査 超 音 波 検 査 ︾ で す 。 は 乳 腺 は 白 く 、 腫 瘤 は 黒 く の は 超 音 波 検 査 で す 。 超 音 い 乳 房 で 腫 瘤 を 見 つ け る の ま り 得 意 で は あ り ま せ ん 。 い ) 乳 房 で は 腫 瘤 を 見 つ け 、 乳 腺 が 発 達 し て い る ( = フ ィ で は 乳 腺 も 腫 瘤 も 白 く 脂 肪 に 置 き 換 わ り ま す 。 マ ま す が 、 加 齢 と と も に 乳 腺 者 や 授 乳 中 の 方 は 乳 腺 が 発 少 し 注 意 が 必 要 で す 。 一 般 を絶 受 4歳0 対 け以安 て上心 いの? れ方︾ ばが 絶マ 対ン 安モ 心グ かラ マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 を 受 け え く だ さ い 。 た 場 合 は 遠 慮 せ ず に 撮 影 技 こ、性検 だ本のにるは 写波が乳る乳写ンが達的とフ て 師 ろ そ を 診 4歳0 け と と は 方 人 る検得腺の腺るモ萎しにいィ い に での評と代でさこ超に間 か査意がはがたグ縮て若う検 れ お 診乳 ︽でれまて他 ︽がす をが乳最きばせののマ自変。 忘んが後ま、ん乳画ン己わ今 れ ず に 行 っ て 下 さ い 。 検 診 の 受 診 と 定 期 的 な 自 己 触 ん で 命 を 落 と さ な い よ う に 、 に ︾ す 。 小 さ な 変 化 に も 気 づ く こ と が 。 定 期 的 な 自 己 触 診 を し て い が ん が 見 つ か る わ け で は あ り 像 診 断 で も 限 界 は あ り 、 す べ モ グ ラ フ ィ 、 超 音 波 検 査 そ の 触 診 は 大 切 ︾ る後 か も 40歳 し代 れの ま女 せ性 んの 。乳 が ん 検 診 8

[close]

p. 9

示の罹す罹要発得がてにすに閉量スとン乳ま女で性途 さの患が患因生がんお乳。伴経にト考(がる性発でを乳 れ日率、率がにいがり管エいを産ロえエんわで症もたが て本は日は関はく大、系ス産迎生ゲらスのけすし女どん お人、本日与エこ多乳のト生えさンれト発で。ま性っ罹 り ま す 。 こ の よ り は 高 率 で 欧 米 人 よ り は か ら 海 外 に 移 本 よ り も は る し ま す 。 欧 米 ス ト ロ ゲ ン 以 と と 思 い ま す 数 を 示 し て い が ん の 中 で も 増 殖 を 促 進 す ロ ゲ ン は 乳 腺 ・ 放 出 さ れ 続 る ま で 、 卵 巣 れ る よ う に な は 初 潮 の 時 期 て お り ま す 。 ロ ゲ ン ) の 関 生 や 成 長 に は は あ り ま せ ん す べ て の 乳 が す が 、 患 者 さ の 1 0 0 分 て お り ま す 。 患 率 は 日 本 で こあや住かで外。る乳る組けかりに女与女がんんの乳も と は ラ イ る こ と が や 低 い も し た 方 の に 高 率 で の 乳 が ん に 様 々 な 乳 が ん の こ と は 納 管 由 来 の と 言 わ れ 織 で は 特 て い き ま ら 性 周 期 、そ の 後 、 卵 巣 で 大 性 で は エ が 大 き い 性 ホ ル モ 、 多 く の に 当 て は の 多 く は 一 の 割 合 が ん は 男 増 加 の 一 ( 1品 ( 魚 ・ 肉 ・ 卵 毎 食 ご 飯 中 盛 り ・ 大 1膳 程 豆度 製 品 )・ ・) 主 菜 野は め に は 、 食 生 活 の 改 善 『 主 食 は 適 量 体 重 増 加 を 避 け る こ と で す 。 そ の た 2 5 )を 目 指 す こ と や 5 k g 以 上 の の た め に は 標 準 体 重 ( B M I 2 1 習 慣 の 改 善 で す 。 肥 満 の 防 止 ・ 改 善 善 、 特 に 、 肥 満 の 防 止 ・ 改 善 と 飲 酒 る た め に で き る こ と は 生 活 習 慣 の 改 が っ て 、 乳 が ん の 罹 患 リ ス ク を 下 げ は 、 肥 満 と 飲 酒 習 慣 の み で す 。 し た で み な さ ま 自 身 が 改 善 で き る こ と 目 が 紹 介 さ れ て お り ま す が 、 こ の 中 が ん の 重 要 な 危 険 因 子 と し て 表 の 項 究 セ ン タ ー W e b な ど で 、 女 性 乳 て お り ま す 。 国 内 で は 国 立 が ん 研 を 下 げ る 因 子 と し て 身 体 活 動 を 挙 げ 因 子 と し て お り 、 ま た 、 罹 患 リ ス ク 過 体 重 ・ 肥 満 と 飲 酒 の 関 連 が 確 実 な お り ま す が 、 乳 が ん 罹 患 に つ い て は 関 連 要 因 と が ん と の 関 連 」 を 示 し て W H O で は 2 0 0 3 年 に 「 食 物 え ま す 。 り 、 食 生 活 の 関 与 も 大 き い こ と が 窺 フ ス タ イ ル の 変 化 の 関 与 を 示 し て お 乳 が ん を 新 潟 大 防 ぐ 学 大 学 た め 院 保 に 健 学 研 ~ 食 究 科 教 事 は 授  小   山   ? 運 動 は  ?   諭 ~ ︲ めフ切んがの改との れなグワスらノ慣毎上以さ食 3菜 らィで。んリ善が食患てらライキ ー ( 日 で 上 ら 規 1日 5 を れ ま す 。 検 診 を 受 け て い た だ く こ と が 勧 あ り 、 そ の た め に は マ ン モ グ ラ や は り 乳 が ん で は 早 期 発 見 が 大 に か か ら な い 方 法 は あ り ま せ ス ク を 減 ら し ま す が 、 絶 対 に 乳 は 、 乳 が ん を 含 め た 様 々 な 疾 患 あ り ま す 。 生 活 習 慣 ・ 食 生 活 の 事 は あ り ま す か ? と 聞 か れ る こ 者 さ ん に 乳 が ん に な ら な い た め い ま す 。 原スン 液ワボ 2 / 3 合 イ ン な ら ト ル 1 / 程 度 ) 2杯 ・ 焼 3 程 度 が酎あ 推・る ー・ブ ラ ン デ ー な ら ダ ブ ル 1合 ・ ビ ー ル な ら 大 瓶 1本 ・ ル で 2g3 程 度 ま で ( 日 本 ア ル コ ー ル 摂 取 ) は 1日 4分0 』 も 推 奨 さ れ ま す 。 飲 は 、 強 度 を 問 わ ず 、 身 体 活 の 身 体 活 動 を 1日 6分0 ・ に 適 度 な 運 動 『 歩 行 ま た は 奨 さ 泡 盛 い は 1杯・ ウ ィ 酒 な エ タ 酒 習 動 6歳5 同 を以等 則 正 し く 』 が 勧 め ら れ て お り 、 2品 程 度 ・ 果 物 も 摂 取 ・ 1日 3 0 g 以 上 ・) 油 を 使 っ た 料 理 は た っ ぷ り ( 毎 食 2品 程 度 1日 9

[close]

p. 10

くて歩 ◇とに炊泄歩を動気てリ大職齢法だすじすれた と も 筋 力 や バ ラ ン ス 能 力 が 低 下 し 、 高 齢 期 に 入 る と 大 き な 病 気 が な き た い と い う 国 民 の 願 い に 反 し さ て 、 冒 頭 の 最 後 ま で 自 分 の 足 で 運 動 習 慣 で 元 気 に 長 生 き が で き る よ う 支 援 し て い ま す 。 は 旅 行 や ス ポ ー ツ ま で ) を 送 る こ 事 、 ゴ ミ 出 し 、 草 取 り な ど 、 さ ら 食、 事 入、 浴 な ど セ ル フ ケ ア か ら 、 く ) を 可 能 に し 、 安 全 な 生 活 ( 排 回 復 さ せ そ、 れ に よ り 動 作 ( 立 つ 、 機 能 ( 関 節 や 筋 肉 の 動 き 、 痛 み ) や 障 害 、 加 齢 に よ っ て 低 下 し た 運 い ま す 。 そ の 仕 事 に お い て は 、 病 ハ サ ー ビ ス に 従 事 す る 場 合 も 増 え に 伴 っ て 通 所 リ ハ ビ リ 施 設 や 訪 問 種 で す が 、 近 年 在 宅 サ ー ビ ス の 拡 者 施 設 に 勤 務 し て い る こ と が 多 い 士 は 運 動 の 専 門 家 で す 。 病 院 や 高 く お 手 伝 い を し て い ま す 。 理 学 療 、 も し く は よ り 健 康 に な っ て い た て 国 民 の 皆 様 の 健 康 を と り も ど 。 私 た ち 理 学 療 法 士 は 、 運 動 を 通 は 国 民 全 体 の 願 い で あ る と 思 い ま 、 誰 の 助 け も な く 生 活 し た い 。 こ 最 後 ま で 自 分 の 足 で 歩 き た い 、 ま はつす中こ女時性数 よい健をなあり日すとよにもあま いけ。でれ性間での厚いう康動にるや常。でる平高るす か が で し ょ う 。 て 計 測 す る こ と か ら 始 め て み て ま ず は 朝 起 き た 時 か ら 万 歩 計 を 行 っ た 歩 行 も 含 ま れ た 目 標 値 で は 連 続 し た 歩 数 で は な く 生 活 の はには す 1時 る 間と 男 7分 性 程で 度は と な 1時 5 9 0 0 歩 と し て り間い まま す 18分 す 。、。 目 標 を 男 性 は 6 7 0 0 歩 、 女 生 労 働 省 は 、 高 齢 者 の 一 日 の 歩 の で し ょ う か ? わ け で す 。 で は ど の 位 歩 い た ら で 長 生 き す る こ と に つ な が る と か し た り 、 歩 い た り す る こ と が げ な い 普 段 の 生 活 の な か で 身 体 こ と が 分 か っ て い ま す つ。 ま り 、 死 亡 を 減 少 さ せ る こ と に 効 果 が 生 活 に お け る 身 体 活 動 が 寝 た き 高 齢 者 に お い て は 、 歩 行 な ど の 遅 ら せ る こ と が あ る 程 度 可 能 で 身 体 機 能 の 低 下 は 対 策 を す る こ 等 に や っ て き ま す が 、 加 齢 に く な り ま す 。 加 齢 は す べ て の 人 と 簡 単 に 骨 折 し て し ま う 危 険 性 。 さ ら に 骨 粗 鬆 症 な ど の 疾 病 が 荷 を か け た ト レ ー ニ ン グ が そ れ に あ ン ト レ ー ニ ン グ や エ ア ロ バ イ ク で 負 増 加 さ せ る た め の 重 り を 使 っ た マ シ ま す 。 た と え ば 、 筋 力 、 筋 持 久 力 を 強 度 の あ る 運 動 ) が 有 効 と さ れ て い レ ジ ス タ ン ス ト レ ー ニ ン グ ( 比 較 的 き ま す 。一 般 的 に フ レ イ ル 予 防 に は 、 そ れ は 高 齢 者 が 自 分 で 行 う こ と が で は 大 き な 希 望 で す 。( 図 参 照 )そ し て 、 可 能 性 が あ る と い う こ と で す 。 こ れ 一 歩 手 前 で あ っ て も 再 び 健 康 に な る ら の 脱 却 が 可 能 で す 。 要 介 護 状 態 の て も 適 切 な 対 策 に よ っ て フ レ イ ル か し か し 、 一 度 フ レ イ ル に な っ た と し フ レ イ ル は ま ず 予 防 が 重 要 で す 。 い て 述 べ ま す 。 体 的 フ レ イ ル の 予 防 お よ び 対 策 に つ フ レ イ ル が あ り ま す が 、 こ こ で は 身 イ ル 、 精 神 心 理 的 フ レ イ ル 、 社 会 的 指 し ま す 。 フ レ イ ル に は 身 体 的 フ レ 状 態 、 死 亡 な ど に 陥 り や す い 状 態 を レ イ ル と は 、 生 活 機 能 障 害 、 要 介 護 そ れ は フ レ イ ル か も し れ ま せ ん 。 フ く な っ た な」 ど の 兆 候 が み ら れ た ら 、 「 疲 れ や す く な っ た 「」 歩 く の が 遅 ◇ フ レ イ ル の 予 防 と 対 策 いうイ効 期をさキ入生るうた を。ル果筋待増れンれ活場とり し私をが力でやてグるで合効ま てた予あ強きすいを、歩に果す ゆち防り化まこま行 くは的。 き 理 、 ま 運 す と す う 1日 こ 、 で た学もす動。で。な と 強 す 6分0 い療し。は 筋 段 ど 10~ を い 。 程 と法く筋何 力階の 増運既度 考士は力歳 ア 的 軽 20分 や 動 に 、 えは克をか ッにい程すでフ週 てそ服鍛ら プ時運度習はレ いのしえ始 の 間 動 の 慣 な イ 2~ まおまてめ 効やがウをくル す手しフて 果 速 推 ォ 取 日 で 3回 。伝ょレも が度奨ーり常あ行 公 益 最 後 社ま 団 法 人 で 歩  く 新 潟 県 た め 理に 学 療 法 運 動 士習 会   副 慣 を 会  長 フ レ 中 イ ル 山 の 予 裕 防 と 子 対 策 -- 10

[close]

p. 11

11

[close]

p. 12

第35回がん征圧新潟県大会開催状況 表紙題字 12

[close]

Comments

no comments yet