陽光21号

 

Embed or link this publication

Description

陽光21号

Popular Pages


p. 1

平成30年 7月31日発行 No.21 新潟県健康づくり財団の事業内容 健康づくり財団 七つの柱 ❶ 普及啓発事業 ❷ 健康診査事業 ❸ 健康情報管理事業 ❹ 脳卒中調査事業 ❺ 調査研修事業 ❻ 健診保健指導支援協議会事業 ❼ 日本対がん協会連携事業 Contents ● 健康になる医学的に 正しい安全入浴方法とは? ● 咀嚼とメタボ予防 ● 香りと健康寿命 ● 肝炎についての社内講演会開催状況 ● 平成30年度 新潟県健康づくり財団の   主要行事予定 

[close]

p. 2

      与 が 医 で 眠 か た 私 き す 多 復 る て  お ⑤ ④ ③ ② ① 5つ え 知 学 し が る 大 た り 。 く し 入 も 1 風 粘洗水浮温あるら的た取方規ちし実の、浴良日呂 性 ・ 抵 抗 性 浄 作 用 圧 作 用 力 作 用 熱 作 用 り ま す 。 効 果 が 、 大 き く 分 け て 以 下 の れ て い ま す 。 入 浴 に は 心 身 に に い く つ か の 効 果 が あ る こ と 。 そ の 理 由 と し て 、 お 風 呂 は れ 、 幸 福 度 が 高 い と い う 結 果 は 、 健 康 状 態 が 良 く 、 良 い 睡 模がた な以爽 調前快 査 で も 、 毎 日 湯 船 に 浸 、 3千 人 を 対 象 に 行 っ 感 を 覚 え る で し ょ う 。 際 に お 風 呂 か ら 上 が る と す っ 医 学 研 究 で 報 告 さ れ て い ま リ ラ ッ ク ス 効 果 が あ る こ と が ( 以 下 、 お 風 呂 ) は 疲 労 を 回 い 生 活 習 慣 で す 。 湯 船 に 浸 か の 疲 れ を お 風 呂 で 癒 す … … と の 医 学 的 効 果 と は ? かて意です体り 筋み物素ズ上がを すも楽い らい識は。重ま湯肉まがとにがよ温ま。あし入こ 解 放 さ れ る 場 所 で も あ る の で ま す 。 お 風 呂 は 地 上 で 唯 一 重 力 に 筋 肉 を 緊 張 さ せ て 姿 勢 を 保 っ 、 はす 私 60㌔ 通 。 た㌘常肩 ちでのま はあ で 重 れ 10分 湯 力ばのに につ 抗 6㌔ 1程 か すで度る るすにと た。な人 め陸り間 無上まの の 浮 力 に は リ ラ ッ ク ス 効 果 が あ 痛 や 筋 肉 疲 労 が 緩 和 さ れ ま す 。 す 。 温 ま る と 関 節 が 緩 く な り 、 体 外 に 排 出 さ れ 、 新 陳 代 謝 が 進 栄 養 素 が 体 中 に 行 き 渡 り 、 老 廃 な り ま す 。 血 流 が 良 く な る と 酸 る と 、 全 身 で 血 の 流 れ が ス ム ー く な り ま す 。 皮 膚 表 面 の 温 度 が め る と 血 管 が 広 が り 、 血 の 流 れ ず 温 熱 効 果 で す 。 湯 に つ か り 体 りく浴れ まな法ら すりがの がま身知 、すに識 簡。つを 単聞き蓄 にき、え 説な入て 明れ浴お いながく たいもと し用っ正 ま語とし 質だま どつはと湯 す人す抵ま押半 リ転節す のとすまいけあれに洗。は。抗すし身水もびに。 た力。たいてりまつ浄 負たす。戻に圧でに痛特 めが空、で皮ますかも で必気水し膚せ。る大 す要中にょをんタ間き 。にではうな。オにな 手 や 足 を 動 か す 軽 い な る の は こ の 水 の 性 は 簡 単 な 動 作 も 水 中 粘 性 ・ 抵 抗 性 が あ り 。 で る く ら い で ち ょ う 手 に せ っ け ん の 泡 を ル で 強 く こ す る 必 要 体 の 汚 れ は ほ と ん ど お 風 呂 の 作 用 で す 。 担 に な る の で 注 意 が だ 、 心 臓 や 肺 の 病 気 を れ ば 呼 吸 筋 の 運 動 に 胸 の 胸 郭 が 圧 迫 さ れ 、 さ れ 足 の む く み の 改 善 た ま っ た 血 液 が 体 の 中 で 体 が 締 め 付 け ら れ る き ま す 。 く く 、 浮 力 を 生 か し た み が あ る 人 は 、 水 中 で に 肥 満 な ど で 膝 や 腰 な 必抱なそに心と リあど 要えりれな部、 ハれの でるまにりに下 ビば関 東健 京康 都 市 大 に な 学 人 間 る 医 科 学 部 学 的 教 授 ・ に 正 博し 士 ( 医 い 安 学 ・) 温 早 泉 療 法 坂 専 門 信 医   全 入 浴 方 法 と は 哉? 度リ以が家ンにまが風特 お 差ビ前多庭グ入す、呂に夏風 がン、くでかる。そで秋は呂 あグ真、はら前第れ体か入の ると冬と脱脱に一に調ら浴事 家脱にて衣衣暖にはを冬に故 庭衣行も が室っ寒 あでたく りは簡な ま 易っ し 1℃0 な て た以計い 。上測ま 秋もです に温は。   室 に は 暖 房 が な い こ と 室 へ 行 き ま す が 、 一 般 房 の 効 い た 暖 か い リ ビ 「 寒 さ 」 で す 。 お 風 呂 い く つ か の 理 由 が あ り 崩 す 人 が 多 く な り ま す 、 春 先 の 寒 い 時 期 に お 関 す る 事 故 は 少 な く 、 は 寒 い 時 期 に 多 い 全正のしくれ患はり人りで お にし方て分て、脳まが、 一風 入 る こ と が で き ま す 。 いが、か 入 亡っ 浴 8割 く て 法以ない を上るま 守を方せ れ占のん ばめう。 、まちま おす、た 風 呂 は 安 。し か し 、 6歳5 以 上 、 特 徴 と い ま す が 、 詳 し い こ と は ま だ よ ま た 重 い 熱 中 症 や 溺 死 と も 言 わ 卒 中 や 心 筋 梗 塞 な ど の 脳 心 疾 す 。 お 風 呂 で 亡 く な る 人 の 原 因 お 風 呂 で 亡 く な る と の 推 別 5千 の 調 査 で は 、 人 前 後 の 人 が 1万 亡 く 9千 な 方呂 、 国 の 調 査 で の 事 故 は で は 年 6歳5 以 上 間で に多 定人っおい ももて風! あのお呂 ト レ ー ニ ン グ も 入 浴 時 に で き ま す 。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成30年7月 2

[close]

p. 3

をかのしで 安 刺し温っす入全 激、度か。浴入 しを 、 42℃ 高 血以く 圧上し をのが 上高ち 昇温に さ浴な せはり ま交ま り 温 ま ろ う と ば か り に 特 に 冬 は 寒 い か ら お 事浴 故の のコ 第ツ 二② の湯 原は 因 は 4℃0 、以 す感す、風熱下 。神。お呂いで 特経し湯で湯 なすい暖切れ調クす筋けこに可圧こが 安 ど の 方 法 で 温 め ま す 。 、 浴 槽 の 蓋 を 開 け て お 湯 を 張 る 、 場 合 は 浴 室 も シ ャ ワ ー を か け 流 房 装 置 も 出 て き ま し た 。 暖 房 が 無 で す 。 最 近 は 脱 衣 室 用 や 浴 室 用 の ら の 予 防 に は 、 脱 衣 室 の 暖 房 が 大 不 良 の 発 生 の こ と を 言 い ま す 。 こ 」 と は こ の 急 激 な 温 度 差 に よ る 体 最。 近 よ く 耳 に す 「る ヒ ー ト シ ョ ッ 梗 塞 を 引 き 起 こ す と 言 わ れ て い ま ま す 。 血 圧 の 急 上 昇 が 脳 卒 中 や 心 の 血 圧 の 急 上 昇 は 血 管 に 負 担 を か な能は る性急 とも上 動高昇 脈まし 硬り、 化ま不 がす整 進。脈 ん特を でに引 くき る 5歳0 起 の以こ で上す の 「 寒 冷 刺 激 」 に よ っ て 反 応 し 血 ら 服 を 脱 ぎ 裸 に な り ま す が 、 体 は 冬 は 寒 い と こ ろ で ぶ る ぶ る 震 え な 全 入 浴 の コ ツ ① 脱 衣 室 の 暖 房 寒な くる な る 地 域 も あ り 油、 と 、 特 に お 風 呂 に 断 で き ま せ ん 。 入 る 夜 間 は 肌 健 ま と り 出 で 異 る 額  お 康しがまる なタが湯風 づ ょ あ す ま 2分0 り イ 汗 に 呂 くうり。でくまミば浸は り。、風我らすンんか欲 に 役 立 て て く だ さ い 。 安呂 全 3分0 は な以思 入上っ 浴はた 法休よ で憩り おを疲 風心れ 呂がる をけこ 慢 し て い る と 熱 中 症 に な いがグ で湯で す温す 。。 ダ 40℃ 条 ラで件 ダに ラ 1分0 よ と、っ 汗て が 38℃ も だ ら 、 そ ろ そ ろ 湯 か ら 出 っ て ゆ っ く り く つ ろ ぎ 、 張 ら な い 杯お心りのか汗お 安 あと断すがに の 水 を 飲 む と よ い で し ょ う 。 風 呂 の 前 と 後 に そ れ ぞ れ コ ッ 筋 梗 塞 の 原 因 に な り ま す 。 水 ま す 。 血 栓 が で き る と 、 脳 梗 粘 り 気 が 出 て 血 栓 が で き や す っ て い ま す 。 脱 水 に な る と 、 も か く の で 脱 水 に な る こ と 風 呂 に 入 り ま す 。 お 風 呂 に 入 ま ず は 、 最 初 に 水 分 を 摂 っ て 全  入 浴 の コ ツ ③ た っ ぷ り 水 分 補 っ湯 ての も温 度 40℃ 管 以理 下を とし しま まし すょ 。う 。 す る の で は な く 、 給 湯 器 で き 。 自 分 の 感 覚 だ け で 湯 の 温 度 若 い 時 に 比 べ て 鈍 く な っ て 高 齢 者 は 加 齢 現 象 で 温 度 へ の プ分塞く血がるか給 夏ちをき感 はやな液分とら でん判ま覚 1 活 重夏 用夏曹に ものをい 入配い 1つ 浴 合 入 のでし浴 方はた剤 法、もは で夏の す向 。け 湯の 上入 が浴 り剤 をの で防でく 軽あ入疲果お らよ夏バ全こ良と房き 浸暑 す・も、一減り浴労に風それっ特テ身れを、のな夏かい 。回湯浮方に、は回よ呂のまて有」倦ら引手効スのら夏 復 の コ ツ の ひ と つ と い え る の 船 に 入 る こ と が 夏 バ テ の 予 力 作 用 は 全 く あ り ま せ ん 。 夏 、 シ ャ ワ ー で は 温 熱 効 果 は 弱 も な り ま す 。 リ ラ ッ ク ス 効 果 と ス ト レ ス の 温 熱 効 果 の ほ か に 浮 力 作 用 も 復 作 用 が 期 待 さ れ ま す 。 ま た る 血 液 循 環 の 改 善 が 行 わ れ 、 に 入 る こ と に よ っ て 、 温 熱 効 た め 、 夏 と い え ど も 積 極 的 に す 。 改 善 す る こ と が で き る と 考 え の 体 調 不 良 は 、 む し ろ 入 浴 に 症 状 が 出 る 方 も い ま す 。 こ の 怠 感 と い っ た 、 い わ ゆ る 「 夏 の 原 因 に よ っ て 、 食 欲 不 振 や き 起 こ す 可 能 性 が あ り ま す 。 足 の 末 端 が 冷 え す ぎ て 体 調 不 い た 部 屋 に 薄 着 で 長 時 間 い る ト レ ス や 疲 労 を 生 み 、 ま た 冷 高 温 多 湿 な 環 境 は 身 体 へ の 大 な け れ ば な ら な い 理 由 こ そ た っ ぷ り 湯 船 に 晩く付 かりけお らにれ風 試役ば呂 し立もは ててっち みるとょ てこ安っ くと全と だがにし さでそた いきしこ 。まてと す健に 。康気 今づを のバま浮まけ でりしも成徴がのムのさろうさ でテす力すで夏す、てや分。あ汚、メれんなっ すのし作。な向。す天わをまるれいイて、成ぱ 。予、用湯くけ 防入の船、の を浴恩に色入 心剤恵浸や浴 がををか香剤 け上受るりは る手けともミ よにる、工ネ う使こ温夫ラ しっと熱さル っ き り し た 湯 上 が り 感 然 ク レ イ 成 分 も 含 む 製 ら げ て く れ ま す 。 保 湿 配 合 し て い る も の が 暑 た 、 メ ン ト ー ル な ど た め 、 湯 上 が り の 爽 快 を 取 り 、 な め ら か に す わ ゆ る 重 曹 で す 。 重 曹 ン 成 分 は 炭 酸 水 素 ナ い ま す 。 そ し て 夏 向 け 温 め る 作 用 の あ る 成 分 分 が 主 に な っ て い ま す り さ せ る 、 爽 快 感 を 感 たてが効れ成 が品成苦の感るはト入も。じ い、で果て分 特も分し清が作皮リ浴配もる も夏きやいだ 徴あとさ涼特用膚ウ剤合ちよ 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.21

[close]

p. 4

しるがで る が や 要 つ こ 胃 砕  う う む て 噛 物  良 て 「、 早 食 い 」 に よ っ て 、 食 べ る と 咀 嚼 回 数 が 少 な く な り ま す 。 そ よ く 見 ら れ ま す が 、「 早 食 い 」 す す 。 忙 し い 現 代 人 に は 「 早 食 い 」 も う 一 つ は 、 咀 嚼 の ペ ー ス と 回 数 リ ス ク が あ り ま す 。 、 そ の 背 景 に は 不 十 分 な 咀 嚼 に よ 誤ごな 嚥えこ がんと 大で きす な。 問近 題年 に、 な高 っ齢 て者 いの ま窒 す息 味 わ い を 十 分 に 楽 し む た め に も 必 と で す 。 こ れ は 、 食 べ 物 本 来 の 持 の 中 で 消 化 さ れ や す い 状 態 に す る く こ と で 、安 全 に 飲 み 込 み や す く 、 一 つ は 、 食 べ 物 を よ り 細 か く 噛 み こ。 れ に は 二 つ の 視 点 が あ り ま す 。 こ と に つ い て ま ず 考 え て 見 ま し ょ こ と ) と は ど う い う も の か 、 と い い ま す 。 で は 、 良 い 咀 嚼 ( よ く 噛 み 砕 い て 味 わ う 部 分 」 と 定 義 さ れ を 食 べ る 中 で 、 噛 み 砕 く 、 ま た は 咀 嚼 と い う 言 葉 は 国、 語 的 に は「 食 い 咀そ 嚼 し ゃ とく は 何 か ? 法 い も 咀 口 け し こ 終 要 や ま 的 む  はたまこど量 がて言嚼何細たとわ素「す要」こ︶、第すとのが な か っ た た め に 評 価 は 、 簡 便 で 正 確 な 方 う べ き 質 的 要 素 に つ の 「 て い ね い さ 」 と 回 噛 ん だ か な」 ど の 、 か く 噛 め た か 「や」 一 。 し か し 「、 ど れ だ に よ っ て 評 価 で き ま る ま で の 時 間 を 計 る は 、 食 べ た 量 や 食 べ 早 食 い 」 な ど の 量 的 。こ れ ま で 「、 大 食 い 」 素 と 量 的 要 素 が あ り と い う 表 現 に は 、 質 の よ う に 、「 よ く 噛 が 追 加 さ れ ま し た 。 質 問 票 に 咀 嚼 に 関 3期 特 定 健 診 ・ 特 。こ の 観 点 か ら 今、 す定年 る保か が 近 年 の 研 究 か ら 指 摘 生 活 習 慣 病 の リ ス ク が 増 え て し ま い 、 肥 満 や 項健らさ高糖 目指始れく尿 表1. 特定健診・特定保健指導の質問票に追加された咀嚼に関する質問 ︵導まてな病 表でっいるな 質問 選択肢 食事を噛んで食べるとき ①何でも噛んで食べることができる の状態はどれに当ては まりますか。 ②歯や歯ぐき、かみあわせなど気になる部分 があり、噛みにくいことがある ③ほとんど噛めない 0 1cm 1 5 1cm 6 まな予タる大が すい防ボこ学難 。かやリと歯し とフッで学か 考レク、部っ えイシ咀でた 、ルン嚼はの 研予ドを、で 1 究 に 取 り 組 ん で い 防 が で き る の で は ロ ー ム ( メ タ ボ ) 通 じ た 効 果 的 な メ 咀 嚼 能 力 を 評 価 す す 。 そ こ で 、 新 潟 新 潟 咀そ 嚼し ゃ 大 学 大 とく メ 学 院 医 タ ボ 歯 学 総 予 防 合 研 究 科 包 括 歯 科 補 綴 小 学 分 野 野 教 授 高 裕 1cm 2 1cm 3 1cm 4 1cm 1cm 7 1cm 8 1cm 9 1cm コい方こか般また阪究方力 咀 ア、でのなのすグ大開法測ま嚼 シそ ーの ト細 ︵」 図 分 化 の ︶ 程 度 をを 用標 い準 ての 「 1段0 ス 咀 嚼 し て か ら グ ミ ゼ リ ー を り 歯 ご た え が あ 吐 き 出 し て も ら 30回 、 自 由 な 噛 み る の が 特 徴 で す 。 グ ミ ゼ リ ー と 比 べ て や や 大 き く 、 。 お 菓 子 と し て 売 ら れ て い る 一 ミ ゼ リ ー を 試 験 食 品 と し て 用 い 学 の 産 官 学 連 携 に よ り 開 発 さ れ 発で定 法 人 ・ は 、 法 を ご 科U紹 学H介 技 術 振 興 機 A味 覚 糖 、 し ま し ょ う 構国。 、立こ 大研の ず 、 私 た ち が 用 い て い る 咀 嚼 能 能 力 を 測 る 図1. 咀嚼能力を判定するためのスコアシート 4

[close]

p. 5

気り力を損年アす着しの下かその のてなめ他でる 確な分す階 が 、 の 意 う 期 の 。 し た 噛 値 ら れ 噛 7歳0 方 い ど る の あ 最 こ 認 正 ほ 。 の つ最低味人か差そて場みを、ぞみ代がるが力因るものさ確ど結「 き初下しがらがれ検合合算咀れ合の有人挙、子こ強「れ性で果咀 まのはてい高見で査、わ出嚼のわ地利でげ歯ととい咀てと、が嚼 せう、いか齢らもをほせし能平せ域ではらのしが因嚼い再歯出能 ん 。 ち は 自 分 で は な か な か こ う し て 検 査 し な い 限 ま す 。 し か も 、 咀 嚼 能 に 多 い か 、 と い う こ と 期 に か け て 咀 嚼 能 力 を れ る と い う こ と は 、 中 こ れ だ け 明 ら か な ス コ 受 け て い た だ い て い ま と ん ど の 人 は 義 歯 を 装 が 減 少 、 あ る い は 喪 失 ま し た ︵ 図 。︶ 奥 歯 力 ス コ ア の 標 準 値 と 低 均 値 と 下 位 に よ っ て 住 民 2 2 7 す 。 こ れ ま 、 性 差 が 見 四 分 位 の 値 3群 に 分 け 、 6でら 名にれ を、、 奥男 歯 5~0 性 れ ま す 。 歯 が 全 部 揃 っ 数 、 歯 ぐ き の 健 康 状 態 て 重 要 な の は 、 噛 み し わ か っ て い ま す 。 そ の 子 は 奥 歯 の 噛 み 合 わ せ 能 力 ス コ ア 」 に 影 響 す ま す 。 現 性 が 得 ら れ る こ と が 科る力 医まス 師でコ でのア な所」 く要で て時判 も間定 十はし 分ま 3 か夫噛のき能た取強てき咀まうな昇均   昇 リ コ し め 来 病 の る  咀 け に な り ま す 。 咀 嚼 能 力 を 測 す る こ と な、 ど を) 身 に つ け る む こ と 、 調 理 の 仕 方 や 一 口 量 仕 方 ( 意 識 し て 時 間 を か け て 」 を 与 え れ ば 、 そ れ に 合 っ た 力 が 低 下 し て い る 」 と い う 「 ち は 考 え て い ま す 。 逆 に 「、 に 陥 り や す い の で は な い か 、 く な り 、 糖 分 や 炭 水 化 物 の 過 食 べ や す い も の を 摂 取 す る 傾 て い な い 人 は 、 無 意 識 に 軟 ら 嚼 能 力 の 低 下 が ま だ 軽 微 で 自 す 。 一 つ の 仮 説 で す が 、 お そ ? と い う 新 た な 研 究 疑 問 が 浮 い 人 た ち に 見 ら れ た の は 何 故 が ス 8) よ 見コやく らア、 れさ な 4) ら かにに っは噛 た有め の意な にない 、リ人 やスた 噛 め る 人 た ち ( 平 均 やクちス が 見 ら れ ま し た ︵ 表 ︶。 ッアてるま ク 、人し シ 6) や た た ンにやち。 ド統噛(そ ロ計め平の ー学な均結 ム的いス果 罹に人コ、 患有たア非 リ意ち 常 ス な ( 9) に クメ平とよ 研 究 セ ン タ ー と 共 同 研 究 を 行 関 係 を 調 べ る た め に 、 国 立 循 化 」 し た 咀 嚼 能 力 と メ タ ボ 罹 私 た ち は 、 こ の よ う に し て 「 嚼 能 力 の 低 下 と メ タ ボ の リ ス ク るきをよ食気咀と剰向か覚らかだ噛の(コ のタ均比くっ環患見 こっ工く事づ嚼私摂がくでくびろめ上平ア 上ボス較噛て器とえ 左右の奥歯の 噛み合わせが すべてある人 標準値 奥歯の噛み合わせが 減少しているまたは 前歯部のみの人 標準値 上顎と下顎の噛み合 わせをすべてを喪失 している人 標準値 1cm スコア 8 低下値 1cm スコア 6 低下値 1cm スコア 4 低下値 1cm スコア 6 1cm スコア 4 1cm スコア 2 表2. 咀嚼能力とメタボリックシンドローム罹患率の関図係2. 50-70歳代の日本人の咀嚼能力の標準値と低下値 咀嚼能力 スコア4 スコア6 スコア8 スコア9 ま す 。 し て 役 立 つ の で は な い 「 食 行 動 変 容 」 の ブ レ 対 策 に お い て な か な か 受 診 の 動 機 づ け と と も と は 本 当 に 簡 単 な 検 査 かー実にで とク行生す 期スが活が 待ル難習、 さーし慣歯 れとい病科 メタボなし 324 310 325 346 (人) メタボあり 124 133 121 (人) 97 リスク比 1.21 1.46 1.24 1(基準) 性別、年齢、歯周病、飲酒・喫煙習慣を調整 Kikui M, et al. J Dent, 2016. 5

[close]

p. 6

使雑効た 西 ズ活ジと法 マと直しあ軽 活い命心康 い貨を天ア洋 ム性、しア国テで接まるに私習精をも寿平 ま屋利然ロの が化レてロやラ、触すア取は慣神延体命均 せで用「マ伝 ん販す精テ統 。売る油ラ療 そさ のれ 成て 分い はる 、人 工 1・ 香 料 8シ は 西 洋 の 伝 統 療 法 で す 。 」 の 香 り 成 分 が 持 つ 薬 ピ ー は 植 物 か ら 抽 出 し 法 ア ロ マ テ ラ ピ ー あ る こ と が 判 っ て き ま し た 。 し て 認 知 症 を 改 善 す る メ カ ニ モ ン グ ラ ス な ど の 香 り が 脳 を 認 め て お り 、 ヒ ノ キ や ク ロ モ マ テ ラ ピ ー 」 を 健 康 法 の 一 つ 一 部 の ピ ー を」 医実 療践 機し 関 は 、「 て い る の 植で 物す 療。   い つ の 間 に か 「 植 物 療 法 ア ロ れ 合 い な が ら 身 体 を 動 か す こ 。 園 芸 活 動 は 、 植 物 の 香 り に ロ マ テ ラ ピ ー 園 芸 活 動 を 提 案 り 組 め る 健 康 法 と し て 、 香 り 、 働 く 世 代 か ら 高 齢 者 ま で 気 が 大 切 と い わ れ て い ま す 。 生 活 や 適 度 な 運 動 と い っ た 生 ば す た め に は 、 バ ラ ン ス の 良 も 健 康 で 長 生 き を す る 健 康 寿 」 は 決 し て 高 く は あ り ま せ ん 。 寿 命 が 高 い 新 潟 。 し か し 「 健   す 中 あ 芽 農 い さ ラ 実 が を  で 然 す り と ど 図 律 の な ネ が、るを地うん私ベ メ、 ン バ ー の 皆 さ ん は 一 様 に「 草 取 り 作 業 は 疲 れ る は ず な の 畑 の 世 話 を し て い ま す 。 猛 暑 し て 増 や し 、 現 在 5 0 0 株 に ラ ベ ン ダ ー の 苗 を 植 え 、 刺 会 を 創 り 、 耕 作 さ れ な く な っ とはン 『、ダ 新2ー 潟0畑 ・1の ラ4癒 ベ年力 ン ダ 5月 ーに 物有 語志 』の 践、楽す治れま精が、り神深香医オ で き 、 確 か な 効 果 が あ る の で す 精 油 が 無 く て も 身 近 な 庭 仕 事 で し む だ け の も の と 思 わ れ が ち で 。 ア ロ マ テ ラ ピ ー と い う と 、 香 癒 力 が 高 ま る こ と が 期 待 で き る ば 、 心 と 体 の こ わ ば り が ゆ る み せ ん が 、 日 々 の セ ル フ ケ ア に 活 油 に は 薬 の 様 に 鋭 角 的 な 作 用 は 研 究 デ ー タ で 確 認 さ れ て い ま す 心 身 の 健 康 増 進 に 大 い に 役 立 つ 、 う つ 病 や 不 眠 症 ・ 認 知 症 改 善 経 系 、 内 分 泌 系 、 免 疫 系 の 調 和 い 場 所 へ ダ イ レ ク ト に 伝 わ り 、 り 成 分 は 私 た ち の 中 枢 神 経 ・ 薬 品 に 配 合 さ れ て い ま す 。 ー ル や メ ン ト ー ル な ど で 、 身 午での程したと皆 。もすりの自用あ。こなを自脳 近 健をラる最少こがが畑も液に 崎り的法局の ラ 康 な 状 態 へ と 導 き 、 ス ト レ ス を 緩 下 げ 、 低 血 圧 の 人 の 血 圧 を 上 げ 、 ベ ン ダ ー 畑 は 、 高 血 圧 の 人 の 血 圧 と い う 結 果 が 出 て い ま す 。つ ま り 、 高 血 圧 、 最 低 血 圧 、 脈 拍 共 に 上 が 。 逆 に 低 血 圧 の 人 の グ ル ー プ で は 、 と を 示 す 唾 液 ア ミ ラ ー ゼ 濃 度 も 減 高 い ほ ど ス ト レ ス が か か っ て い る 大での きで く 5分 す 下間。 が安高 り静血 、に圧 脈すの 拍る人 もとが 減、ラ り最ベ 、高ン 濃血ダ 度圧ー ア ミ ラ ー ゼ 濃 度 か ら 比 較 検 討 し た 対 す る 癒 し 効 果 を 血 圧 、 脈 拍 、 唾 都 市 公 園 内 の ラ ベ ン ダ ー 畑 で 、 人 寛 先 生 の 実 験 結 果 を ご 紹 介 し ま す 。 組 ん で い る 千 葉 大 学 園 芸 学 部 の 岩 効 果 」 に 関 す る 研 究 に 先 進 的 に 取 や ア ロ マ テ ラ ピ ー な ど 「 緑 の 療 法 方代ラ に表ベ 収格ン 載でダ さ、ー れ昭精 て和油 いは ま 50年 ア し頃ロ たまマ 。でテ 園日ラ 芸本ピ 療薬ー ベ ン ダ ー 畑 で 血 圧 を 正 常 化 す る で分前 きスに るッラ 」キベ とリン 言!ダ い  ー ま夕畑 す方作 。ま業 でを 元し 気た に日 活は 動気 アナ ロー マド ス・ クア ーロ ルマ 「テ アラ ロピ マー ・協 レ会 ー認 ヌ定 」ア 主ロ 宰マ  セ 真 ラ ピ ス 木ト ・ 美 ト レ 智 ー ナ ー 代 香 り と 健 康 寿 命 動 を し て い き た い と 思 い ま す 。 仲 間 作 り 」 を キ ー ワ ー ド に さ ら な る 活 が あ り ま す 。 今 後 も 「 自 然 と の 調 和 ・ ダ ー 畑 に は 健 康 寿 命 を 延 ば す 可 能 性 を 送 り た い 」 … … 五 感 を 癒 や す ラ ベ ン 「 元 気 で 長 生 き し た い 」「 豊 か な 老 後 目 さ れ て い ま す 。 た め 、 ア ロ マ テ ラ ピ ー の 有 用 性 が 注 せ る た め 、 ま た 、 予 防 医 学 の 発 展 の で は 、 患 者 さ ん の Q O L を 向 上 さ 超 高 齢 化 社 会 を 迎 え た 日 本 の 医 療 す る 活 動 を 共 に 楽 し ん で い ま す 。 に 向 け て セ ミ ナ ー 等 で 健 康 法 を 発 信 イ ・ イ ベ ン ト を 企 画 ・ 実 施 し 、 一 般 食た生 育ちか ・はら 花毎高 育年齢 セ、の ン方 タ 6月 ま ーとで を多 会 11月 彩 場にで に、す ワ新が ン潟、 デ市私 ベ ン ダ ー 物 語 」 の メ ン バ ー は 、 小 学 間 作 り に も 役 立 ち ま す 「。 新 潟 ・ ラ さ ら に 、 ラ ベ ン ダ ー 畑 は 地 域 の 仲 和 す る 働 き が あ る と い う こ と で す 。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成30年7月 6

[close]

p. 7

7

[close]

p. 8

8

[close]

Comments

no comments yet