shiyu-7

 

Embed or link this publication

Description

shiyu-7

Popular Pages


p. 1

SHIYU は十同 北勝志 海ク社 道ラと とブ北 同・海 緯林道 度育を 、雄語 気先る 候輩に ・のは 気文『 質章新 がを島 近羅先 い針生 。盤と 両にW 先ボ・ 生スS がト・ 昔ンク のへラ 偉とー 人旅ク で立先 はつ生 なこ』 くとの 同に関 時し係 代たか 人。ら にマ始 思サめ えチる てュの くーが るセ分 (。 武 田 泰 一 ッ ツ か り や す い 。 記 ) 日本の高校にあたるアンドーバー・フィリップス 1865年ボストンに着いた新島先生が心死で アカデミーには同志社が建てた「良心碑」がある 面談をしたA・ハーディ家のあるJoy street 1875年バーモント州ラットランドグレース教会 1821年創設アーモスト大学のシンボル・ での新島先生の演説に農夫が2ドル寄付 ジョンソンチャペル 左隣(北側)には新島先生、 ここから同志社が始まった 内村鑑三が寄宿した寮が現在する �

[close]

p. 2

同志社校友会北海道支部総会の開催を祝して 同志社大学  学長 松岡 敬 教 育 改 革 の 推 進 、高 大 接 続 プ ロ グ ラ ム の 新 て お り 、リ ー ダ ー 養 成 プ ロ グ ラ ム や 大 学 院 2 0 2 5 を」 掲 げ 、新 た な 教 学 展 開 を 進 め た  中現 期在 計本 画 と し 「て 学 で は 創 同立 志1 社 大 学 ビ ジ ョ 5 0 周 年 に 向 ンけ び で あ り 誇、 り と す る と こ ろ で あ り ま す 。 お り ま す こ と 学、 長 と し て こ の う え な い 喜 校 へ 物 心 両 面 に 渡 る ご 協 力 を い た だ い て れ る 会 員 の 皆 様 が 今、 な お 交 流 を 持 ち 母、 て お り ま す 。新 島 の 思 い を 精 神 的 支 柱 に さ と も に 、今 後 の 活 躍 に 大 き な 期 待 を 寄 せ の す ば ら し い 成 果 に 深 く 敬 意 を 表 す る と 中 の こ と と お 慶 び 申 し あ げ ま す 。こ れ ま で 巣  立同 た志 れ社 たの 皆良 様心 は教 、様 々 な 分 野 で ご 育 を 受 け ら れ 母、 活校 躍を 人 物 の 輩 出 が 同、 志 社 教 育 の 目 的 で す 。 そ し て 自 由 を 尊 び 、良 心 を 手 腕 に 運 用 す る ト 教 主 義 精 神 に 立 脚 し た 自 治 自 立 の 人 物 、 感 覚 を 通 し て 形 成 さ れ た も の で す キ。 リ ス 自初こ治し ら 体 期 に の 教 得か育 しけ理 たて念 自 由 の 精 神 、国 約、 10年 間 の ア は 新、 島 が 江 戸 際 人 と し て メ リ カ 生 活 末 期 か ら 明 ので治 8年 に) 同 志 社 英 学 校 を 設 立 し ま し た 。 て 、今 か ら 1 4 3 年 前 の 1 8 7 5 年( 明 国 の 良 心 と も 謂 う 可 き 人 々 」の 育 成 を 目 指 あ  り本 自、 ら 立 ち 自 ら 治 る の 人 民 い、 わ ゆ る 一 学 の 創 立 者 新 島 襄 は 「、 智 識 あ り 品 行 ま し て 厚 く お 礼 申 し あ げ ま す 。 が と う ご ざ い ま す 教。 職 員 を 代 表 い た し ま  し校 て友 ごの 厚皆 情様 、ご 支 援 を 賜 わ り に は 平 素 よ り 本、 誠学 にに あ対 りし し あ げ ま す 。 に  開同 催志 さ社 れ校 ま友 す こ と を 、心 会 北 海 道 支 か部 ら総 お会 慶が び盛 申大 私 で と 高 し 成  2日 の に担 2当 校は 、当 3日 内道に 時 副 学 3校 高の 長 の 校ア 松 ポ岡 訪イ ン 問ト を 先 生 。9 取月 車、 で ア テ ン ド す る こ と に な り ま し た 。 の 依 頼 が あ り 、三 名 の 先 生 を 3班 4人 校 訪 問 を す る の で ア テ ン ド し て 欲 し い て お り ま し た 東。 京 の 事 務 所 か ら 道、 内 二 十 二 年 九 月 二 日 。当 時 私 は 幹 事 長 を 松 岡 学 長 と 初 め て お 会 い し た の は 平、 支 部 長   ( 1 草 9 8 野 4 年   法 学 部 卒 賀 文 ) し あ げ ま す 。 ご 活 躍 さ れ ま す こ と を 心 か ら お 祈 り 申 に 深 め ら れ ま す と と も に 、今 後 ま す ま す ま  が最 、こ の 場 を 通 じ て 相 互 後 に な り ま し た が 、ご の列 交席 流の をみ さな らさ 協 力 を 賜 り ま す よ う お 願 い い た し ま す 。 す 。今 後 と も 、み な さ ま の 一 層 の ご 指 導 、ご 同  志同 社志 大社 学ブ をラ 皆ン さド んを に更 示に し高 て い く め 躍、 所動 存す でる て い ま す 。ぜ ひ ご 期 待 い た だ け れ ば 幸 でい す 。 き る こ と が 数 多 く あ る の で は な い か と 考 え 究 す る こ と に よ り 、新・文 化 庁 に 対 し 貢 献 で 様 々 な 研 究 リ ソ ー ス の あ る 同 志 社 が 共 同 研 ま す 文。 化 や 経 済 社、 会 科 学 、政 策 科 学 な ど い う よ う な 新 た な ア プ ロ ー チ を 目 指 し て い の か ら 文、 化 と 経 済 の つ な が り を 考 え る と 化 庁 は 今 ま で の 文 化 財 を 保 護 す る と い う も なしの るて展 研 究 包 昨、 年 開 を 目 括 協 定 を 締 結 い た し ま し た 文。 12月 に 文 化 庁 と 日 本 の 大 学 初 と 指 し て い ま す 。そ の一つ の 成 果 と 展 開 、 E U キ スパンャ 企 画 な ど 、新 た な 教 育 に あ り 、尚 の こ と 印 象 に 残 る 出 来 事 で し た 。 拶 を し て お り ま し た 。比 較 す る 対 象 が 近 く 道 立 の N 校 は 殆 ど 全 て の 子 供 達 が 我 々 に 挨 の で す 。そ う 言 え ば 私、 立 の R 校 市 立 の S 校 生 あ る  ま 徒の当あせ が事校のん あ の 学 校 を 強 く 印 象 付 け て し ま っ た 件 は 我 々 の 目 に 触 れ た た っ た 4人 の に 相 応 し く 無 い の か も し れ ま せ ん 。 4人 の 生 徒 だ け が 良、 心 教 育 を 掲 げ よ ね ? 」「 勿 論 で す 」と 松 岡 先 生 。 生 、N 校 に 推 薦 枠 を 渡 す 様 な こ と は あ り よ 。あ っ て は な ら な い こ と で す ね 。」と 「。 先 の 出 来 事 、気 が 付 き ま し た ? 「。」 勿 論 で す 先 生 に 尋 ね た の で す「 先 生 、昨 日 の N 校 で を 囲 み 反 省 会 を 行 い ま し た そ。 こ で 松 岡 と な  職 た 階 で サ、 ッ ポ ロ ビ ー ル 園 で ジ ン ギ ス カ ン 鍋 し翌 、日 3名 の は 、 先 生 方 と 7校 と ーハ 我ド 々ス アケ テ ン ド ジ ュ ー 組ル を 4名 こ 員 室 で 初 日 最 後 の 仕 事 を 終 え ま し た 。 。 2人 で 顔 を 見 合 わ せ 階、 段 を 登 り 切 り 、 か ら 差 し 込 む 光 も 乏 し い 薄 暗 い 階 段 で し し た の で す N。 高 校 の 階 段 に は 窓 は 無 く 二、 の で す そ。 し て あ ろ う こ と か 階 段 の 電 気 を 消 の二 集 団 が 我 々 と す れ 違 い 3段 上 が り 始 め た 頃 上、 か 階 の 職 員 室 に お 邪 魔 す る 1階 に 降 り 立 っ た ら 4人 の 男 の 子 た め 階 段 を 2~ N  高事 校 で 起 こ り 件 は 初 日 の ま し 9月 た 。我 々 が 2日 午 後 車四 か時 ら頃 降 り 、 、私 立 刺 だ け で も 十 分 営 業 に な り ま す か ら 」と 。 先 生 の 袖 を 無 理 や り 引 っ 張 り 、「 先 生 、名 りはい折り ま し た 。「 資 料 が 無 い と」 困 惑 顔 の 松 岡 と 4校 初、 を日 追は 加 し 1校 てを 追 角 北 海 道 ま で 来 て 7校 を 足 早 に 駆 加 し て 3校 。 1日 2校 で は 勿 け 2日 体 回目な 、函 館 か ら 札 幌 に 入 っ て こ ら れ ま し た 。 1

[close]

p. 3

2 紫友 再刊第 7 号 『新島研究 33』より転載

[close]

p. 4

3

[close]

p. 5

4 紫友 再刊第 7 号

[close]

p. 6

5

[close]

p. 7

6 紫友 再刊第 7 号

[close]

p. 8

7

[close]

p. 9

個 人 的 雑 感 で は 多 分 、 日 本 人 に は 難 し 過 ぎ る か ら だ と 思 う 。        ( 武 田 泰 一 「 ア ー モ ス ト 」 は 同 志 社 人 固 有 で 、 同 志 社 人 は 敢 え て こ う 表 記 す る 。 どエ のイ 発ム 音ハ もー ス Aに ト ス? ト  レア スー がム あハ るー のス はト 間? 違  いエ なイ いモ がス 、ト 私? の 耳 に は 結 局 聞 き と れ な か 渡蛇 米  に足 際 し 、 ア ー モ ス ト の 正 式 な 発 音 を 会 得 し よ う と 幾 人 に も 聞 い た 。 記っ )た 。 8 紫友 再刊第 7 号  『北白川集会 40 周年記念文集』より転載

[close]

p. 10

9

[close]

p. 11

10 紫友 再刊第 7 号

[close]

p. 12

11

[close]

p. 13

12 紫友 再刊第 7 号

[close]

p. 14

イ二一で 気さ today. ン度杯市 温 ー 4月 ス ト リ ー ト 経 由 で サ ウ ス ス テ ー 寝 し 、シ ャ ワ ー 。ダ ウ ン タ ウ ン メ の 朝 茶 多、 分 日 本 の 3倍 多、 過 ぎ 。 内 略 図 を 確 認 、ほ ぼ ボ ス ト ン 理 解 。 寒 ー 体。 感 気 温 0℃ ? ク ロ ー ク を 確 か め に 外 へ 、、 、 2日 目 。い 2(日0 金 ) つ も 通 り 4時 起 床 、 勘ののいわシ言べ親う気入あラこすめ 違 い し て る の か 時 差 ボ ケ 特 に な し 。 が 午 後 と は 言 い な が ら 日 中 体、 が 朝 と 時 差 暗。 く な 。宿 で よ う や な か っ た 。空 っく港 て か ら の 出 発 で 快 適 環 境 。 13時 中 々 上 手 く 着間行 い遅か たれな wifi ョ ン 、何 だ か ド サ ク サ に 紛 れ て 運 賃 払 っ て よ バ。 ス に 乗 り 込 み サ ウ ス ス テ ー っ指で色 たチ検悪 後ェ査し 「で 図 を 見 よ と」 ッ ク 計 4回 散。 々 官 機 嫌 悪 し 左。 右 …英手 最語の そ。 し て 手 の か ざ し 方 初で 悪 か し 4本 い らゃとよ 国 審 査 で 指 紋 検 査 、ベ ト ベ ト の 機 械 っンぼ とドし 言 う 、西 部 パ ン 間劇ツ の観ま 到賞で 着そび ス。 ト レ ス な し 。 し て 睡 眠 、 13時 間 っ ち ょ り 。 るて と 夕 食 海、 何。 と か 乗 老り の カ レ ー 込 み 18時 拒 否 、こ 他 ビ。 ー ル 30分 発 暫。 ん な こ と をく初 計 & ベ ル ト で ブ ー 音 れ る 。成 田 搭 乗 時 時、 英 語 ば か り で 少 々 疲 は 落 ち 着 く が 、辺 り 4月 1(日9 木 ) 〝 寒 ー ボ ス ほ〟 ぼ 札 幌 ト ン 着 。 気。 6℃ It's windy LaLa リ校 ル ト に ド 3日 4月 ル対 し 3と リ 言ベ うラ らル し い 。ア ー ア ー ツ カ レ の ア イ ビ ー ス 。ユ ニ バ モッリー スジーシ ト版グテ 大を ィ 8 ア ン 大 学 対 抗 レ ー ム ズ 大 学 、ウ ェ ズ リ onota lake スぎ トっ 大く 学 ウ、 ィ 9時 半 ア り 腰 ? リー アモ 内 を 軽 目 ま。 21日( た土 くも) 散 歩 4時 。ん ? 腰 起 床 。ピ に 違 和 感 、 ッ ツ フ ィ ー しア雪リスなのもア フ分 タシ いー残アトる場クテ ィ で 57ド 0 カ ョ !リっン大前所レン リバルムン 走ー 行ア 距メ 離リ 、カ 25㎞ 0 の 。風 情 あ り 、素 晴 ら て る 道。 沿 い の 街 々 が そ れ ぞ れ 大学に 学ピ ボ vウs ッ ーィツ トリフ 大 会 会 場 下 ア ム ズ 大 学 ィ ー ル ド へ 見 。ま vウs ェ ア、 ー だズモ 、分 か ら ず 再。 度 訪 問 約 束 暗。 く バ ー そ う ア。 ン ド ー バ ー 神 学 校 ド で 図 書 館 へ 生。 徒 達 は い か に で 6月 に 日 本 に )の 東 大 に 合 格 し た そ う 学 同。 志 社 で は な く ガも碑 ポ ー H・ で パ ル Mち チ か ら ゃ (ん リ 偶。 のシ然 留ンに 環 境 ! 新 島 先 生 良 心 ッ プ ス ア カ デ ミ ー 素、 晴 ら し い ッ チ リ 慣 れ る ア。 ン ド ー バ ・ー 初。 め て の 左 ハ ン ド リ & 保 険 & ナ ビ & か ら レ ン タ カ ー の ETC ルり 最、 初 の & 6日 ば へ ト。 数でヨ M A 4月 4日 目「 相 22(日 日 ) 棒 小 田 切 君 、今 日 も 気 本ト下烈あ1訪身そだ市い生テか細 しる学イ教バ目学 日 覚な の 3㎝0 え 情 給。ま熱 油 77円 / リ ッ ト ル 。 1ガ ロ ン 3 7. 8 5 リ しに た感 嘆 1マ ! イ今 ル日 は 1.㎞ 6 。 30㎞ 0 = ッ ト ル 。 1フ ィ ー 走 行 。以 る ア。 メ リ カ の 大 学 造 り に 対 す る 猛 7 8 7 年 創 設 こ。 こ も 唐 突 な 郊 外 に 問 。聞 い た こ と も な い 大 学 が な ん と 大 学 ・ キ ャ ッ ス ル ト ン 大 学 を 帰 り に の 彼 が 盛 ん に 勧 め る の で 地 元 の 出 が 最 近 は サ ッ パ リ と 悲 し む ビ ル 氏 。 だ そ う で 、頻 繁 な 交 流 が あ っ た そ う 会 話 ラ。 ッ ト ラ ン ド は 花 巻 と 姉 妹 都 の ア ー カ イ ブ を 見 つ け 大 変 興 味 深 ィ の ビ ル 氏 に 講 釈 を ね が う 新。 島 先 ら ず 、口 利 き で ソ サ イ エ を 知 り た く 隣 の 図 書 館 へ 担。 当 者 分 ま っ た ? 感 無 量 詳。 こ こ か ら 同 志 社 は 始 へ 。荘 厳 で 美 し い ! 演へし 説のい の農環 グ夫境 レ ー 2ド 。新 スル島 教寄先 会付生 て い る 様 子 。素 晴 ら の 風 情 。最 近 は ア ー モ ス ト を 凌 駕 し 。人 口 7 0 0 0 人 、勉 強 以 外 す る 事 な そ の も の が 街 田、 舎 道 に 忽 然 と 現 れ バ ル 校 ウ ィ リ ア ム ズ 大 学 を 訪 問 。大 会 へ の 道 す が ら ア ー モ ス ト 大 学 の ラ ー モ ン ト 州 ラ ッ ト ラ ン ド グ、 レ ー ス を 合 わ せ ら れ な い レ。 ー ス 終 了 後 、 ぶ っ ち ぎ り の ビ リ 、練 習 し て な い ? HISTORY ℃ 5×(℉-32) 9 Google の ンが田そスカ確跡こと 越一角いた活ン寄ルラ後トるて張 様 子 。大 き な 邸 宅 な の だ ろ ー と、 訪 ね と何 い故 マ ッ プ を た ど る と 大 き な 敷 地 う 場 所 で 8年 前 に 死 亡 と の 由 。 だ か ア ー モ ス ト の ア ッ プ ル タ ウ 切 君 の 大 捜 査 で 私、 の ア メ リ カ の 父 ん な 素 敵 な 街 で す さ。 て さ て 次 は 小 ト を 気 に 入 っ て 移 住 ア、 ー モ ス ト は ー ル ミ ュ ー ジ ア ム 発 見 彼。 は ア ー モ 認 道。 す が ら 何 と 絵 本 作 家 エ リ ッ ク ・ 。さ ら に ク ラ ー ク 先 生 の お 墓 の 場 所 こ は 7つ 札 幌 農 学 校 行 き を 決 意 し た 邸 宅 、多 分 北 大 が 寄 贈 し た の だ ろ う 。 生 の 碑 を 訪 ね る と 何 下 調 べ に ク ラ ー ク 先 チ ェ ッ ク イ ン 軽。 く 都 市 の 感 あ り 。宿 に り 大 変 賑 や か な 大 曜 日 と 言 う こ と も あ イ メ ー ジ だ っ た が 日 え い よ い よ ア ー モ ス ト 。小 さ な 町 の 位 の 噂 も 。さ ら に コ ネ チ カ ッ ト 川 を ス女だ ミ性ろ スがう 大 学 の 町 。大 沢 山 名、 門 。ノ ー サ ン プ 統 7シ ト 領スン 婦タを 人ー通 輩ズる 出のと 第一若 動 怪、 し げ な 東 洋 人 に き っ と 戸 惑 っ シ ョ ッ プ で コ ー ヒ ー 飲 み つ つ 探 偵 る 。色 々 聞 く が 皆 知 ら な い ガ。 ソ リ ド と 言 う 1 7 0 0 人 の 小 さ な 町 に ー ク 博 士 の 生 誕 地 ア ッ シ ュ フ ィ ー に い ざ ア ー モ ス ト へ 。道 す が ら ク し な い と ダ メ ピ。 ッ ツ フ イ ー ル ド を デ、 ン ジ ャ ラ ス や。 は り 毎 朝 リ セ ッ い る と 知 ら ず 知 ら ず に 左 側 を 走 っ て っ て 行 き ま す ぞ え な」 ぞ と 軽 口 叩 い 13

[close]

p. 15

難くも見 うれ 送 !有! た マ Uマ ス り が 難 う リ さ !! ん 有、 を 案 内 し て て ら 図 ら ず も 美 味 し か っ た ー 。 か と 押 し 付 け る 、で こ れ で も か こ れ で も フ ォ ル ニ ア ロ ー ル の。 り の 上 の ご 飯 を 大り大 食つ学 堂つ改 であ革 久るに 方。の ぶ り の お 米 を 食 す 。カ Uマ ス 内 の 何 で も あ る り だ し 、特 別 コ ー ス を リ巨作 サ保 チ Uマ 育 ュス園 ー セ ッ ツ 、俗 称 パ ー の 先 生 。又 と) い う ら マ ス( パ ー 々 血 圧 が 上 しテが いィる 。昨 ー ・ 。通 今マ称 サ チ ュ ー セ ッ ツ 農 科 大 学 の 現 在 名 )の (校 ク ラ ー ク 博 士 が 初 代 学 長 で あ る マ マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 州 立 大 学 ア ー モ ス ト ん 。何 と ク ラ ー ク ハ ウ ス に 住 む と い う 。 の 毒 が っ て 食 事 に 誘 っ て く れ た マ リ さ 応 す る 女 性 。怪 訝 そ う に 私 達 の 方 に 気。 ルにの をス頭 買ーの うパ疲 貧ーれ 乏 く さ い ・ ジ ェ イ を 抑 え つ 二 人 の Yへ 。カ つ 夕 食 日ッの 本プ買 語ヌい にー出 反ドし 歳ぶがま私 マりっ は マ を た 30年 事 の想私ぶ態 負像とりの 担下同の把 をさ時マ握 考い通マが え お、 い と ま あ。 。話 は 尽 き ぬ ま 訳 の 小 田 切 君 の と の 再 会 。血 圧 出 来 な い 。興 奮 まま混のの り 乱上ま 96 マ は 死 ん だ と ば か り 思 い 込 ん で い る ん が 居 る と 言 う 。 ? ど う い う こ と ? マ が あ る の で 半 分 諦 め 気 分 で い る と 奥 さ と ス タ ッ フ に 要 請 プ。 ラ イ バ シ ー 保 護 Gavin.jr 前る にと 死何 んと だそ こ は サ 高 の住 情 報 が 欲 し ダ。 メ 元 で い 、 8年 1ジ部ら ハ後彼問見しか験ア旨模中海ド生な点 8 7 2 年 優 勝 し た 際 の オ ー ル 発 見 。 ウ ム で 会 話 し 練 習 ル ー ム へ そ。 こ で コず ー。 チ の ウ ィ 1時3 半 に ア リ ア ム さ ん と ー モ ス ト 大 学 を 探 し た が ジボ見 ムー当 ナトた る 筈 の 内 村 鑑 三 画 地 。図 書 館 地 下 に あ リ 正、 面 真 横 の 一 等 ー デ ィ ー・ ニ イ シ マ の 肖 像 画 を パ チ ジ、 ョ ン ソ ン チ ャ ペ ル で ジ ョ セ フ ・ ら も 必 死 ス タ ッ フ を 離 さ な い 。解 散 が 尽 き ず 、私 達 も 間 合 い み て 質 問 。 る か ら に 賢 そ う な 白 人 男 子 女 子 質。 て ヘ ン テ コ な 東 洋 人 。こ ち ら も 全 員 詳 細 説 明 。 7名 の 子 供 と そ の 親 、そ の あ る 黒 人 ス タ ッ フ か ら 助 成 金 ほ ー を 終 え 、 1時1 か ら 日 本 で の 教 師 経 。徹 底 的 に 鍛 え 上 げ る の で し ょ う 。ツ で 基、 本 15人 以 内 、 4〜 5人 も あ る で 見 た 数 十 人 程 度 の 授 業 が 最 大 規 道 の 子 供 も 行 っ て 欲 し い 。ツ ア ー の 他、 建 物 が … 素。 晴 ら し い 是。 非 北、 寮 、教 室 、芝 、モ ニ ュ メ ン ト グ、 ラ ン い が 適 度 な 間 合 い で 教 会 、図 書 館 、学 の 曇 り も な い 秀 才 風 貌 決。 し て 広 く 中東の 学洋親 生人子 だと そ う で 一、 2人 子。 供 は ヘ ン テ コ な 生 が 同 行 説 明 。二 組 い か に も 快 活 な 女 学 参 加 、西 海 岸 出 身 の 5日 4月 目 、 2日(3 9時 か 月 ) ら キの ャ ン パ ス ツ ア ー モ ス アト ー大 に学 生アの と ー 耳 6日 4月 内モに目 村 鑑 三 が 寄 宿 し た 北 寮 は ど こ ? ス ト に 聞 こ え る 。ま ず は 新 島 先 は や は り ア マ ー ス ト で は な く 、ア 24日( ー火 モ) ス ト 大 学 の お さ ら い 私。 まれ人す歳(学学クトネリ眠巡邸遣い広モるの番ツンはを開往 す お。 や す み な さ い 。 、返 事 待 ち と。 い う 事 で 疲 れ た の で 寝 )に 連 絡 せ よ 、と 。早 速 彼 に 留 守 電 入 ご い 技 能 ! N Y に い る 息 (子 私 の 友 の 昨 日 の ア メ リ カ マ マ か ら の メ ー ル 、 ^^ゴ) メ ン な さ い ロ。 ッ ジ に 戻 る と 、 96 も、 う 少 し 綺 麗 に あ っ て 欲 し か っ た ! ト イ レ 拝 借 世。 界 一 の 良 妻 賢 母 女 子 大 ル ー 応 援 。腹 が 痛 い 。恥 を 偲 び 、女 子 大 大 学 ク ル ー 見 当 た ら ず ス、 ミ ス 大 学 チ カ ッ ト 川 ま で ド ラ イ ブ ア。 ー モ ス ・デー ィ ケ ン ス ン の 墓 発 見 。そ の 後 コ る 墓 地 不。 幸 中 の 幸 い 大、 詩 人 の エ ミ り宅前 。探 せ な か っ た が と 目 さ れ る 3軒 の ク ラ ー ク 博 士 ク ラ ー ク 博 士 が が 、札 幌 農 学 校 派 場 )確。 信 は も て な ス ト コ モ ン( 中 央 東 洋 人 微、 妙 ア。 ー ウ ィ ン ド ウ 席 に 座 お い し い ピ ザ 屋「 ア ン ト ニ オ ズ ピ ザ 」 購ド? 入ブア そ。 の 辺 の 女 の 子 曰 く 世 界 で レ ー カ ー サ、 ン バ イ ザ ー 、 Tシ ー モ ス ト 土 産 の キ ャ ッ プ 、ウ 一ャィ 開 催 し た の も そ の 影 響 が あ っ た の で 学 当 時 さ っ そ く 琵 琶 湖 で ボ ー ト 大 会 時 新 島 先 生 も 感 化 さ れ た 筈 同、 志 社 ロ リ と 完 食 後。 味 も 良 く 他 の デ リ も ア ッ プ ル パ イ に 挑 戦 。苦 手 だ っ た が と 言 え ば リ ン ゴ と ハ チ ミ ツ と ば か り 発 見 近。 所 で は 有 名 だ そ う バ。 ー モ ン バ ー モ ン ト カ ン ト リ ー デ リ な る 建 物 と 言 っ て い る 矢 先 に 車 が 並 ん で い 「 折 角 だ か ら 名 産 を 食 べ た い ね ー 」な へ 。手 を 合 わ せ た 後 相、 棒 小 田 切 君 の ミ ー テ ィ ン グ ハ ウ ス ヒ ル セ メ タ リ ン ト 州 ブ ラ ト ル ボ ロ の お 墓 参 り 、バ ー モ 次 は 私 の ア メ リ カ 父 こ で 生 ま れ た の か ! さ ん 有 難 う 。あ ー こ 行 し て く れ た 。お ば 隣 の あ そ こ だ よ と 同 所 の 根 性 の 良 い お ば さ ん と 遭 遇 。 定 出 来 な い 。飛 び 込 み 営 業 す る と ご の 生 ま れ た 家 を 確 定 。近 く に 行 く も ン ス タ ン ド で 捜 索 活 動 し ク ラ ー ク 博 走 ら せ ア ッ シ ュ フ ィ ー ル ド へ ガ。 ソ 者 )の 銅 像 。ア ー モ ( ア メ リ カ が 誇 る に 持 つ ヘ ン リ ー・ ス ト を 背 に 1世9 紀 の 代 ワ ー ド・ ビ 西表ー へ的チ 車伝ャ に ア ン ク ル ト ム の 著 者 ス ト ウ 婦 人 を なれ左 か っ た の で し ょ う 。そ 。 15年 0 前 の 寮 は 多 分 (隣 北 側 の) 寮 が そ の 2〜 ち ょ 3箇 っ所 とし ジ ョ ン ソ ン チ ャ ペ ル べ て く れ た 。結 局 、 答 叶 わ ず ネ ッ ト で 調 務 所 で 確 認 す る も 即 も 寮 は あ る 窓。 口 事 北 と 言 っ て も 何 ヵ 所 全ペにトをるぞとー 3軒 近 特 士 リ を 道 ー 姉 先 か 14 紫友 再刊第 7 号

[close]

Comments

no comments yet