陽光19号

 

Embed or link this publication

Description

陽光19号

Popular Pages


p. 1

❼❻❺❹❸❷❶健 新 日 本 対 が ん 協 健 診 保 健 指 導 調 査 研 修 事 業 脳 卒 中 調 査 事 健 康 情 報 管 理 健 康 診 査 事 業 普 及 啓 発 事 業 康 づ く り 財 団 潟 県 健 康 づ く 会支 業事 連援 業 携協 事議 業会 り  七 財 つ の 柱 団 の 事 事業 業内 容 ●●●● 第 『 一 ピ む 番ンし 3回4 大 ク 歯 が切リ治 んなボ療 征のンの 圧はホ夜 新加リ明 潟入デけ 県者ー 大の2 会 開 催 健 康 を 0 1 7 状 況 守 る こ と 』 in長 岡   リ レ ー 講 座 ● サ ル コ ぺ ニ ア に つ い て も く じ 平成29年 11月30日発行 No1. 9

[close]

p. 2

いに人あ足れ足が域要子か重生のるの2の と高 か入生る腰ばでっ内と社のね活足。高0方日が齢 。 る 」 こ と を 望 ん で い る の で は な の 最 後 に は 「 自 分 で 歩 い て 棺 桶 。 ま さ に 寝 て い る 余 裕 は な く 、 を 丈 夫 に し て お く こ と が 必 要 で な ら な い 状 況 で 、 そ の た め に は 歩 き 、 自 立 し た 生 活 を 送 ら な け て 高 齢 者 は 生 涯 に わ た り 自 分 の で は 介 護 力 不 足 で あ る 。 し た す る 高 齢 者 に 対 し 、 家 庭 内 や 地 会 で も あ る こ と か ら 要 介 護 を 必 支 援 ・ 手 助 け が 必 要 と な る 。 少 る と 生 活 や 移 動 を す る 上 で 何 ら を 送 り た い と 願 う も の の 、 年 を で 歩 き 、 他 か ら の 手 助 け の な い 高 齢 者 は 人 生 を 終 え る ま で 自 分 齢 者 が 日 々 生 1 7 年 に は が 総 人 口 に 本 で は 高 齢 大 切 活 を 送 っ て お 27% を 超 え 、 占 め る 割 合 化 率 ( 65歳 ら多)以 れくが上 者 社 会 で は 足 腰 が 丈 夫 で あ る こ 要動の能動こ筋形板るあ器ロ あ腰 転の査 介 の 低 低 性 れ 肉 性 の 「 る 障 コ 日 る 、 80代 25% 倒 第 に 平 護 に 至 る も の で あ る 。 日 常 生 活 制 限 、 社 会 活 動 へ の 参 加 困 難 、 下 ( 歩 行 障 害 ) に 至 り 、 生 活 活 下 を 招 き 、 結 果 と し て 移 動 機 能 の 低 下 、 筋 力 低 下 、 バ ラ ン ス 機 ら 運 動 器 の 障 害 は 痛 み 、 関 節 可 の 障 「害 サ ル コ ペ ニ ア が」 あ る 。 脊 椎 症 ・ 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 」、 障 害 で あ る 「 変 形 性 関 節 症 、 変 骨 粗 鬆 症 、 骨 折 」、 関 節 ・ 椎 間 。 ロ コ モ の 中 に は 骨 の 障 害 で あ 害 で 移 動 が 困 難 に な っ た 状 態 で モ テ ィ ブ シ ン ド ロ ー ム と は 運 動 本 整 形 外 科 学 会 が 提 唱 し て い る 。 背、を 骨占 ・ 90歳 め 脊代て 髄高い )齢る 障者。 害でさ がはら 一運に 層動年 著器代 明(別 で足で ・ よ成 骨 折 、 骨 粗 鬆 症 ) で 全 体 の 1位 は 運 動 器 の 障 害 ( 関 節 症 、 れ ば 25年 、の 要厚 介労 護省 ・国 要民 支生 援活 の基 原礎 因調 定体を肉な齢 ら動動肉 サ すな るいが 。) 義 さ れ た ( 活 動 障 害 を も た ら す 症 候 群 」 と 含 め た 「 筋 量 と 筋 力 の 低 下 が 身 量 の 評 価 に 筋 力 、 身 体 能 力 評 価 い 喪 失 」 と 定 義 し た 。 そ の 後 、 筋 と と も に 生 じ る 骨 格 筋 の 意 図 し は サ ル コ ペ ニ ア を 「 加 に は 寝 た き り に 至 る も の で あ る 。 け な く な り 、 要 介 護 ・ 要 支 援 さ 能 力 の 低 下 を き た し 、 そ の 結 果 、 が 量 的 、 質 的 に 低 下 し 、 歩 行 移 サ ル コ ペ ニ ア は 加 齢 に 伴 っ て 筋 ル コ ぺ ニ ア : 定 義 と 有 病 るが丈。わ障 もり夫 ゆ害 の、な るさ で他足 「れ あか腰 不、 るらは 健生 。の健 手康 助寿 け命 をの 最延 小伸 限に につ 康 長 寿 」 の 状 態 で あ 活 の 質 も 低 下 し た 、  新 整潟 形大 外学 科大 学学 分院 野  教医 授歯 (学 医総 学合 部研  究 整科 形  外機 科能 学再 遠 教建 室医 藤 )学 講 座 直 人 サ ル コ ぺ ニ ア に つ い て とサ れた年ど コ縦療 の理概けとコ神れペてに降な格 あル も ル 3歳 ば 。 齢 そ 7% ペ 断 研 日 視 解 念 る し ぺ 的 て ニ い お が り 筋 サ る コ 病 にコ)地まとのにニ疫究本点しにサてニ、きアるけ困、肉ル。ぺ期 高ペ くニ なア り有 、病 率 6歳5 は 以年 上齢 でが は進 男む 性と NILS-LSA ROAD study EWGSOP で域た の 住 民 日 本 3の 0 4 0 基 準 に よ 例 ( 平 均 に る 70・ よ の 関 係 は な か っ た と 報 告 し 割 合 が 高 い も の の 、 女 性 で は 見ア学セ らは研ン れ男究タ 、性)ー 男 第・ 性 で 9・ 7次 老 化 は 6% 調 に 高、査関 年 齢 群 女 性 で は サ す る 長 ほ 7・ ル 期 の ( 国 立 長 寿 医 で の 概 念 図 を 示 す ( 図 )。 や す い よ う に 現 時 点 で の 私 共 つ い て は 未 確 定 で は あ る が 、 ル コ ペ ニ ア を も 含 め て い る 。 お り 、 内 臓 器 や 嚥 下 障 害 に お ア を フ レ イ ル の 中 核 的 な 病 態 社 会 的 フ レ イ ル が あ り 、 サ ル た フ レ イ ル で は 、 身 体 的 、 精 を 包 含 し て い る 。 近 年 提 唱 さ こ と か ら ロ コ モ の 中 に サ ル コ る サ ル コ ペ ニ ア を 念 頭 に お い 難 と な る 。 ロ コ モ で は 骨 格 筋 長 く は 歩 け な く な り 、 階 段 昇 が 衰 え 、 ふ ら つ き 転 び や す く コ ペ ニ ア で は 四 肢 ・ 体 幹 の 骨 ニと アし 、て 重「 症前 ササ ルル ココ ぺぺ ニニ アア 」、 がサ Rosenberg EWGSOP European Working Group on Sarcopenia in Older People 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 2

[close]

p. 3

るく齢以歳 。 、 者 上 以 13・ 加での上 齢 は 高 で 8% とサ率は、 とルで男女 もコあ性性 にペっ そ ニ た 3%0 1・2 のア。以 割 の こ 上 4% 合有の、で は病よ女あ 高率う性り くはに 、 な 高 高 60% 80 サ併は施る位連増 ルしさ設サ部鎖悪 コてら入ル骨)さ ぺいに居コ折のせ ニる高者ペ者リ、 佐久間真由美ら 骨粗鬆症とは~フレイル、サルコペニア、ロコモとの関連から チームで診る高齢者脆弱性骨折 手術と周術期管理 遠藤直人編集 アこくでニ、ス骨 PP12-19 医薬ジャーナル 2017 年 の図を一部改変引用 が あ る こ と は 単 な る 活 と が 報 告 さ れ て い る 。 、 骨 粗 鬆 症 を 高 率 に 合 は サ ル コ ペ ニ ア 有 病 率 は 脊 椎 椎 体 骨 折 ア 有 病 率 4%0 以 上 、 群 に お け ク を 高 め る 。 大 腿 骨 近 粗 鬆 性 脆 弱 骨 折 ( 骨 折 少 と 骨 強 度 低 下 を は さ ら な る 骨 量 減 至 り 、 さ ら に 骨 折 在 は 転 倒 ・ 骨 折 に サ ル コ ペ ニ ア の 存 る 要 因 が 多 く あ る 。 の 減 少 な ど 共 通 す 不 足 、 力 学 的 負 荷 低 下 、 ビ タ ミ ン D 伴 う 性 ホ ル モ ン の 骨 粗 鬆 症 は 加 齢 に サ ル コ ペ ニ ア と て い る 。 骨 折 と 深 く 関 連 し 骨 粗 鬆 症 、 脆 弱 性 し て お り 、 中 で も 機 能 の 低 下 に 直 結 と 筋 力 低 下 は 運 動 特 に 骨 格 筋 の 減 少 サ ル コ ペ ニ ア 、 鬆 症 、 骨 折 サ ル コ ペ ニ ア と 骨 粗 ‌ ‌ ‌ し小ちル一大をンはび 、さでを歩切開グ筋筋基 そなあ望ずで始が力肉本 れレるみつあす有ト量は が 実 行 で き た ベ ル を 達 成 す 。 日 々 の ト レ 、 過 度 な 運 動 」。 や や も す る 。「 目 標 は る と と も に 継 用 で あ る 。 高 レ ー ニ ン グ 、 の 増 加 で あ る 筋 力 と 歩 行 能 らるーかる高続齢歩。力 こニらとくす者行その 1割 と ン 開 高 、 る で ト の 向 増をグ始い実こはレた上 しめでしレ行と運ーめお のざはがベはが動ニによ 1サ 運 動 ル コ ぺ ニ ア の 治 療 と 予 防 サいおは深な椎低 かサ ルるり低くど・下関のル コ。、活関の脊が節障コ ペ ニ ア の 原 因 と な る 。 外 傷 や 手 術 等 の 侵 襲 は サ ル コ ペ ニ ア が 深 く 影 動 と と も に 低 栄 養 を 合 連 し て い る 。 廃 用 性 症 運 動 器 障 害 と サ ル コ ペ 髄 疾 患 ( 脊 髄 損 傷 )、 関 連 し て い る 。 関 節 疾 リ ウ マ チ で は 罹 病 期 間 害 ペ ニ ア と 運 動 器 疾 患 、 二響併候ニ不患と そ 次しし群ア活、握 の 性ててでは動脊力 ほ 応な動 す障性 る害の こを低 とき下 がたで 重すは 要病な で態く あと、 るし骨 。て折 認等 識の し重 対篤 る 。 で 転 倒 ・ 骨 折 、 寝 た の 要 因 の 検 索 と と も 「 手 足 や 体 幹 の 痩 せ サ ル コ ペ ニ ア は 単 ま と め きに」な り積でる 予極は加 防的な齢 をないに 進介。よ め入そる ムう評応の者介が 構こ価じスが護必病 築と、たクチ関要院 ががそ運リー連で内 望重し動ーム職あ、 ま し い 。 要 で 、 そ の た め に シ ス テ て 継 続 へ の 支 援 を お こ な と 栄 養 指 導 、 実 行 と そ の ニ ン グ と 抽 出 、 そ の 方 に を 構 築 し 、 サ ル コ ペ ニ ア 、 病 院 ・ 医 院 ・ 施 設 関 係 り 、 そ の た め に は 行 政 、 お よ び 地 域 で の 取 り 組 み 3 あ作肉摂てニ 多 職 種 連 携 シ ス テ ム の 構 築 る用へ取はア運 。等のがタの動 が作望ン改と 期用まパ善栄 待 さ れ る こ と か ら 有 、 転 倒 防 止 作 用 、 骨 し い 。 ビ タ ミ ン D ク 質 、 特 に 分 岐 ア ミ が 期 待 で き る 。 栄 養 養 療 法 の 併 用 は サ ル 用へはノとコ での筋酸しペ 2 高進レ 栄 養 いめベ 継るル 続こへ 性と進 にがむ つ、と な長い がいう る目よ もでう の見な でた一 あと歩 るき一 。に歩 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.19

[close]

p. 4

てた問で顎しがにげ関れむとよこのいなたは は エ リ マ キ り す る の 題 で す 。 き た む し の 骨 が 吸 歯 で 、 エ 、 根 面 う 歯 科 口 腔 ら れ ま す 心 が 高 ま た こ と 、 し 歯 予 防 歯 科 医 療 る む し 歯 れ は 、 紛 割 合 は 県りが と、、 な り 1年6 2 0 、 1 9 8 新 潟 県 の じ め に ト カ ゲ の よ う が 困 難 な 部 位 こ れ は 、 削 っ 歯 と 定 義 さ れ 収 し 、 露 出 し イ ジ ン グ や 歯 蝕 ( 歯 の 根 部 領 域 の 重 要 懸 。 他 方 で 、 超 っ た こ と が 要 県 民 の 歯 科 保 シ ス テ ム が 全 保 険 機 関 と の 予 防 が 進 ん だ れ も な く 8・0 1 % 、 む し 歯 、にの フ達全 連 続 日 本 一 む 1 5 年 0 年 に 1歳2 児 現 在 5・ 1人 平 に 歯 の 周 囲 に 、 時 と し た り 、 詰 め て い る ) の た 歯 根 面 に 周 病 に よ り に で き た む 案 の ひ と つ 高 齢 化 と 共 因 と し て あ 健 に 対 す る 県 で 展 開 さ 連 携 に よ る こ と 、 学 校 ッ 素 利 用 に し ま し た 。 く な い 児 童 し 歯 0・ 03本 均 む が 少 4本6 で あ し 歯 なとっ数 助にい治と金アそ医にいし が医ま療い:マのイ横る歯 日 本 人 歯 科 専 門 開 業 術 開 業 試 験 に 合 格 し す 。 1 8 7 5 年 ( に 関 す る 文 献 資 料 と 医た明し 第小治て 幡残 1号 で 英 之 8年 ) っ て う 新 聞 掲 載 が 日 本 最 古 の む し 歯 現 存 材 料 ) を 用 い 治 療 し て い た ル ガ ム ( 銀 合 金 の 粉 と 水 銀 の 合 後 穴 に 詰 め る 材 料 と し て 金 箔 や ー ス ト レ ー キ が 、む し 歯 を 削 り 、 浜 居 留 地 で 開 業 し た 外 国 人 歯 科 で し ょ う か 。 1 8 6 5 年 幕 末 治 療 の 歴 史 と 現 状 は ど う な っ て 一 方 、 む ま す 。 た ど っ て い 加 の 一 途 を 疾 患 は 、 増 部 )。 こ の 下 顎 前 歯 ま す( 写 :真 様 に 発 生 し を 取 り 巻 く スや組る直 思あれの遺テ抗が由い詰治使て年す タ痛織歯人そいまる治伝ーがこ々なめ療用いに。 グみ ラに ン関 ジ与 ンす る E の 2 生 輸体 送内 経物 路質 やプ 新ロ の 傷 の 治 癒 期 に お け る 、 炎 症 髄 ( し ず い ) と 呼 ば れ る 神 経 ら の グ ル ー プ は 、 歯 の 中 に あ ん な 折 、 当 講 座 の 助 教 、 大 倉 が あ り ま す 。 り に も 進 歩 が 無 さ す ぎ る と い う ま で 発 展 し た こ と か ら す る と 、 療 法 の 組 み 合 わ せ に よ っ て 行 わ 子 治 療 、 重 粒 子 線 治 療 な ど 多 く ラ ー メ イ ド で そ の 他 免 疫 療 法 、 んの 剤 治 療 の 基 20年 で 外 科 治 本 3治 療 療・放 射 線 か治 ら 、 ・療 し き 問 題 が あ り ま す 。 が ん 治 療 い と い う 、 歯 科 界 の 全 世 界 的 る / 被 せ る ) は ほ ぼ 変 わ っ て の 診 療 概 念 ・ 治 療 戦 略 ( 削 っ て 器 材 だ け で す 。 根 本 的 な む し 歯 ま す が 、 進 歩 し た の は 、 材 料 や わ た っ て む し 歯 治 療 は 継 続 さ れ 我 が 国 で は 、 そ の 後 約 1 5 0 新 潟 む し 大 学 大 歯 治 学療 院 医 歯 の 夜 学 総 合 明 け 研 究 科 口 腔 健 康 野 科 学 杁 講 座 う 由 蝕 学 分 一 野 教 郎授 削治 高化削がわしし生で 研 ら癒そくさっ、ゆま歯じあむ究 な力こなせてこるうにまるしの いをでり、しの歯とよす歯歯背 」利、ま将ま除の歯る。髄は景 治用歯す来う去神髄感歯に進と 療し髄。的たに経を染科波行概 法た自 なめ伴を除が医及す要 が「身 歯物い抜去歯師しる ででが の理歯く(髄は、と きき持 喪的を治抜に、炎歯 なるつ 失にや療髄まこ症の いだ高 リ歯む)処でうや内 だけい スををし置達し痛部 ろ歯自 ク脆得ま:したみ組 うを己 が弱ずすいてむを織 れ (覧科パ月りきな本略基した Scientific Reports www.nature.com/articles/ s41598-017-07167-y て い ま す 。 ) で 公 開 さ く だ さ い 。 オ ン ラ イ ン 速 報 版 学 誌 「 」 を ご ブに リ ッ シ ン グ ・ グ ル ー プ の 英 国 3日1 ( 日 本 時 間 ) に ネ、 イ チ な り た い 方 は 、 2 0 1 ャ ・ー 7年 7 ま す 。 本 研 究 成 果 の 詳 細 を 御 知 戦 略 に つ い て 概 説 さ せ て い た だ 稿 で は 、 こ の む し 歯 治 療 の 新 た に 繫 が る こ と が 期 待 さ れ ま す 。 盤 と し た む し 歯 治 療 の 新 し い 戦 ま し た 。 将 来 的 に 、 こ の 研 究 を な 役 割 を 世 界 で 初 め て 明 ら か に 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 4

[close]

p. 5

髄の的 んそクこ重Eと異胞とンとど 組部にそでのにれ要Pで的の呼ジしのプ 織位ラこし役対らで2機な中ばンて治ロ を 治 癒 に 導 か せ る モ デ ル ラ ッ に 特 殊 な 薬 剤 を 置 く こ と で 歯 ッ ト の 歯 に 穴 を 開 け た 後 、 そ で 大 倉 ら の グ ル ー プ は 、 人 為 た 。 割 に つ い て は 報 告 が あ り ま せ す る 歯 髄 組 織 で の 発 現 部 位 と の 輸 送 経 路 に 関 わ る 各 タ ン パ あ る と 考 え ら れ て い ま す が 、 や E P 4 が 傷 の 治 癒 過 程 に 能 を 発 揮 し ま す 。 そ の 中 で 、 受 容 体 ( E P ) と 結 合 す る こ か ら 外 へ 運 ば れ 、 そ の 後 、 特 れ る 輸 送 タ ン パ ク に よ っ て 細 ト ラ ン ス ポ ー タ ー ( P G T ) 知 ら れ て お り 、 プ ロ ス タ グ ラ 癒ス 過 程 に 関 与 す る タ グ ラ ン ジ ン 生 体 E は 2 内炎 物症 質な か と 考 え ま し た ( 左 図 。) 方胞 研 をが歯究 硬存髄の 組在組成 織し織果 :まにと 厳すは今 密 に は 象 牙 質 に 包 。た だ そ の 特 殊 性( 、 当 然 で す が 歯 髄 後 の 展 開 に つ い て 囲四細 開たもン得発Pたら牙にてして部止維牙組しるびるスト を。関 た現G か質侵いて、にめ、質織ま発そトタを シ ェ ー マ に ま と め た も の で 下 図 は 、 研 究 の 概 要 と 今 後 連 し て い る 可 能 性 が 判 E が 2 歯 髄 内 で の 神 経 保 こ と か ら 、 プ ロ ス タ 明護グ し作ラ に つ い て も 活 性 化 す る 所 T 3日 に が 発 現 す る と と も 後 に は 、 末 梢 神 経 部 し ま し た 。 ま た 、 損 にに傷 遺おを 形 成 に 関 与 し て い る 可 能 性 入 す る の を 早 急 に 防 ぐ た め る こ と を 確 認 し 、 細 菌 が 損 P G T お よ び E P 2 が 発 そ の 特 徴 的 で あ る 突 起 部 に 認 め ら れ る 象 牙 芽 細 胞 に ま し た 。 さ ら に 、 歯 髄 創 傷 血 管 に 発 現 し て い る こ と を を 形 成 す る 象 牙 芽 細 胞 や 神 に お い て P G T や E P 2 し た 。 そ の 結 果 、 正 常 時 の 現 部 位 と そ の 役 割 に つ い て の レ セ プ タ ー ( E P 2 ) に ラグ作 ン ス ポ ー タ ラ ン ジ ン 製 し 、 治 癒 ー ( P E 経 2 路 過 程 に Gのお T基け )盤る すのま用ン見伝い受をの傷現限お治突経は歯解関おとプ 。展しにジを子てけ明象部し局い癒き線象髄析すよなロ    ● がプの 期ロ関 待ス与 さ れ る 。 タ グ ラ ン ジ ン も 考 え ら れ る 。 E 輸 2 送 経 路 を タ ー ゲ ッ ト と し た む し 歯 の 新 規 治 療 の 開 発 ● 歯しに 髄て存 組い在 織るし 内。て のお 神り 経歯 線髄 維創 に傷 も治 P癒 G期 Tに と 認 め Eら Pれ 2る は修 発復 現象 し牙 て質 お形 り成 、に 神大 経き 保く 護寄 へ与 ● 結プ 合ロ すス るタ 受グ 容ラ 体ン (ジ Eン P 2 E を 2 )輸 が送 歯す のる 象ト 牙ラ 質ン をス 作ポ るー 細タ 胞ー (( 象P 牙G 芽T 細) 胞と )特 や異 血的 管に 【 本 研 究 成 果 の ポ イ ン ト 】 い ま す 。 に 挑 戦 で き れ ば と 考 え て 歯 を 治 療 す る ” と い う 夢 ル で あ る “ 削 ら ず に む し す 治 療 の 開 発 、 最 終 ゴ ー ( 歯 髄 ) の 創 傷 治 癒 を 促 革 新 を も た ら す 歯 の 神 経 る こ と で 、 む し 歯 治 療 に と し た 創 薬 を 組 み 合 わ せ や E P 2 を タ ー ゲ ッ ト 特 徴 と 、 さ ら に P G T い ま す 。 そ の 様 な 細 胞 の 高 い と い う 特 徴 を 有 し て 高 く 、 増 殖 能 や 分 化 能 が に 比 べ て 、 非 常 に 活 性 が 細 胞 ( 例 え ば 骨 芽 細 胞 ) る ) を 有 す る 反 面 、 他 の か ら ほ ぼ 隔 絶 さ れ て い 性 、 い い か え る と 、 外 界 さ れ て い る と い う 特 殊 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.19

[close]

p. 6

してが人乳しとタ たそいに学を講の長 ていん女がて検ーま。れてつと代座こ岡ピ おるに性ん、診外ず ぞ、い検表をとでン り死かのは講そ科初 、 乳 が ん 検 診 の 受 診 率 が 低 亡 率 も 日 本 で は 徐 々 に 増 加 か徐 る 1人1 々 こにに と増 、 1人 加 欧がし 米一て で生お はのり 低間、 下に日 し乳本 演 を し て い た だ き ま し た 。 し  て植 デ木 ン ス ブ レ ス ト 」 匡 先 生 か ら 「、 と疫 題学 め に 、 柏 崎 総 合 医 療 セ ン れ ご 講 演 し て い た だ き ま し 乳 が ん の 自 己 検 診 に つ い て 、 て 、 乳 が ん の 診 断 と 治 療 に つ 診 に つ い て 、 マ ン モ グ ラ フ ィ す る 専 門 家 の 先 生 方 か ら 、 疫 開 催 い た し ま し た 。 中 越 地 区 」を テ ー マ に 、例 年 通 り リ レ ー はク 「、 み ん な で 学 リ ボ ン ホ リ デ ー ぼ2 う0 乳1 が7 ん in ま す が 、 圧 迫 し て 乳 房 を 薄 く 延 ば す は 圧 迫 す る か ら 痛 い 、 と よ く 言 わ れ て い た だ き ま し た 。 マ ン モ グ ラ フ ィ ン モ グ ラ フ ィ 」 と 題 し て 、 講 演 を し 「 怖 が ら な い で き ち ん と 知 っ て ! マ 病 院 放 射 線 科   新 保 綾 乃 先 生 か ら 、 2番 バ ッ タ ー と し て 、 長 岡 赤 十 字 さ れ て い た こ と が 印 象 的 で し た 。 し て い る 若 々 し い 乳 房 で あ る と 説 明 ろ 乳 腺 が 脂 肪 に 置 き 換 わ ら ず に 残 存 ン ス ブ レ ス ト は 病 気 で は な く 、 む し ど も お 話 が あ り ま し た 。 た だ し 、 デ 外 に 確 立 し た 検 診 方 法 が な い こ と な し い も の の 、 ま だ マ ン モ グ ラ フ ィ 以 房 ) だ と 乳 が ん を 見 つ け る こ と は 難 ラ フ ィ 上 デ ン ス ブ レ ス ト ( 高 濃 度 乳 う さ ぎ を 見 つ け る よ う に 、 マ ン モ グ の お 話 が あ り ま し た 。 ま た 雪 山 で 白 い こ と が 一 因 に な っ て い る こ と な ど 司 会   新 潟 県 立 中 央 病 院   外 科  佐   藤   友   威 「 リ レ ー 講 座 み」 ん な で 学 ぼ う 乳 が ん の こ と 全手方がCどがどま題よ科 た慮でうサみるるがこ 摘 術 針 ん T ) 効 の ず し う  。をきなーをここんと ) と が の 、 も き よ 乳 て に 島 3番 さる指ジ軽ととをに と 乳 房 温 存 療 法 が あ り 、 そ れ し て は 乳 房 切 除 術 ( い わ ゆ る き ま る と 説 明 が あ り ま し た 。 広 が り を 調 べ る こ と で 、 治 療 M R I な ど の 画 像 診 断 で 乳 病 理 検 査 で 調 べ る こ と 、 更 に や す い か ( ホ ル モ ン 治 療 な う な タ イ プ で ど の よ う な 治 療 が ん と 診 断 す る だ け で な く 、 、講 演 を し て い た だ き ま し た 。 治 療 に 展 開 し て い く の か 」 と 影 尚 弘 先 生 で 「、 診 断 が ど の バ ッ タ ー は 長 岡 赤 十 字 病 院 外 れ て い る こ と が 印 象 的 で よ う な 声 か け を す る な ど の 導 や 、 で き る だ け リ ラ ッ ク を し て 乳 房 を 柔 ら か く す る 減 す る た め に 、 前 日 か ら マ な ど の 説 明 が あ り ま し た 。 、 放 射 線 の 被 ば く を 軽 減 で み つ け や す い ) 画 像 が 得 ら よ っ て よ、 り 診 断 し や す (い し配スよッ痛きれ乳 そ の 中 か ら 、「 み ん ピな で ン学 「 ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー 2 ぼ0 クう 1 リ乳 7 ボが ん in長 の岡 ンこ と ホ」 」 が と 1月0 リ題 し デて 行 8日 ㈰ ーわ 2れ た 0リ レ 1ー ア オ ー レ 長 岡 7講 で 座開 の催 概さ 要れ を ご 紹 介 ま し た 。 in長 岡   し ま リ す 。 レ ー 講 座 にがに会意多てとてと乳分 重常のが己講うだ美し りるな術選ぞ なん乳を義くはい新とがか以要にで、検演乳け先て最まよっを択れ る こ と を 祈 念 し て お り ま す 。 で 苦 し む こ と が 無 い よ う な 社 会 が ん 検 診 を 受 け て い た だ き 、 乳 き っ か け と し て 、よ り 多 く の 方 々 な 会 に な っ た と 思 い ま す 。 こ の の 方 々 に 参 加 し て い た だ き 、 有 い ろ い ろ な 不 安 が あ り ま し た が 、 う こ と で 、 ス タ ッ フ の 一 人 と し 潟 市 を 離 れ 、 長 岡 で 開 催 さ れ た 思 い ま す 。 今 回 、 こ の 会 が 初 め ん に つ い て の 理 解 が 深 ま っ た こ り上と や、お す く ご 講 演 し て い た だ き 、 4人 の 専 門 家 の 先 生 方 か ら 話 が あ り ま し た 。 自 分 の 乳 房 に 関 心 を も つ こ と が 定 期 的 に 乳 房 全 体 を 触 る こ と 、 ど の よ う な や り 方 で も 構 わ な い 診 の 方 法 に つ い て の 説 明 で し た を し て い た だ き ま し た 。 主 に 自 房 セ ル フ チ ェ ッ ク ! 」と 題 し て 、 で は 安 心 で き ま せ ん ! 実 践 し よ 生長 か岡 ら赤 「、 マ ン モ グ 十 字 病 院 看 護 ラ師 フ  ィ頓 検所 診弘 後 に 、 こ の リ レ ー 講 座 の 締 め と し た 。 う に な っ て き て い る こ と も わ か て お り 、 か な り 綺 麗 に 再 建 で き し て も 乳 房 再 建 が 保 険 適 応 に し ま す 。 ま た 最 近 で は 乳 房 切 除 患 者 さ ん の 状 態 や 希 望 に 従 っ て 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 6

[close]

p. 7

歳は 低膵弱胃子のがと乳のと合 代、 後罹 半患 か数 らが 60 30 乳 が ん の 特 徴 く な り ま す 。 臓 が 約 5 % と 、 肺 が 約 や 結 腸 が 宮 が 5年 生 80% 存 率 35% 、 70% 弱 、 は 、 り ま す ( グ ラ フ 1 )。 そ の 他 の が ん かが順 らんで 死 亡 の の 5年 女 性 の 割 合 の 順 は 5番 目 に 下 生 存 率 が 90% と 高 い こ 5大 が ん で す 。と こ ろ が 、 最(新 も平潟 多 く 、 胃 ・ 結 腸 ・ 子 宮 ・ 成 24年 ) は 、 乳 が ん が 県 女 性 の 臓 器 別 が ん 罹 肺 17・ 患 がの ん 6% 割 ま す 。 こ の グラフ 1 新潟県のがん登録(平成 24 年標準集計) 新潟はっぴー乳ライフホームページより 2項 目 に は 、 リ ス ク 増 加 予 防 行 動 を と る こ と が 勧 め ら れ て い 「 確 実 」 と 「 ほ ぼ い ま す 。 評 価 が 確 実 」 の 5段 階 に 分 2項 目 は 類 さ れ 、 本 の リ ス ク 研 究 結 果 が ま と め ら れ て 乳 房 診 療 ガ イ ド ラ イ ン に 海 外 と 日 疫 学 : 乳 が ん リ ス ク の 研 究 http://www.pinkribbon-niigata.jp/kenshin/index.html 疫 学 : 罹 患 状 況 を 含 め た 検 診 に つ い て 説 明 し ま す 。 そ の 一 部 と し て 疫 学 と デ ン ス ブ レ ス ト 解 す る た め に は 正 し い 知 識 が 必 要 で 、 発 信 が 多 い が ん の 一 つ で す 。 情 報 を 理 が 多 い こ と か ら 、 患 者 さ ん よ り の 情 報 乳 が ん は 、 壮 年 期 女 性 に 発 症 す る 方 は じ め に で登がは 罹 患 数 が 約 2・ 5倍 と な っ て い ま す 。 録 数 で も 1 9 9 3 年 よ り の 20年 間 8倍 ・ 死 亡 数 が 4倍 に 、 新 潟 県 が ん 1 9 7 5 年 よ り の 40年 間 で 罹 患 数 ま た 、 乳 が ん は 増 加 し て お り 、 全 国 で 性歳代 代前 5大 後 半 が半の んか比 の 中 で 最 も 多 い こ と で す 。 ら較 的 50代 若 後い 半世 の代 死に 亡多 数く が、 女 30 疫 学 と 検 柏 崎 総 合 医 療 セ ン 診 そ し て デ タ ー ン   外 ス 科  植   木 ブ レ ス     ト   匡 は 加 齢 と と も に 脂 肪 に 置 き 換 フ ィ 検 診 の 弱 点 の ひ と つ で す 高 濃 度 乳 房 と も 言 い マ ン デ ン ス ブ レ ス ト わ。モ る乳グ の腺ラ ン モ グ ラ フ ィ の み で す 。 死 亡 率 の 減 少 が 示 さ れ て い る の は マ P E T ︲ C T な ど が あ り ま す が 、 に 超 音 波 検 査 ・ 断 層 撮 影 ・ M R I ・ す 。 検 査 法 に は マ ン モ グ ラ フ ィ 以 外 あ る が ん 死 亡 率 の 減 少 が 求 め ら れ ま 重 要 で す 。 特 に 、 対 策 型 で は 利 益 で 利 益 と 不 利 益 が あ り そ の バ ラ ン ス が は 自 費 で あ る こ と で す 。 検 査 法 に は 対 策 型 は 公 的 資 金 を 使 用 し 、 任 意 型 類と に人検 分間診 類ドは さッ、 れク集 ま す 。 大 き な 違 い は 、 の よ う な 任 意 型 の 2種 団 検 診 の よ う な 対 策 型 検 診 : 検 診 法 の 選 び 方 はを体をすが授体後と 明予重過か低乳重肥し ら防管剰らい・が満て かす理に、な閉重・ア とるが摂予ど経い成ル は特考取防が後な人コ な別えし行上のど期ー っなれな動げ身、のル て食ていとら体リ高の いべいこしれ活ス身過 ま物まとてて動ク長剰 せやすとアい・減・摂 ん飲。閉ルま初少出取 。み乳経コす産と生・ もが後ー。年し時閉 のんのルで齢ての経 を 目 指 し 最 近 の ま と め た乳 工が 夫ん いつに て 紹 介 の 動 向 と 、よ しり ま良 しい た検 。診 を 2 0 1 6 年 に 設 置 し た と こ ろ で す 。 ン ス ブ レ ス ト ワ ー キ ン グ グ ル ー プ ” 日 本 乳 癌 検 診 学 会 が 中 心 と な り “ デ と が で き ま せ ん 。 通 知 の 対 応 と し て 、 ん の で 原 則 と し て 病 院 へ 紹 介 す る こ ら れ て い ま す が 、 病 気 で は あ り ま せ 査 の 併 用 が 良 い の で は な い か と 考 え 理 由 で す 。 通 知 さ れ た 方 は 超 音 波 検 の 対 応 が 定 ま っ て い な い 事 が 大 き な ど が 通 知 に 前 向 き で は な く 、 通 知 後 ま市ら す町ず 。村、 しの日 か し 、 他 の 市 町 村 の 13・ 5% で 通 知 を 行 本 は 2 0 1 7 年 の ほっ調 とて査 んいで す州よ 。のり 欧う、 州ち2 や0 中 韓 27州 で 1 6 「 A r e Y o u な通年D ど知 E で は 行 わ れ が 行 わ れ て 7月 で ア メ リ N S E 」 活 ていカ動 おま に 50 た デ ン ス ブ レ ス ト の 通 知 を 求 め る ア メ リ カ の ナ ン シ ー さ ん が 始 め け に く く な り ま す 。 で す の で 乳 腺 量 が 多 い と が ん を 見 つ 脂 肪 は 黒 く 写 り ま す が 、 が ん も 白 い す 。 マ ン モ グ ラ フ ィ で は 乳 腺 は 白 く で は な く む し ろ 若 々 し い 乳 房 な の で を デ ン ス ブ レ ス ト と 言 い ま す 。 病 気 で す が 、 検 診 時 に 乳 腺 量 が 多 い 状 態 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.19

[close]

p. 8

な り 、 乳 房 は 二 枚 の 板 で 固 定 し て 撮 と で す 。 肺 や 手 足 の X 線 撮 影 と は ら な る 造 語 で 、 乳 房 の X 線 撮 影 の 房 』) と 『 g r a p h y ( 画 像 』) マン モ グ ラ フ ィ と は『 m a m m o( マ ン モ グ ラ フ ィ と は 影異こか乳 い て お 話 し さ せ て い た だ き ま す 。 た そ の 痛 み を 軽 減 さ せ る コ ツ な ど に つ ま で 乳 房 を は さ ん で 撮 影 す る の か 、 ま ラ フ ィ で す 。 ど う し て 痛 い 思 い を し て 検 査 方 法 は 、 世 界 的 に み て も マ ン モ グ と し て 最 も エ ビ デ ン ス が 得 ら れ て い る ま う 検 査 で す が 、 や は り 乳 が ん 検 診 マ イ ナ ス な イ メ ー ジ が 強 く な って し は な い よ う に 感 じ ま す 。 診 を 遠 ざ け て し ま って い る 方 も 少 な く に 億 劫 だ な … 」 と い う 思 い か ら 、 検 に … 」「 恥 ず か し い な … 「」 忙 し い の し か し ま だ 「、 痛 く な け れ ば い い の か け て お ら れ る 方 も 多 い と 思 い ま す 。 ん 罹 患 に つ い て も 報 道 が な さ れ 、 気 に か 。 近 年 は 、 芸 能 人 や 著 名 人 の 乳 が い て ど の よ う な 印 象 を お 持 ち で し ょ う み な さ ん は マ、 ン モ グ ラ フ ィ 検 診 に つ 乳 房 の 中 身 を は っ き り と み る た め に 度 の 高 い 専 用 の 機 械 を 使 てっ い ま す 。 す る フ ィ ル ム や 機 械 よ り も 、 よ り 解 像 の見い たで対 めは象 、 他 の 部 位 の X 1㎜ 以 下 の も の も 物 が 小 さ く 、 石 線あ灰 撮り化 影まと ですい 使。う 用そ所 乳 房 の 撮 影 で は 、 た だ で さ え も 見 た の 判 断 が む ず か し く な り ま す 。 て な い 画 像 で は 、 病 気 が あ る か な い か こ れ と 同 様 の こ と が い え 、ピ ン ト が あっ なって し ま い ま す 。 マ ン モ グ ラ フ ィ で も 顔 が ぼ や け て し ま い 、 誰 か わ か ら な く 全 員 の シ ル エ ッ ト が わ か っ た と し て も の ピ ン ト が あ てっ い な かっ た と す る と 、 想 像 し て み て く だ さ い 。 も し こ の 写 真 例 え ば ク ラ ス の 集 合 写 真 な ど を ご よ り は っ き り み る た め に つ は 、被 ば く 線 量 を 低 く す る こ と で す 。 を よ り っは き り と 写 す こ と 。 も う ひ と り ま す 。 ひ と つ は 、 乳 房 の 中 身 の 構 造 ら に す る こ と に は 、 ふ た つ の 役 割 が あ か れ る こ と も あ る で し ょ う 。 乳 房 を 平 こ ん な に も 乳 房 が 平 ら に な る の か と 驚 し ま す 実。 際 に 受 診 さ れ た 方 の 中 に は 、 長怖 岡 赤 十 が ら 字な 病 院   い で 放 射 、き 線 科 部 ち ん   診 療 と 知 放 射 線 っ て 技 師  新 ! マ ン   保   綾   乃 モ グ ラ フ ィ で す 。 そ の た め 、 マ ン モ グ ラ フ ィ は 世 せ る こ と が で き る か ま だ 検 証 中 の 段 階 の 検 査 で は 乳 が ん の 死 亡 率 を 低 下 さ 方 が 大 き く 、 被 ば く の な い エコ ー な ど も 乳 が ん を 早 期 発 見 で き る メ リ ッ ト の デ ー タ で は 、 被 ば く の デ メ リ ッ ト よ り あ り ま せ ん 。 現 段 階 で 立 証 さ れ て い る 溢 れ て し ま い ま す が 、 現 実 は そ う で は キ ャ ビ ン ア テ ン ダ ン ト の 方 は 乳 が ん で す 。も し こ の 量 で 影 響 が あ る と す る と 、 す る 時 に あ び る 放 射 線 量 と 同 程 度 で 東わ 京 0・ り ・、 ニュ ー ヨ ー ク 間 を 飛 行 機 で 往 復 12~ 0・ 24m S v で す 。 こ れ は 平 均 的 に 枚一は の 撮 影 あ た り 、 そ の 方 の 乳 房 の 厚 み や 乳 腺 量 に よ り 変 も あ る と 思 い ま す 。 被 ば く の 線 量 は 、 大 丈 夫 な の だ ろ う か 』。 と い う 疑 問 『 マ ン モ グ ラ フ ィ に よ る 被 ば く 線 量 は み な さ ん が 気 に か け る 点 の な か で 、 被 ば く の 線 量 を 少 な く す る た め に い る の で す 。 に 、 押 す 力 は お よ そ 基 準 で 決 め ら れ て み な さ ん の 乳 房 が よ く 見 え る よ う い た 状 態 に し な け れ ば な ら な り ま せ ん 。 薄 く 伸 ば し 広 げ て 、 ぴ た り と 機 械 につ す 。 そ の た め に は 、 乳 房 を で き る だ け の 距 離 が で き る だ け 短 い こ と が 大 切 で こ と 、 そ し て 乳 房 を 写 し だ す 機 械 ま で は 、 乳 腺 の 重 な り が 少 な く 動 き が な い い き ま し ょ う 。 にみ な 1度 さ の 検 診 と 自 己 触 ん で 声 を か け 合 い 診な をが 心ら が、 け て 2年 身 体 に 意 識 を 向 け る こ と を 忘 れ ず に 、 多と い乳思 病 気 で す 。 忙 し い 中 が ん は 働 き 盛 り の い ま す 。 で も 4代0 ご~ 自 分 5代0 のに り ま す 。 ぜ ひ 試 し て み て い た だ き た い こ と で 、 ど な た で も だ い ぶ 柔 ら か く な や 空 い て い る 時 間 で 乳 房 を も み ほ ぐ す い ま す 。 前 日 く ら い か ら お 風 呂 の と き 房 や 硬 い 方 ほ ど 痛 み が 強 く な てっ し ま て い ま す 。 触 っ た だ け で 痛 い よ う な 乳 痛 み は 乳 腺 の 発 達 具 合 に よ る と い わ れ 硬 さ は 人 そ れ ぞ れ 違 い 、 撮 影 の と き の み は 格 段 に 少 な く な り ま す 。 乳 房 の 房 を 柔 ら か く し た 状 態 で 受 け る と 痛 ま た あ ま り 知 ら れ て い ま せ ん が 、 乳 診 を す る こ と で す 。 ど に よ り 乳 腺 が 張 って い な い 時 期 に 受 リ ラ ッ ク ス を し た 状 態 で 、 月 経 周 期 な で 、 ぜ ひ 実 践 し て み て く だ さ い 。 ま ず く す る ポ イ ン ト は い く つ か あ り ま す の う の が 理 想 だ と 思 い ま す 。 痛 み を 弱 だ け 痛 く な く ス ム ー ズ に 受 け た い と い ど う せ 受 け る 検 査 な ら ば 、 で き る で き る だ け 痛 く な く 検 査 を 受 け る た め に なって い ま す 。 界 的 に 見 て も 乳 が ん 検 診 の 第一選 択 と 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 8

[close]

p. 9

りり の発︲がモれそ 重期い親同患題認 位ま 数 転とが進現 結 ン ま の 本 要 発 は 者 じ 者 と め ま が す 40代 は 日 移 、 ん 行 で 2蛋 合 に す 生 題 と 見 有 の 治 も な ら た 乳 。 後 年 本 のその度タ白す対。物にい早り検療罹っれ乳がそ半々人 こし進をイ(るす生学入う期ま診を患てるがんしと上女 と で す 。 そ の 判 定 に は 以 て 全 身 へ の 広 が り 、 つ ま 行 度 と は 、 乳 房 内 の 広 が 加 味 し て 決 定 し ま す 。 プ を 分 類 し 、 そ こ に が ん が ん が 作 り 出 す 蛋 白 ) の 部 位 ) の 存 在 と 、 H E R る 受 容 体 ( エ ス ト ロ ゲ ン 物 学 的 特 性 は 、 女 性 ホ ル 的 特 性 と 進 行 度 で 決 定 さ り ま す 。乳 が ん の 治 療 は 、 こ と で す 。 治 療 で す 。 つ ま り 検 診 が す 。 し か し 肝 心 な の は 早 の 手 段 と 頻 度 に 多 少 の 違 行 い ま す 。 経 過 観 察 や 近 後 は 、 現 行 で は 基 本 的 に い ま す が 、 遺 伝 性 乳 が ん 遺 伝 性 乳 が ん も 、 最 近 話 ん 全 体 の お よ そ 5 % に でて 昇 す 女 6代0 し 。性後て の半い がにま んピす 罹ー。 患ク罹 数を患 の認率 めは 1 性 の 乳 が ん 罹 患 率 と 死 亡 に潜学性で をで すよが点す 用広 に手 転や 下 全在的を、部先あ遠。るんで。治でがM有術C移、超の 身性特維薬分行っ隔 薬剤、し療すりR用でTの手音検 のに性持物切すた転 が転とし療除ると移 ん移進よ法術こしが の 制 御 を 必 要 と す る 場 の 可 能 性 が あ り 、 術 前 行 度 で 悪 性 度 が 高 く 、 う と す る 場 合 や 、 生 物 で 腫 瘍 縮 小 さ せ 、 整 容 を 希 望 さ れ る 患 者 さ ん と が あ り ま す 。 て も 、 術 前 に 化 学 療 法 な く 手 術 可 能 な 乳 が ん 物 療 法 が 第 一 選 択 に な り ま ・ ホ ル モ ン 剤 ・ 分 子 標 的 剤 に 既 に 遠 隔 転 移 の あ る 時 は 、 抗 か し 、 乳 が ん と 診 断 さ れ た 時 の 第 一 選 択 は も ち ろ ん 手 術 で 。 診 断 に 、 前 述 の 検 査 以 上 に 有 I 検 査 は 、 乳 房 内 の が ん の で す 。 切 除 で き な い 遠 隔 転 移 の 精 査 検 査 は 、 肝 臓 ・ 肺 ・ 骨 等 の 、 精 査 に 有 用 で す 。 術 で 切 除 可 能 な 領 域 リ ン パ 節 波 検 査 は 、 乳 が ん の 組 織 生 検 査 が 重 要 で す 。 「 診 断 が ど、 の よ 長 岡 う に 赤 十 字 治 療 病 院   に 展 外 科  島 開 し て   影   尚 い く の  か 弘」 で除はな るえれソ行目節 後る次ンしを房 術存行重 術在 合 、 術 あ 患 最 手 ら か ト わ 的 切 腋えの こ 的 パ た 用 全 2 と 術 わ 視 2 か に 手 で 手 術 後 の り ま 者 さ 後 に 技 で れ る で 、 ー プ れ て に 、 除 を 窩き2 リか次 と が に 乳 節 転 。 局 い た 摘 術 0 1 乳 房 式 は れ て さ れ 0 0 乳 房 よ り 術 は す 。 側乳せん放すリ初法いセ省ン再可房移所再に3再減い、7全、乳 の 残 存 乳 房 に 放 射 線 照 射 房 内 再 発 を 予 防 す る 目 的 ん 。 通 常 は 、 乳 房 部 分 切 に は 、 術 前 の 放 射 線 治 療 射。 線  療 法 で す 。 手 術 可 能 ン パ 節 を 同 定 し 、 検 査 す め に が ん が 転 移 す る と 考 ・ 色 素 法 ・ 蛍 光 法 の い ず ま す 。 こ れ は ラ ジ オ ア イ ン チ ネ ル リ ン パ 節 生 検 が 略 し 、 リ ン パ 浮 腫 予 防 を パ 節 に 関 し て は 、 リ ン パ 建 も 可 能 で す 。 能 で す 。 ま た 、 乳 房 全 摘 切 除 と 同 時 に 再 建 を 受 け の な い 患 者 さ ん で は 、 1 再 発 の 危 険 性 が 低 く 、 リ 建 術 が 保 険 適 応 と な り ま 人 工 物 ( イ ン プ ラ ン ト ) 年 以 降 、 乳 が ん で の 乳 建 術 が 増 加 し て い ま す 。 少 傾 向 に あ り 、 乳 房 全 摘 ま し た が 、 そ の 後 乳 房 温 積 極 的 に 術 前 化 学 療 法 が 年 以 前 は 部 分 切 除 術 が 摘 術 が 選 択 さ れ ま す 。 乳 房 を 温 存 す る 部 分 切 除 房 内 の が ん の 広 が り と 局 さ欠択且 鎖れ性でのンへん他はリを いででつ最骨ばがす再パのにに省ス行 。すき安後上、悪。発節照対は略クい 。る心にへ転い最を再射し、ものま 積たしなの移が近抑発をてリ可低す 極めてり照数んは制を行、ン能い。 的に希ま射がで、す抑っ手パとがた にも望すを少、若るえて術節さんだ 検、どが加なリ年こるい側転れのし 診 を 受 け て く だ 早 期 発 見 は 不 可 お り の 治 療 を 選 、侵 襲 が 少 な く 、 え て い ま す 。 く て も 、 胸 壁 と ン パ 節 転 移 が あ 者 の 生 物 学 的 特 と が 出 来 る か ら こ と で 、 全 身 へ ま す 。 局 所 と リ の 胸 壁 と 鎖 骨 上 移 の 多 い 患 者 さ て い ま す 。 そ の 患 者 さ ん 対 し て 、 高 齢 者 で 再 発 9 Report of Niigata Health Foundation Vol.19

[close]

p. 10

す乳がな思のぜうンセとがとこ房検るんいあグら受う 方がんりいセひにチルか、思と内診可。れりラずけか日 が 減 る こ と を 願 っ て い ま す 。 ん に な っ て も 乳 が ん で 命 を 落 と に な る と 言 わ れ て い る 時 代 で す 。 、 現 在 で は 女 性 の 11人 に 1人 は 乳 ま す 。 乳 が ん 罹 患 率 は 年 々 高 く ル フ チ ェ ッ ク を 行 っ て ほ し い と マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 と 共 に 乳 房 な る と 言 わ れ て い ま す 。で す か ら 、 以 下 で も 気 フ チ ェ ッ ク な り 見 つ け 通 常 は 直 径 わ れ る 方 も づ く こ と が で き る よ を 続 け る こ と で 1セ や す く な る と 言 わ れ 、 2セ ン チ く ら い に な る 多 い か も し れ ま せ ん が あ り ま す 。 触 っ て も わ か ら な い に 潜 ん で い る が ん を 発 見 で き る で は 異 常 な し と 診 断 さ れ て も 、 乳 能 性 が あ り ま す 。 マ ン モ グ ラ フ ィ し か し 、 乳 が ん は 自 分 で 発 見 で き ば 万 全 」 と い う わ け で は あ り ま せ 「、 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 を 受 け て フ ィ で は 写 し 出 せ な い 乳 が ん が 聞 か れ ま す 。 残 念 な が ら 、 マ ン モ て い た の に 」。 と い う 声 が 少 な か が う 中 で 、「 毎 年 、 乳 が ん 検 診 を 常 、 乳 が ん 患 者 さ ん か ら お 話 を 1 乳 房 セ ル             ◆ 血 液 性 ◆ む く み ◆ 乳 頭 陥 ◆ た だ れ ◆ え く ぼ ◆ 皮 膚 の ◆ し こ り 乳 が ん の フ   のや没 ひ症 チ   乳赤や き状 ェ   頭み変 つ ッ  分 形 れ ク  泌     な ど 実マ 践ン 長しモ 岡 赤 十 よ う グ ラ 字乳フ 病 院 房 ィ   セ検 乳 が ん ル フ 診 だ 看 護 認 チ ェ け で 定 看 護 ッ ク は 安 師  頓 ! 心 で  き 所ま   弘   美 せ ん ! 大 機 関 外 医 セ ル きが科療フ な 総 お す ・ 乳 機 関 チ ェ ッ 合す腺をク 病 院 め で 外 科 受 診 で 気 に ですをしな は 、 紹 。 専 門 と ま し ょ る 症 状 が 介 すうあ 状 が る 医 。 っ た 場 必療合 うト要 。やな 電場 話 で 確 認 す る と よ い 合 が あ り ま す 。 イ ン タ でー しネ ょッ 3 5 2 4 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 10

[close]

p. 11

い標く普者康行合にる高 にのと歴れ品健に ま す 。 そ れ で は 、「 目 指 す べ き 姿 」 にり 日  々② 健早 康期 面発 の見 サ・ ポ早 ー期 ト治 を療 行  っを て目 段 か ら の 病 気 に な ら な い か ら だ づ の 健 康 を 守 る こ と 』 を 合 言 葉 に ① 保 険 組 合 も 『 一 番 大 切 な の は 加 入 わ れ て い ま す 。 私 達 、 第 四 銀 行 健 、 協 会 け ん ぽ な ど 様 々 な 取 組 み が 向 け て 国 、 県 、 市 町 村 、 健 保 組 2 0 2 5 年 「、 2 0 2 5 年 問 題 」 齢さ至 者てっ に、て な団い っ塊ま て世す い代。 く が  年 と 7歳5 言以 わ上 れの て後 い期 被す史 保るを 険経 者 ・ 被 扶 養 者 で 構 成 さ れ 13の 事 業 所 、 約 7 0 0 0 て 現 在 は 、 第 四 銀 行 を 母 る名体 て い ま す 。 そ の 後 、 半 世 紀 以 上 の 戸 棚 、 机 等 が 備 え 付 け ら れ た と さ 室 』 が 設 置 さ れ 、 備 品 、 寝 台 、 薬 よ 6月 第 れ四 ば 1日 銀 当、 時 は 、第 四 銀 行 内 に 『 保 に行 設健 立康 「、 第 四 銀 行 百 年 保 険 組 合 は 昭 和 史 」 2年6 検 診 は 、 予 約 日 に 自 身 の 休 暇 を ん 検 診 、」 特 に マ ン モ グ ラ フ ィ に 受 診 率 ア ッ プ に 取 組 み ま し た 。「 婦 人 科 検 診 に 着 目 し 、 乳 が ん 検 と な っ て い ま す 。 そ の 中 で も 近 診 な ど の 専 門 機 関 に よ る 受 診 が ん 検 診 、 腹 部 エ コ ー 健 診 、 婦 人 り 、 肺 ド ッ ク 、 脳 ド ッ ク 、 前 立 ク を 含 め た 検 診 体 制 に も 注 力 し え と な っ て い ま す 。 ま た 、 各 種 ア を 含 め 受 診 者 の 心 と 体 の 大 き 親 身 な 対 応 は 、 診 療 後 の ア フ タ い ま す 。 診 療 ス タ ッ フ 一 人 ひ と に 寄 り 添 っ た 受 診 体 制 を 充 実 さ 診 の 他 に 、 日 々 、 忙 し く 働 く 加 有 し 、 被 保 険 者 の 定 期 健 診 や 特 「 第 四 銀 行 健 康 保 険 組 合 診 療 所 当 健 保 は 組 合 所 有 診 療 機 関 と 【 健 診 体 制 の 充 実 】 合よ乳診年可科腺てドなーりせ入定」し わるがのは能検がおッ支ケのて者健をて 紹に 介向 さけ せた て私 頂達 きの ま取 す組 。、 活 動 の 一 部 を 県 歯 科 保 健 協 会 と 提 携 し 、 最 寄 り の を 受 診 で き る 体 制 と し ま し た 。 新 潟 な ど か ら 希、 望 者 全 員 が 「 歯 科 健 診 」 歯 科 に 係 る 医 療 費 が 高 額 で あ る こ と こ と 、 ま た 、 当 健 保 は 他 健 保 と 比 べ れ に 基 づ く 調 査 結 果 が 示 さ れ て い る と の 密 接 な 関 係 が 注 目 さ れ 、 実 際 そ 始 ま る 病 因 と し て 歯 周 病 と 内 臓 疾 患 近 年 、 口 腔 ケ ア の 重 要 性 、 口 か ら 【 歯 科 健 診 】 第四銀行健康保険組合事務所 診に大幅れなさでまいせ でつきににくせ、しにる きいな上よ受る検たもこ るて一昇り診こ診。関と よは歩し受でと車そわが う 現 在 検 討 中 で す 。 、 エ コ ー 検 査 も 同 様 と な り ま し た 。 ま た 「、 働 く 女 性 診 率 は 過 去 き る 体 制 と 」のし を約ま 応し 援 2倍 た で 女 性 の 被 保 険 者 が を 各 地 域 ( 支 店 ) に ん な 現 場 の 意 見 を 聞 ら ず 受 診 率 が 低 迷 し 難 し く 、 受 診 ニ ー ズ に今すと。無巡くてが 受後る大こ理回中い高 奨 し て 行 き た い と 思 っ て い な 体 づ く り を こ れ か ら も 積 と の 大 切 さ 、 ス ポ ー ツ を 通 で す が 、 気 分 を 変 え て 体 を 日 は つ い つ い 自 宅 で ゴ ロ ゴ 施 設 を ご 利 用 い た だ い て い 扶 養 者 の 方 々 か ら こ れ ら の 間設 延な新 べど潟 7 0 0 0 人 の 被 保 約 3の0 体 育 施 設 と 提 市 や 長 岡 市 の 体 育 館 【 ス ポ ー ツ 施 設 の 利 用 】 ま極じ動ロまス険携、 す的たかしすポ者し民 。に健すが。ーと、間 推康こち休ツ被年施 『     一番  大         切 な の  は       加 入 第者 四の 銀 行 健 健 康 康を 保守 険 組 山合 る こ と 田』 祐 子 化 し て い き た い と 思 っ て い ま す 。 「 歯 の 健 康 」 に つ い て の 取 組 み を 強 ん が 、今 後 も こ の 活 動 を 続 け る 中 で 、 だ 被 保 険 者 に は 広 く 浸 透 し て い ま せ 導 が 受 け ら れ る 仕 組 み で す 。 ま だ ま を 持 参 す れ ば 、 無 料 で 歯 科 健 診 と 指 歯 科 医 院 に 当 健 保 が 発 行 し た 受 診 券 11 Report of Niigata Health Foundation Vol.19

[close]

p. 12

平 成 2年9 1月1 第34回がん征圧新潟県大会開催状況 3日0 発 行 10月25日(水)に、新発田市民文化会館大ホールで、「第34回がん征圧新潟県大会」を昨年に引き続き   「東北次世代がんプロ養成プラン」の市民公開講座を兼ねて開催し、新発田市民をはじめ、県内各地よ 編 集 り約550名の方からご参加をいただきました。 発 行 式典では開会挨拶、来賓祝辞に続き、保健衛生の向上、地域医   公 療に長年の貢献をされた方々に「保健文化賞受賞記念特別表彰」 益 及び「公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長表彰」の授与を 財 団 行いました。 法 人 式典に続いて、婦人科がんの患者会「よつばの会」代表で女優・ 新 潟 タレントの原千晶さんから「大切にしたい自分の体-2度の子宮が 県 健 康 んを経験して-」と題して講演をいただきました。検診を受診する ことで早期発見すること、がんに罹患したとしても、その事実から 保健文化賞受賞記念特別表彰を受賞された 佐々木 繁 様(右) づ く 逃げずに検査、治療を続けることが重要であるということをお話し り 財 いただきました。 団 また、特別講演では、国立がん研究センターがん対策情報セン ( 県 ター長の若尾文彦先生から「知れば安心 がん情報」というテー 医 師 マで講演をいただきました。 会 館 がんが怖いのは、正しい情報を持っていないこと、それを得る方 内 法がわからないことであり、がん情報サービスのホームページを活  ) 新 潟 用することや、地域がん診療連携拠点病院にあるがん相談支援セ ンターを活用すること、主治医の先生とよく相談することなどで信 講演「よつばの会」代表・女優・タレント 原 千晶 さん 市 中 頼できる情報が取得できるとのお話しをいただきました。 央 区 最後に新発田中央高等学校の吹奏楽部によるマーチングで、楽 医 しい演奏を披露いただきました。 学 町 なお、表彰を受賞された方々は次のとおりです。 通 二 番 町 (敬称略) 十 ◎保健文化賞受賞記念特別表彰 三 番  佐々木 繁(医師) 地   ◎公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長表彰 特別講演 国立がん研究センター がん対策情報センター長 若尾 文彦 先生 電 話  霜鳥 克彦(医師) 羽田 忠紘(医師)     熊倉 眞(医師) 0 2  服部 伸(医師)  藤ノ木恵美子(管理栄養士)  原 美枝子(保健師) 5  加藤 梢(保健師) 田村 直(管理栄養士)   吉田 増美(保健師) ー 2 2 4 ー 6 1  表紙写真説明 6 1 南フランスのアルルは古代ローマ時代から中世にかけて歴史の息吹が強く感じられる町 です。ローマ時代には首府が置かれ、今なお闘牛が行われる円形闘技場や劇場、プロヴァ ンスに現存する最大の浴場や、さらに郊外には大規模な墓地など数多くのローマ遺跡が点 在しています。 また、現在、東京都美術館で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」が開催されていますが、 未だ世界中の人々を魅了している画家のファン・ゴッホが晩年過ごした町でもあります。 この写真はゴッホの「アルルの跳ね橋」でモデルとなった橋です。パリからアルルに移 り住み、すぐに発表された作品で、跳ね橋はゴッホの生まれ故郷であるオランダでもよく ある農村風景なのだそうです。残念ながら当時の橋は第二次世界大戦の際に焼失してしまったそうですが、1960 年に復元さ れ現在も多くの人々が訪れる観光スポットとなっています。ゴッホはこの地で代表作とも言われる「ひまわり」を始め、数多 くの作品を生み出しています。 (撮影者:新潟県健康づくり財団理事長 渡部 透) 表紙題字 書家 大矢大拙 氏 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成29年11月 12

[close]

Comments

no comments yet