京美仏像カタログ2017

 

Embed or link this publication

Description

株式会社京美仏像のカタログです。各宗派仏像、仏具、特注製作、修復等

Popular Pages


p. 1

不 動 明 王 巻 火 焔 光 背 刷版No.17

[close]

p. 2

tathagata ●釈迦伝記  仏教の開祖は釈迦。紀元前 463 年 4 月 8 日、摩耶夫人の右脇 から生まれすぐに7歩あゆみ右手で天を左手で地を指し「天上 如 天下唯我独尊」と言ったと伝えられる。姓はゴータマ・名はシッ ダールタ。その後皇子として宮廷生活し、19 歳の時ヤソタラ妃 来 と結婚、ラフラ皇子をもうけ幸福な生活を送る。一子の親とな の るも 29 歳で、生老病死「四苦」・愛別離苦・怨憎離苦・五陰盛 部 苦の「八苦」に苦悩し出家。6年間の厳しい苦行の後出山。ブッ ダガヤの菩提樹の下 35 歳で悟り、自ら仏(仏陀・如来)となる。 以後 45 年間インド各地を巡歴説法教化し、最後の年(紀元前 383 年 2 月 15 日)クシナガラの沙羅双樹のもとで遺言「自燈明・ 法燈明」を説き禅定入滅、80 歳であった。入滅の日は我が国で は 2 月 15 日とし。『涅槃会』としている。 釈迦涅槃 摩耶夫人 文殊・普賢 釈迦誕生仏 釈迦苦行像 釈迦出山像

[close]

p. 3

釈 迦 如 来 釈迦族の王である浄飯王と摩耶夫人の長子。 実在上の人物で、その生涯物語である仏伝の一場面における釈迦を象徴した像が釈迦如来像である。 如 来 の 部 tathagata 瑩山禅師・道元禅師 達磨大師・大権大師

[close]

p. 4

大日如来 密教の教典である「大日経」「金剛頂教」の経主である。 それらを図示した両界曼荼羅、すなわち胎蔵界(理的宇宙)・金剛界(智的宇宙)の中心に位置する主尊。 永遠の宇宙的存在であり密教独自の絶対的尊格。 tathagata 如 来 の 部 胎蔵界大日如来 胎蔵界大日如来 阿 如来 宝生如来

[close]

p. 5

薬 師 如 来 西方極楽浄土の阿弥陀如来に対し東方浄瑠璃世界の教主。 阿弥陀如来が人々を死後に極楽へ往生させるのに対し、薬師如来は病める人々を現世で救済する。 如 来 の 部 tathagata 日光・月光 薬師十二神将

[close]

p. 6

tathagata 阿弥陀如来 平安時代に末法思想が広まり、法然・親鸞等の浄土教発展以来、最も一般的に信仰される仏です。 寿命が無限であることから無量寿如来とも呼ばれています。 如 来 の 部 観音・勢至

[close]

p. 7

浄土宗 阿弥陀如来 善導・法然 阿弥陀如来 善導・法然 如 来 の 部 tathagata 真宗西型 真宗東型 阿弥陀如来 親鸞・蓮如 真宗高田派

[close]

p. 8

聖観音 多くの観音の基本で、観音といえばこの聖(正)観音をいう。 宝冠に阿弥陀如来の化仏をつけ、手に未開敷蓮華を持つ。よく観察し、全てに達し、自在な動きで衆生を救う。 tathagata 菩 薩 の 部 京美仏像

[close]

p. 9

tathagata 十一面観音 人々の苦しみを救う力を秘めた 11 面の顔を頭頂部に持つ。 前 3 面は菩薩面・左 3 面は瞋怒面・右 3 面は狗牙上出面・後面は大笑面とす。 左手に水瓶を持ち、右手は施無畏印の 2 臂が多く、密教では 4 臂・8 臂の像も説かれている。 菩 薩 の 部 め修れ雨 ら験る宝 れのだ童 て世け子 い界では るでは天 。はく照 天 照 大 神 は 、雨 、十 一 面 観 音 の 大 神 の 本 地 仏 宝眷で 童属大 子で日 とも如 しあ来 てるの 姿。化 を身 変と えも 崇さ 雨 宝 童 子 京美仏像

[close]

p. 10

tathagata 千 手 観 音 頭頂に十一面の顔を、各手に各一眼をもつ。 千手は無限の意。十一面の顔であらゆる方角から見、持物が代表するように全ての手段で衆生を救う 菩 薩 の 部 京美仏像

[close]

p. 11

文殊・普賢 普賢菩薩/大乗仏教の菩薩の中でもとくに仏の理性を示す菩薩で、諸菩薩の上位とされる。文殊菩薩とともに釈迦如来 の脇侍としても表される。慈悲をつかさどり、堅固な菩提心をもち、女人往生をも説いて広く信仰されている。 文殊菩薩/諸仏の知恵を象徴する菩薩として学問成就や受験成就を願うことでも知られている 菩 薩 の 部 tathagata 京美仏像

[close]

p. 12

tathagata 菩 薩 の 僧形文殊菩薩 部 僧形文殊菩薩 二十臂延命普賢菩薩 勢至菩薩 虚空蔵菩薩 京美仏像 対生 8 坐 失 敗 せ ず に す べ て の 衆 生 を 救 う 。 を も れ な く 済 度 し 、 空 し く し な い 。 即 ち 、 絶 臂 ︶ が あ り 、 絹 の 綱 ︵ 羂 索 ︶ を 持 つ 。 一 切 の 衆 ・ 立 像 と も 第 三 の 眼 ︵ 3 目 ︶ と 多 く の 手 ︵ 6 臂 ・ 菩智薩虚 薩恵で空 とやあ蔵 し知る菩 て識。薩 信、 と 仰記 は さ憶 広 れと 大 るい 無 っ辺 たの 面智 で恵 のと 利慈 益悲 をを も持 たっ らた す菩

[close]

p. 13

tathagata 五 大 力 菩 薩 ( 左から 無 畏 十 力 吼 ・ 竜 王 吼 ・ 金 剛 吼 ・ 無 量 力 吼 ・ 雷 電 吼 ) 金剛吼 無畏十力吼・竜王吼・無量力吼・雷電吼 菩 薩 の 部 五 菩 薩( 左から金 剛 波 羅 蜜 金 剛 宝 ・ 金 剛 法 金 剛 行 金 剛 薩 ) 水子供養 水子地蔵 水子観音 京美仏像

[close]

p. 14

地蔵菩薩 インドの大地神が仏教に取り入れられ、大地の恵み・徳を漢訳して地蔵という。 菩薩で唯一比丘型。  持物は如意宝珠(衆生の願う財宝を与え、あらゆる苦から救う意)と錫杖(六道を遊行し、教化する意)。  教典に閻魔大王に変化するとあることから、冥界と娑婆の橋渡しをし、近年も盛んに信仰される。 tathagata 菩 薩 の 部 京美仏像

[close]

p. 15

如意輪観音 2・4・6・10・12 臂の像があり、密教の変化観音の一つ。 如意とは意の如く財宝と福徳をもたらす如意宝珠のことで、富貴・勢力・資財・威徳を成就させる。 宝輪は、知恵の力で教え導き、あらゆる願いをかなえる。 菩 薩 の 部 tathagata 京美仏像

[close]

Comments

no comments yet