shiyu-6

 

Embed or link this publication

Description

紫友再刊第6号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

同志社校友会北海道支部総会の開催を祝して 同志社大学  学長 松岡 敬 1 1 に 学 す 現 と る ま 友 そ 渡  同 良 自 で と 活 初 教 に 1 き 民 り  い あ し  申 に  02対はと在呼重すにれっこ志心治すしで期育同4人、品本たりま校し開同 0 万 人 を 切 る 見 込 み で す 。 各 大 0し7 万27 人07 で1校 す7あ が年り 、現ま 2在す 0の。 3 1 1歳8 そ の 年人大 に口学 はは数 、 国 立 、 公 立 、 私 立 を あ わ せ て 大 の 私 立 大 学 を 取 り 巻 く 環 境 を 見 ま べ る と こ ろ で は な い で し ょ う か 。 要 な 指 標 で あ り 、 私 立 大 学 の 特 長 。 こ れ は 社 会 が 私 立 大 学 を 評 価 す 浸 透 し て い る の か 、 で あ る と 言 え が ど れ だ け 学 生 、 教 職 員 そ し て 校 て お り 、 建 学 の 精 神 を 守 る と は 、 の 新 島 の 教 育 理 念 は 学 内 に 行 き 社 教 育 の 目 的 で す 。 を 手 腕 に 運 用 す る 人 物 の 輩 出 が 、 自 立 の 人 物 、 そ し て 自 由 を 尊 び 、 。 キ リ ス ト 教 主 義 精 神 に 立 脚 し た て の 感 覚 を 通 し て 形 成 さ れ た も の 自に理 らか念 体けは 得て、 し、新 た約島 自が 由 10年 江 の間戸 精の末 神ア期 、メか 国リら 際カ明 人生治 志2々 社 英 学 校 を 設 立 し ま し た 。 年 前 の 1 8 7 5 (年 明 治 」 の 育 成 を 目 指 し て 、 今 こ の 8年 ) か ら い わ ゆ る 一 国 の 良 心 と も 謂 う 可 行 あ り 、 自 ら 立 ち 自 ら 治 る の 人 学 の 創 立 者 新 島 襄 は 、「 智 識 あ し ま し て 厚 く お 礼 申 し あ げ ま す 。 が と う ご ざ い ま す 。 教 職 員 を 代 表 し て ご 厚 情 、 ご 支 援 を 賜 わ り 誠 に 友 の 皆 様 に は 平 素 よ り 、 本 学 に 対 あ げ ま す 。 催 さ れ ま す こ と を 、 心 か ら お 慶 び 志 社 校 友 会 北 海 道 支 部 総 会 が 盛 大 か 地 し た 関 推 な 育 迎 な ら 成 が 質  ロ を ろ ア し 少 る 優 在  激 み え の を で し 学 し っ か り 計 画 を 立 て 、 そ れ に 対 応 し た 域 か ら 重 点 的 に 留 学 生 を 獲 得 す る の ょ う 。 ま た 国 際 戦 略 面 か ら は 、 ど の キ ャ ン パ ス 作 り を 考 え る 必 要 が あ る で し て は 、 様 々 な 人 種 や 宗 教 に 対 応 し 進 が 不 可 欠 で し ょ う し 、 学 生 支 援 に ど に お い て 、 よ り 一 層 の グ ロ ー バ ル 化 面 に つ い て 、 カ リ キ ュ ラ ム や 授 業 方 法 え る た め に は 何 が 必 要 で し ょ う か 。 教 け れ ば な り ま せ ん 。 優 秀 な 留 学 生 を に 増 加 さ せ る と い う こ と に も 挑 戦 し に お い て 、 優 秀 な 留 学 生 の 割 合 を さ 求 め ら れ ま す 。 つ ま り 学 生 の 人 数 構 を 保 ち な が ら 量 的 拡 2つ 目 に 、海 外 か ら の グ ラ ム の 開 発 が 求 め ら 大留れ を学る 目 指 す 戦 略 生 に つ い て 、 で し ょ う 。 結 集 し た 、 他 大 学 に は で き な い 教 育 プ ん 、 校 友 も 含 め た 本 学 の 様 々 な 知 見 ピ ー ル し て い く た め に 、 教 職 員 は も ち い 課 題 と な り ま す 。 同 志 社 の 魅 力 を す こ 秀 2つ の るとなの質 傾 向 の 中 で 、 今 後 は で す 。 こ れ は 国 内 の 日 本 人 学 生 を 継 続 し ま 18歳 て 視 点 が 必 要 で す 。 ま ず を 担 保 し な が ら 運 営 を す ま す 難 人 口 が 減 入 学 さ せ 1つ 目 は 、 行 う に は こ の よ う に 考 え ま す と 、 本 学 が 、 現 化 も 予 想 さ れ ま す 。 な ら ず 海 外 の 大 学 と の 競 争 的 環 境 の つ つ あ り ま す 。 今 後 は 、 日 本 国 内 の 大 学 へ の 進 学 を 希 望 す る 受 験 生 も 増 受 け た 高 等 学 校 の 増 加 に 伴 い 、 海 外 し ょ う 。 ま た 国 際 バ カ ロ レ ア の 認 定 い 競 争 的 環 境 に 置 か れ る こ と に な る は 、 優 秀 な 受 験 生 を 取 り 合 う 一 層 厳 と さ せ て い た だ き ま す 。 を 心 よ り 祈 念 い た し ま し て 、 私 の 挨 拶 に 、 今 後 ま す ま す ご 活 躍 さ れ ま す こ と の 親 睦 を よ り 一 層 深 め ら れ ま す と と も ご  列最 席後 のに 皆な 様り がま 、し こた のが 場、 を本 通日 じの て総 相会 互に 注 目 と お 力 添 え を い た だ き た く 存 じ ま す 。 ぜ ひ 皆 様 に は 本 学 の 活 動 に 、 引 き 続 き ご 躍 動 す る 同 志 社 大 学 を 体 現 い た し ま す 。 D O S H I S H A 」 の 精 神 で よ り 一 層 、 生  、2 そ0 し2 て5 校年 友に が 一 体 向 け とて な教 り 「 A L 職 員 、 L学 ン を 持 っ て 取 り 組 ん で い く 所 存 で す 。 テ ー マ に 対 し 、 様 々 な ア ク シ ョ ン プ ラ を 大 き な 方 針 と し 、 ま た ぞ れ ぞ れ の ラ ン ド 戦 略 ( ブ ラ ン ド 戦 略 の 展 開 、) ル 化 (「 国 際 主 義 」 の 更 な る 深 化 )、 ブ 「( 志 」 あ る 人 物 の 受 入 れ )、 グ ロ ー バ 造 と 共 同 に よ る 研 究 力 の 向 上 、) 入 学 ン パ ス ラ イ フ の 質 的 向 上 )、 研 究 ( 創 ( 学 び の か た ち の 新 展 開 、) 学 生 ( キ ャ をな が -- ビ課躍「 ジ題動同 ョをす ン解る の決同 中す志 でる社 掲大 げ 6つ 学 ての い ま す 。 教 優 先 的 テ ー で」 あ り 様、 志 社 大 学 ビ ジ ョ ン 2 0 2 5 育 マ 々  迎 え る の か 。 そ の 方 向 性 を 示 し た も の 周 年 で あ る 2 0 2 5 年 を ど の よ う に に 本 学 の 特 長 を 活 か し 、 創 立 1 5 0 同  志で 社は らこ しの いよ 教う 育な を 守 り な が ら 、 さ ら 社 会 的 背 景 を 鑑 み 、 変 え て い か な け れ ば な り ま せ ん 。 に は 、 入 学 試 験 も そ れ に 対 応 し た 形 に が あ り ま す 。 も ち ろ ん 志 願 者 受 け 入 れ 海 外 拠 点 の 再 構 築 な ど も 検 討 す る 必 要 1

[close]

p. 3

座 談 会 ●出席者 は せ が わ まさはる    長谷川正治 (同志社校友会 理事・副会長) きのした と し お    木下 智夫 (同志社校友会 理事・熊本県支部相談役) やまかわ ひろゆき    山川 寛之 (同志社校友会 理事・北海道支部直前支部長) ●司 会 く さ の よりふみ    草野 賀文 (同志社校友会 評議員・北海道支部長) (2017 年 2 月 14 日 新島会館にて) ん な 」 と 。 工 学 部 同 期 が 、 サ ッ カ ー 部 四 年 で 卒 業 す る ん だ っ た ら 「 入 っ て く や っ た ら 五 年 契 約 、 六 年 契 約 に な る 。 長 谷 川 ● そ う 、 そ う い う 世 界 。 工 学 部 山 川 ● そ う い う 世 界 で す よ ね 。 え て ん ね ん 」 て … 下 さ い 」 な ん て 言 っ た ら 「、 お 前 何 考 か ん な ら ん か ら 言 う て 「 練 習 休 ま せ て 勉 強 は 全 く し な か っ た 。 学 校 の 授 業 行 た 。 体 育 会 の サ ッ カ ー 部 を 選 ん だ ら 、 ポ ー ツ の 両 立 や け ど 、 当 時 は 択 一 や っ 長 谷 川 ● サ ッ カ ー で す 。 今 は 学 業 と ス 動 と か は ? 草 野 ● 長 谷 川 さ ん は 在 学 中 サ ー ク ル 活 山 川 ● 彼 も 、 彼 も 、 と い う 感 じ で す ね 。 卒 ? 四 十 五 人 の 内 、 一 割 が 昭 和 四 十 四 年 木 下 ● そ う そ う 、 そ う だ よ 。 理 事 山 川 ● 不 純 交 遊 は な い で す か ら 。( 笑 ) 木 下 ● そ う そ う そ う 。 長 谷 川 ● 全 然 。 顔 も 、 ね … 生 時 代 は 交 友 関 係 は な か っ た ? 草 野 ● た ま た ま で す か 。 そ う す る と 学 木 下 ● た ま た ま ね ー す が ? 皆 さ ん 昭 和 四 十 四 年 卒 業 と い う こ と で し た 。 今 回 こ の よ う な 席 を 準 備 さ せ て 頂 き ま 動 を 中 心 に 紙 面 作 り を し た い と 思 い 、 会 活 動 が 活 発 化 し て い ま す 。 校 友 会 活 の 方 に お 集 ま り 頂 き ま し た 。 近 年 校 友 『 紫 友 』 の 紙 面 作 り の 為 に 、 今 回 理 事 ご ざ い ま す 。 草 野 ● 本 日 は お 忙 し い 中 、 あ り が と う 2 紫友 再刊第 6 号

[close]

p. 4

たのは飯訪長な長木ねは山と木やしそユの年入 らゼ何食ねのい谷下。ず川公下っにのニ社でっ かミとった伊?川● な●認●ぱ行彼オ長出て な わ ん と 。 は 絶 対 取 ん な 」 と 。 そ か し た る か ら 、 間 違 う て 練 習 行 け よ 」 と 。「 。「 長 谷 川 く ん 決 め た 藤 史 朗 先 生 ( 計 量 経 済 登 録 袋 を 持 っ て 、 サ ッ ● 一 番 最 初 に 明 徳 館 に い や 、 俺 し て な い も ん んて一か学カ行。 なも般?のーっ 人わ教早)部た 来し養うを部や の大会てりっのンをて五 に そ ん な 資 格 取 っ て な い よ し た も ん だ ね 。 俺 ら 勉 強 し た 計 士 に な っ た ! 言 い な が ら 、 自 分 か て ち ゃ ん 力 が あ っ た 。 た け ど 。 そ れ を 飛 び 越 え て … 足 を 引 っ 張 り に 試 験 前 に 麻 雀 は 彼 が 副 会 長 や っ て い ま す 。 し て 今 会 長 や っ て る 。 東 海 の 、 名 古 屋 の 東 証 一 部 上 場 企 業 年 は か か る や ろ 言 う た け ど 四 川も長また草長草い大り長山タO長草木くんカ生当長山長木 ホう谷す。野谷野貰や内谷川ンB谷野下ら。ーにの谷川谷下 ジち川よ長●川●えか部川●ス会川●●いそ部な先川●川● ッょ●ね谷サ●確るら進●そで長●そサしん全っ生●俺●先 チ と 言 わ れ て い ま し た 。 こ の っ と 伸 び て た 頃 、 い つ も 長 谷 ず っ と 言 わ れ て い ま す 。 毛 が 。 川 さ ん ハ リ ル ホ ジ ッ チ に 似 て ッ カ ー の 話 で 思 い 出 し ま し そ こ が 一 番 違 う と こ ろ か な 。 か に そ う で す よ ね 。 わ け 。 仲 間 か ら 。 、 大 学 の 試 験 も 情 報 は い っ ぱ 学 や か ら 同。 志 社 中 学 か ら 高 、 何 で ? っ て 言 う た ら 、 や っ ぱ れ だ と 会 う わ け な い よ な ! … や け ど 、 も と も と そ う い う ス ユ ニ オ ン で 、 今 サ ッ カ ー 部 う で す か ! ッ カ ー 部 、 ユ ニ オ ン な の よ 。 か 行 っ て な い 。 な ん で 、 今 出 川 は 四 年 で 十 日 員 が ち ゃ ん と そ こ へ 行 っ て て た 。 集 め ら れ た の ね 。 サ ッ 書 い て あ る ん だ け ど 、 違 う 先 ほ ん で 見 た ら 、 登 録 袋 っ て 担 に 迷 惑 掛 け る な と ? 最 初 に 宣 告 さ れ た ! 生 の 方 か ら ? 木山 下川 ●● 一ノ 人ン だポ けリ 明で 徳な 館い のん あだ のね 広。 い 2番1 長 谷 川 ● あ そ こ ん 中 に 居 た の ? ( 笑 ) モ で ヘ ル メ ッ ト 買 わ ず に 済 む よ う に ら紐御 、が出 出喉来 来先る るをけ だ絞ど けめ突 歩つき 道け上 側苦げ にしら いいれ るんる 。だと 次、 回 !!だ 止 デかめ た り 。 上 か ら 叩 か れ る の は そ こ そ こ 防 で 突 き 上 げ ら れ 、 ヘ ル メ ッ ト を 破 ら れ 度 に 五 百 円 位 い る ん だ よ 。 下 か ら 警 棒 そ れ と そ の 警 棒 ね 。 本 当 に デ モ に 行 く か は 学 ん だ よ 。 機 動 隊 に 蹴 ら れ な い 、 ら れ な い か 、 い か に 突 き 上 げ ら れ な い 木 下 ● サ ッ カ ー で な い け ど 、 い か に 蹴 く っ て 、 こ れ が 同 志 社 教 育 の 全 て 。 長 谷 川 ● 学 校 の 授 業 で ど う こ う で な 木 下 ● あ ー そ う か も し れ な い ね 。 し た と い う 人 が 圧 倒 的 に 多 い で す ね 。 強 や な く っ て 、 自 分 で や り た い こ と を で き る 時 間 が あ っ た 。 だ か ら 学 校 の 勉 が あ っ て 、 自 由 に 自 分 の 好 き な こ と が る 。 そ し た ら ね 、 同 志 社 は 色 々 な 変 化 話 く る や な い で す か 。 皆 そ ん な 話 を す や 卒。 業 し て そ こ そ こ の 立 場 に い る 人 、 し 、 資 生 堂 ( 社 長 ) の 魚 谷 さ ん も そ う も ヤ フ ー ( 社 長 ) の 宮 坂 さ ん も そ う や 長 谷 川 ● そ れ が ね 、 体 育 会 じ ゃ な く て 体 育 会 は そ の 様 で す ね 。 こ と が な い 」 っ て 言 う 先 輩 が い た と 。 た 「。 瀬 田 の 唐 橋 か ら 京 都 に 近 づ い た 草 野 ● う ち の 事 務 局 長 も ボ ー ト 部 で し ど ね 。 ネ ク タ イ も そ う で す 。 も ら っ た ん や け 長 谷 川 ● 木 下 さ ん は 学 生 時 代 し っ か り の 崩 壊 、べ 平 連 の 勃 興 … 等 色 々 あ っ た 。 の 部 屋 確 保 の 為 の 活 動 や ス カ ル ノ 政 権 な 家 庭 の 子 が … と い う 人 も い た 。 学 館 木 下 ● と こ ろ が ね 、 な ん で こ ん な 裕 福 す る と い う 話 を 聞 い た 。 る 、 と い う 学 生 を 一 本 釣 。 で 活 動 家 に 方 か ら 出 て 来 て お 金 が な く て 時 間 が あ 長 谷 川 ● 往 時 、 学 生 運 動 や る の は 、 地 に つ い て い け な い 。 政 治 活 動 に は 一 切 関 わ ら な か っ た 。 話 山 川 ● そ う だ よ ず。 っ と 真 面 目 だ っ た 。 す ね 。 草 野 ● 山 川 さ ん は 真 面 目 だ っ た よ う で ( 後 は 紙 面 に は 書 け ま せ ん … 武 田 ) 級 生 が 岡 本 。 そ の 弟 が テ ル ア ビ ブ … 。 木 下 ● 大 学 の 同 級 生 が 若 林 、 高 校 の 同 た 。 同 期 の 若 林 ら が よ ど 号 事 件 を 起 こ し た 「。 お 前 ら 交 渉 に 行 け 」 と 。 僕 ら の ら 、 僕 ら は バ リ ケ ー ド 破 り に 行 か さ れ 長よ思 谷 川 !! う 。 ●当 学時 校は が「 閉カ 鎖ッ さコ れエ たー も」 ん思 だっ かた 藤 本 敏 夫 ( 加 藤 登 紀 子 の 夫 ) だ っ た と け よ 。 多 分 、 全 共 闘 の リ ー ダ ー だ っ た 教 室 の 段 上 に 背 広 着 て い る 者 が い る わ 3

[close]

p. 5

木草き長すよに真山い知同長 下野は谷よ。その川るら志谷 ●●何川。まん良●、ず社川 三三も● ずな心現そに大● 十十わ僕 持意碑実ん色学良 年年かは っ識く的なんに心 じはら十 て持らにもな育教 ゃかな年 なっいはの判て育 なかく同 いりて志 よま…社 。す。だ 僕よ け はね ど 五。 居 十る 年と い 。 大 学 出 て か ら で て た か ? っ て 話 で す の も ん で ね 。 在 学 中 入 学 式 と 卒 業 式 の 写 じ ゃ な い だ ろ ー か 。 断 行 動 の 元 に な っ て ら れ る う ち に 知 ら ず っ て 表 現 が 難 し い 。 は社め草に木と ど大ま野で下活 う学す●す●動 いの。時よ自し う良皆間。分て お心さが たた 考教ん無 ちん え育にく のだ をとおな 留ね おい聞り り。 持うきま 場 ちもしす を でのまの 確 すにすで 保 か対。前 す ?し同に る て志進 為 らのと木はなるや山りこ形てのうなる桜長さ木だ山同木ん山だ長かか正もか っ た ん じ ゃ な い ? ( 笑 ) 高 等 商 業 ね 。 そ れ で ゲ タ 履 か せ て も 親 が 卒 業 生 だ っ た か ら 。 そ れ も 戦 前 下 ● 何 故 同 志 社 に 来 た か ? っ て い う な い か な 。 い と い う の が 形 成 さ れ て い っ た の で っ て い う の が あ っ た か ら 、 結 構 ぶ れ れ と 。 自 分 の 学 生 生 活 は 自 分 で 造 川 ● 校 風 と し て は 自 由 闊 逹 、 好 き に 、キ リ ス ト 教 主 義 が そ の 礎 に な っ た 。 二 、三 年 の 話 。 大 谷 総 長 が 音 頭 を と で 「 良 心 教 育 と は 」 と な っ た の は こ く る 、 と い っ た 感 じ 。 き ち っ と し た 一 般 生 活 の 中 に 「 良 心 」 が ひ っ つ い 新 島 の 一 念 が 突 き 抜 け て い た 。 普 段 ら 新 島 は 西 で 「 民 」 を 育 て る 、 と い こ と が 出 来 た 。 東 で 「 官 」 を 育 て る 」 で 皆 が 喚 起 さ れ 、 色 々 な 情 報 を 知 谷 川 ● N H K 大 河 ド ラ マ 「 八 重 の せ ら れ た 。( 笑 ) 下 ● 今 回 草 野 さ ん の お 陰 で 大 変 勉 強 。 川 ● ブ ラ ン ド と し て は 大 し た も の 志 社 に た ど り 着 く 。 下 ● だ け ど 「 良 心 教 育 」 で グ グ る と だ よ ね 。 川 ● も の す ご く 大 き な カ テ ゴ リ ー な け じ ゃ な い 。 ハ ー ト の 問 題 。 谷 川 ● あ る 意 味 良 心 教 育 っ て 同 志 社 っ た 。( 笑 ) ら 命 題 を 受 け 、 勉 強 し た 。 五 十 年 か に 同 志 社 と 同 じ 。 今 回 ね 北 海 道 支 部 知 徳 体 、 士 君 子 教 育 っ て の が あ る 。 か っ た 。 実 は う ち の 高 校( 熊 本 高 校 ) 志るもい学や長といス学ベし草かもそど山木草 社過の。にり谷思くを生ーゃ野っのの、川下野 に程に校なだ川いか確をトい●ただま早●●● 魅でし友れし●ま?立どをま長。かまめ僕そ木 力 を 感 じ る の は 在 学 ど う 貢 献 で き る か ? た い 。 学 生 が 将 来 社 会 も 入 っ て 良 か っ た る よ う 、 学 校 は 頑 張 た 。 学 ん で 良 か っ た 校 友 会 活 動 は 井 上 会 す 。 に つ い て の 方 向 性 を し 学 校 の 知 名 度 を ど う 集 め る か ? 同 志 社 ど う 上 げ る か ? ひ い す の で 、 校 友 会 活 谷 川 校 友 会 副 会 長 ら 。 浪 人 す る 気 ま 入 学 へ と … 地 方 試 験 に 同 志 社 受 か っ た も は 国 立 大 と 併 願 し う で す 。 下 さ ん は 同 志 社 第 一 中学会とっと長 伺うプて動が っがんた 志 よ生人思て思の い上レはのい たあだん 望 りがにえ欲う下 たげゼ良モら くっかだ ? も同なるし大で いてンいチっ なたらけ 辺定活山ペ木る四連てる貢経盤い作ど番をどが長草そ学会くくトまいをま卒 活の動川ー下。十合いか献費の。りこ。どう一谷野う校は。のやしか育で業 動あを●ジ● 七三く。、の強そをに国れ作番川●いが学こに」た、て作し まり本と作そ で … 。 そ れ が ベ ー ス 方 、 作 り 方 、 中 身 、 当 に 熱 心 に 調 べ て く に か く 事 前 に 各 大 学 り 。 の 第 一 段 が 全 支 部 にそれの の なした校 ホ って。友 ー て底規会 ム 都 道 府 県 の 自 主 性 に 負 っ て い 田 会 か ら 上 意 下 達 だ が 同 志 社 は 。 三 田 会 ( 慶 応 O B 会 ) と か は こ れ が 将 来 の 生 徒 募 集 に 繋 が っ 地 域 で 同 志 社 を ど う ア ピ ー ル す 応 援 、 支 部 会 員 の 活 性 化 、 地 域 化 。 四 つ の 支 援 制 度 を 考 え た 。 れ で や り だ し た の が 各 支 部 の 基 し 、 何 で も 聞 け る 基 盤 を 作 り た で も 校 友 会 が あ る 。 そ ん な 体 制 内 は も ち ろ ん 国 外 に お い て も 、 だ け 支 援 で き る か ? こ こ が 一 る か ? 卒 業 し た 後 の 社 会 人 活 動 の よ り ど こ ろ と な れ る 校 友 会 を ● 規 約 等 全 面 改 訂 す る 中 で 学 生 具 体 的 に は ? う ス タ ン ス 。 出 来 な い こ と を 校 友 会 が や る 。 校 の 応 援 団 ば、 ら ば ら で は 困 る 。 れ か ら が 勝 負 や 。 あ く ま で 校 友 校 友 会 活 動 を 皆 ん な に 知 っ て 頂 こ れ か ら 社 会 人 と し て 生 き て い 卒。 業 式 「で こ れ が 我 々 の ス タ ー と 。 こ の 間 も 学 校 の 方 々 と 話 し る 上 で 教 育 っ て そ ん な も ん や な り 上 げ て き た か ら こ そ 。 … 人 材 て か ら … 。 そ れ ら は 卒 業 生 が 今 4 紫友 再刊第 6 号

[close]

p. 6

た違く進懇長さた木来をきでる定長頂木環まれる思長に役い っっいめ親谷れ。下た補上出とし谷い下がるがコっ谷大にる てたって会川たそ●。強げ来思た川て●生と揃ネた川変立。 言らたいな●。のベ っ た ら 、 や は り 将 来 … 。 何 で そ ん な こ か ら 良 か っ た け ど っ た 。 そ れ が 結 果 と ど 常 に ジ ャ ッ ジ し て 最 初 は 本 当 に 手 探 り 中ー でス ホに ーな ムる ペ支 ー援 ジを のし のと、し短状 統て してたっも●い井ま新っクの●なつそ たい。ての支る上れたてシはそ努のれ りた元いよ部。会たないョダの力かが 統も々たりの 長。アるンイ過をに卒 合の各も早確 は イ。とキ程し結業 しが支のか立 真 デそかンでてび生 たあ部がっと 剣 アん整さや頂つの りっが、た連 に がな理んっいい為 した自す。携 向 出風す。ぱたてに てか主ご何は か るにる他り。るど 一ら自く年自 い 。基能校す 。う 同を一て時態 合も 挙、立短も分 合 そ礎力をご そや 志出歩上間。 がら にそで時かが っ のが、調い のっ 社来間手に大 なえ 出こ築間か想 て 循固こべと 為て み来うズのい木おもま熊草ね山ジ長けやを木にじ育長木長二と沢どとビ木の なる部はク。下伝含す本野ー川ャ谷どっ前下もゃじ谷下谷人関山、っド下為 さ い 。 教 育 の 他 に プ ラ ウ と か 近 代 わ 、 肉 を 食 べ な さ い 、 ミ ル ク を 飲 分 で は 、 西 洋 野 菜 の 種 子 を 持 っ て 五 年 近 く 居 た 。 熊 本 の 近 代 化 と い ラ ー ク は 十 ヶ 月 、 熊 本 の ジ ェ ー ン 比 べ て も 仕 方 な い で す が 、 北 海 道 ● 意 外 に ジ ェ ー ン ズ さ ん を 知 ら な え 頂 き た い の で す が 。 め て 北 海 道 支 部 の メ ン バ ー に 何 か が 、 熊 本 震 災 の ジ ェ ー ン ズ 邸 復 興 記 事 た く さ ん 読 ま せ て 頂 い て お り ● 最 後 に な り ま す が 、 木 下 さ ん の 。 ● も ー そ れ し か な い で す か ら ッ ジ を 重 ね た 。 川 ● 終 始 一 貫 し て 学 校 の 為 に 「 あ ー 良 か っ た ー 」 と 思 っ た 。 た ん や な と … 。 口 に 出 さ な か っ た に 進 め て い く と 、 皆 が 同 じ 気 持 ち ● ド キ ド キ 、 ビ ク ビ ク し な が ら 足 少 し は 良 心 が あ っ た ん や な ー 」と 。 な く て 物 事 を 進 め る 中 で 「 あ ー 俺 ゃ な い け ど 、 最 初 か ら 良 心 教 育 川 ● そ れ が ね ー 、 さ っ き の 良 心 教 ● ど ん ど ん 連 鎖 し て い っ た 。 川 ● 特 に 九 州 は 盛 り 上 が っ た 。 と 増 え て い っ た 嬉。 し い こ と で す 。 わ ら な け ら ば な ら な い 」 と 、 一 人 い る ん で す よ 。 そ れ が 「 あ ー も っ 熊 本 バ ン ド を 知 ら ん 地 元 卒 業 生 も て は 良 か っ た 。 私 は 熊 本 な ん だ け ラ マ 「 八 重 の 桜 。」 我 々 同 志 社 に ● 東 日 本 大 震 災 か ら 生 ま れ た テ レ 。 そ の 一 念 。 前れそこのに木一そに財宝らるてた分しう中供ズンちが木ジ草遅はこ木山農 がるのこ時な下同こ…。、、ん頂。もて。ジ達もズら明下ェ野れ横れ下川業 入 っ て い る 。 よ う に な っ た 。 今 回 の 募 金 で も 名 後 、 日 本 赤 十 字 の 発 生 の 地 と 言 わ に い て 、 参 謀 本 部 の 宿 舎 だ っ た 。 に は 官 軍 の 司 令 長 官 、 有 栖 川 宮 が っ た ん で す よ 。 そ の 後 、 西 南 の 役 ● 学 校 が 廃 校 に な っ た 後 は 迎 賓 館 ● ( 笑 ) ら 辺 が く や し い 。 こ。 の 震 災 に つ い て も 扱 い が 低 い 。 ほ ぼ 同 じ よ う な 木 造 洋 風 住 宅 な の 片 や ジ ェ ー ン ズ 邸 は 県 指 定 の 文 化 十 年 先 に 出 来 た グ ラ バ ー 邸 が 国 で す よ 。 そ の 後 自 分 な り に 調 べ た い た 。 辞 典 作 り な ど も 行 な っ て い そ れ で 「 ジ ェ ー ン ズ の 会 」 に 入 れ テ レ ビ 局 勤 務 の 番 組 作 り で 知 っ い る こ と を 知 ら な い 人 が 多 い 。 自 彼 ら が 同 志 社 創 生 に 多 大 な 貢 献 を ェ ー ン ズ の 紹 介 で 同 志 社 に 向 か は 家 族 の 厳 し い 監 視 下 に 。 そ ん な お と が め 、 学 校 が 廃 校 に な る 。 子 が 耶 蘇 教 を 教 え た と … 。 ジ ェ ー ン か と い う と 追 わ れ て 来 た 。 ジ ェ ー 治 八 年 。 彼 ら ( 熊 本 バ ン ド ) は ど ● 明 治 四 年 に 建 立 、 同 志 社 英 学 校 ー ン ズ 邸 は 。 ● 建 物 は 明 治 維 新 以 降 で す よ ね 。 を と っ た じ ゃ な い 。 井 小 楠 な ん で す よ 。 ほ ら 、 薩 長 に か ら は ! と い う こ と で 仕 組 ん だ の ● 英 語 の 教 師 と し て 。元 々 は 藩 校 。 ● 雇 わ れ 外 国 人 な の ? 改 革 の ノ ウ ハ ウ な ん か も 。 一草力山なで草ん関な母長の木こ中長も草さ山 同野発川集二野な係ら課谷連下こさ谷ら野す川 ●●揮●ま百●中がなを川携●がん川い●が● (是の大り万復か一い格●の先大は●ま北で今 同 意 ) 非 そ う あ り た い で す ね 。 場 で す 。 変 だ と い う 時 こ そ 校 友 会 の 実 に な っ て く れ れ ば 。 、三 百 万 と 集 め ら れ る 、 そ ん 興 T シ ャ ツ な ん か も 大 懇 親 会 ら 出 て 来 た 。 五 年 か か っ て 。 番 大 事 。 名 簿 の 一 元 管 理 も そ か ? こ れ か ら も 学 校 と の 信 頼 上 げ し て ほ し い 。 学 長 直 轄 に さ ら に 躍 進 さ せ る 為 に 校 友 父 土 台 が 出 来 つ つ あ る 。 程 の 話 じ ゃ な い け ど 、 学 校 と 事 。 じ め 大 変 な ご 労 力 を 頂 い た 。 学 校 も ね 、 校 友 ・ 父 母 課 の 田 し た 。( 笑 ) 海 道 支 部 も 二 十 枚 協 力 さ せ て す よ 。 回 T シ ャ ツ 作 り や お 金 集 め 等 5

[close]

p. 7

同志社ゆかりの地の 建造物等に対する支援金 【熊本地震 同志社ゆかりの地 募金】  同志社校友会では熊本の復興に対して少しでもお役に立てればと、寄付を募る活動を行っております。皆さま から寄せたれた善意は、熊本の復興に役立てられるように活用したいと思います。  卒業生をはじめ、熊本、九州を愛する皆様からの善意をお待ち申し上げます。皆様のご協力をどうぞよろしく お願いいたします。 ■支援対象  ジェーンズ邸、徳富記念園 ■募金目標  1,500 万円 ■募金期間  2017 年 3 月末日   募 金 活 動 終 了 後、 募 金 額 は 「熊本市文化財保存修復基 金」へ一括納金いたします。 ※ 6 月まで延長 ■振込窓口 銀行 支店名 ゆうちょ銀行 口座間振替 他行から振込 〇九九店 肥後銀行 本店営業部 熊本銀行 本店営業部 預金種別 当座 普通 普通 口座番号 00990-6-63891 0063891 2535299 3129192 口座名義・名称 同志社校友会 熊本地震同志社ゆかりの地基金 代表 木下智夫(キノシタ トシオ) ※誠に恐れ入りますが、振込手数料が発生する場合はご負担をお願いいたします。 ※振込みいただいた寄付金は、個人の場合は「特定寄付金」、法人の場合は「国等に対する寄付金」として取り 扱われ、税制上の優遇措置の適用を受けることができます。 ※今回の振り込みご支援に対しまして、礼状を発送いたしませんが、ご容赦いただきますようお願いいたします。 6 紫友 再刊第 6 号 同志社時報 No142(2016.10)より転載

[close]

p. 8

邸 を 施  ま ご 皆 こ  が育設さす支さの早 全てがて。援ま4い 壊た被今 をか月も し米災回 賜らでの 「 ジ ま人。の し牧中地 た師で震 りは丸で 、物1、 心心年熊 ェ ー熊 。のもで か両に本 熊住熊、 本居本同 に・バ志 現ジン社 存ェドゆ すーのか るン若り 最ズ者の ら 御 礼 を 申 し 上 げ 面 に わ た る 丁 重 な な り ま す 。こ の 間 、 地 震 の 発 生 か ら 、 校 友 会 熊 本 県 シ に 友    ャ向会い□    現□ 地苦 に 置 か 戦 を 予 想 れ□ た ま その後のジェーンズ邸の状況を熊本支部の HP より も て に ト ま 応 リ 大 の  寄 7 あ り ま せ ん 。 く れ た の は 言 う ま で 大 き な 役 割 を 果 た し も 盛 況 で 被 災 地 激 励 し た 当。 日 の コ ン サ ー 援 に 駆 け つ け て く れ ー ク ラ ブ の 皆 さ ん が 会 に は 、 大 学 か ら グ 熊ませ 本たら 城、れ 市さて 民 マ ラ る 2 月 い ま す ソ ン 19日 。 0 0 万 円 の 善 意 が を 含 め 、 こ れ ま で に 約 ナ ー 広 告 提 供 料 な ど ツ の 販 売 収 益 金 や H P へ の バ け た 募 金 活 動 を し て い ま す 。 T 本 部 の ご 協 力 を 頂 き な が ら 復 旧 ま 校 友 会 熊 本 県 支 部 で は 大 学 や 校 善 意 続 々 と □ し た 。 た る 「 震 度 古 の 木 造 西   支 部 長 7 洋  」 に は 耐 え 建 築 物 で し   木 下   らた 智 れが ま2 夫 せ度 んに でわ ン ズ 邸 」 復 旧 に 更 な る ご 支 援 を 本 地 震 か ら 1 年   同 志 社 校 友 会 の 皆 様 同校 窓友 会会  熊 渡本 辺県 潤支 子 様 部( 熊 本 銀 行 本 店 窓 口 ) 岐同大群校 阜志下馬友 県 社  県 会 支女道支本 部子様部部 様高 様( 等郵 学便 校振 様替 ・ 現 金 ) 紙御熊 面賛本 を同地 か頂震 りき「 てま同 おし志 礼て社 ( 申 し 12月 上 げ 20日 〜 ま す 。 3月 15日 ) あ り が と う ご ざ い ま し た 。 ゆ か り の 地 」 復 興 募 金 に 3熊 月本 寄 15日 地 現 付在 募 金 総 者 額   六 芳 七、 六 震 「 同 志 社 ゆ か 名 四 〇、 〇 〇 四 円 復 興 募 金 り の 地 」 永鍋同同佐木新香校 井島窓窓賀下島川友   徳会会県智学県会 暁子(佐支夫園支熊 様様佐賀部様短部本 賀県様 期様県 )支 大 支 嘉部 村様 美 津 子 様 学 様 (部 肥 後 銀 行 本 店 窓 口 ) オ オ ノ   サ チ オ 様 金 箱 ) 同 志 社 グ リ ー ク ラ ブ 様 ( コ ン ( 錦 市 場 ) レ ッ グ ・ ヤ ス ダ 様 同 志 社 女 子 大 学   コ ザ キ マ コ 自 見 一 器 様 片熊熊 山本本 和日日 隆々々 様新新 聞聞    中渡 村辺 美直 弥樹 子様 様 サト ー様 ト 募 戦目と達了か分まるま 」がりをまらはり施の が集わ始でで確ま設建 予まけめにす保しが物 想 さ れ ま す 。 っ て い る こ と も か な り の 「 苦 資 金 面 で は 熊 本 城 の 復 旧 に 耳 な、 お 多 く の 課 題 が あ り ま す 。 は 、 約 6 億 円 の 復 旧 費 用 の 調 。 2 0 1 9 年 度 の 復 旧 工 事 完 で き ま し た が 、 す べ て は こ れ た 。 熊 本 の 関 連 予 算 も 初 年 度 決 ま り 専 門 家 に よ る 調 査 も 始 の 部 材 や 文 書 ・ 資 料 を 保 管 す の 馳  も 機 に 当    ごせ8高にし初そ□ 協な年ま国まのこ国 力が後っ指し3で・ ごらのて定た月県重 支、新いの。末支文 援あ生ま重地か部の をらジす要元らで指 おたェ。文で半は定 願めー 化は年募も いてン 財今間金□ い校ズ を回延の た友邸 目の長締 しのに 指復すめ ま皆思 す旧る切 すさい 機をこり 。まを 運契とを The Doshisha Times 第730号より転載 7

[close]

p. 9

8 紫友 再刊第 6 号

[close]

p. 10

ラ ー i o o y ラ ー   実 i o い 。 o y  北 海実 るい   北 同。 京海 る  同京 ク u sク はu s 道は 志 都道 志 都 博 s   博 校s   に校 社 御に 社 御 士 ! b士 祖! b お祖 大 所お 大 所 に 」 eに ・」 e け・ 学 のけ 学 の 学 で   学 新で   る新 。 北る 。 北 ん 知 aん 島知 a 知島 残 隣知 残 隣 で ら mで 襄ら m 名襄 念 に名 念 に い れ bい はれ b 度は な 位度 な 位 る る iる 「る i は「 が 置は が 置 。 ク t。 Bク t 低B ら す低 ら す っ ク 大っ 島ク 学大 ー島 函学 明ー 函 明 た ラ 学た にラ に学 セに 館に 治セ 館 治 後 ー の後 とー 通の ッと か通 維ッ か 維 、 ク 先、 っク っ先 ツっ らっ 新ツ ら 新 京 博 輩京 て博 た輩 州て 渡た 前州 渡 前 都 士 で都 ク士 時で のク 米時 のの 米 の の も あの ラも のあ アラ しの 1ア し 1 新 北 り新 ー北 こり マー 、こ 8マ 、 8 島 海 恩島 ク海 と恩 ーク マと 6ー マ 6 を 道 師を 博道 だ師 ス博 サだ 4ス サ 4 訪 を で訪 士を 。で ト士 チ。 年ト チ 年 ね 去 、ね は去 新、 大は ュ新 、大 ュ 、 同志同社志校社友校会友会 プ レ ミ アプホレテミルア- TホSテU BルA- T S U B A KI- 札幌「K美I-麗札華幌「」に美て麗(華3月」にて(3月 30日) 30日)   様  と 養 様 し と 大 養   し て 大   て 同 な 「同 とな て「 切と そて い切 そ い 窓 人 良窓 は人 い良 なは んい るな ん る 会 材 心会 関材 る心 り関 なる 。り な 。 組 を 」組 係を 。」 」係 新。 」 新 織 「 同 志 社 校 友 送 り 出 し て い る 。 を織 大「 切同 に志 す社 る校 多友 な く 「 人 一 人 」 送 り 出 し て い る 。 思を 想大 や切 経に 済す 的る 素多 と い う 言 葉 を 残 な く 「 人 一 人 」 島思 は想 「や 人経 一済 人的 は素 と い う 言 葉 を 残 島 は 「 人 一 人 は 史 氏 や 札 幌 西 ん 、 札 幌 北 高 も史 人氏 後や に札 落幌 ち西 ーん ス、 社札 長幌 ・北 松高 ( 前 支 部 長 ) も 人 後 に 落 ち 第 一 興 産 顧 問 ー ス 社 長 ・ 松   ま た 札 幌 東 ( 前 支 部 長 ) 雄第 則一 の興 各産 氏顧 が問  律 事ま 務た 所札 代幌 表東 則雄 彦則 、の 札各 幌氏 フが ト律 リ事 ン務 グ所 常代 勤表 一則 、彦 北、 海札 道幌 コフ 山ト 忠リ 高ン 島グ 建常 設勤 オ一 む、 す北 め海 や道 社コ 協山 会忠 会高 長島 の建 篠設 だオ いむ てす いめ るや 。社 推協 進会 の会 原長 動の 力篠 Oだ   推 Bい 図進 がて らの 多い ず原 いる も動 。。 、力 自O 負B しが て多 いい る。  で は図 なら いず がも 、、 6自 0負 0し 人て をい 擁る 帯で 広は 、な 釧い 路が の、 函6 館0 、0 オ人 ホを ー擁 幌帯 、広 小、 樽釧 、路 苫の 会函 」館 北、 海オ 道ホ 支ー 幌 、 小 樽 、 苫 会 」 北 海 道 支 高 O な高 本O とな ・本 高と 南・ 弁高 ロ南 監弁 カロ 社監 長カ 田社 す長 と田 当す 札と 。当 結札 す。 9結 ツす 小9 部ツ 小 部 の B いの 聡B リい 山聡 Oリ 高山 護O ン高 査護 ・ン 長査 の・ 政長 すの な政 支す 幌な 支 束幌 る ク束 クる 牧ク はク 牧 は O の 。O 氏の プ。 川氏 Bプ 出川 士B テ出 役士 コテ の役 三コ 一の き三 っ一 部き 南っ 部 は南 。 ラは 、。 、ラ 現、 、 現 B 加 もB の加 ロも 寛の でロ 身寛 ので ィ身 のの ーィ 高の 澤ー 、高 の澤 て、 のの 高て の 堅高 大 ブ堅 旭大 室ブ 在旭 室 在 も 藤 ちも 貢藤 デち 之貢 札デ だ之 後札 アだ 前後 ラア 島前 聖ラ セ島 観聖 いセ 活観 校い 活 い校 人 でい 川人 蘭で 、川 蘭 、 負 明 ろ負 献明 ュろ 氏献 幌ュ 。氏 藤幌 法。 田藤 ボ法 栄田 一ボ リ栄 光一 たリ 動光 のた 動 との 数 計と 、数 、計 札、 、 札 、、 2017.5 月20号17.5 月2号 財界さっぽろ 2017 年 5 月号より転載 2 9

[close]

p. 11

前列左から石川學、日野隆、前田則彦、吉川美佐子、草野賀文、加藤明史、篠田政一、真木陽子、毛利勝彦の各氏。 後列左から松本聡、武田泰一、堀江浩明、高島栄一、中ノ目孝道、山川寛之、三澤聖一、後藤雄則、清水尚之、宮 澤靖、南波剛、奥田元樹の各氏。本記事をご覧の校友は http://hokkaido.doshisha-alumni.org をご参照ください る 一 の の  業 ー 副 尚 ニ 宮 野 利 ア 木  南 友 館  身 ガ か 社 納 北  け 。はっ草江部ケ支之産澤隆勝フ呉地波生市函のロら長豆海小て   事ぽ野別長ッ部、業靖、彦ラ服元剛命に館堀ーはの製道樽い        ( 武 田   記 ) 務 局 長 を 務 め て い ろ 印 刷 社 長 の 武 田 泰 賀 文 氏 ( 支 部 長 、) か ら は 太 陽 石 油 社 長 の 奥 田 元 樹 の 各 氏 。 ト エ ン ジ ニ ア 法 人 営 長 の 吉 川 美 佐 子 、 マ 前 事 務 局 長 の 石 川 學 、 北 海 道 支 社 長 の 清 水 ( 幹 事 長 、) イ ワ タ 伊 藤 製 缶 工 業 社 長 の 、 合 同 容 器 会 長 の 日 ッ ク 代 理 店 代 表 の 毛 店 社 長 の 真 木 陽 子 、 の 札 幌 か ら は 丸 真 真 氏 。 保 険 函 館 営 業 部 長 ・ 着 任 し た ば か り の 住 か ら は 奈 良 県 か ら 函 江 浩 明 氏 。 ド 相 談 役 で 静 岡 県 出 6 次 産 業 化 で 忙 し い 中 ノ 目 孝 道 氏 。 帯 広 造 老 舗 、 中 ノ 目 製 菓 物 産 展 で 大 人 気 の 甘 か ら 駆 け つ け た の は な い 。 3 財界さっぽろ http://www.zaikaisapporo.co.jp 10 紫友 再刊第 6 号

[close]

p. 12



[close]

Comments

no comments yet