Embed or link this publication

Popular Pages


p. 1

❼❻❺❹❸❷❶健 新 日 本 対 が ん 協 健 診 保 健 指 導 調 査 研 修 事 業 脳 卒 中 調 査 事 健 康 情 報 管 理 健 康 診 査 事 業 普 及 啓 発 事 業 康 づ く り 財 団 潟 県 健 康 づ く 会支 業事 連援 業 携協 事議 業会 り  七 財 つ の 柱 団 の 事 事業 業内 容 ●   ●  ● ● ● 第 33回 が     地 域 医   〜 平 成 健 康 ま つ ん 療 2年8 り 征 フ度で 圧 新 潟 県 ォ ー ラ ム & 糸 魚 川 市 血 管 年 齢 大 会 開 ミ ニ 健 康 測 定 催ま 状つ 況り よ  「 〜生 健活 康 へ の 習 慣 関病 心予 を防 高の め る た め た め の に取 〜り 組 み 」 ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー 2 0 1 6   市 民 「 前 立 腺 癌 の 診 断 治、 療 と 検 診 に つ い て り 〜 公」 開 講 座 も く じ 平成28年 11月30日発行 No.16

[close]

p. 2

前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 は 前 立 腺 特 〈 早 期 発 見 の キ ー ワ ー ド P S A 〉 思きいと点のしまか並さ新りてよ亡2ン国 いるま、の多、すりみれた、男り数0タ立こ ま限す多状く巷まとの、に年性ま予1ー研と す 。 り 正 確 に お 伝 え し て み よ 。 本 稿 で は 、 最 新 の 情 報 く の 誤 解 を 招 く 原 因 に な 況 を 反 映 し て い な か っ は 、 正 確 で な か っ た り 、 に あ る 前 立 腺 が 関 係 す る す 必 要 と な っ て い ま す 。 し た 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 状 況 に な っ て き ま し た 。 罹 患 数 で は 日 本 も 欧 米 先 前 立 腺 癌 と 診 断 さ れ 間 9万 2千 6 0 0 の が ん 罹 患 数 の 第 る名一 との位 す と 、 前 立 腺 癌 は 胃 癌 を 測 が 発 表 さ れ ま し た 。 こ 6 年 の が ん 罹 患 数 予 測 が ん 対 策 情 報 セ ン タ ー 究 開 発 法 人 国 立 が ん 研 し ( 2 0 1 6 年 ) の う と を で っ て た り 現 時 情 報 し か 療 が し っ 進 国 予 測 方 が と な 抜 い れ に と 死 か ら 究 セ 7月 、 般オどるがをえいさて高るらか優 優あ在をのわ異 にフこかん見まとんもいと癌?れとれりですかり抗 4値 ) n/g で mと l 異 な いっ う 値 を 用 い る と 、 て き ま す が 、 一 か ら 異 常 と 判 断 す る か ( カ ッ ト を 感 度 と 言 い ま す 。 P S A は 、 患 者 さ ん の 何 % を み つ け ら れ 逃 さ な い こ と も 必 要 で 、 実 際 の せ ん 。 つ ま り 、 が ん の 患 者 さ ん すの、 る実 と 1人0 際 、にに 優一が れ人ん てしを いかも るみっ 検つて 査けい とらる はれ患 言な者 ( 優 秀 な ) 特 異 度 が あ っ た と し い え ま す ( 特 異 度 。) し か し 、 で あ る 確 率 が 高 い 方 が 優 れ て い 一 つ は そ の 検 査 が 異 常 で あ っ た た 血 液 検 査 と は な ん で し ょ う こ ろ で 、 が ん を 見 つ け る た め の て い る と 考 え ら れ て い ま す 。 ま す が 、 P S A は そ の 中 で 最 も は い ろ い ろ な が ん の 血 液 検 査 が る こ と で ほ ぼ 判 断 で き ま す 。 現 ど う か は 血 液 検 査 、 P S A 検 査 ま し た 。 前 立 腺 癌 の 疑 い が あ る 原 ( P S A ) に よ り 、 大 き く 変 な るP 前S のA 前が 立臨 腺床 癌で は使 、用 排さ 尿れ 障る 害よ やう 骨に 〈 変P 化S 〉A が も た ら し た 診 断 、 治 療 の な重Pで臨い要異度ま発は生て え9特 っ て い ま す 。 に そ の 適 応 を 決 め る こ と が 多 く S A の 値 の 変 化 を 観 察 し て 、 慎 あ っ て も 、 す ぐ に 生 検 は 行 わ ず 、 床 の 現 場 で は 、 P S A が 異 常 値 うの常 す こ な で 3%0 。 といあとし に も 7%0 る 方 い う か し な り ま す 。 そ の た め 、 の 人 に 生 検 を し た 、 と 全 部 を 生 検 す る と 、 必 こ と は 、 仮 に 、 検 査 が 、 言 い 換 え れ ば 、 特 異 生 は 極 め て 低 い こ と が わ か っ て い 、 現 在 の 日 本 で は 重 症 の 合 併 症 の 検 」 に よ り ま す が 、 こ の 生 検 法 、 針 で 一 部 を 採 取 す る 「 前 立 腺 針 前 立 腺 癌 の 確 定 診 断 は 麻 酔 を し る の で す 。 0異 %度 と な は り 「、 3%0 程 優度 れ、 て感 い る 」 と い 度 は 8 0 - 「 新 潟 大 前 立 学腺 医 歯 学 総 癌 の 診 合 病 院 断 治、 泌 尿 器 療 と 科検 ( 新 潟 大 診 に つ 冨 学 大 学 田院 い て 」 教 善 授 ) 彦 でP民普本ばほメ告男 はS健及で「とリさ性ア 、A診しは早んカれがメ 前 立 腺 癌 と 診 断 さ れ 検でて 査住い を民ま 受のせ けん て 5% 。 い以こ な下の いのた 、 P S A 検 査 は 、 そ 期 が ん 」 で す 。 し か ど は 前 立 腺 に 限 局 し た で 前 立 腺 癌 と 診 断 さ れ て い ま す 。 で す か ら 、 P S A を 測 リ カ で は 、 定 し て 5歳0 ま で いに る市方めれし、る現る 方 町 し 、 ほ 、 い 方 在 と 7%5 の村か住ど日わのア報の 〈 検そ 率れ とで 高も い低 進い 行日 が本 んの の 比 率 〉 P S A 検 査 被 た立メるまこが前でるた下内ほて転 が腺リこりとで立はこりげ分と症移 、 死 亡 数 は 減 少 に 転 じ て い ま す 。 癌 と 診 断 さ れ る 方 は 増 加 し ま し カ で は 、 P S A の 導 入 以 降 、 前 と に な っ た わ け で す 。 実 際 に ア 「、 治 せ る 早 期 が ん 」 を 発 見 で き が で き る よ う に な り ま し た 。 つ き ま す か ら 、 死 亡 す る こ と を 防 ぐ 腺 に と ど ま っ て い る う ち に 治 療 、 P S A 測 定 に よ り 早 期 発 見 し 、 と し か で き ま せ ん で し た 。 現 在 、 女 性 ホ ル モ ン を 投 与 し た り す る た め に 両 側 の 精 巣 摘 除 を 行 っ 泌 治 療 と し て 、 男 性 ホ ル モ ン を ん ど で し た か ら 、 手 術 も で き ず 、 状 が 現 れ て か ら 診 断 さ れ る の が に よ る 疼 痛 な ど 、 か な り 進 行 し 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年11月 2

[close]

p. 3

せす含つ瘍来 でとき治立こしとつ名膵 罹 ず に 様 子 を 見 る ( 待 機 療 法 ) が 合 。 そ の よ う な 患 者 さ ん に は 治 療 を ま れ て い る こ と が わ か っ て い ま ま り 「、 致 死 的 」 で は な い も の が の 中 に は 「、 が ん 」 と し て の 性 格 、 「 が ん 」 と し て 認 識 さ れ て い た 腫 さな らく に 、 現 在 進 行 中 の 研 究 な る こ と も 少 な く あ り ま はせ 、ん 従。   は な く 、 高 齢 者 で あ る と 他 の 原 因 ま す か ら 、 前 立 腺 癌 で 死 亡 す る こ 療 法 で 進 行 を 食 い 止 め る こ と が で 腺 癌 と 診 断 さ れ て も 、 後 に 述 べ る と が 多 い こ と が あ げ ら れ ま す 。 前 て は 進 行 が か な り ゆ っ く り で あ る 比 較 し て 高 齢 者 に も 多 く 、 全 体 と か の 理 由 が あ り ま す が 、 他 の が ん と 臓 5万 患 な っ て い 癌 に つ い 5千 名 が 数 の 順 まで第位 す第1と 。位 こ 6位 で れ、、 に約前 は立 、 1万 腺 異 な り 、 肺 い 癌癌 く 2千 は の 先 の 統 計 の 死 亡 数 の 予 測 で は 、 〈 高お いと 前な 立し 腺い 癌前 ま で 幅 が あ る 〉 立 腺 癌 か ら 悪 性 度 の まいすさす だ て か れ 。 3%0 に 必 の 啓 ら 、 るが ア 9%0 既 要発日メ以に で あ る と い え ま と 正 し い 知 識 の 本 で も P S A リ カ と は 対 照 的 上 が 前 立 腺 限 局 進 行 し て い る の す普検で癌が 。及査すで現 がに。発状 いつで見で   リた癌メ少リで的ちしす大ますは一が カ の 研 究 で は P S A 検 査 を し な 。 し か し 、 そ の 後 の 検 討 で 、 ア メ 検 診 は 推 奨 さ れ な い 、 と さ れ ま し リ カ で は 集 団 検 診 と し て の 前 立 腺 す る 、 で し た 。 こ れ を 受 け て 、 ア カ は 減 少 し な い 、 ヨ ー ロ ッ パ は 減 はにら 相比が 反較前 すし立 るま腺 結し癌 果た死 が。亡 出こが まの多 しい た 2つ か 。の統 ア試計 メ験学 な い 群 を 長 期 に わ た り 観 察 し 、 ど な わ ち 、 P S A 検 査 を す る 群 と 、 規 模 な 介 入 試 験 が 行 わ れ ま し た 。 で に 、 ア メ リ カ と ヨ ー ロ ッ パ で の る か ど う か 、 で 判 断 し ま す 。 こ れ 、 そ の 検 診 に よ っ て 死 亡 率 が 減 少 般 に 、 が ん 検 診 が 有 益 か ど う か そ、 の た め に が ん 検 診 が あ り ま す 。 早 期 発 見 が 、 が ん 治 療 の 基 本 で す 〈 前 立 腺 癌 検 診 は 有 益 か ? 〉 のべく間注明完現う理 は 間 違 い で す 。 て 治 療 し な く と も 大 丈 夫 」 と い う な意 っ 1万 す て い 2千 べ き ま名な す し 「、 も の 方 が の は 、 現 前前実 立立と 腺腺し 癌癌て はで、 すな年 ら か に な っ て き て い ま す た。 だ し 、 全 で は あ り ま せ ん が す、 こ し ず つ 、 時 点 で は 、 そ の 背 景 因 子 の 特 定 は 、と い う 取 組 が 進 め ら れ て い ま す 。 的 で す の で 、 そ の 方 法 を 開 発 し よ つて述 のはべ本 大詳て稿 きしきで なくまは 柱述し、 、べた前 手まの立 術せで腺 療ん、癌 法が治検 、、療診 放治法に 射療につ 線のつい 療3いて 〈 進 歩 す る 治 療 法 〉 との前機いにれれPヨ比P て団たと亡研ロか問実い では立会のつらまSー率Sまい検。が率究ッに題際こ す 。 、 い う ま で も な く 意 義 の あ る こ 腺 癌 を 早 期 に 発 見 し よ う と す る に P S A 検 査 を お こ な っ て 、 で 、 人 間 ド ッ ク な ど 、 何 ら か の い て で あ っ て 、 個 別 検 診 で は な の 話 は す べ て 集 団 検 診 の 有 用 性 す 。 ま た 、 注 意 す べ き 点 は 、 こ A 検 診 が 有 益 で あ る と 考 え ら ロ ッ パ と 同 様 か 、 そ れ 以 上 に も 低 い こ と を 考 え 合 わ せ る と 、 A で 検 査 し た こ と の あ る 人 の た 、 日 本 で は 進 行 症 例 が 多 く 、 ま す 。 診 と し て 有 用 で あ る こ と を 示 し こ の こ と は 、 P S A 検 診 が 集 では) き る こ と が 明 ら か 3%1 ( 補 正 後 ) 減 で は P S A 検 診 に少の なさ結 りせ果 まる、 しこ死 パ で の 研 究 の 報 告 ( E R S P C な っ て き ま し た 。 引 き 続 く ヨ ー が 多 く 含 ま れ て い る こ と が 明 ら に は P S A 検 査 を 受 け る な ど 、 と に な っ て い る 群 の 多 く の 人 が し て い た だ き た い と 思 い ま す 。 療 の た め に 、 そ の よ う な 機 会 を 活 用 ま す 。 皆 さ ん に は 早 期 発 見 、 早 期 治 で 前 立 腺 癌 の 集 団 検 診 が 行 わ れ て い な こ と に 、 新 潟 県 で は 多 く の 市 町 村 こ と が 課 題 で あ る と い え ま す 。 幸 い 有 効 か つ 低 侵 襲 な の も の に し て ゆ く 者 さ ん に 最 適 な も の を 選 び さ、 ら に 、 ( Q O L ) を 重 視 し な が ら 個 々 の 患 を 、 た だ の 生 存 で は な く 、 生 活 の 質 に 、 前 立 腺 限 局 癌 に 対 す る 治 療 法 出 す 方 法 を 確 立 し て ゆ く こ と 、 さ ら か ら 、 治 療 し な く て よ い も の を 選 び 来 、「 が ん 」 と さ れ て い た 症 例 の 中 合 理 的 な も の に す る こ と 、 ま た 、 従 今 後 は 、 診 断 の プ ロ セ ス を さ ら に 治 療 薬 が 開 発 さ れ て き て い ま す 。 例 に 対 す る 薬 物 療 法 も 次 々 と 新 し い 行 わ れ て い ま す 。 ま た 、 進 行 し た 症 療 法 は 治 療 装 置 と 照 射 方 法 の 改 善 が こ と が 可 能 と な っ て い ま す 。 放 射 線 く な り 、 よ り 正 確 に 、 低 侵 襲 で 行 う 大 幅 に 減 少 し 、 合 併 症 が 非 常 に 少 な 切 開 、 縫 合 が 可 能 な た め 、 出 血 量 が し た 。 拡 大 し た 3 D 視 野 で 精 緻 に ボ ッ ト が 導 入 さ れ 、 大 き く 変 わ り ま す 。 た と え ば 手 術 は 、 手 術 支 援 ロ 規 治 療 法 の 開 発 が さ れ て き て い ま 日 進 月 歩 で 従 前 の 治 療 法 の 改 善 や 新 法 、 薬 物 療 法 の い ず れ も が 、 ま さ に 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.16

[close]

p. 4

こおるでが乳 て込登活ポがつ診講ので ろ話効、ん腺は頂み壇躍ーんいに演こはピ ト ピ ッ ク な 話 題 と な し 頂 き ま し た 。 加 え て 果 、 弱 点 や 問 題 点 な ど 乳 が ん 検 診 の 仕 組 み と 検 診 は 意 味 が な い の 外 科 の 神 林 智 寿 子 先 生 じ め に 、 新 潟 県 立 が ん き ま し た 。 な が ら 、 分 か り や す く い た だ き 、 専 門 的 な 内 さ れ て い る 4 人 の 先 ト に つ い て 、 そ れ ぞ れ の 治 療 を 続 け ら れ る て 、 乳 が ん の 治 療 に つ つ い て 、 マ ン モ グ ラ フ を 開 催 い た し ま し た 。 と 」 を テ ー マ に 、 リ レ 「、 知 れ ば こ わ く な い ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー っ 、 に 期 !?」 か セ お容生第方いィ乳ー!2 てこつ待とらン 話も方一へて検が形乳0 い の い さ の 、「 タ を盛に線の、査ん式が1 るとてれ題乳ー しりごでサ乳に検のん6 し て 、 広 く 全 般 的 な 内 容 の ら 、「 乳 が ん の 治 療 に つ い ン タ ー 乳 腺 外 科 の 金 子 耕 3 番 手 と し て 、 新 潟 県 ま し た 。 ら な い コ ツ な ど に つ い て お を お 受 け に な る 際 に な る べ 影 の 際 に 心 が け て い る こ と か ら 、 検 査 や 機 械 の 仕 組 み 実 際 に 撮 影 し て い る 技 師 さ うくン ~なモ 」いグ とラ 題 !?こ フ しわィ てが検 、ら診 マな~ ンい思 モでっ グ受た 放 射 線 部 門 の 解 良 絢 子 先 生 続 い て 、 新 潟 大 学 医 歯 学 と 考 え て い ま す 。 リ ッ ト に つ い て 、 お 解 り 頂 触 れ て 頂 き 、 検 診 を 受 診 し 『 過 剰 診 断 『』 過 剰 治 療 』 に 要て司立 話くや、んラけよか総 けてつ 点」先が し痛、普のフてりら合 た頂い をと生ん 頂 く 検 段 立 ィ み も 、「 病 もくて ま題かセ きな査撮場をよ痛マ院 のメも 【 リ レ 座 長 ー 講   済 生 会 新 座 知】 れ 潟 第 二 ば こ 病 院   わ く 外 科 部 な い 長  田   ! 乳 が 邊ん       匡 の こ と トとしがの まをははたトて乳あが援 れ分れ葉と に治い足方今しあ言ど。体いがなんセ最まかてをめ 対療悲りに回たげいのこ制るんた患ン後しりい選て し、鳴ずおの。て難施のに患とら者タにた易まんお て患とにいリ のく設問つ者向しさー、。かしで話 、者な途でレ 取、で題きさきさんの新 った、し ごさり中頂ー り病もに、ん合をと二潟 たの努頂 理んまでく講 組院体つおとい支ご宮市 のでめき 解とし増こ座 みの制い話ご、え家一民 で、てま をごた設とに がみがてし家治た族美病 は会ゆし 深家。すがは 必な整はし族療いの先院 な場った め族乳る出、 要らっ、てへを~サ生患 いのく。 てのがな来た 頂サんど、く けポ検、椅さ たー診嬉子ん と 思 わ れ ず 、 社 会 て い る と 現 時 点 で 頂 き ま し の サ ポ ー 続 け ら れ 」と 題 し 、 ポ ー ト ~ か ら 「、 乳 者 総 合 支 か皆り平 と様と易 思に話な わはさ言 そ の 中 か ら 「 知 「 ピ ン ク リ ボ ン ホ れリ ピば デ こー ンわ 2 クく 0 な1 リい 6 !」 ボ乳 が が ンん の 10月 ホこ と 16日 」新 リと 潟 題日 デし 報 ーて メ 2行 デ なィ わア 0れ た 14 人 6の シ ッ プ で 開 講催  師 に 市よ さ れ 、 民る 多 リく 公レ の ー 講 開座 方 か ら 講の ご 座概 来 要場 をい ごた 紹だ 介き しま まし すた 。。 し方頂な 上々いら げにた幸 ま、皆い すこ様と 。のと感 場、じ をごて お協お 借力り り頂ま しいす てた。 お関ご 礼係来 申の場 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年11月 4

[close]

p. 5

にあ度的 に布乳 【 白 く な る の で 、 白 く 見 え る 乳 が ん り ま す 。 乳 腺 の 分 量 が 多 い と 全 体 で は 乳 が ん の 検 出 が 難 し い 場 合 が 容 易 で す が 、 高 濃 度 ・ 不 均 一 高 濃 脂 肪 性 ・ 乳 腺 散 在 で は 検 出 は 比 較 分 類 さ れ て い ま す 。 ( 脂 肪 が 混 在 す る 程 度 ) は 4 つ 腺 実 質 ( 乳 腺 そ の も の ) の 量 と 分 マ ン モ グ ラ フ ィ に お け る 乳 房 内 の 高 濃 度 乳 房 ・ 不 均 一 高 濃 度 乳 房 に つ い て 】 いでかがい高 2るな近は検 て ご 説 明 し ま す 。 は な い で し ょ う か 。 そ れ ぞ れ に つ と い う 問 題 提 起 が さ れ て い る か ら ん の 一 部 は 「 過 剰 診 断 」 で は な い 場 合 が あ る こ と や ② 検 診 発 見 の 乳 濃 度 乳 房 」 で は 乳 が ん 発 見 が 難 し そ れ は 、 ① 「 高 濃 度 乳 房 ・ 不 均 一 つ の 理 由 か ら と 思 い ま す 。 こ と が あ り ま す 。 こ れ に は 大 き く い の で は ? と い う ご 質 問 を 受 け で は マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 は 意 味 が と て も 大 事 な こ と で す 。 し か し 最 診 で 乳 が ん を 早 期 に 発 見 す る こ と マ ン モ グ ラ フ ィ ( 乳 房 X 線 検 査 ) も策だ有合 は黒グあが う型整用はこ白、ラる隠 少 し 準 備 が 必 要 で 検 診 へ の 導 入 に は っ て い な い た め 対 で す が 、 体 制 が ま 乳 房 超 音 波 検 査 が の よ う な 乳 房 の 場 く 描 出 さ れ ま す )。 乳 が ん と 乳 腺 実 質 フ ィ で は 、 脂 肪 は か ら で す ( マ ン モ さ れ て し ま う 時 が 「 新 潟 乳 県 立 が が ん ん セ ン 検 タ ー 新 潟 病 院   診 は 意 味 乳 腺 が 外 科 な 部 長 い  神 の   林   !?」 智 寿 子 N Engl J Med.2012;367(21):1998-2005 ) な速療場 あ 発 進 早 フ  見 生 【 い が ん ( 過 剰 に 診 断 さ れ た が ん ) 度 が 遅 い た め 生 命 を 脅 か す こ と が を お こ な っ て い ま す 。 し か し 進 行 合 は 手 術 を 中 心 と し た 何 ら か の 治 ま た 、 現 在 「 が ん 」 と 診 断 さ れ た 。 る と 報 告 し て い ま す ( 見 の 乳 が ん の 一 部 は 過 剰 診 断 で 行 が ん の 減 少 が な い た め 、 検 診 期 が ん の 発 見 の 増 加 に 見 合 っ た ィ 検 診 導 入 前 と 導 入 後 を 比 較 し て B l e y e r ら は 、 マ ン モ グ ラ ・ 診 断 す る こ と で す 。 命 を 脅 か す こ と が な い が ん を 発 過 剰 診 断 と は 進 行 速 度 が 遅 い た め 過 剰 診 断 に つ い て 】 出て波が と査高で検診とす にい検あなもがいし査に診。 有る査りお知増要ょを加断 用 た よ 、 、 っ 加 精 う 利 え さ 4代0 でめりマ検てす検。用てれ以 す、もン査おる率たす任た下 。よ石モにくなにだる意方の り灰グは必どよしの型は方 早化ラそ要のる乳も検マや 期のフれが不不房選診ン以 の検ィぞあ利必超択なモ前 乳出はれり益要音肢どグ高 がに乳得まがな波のでラ濃 んす房意すあ精検ひ超フ度 のぐ超分。る密査と音ィ乳 検れ音野 こ検はつ波検房 診たる検はたフ 【 を検こ診意有ィ乳お 利 用 し て 頂 き た い と 思 い ま す 。 診 方 法 を 選 択 す る な ど 上 手 に 検 と を 十 分 理 解 し て リ ス ク に 応 じ に は メ リ ッ ト と デ メ リ ッ ト が あ 味 が な い と い う 事 は あ り ま せ ん 。 効 な 検 診 方 法 で す 。 乳 が ん 検 診 は 死 亡 率 の 低 減 効 果 が 確 認 さ れ が ん 検 診 に お い て マ ン モ グ ラ わ り に 】 てう経て度非 がなはが 見診こフ れ要の おか過いの浸最大検わんしもをとィこまな場 り調観る低潤近事診かにか出しは検のす治合 、べ察手い性ででやっ治してな過診よ。療に そるを術も乳はす検て療、いい剰でう (は の臨すなの管、。査いが現る方治超な 過現 結床るどにが超 そな必時のが療早理 剰在 果試この対ん早 しい要点でいに期由 な行 が験と標しの期 てたなではいつのか 治っ 期もが準て中の 治めいはとのながら 療て 待海有治、で乳 療、のど思でがん、 )い さ外効療現もが を今かのいはるをマ とる れでなを在特ん 行ははよまとた発ン もの ま始のせ行にで う標完うすいめ見モ 考は すまかずわ悪あ こ準全な。う、すグ え不 。っどにれ性る と的に乳 意検るラ ら必 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.16

[close]

p. 6

リラうと機こm前は く乳 と病出を腺 て位影房フ ッ フ な 同 で れ S 後 、 マ な 房 1つ し 変 す 少 を 圧 い ( 方 を ィ マ トィ線程往はvし乳ンり厚はのがたな伸迫ま斜向圧専ン の 方 が に よ る 量 で は 度 で す 復 す る 東 京 ・ ~ 0・ ま す が 房 の 厚 モ グ ラ ま す 。 を 薄 く 被 ば く 可 能 性 乳 腺 に め で す く し 、 展 さ せ す る 理 す 。 め ) 方 は 頭 尾 迫 し て 用 X 線 モ グ ラ は る 乳 が あ り 。 身 と き ニ ュ 2m4 、 み や フ ィ か に 大 き い と 考 え ん の 早 期 発 見 の メ ま せ ん 。 マ ン モ グ 体 に 影 響 が 出 る よ に 浴 び る 放 射 線 量 ー ヨ ー ク 間 を 飛 行 S v と な り ま す 。 1画 像 当 た り 0・ 12 乳 腺 の 量 に よ っ て に よ る 被 ば く 線 量 す る ほ ど X 線 量 は 少 な 線 量 低 減 の た め で す 。 が 高 く な り ま す 。 も う う も れ て し ま い 、 見 落 。圧 迫 が 不 十 分 の 場 合 、 病 変 を は っ き り と 写 し て 乳 腺 と 病 変 の 重 な り 由 と し て は 、 1 つ は 乳 向(撮撮フ の上影影ィ 2下す装と 方)る置は 向方検を、 を向査用マ 基とでいン 本内すてモ と外。、グ し斜撮乳ラ あ組 けす痛と目くい考と置あぱてらグ月みはあい ら り織マて。み思は痛なえいやりりくかラ経と、るとマれ まはン痛リのい、いいらっ装まやだくフ周考乳と思ンま す 。 乳 房 に お け る 乳 腺 と 脂 肪 、 主 に 乳 腺 、 脂 肪 、 大 胸 筋 が モ グ ラ フ ィ 画 像 に 描 出 さ れ る み が 軽 減 し ま す 。 ラ ッ ク ス す る と 身 体 の 力 が 抜 感 じ 方 も 大 き く な る よ う で ま す 。 緊 張 や 不 安 が 強 い と 、 緊 張 や 不 安 に よ る 痛 み が あ る 場 所 を 訴 え て く だ さ い 。 3 つ 場 合 も あ り ま す の で 、 遠 慮 な れ ま す 。 撮 影 技 師 が 気 づ い て た 、 ポ ジ シ ョ ニ ン グ が 原 因 と 置 の 角 度 、 乳 房 の 引 き 出 し 方 す 。 ほ と ん ど の 場 合 、 立 ち 位 骨 が 当 た る こ と に よ る 痛 み が さ い 。 2 つ 目 は 、 皮 膚 の つ っ な る 、 生 理 後 を 選 ん で 受 診 し ィ を 受 け る 際 に は 乳 房 が や わ 期 に 関 係 し て い ま す 。 マ ン モ え ま す 。 乳 腺 の は り や 痛 み は 腺 が は さ ま れ る こ と に よ る 痛 思 い ま す 。 痛 み の 原 因 の 1 つ う 大 き な 理 由 に 、「 痛 み 」 が モ グ ラ フ ィ 検 診 を 受 け た く な す 。  マ ン新 ~ 潟思 大 モ学 医 グ歯 っ た よ 学り ラ総 合 病 フ院 も 痛 く ィ  な 診 療 い 検支 援 !?こ 診部 放 射 線 わ が ら 部な 門  解   良   絢 い で 受 け て み よ  う 子~ が あ り ま す 。 定 期 的 な セ ル フ チ ェ ッ ま せ ん 。 さ ら に 、 画 像 検 査 に も 限 界 で 全 て の 病 変 が 分 か る わ け で は あ り こ の よ う に 、 マ ン モ グ ラ フ ィ だ け す る こ と が 可 能 で す 。 と す る 超 音 波 ( エ コ ー ) 検 査 で 検 出 ま す 。 そ の よ う な 場 合 、 腫 瘤 を 得 意 フ ィ で は 腫 瘤 を 見 落 と す 恐 れ が あ り 腺 量 が 多 い ) と な り 、 マ ン モ グ ラ 度( 乳 腺 と 脂 肪 の 割 合 )が 高 濃 度( 乳 合 が あ り ま す 。 特 に 若 い 人 は 乳 腺 濃 隠 れ た 腫 瘤 は 見 つ け る の が 困 難 な 場 も 両 方 白 く 描 出 さ れ る た め 、 乳 腺 に モ グ ラ フ ィ の 画 像 で は 、 乳 腺 も 腫 瘤 査 で あ る と い え ま す 。 し か し 、 マ ン グ ラ フ ィ は 、 乳 が ん 検 診 に 最 適 な 検 性 が あ る 石 灰 化 を 得 意 と す る マ ン モ 瘤 に な る 前 の 早 期 乳 が ん で あ る 可 能 化 で も 見 つ け る こ と が で き ま す 。 腫 得 意 と し て お り 、 と て も 細 か い 石 灰 マ ン モ グ ラ フ ィ は 石 灰 化 の 描 出 を ゴ リ ー 3 以 上 で 要 精 査 と な り ま す 。 ゴ リ ー 分 類 で 表 し ま す ( 表 1 )。 カ テ が ん を 疑 う か を 評 価 し 、 そ れ を カ テ が あ り ま す 。 そ れ ぞ れ 、 ど の く ら い し て は 、 主 に 石 灰 化 と 腫 瘤 ( し こ り ) 検 診 で 要 精 査 と さ れ る 異 常 所 見 と す 。 右 の 乳 房 を 比 較 し て 読 影 し て い き ま の 割 合 や 分 布 は 個 人 差 が 大 き く 、 左 けさ体い性 ク まいにとにおも し。意思多わと ょ 識わいりて う 2年 を ず 病 に も 。に向、気、大 け忙で乳切 1回 る し す が で は時い。んす 乳間中自は。 がをで分働 ん作もにき 検っ自は盛 診て分関り をくの係の 受だ身な女 ・カテゴリー1 異常なし ・カテゴリー2 良性病変のみ ・カテゴリー3 がんを否定できず (がんの確率5~10%) ・カテゴリー4 がん疑い (がんの確率30~50%) ・カテゴリー5 マンモグラフィ上はがん (がんの確率ほぼ100%) 表 1 .カ テ ゴ リ ー 分 類 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年11月 6

[close]

p. 7

超査認たをがしすシが 診なの あ人す基す部女測を 音をす部受登まがョ通乳のが中マりにるづ。位性がた近 波 検 査 を 行 い 、 病 変 ( 正 常 と は 行 い ま す 。 ま た 、 そ の 他 に 乳 房 る た め に 再 度 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 位 に 再 現 性 が あ る か ど う か を 確 診 さ れ た 場 合 、 検 診 で 指 摘 さ れ 録し、 さょま れうず て。精 い新密 ま潟検 す市査 。で協 私は力 た現機 ち在関 のを 施 7施 受 設設診 ッ ク を 受 け ら れ る こ と と 思 い ま 知 さ れ た 場 合 に は 、 多 く の 方 が が ん 検 診 で 「 異 常 あ り 」 の 結 果 一 つ で す 。 ら そ の 有 効 性 が 示 さ れ て き た 検 で 、 国 際 的 に 厳 し く 評 価 を 受 け ン モ グ ラ フ ィ 検 診 は 数 あ る 検 診 ま 確く せ 1人 率 累 んと)積 。さは罹 れ、患 、乳リ 決がス しんク てに( 他おが 人いん 事てに では罹 は患 11 ま別がんど た 2 0 1 2 年 の デ ー タ ー に 順ん罹 位罹患 で患数 は 第 1位 と な っ て い ま 数 全 体 の 2%1 を 占 め 、 は 8万 9 4 0 0 人 で 、 り 、 2 0 1 5 年 の 部 位 別 予 年 、 乳 が ん 罹 患 数 は 増 加 の 一 途 れ細Ⅳいの臓リ期療細療し は中実常でしう診はた認異 、胞期ま有器ンはが胞のっ万乳の際あはまな(、目しな 主 に 、 が ん 細 胞 の 女 性 ホ ル モ ン の 性 質 は サ ブ タ イ プ と も 呼 ば がす無( 最。で骨 もや 進 0期 0期 肺 行が〜、 し た が ん で す 。 が ん 最 も 早 期 の が ん で 、 Ⅳ 期 ま で 分 け ら れ て 肝 臓 な ど ) へ の 転 移 パ 節 転 移 の 有 無 ・ 遠 く 離 れ た し こ り の 大 き さ ・ わ き の 下 の よ い の か を 決 め て い き ま す 。 病 の 性 質 を 検 査 し 、 ど の よ う な 治 方 針 は 病 期 ( ス テ ー ジ ) や が ん か り と 治 療 を 受 け ま し ょ う 。 治 一 、乳 が ん と 診 断 さ れ た 場 合 は 、 がに ん 2人0 乳 でにが はん あ 1人 が りほ存 まど在 せです ん、る 。大方 多は 数、 のそ 方の り 」 の 結 果 を 受 け 取 り ま す が 、 検 診 受 診 者 の 約 7 % の 方 「が 異 す 。 実 際 の マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 細 胞 が い る の か を 顕 微 鏡 で 検 査 太 い 針 の 検 査 ) を 行 い 、 ど の よ 細 胞 診 ( 細 い 針 の 検 査 ) や 組 織 で は 良 性 と 判 断 で き な い 場 合 に ま す 。 も し 、 病 変 が 存 在 し 、 見 る と こ ろ ) が な い か ど う か を 確 新乳 潟 県 が 立 が ん ん セ の ン タ ー 新 潟 病 院   乳 治 療 に つ い 腺 外 て 科 部 長  金   子   耕   司 リ法いべにに獲た抑が残談手肉合き全らが がを方報を分おこ発受 ンでっま、、得す制、っし術やにま摘、り手よ行がを見子薬れ現容 パすてすが手しです温たま)脂はすを部や術いっよもる標(はの体 節 転 移 が 明 ら か な 場 合 は 、 郭 。) も し 、 術 前 に わ き の 下 の 、 一 部 の リ ン パ 節 を 調 べ る 方 ( セ ン チ ネ ル リ ン パ 節 生 検 と ん が 存 在 す る の か ど う か を 調 術 中 に わ き の 下 の リ ン パ 節 て い る の か ど う か を 見 る た め に が ん 細 胞 が 転 移 す る 能 力 を る こ と が 知 ら れ て い ま す 。 ま 存 し た 乳 房 内 の が ん の 再 発 を 乳 房 へ 放 射 線 治 療 を 行 う こ と す 。 ま た 部 分 切 除 の 場 合 は 、 を 行 う か ど う か に つ い て も 相 肪 を 用 い て 乳 房 を 作 っ て い く 、 再 建 術 ( 人 工 物 や 自 分 の 筋 。 全 摘 が 必 要 と 判 断 さ れ た 場 し た 方 が よ い の か を 決 め て い 分 切 除 で よ い の か 、 あ る い は 患 者 さ ん の 希 望 を 伺 い な が の 方 針 は 、 が ん の 乳 房 で の 広 の か を 検 討 し ま す 。 て か ら 、 手 術 療 法 を 行 っ た 方 い の か ? あ る い は お 薬 の 治 療 と に 、 ま ず 手 術 を 先 に 行 っ た た め の 検 査 で す 。 こ れ ら の 情 的 治 療 な ど ) が 効 く か ど う か ホ ル モ ン 療 法 ・ 抗 が ん 剤 ・ 、 そ の が ん 細 胞 に ど の よ う な 有 無 に よ っ て 分 類 さ れ ま す 。 の 有 無 ・ H E R 2 タ ン パ ク すグ 治ば生診 法分合かおらや 法清 。ラ怖癒 存断治の子、を薬、リ手)術 フ が が 85% 率 さ 療 場 標 抗 検 の 再 ン 術 を ( ィら見 検ず込 診、め をる 受 4歳0 病 けに気 るなで こっす とた。 がら 大マ 切ン でモ を 超 え て お り 、 多 く の 方 に はれす合的が 臨たるは治ん 床 病 期 Ⅱ 期 場 合 で も 、 切 こ と に よ っ て 療 5~ は 1年0 1ヶ2 間月 行、 剤 の 治 療 は ま で 除 例 、 乳 い ま ホ ル 3~ でのが あん れ 1年0 と す 。 モ ン 療 6ヶ 月 、 討 し ま す 。 必 要 と 判 断 し た 場 治 療 を し た 方 が よ い の か ど う 発 の 危 険 性 を 減 ら す た め に 、 パ 節 の 顕 微 鏡 検 査 ) の 結 果 か 後 は 病 理 検 査 ( 切 除 し た 乳 房 行 い ま す 。 リ ン パ 節 を す べ て 取 り 除 く 方 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.16

[close]

p. 8

い家らなんなれのたいがきは院 といどい私るうメ後 大族れこどけばか時まんま基が乳いかんのが方なーの乳 切やるとでれな想にすのす本4がうをなで伝も生ジごが で す 。 生 活 と 治 療 を 両 立 で き 仕 事 の こ と は 治 療 と 同 じ く ら よ う に す る た め の も の で す 。 を 守 り 、 今 ま で の 生 活 を 続 け す 。 治 療 は 自 分 の 生 活 や 大 切 ば 。」 と 不 安 に な る 方 が ほ と ら な い か も ⋮ 「」。 仕 事 を 辞 め 像 で き ず 「 ず っ と 入 院 し な け は 、 こ の 先 ど ん な 治 療 を す る 。 し か し 、 乳 が ん と 診 断 さ れ 治 療 を 両 立 し て い る 方 が 沢 山 。 そ の た め 、 家 事 や 仕 事 と 乳 的~ん にの 外 1日0 治 来程療 通度は 院で、 で、手 行そ術 うのの こ他た とのめ が治の で療入 メ ッ セ ー ジ で す 。 一 緒 に 話 し 合 い ま し ょ う 。」 こ と が 不 安 で 、 ど う し た ら い 、 あ き ら め な い で く だ さ い 。 え た い の は 「 そ ん な こ と は な 多 い の で は な い で し ょ う か 。 活 は で き な い 。」 と 不 安 に な し ま す か ? 「 も う 今 ま で の よ 自 分 の 生 活 を ど ん な 風 に イ ん と 診 断 さ れ た と き に 、 そ の の 気 持 ち を 私 た ち に も 教 え て 下 さ い 。 抱 え て い る と 思 い ま す 。 我 慢 せ ず そ た 、 ご 家 族 も 心 配 で 不 安 な 気 持 ち を 会 に 参 加 す る の も お す す め で す 。 ま 情 報 を 集 め る こ と が 肝 心 で す 。 患 者 確 認 し よ く 理 解 し て 、 自 分 に あ っ た ま し ょ う 。 ご 自 分 の 状 況 を 主 治 医 に し ょ う 。 次 に 正 確 な 情 報 を 手 に 入 れ か に そ の 気 持 ち を 打 ち 明 け て み ま た り 、 戸 惑 っ た り し ま す 。 ま ず は 誰 て の 経 験 で す 。 だ れ も が 不 安 に な っ ほ と ん ど の 方 に と っ て が ん は 初 め 不 安 な 気 持 ち こ者たてがに生年ある こさいい当よ観齢りよ にんとる然っが、、う 紹と思こでてあ家願に 介おっとす大り族いす し話てを。切ま構でる ましい知私にす成すこ すてまりはし。、。と 。いす、あたそ仕人が る。一ないの事に私 こ私緒たこた、はた とがにがとめ価そち のい大大が、値れの 一つ切事違そ観ぞ目 部もににうの、れ標 を患ししの人人ので  乳 新 潟 市 ~ あ な た が ん 患 民 病 院   患 者 総 合 支 援 セ ン タ ー  二   宮 ら し さ を 支 え た い ~ 者 さ ん と ご 家 族 の サ ポ   一 ー   美 ト 方 も い る か も し れ ま せ ん が 療 費 に つ い て 相 談 す る の を 変 化 を 確 認 す る と 良 い で し 療 ス ケ ジ ュ ー ル や 予 測 さ れ わ せ て 計 画 し ま し ょ う 。 そ 旅 行 も 可 能 で す 。 ご 自 分 の な い 限 り 制 限 は あ り ま せ ん 日 常 生 活 は 医 師 か ら 特 別 日 常 生 活 や お 金 に つ い て 、たょるの体。な とめう体際調仕指 てら。調にに事導 もう治の治合やが 治 療 方 針 を 話 し 合 い ま し ょ う 。 ず は 検 査 を き ち ん と 受 け て 主 治 医 と す る こ と が 大 切 で す 。 あ せ ら ず 、 ま も 適 し た 初 期 治 療 を 落 ち 着 い て 選 択 パ 節 転 移 な ど に よ っ て 違 い ま す 。 最 ブ タ イ プ 、 ス テ ー ジ 、 腫 瘍 径 、 リ ン わ れ て い ま す 。 治 療 は 、 そ の 方 の サ る ま で に す で に 数 年 経 っ て い る と 言 が ん が 生 じ て か ら 1 ㎝ の 大 き さ に な 心 配 さ れ る 方 も 多 い と 思 い ま す が 、 ん が 広 が っ て し ま う の で は な い か と の 診 断 後 、 大 至 急 治 療 を し な い と が 治 療 方 針 を 決 め た り し ま す 。 乳 が ん か診前 か断に りさ薬 、れ物 そて療 の 間 に 精 密 検 査 を し た り か ら 手 術 ま で 1~ 2か 月 法 を 行 う 場 合 も あ り ま す 。 療 法 と い う 流 れ に な り ま す 。 手 術 の 病 理 検 査 を 見 て 再 発 予 防 の 術 後 補 助 診 断 、 精 密 検 査 、 手 術 、 手 術 後 の 乳 が ん の 初 期 治 療 の 流 れ ていのでら い。大ほし乳 きそ切しいが まこにいあん しかしとなの ょらて思たた う一いいらめ 。緒るましに にこすさ、 一と。をせ 歩をまあっ を教ずきか 踏えはらく みてあめの 出下なな素 しさたい晴 だの大 さ医切 い事な 。課こ やと がで んす 相。 談遠 窓慮 口せ にず ごに 相各 談病 く院 8

[close]

p. 9

佐藤代表の開会挨拶 関係団体による健康ブース ぴをラ乳医すの 今ー知フが師。大ピ 年乳っィんと新切ン でラて検と乳潟さク イい診いが県をリ 1年0 目 を 迎 え た ピ フ 」 を 立 ち 上 げ ま た だ く た め に 「 新 に よ る 早 期 発 見 の う 病 気 の こ と 、 マ ん 経 験 者 は 、 増 え の 乳 が ん 診 療 基 幹 伝 え る シ ン ボ ル マ ボ ン は 乳 が ん の 早 ンし潟重ン続病ー期 クたは要モけ院ク発 リ。っ性グるので見 者約 たたにべ演ボ さ ん が い る こ と に な り ま す 。 2 / 3 の 方 は 身 近 に 5%1 、 体 験 者 の 家 族 ・ 友 2 2 9 名 の う ち 、 乳 乳人が ががん ん体 。 ア ン は 5名7 4 1 0 ケ ー の ご 名 、 ト に お 答 え い 参 加 を い た だ 新 潟 市 乳 が たきん 会 に 2 9 0 名 、 健 康 ブ ー ス ン ホ リ デ ー 2 0 1 6 に は の 1%7 験 だ ま 検 に 、 患と者いし診延講 ピ ン ク リ ( ボ新 新 潟潟 ン県 は 立 ホが ん っ ぴ リセ ー ン乳 デタ ー ー新 ラ イ 2潟 フ 病  0  院 院   代 長表 1)   6佐   藤   を 終 信え   昭 て すりら発す治 いが 加転ど たたよ大サをしがたこ講師 。 ま す 。 ご 協 力 を お 願 い 申 し 上 げ ま も ピ ン ク リ ボ ン 運 動 を 続 け て ま い 見 の 重 要 性 を 伝 え る た め 、 こ れ か 。 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 に よ る 早 期 療 に よ り 極 め て 高 い 確 率 で 治 り ま し か し 、 乳 が ん は 早 期 発 見 ・ 早 期 ま す 。 乳 8万 し が ん と 診 断 さ れ た と 推 測 さ 9 4 0 0 人 ( 女 性 が ん の て お り ま す 。 2 0 1 5 年 れ て 2%2 ) に は じ た 死 亡 数 も 、 日 本 で は 毎 年 増 っ て お り ま す 。 欧 米 で は 減 少 に わ が 国 の 乳 が ん は 増 加 の 一 途 を た だ き ま し た 。 +も学 まやの あま五 ま話十 あ よ 」も 嵐 紀 か っ た 」 と 評 92% の 方 か ら「 子 さ ん と の 「 価よ乳 をかが いっん ー 伊 勢 み ず ほ さ ん と 新 潟 医 療 福 祉 続 け て お ら れ る フ リ ー ア ナ ウ ン 、 地 域 全 体 で が ん と 向 き 合 う 活 動 ん 患 者 と そ の 家 族 や 友 人 を 支 援 +と座 ま」「 あ ま あ よ か っ た 、」 そ し て 、 に は 、 9%6 の 方 か ら 「 よ か っ 知 れ ば こ わ く な い ! 乳 が ん の 看、 護 師 放、 射 線 技 師 に よ る リ レ ー ア ン ケ ー ト の 結 果 で は 、 県 内 の 医 患者さん向けのグッズの展示即売ブース 9 Report of Niigata Health Foundation Vol.16 五十嵐紀子さんと伊勢みずほさんのトークショー

[close]

p. 10

部で事ラシ催ヘ 見質多での い歳務るいす 中 がす業飯ーをルこが異々生偏働までし敷まぐ大郷日 中。と充弁2シれで常あ活りきす、て地す創正区本 心上し実当年ーらて、り習を盛。男い内。立9に曹 と越てプは前弁のき高ま慣起り な地参ロ平か当改ま血す病この っ域加ジ成らの善す圧。をし男 て振しェ 始提の。、健発や性 性 社 員 が ま す 。 社 で は 約 3 敷 地 面 積 1 0 0 年 年 創 業 と あ る 化 学 (達 株 )二 行 興 導 ク 2年6 め 供 た 肝康症すは 員51を歴工本 わ局入ト度てとめ 機診しく運 9%0 の 0 0 迎 史 場 木 れ健し」上い健に 能断て、動 以平人0えはで工 た康てに越ま康会 障結しそ不 上均の万よ古す場 こ福いモ地す講社 害果まれ足 を年社㎡うく。は の祉るニ域。座と にでうが、 占齢員をと、 上 取環もタ「ヘのし 有も事原食 めはが超しも 越 り境のーサル開て 所脂が因事 て 勤えてう 市 47 し て企モりスリシ事重適りと でキ ジ者足こ組 て 提 示 し て あ る お 料 理 パ ネ ル を バ バ ラ ン ス ラ ン チ ョ ン マ ッ ト を 使 用 の 指 導 を 行 い ま し た 。 画 し て 適 切 な 食 事 と 塩 分 量 に つ い ニ タ ー 事 業 期 間 中 に は 健 康 講 座 も 教 材 と し て の 効 果 も あ り ま し た 。 が 理 解 で き た と い う 解 答 が 多 数 あ ー の 分 量 や 味 付 け 、 食 事 の バ ラ ン ー 弁 当 を 食 べ る こ と で 適 切 な カ ロ 業 後 の ア ン ケ ー ト 調 査 で は ヘ ル 増 加 を 抑 え ま し た ま。 た モ、 ニ タ ー 量 の 「 腹 八 分 目 」 を 実 感 で き 、 体 ま す 。 こ の 健 康 に 配 慮 し た 弁 当 は 1 日 の 摂 取 量 の 約 3 2%0 ~ 2%5 に 抑 え 、 野 3・ 5 g 、 脂 肪 エ ネ 分菜ル のはギ 11ー に2比 あ0率 たgは ロ カ ロ リ ー で 塩 分 は 食 塩 相 当 量 ヘ ル シ ー 弁 当 は 5 0 0 ~ 6 0 0 ェ ク ト で す 。 と 会 社 に 働 き か け て 実 現 し た プ ロ し て い る こ と を 指 摘 。 弁 当 配 達 業 と 、 塩 分 と 脂 質 が 過 多 で 野 菜 が 不 み は 会 社 で の 昼 食 で 外 食 率 が 高 い 使用したバランスランチョンマット り グ ル ー プ に な っ て 意 酒し地 」て域 にい振 つま興 いす局 て。と お平共 酒成同 大で 好 27年 健 モ ニ タ ー 事 業 終 了 後 も 「 サ ラ 飯 充 実 プ ロ ジ て い た だ き ま し た 。 し た も の を 比 較 す る な 実 際 に 試 食 し て 現 状 の ス よ く 食 べ る た め の 学 で 「 主 食 」「 副 菜 「」 主 イ キ ン グ 式 に と っ て き 見き度康継ェ ど塩習菜て 交社は講続ク の分や」並 換員「座しト 体量味をべ をが適をて」 験と噌バる す集正開上で を減汁ラも るま飲催越の し塩をンの 日  本  曹 達 株   ~ 式健 会 社 二 本 木 康 へ の 関 工心 場を 産 業 看 高 め 護る 師た 東 め に 「 生 活 習 慣 病 予 防 の た め の 取 り 組 み 」 條~ 恵 美 健康講座 定をめよ て不講理も飲とた楽なる参 で添にり現取足座解講みリ。しどの加 すえP多在り解はを義方ス同みおか型 。るRく提あ消今深す、ク時な酒?の な ど 工 夫 を 凝 ら し て い く 予 ポ ス タ ー の 提 示 や 一 口 メ モ の 社 員 に 利 用 し て も ら う た 供 し て い る ヘ ル シ ー 弁 当 も げ て い き た い と 思 い ま す 。 」「 喫 煙 」 な ど も テ ー マ と し 後 も 継 続 し て 開 催 し 「 運 動 め ま し た 。 こ の よ う な 健 康 る こ と で 適 正 な 飲 酒 量 へ の お つ ま み と し て の 食 材 な ど 、 ア ル コ ー ル の 分 解 時 間 や に 飲 酒 に よ る 身 体 へ の 影 響 が ら 飲 酒 に つ い て 考 え ま し は 駄 目 と 言 う 概 念 を と っ て 「」 飲 み す ぎ な い 方 法 は ? 」 も の と し て 「 な ぜ 飲 み す ぎ 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年11月 10

[close]

p. 11

ミニ健康まつりのにぎわいの様子 血管年齢測定の様子 11

[close]

p. 12

第33回がん征圧新潟県大会開催状況 保健文化賞受賞記念特別表彰を受賞された 佐藤幸示様(右) 特別講演の小林正明特任教授 鈴木様(右)と上村様(左)によるミニコンサート 表紙題字 12

[close]

Comments

no comments yet