陽光15号

 

Embed or link this publication

Description

陽光15号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

肝  方 細 る 期 ル 経 在 ︱ ル  細一は胞。のス口、肝ス肝 胞方定 癌で期 患、的 者図な の血 発 2に 液 症あ、 のる画 高よ像 齢う検 化に査 が当が 進科必 んを要 で受で 癌 発 生 の リ ス ク は あ り 、 慢 性 肝 炎 し か し な が ら C 型 肝 炎 ウ イ ル ス C 型 肝 炎 ウ イ ル ス の 排 除 の 治 療 のの慢 排抗性 除 可 能 な 時 代 に な っ て い る 。 ウ イ ル ス 剤 に て 1週2 間 で C C 型 肝 炎 、 肝 硬 変 に つ い て 硬 変 と 進 行 し 、 肝 細 胞 癌 を 発 生 し 感 染 を 原 因 と す る も の が 一 番 多 い 細 胞 癌 は 、 現 時 点 に お い て は C い診あ、排がこ型はて。型 るする肝除重の肝、く慢肝 。る。硬後要た炎新る性炎 加初 変もでめウし。肝ウ 齢発 の肝あ早イい現炎イ   1 肝 細 胞 癌 細いえにの 癌  胞 癌 お よ び 膵 癌 の 最 近 の 特 徴 に つ い て 解 説 す る う 考 え 方 も 最 近 さ れ て い る 。 本 稿 で は 特 に 、 る 膵 数 3.2 の と臓字2 癌 化 率 が 増 加 癌 の 成 績 は よ は 他 部 位 の 癌 % 、 膵 臓 癌 は 5年 生 存 率 が しくに 、な比 癌いべ も。い 生まい 活た数 習人字 慣間で 病はは でな あ 50歳 い るを。 6 . 5 % で あ る ( 図 1 )。 発 表 さ れ た が 、 肝 細 胞 癌 国 立 が ん 研 究 セ ン タ ー よ り 、 肝 細 胞 癌 、 膵 。肝と超特こは臓 る 癌 変 で 理  こ 性 病 増 患 で 。 の が き 由 肝 と 肝 を 加 者 1%3 、 肝治背ては細が炎合しの以増 細療景い、胞予が併て肝上加 胞ににる肝癌測原すい細はし 癌伴あが細患さ因るる胞肝て のいる、胞者れのア(癌硬い 治 療 時 、 肝 硬 変 の 進 展 を 押 さ え 肝 肝 硬 変 が 進 行 す る と 予 後 が 悪 く な こ と が 原 因 と 考 え ら れ る 。 肝 細 胞 一 つ に は 肝 細 胞 癌 の 発 生 時 に 肝 硬 癌のる そ。 の 5年 も の の 治 療 生 存 率 が 法 の 開 発 32. 2 % はで 進あ んる 肝 細 胞 癌 が 今 後 ま す ま す 増 加 す る ル図の コ発 ー ル 性 あ 5。) こ の 症 率 は 、 るよ正 いう常 はにな 非、人 変 、 肝 癌 で あ り ( 図 る 糖 尿 病 患 者 の 、 最 終 ア ル 加 齢 に 比 4)、 的 な コ、べ糖死 ー糖 尿因 ル 尿 2倍 病 の わ れ て い る 中 す い 民 族 と い 病 に か か り や 日いら 本るか 人 は ( 図 に な 糖 尿 3)。 っ て 量 の 増 加 が 明 近 年 脂 肪 摂 取 ら な い も の の 、 ロ リ ー は 変 わ 昔 に 比 べ 総 カ 人 の 食 生 活 は て い る 。 日 本 な 因 子 に な っ に お い て 重 要 肝 細 胞 癌 発 生 の 因 子 は 今 後 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年7月 2

[close]

p. 3

発 像 の 方 し 膵 悪 与 管 は い 放 い 癌 率 第 亡 る 近  見、あ、た臓いえ、、る射。には 患。年膵 が 重 要 で あ る 。 血 液 検 査 を 行 い 早 期 る 人 は 、 定 期 的 な 画 ま た 家 族 歴 に 膵 臓 癌 。 糖 尿 病 、 肥 満 症 の 癌。や の図す リく ス 7に 非 ク現常 因時に 子点予 をで後 示のが 臓 器 に 転 移 し 影 響 を 膵 臓 周 囲 の 大 き な 血 が 、 進 行 し た 膵 臓 癌 線 療 法 が 開 発 さ れ て 現 在 様 々 な 抗 が ん 剤 、 比 べ さ ら に 予 後 が 悪 6 1位1 者 新 .では潟 5あ 県 % る 72人 2 の で。で膵 、 、臓 肝 5年 全 癌 細生国の 胞存で死 男臓 女癌 とは も図 増 加 6の しよ てう いに   2 膵 臓 癌 す細るまにた機 上胞脳た適筋能 で癌症肝度肉を 重 要 で あ る 。 患 者 の 予 後 を 伸 ば 、 腹 水 の 対 策 は 肝 硬 変 の 合 併 症 で あ な 運 動 、 栄 養 療 法 、 量 を 維 持 す る た め 維 持 す る こ と 、 ま 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.15

[close]

p. 4

組 る  織細歯 抵菌周 抗に炎 性対の のす発 バ ラ ン ス が 影 響 し て く る 宿 主 の 細 胞 抵 抗 性 、 症 、 進 行 に は 原 因 と な 炎 る り ル 間 て ま  症酵まム、いすは を素すと歯る。じ 起が。呼と細発め こ局そば歯菌症に し所のれ肉がに歯 ま的バるの集は周 す因イ細間塊口病 。子オ菌なを腔に とフ性ど作内つ なィプにっにい っルラバて多て てムーイ歯数ご 歯がクオと存説 肉つをフ歯在明 にく作ィのしし 全  因 抗 泌 の 骨 生 飾 細  ま 破 せ が し 壊 歯 素 す  受 る 身歯子体さ防粗活す菌歯す壊る入ましの、が歯性た 疾周に、れ御鬆習る性周。し媒りすて周内、周がめ 患 に は 、 心 臓 血 管 系 疾 患 、 糖 病 が 関 与 し て い る と 言 わ れ る な り ま す 。 免 疫 細 胞 の 遊 走 能 な ど も 危 険 る 特 殊 な タ ン パ ク 質 、 酵 素 、 機 構 の 強 弱 、 リ ン パ 球 か ら 分 症 な ど が あ り ま す 。 ま た 宿 主 慣 病 と し て の 高 血 圧 、 糖 尿 病 、 因 子 と し て 喫 煙 、 ス ト レ ス 、 の 感 染 が 主 で す が 、 そ れ を 修 病 に な る 危 険 因 子 と し て は 、 歯介込。歯囲毒バ病大全 槽 骨 の 破 壊 ま で 進 ん で い き 物 を 送 り 込 ん で 歯 周 組 織 を ん で 化 学 的 な 炎 症 を 起 こ さ も う 一 方 は 体 内 に そ の 酵 素 を 支 え て い る 骨 に ま で 影 響 の 血 管 、 神 経 な ど を 直 接 破 素 が 歯 根 と 結 合 す る 組 織 、 イ オ フ ィ ル ム が 作 り 出 す 酵 が 引 き 起 こ さ れ る 仕 組 み で い に 関 与 し て き ま す 。 身 的 因 子 に よ っ て 宿 主 の 感 関 れ ま な り す 血 す あ ム の 中 き     係がっくまる管。る性酵に、歯 歯 す る と 言 わ れ て い ま す 。 、 脳 卒 中 、 狭 心 症 、 心 筋 梗 塞 に て 破 裂 す る よ う に な り ま す 。 そ な っ て 最 悪 の 場 合 、 血 管 が 詰 す 。 そ う す る と 血 流 の 流 れ が 少 傷 害 が 生 じ る と 動 脈 硬 化 が 起 こ が 狭 く な っ た り 、 血 管 内 皮 に 対 ア テ ロ ー ム 性 プ ラ ー ク に よ っ て い は そ れ を 作 る の に 手 を 貸 し ま ( 粥 状 ) プ ラ ー ク を つ く り ま す 。 素 や 細 菌 が 取 り 付 く と ア テ ロ ー 入 っ て い き ま す 。 血 管 の 中 に そ そ れ ら が 産 生 す る 酵 素 が 血 管 の 肉 の 中 に 歯 周 病 菌 が 侵 入 し て い 周 病 と 循 環 器 疾 患 と の 関 係 を 管 を 質  ど 尿 刺内傷で歯が病 激皮害あ周あ、 し細しる炎り低 た胞血様のま体 りを流々病す重 し傷にな巣。児 て い き ま す 。 害 し た り 、 貪 入 る こ と に よ 酵 素 が 血 管 内 部 よ り 炎 症 の 早 産 、 呼 吸 器 食っ皮起 疾 細て細炎 患 胞血胞物 な 子 月 泌 ど モ 中 胎 入 前 な 未    宮経さがンで児っ述る満 低 の 痛 れ 分 で は の て の と の 2, 体 収やる泌あ痛成いよそ出5 重 縮腰とさるみ長きうの産0 児 を 早 め る こ と に よ っ て 胎 痛 の 原 因 に も な り ま す が 必 要 以 上 に 子 宮 が 収 縮 し れ ま す 、 こ れ が 過 剰 に 分 プ ロ ス タ グ ラ ン デ ィ ン な の ホ ル モ ン の 一 種 の ホ ル を 妨 げ ま す 。 一 方 、 血 液 、 羊 水 中 に も 入 り 込 ん で に 歯 周 病 菌 が 血 管 の 中 に リ ス ク も 高 く な り ま す 。 を0 さグ しラ まム す未 が満 、、 歯胎 周生 病 に 37周 早 産 に つ い て 系  1.~5 疾 歯 患 2.倍8 に 高罹 く患 なす るる とリ 言ス わク れは て正 い常 まよ 周 病 患 者 で は 致 死 的 な 心 臓 すり血 。も管 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年7月 4

[close]

p. 5

下どのまなま性 糖 群 起    し も 代 す っ す と 1型 尿 で こ 糖 糖 て起謝がた。生は病慢る尿 尿 い き ま す 。 こ り ま す 。 唾 液 の 分 泌 量 も 低 低 下 に よ り 創 傷 治 癒 の 遅 延 な 、 高 血 糖 、 血 管 や コ ラ ー ゲ ン り 、 好 中 球 の 機 能 異 常 も 起 き 糖 尿 病 に な る と 易 感 染 症 に 活 習 遺 伝 に は 性 の 慣 病 の 一 つ と い わ れ て い 性 と 言 1型 、 わ れ 、 2型 が あ 2型 は 習 慣 り ま す が 、 高 血 糖 を 主 徴 と し ま す 。 全 身 の 代 謝 異 常 を き た す 疾 患 病 と は イ ン ス リ ン 作 用 不 足 で 病 に つ い て 愛を早縮児 い引産をの たきが早成 し ま す 。 起 こ す 過 程 は 紙 面 の 都 合 上 割 起 き ま す 。 そ れ ら の 循 環 障 害 め る な ど し て 低 体 重 児 出 産 、 長 が 妨 げ ら れ た り 、 子 宮 の 収 り 歯 食 し 化 周 ぼ  病 口 の 動 自 能 性 糖 感 多  ま を そ 細 る F ま コ る 菌 免周率てが病同糖が腔障脈立の網尿、飯糖っ下う胞特 すーとか炎 − 疫 能 が 低 下 し て 歯 周 組 織 の 破 壊 組 織 の 環 境 も 高 血 糖 に な り 、 よ が 低 下 し ま す 。 糖 尿 病 が あ る と は 糖 尿 病 も 同 様 に 歯 周 病 で も 貪 起が時 こ起期 っこで たっあ りたり しり、 ま、微 す小 。 2型 血 免で管 疫は障 機動害 能脈で と硬歯 尿 病 と 歯 周 病 は 、 好 発 年 齢 が ほ 進 ん で い く な ど が 言 わ れ ま す 。 内 で は 微 小 血 管 障 害 に よ り 歯 周 害 、 大 血 管 障 害 で は 脳 へ の 障 害 、 障 害 や 動 脈 硬 化 症 に よ る 心 臓 へ 神 経 障 害 に よ る 神 経 の 障 害 、 冠 低 下 、 腎 臓 病 、 腎 症 、 末 梢 性 の 膜 症 と い わ れ る 目 の 病 気 、 腎 機 病 に よ る 障 害 と し て は 、 糖 尿 病 掻 痒 感 、 空 腹 感 な ど が あ り ま す 。 、 多 尿 、 体 重 増 加 ・ 減 少 、 倦 怠 尿 病 の 症 状 と し て 、 口 渇 、 多 飲 、 て 糖 尿 病 が 悪 化 し て い き ま す 。 げ る ホ ル モ ン ) へ の 抵 抗 性 が 高 し た 結 果 、 イ ン ス リ ン ( 糖 濃 度 や 脂 肪 細 胞 に 作 用 し て き ま す 。 殊 な タ ン パ ク 質 が 多 く 出 て 筋 肉 α な ど の リ ン パ 球 か ら 分 泌 さ れ 。 も う 一 つ は 免 疫 細 胞 か ら T N ス ( ブ ド ウ 糖 ) の 代 謝 を 障 害 し 、 肝 臓 の 働 き が 鈍 っ た り 、 グ ル ら の 毒 素 が 血 液 に 入 り 全 身 に 回 症 に よ っ て 生 じ た 物 質 や 歯 周 病 ば く 抗 原 で  、な性因は歯 イるが菌、周 ン。増が歯組 スしし感周織 リかて染組の ンし血す織感 の歯糖るに染 感周コと口症 受炎ンイ腔と 性のトン内糖 が治ロスの尿 改療ーリ歯病 善をルン周の さすがの病関 れれ悪抵の係 も ス 掛 患 ぼ 過 な 炎  歯 や 悪リけなし剰タ症歯周コ 化ン、ど血なンや周病ラ すの脂、液産パリ炎のー る抵肪歯凝生クンの憎ゲ こ抗の周固を質パ糖悪ン と性分炎系しで球尿が線 に な り ま す 。 も 増 え る た め 糖 解 な ど を 起 こ し は 脂 肪 細 胞 に も の 亢 進 、 虚 血 性 、 肝 臓 に 悪 影 響 あ る サ イ ト カ イ か ら 分 泌 さ れ る 病 へ の 影 響 は 、 起 こ り ま す 。   維 の 減 少 が 起 こ 尿イ働心をン特慢 っ 病ンき疾及が殊性 て の の 活  健延習以 康 を 保 つ こ と も 大 切 に な り ま 伸 に は 歯 周 病 の 予 防 や お 口 慣 病 に 関 与 し て い ま す 。 健 康 上 の よ う に 、 歯 周 病 は 様 々 すの寿な 。中命生 肺 引 や 気 ト プ  の 組 気 す 性 や は    炎き気管カラ口罹織管。肺唾歯高 呼 に起管にイーの患変支吸炎液周齢 吸 なこ支入ンク中感性炎引をな病者 器 り ま す 。 し 、 結 果 と し て 気 管 支 炎 や の 粘 膜 で 歯 周 病 菌 が 炎 症 を る 可 能 性 が あ り ま す 。 気 管 が 唾 液 に 混 じ っ て 咽 頭 か ら 中 の 歯 周 病 菌 や 炎 症 性 サ イ が 不 潔 で プ ラ ー ク が 多 い と 受 性 が 高 ま り ま す 。 が 生 じ 、 呼 吸 器 系 感 染 症 へ 、 サ イ ト カ イ ン 産 生 に よ り 性 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 炎 、 発 症 さ せ る 可 能 性 が あ り ま ど と 一 緒 に 気 管 に 入 り 誤 嚥 原 性 細 菌 が 嚥 下 の 際 に 食 物 、 周 術 期 の 患 者 さ ん な ど で 疾 患 に つ い て でのはでる は炎生あの 食症活ろで 事を習う血 療 法 や 運 動 が 挙 げ ら れ ま す 。 コ ン ト ロ ー ル す る 。 糖 尿 病 慣 の 自 己 管 理 に よ っ て 歯 肉 と 言 わ れ て い ま す 。 予 防 に 糖 コ ン ト ロ ー ル も 改 善 す る 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.15

[close]

p. 6

月すの健りジ社栄 の対生場て務の東レ歯能タ豊 ま。健康世ェ員養こ健策活づはし敷京グ科性クかク で期康 の 1 年 間 、 食 堂 の 麺 類 間 は 平 成 26年 11月 ~ 度 向 上 を 図 る と い う ・ 味 27年 企 画 噌で 10 発 信 の 場 と し て 活 用 し 、 社 員 代 が 毎 日 利 用 す る 社 員 食 堂 を ク ト に 参 加 し ま し た 。 働 き 盛 食 堂 を 通 し た 高 血 圧 予 防 プ ロ 学 科 入 山 准 教 授 ご 指 導 の も と 、 の 度 、 新 潟 医 療 福 祉 大 学 健 康 康 づ く り を 推 進 し て い ま す 。 ③ 禁 煙 活 動 を 3 本 柱 に 、 社 員 習 慣 病 対 策 ② メ ン タ ル ヘ ル ス く り ﹂ の 基 本 方 針 の も と 、 ① ﹁、 心 身 と も に 健 康 で 明 る い 職 て い ま す 。 衛 生 活 動 と し ま し 地ドル にーー 約ムプ 1の 0 0 0 名 の 社 員 が 勤 20個 分 ( 9万 2 4 千 ㎡ ) 中 核 事 業 所 で あ り 、 材 料 の 生 産 拠 点 を 有 す る ク ラ 化 学 品 な ど の 化 学 事 業 に 加 え 、 リ ル 樹 脂 、 ポ バ ー ル 樹 脂 、 機 な 県 北 の 胎 内 市 に 位 置 し 、 メ ラ レ 新 潟 事 業 所 は 、 自 然 環 境 昼変供ポめ終げ分をの やと伴い汁い時昼出 よ汁 食見でッま的、濃足活そ高、っがのま点食な汁るの 時 の 話 題 提 供 に も な っ た よ う や す く 分 か り や す い 内 容 で 、 す 。 減 塩 等 に 関 す る 情 報 が 大 プ ス タ ン ド で の 健 康 情 報 の 提 し た 。 次 に 研 究 班 作 成 の 卓 上 に は 0 . 7 5 % へ の 移 行 を 進 そ の 後 し ば ら く は 維 持 し 、 最 度 も 0 . 7 8 % ま で 徐 々 に 下 す な ど の 工 夫 を し ま し た 。 塩 用 、 煮 詰 ま り を 防 ぐ た め お 湯 こ で 改 善 策 と し て 、 減 塩 だ し め味て で あ る こ と が 分 か り ま し 噌 汁 の 濃 度 が 0.~ 8 0.% 9 煮 詰 ま り 塩 分 が 濃 く な たとる 。やこ 出 る こ と 、 提 供 す る 時 間 経 過 に 塩 分 は 具 材 に よ っ て か な り 違 し た 。 測 定 す る こ と で 、 味 噌 の 計 3 回 、 毎 日 塩 分 測 定 を 行 の 提 供 時 点 ・ 半 減 時 点 ・ 終 了 い よ う 緩 や か な 減 塩 に 心 が け 、 物 の 減 塩 は 、 社 員 か ら 苦 情 が 健 康 情 報 の 提 供 を 行 い ま し た 。 減 塩 と 卓 上 ポ ッ プ ス タ ン ド に も がの年 良社み改間最 い員ら善の終 ﹁﹂ 野 菜 を 食 べ か ら も ﹁、 も っ れや取 て尿り い ま す 。 中組 み Na量 を の通 結 果 は こ れ か ると 低しら よ薄 下てで う味 な、す にに ど食が なし 成意、 って 果識 1 識ををで づ防変す けぎえ。 に、たま も日こた 役 立 っ た よ う で す 。 常 生 活 で の 減 塩 へ の と で 情 報 の マ ン ネ リ 、 2 週 間 に 1 回 、 内 意化容 まう社後ロ有に康でを代康べりのた す 。 な 活 動 を 考 え て い き た い と 思 い 員 食 堂 が 健 康 発 信 の 場 と な る よ も 引 き 続 き 塩 分 測 定 は 継 続 し 、 ジ ェ ク ト は 終 了 し ま し た が 、 今 意 義 な こ と だ と 感 じ ま し た 。 プ と っ て も 会 社 に と っ て も 、 大 変 へ 役 立 つ こ と が で き れ ば 、 本 人 、 会 社 に い る 時 間 に 少 し で も 健 引 き 起 こ す 世 代 で も あ り ま す の で す 。 生 活 習 慣 の 乱 れ か ら 病 気 づ く り が 後 回 し に な り や す い 世 き 事 が 多 く あ る た め 、 自 分 の 健 ま し た 。 働 き 盛 り 世 代 は 優 先 す は 良 い こ と だ ﹂ な ど の 意 見 が あ ﹁﹂ 気 づ か な い う ち に 健 康 に な る 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年7月 6

[close]

p. 7

の 発 症 を 予 防 す る ﹁ 最 大 の 予 防 法 ﹂ 善 が 、 大 人 に な っ て か ら の ﹁ が ん ﹂ し か し 、 子 ど も の 頃 か ら の 生 活 改 ま り 関 係 が な い と 思 い が ち で す 。 か か る 病 気 で あ り 、 子 ど も と は あ た 。﹁ が ん ﹂ と い う と 多 く は 大 人 が 藤 様 よ り 、 ご 講 演 を い た だ き ま し テ ー マ で 、 が ん セ ン タ ー 院 長 の 佐 ﹁ が ん と い う 病 気 の こ と ﹂ と い う ︿ 生 徒 の 感 想 ﹀ と 思 い ま す 。   も た ち の 指 導 に あ た っ て い き た い か り 受 け と め て 、 こ れ か ら も 子 ど お 聞 き し た ﹁ 言 葉 の 重 み ﹂ を し っ に 携 わ っ て こ ら れ た 先 生 か ら 直 接 お 医 者 様 と し て 、 長 年 が ん 医 療 な い と 思 い ま し た 。 の 頃 か ら 教 え て い か な け れ ば な ら を 受 け る こ と の 重 要 性 を 、 子 ど も に 伝 え て い く と 同 時 に 、 が ん 検 診 ん 教 育 ﹂ の 視 点 か ら も 子 ど も た ち 飲 酒 ・ 薬 物 乱 用 防 止 ﹂ に つ い て ﹁ が と し て ﹁ 生 活 習 慣 病 予 防 ﹂﹁ 喫 煙 ・ く に 心 に 残 っ て い ま す 。 養 護 教 諭 る こ と が 大 切 で す 。﹄ と の 言 葉 が と め に も 早 期 発 見 、 早 期 治 療 に 繋 げ は 治 る 病 気 に な り ま し た 。 そ の た ﹁ が ん ﹂ も 治 療 法 が 進 化 し て 、 今 で ﹃ 昔 は 不 治 の 病 と 言 わ れ て い た 感 じ ま し た 。 で あ る と い う こ と を 、 あ ら た め て             7 Report of Niigata Health Foundation Vol.15

[close]

p. 8

28 7 20 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年7月 8

[close]

Comments

no comments yet