陽光14号

 

Embed or link this publication

Description

陽光14号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

分なけ一スバさしもて病ルるタり者けフをルで大 で高、年ポーない多いを2。ーんはたレ掲(あき子 あ齢元にーちい。数る持に健をピ壮もイげ るい供 Clinical Frailty Scale: CFS り 、 ま た 全 て の 高 齢 者 の 希 望 者 で あ る 。 長 寿 社 会 の 光 の 部 気 度 が 確 認 さ れ る だ け で 十 分 一 度 の メ ジ カ ル チ ェ ッ ク を 受 ツ ジ ム や 裏 の 畑 で 汗 を 流 し 、 ゃ ん と い う イ メ ー ジ に な る 。 。 つ ま り 元 気 な ジ ー ち ゃ ん 、 こ の 段 階 ま で は フ レ イ ル に 属 派 を 占 め る 。 ま た 占 め て 欲 ヒ ト が ス ケ ー ル 3 で あ る 。 最 っ て い て も よ く 疾 病 管 理 さ れ 当 た る 。 そ し て 高 血 圧 や 糖 尿 常 そ う な 未 病 高 齢 者 は ス ケ ー 取 得 す る 元 気 な 老 人 が 該 当 す ッ ク に 参 加 し 、 ス ポ ー ツ マ ス 健 ( ロ バ ス ト ) で あ る 。 ね ん の で あ る 。 ス ケ ー ル 1 の 高 齢 ル を 臨 床 的 観 点 か ら 7 つ に 分 た 。 加 齢 と と も に 徐 々 に 進 む ) 。 表 に 臨 床 的 フ レ ー ル ス ケ ー 。 フ レ イ ル の 進 展 も 千 差 万 別 と 違 い 老 化 の 身 体 的 個 人 差 は 雑 すケで良プ刻ラ者下や力結でル以分学迎たで Instrumental Activities of Daily Living な 。ー一いレ化ルがと歩の果簡は上を的すいあ 動 作 、 買 い 物 や 洗 濯 )、 す な わ ち 日 常 、生 電活 話上 のの 受複 Iル秒診フしはよし行減、潔行のつ限べ。る A D L( 手 段 的 日 常 生 活 動 :作 5 で は 日 常 活 動 に 支 障 を き た 間 に 1 m 以 上 歩 け な い 。 ス 断レ、 手イ がル か  りで とは な歩 る行 。ス 加 速 す る 。 ス ケ 平ピー 常ール 歩ド4 行が:   加 齢 や 疾 病 の 進 行 と と も に 深 い 例 で あ る 。 こ の 負 の ス パ イ て 現 れ る 。 脳 卒 中 や 心 不 全 患 が 鈍 る 。 そ れ が 身 体 活 動 の 低 退 、 食 欲 低 下 が 起 こ り 、 活 力 低 栄 養 ・ 体 重 減 少 、 筋 量 や 筋 に 診 断 さ れ る 。 老 化 や 疾 病 の 動 や 行 為 の 元 気 度 か ら 見 た 目 高 齢 者 か ら 発 生 す る 。 フ レ イ く る 。 介 護 負 担 は ス ケ ー ル 4 界 は そ れ を 許 さ な い 。 影 の 部 き 老 人 像 で あ る 。 し か し 生 物 次 世 代 や 次 々 世 代 に と っ て 歓 。 人 生 を 大 い に 謳 歌 し て 頂 き はるな排 ル用け Activities of Daily Living スケール 内  容 生。ど泄 6な答 1 極めて 壮健、活動的、精力的、意欲十分で、一般に規則的 き そ の 、 健康 な活動をしており、この年代では最も元気である。 ら し 日 着 2 健康 特別な病気はないがスケール 1 よりもやや劣る。 れて常脱 なス生衣 3 疾病を有するが、よくコントロールされている。 いケ活、 4 見かけ上 依存してはいないが行動が遅く、 疾病の症状があ やや弱い る。 。 ー ル で も 入 浴 5 軽度に 脆弱化 日常生活で IADL についてある程度依存している。 7介、 、護移 で は A D L ( 日 ど で 支 援 が 必 要 と え 、 薬 や 金 銭 の 管 常な理 6 中等度に 脆弱化 IADL のみならず ADL も支援が必要。 7 重度の 脆弱化 ADL について完全に依存しており、終末期にある。 表 臨床的フレイルスケール (Clinical Frailty Scale:CFS) 介が動 生る、 護 な し で 求 め ら れ 、 寝 起 き )、 食 事 、 活 動 作 : 。 ス ケ ー 乗 り 物 利 フ レ イ ル は 予 防 で 恒 仁 き る 会 新 潟 和 南 病 院 泉 統 括 常 勤 顧 徹問 ど ん や が 向 で う ら な 科 が て ン の ジ の 医 大 て 再 け 人 で の ど 希 の し く  も、コ多かの大、事学てのの心ンミ学還いスで生はで効望長たな誰 可そレ数っ医き病象の心ヒ寿臓でト・暦るタのをなあ果に寿いいし 能 と な っ て き た 。 し か し 老 化 れ に 閉 塞 性 動 脈 硬 化 症 と い え ラ 、 悪 性 新 生 物 で は 早 期 が 生 ま れ た 。 感 染 症 で あ る 結 核 て き た 。 そ の 結 果 、 根 治 疾 患 学 ・ 医 療 は 病 気 に 真 摯 に 立 ち な 壁 が 待 ち 構 え て い る 。 今 ま 気 も さ る こ と な が ら 老 化 と い で あ る 。 こ の 終 点 へ の 道 す が 結 果 が 奇 妙 に 一 致 し た 不 思 議 臓 死 を 迎 え る 。 人 類 の 知 恵 と ト命を がが動 生ちか 物ょし 学うて 的どい 限る 界 12年 0 。 にでこ 達あの しるエ 、。ン や全ジ エ ネ ル ギ ー を 供 給 し 、 私 た ち コ ン ド リ ア は 5 つ の 水 素 エ ン 生(。 物 学 12歳 0 何 処 的 に 全 く 正 し い 。 心 筋 ) で あ る 。 こ の 終 点 は へ 向 か っ て ?   無 論 、 ー ト ポ イ ン ト と し て 位 置 付 け 慣 習 で は な い 。 世 界 の 人 々 が 考 え 直 す の は 決 し て 日 本 人 だ い の に ・ ・ ・ 。 還 暦 を 節 目 に る 。 い ま や 還 暦 も 古 希 も 珍 事 の あ る 対 応 策 が 調 っ て い な い 十 分 に 応 え ら れ な い 。 そ れ ほ 社 会 で は 高 齢 者 の こ の 切 実 な ! ” を 望 む 。 と こ ろ が 、 現 在 、 出 来 れ ば 一 生 を 歩 い て 全 う も が “ 人 様 の 世 話 な ぞ な り た 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年3月 2

[close]

p. 3

言か人た当元 フると寝高うの齢疾ぎ単に人をすドのがい解制唯の っ?にく然気高レ高なた齢ど運者病るに入類守るで種ウ。放限一壁 て い る に 等 し い 。 こ れ は 難 し 過 ”、“ 不 老 不 死 の 方 法 は ? ” と 活 力 を 蘇 ら せ る こ と は で き る 言 え ば 、“ 足 腰 が 弱 っ て い る 老 のさ 質を 問取 でり あ戻 るせ 。な しい かで しあ 重ろ いう 。か 平?   齢 者 の フ レ イ ル に 積 極 介 入 し 、 イ ル 患 者 を 次 々 と つ く り だ す 。 齢 者 群 で あ る 。 ア シ の 不 健 康 が る 病 気 よ り も フ レ イ ル が 問 わ れ き り 老 人 が 問 題 視 さ れ た 。 原 因 社 会 で は ア シ の 健 康 が 奪 わ れ た 時 を 同 じ く し て 、 日 本 の 少 子 ・ 動 が 世 界 的 に 起 き て い る 。 ち ょ の ア シ の 健 康 、 独 歩 を 守 ろ う と 管 理 も さ る こ と な が ら 、 ま ず 高 。 そ こ で 、 高 齢 者 の 健 康 管 理 や 悪 い 生 活 習 慣 で 失 う ヒ ト が 多 す れ た 独 立 歩 行 。 こ れ を い と も 簡 が 長 い 進 化 の 過 程 で よ う や く 手 る 。 こ の 知 恵 を 大 事 に し た い 。 。 つ ま り 丈 夫 な ア シ は 健 康 寿 命 歩 け る 高 齢 者 ほ ど 元 気 で 長 生 き 類 を 問 わ ず 、長 時 間 、早 い ス ピ ー ォ ー キ ン グ 、 歩 行 で あ る 。 病 気 そ れ で 、 今 注 目 を 集 め て い る の さ れ た 文 明 人 に は 受 け 入 れ 難 で あ る 。 で も 飢 餓 か ら よ う や く の 老 化 防 止 策 は 摂 取 カ ロ リ ー の は と て も 険 し い 。 知 ら れ て い る 分 バをて均住入に た病うちでやレで称 間 3%0 ラ 頑 、 年 処 院 ま 10名 0 。 院 い が あ バ イ 言   にも ア 30m 0 ッ 以プ 上し もた 歩。 行 で 2%5 きの るヒ よト ン ス を 回 復 し 、 身 体 活 動 能 張齢 っ 3日0 た 間 8歳2 ヒ、の ト超 が 10単 0 高 、位齢 アの者 シ独で の歩あ 筋リる 力ハ。 に 戻 っ て い る 。 対 象 は な ん 高 齢 者 が 全 員 、 独 歩 で も と と ま っ た 。 楽 し く 頑 張 り 続 の 患 者 さ ん 〟 の 成 績 が 図 の 現で高 在 “、 歩 け る よ う に 平 成 2年5 4 月 か ら 齢 入 院 患 者 を 対 象 に な始、 りめ新 5るー 秒。ち でゃ き 3m0 ん な歩を い行つ 、がく ト怪ろ イしう レい、 歩、と 行片の ル を 克 服 し 、 元 気 な ジ ー ち え ば ア シ の 健 康 を 取 り 戻 し ” 独 歩 リ ハ ビ リ “ で あ る ) 。  うが力やビそと居けよたら潟が脚運ゃ、一 に が体リし平たたういれ南危立動んフ言通 退気真の高はうぎ 院 を め ざ す 病 院 づ く 持 ち で 始 め た の が “ 摯で にあ 応ろ えう ねか ば? な  らこ ぬれ 齢 者 の 気 持 ち を 叶 え な り た く な い ” と 強 “。 私 は 一 生 歩 き 、 る 。 で も 設 問 を 代 え (り 高 齢 。 そ に は る 方 く 願 人 様 た ら 者の医策っのど のよ療はて世う 独う者ない話だ 歩ながいるにろ DOPPO: Discharge Of elderly Patients from hosPital On the basis of their independent gait , 6 代 ば か う 独  の 歩 は は 後 の ハ よ 渡 な がなしに歩こ発リ発じはよビうりっ 後ら課しリの信ハ生めようリに切た 期 高 齢 者 に な る ま で に 、 な い 。 2 0 2 5 年 に 団 題 も 山 積 み で も あ る 。 急 た い 。 み ん な の 夢 で あ る ハ ビ リ を 誰 で も 受 け ら れ 結 果 を 長 く 維 持 し た い 。 で あ る 。 ビ リ で あ る 。 し か も 新 潟 し て い な い 。 安 心 ・ 安 全 た 。 も ち ろ ん 大 き な ト ラ い 。 再 発 予 防 の 効 果 も 分 に し て 回 復 し た 超 高 齢 者 一 年 後 の 成 績 も 出 て き た な る で あ ろ う 。 近 頃 、 独 り 、 お 買 い 物 に 出 掛 け ら 。 こ れ で 、 横 断 歩 道 を 安 介塊が。るこ かなブかの。歩れ全 護世ねしよの ら独ルり予こリるに    そビ防のリでよ立なパ んリすア”、うち高ワ なでるシを県に向齢ー 新回。の提民せか者が 潟復フ健唱運ねうは足 県しレ康し動ば高よら を つ く り ま し ょ う 。 再、 発 予 防 に 取 り 組 む 。 イ ル 高 齢 者 は 独 歩 リ ハ を 守 り 、 フ レ イ ル を 予 て い る 。 ま ず 、 高 齢 者 と し て の “ 独 歩 リ ハ ビ な ら な い 。 そ ん な 思 い 齢 者 が 新 潟 県 に 溢 れ る り 元 気 に 、 フ レ イ ル に な く な る ま で に 、 元 気   図 独歩リハビリ100名の成績  3 Report of Niigata Health Foundation Vol.14

[close]

p. 4

内大て目すめてを がき来的。たが知が んくまと古予んるん 登分ししく後のこの 録類たてよの罹と医 、し。種り情患が療 臓てこ々、報状重を 器、れのこな況要行 別地まがれどやでう が域でんらが診あに んがの登の必断りは 登んが録情要・、が 録登んが報と治しん の録登行収な療たの 、録わ集りをが実 3種 院 は れ を ま 含 っ 態 が ん 登 録 と は ま テ シ し 全 が た 従 義 登 の  すムスま国んが来務録推2 。のテす的登今地化法進0 概 略 に つ い て 述 べ た い と 思 い ム へ 移 行 し た 経 緯 及 び 新 シ ス 。 地 域 が ん 登 録 が こ の 新 し い に 統 一 さ れ た が ん 登 録 が 発 足 録 の シ ス テ ム も 新 し く な り 、 回 の 新 し い 法 律 の 施 行 で 地 域 域 が ん 登 録 を 行 っ て お り ま し と な り ま し た 。 新 潟 県 で は 、 )」 が 施 行 さ れ 、 が ん 登 録 が に1 関6 す年 る 法 1月 律よ 」( 以 下 「、 り 「 が ん 登 が録 ん等 わ県んは 性そま把握死のめ考療門れ主別集りは類 れへ登県ことのす握す亡地の慮実病までが計該、に ての録単の正地。にる、域もし態院すあんが当古分 来普協位重確域しはたさでのてをで。り登行すく類 ま及議で要なでた最めらので今把行院、録わるよさ しや会古な情発がものにがす後握わ内そはれがりれ た登なく地報生っ重も医ん。のしれがの専てん学ま 。録どよ域のして要の療症地医、てん症門来の会す し率をりが把た地なでの例域療他お登例分ま詳や。 か向通行ん握が域方、現にがの施り録に野し細研臓 し上じわ登がんが法が状つん参設、ははかたな究器 地のてれ録重症んとんやい登考と自大偏ら。医会別 域努全、は要例登なの変て録にの施病りのこ療なが の力都全本での録っ実遷罹はす比設院も登の情どん 網も道国邦す網でて態を患一る較のや見録臓報に登 羅行府がで。羅はいの把や定たも医専らが器のよ録 わ は も 登 1 が ま 射 に 1 り 宮 は 最 振  り新 、潟 県 2市 を を含 除め いた て も 3県 が 20の 新 道し 府く 県加 増 え て き ま し た 。 1 9 9 1 年 に 録 を 開 始 し 、 以 後 徐 々 に 登 録 地 域 9 6 2 年 に は 愛 知 県 や 大 阪 府 が ん 登 録 は 1 9 6 0 年 に 宮 城 県 、 し た 。 そ の 後 、 都 道 府 県 の 地 域 線 影 響 の 調 査 も 兼 ね て 開 始 さ れ 長 崎 市 で そ れ ぞ れ 原 爆 に よ る 放 9 5 7 年 に 広 島 市 、 1 9 5 8 年 ま す 。 本 格 的 な 地 域 が ん 登 録 は 城 県 で の が ん 罹 患 率 の 報 告 が あ 1 9 5 4 年 に 東 北 大 で 行 わ れ た 初 の 地 域 が ん 登 録 と 言 え る の り 返 っ て み ま す と 、 日 本 で の 今 ま で の 地 域 が ん 登 録 の 歩 み を ( 他 国 と の 法 制 化 に 比至 較る もま 含で めの )地 域 が ん 登 録 がと地性 んで域や 登今が登 録後ん録 がは登率 望精録は ま度を十 れの法分 ま高的で すい義は 。全務な 国化く 的と、 なす今 地る回 域この が ん 登 録 等 県 立 が の 推 ん セ ン 進 に タ関 ー 新 す 潟る 小 病 院 参 法 律 越 与( 新 潟 和 県 が の 施 行 に ん 栄 登 録 つ い 室 ) て ん の の 会 1 録 の す が 1 が  登し務留てれ行は策たの増た域がなで 登 録 の 有 効 性 や 必 要 性 が 浸 透 し 、 頃 に な り ま す と 、 欧 米 で は 地 域 が が ん 罹 患 率 も 発 刊 さ れ ま し た 。 こ ( I A C R ) が 設 立 さ れ て 五 大 陸 9 6 6 年 に は 国 際 が ん 登 録 協 議 が 行 わ れ る よ う に な り ま し た 。 先 進 国 で は 相 次 い で 地 域 が ん 登 。 1 9 4 0 年 代 に な り 北 欧 な ど ん 登 録 が 最 初 と い わ れ て お り ま 9 2 9 年 に ハ ン ブ ル グ で の 地 域 ん 登 録 は 古 く よ り 行 わ れ て お り 、 一 1日 録 て 化 方 、 欧 米 な ど 先 進 国 で の 地 域 よ り 実 施 の 運 び と な り ま し た 。 法 が 制 定 さ れ 2 0 1 3 年 て 2 0 1 6 12月 に よ う や 年く が 1月 ん の 機 運 が 高 ま っ て 来 ま し た 。 そ まもま りまし 、だた 他が。 国んし の登か よ録し う施2 な行0 法道0 律府7 に県年 よはに るな 義 35に っ う 体 制 を 整 備 す べ き こ と が 明 記 さ が ん 医 療 情 報 の 収 集 お よ び 提 供 を 基 本 法 に は 国 お よ び 地 方 公 共 団 体 2 0 0 6 年 に 制 定 さ れ た が ん 対 発 生 状 況 の 把 握 が 明 記 さ れ 、 ま 進 法 に は が ん を 含 む 生 活 習 慣 病 。 2 0 0 3 年 に 施 行 さ れ た 健 康 が ん 登 録 も 発 展 し て ま い り ま し ん 登 録 全 国 協 議 会 が 発 足 し て 地 り ま し た 。 1 9 9 2 年 に は 地 域 地 域 が ん 登 録 が 行 わ れ る よ う に 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年3月 4

[close]

p. 5

年録 )の 手 2. 引 祖き 父、 江改 友定 孝第 、 わ 5版 が( 国2 に0 お1 け3 が ん 登 録 全 国 協 議 会 、 地 域 が ん 登 歴 史 と 諸 外 国 ( 参 考 文 献 : 来 る よ う に な の 地 域 1. 第 る と 考 が ん 6章 え ら 登がれ 録んま 、登す 地録。 域の が ん 登 録 デ ー タ を 集 計 す る こ と が 出 の 法 制 化 に よ り 網 羅 性 と 精 度 の 高 い い ま す が 、 わ が 国 で も よ う や く 今 回 ん 登 録 の 標 準 化 と 義 務 化 が な さ れ て こ の よ う に 、 多 く の 先 進 国 で は が で が ん 登 録 が 義 務 化 さ れ て い ま す 。 2 0 0 3 年 に 制 定 さ れ た が ん 対 策 法 作 成 さ れ て い ま す 。 ま た 韓 国 で も ま た オ ー ス ト ラ リ ア も 州 毎 の 規 定 が そ の 後 の 改 定 で カ ナ ダ も 含 め た り 、 1 9 7 1 年 に が ん 登 録 法 を 制 定 し 、 て い ま す 。 こ れ ら に 属 し な い 米 国 は 織 ( G R E L L ) を 作 り 活 動 を 行 っ 圏 の 国 で も ラ テ ン 語 圏 が ん 登 録 組 す 。 ま た 南 ヨ ー ロ ッ パ の ラ テ ン 語 が 義 務 化 さ れ て 今 日 に 至 っ て い ま く と も 色 々 な 法 律 で 多 く の 国 で 登 録 国 は 国 と し て 統 一 し た 登 録 法 で は な 行 っ て い ま す 。 こ れ に よ っ て 北 欧 各 立 さ れ 、 作 業 の 標 準 化 と 精 度 向 上 を 登  録1 ネ9 ッ8 ト9 ワ年 ー ク ( E N C R に は ヨ ー ロ ッ )パ がが 設ん よ う に な り ま し た 。 多 く の 国 で 地 域 が ん 登 録 が 行 わ れ る ん 登 録 届 出 マ ニ ュ ア ル 2 0 1 6 」 を に 各 病 院 に 配 布 さ れ て い る 「 全 国 が は 紙 面 の 都 合 上 省 略 し ま す が 、 す で る 点 も あ り ま す 。 そ の 詳 細 に つ い て 来 の 新 潟 県 地 域 が ん 登 録 と 多 少 異 な あ り ま す が 、 そ の 細 部 に つ い て は 従 の 基 本 的 事 項 は 従 来 と ほ ぼ 同 じ で は と な 6. 5. 4. 3. 2. 異 1. 全 っそがががが型が国 てのんんんん度んが い ま す 。 こ れ ら の 記 載 内 容 他 ( 診 断 根 拠 等 ) 治 療 の 内 容 の 発 見 経 緯 の 進 行 度 の 診 断 日 或 い は 分 化 度 な ど を 含 む ) のん 種登 類録 ( 原 発 部 位 、 組 織 型 、 で 届 出 る 主 な 項 目 は   容 も ほ ぼ 同 様 で す 。 録 と 今 回 の 全 国 が ん 登 録 で の 登 録 内 た た め 、 今 ま で の 新 潟 県 地 域 が ん 登 登 録 の 手 引 き 」 を 参 照 し て 作 成 さ れ 全 国 協 議 会 で 作 成 さ れ た 「 地 域 が ん 「 新 潟 県 が ん 登 録 の 手 引 き 」 は こ の は 大 き な 相 違 は あ り ま せ ん 。 本 来 、 ん 登 録 全 国 協 議 会 の 内 容 と 基 本 的 に 録 内 容 は 、 従 来 行 わ れ て い た 地 域 が 今 回 施 行 さ れ る 全 国 が ん 登 録 の 登 新 し い 「 全 国 が ん 登 録 」 の 内 容 J.Natl.Public Health.57.2008 る が ん 登 録 の 現 状 と 今 後 の 方 ) 向 性 、 り届緒当テれ がり日録 い行医み治確なはあが以と義は 、出に分ムた2必、以さこいっ療ま療定り手りん外に務、今 pの行はに症0要診降れのたてをすは診ま上ま登の届と病回 d f フ ァ イ ル に よ る 電 子 届 方 法 は 従 来 と は 大 き く 異 な わ れ る こ と に な り ま す 。 新 旧 両 シ ス テ ム で の 登 録 が 一 よ っ て 登 録 す る こ と に な り 、 例1と断にる新 は5な年が症し 従年りのん例い 来 ま翌とはが の 1月2 す 年 診 、 ん 地 。 断2登 域 3日1 1月2 さ 0 録 がま 末れ1法 んで また6に 登に で症年よ 録診 に例 っ シ 断 届 で 1月 て スさ 出あ 登 1 し ま す 。 頂 き 、 そ の 上 で の 登 録 を お 願 行 う 診 療 所 は 県 に 指 定 申 請 を 。 し た が っ て 、 こ れ ら の が ん 勿 論 単 に 末 期 の 観 察 な ど も 含 断 ( X 線 や 内 視 鏡 も 含 め ) や す 診。 療 所 で の が ん 医 療 と は 、 げ 方 式 で 登 録 し て 頂 く こ と に せ ん が 、 が ん 診 療 を 行 う 施 設 録 は 病 院 と は 異 な り 義 務 で は 個 人 開 業 医 を 含 む 診 療 所 で は 出 す る こ と に な り ま す 。 病 院 な り 、 院 内 が ん 登 録 情 報 を も 院 で は が ん 登 録 を 行 う こ と が 法 制 化 さ れ た 全 国 が ん 登 録 全 国 が ん 登 録 の 届 出 に つ い て 参 照 し て い た だ き た い と 思 い ま す 。 団ん不配ンんれ保 上申登 に登明の」登ら護まで請録が お録な必で録のにたのをのん 問室点要もに規関、利行場情 いまがは厳お定しが用い合報 合 わ せ 下 さ い 。 た は 新 潟 県 健 康 づ あ り ま し た ら 、 新 あ り ま せ ん 。 以 上 し い 規 定 も あ り 、 け る 情 報 保 護 ガ イ は 明 確 で あ り 「、 て も 、 新 し い 法 律 ん 登 録 に 関 す る 個 が 可 能 と な り ま す 新 潟 県 で の 承 認 を と 同 様 に 、 デ ー タ の 提 供 は 従 来 の 地 く潟で特ド地で人。受利域 り県もにラ域も情 け用が 財がし心イがこ報 たのん はあたた録 もで提専に登出 容るこデの新可は出用配録票 易たれー一潟能なし封布届を に 可 能 と な り ま す 。 め 、 地 域 格 差 等 の 比 較 も ら の 情 報 は 全 国 統 一 デ ー タ の 入 力 作 業 を 行 い ま す 端 と し て 新 潟 県 内 で 登 録 県 が ん 登 録 室 は 、 全 国 が に な る か と 思 わ れ ま す 。 く イ ン タ ー ネ ッ ト 上 で の て 頂 き ま す 。 い ず れ は 筒さ出 で 新 潟 県 健 康 づ く り 財 れ る C D -R に 保 存 支 援 サ イ ト に あ り )、 作 成 し ( 記 載 様 式 は 全 国 今タ。さん 登C団し事が 後でまれ登 録Dにて前ん 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.14

[close]

p. 6

「 フ レ イ ル 」 と は 、 こ の よ う に 加 の か な と 感 じ ま し た 。 と に 気 が つ き 、 や は り 齢 を と っ た 間 違 い な く 回 復 力 が 落 ち て い る こ 時 と 比 べ 軽 傷 で あ っ た は ず な の に 、 レ ス 腱 を 切 っ た こ と が あ り 、 そ の ビ リ を 行 い ま し た 。 若 い 頃 に ア キ の 試 合 で 左 膝 の 靱 帯 を 痛 め 、 リ ハ か く い う 私 も 、数 年 前 に ラ グ ビ ー の 程 度 い ら っ し ゃ る で し ょ う か 。 続 し 、 順 調 に 回 復 で き る 人 は 、 ど の リ ハ ビ リ を き ち ん と 規 則 的 に 継 を 過 ぎ て 、 維 持 期 と 呼 ば れ る 時 期 が 、 実 際 に 自 宅 へ 戻 っ て 、 回 復 期 の 医 学 的 リ ハ ビ リ は 最 も 重 要 で す こ う し た 急 性 期 あ る い は 回 復 期 も ち ろ ん そ れ は 正 し い 認 識 で す 。 メ ー ジ を 抱 く 人 が 多 い と 思 い ま す 。 歩 い た り 身 体 を 動 か す 、 と い う イ 受 け 、 退 院 し て 自 宅 へ 戻 る た め に な ど で 入 院 し て い る 人 が 、 治 療 を ハ ビ リ )」 と 言 え ば 、 脳 卒 中 や 骨 折 「 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 」( 以 下 「 リ く 差な摘にんがま均い一女き 延いはかすなど齢 維健は統さなで、す寿ら方性ら新ばろ避「。くもに 持康確計れりい全。命れ、はれ潟し「けフ人な加伴 すな実指てやる国要よる健全る県で手らレ間っわい る こ と 。 フ レ イ ル の 状 態 人 で あ れ ば 今 の 状 態 を 長 に 縮 ま っ て い ま す 。 標 を み る 限 り 、 全 国 と の き ま し た 。 し か し 、 様 々 す い 、 と い っ た こ と が 指 、 脳 卒 中 が 多 く 寝 た き り に 比 べ 本 県 は 高 齢 化 が 進 因 は 明 確 で は あ り ま せ ん り も 順 位 が 低 く な っ て い か ) は 、 男 女 そ れ ぞ れ 平 康 寿 命 ( 何 歳 ま で 健 康 で 国 で 上 位 と い う 状 況 で す 。 か ) は 、 男 性 が 全 国 中 位 、 の 平 均 寿 命 ( 何 歳 ま で 生 き る こ と も 確 か で す 。 」 を 尽 く せ ば 、 そ れ を 先 れ な い こ と で す が 、 い ろ イ ル 」 の 状 態 に な る こ と に 寿 命 が あ る 以 上 、 い つ た 状 態 と イ メ ー ジ さ れ ま っ て 、 徐 々 に 自 由 が き か 、 あ る い は 病 気 や け が な 視因県 係個にま病げ標の健 き広つ局少もし延に 点子にこ者人変せ気るとみ康図なげ一面し、てばな か)なれやのえんの要位な寿に課てつごでリ病しり ら 、 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 、 に 総 合 的 に 対 処 す る と い う る よ う 、 様 々 な 要 因 ( 危 険 か ら の 新 潟 県 が よ り 健 康 な 地 域 社 会 の 支 え が 必 要 で す 。 努 力 に 加 え 保 健 医 療 福 祉 関 て い く こ と が で き る よ う 、 。 生 活 習 慣 を 望 ま し い 方 向 予 防 ・ 治 療 だ け に と ど ま り 因 を 取 り 除 く と い う こ と は 、 置 付 け ら れ ま す 。 そ れ を 妨 ら ず 、 日 本 全 体 の 大 き な 目 命 を 延 ば す こ と は 、 新 潟 県 示 し た よ う に 、 平 均 寿 命 、 題 と 考 え て い ま す 。 い く こ と が 、 こ れ か ら の 大 の 点 か ら 線 、 線 か ら 面 へ と と で の 様 々 な 「 手 」 を 、 一 も 改 善 す る こ と 。 こ う し た ハ ビ リ テ ー シ ョ ン で 状 態 を 気 や け が を 負 っ て し ま っ て す る こ と 。 そ し て 、 不 幸 に つ つ あ る 人 は そ の 進 行 を 先 図 健康寿命延伸に向けたリハビリテーション/フレイル対策の位置づけ (イメージ;山﨑作成) 新 潟 県 山 福 祉 保 健 﨑 部 副 部  長 理 新 潟 県 の リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン と フ レ イ ル 対 策 の 展 望 りげそ ま、し す発て 。展フ をレ めイ ざル し対 取策 りへ 組と ん視 で野 まを い広 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年3月 6

[close]

p. 7

病は れま活師は で糖療 て前てての会 を 否 、「 平 2と4 県 成な内 す 。 動 が や コ 高 齢 各 医 も 入 尿 病 関 係 医 師 い ま に 作 ほ し ほ し 方 へ 」 は 日 本 定 で き な い 」 と い う 現 在 、 4歳 0 以 上 の 2年 5 国 民 健 4人 康 に・ 栄 1人 養 は調 糖査 尿で り ま し た 。 で も 3ほ 0 ど あ っ た 会 は 現 在 近 年 で は 解 散 す る 会 も み ら 休 止 状 態 の 会 も 多 く 見 ら れ メ デ ィ カ ル が 行 っ て お り 、 に な っ た 会 員 や 、 多 忙 な 医 療 機 関 の 「 友 の 会 」 の 運 営 会 す る こ と が で き ま す 。 に 関 心 の あ る 方 な ら ど な た 者 、 患 者 さ ん だ け で な く 、 、 看 護 師 、 栄 養 士 な ど の 医 す 。 らいい れ た 患 者 会 と い う 願 い 病、 気 に 負 け かかな ららい はで じ 5年0 頑 まほ張 っどっ 、 よ り 充 実 し た 生 活 を 送 っ 糖 尿 病 患 者 さ ん と そ の 家 族 糖 尿 病 協 会 の 「 糖 尿 病 友 の 糖 尿 病 友 の 会 新 潟 ブ ル ー サ ー ク ル セN ンN P タP O ーO 法 で活 人 一動 新 般と 潟 向し ブ けて ル には 講 座 と し て 、 カ、 ル チ ャ ー ー サ ー ク ル お情個医 ク得か人紹報個ク 必と門労超 届報人院現ルらっ新介を人リ糖須い医働高 け誌な・ しさど調 てか 剤 い ま す 。 え 5施1 」設 をを 通 12名 0 し 程て の「 方糖 々尿 に病 薬 局 ・ 介 護 施 設 ・ 企 業 、 在 、 病 院 ・ ク リ ニ ッ ク ・ 歯 科 」 を 開 設 し ま し た 。 れ る 「 友 の 会 新 潟 ブ ル ー サ ー て い な く て も 糖 尿 病 の 情 報 を 潟 ブ ル ー サ ー ク ル は 病 院 に か で き る 組 織 と し て N P O 法 お 届 け し 、 糖 尿 病 啓 発 活 動 を の 方 な ど に も 糖 尿 病 の 最 新 情 ニ ッ ク や 調 剤 薬 局 、 介 護 施 設 、 尿 病 友 の 会 を 活 発 化 し 、 一 般 と 考 え ら れ ま す 。 う 点 か ら も 糖 尿 病 啓 発 活 動 は の 数 が 全 国 比 で 下 か ら 3 番 目 者 減 少 、 新 潟 県 内 の 糖 尿 病 専 齢 化 社 会 に お け る 医 療 費 や 、 く活情 支各バ多そは尿 のス プ公健運レセは月 、 糖 尿 病 を お 持 ち の 方 の 意 見 も 動 内 容 の 検 討 を 医 療 者 だ け で な 報ま援 誌「 さ か え 」の 見 ど こ ろ の た 、 月 に 1回 交 流 会 を 者 か ら の 寄 付 で す 。 作開 成き 、、 財 行・団 政 か ら の 助 成 金 や 補 助 金 、 ー が 行 っ て い ま す 。 活 動 資 金 は 、 職 種 な N B C ボ ラ ン テ ィ ア メ ン 分 け 隊 ・ 糖 尿 病 を お 持 ち の 方 な ど じ め 、 学 生 ・ 一 般 市 民 の 元 気 お す CDE-niigata 病 療 養 指 導 士 ( ) を 企 画 運 営 は 、 医 師 、 新 潟 県 地 域 糖 お 手 伝 い な ど を 行 っ て き ま し た 。 ト や 「 医 療 カ フ ェ 」 血 糖 測 定 会 そ の 他 、 糖 尿 病 ポ ス タ ー コ ン テ チ「 糖 」セ ミ ナ ー も 行 っ て い ま す 。 開 講 座 、 職 場 、 学 校 な ど に 出 張 康 イ ベ ン ト や 施 設 、 病 院 の 市 民 動 の 3 部 構 成 で す 。 こ れ を 基 に ク チ ャ ー ・ 意 見 交 換 会 ・ 楽 し い ミ ナ ー を 行 っ て い ま す 。 糖 尿 病 調 理 実 習 ) の 糖 尿 病 教 室 「 糖 」 に 1 回 5 回 シ リ ー ズ ( 3 回 目 新 潟 ブ ル ー N P サ Oー 法 人 新 ク ル 潟 ブ ル の 活 石 ー サ ー 動 に ク 川 ル 理 事 つ い て 睦長 実 糖尿病友の会 友の会 新潟ブルーサークル ・病院・糖尿病専門医 ・一般診療所 ・歯科医院 ・調剤薬局 ・介護施設 ・学校・専門学校・大学 ・その他 ・糖尿病に興味のある方 各病院友の会○○ 各病院友の会○○ 各病院友の会○○ 専門クリニック 友の会○○ 図 新潟県糖尿病協会 糖尿病協会新潟県支部 し て み て く だ さ い 。 「 新 潟 ブ ル ー サ ー ク ル 」 で を 利 用 し 活 動 報 告 を し て い ま す の 発 行 ・ ホ ー ム ペ ー ジ ・ し た い と 考 え て い ま す 。 N B C 配 布 や イ ベ ン ト 情 報 を お 届 け ・ 会 員 に な っ て い た だ き 、 広 く 情 病 に つ い て 知 識 を 得 た い 方 な ど ン ト ロ ー ル で き て い る が も っ と 患 者 さ ん や 医 療 者 だ け で な く た だ く こ と に な り ま し た 。 協取 会平り の成入 事れ 務 局 の お 手 伝 い を さ せ 2年 8 度 よ り 、 新 潟 県 糖 て 作 成 し て い ま す 。 検。 通配報に糖、 て尿 索 信信誌も尿コ い病 facebook 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.14

[close]

p. 8

平 成 2年8 三条市 がん対策推進事業講演会 開催状況 3月 2日0 三条市と新潟県健康づくり財団では、三条信用金庫様から共催いただき「がん対策推進事業講演会」 発 行 を1月21日(木)に、三条東公民館で開催しました。積雪もあり、小雪の舞う寒い日でしたが、予想を大き   編 く超える250名の方から御参加いただき、会場は熱気に包まれました。 集 講師には新潟県立がんセンター内科部長の船越和博先生を 発 行 お迎えし、「がんセンターのドクターに学ぶ 大腸がんの見つけ   公 方と最新診断・治療法」と題して、講演をいただきました。   益 財 講演の前半は、大腸の仕組みや、大腸がんはどのような病 団 法 気か、大腸がん検診の有効性などを、データや画像を使ってわ 人 かりやすく説明していただきました。三条市の検診受診率と精 新 潟 検受診率は県内の市町村と比較して悪い数字ではないという 県 健 お話でしたが、さらなる受診率の向上を目指して、受診勧奨や 康 づ 新潟県立がんセンター内科部長 船越和博先生 啓発活動などを行っていきたいと思います。 く り 後半は、船越先生の専門分野である大腸の内視鏡診断と治 財 団 療について、内視鏡で見る大腸がんの画像や、実際の内視鏡治療(粘膜下層剥離術)の迫力ある動画を ( 見せていただくことができ、非常に貴重な機会となりました。大腸がん検診は便潜血検査で「要精検」と 県 医 判定されても、やはり内視鏡検査は「痛い」「恥ずかしい」という理由で抵抗がある方が多く、ほかのがん 師 会 検診に比べて精検受診率が低い傾向にあります。しかし、早期がんであれば5年生存率が非常に高いこ 館 内 と、おなかを切る手術やお金のかかる抗がん剤治療をしなくても、内視鏡手術などで治療を受けられる   ) ということなど、長年多数の大腸がん患者 新 潟 を診察されてきた船越先生から説得力のあ 市 中 るお話を聞くことにより、精密検査をきちん 央 区 と受けることの重要性が強く伝わってきま 医 学 した。 町 「CTコロノグラフィー」や「PET-CT」の 通 二 診断画像を見せていただいたり、最新の大 番 町 腸がん予防に関するお話しを聞くこともで 十 三 き、がんセンターのドクターならではの講演 番 地 に参加者の満足度も非常に高く、有意義な   講演会となりました。 電 話 三条市 福祉保健部健康づくり課 予想を超える参加者で一杯となった会場 0 2 ※当財団では平成28年度も4市町と共催で生活習慣病等に関する講演会を開催する予定です。 5 ー 2 2 4 ー  表紙写真説明 6 1 6   1 今号がお手元に届くころには九州、関東方面などでは桜の開花宣言が出ている頃 かもしれません。桜とSLのコラボは鉄道写真の代表的なテーマです。 今回の写真は平成24年の春に撮影したものですが、ヘッドマークをよく見てい ただくと「SLばんえつ物語」の文字の下に「絆」という文字が入っています。前 年3月に発生した東日本大震災後の新潟と福島の「絆」を表わすために掲げられた ものと思われます。 未曾有の大震災から5年が経過しましたが、震災直後は「絆」という言葉が盛ん に使われました。しかし、時がたつにつれて徐々に震災の記憶が薄れ、この言葉も使われなくなってきたように感じます。 震災から5年の節目を迎えるにあたり、改めて人と人との「絆」の大切さについて考えてみてはいかがでしょうか。 当財団も関係機関の皆様方と「健康づくり」を通じた「絆」を築いていけるように業務に取り組んでまいります。 (普及情報課 小柳英治:平成 24 年 4 月下旬、阿賀町白崎地内にて撮影) 表紙題字 書家 大矢大拙 氏 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成28年3月 8

[close]

Comments

no comments yet