陽光13号

 

Embed or link this publication

Description

陽光13号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

あ る 。 こ ん な 実 体 の な い も の が 信 じ を つ か さ ど る 」( 広 辞 苑 第 六 版 ) と か れ 、 消 化 吸 収 お よ び 大 小 便 の 排 泄 造 で 、 辞 書 を 引 く と 「、 上 中 下 に 分 「 三 焦 」 は 、 解 剖 学 用 語 に は な い 構 膀 胱 の 六 つ だ と い わ れ る 。 こ の う ち 六 腑 は 大 腸 、 小 腸 、 胆 嚢 、 胃 、 三 焦 、 肝 臓 、脾 臓 、肺 、腎 臓 の 五 つ で あ る が 、 「 五 臓 六 腑 」 の う ち 、「 五 臓 」 は 心 臓 、 さ れ 、 そ れ が 信 じ ら れ て い た 。 こ の ら だ の 中 に は 「 五 臓  『 解 体 新 書 』 以 前 六の 腑日 」本 がで あは る、 とか な っ て い る 。 と し て 抄 訳 し 、 紹 介 し た こ と が 鍵 に オ ラ ン ダ の 解 剖 学 書 を 『 解 体 新 書 』 が 、 こ こ で も 前 野 良 沢 や 杉 田 玄 白 が ン ダ 医 学 ( 蘭 学 ) に 始 ま っ た わ け だ で 、 長 崎 の 出 島 か ら 入 り 込 ん だ オ ラ 代 医 学 は 、 江 戸 時 代 と い う 鎖 国 の 中 切  り近 離代 すの こ医 と学 がの で始 きま なり いは 。、 日解 本剖 の学 近と 日 本 の 解 剖 学 の 夜 明 け 拠 の 概 こ い 学 離 医 は め 時  の な い も の で あ っ た こ と も 見 逃 し 混 合 の 具 合 に よ る も の だ と い う 根 念 的 で 、 病 気 も 四 種 類 の 「 体 液 」 の 当 時 の 人 体 の 構 造 の 理 解 は ま だ た こ と で 知 ら れ て い る と。 は い え 、 に 発 展 さ せ 、 医 の 倫 理 の 基 本 を 説 し 、 臨 床 と 観 察 を 重 視 し た 経 験 科 学 を 原 始 的 な 迷 信 や 呪 術 か ら 切 り 、紀 元 前 40年 0 ご ろ に 活 躍 し た 人 で 、 ら れ る ギ リ シ ャ の ヒ ポ ク ラ テ ス 代 が あ っ た 。 医 聖 と し て 今 で も 崇 西 洋 に お い て も 、 こ れ と よ く 似 た 西 洋 の 解 剖 学 と 近 代 医 学 でうにし刑き学ら きなどた場、書れ る解れ蘭でそにて こ剖ほ学罪の接い と学ど者人事した で者驚たの実、時 はで嘆ち腑確そ代 ななしが分認のに いくた、けの精、 かてこそ(た緻オ ともとの解めなラ 思十か図剖に解ン う分。の)小剖ダ 。想私正を塚図の 像の確見原に解 がよさ学の驚剖 の 原 本 も こ の 系 譜 の 中 に 位 置 す る 解 解 剖 学 の 基 礎 を 築 い た 『。 解 体 新 書 』 と し て 1 5 4 3 年 に 出 版 し 、 近 代 (造 』) D e h u m a n i c o r p o ris f a b ric a り 得 ら れ た 結 果 を 、 大 著 『 人 体 の 構 る 。 ヴ ェ サ リ ウ ス は 実 際 の 解 剖 に よ ( 1 5 1 4 ︱ 1 5 6 4 ) の 業 績 で あ は 、 ア ン ド レ ア ス ・ ヴ ェ サ リ ウ ス に お い て 大 き な 役 割 を 果 た し た の 興 味 の も の で あ っ た 。 一 方 、 医 学 学 に は ほ と ん ど 貢 献 し な い 個 人 的 な ダ ・ ヴ ィ ン チ の 仕 事 は 、 医 学 や 解 剖 実 に 正 確 な 解 剖 図 が 多 い 。 も っ と も 少 概 念 的 な 図 は 別 に し て 、 今 見 て も ザ ー 城 に 残 さ れ て い る が 、 初 期 の 多 学 手 稿 」 と し て イ ギ リ ス の ウ ィ ン 彼 の 描 い た 解 剖 図 は い わ ゆ る 「 解 剖 レ オ ナ ル ド ・ ダ ・ ヴ ィ ン チ で あ る 。 イ タ リ ア の 天 才 画 家 と し て 知 ら れ る 1 5 0 0 年 頃 か ら で 、 そ の 一 人 は 記  載人 す体 る よ う に な っ た の を 解 剖 し て そ の 構 造 はを 、詳 実し はく て は な ら な い だ ろ う 。 医 学 新の 潟 大 学 基 礎 大 学 院 と し 医 歯 学 て の 総解 合 研 剖 牛 究 科 学 顕 木 微 解 剖 学 辰教 授 男 わ を ル 解 造 と  る を な 肉 体 て  け観程能に、か。調り眼をもと で察度)た当ら べ、でメ、こ あすなはど然だ る顕解スころ るるのせりだの こ微剖とれで 。にでい着が構 と鏡すピま私 そは、ぜく目造 をでるンでの の顕そい。には 専かもセ述専 点微れ 肉見細 門らのッべ門 で 鏡 よ 0・ 眼 え か とだとトては 、がり のなく しのはでき解 肉 必 小 1ミ 解 い 調 た正ち切た剖 眼要さリ像細べ も常ょりよ学 でになメ力かて ののっ開うと 行な構ー(ない で構といに言 うる造ト分構く あ造異て人っ 顕 微 鏡 を 用 い た 解 剖 学 い う 切 り な で た 医 状 は 識  剖 るなっ、けあれ学態かがこ学 。近てまれる、がとら基う書 代もたば。科本しだ盤しと 医 学 の 背 景 に 裏 打 ち さ れ て 切 り 離 せ な い の は 、 こ の よ 解 剖 実 習 が 医 学 教 育 か ら な ら な い も の が 解 剖 学 で あ 今 で も 医 学 生 が 最 初 に 学 ば 学 と し て 発 達 し 始 め た わ け 当 の 意 味 で 迷 信 か ら 解 き 放 て 理 解 さ れ る よ う に な り 、 の 構 造 が 正 常 か ら 逸 脱 し た と な り 発 展 を 始 め た 。 病 気 て 近 代 医 学 は 、 解 剖 学 の 知 い う こ と が で き る 。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年11月 2

[close]

p. 3

け で 、 私 は 電 子 顕 微 鏡 や そ の ほ か の る よ う に な っ て き て い る 。 そ ん な わ 高 性 能 の 顕 微 鏡 が 開 発 さ れ 、 使 わ れ な い も の も 多 く 、 今 で は さ ま ざ ま な 造 は 光 学 顕 微 鏡 の 分 解 能 で は わ か ら と っ て い る 。 ま た 、 細 胞 の 内 部 の 構 み  重当 な然 っ て 三 次 元 の 複 雑 の こ と だ が 、 細 胞 の な社 構会 造は を積 い る わ け で あ る 。 肝 臓 や 腎 臓 と い う 「 器 官 」 が で き て か っ て き た 。 こ の 組 織 が 集 ま っ て 、 胞 の 社 会 を つ く っ て い る こ と も わ 列 や 形 態 を と り 「、 組 織 」 と い う 細 す る の で は な く 、 集 ま っ て 一 定 の 配 の 細 胞 は か ら だ の 中 で 無 秩 序 に 存 在 の 分 裂 に よ り 生 じ る 。 さ ら に こ れ ら 胞 は 無 か ら 生 じ る こ と は な く 、 細 胞 る体位 こでの とは集 が一ま 明個り ら体で かにあ に約る なこ っ 6兆0 と た個が 。のわ ま細か た胞り 、が、 細あ人 だ は 、「 細 胞 」 と い う 生 命 の 最 小 単 顕 微 鏡 の 発 明 に よ り 、 私 た ち の か ら 年 頃 に 開 発 さ れ た も の で あ る 。 光 学 ズ の 加 工 技 術 が 発 達 し た 1 6 0 0 と 思 う が 、 こ の 光 学 顕 微 鏡 は 、 レ ン 像  さ顕 れ微 る鏡 のと は言 光っ 学た 顕場 微合 鏡、 でふ はつ なう いに か想 「 顕 微 解 剖 学 」 と い う こ と が で き る 。 解 剖 学 、」 顕 微 鏡 を 使 っ た 解 剖 学 を 解 剖 で 得 ら れ る 知 識 や 研 究 を 「 肉 眼 け で あ る 。 確 か に 「 が ん 」 社 会 の 破 綻 に よ っ て 生 じ る 築 い た 。 病 気 は 細 胞 の 異 常 え を 提 唱 し て 、 細 胞 病 理 学 ら か に す る こ と が で き る 」 細 胞 を 観 察 す る こ と で そ の ︱ 1 9 0 2 ) は 「 す べ て ル ド ル フ ・ ウ ィ ル ヒ ョ ウ ( も 変 わ っ て き た 。 た と え ば か っ て く る こ と に よ り 、 病 の  こ医 と学 や 細 胞 の 社 会 の 仕 の 歴 史 の 話 に も ど る はとやのと病の1ド気組と 、い細基い態病8イのみ、 正う胞礎うを気2ツ概が細 常わのを考明は1の念わ胞 し た 医 学 の 発 展 に も 関 わ っ て い る こ 遺 伝 子 や 蛋 白 質 と い う 物 質 を 中 心 と て 、 多 様 な 医 学 の 分 野 を 結 び つ け 、 う 精 緻 な 「 眼 」 を 使 っ た 観 察 を 通 し な く 、 現 代 に お い て は 、 顕 微 鏡 と い て 大 き な 役 割 を 果 た し て き た だ け で 「 解 剖 学 」 が 、 近 代 医 学 の 基 盤 と し そ れ 始 め た よ う で あ る 。 と は い え 、 れ  語解 る剖 ま ま に 、 い つ の 間 に 学 の 話 か ら 始 ま っ て 、 かつ 話れ がづ お わ り に 病 気 は 細 胞 か ら 図 走査電子顕微鏡で見た気管の内腔(ラット) と造顕 しを微 て三鏡 い次を る元使 (的い 図に、 )。 解 析 細 胞 すや る組 こ織 との を微 専細 門構 なもこ子なお様分御て子でだちんそを いっともっりな子もいやはけろ研の逸 だとを細て、ア遺、る分なでん究「脱 ろも思胞い医プ伝細。子い病現のがし う 。 基 盤 的 な こ と と 言 え な く も え ば 、 正 常 の 構 造 の 理 解 は と 組 織 の 中 で 機 能 し て い る る 。 と は い え 、 遺 伝 子 も 分 学 研 究 は ま す ま す 複 雑 に ロ ー チ が 必 要 と さ れ て き て 学 的 な ア プ ロ ー チ な ど 、 多 胞 生 物 学 的 な ア プ ロ ー チ 、 し た が っ て 、 が ん 細 胞 の 制 の 解 析 の 重 要 性 が 増 し て き こ と が わ か っ て お り 、 遺 伝 気 を す べ て 解 明 で き る わ け 代 で は 、 単 な る 細 胞 の 観 察 目 標 と な っ て き て い る 。 も ん 細 胞 」 の 制 御 や 抑 圧 が が た 上 皮 細 胞 の 増 殖 で あ り 、 い ま い 究 が な 価 立 思 と 潜 て 組 ら  の と るしのを、るさつっがむい織が私でが 。いで愛解派れ研てで自るの機はは、 が 、 私 は そ う 思 う こ と は な い か と 、 い さ さ か し て い る 人 間 が 多 少 い 剖 学 や 形 態 学 と い う 地 手 な 研 究 が 主 流 に な っ 、 研 究 に 莫 大 な 資 金 が 究 や 、 出 口 の 明 確 な 研 い る 。 現 代 は 、 明 日 に き た ら 、 う れ し い こ 然 の 秘 密 に 多 少 で も 近 し 、 顕 微 鏡 を 通 し て 形 世 界 が 重 要 で あ る こ と 能 す る 「 場 」 と し て の 物 質 の 時 代 に お い て も な い か と 思 う 。 多 少 で も わ か っ て い た に弁て味て必究すとづのを細、 だ し解もない要がぐだく中信胞そ け てがい研ると評役とこにじやれ た 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.13

[close]

p. 4

討目表本れ潮レ言社言るかするをと間年もる題2 議ま(老を流イ語会葉にしるが与か使病おのが0日 資ぐ 年 料 る 5頁 病 にし参学 加い照会 え ら れ 、 。 8月 に 。) そ れ は ス テ ー 今は以ト 年厚後メ 受 け て 、 2 0 1 4 年 が 求 め た 結 果 と 理 解 さ に な 労 大 の 展 ン ト 5月 れ る る臣開をに。 とのは発日こ ル 、 ” で あ る 。 時 代 の F r a ilt y が 不 可 欠 と な っ た 。 そ れ が “ フ 保 障 全 般 に 共 通 す る わ か り 易 い 、 医 療 ・ 介 護 ・ 年 金 ・ 障 害 な ど つ れ 、 物 事 の 本 質 を 端 的 に 表 す 、 我 が 国 の 超 高 齢 化 が 深 刻 化 す こ と は 躊 躇 っ た 経 緯 が あ る 。 し た め に 、 専 門 家 自 身 が 広 く 使 用 え る ニ ュ ア ン ス が あ る 言 葉 で あ “ 虚 弱 ” と か マ イ ナ ス イ メ ー ジ わ れ て き た 。 と こ ろ が “ 衰 弱 ” の 領 域 で は 専 門 用 語 と し て 長 い あ り で は な い だ ろ う か 。 実 は 老 で あ ろ う 。 不 思 議 に 思 わ れ る 方 姦 し い 。 何 が そ ん な に 問 題 と な 2 5 年 を 前 に “ フ レ イ ル ” 問 本 が 超 高 齢 化 社 会 を 迎 え る をてるなりかさつも気上パ化に康フはつ社た 国内 全つ。い、なれと治はがー社な、レ既と会の何家閣 うい介。だかな増癒自るテ会り未イに認保で故プ府 で き な く な る 。 国 家 レ に は 社 会 的 な 支 援 な し 護 人 生 の 始 ま り で あ る 同 居 す る 家 族 の 手 を ん だ ん 自 分 自 身 で は 手 手 ご わ い 。 複 雑 、 厄 く な る 。 病 気 の 自 己 管 え て く る と 軽 い 冗 談 で 出 来 な い 病 気 が ひ と つ 慢 し 合 え る か も し れ な 。 治 癒 、 そ れ も 根 治 で ィ は 時 に “ 病 気 自 慢 ” の 宿 命 で あ る 。 定 年 退 、 多 疾 患 有 病 者 と な る 病 、 生 活 習 慣 病 を 経 て ル で あ る 。 ヒ ト は 誰 で ご 承 知 の 認 知 症 、 そ し め ら れ た か ら で あ る 。 障 を 揺 る が す 二 大 病 態 あ ろ う か 。 超 高 齢 化 社 こ ん な に 迅 速 な 対 応 が ロ ジ ェ ク ト に 序 せ ら れ の 行 動 指 針 に 盛 ら れ た ベに。煩に介理は、いきで職。高もてひの会とた。 ル人そわ負にが済ふ。る盛者高齢、ことひでら。既 で生しせえななまたで病りの齢者健のつとのれ に 先見に齢な齢人り少全刻が 口に年フそす次担活考 進守対化い者へ込し人な 3万0 の な 、 レ の る 世 が 支 え 国 ば か り で な く 、 現 在 発 展 著 し っ て い る 。 他 人 ご と で は な い 。 応 す る か を 世 界 が 固 唾 を の ん で 社 会 で あ る 。 し か も 日 本 が 如 何 。 人 類 史 上 始 め て の 挑 戦 、 超 高 と 若 年 者 を 養 っ て い か ね ば な ら と 減 少 す る 。 こ の 人 口 構 成 で み、 、勤 現労 在層 の が 全 80% 人 、口 6の 7 0 60% 0を 口 が 今 よ り も 7 0 0 万 人 も 高万割減 人 3%0 人 る私イ 口 問 題 で あ る 。 そ れ に 加 え 、 を 超 え る 。 こ れ を 2%0 。 オ ー バ ー し 、 を 超 え 、 1 0 す る と 後 期 高 だ け 6歳5 以 0 歳 齢 者 の よ う な 団 塊 世 代 が ル が 占 め る 。 特 に 、 2 で 上 以 が 75歳 0 も人上全以2 深口が人上5 重 い 負 担 の 二 大 要 因 を 認 知 症 と 。 今 の 日 本 が こ の 渦 中 に あ る 。 代 ・ 次 々 世 代 の 社 会 負 担 と 拡 大 同 世 代 で は 賄 い 切 れ な く な り 、 援 が 深 刻 化 す る 。 や が て こ の 負 る と 、 介 護 負 担 や 医 療 負 担 、 生 フ レ イ ル を よ く 理 恒解 仁 会 新 潟 し よ う 和 南 病 院 泉 統 括 常 勤 顧 徹問 イ社るかに間 備イ しの的の念あていなは 問こ年賄需医少イい ル も 存 在 す る 。 社 会 と の 交 わ り を 会 的 フ レ イ ル や 精 神 ・ 心 理 的 フ レ 。こ れ ば か り が フ レ イ ル で は な い 。 な い 、 そ れ が 身 体 的 フ レ イ ル で あ い け な い 、 ト イ レ 歩 行 が う ま く い 内 に 渡 れ な い 、 食 事 を 自 分 で 取 り 卑 近 な 例 も 出 そ う 。 横 断 歩 道 が 時 Fried LP Prefrailty 軍 ル 3項 い (、目。 以早 1〜 上 速 が 2項 該 、 チ ) で あ る 。 目 該 当 は フ レ イ ル 予 当 す れ ば 身 体 的 フ レ ェ ッ ク し て み よ う 。 スな診 ピ例断 ー ド で い つ も が 歩 行 で あ る 基 準 を 表 ― 歩 く 。 秒 1に 高速掲 齢げ 者 8㎝0 た が未。 怪満端 と し て ま と め た 。 身 体 的 フ レ イ ル る 。 等 は そ れ を 臨 床 概 い る 。 本 質 的 に “ 弱 っ て い る ” で 。 一 目 で 予 測 が つ く 。 認 知 症 に 似 に 病 態 診 断 が 難 し い わ け で は な 一 体 ど ん な も の で あ ろ う か 。 そ ん で は 本 題 に も ど ろ う 。 フ レ イ ル と い と な っ て い る 。 れ者 がに 人ど 類 の 未 来 を 決 め る 根 底 的 ん な 夢 を 与 え ら れ る か な?   う か 、 そ の 重 い 社 会 負 担 の 中 で 若 要 を 如 何 に 少 な い 勤 労 者 パ ワ ー で 療 に は な い 。 増 え る 高 齢 者 の 介 護 子 ・ 超 高 齢 化 社 会 の 最 大 関 心 事 は ン ド 、 中 国 の 正 面 課 題 に も な る 。 B R I C s 、 ブ ラ ジ ル 、 ロ シ ア 、 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年11月 4

[close]

p. 5

表-1 ❶歩行速度低下(1m/秒未満) ❷握力低下(男性30kg未満、  女性20kg未満) ❸易疲労感(自己申告) ❹活力低下 ❺体重減少(年間5kg超減) レ イ ル は 予 防 で き る 」 で す )。 ( 次 号 に 続 く 。 次 号 の テ ー マ 「は フ の 取 り 組 み が 求 め ら れ て い る 。 代 の 負 担 を 軽 減 す る 。 そ ん な 地 域 で イ ル を よ く 理 解 し 、 次 世 代 、 次 々 世 人 の 温 か い 協 力 が 欠 か せ な い 。 フ レ 解 頂 け た で あ ろ う 。 そ れ に は 地 域 隣 予 防 が 必 須 の 良 策 で あ る こ と は ご 理 早 期 発 見 、 早 期 介 入 、 そ れ に 重 症 化 に 介 護 負 担 を じ わ じ わ 増 し て く る 。 フ レ イ ル は こ う し て 社 会 負 担 、 特 の 原 因 と な る 。 る “。 自 宅 内 遭 難 “や” 在 宅 行 き 倒 れ ” あ る い は う つ 状 態 に 悩 む 高 齢 者 で あ 断 り 引 き 籠 る 、い つ も 諍 い を 起 こ す 、 日フ 本レ 老イ 年ル 医に 学関 会す かる ら の ス テ ー ト メ ン ト 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.13

[close]

p. 6

にクは診仕 た約善器 し解いる見ん門対業講対町 語の医断事主だ 彦病今てをたこ・に家すは演象市平 り か け る よ う な 口 調 で 分 重 要 性 に つ い て 、 生 徒 た 療 現 場 に お け る チ ー ム ワ 、 治 療 に 関 す る こ と 、 更 の 紹 介 か ら 始 ま り 、 病 気 な 授 業 内 容 は 、 医 師 、 教 授 き 80分 先 ま間生 しにか た 。 わ た ら 、 り質 授問 業の を時 行間 っも て含 態 学 ・ 分 子 腫 瘍 学 教 授 の 冨 回 は 、 新 潟 大 学 大 学 院 腎 泌 お り ま す 。 深 め る こ と を 目 的 と し て 実 だ き 、 生 徒 の が ん に 対 す る と の 重 要 性 ” 等 に つ い て 講 早 期 治 療 の た め 検 診 を 受 診 つ い て の 基 礎 知 識 ”、“ 早 期 か ら “ い の ち の 大 切 さ “”、 る が ん 教 育 の 一 環 と し て 、 昨 年 度 か ら 開 始 し た 中 学 生 会 」 を 開 催 し ま し た 。 こ の と し た “「 い の ち ” に つ い て 立成 十 日 27年 町 中 11月 学 校 11日 で( 、水 3) 年に 生十 かちーにのの いめ田尿 施理演す発が専に事のを日 を行 り 御わ今や 紹れ回す 介 し ま す 。 た 生 徒 と 先 生 の 質 疑 の 内 容 は 、 冨 田 先 生 の 御 講 演 後 に く お 話 し い た だ き ま し た 。 「“ い の ち ” に つ い て の 講 を 開 催 演 会 」 し て   AQ 先塩生ヌヌ分こ分そい食すと魚が緑かラ良二でれ物な問食先でが生 生を徒ルルかとをれ」べねるなあ黄。ンいつすがのポしべ生すん徒 使 をしるで過かとる。こどり色どス食目。最前イて物 かに い ま す 。 取 る た め に 何 を し ま て い る よ ね 。 あ の 魚 と 思 う け ど 、 魚 っ す ね 。 魚 釣 り を す 度 に と り す ぎ な い ら も う 一 つ は 塩 で か 言 わ な い 。 こ と で す ね 「。 ニ ン そ れ か ら 野 菜 を き と が 少 な い こ と も の 水 産 物 の タ ン パ ま す 。 野 菜 が 不 足 し て い う し て も 今 の 食 生 が い い と は ど う い 事 を と る こ と で す で す け れ ど も バ ラ 大にンくは のタトれ非 がバでた常 んコすよに にを。う大 な吸そに切 らわしとで ななてて、 。な ら な い た め の 食 品 すのてるとす ジっあク る活うねン いい、も君 は かヌヌ人い。 ンちり質 こでこ。ス こ。食大が な ?ルルはう塩 嫌りまを とはとバの とこべ切質 ん   はだ良そ食絶塩けダしくたちやぱさ粘なだだな身が吸化ごねルヌ正 変けくれ事対分たメた高りち食いっ液いろっい体分収吸は。ヌル解 な も の を 食 べ な い 。 変 な も お 話 し を す る と 、 も う 一 つ 聞 い て く れ る か ら も う 少 し か ら 十 日 町 中 学 校 の 諸 君 が を す る 。 吸 わ な い 。 バ ラ ン ス の 良 い は と り す ぎ な い 。 タ バ コ は 細 胞 が が ん 化 す る 。 だ か ら ー ジ が く る と ダ メ ー ジ を 受 ら 、 一 発 で ダ メ ー ジ が あ る 。 濃 度 の ア ル コ ー ル 飲 ん だ り 、 辛 い も の 食 べ た り 、 す ご ゃ う 、 そ こ に 刺 激 物 を 食 べ 道 の 粘 膜 、 粘 液 が ざ っ と 落 食 べ た ら 、 君 た ち の 胃 や 腸 き の 話 に 戻 る け ど 塩 を い っ で 守 ら れ て い る か ら で す 。 の ? そ れ は 胃 や 腸 が 粘 膜 、 う 。 な ん で そ れ が 分 解 さ れ て タ ン パ ク 質 で で き て い る ? だ っ て 君 ら の 胃 だ っ て 腸 に は い る 。 だ け ど 不 思 議 じ ゃ 解 さ れ て ア ミ ノ 酸 に な っ て さ れ る か 、 そ う い っ た お 肉 収 さ れ る 。 ど う や っ て 消 化 ん や い ろ ん な も の が 身 体 に 消 君 ら の 口 か ら 食 べ た お 肉 、 ル っ て 何 か 。 粘 液 な ん で す を と る た め に 塩 を 使 う 。 ヌ だ ね 。 塩 を 使 う よ ね 。 ヌ ル 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年11月 6

[close]

p. 7

AQ べん出喉えくにそがいとががそ先現が生りたい一変がい発でピラの 物 の 好 み が 変 わ っ た 。 大 腸 が は 食 べ 物 の 味 が 変 わ っ た 、 食 て く る こ と が あ り ま す 。 胃 が が お か し い 、 そ う い う 症 状 が ば 、 喉 頭 が ん は 声 が か れ る 、 る と い う こ と に な り ま す 。 例 よ っ て い ろ ん な 症 状 が 起 き て の が ん の 種 類 、 が ん の 場 所 だ ん だ ん 大 き く な っ て く る と 、 の が ほ と ん ど で す 。 し か し そ れ 、 小 さ な が ん で は 何 も 起 こ ら な 発 生 し た ら と い う こ と に な る ん に な っ た と き 、 も し が ん 細 胞 れ は い い 質 問 だ ね あ。 り ま せ ん 。 生 れ る 変 化 は 。 ん に な っ た 時 の 最 初 に 身 体 に 徒 よ く な い 。 タ ン パ ク 質 と い う の も あ ん ま い ん だ け ど 、 真 っ 黒 焦 げ に な っ つ は 、 神 経 質 に な ら な く て も な カ ビ は ダ メ 。 そ れ か ら も う ダ メ な ん で す チ。 ー ズ は 大 丈 夫 。 も の は 買 わ な い 方 が い い 。 カ ビ が ん 物 質 が 入 っ て い る の で 、 安 し ょ 。 安 い ピ ス タ チ オ の 中 に は ス タ チ オ っ て い う ナ ッ ツ 食 べ る ト キ シ ン カ、 ビ の 一 種 で で す ね 。 と は 変 な 発 酵 食 品 、 カ ビ 、 ア フ AQ 必生か年ままい当りだあ先生イが生れ進症るま答とはる全し起にん ず が ん が で き る 、 先 ほ ど 話 し きら、れす て 日て。 い く う ち に 身 体 8年0 、 そ う や っ て 本 は す ご く 長 寿 の か ら で す ね 、 だ い 赤 ち ゃ ん で お ぎ ゃ の長国たあ 中いでいと に間す 生 70 う と 、 い く つ か の 理 由 が あ り た り な ん で す よ ね 。 な ぜ か と の イ メ ー ジ が あ っ て 、 そ れ は よ ね 。 一 般 的 に が ん は お 年 寄 り ま す よ 。 残 念 な が ら あ る ん 生 で も か か る こ と は あ り ま す か 。 メ ー ジ が あ る ん で す け ど 、 中 学 ん と 聞 く と 、 大 人 や お 年 寄 り の 徒 か ら 具 合 が 悪 そ う な 顔 に な る 。 ん で し ま っ た ら 痩 せ て く る 、 そ 状 が 出 る 。 そ し て 、 も の す ご く と 場 所 と 種 類 に よ っ て い ろ ん な っ た く 症 状 が 出 な い 。 大 き く な え は 、 非 常 に 小 さ な が ん で は 、 い う こ と が あ り ま す 。 で す か ら 進 行 し て い て 治 療 も な い で す よ 。 す い 臓 が ん は 見 つ か っ た 時 に 然 症 状 が 出 て こ な い が ん が あ 、 相 当 大 き な が ん に な っ て も き て く る こ と が あ り ま す 。 し か 最 近 便 秘 す る 、 と い う こ と が は 便 秘 な ん か し た こ と な い の 血るがるそ大階とい臓殖いうもと異どと問かん者題がイ腺問性がた 病がぽよう腿であ。器す成い出き常うも題らにはにんンが題質大と も あ り ま す ね 。 白 血 病 は ん 細 胞 に な っ て し ま う 。 白 ん と で き た ら 、 非 常 に 増 え う な と こ ろ に 間 違 っ た 細 胞 い う ふ う に ど ん ど ん 増 殖 す 骨 と か ぐ ー ん と 伸 び て く る 、 骨 端 線 と い う の が あ っ て 、 る で し ょ 。 あ れ は 成 長 の 段 だ か ら 骨 肉 腫 っ て 聞 い た こ 、 身 体 の 部 分 に 出 て き や す る よ う な 組 織 と い い ま す か 長 期 に 一 番 盛 ん に 分 裂 ・ 増 う が ん か と い う と 、 だ い た て く る が ん は あ り ま す 。 ど も あ る の で す が 、 中 学 生 で が た ま っ て き て が ん に な る し て も い ろ ん な が ん 細 胞 、 あ る 。 そ れ か ら 年 と と も に に な ら な い 。 そ う い っ た こ で す 。 平 均 寿 命 が 短 い か ら な る 前 に み ん な 死 ん じ ゃ う い な い 。 な ぜ か 。 前 立 腺 が な ら な い 。 前 立 腺 が ん の 患 は 全 然 、 問 題 じ ゃ な い 。 問 ド ネ シ ア に 行 く と 、 前 立 腺 ん は お 年 寄 り の 病 気 で す 。 。 例 え ば 前 立 腺 が ん 、 前 立 に な る か ど う か と い う の が き く な っ て 命 を 奪 う よ う な お り な ん だ け ど 。 そ の が ん AQ とあかプ毒のる5うン題毒い言タ先いが先生いす巣まいたる胞絶 い い ん じ ゃ な い か な と 思 い ま す 。 る み た い だ よ と か 言 っ て あ げ る ら 先 生 に は や め る プ ロ グ ラ ム も ロ グ ラ ム も で き て い ま す 。 で す か ら 抜 け る こ と が で き る と い う で 、 ニ コ チ ン 中 毒 が 少 し ず つ 中 。 今 、 禁 煙 外 来 と い う の が あ る 0 0 の 0は 種タ 類 あ る バ コ と1 い本 わ れ て の 中 いに   な ん だ け ど 、 発 が ん 物 質 と い は ニ コ チ ン が 中 毒 物 質 の メ イ な ん で す 。 ニ コ チ ン 中 毒 。 問 よ う に し て い た だ き た い 。 中 っ た で し ょ 。 絶 対 手 を 出 さ な バ コ は 絶 対 吸 っ ち ゃ ダ メ っ て 生 い で す か 。 い る の で す が 、 ど う 説 得 し た ら 生 の 中 に タ バ コ を 吸 っ て い る 人 徒 と き に も 出 て き ま す 。 け れ ど も 。 こ う い う も の が 若 が ん 、 男 性 の 大 切 な と こ ろ で う 。 そ れ か ら 男 性 の 場 合 は 精 う も の が た く さ ん 出 て き て し 白 血 球 、 リ ン パ 球 と か 。 そ う と 困 る わ け で す ね 。 が ん 化 し が 増 え て い く 。 増 え て い か れ え ず ど ん ど ん ど ん ど ん が ん 細 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.13

[close]

p. 8

ま合身は変がさんす たく携でのき医すジ苦事 養 護 教 諭 近 藤 佳 代 子 し た 。 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 え る 良 い き っ か け と な っ た と 思 い 近 な 人 の 健 康 に つ い て 家 族 で 話 し 、自 分 の 体 や 自 分 の 将 来 に つ い て 、 わ っ た 」 と 感 じ ま し た 。 こ の 講 演 ん に つ い て 前 向 き な イ メ ー ジ へ と や 日 常 生 活 の 見 直 し な ど 「 病 気 や は 不 治 の 病 で な い 事 、 検 診 の 大 切 も の か ら 自 分 の 力 で 治 す も の 、 が こ の 講 演 を 聞 き 、 病 気 は 医 師 が 治 。 さ ん の 写 真 を 見 せ て い た だ き ま し し 合 い 治 療 を 行 っ て い る 所 な ど た は な く た く さ ん の ス タ ッ フ が 、 連 医 療 や 手 術 現 場 の 写 冥 、 医 師 だ け の 心 構 え や 病 気 の 予 防 方 法 、 最 新 師 の 仕 事 面 か ら 、 病 気 に な っ た と 。 今 回 の 講 演 で は 、 医 師 の 立 場 や が 生 徒 た ち の 中 に あ っ た と 思 い ま 痛 に 耐 え る な ど 痛 い 苦 し い イ メ ー 、身 近 な 人 が が ん で 亡 く な っ た り 、 が ん は 大 人 に な っ て か ら お こ る て 人 ほ こ ま 事  、もどとずは私 そいいを、、が の が ん の 恐 ろ し さ は 、 が ん が で る と 考 え る と ぞ っ と し ま し た 。 る の に 対 し て が ん 患 者 は 、 約 5 知 っ て 驚 き ま し た 。 日 本 人 が 1 私 は 、 が ん は 2 人 に 1 人 が 発 症 病 気 の 恐 ろ し さ に つ い て で す 。 今 回 、 が ん 予 防 講 演 を 聞 い て 感 きそ千億す じ てし万人る た 〈 生 徒 の 感 想 〉 「“ い の ち ” に つ い て の 十講 日演 町会 市」 立か 十ら 日学 町ん 中だ 学こ 校と   の ま 取 な 能 き 人 ら ん か 関 お も つ    でしりの性まはににし係年ない私 気たすだがし亡がな、の寄んては をがぎとあたくんる講なりと習今 つ け た い と 思 い ま し た 。 こ の 講 、 私 は 味 の 濃 い 食 べ 物 が 好 き な に 気 を つ け る と お っ し ゃ っ て い 思 い ま し た 。 予 防 に は 、 塩 分 の る と 思 う と 、 と て も 身 近 な 病 気 。 そ し て 、 自 分 も が ん に な る 可 な っ て し ま う と 聞 い て と て も 驚 は 2 人 に 1 人 が な り 、 3 人 に 1 。」 と お っ し ゃ っ て い ま し た 。 さ 師 の 冨 田 教 授 は 、「 中 学 生 で も が い こ と だ と 思 っ て い ま し た 。 し な ど で 自 分 達 中 学 生 に は あ ま り な く が ん に な る 人 の イ メ ー ジ は 、 っ て い ま す 。 授 業 を 聞 い て い て 、 ち ょ う ど 保 健 の 授 業 で が ん に に 体回に大け冨そのだりとか あ でのし人バ田れ年と、でら り 生講てにラ先は齢知死すな が き演生なン生一かりに。か と てで活っスか番らま至そな う い学してのらのししるのか      ( 三 年 生   男 子 ) ご ざ い ま し た 。 け た ら な と 思 い ま す 。 本 当 ん だ 事 を 忘 れ ず に 、 健 康 な て い き た い と 思 い ま す 。 今 も た ば こ な ど 吸 わ な い よ う 良 い 食 事 、 生 活 習 慣 を 整 え 教 え て も ら っ た 事 に 気 を つ が ん 予 防 に な る と 思 い ま す 。 っ か り と 予 防 し て い け れ ば 、 た 。 で す が 、 私 た ち ぐ ら い 人 が 出 て し ま う と い う 状 況 た め ど ん ど ん 治 療 が 遅 く な 症 状 に 出 始 め な い と い う こ を ん を 周 も に ン と 活 ん と る の 1 で る い 医 病 の い    活におり将吸スが習にもと中人もとて学気講病私 かつ勧に来わよ大慣な忘、のの、い、ので演気は ( 三 年 生   女 子 ) し て い き た い で す 。 い て 色 々 と 学 ん だ の で 学 ん だ こ と め し た い で す 。 講 演 を 聞 い て 、 が 吸 っ て い る 大 人 が い た ら 禁 煙 外 来 、 絶 対 吸 わ な い よ う に し た い し 、 な い ほ う が い い と 聞 い た の で 、 私 く し て い き た い し 、 た ば こ は 絶 対 切 だ と 思 い ま し た 。 食 生 活 も バ ラ を 見 直 し て 、 悪 い 所 は 改 善 す る こ ら な い よ う に す る に は 、 自 分 の 生 れ て は い け な い と 思 い ま し た 。 が そ れ ほ ど 怖 い 病 気 で あ る と い う こ 3 分 の 1 が 将 来 い な く な る と 考 え 割 合 だ と 聞 き 、 こ こ に い る 3 学 年 が ん で 亡 く な っ て い る 人 は 3 人 に う こ と も 初 め て 知 り ま し た 。 そ れ 体 へ の 悪 い 影 響 が 少 な い 治 療 も あ 進 歩 に よ り 、 治 療 の 種 類 も 増 え て は な い 亊 を 知 り ま し た 。 さ ら に 、 を 聞 い て 、 治 療 を す れ ば 治 ら な い だ と 思 っ て い ま し た 。 で も 、 今 回 、 今 ま で は が ん は ほ と ん ど 治 ら な   ま えま演   し るし会   た 事たで 。 が。は あ でそ、 り きし貴 が てて重 と う ご ざ い (ま 三し 年た 生。 女 子 ) 、 本 当 に い い 機 会 に な り 、 命 の 大 切 さ に つ い て 考 な 話 を 多 く 聞 く 事 が で き 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年11月 8

[close]

p. 9

精理取車 ますの病て看態のて 神のりの病し。場気も護、一い平 的方合両院たそのと座師治途た成 に も 支 え 合 っ て い く 、 こ れ が 法 を 学 び 、情 報 を 交 換 し 合 い 、 い 、 病 気 を 良 く 知 り 、 自 己 管 輪 と と ら え 、 患 者 同 士 が 手 を の 医 療 活 動 と 患 者 会 の 活 動 を 。 こ で 患 者 会 の 設 立 を 決 意 さ れ 必 要 性 を 痛 感 さ れ た よ う で 正 対 し て い く 患 者 同 士 の 交 流 し て 待 つ の で は な く 、 進 ん で の 様 子 を み て 、 患 者 の 側 と し 療 に あ た っ て お ら れ る 医 師 や を た ど る 前 立 腺 が ん 患 者 の 実 茂 木 14年 氏、 (患 初者 代と 会し 長て )治 は療 、を 増受 加け の 様 子 を 紹 介 し て み た 文 章 を も と に 、 さ 最 初 に 、 前 会 長 の い る 前 立 腺 が ん 患 者 セ ン タ ー の ご 協 力 の タ ー 新 潟 病 院 の 泌 尿 「 さ つ き 会 」 は 新 まつ外会も器潟 すき山でと科県 。会氏す運と立 設が。営相が 立ま さ談ん 当と れ支セ 初め て援ン え ら れ ま す 。 そ の 原 因 に つ い て 続 き 危 惧 し て い ま す たん が会で 、員い 近数く 年はこ や、と やに 会 40数 な 員名り 会 員 数 の 拡 充 な ど の 動 の 充 実 、 広 報 活 動 長 ・ 板 屋 越 氏 の も と 過 し 13年 目 と な り 、 「 さ つ き 会 」 も 設 は。数をま諸(、新立 、 の数し問会総し以 い 減えた題報会く来 く つ 少 傾 て い 。 に 取 の 発 、 例 3代 1年2 か 向ま り行会目が 考 が し 組 、) 活 会 経 のんも 第をか名新 患 体 患 「 2代 胃し称潟平者 制 者 目 2回 が 、 で 病 成 会 が 出 会 5月 会 ・総長 総 会 ん で そ の 設 立 院設 で 1年5 立 来 上 が り ま し た 。 さ つ き 会 」 と し て 、 現 在 会 」 に ち な み 「 前 立 腺 が ・(失 外 山 氏 を 選 出 し 、 名 称 平 成 1年6 5月 2日8 ) で う こ と と な り ま し た 。 翌 年 、 初 代 会 長 ・ 茂 木 氏 総 会 が 開 か れ ま し た 。 し 「の 前 5月 趣 立旨 腺 2日4 で が、す んが。 友ん のセ 会ン 」タ のー 会 」( 報 告 、 議 事 ) と 泌 「 さ つ き 会 」 で は 例、 年 り 、 喜 ん で 会 員 に 迎 え て 尿い 器 5月 ま 科にす の「。 先総 う こ と で 、 入 会 申 し 込 み が 何 件 か あ 「 さ つ き 会 を 紹 介 さ れ ま し た 」 と い 域 や 下 越 地 域 の 病 院 の 患 者 さ ん か ら が 知 ら れ る よ う に な り 、 県 内 中 越 地 さ い わ い に も 「 さ つ き 会 」 の 存 在 れ て き て い ま す 。 な ど と 、 昨 今 の ご 時 世 が 色 濃 く 表 き な く な っ た 。 歩 行 な ど の 不 具 合 で 例 会 に 参 加 で ◦ 年 齢 を 重 ね て 自 立 で き な く な り 、 ろ で は な い 。 活 動 し て い た り し て 、 患 者 会 ど こ の 活 動 や 趣 味 の 会 な ど で 、 忙 し く で も 元 気 な 方 が 増 え 、 社 会 参 加 で ◦ 治 療 の 結 果 、 根 治 し た り 、 治 療 中 シ ニ ア が 増 え て 仕 事 が 忙 し い 。 ◦ 前 立 腺 が ん 患 者 に も 、 現 役 の 若 い 仲 間 を 必 要 と し な い 。 ん 」 に 対 す る 知 識 が 普 及 し 、 患 者 ◦ 最 近 の 新 聞 や 雑 誌 な ど に よ り 「 が 「 さ つ き 会 」 に つ い て さ 羽 つ き 会 入 事 務 局 敏 夫 かたのないん なめ健っとと患 けに康てのの者 れ ば と 思 っ て い ま す 。 も 「 さ つ き 会 」 は 対 応 、 体 の 健 康 、 健 康 寿 命 き て い る こ と を 感 じ ま 付 き 合 い 」 が 大 き な 共 生 」 も さ る こ と な が 会 活 動 を 通 じ て 「、 前 しをす課ら立 て 保 。 題 、「 腺 いつ心と老が は報 情るセ泉 す答泌で にをす多 す生 と」そ報生ン、第。、尿「第な中。くま。を てはれ交活タ会 も 、 か 換 体 ー 食 2回 好そら」験講と目 評の、な発堂語は で す 。 充年ど 実と し 4回 な た発っ 内行て 容さい がれま 会るす 員「。 表 、 質 疑 、 会 員 相 互 で 「 昼 食 会 、 会 員 に ら い の 会 」、 第 3回 、秋 の 風 情 を 愛 で て「 に会 のよは温 ア ド バ イ ス を い た だ く 」 な ど で 器 科 の 先 生 を 囲 ん で の 質 疑 応 昼り 食 1回 ま 会例す と会。 治 療 グ ル ー プ 別 懇 談 、 は 、 が ん セ ン タ ー 講 堂 心 に し た 実 行 委 員 会 の 企 画 運 営 最 近 の 例 を 挙 げ て み ま す 。 役 員 のた 会 、「 員例 の会 参 加 を 」を 年 い た だ い て い ま 3回 行 っ て い て 、 講 師 に 「 講 演 会 」 を 行 っ て い ま 9 Report of Niigata Health Foundation Vol.13

[close]

p. 10

27 11 30 保健文化賞受賞記念特別表彰を受賞された栗田雄三様 自らのがん体験を語る原千晶さん 特別講演の青山英史教授 333 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年11月 10

[close]

Comments

no comments yet