陽光12号

 

Embed or link this publication

Description

陽光12号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

合  療 継 内  妊 併しを続が妊 娠 妊か考しん娠 中 娠 に 対 す る し 、 Ⅰ B 期 慮 し ま す 。 、 分 娩 後 に )初 が期 見に つ か 0期 の 子 宮 頸 部 治以 病っの 早 療上 変た子 期 方の を場宮 浸 針早 再合頸 潤 は期 評はが が 、浸 価、ん ん 原潤 後妊( の 則が に娠上 管 とん 治を皮 理 管 の は 定 継 針  れ を 年 に 下 症  緒 理 法 治 療 早 産 さ れ 続 希 に 関 子 宮 る ケ 初 め 齢 の 増 え で は 率 は 近 年 言 の 選 択 肢 は 広 が り つ つ あ り ま す 。 を 早 期 に 開 始 で き る よ う に な り 、 児 の 予 後 を 改 善 し 、 子 宮 頸 が ん ま す 。 近 年 の 新 生 児 医 療 の 進 歩 望 、 胎 児 の 肺 成 熟 度 等 に よ り 決 し て は 臨 床 進 行 期 、 母 体 の 妊 娠 頸 が ん を 合 併 し た 妊 娠 の 治 療 方 ー ス も 決 し て 少 な く あ り ま せ ん 。 て 受 診 し 、 子 宮 頸 が ん を 指 摘 さ 高 齢 化 に 伴 い 妊 娠 し て 産 婦 人 科 て1年 い9々 ま8増 す0加 。年傾 まか向 たらに 初のあ 婚り 年 30年 、 、 本 邦 で は 若 年 者 の 子 宮 齢 、 間 で 30歳 頸 が 初 代ん 産 6倍 以 発 現 出 あ す を い 性  針 方 中 原 継 外 子 あ 胎 と つ 頸 術 ん し 在術り広摘、を早にがに則続生宮れ児この部をにて 妊は得 娠術ま し後す ての。 い妊し る 方 に 娠 率 が か し 、 は 十 10~ 広 汎 分 納 得 し て 20% と 低 く 、 子 宮 頸 部 摘 汎 子 宮 頸 部 摘 出 術 と い う 選 択 肢 も 出 し 、 妊 娠 に 必 要 な 子 宮 体 部 を 残 そ の 後 に が ん の あ る 子 宮 頸 部 だ け 残 す た め に 、 妊 娠 中 絶 術 を ま ず 行 期 の が ん に 対 し て は 妊 娠 す る 可 能 苦 慮 し ま す 。 お ら れ 、 こ の よ う な 場 合 は 治 療 方 は ど う し て も 子 供 が 欲 し い と 願 う で す 。 し か し 、 患 者 さ ん や 家 族 の し な い で た だ ち に 手 術 を 行 う の が 存 が 不 可 能 な 時 期 で あ れ ば 妊 娠 を 全 摘 術 を 行 い ま す が 、 胎 児 の 子 宮 ば 、 帝 王 切 開 に よ る 分 娩 後 に 広 汎 が 子 宮 外 で 十 分 生 存 で き る 週 数 で ろ で 切 断 し て 子 宮 を 摘 出 術 式 で 、 靭 帯 を で き る だ け 子 宮 か ら 離 れ た の 周 り に あ る 子 宮 を 支 え て い る 3 行 い ま す 。 広 汎 子 宮 全 摘 術 は 子 宮 対 す る 根 治 術 で あ る 広 汎 子 宮 全 摘 非 妊 時 と 同 様 に た だ ち に 子 宮 頸 が 報 る た 報 頸 か 与 ら  あ ず 存 た わ 状 が 告 が に 望  も 告 と 実 告 が ら し 妊 子 り に 可 Ⅰ る 況 10週 さ の 海 な す 患 ら も あ り 、 母 体 に 投 与 し た 抗 が 、 将 来 胎 児 に が ん が 発 生 す る 験 で は 、 母 体 に 抗 が ん 剤 を 投 も あ り ま す 。 し か し 、 ネ ズ ミ を ん に 対 す る 根 治 術 を 行 っ た と 帝 王 切 開 術 で 胎 児 を 娩 出 後 に 、 胎 外 生 存 が 可 能 な 時 期 に な 娠 を 継 続 す る 目 的 で 、 抗 が ん 剤 宮 頸 が ん に 対 す る 治 療 を 行 い ま す 。 待能B 機 す る こ と な 時 期 ま で 期 の が ん を を 勧 20~ 胎 児 め る 24週 が 合 に間併 はも症 抵治な 者 と し て は 、 妊 娠 初 期 に 見 つ が 異 な り ま す 。 日 頃 が ん 診 療 で が ん の 診 断 が つ い て い る の れ多外 てくか いはら て妊あ 、娠り 日ま 本 16~ す の。 よ 20週 待 うに機 にが的 妊ん治 娠の療 る ま で 治 療 を 待 機 し た と い う る 場 合 、 胎 児 が 子 宮 外 で 生 存 者 さ ん や 家 族 が 強 い 妊 娠 継 続 え る 治 療 法 で は あ り ま せ ん 。 んと与使い子っをな 剤のすっう宮て投が 抗 が 療 せ く 生 か っ に 携 と は 8~ 診 断 の 報 報 告 可 能 を 希 子 宮 頸 新が 潟ん 大合 学併 大妊 学娠 院に 医 歯 学 総 合 研 対 す る 胎 児 榎 究 科 温 存 産 本 科 婦 人 子 宮 頸 科 隆学 教 授 が ん 根 之治 術 し 認 中 て 腹 を で い い が れ で 住  執 し そ 開 た 例 に 妊 し 術 を  てさにいし受帰るけん、きの新刀ての術。目在娠胎、目私 本 人 に 妊 娠 を 告 げ た と こ ろ 、 ど う し れ た た め 、 手 術 を 中 止 、 麻 酔 を 覚 ま 超 音 波 検 査 を し た ら 胎 児 心 拍 が 確 る こ と に 気 づ き 、 も し や と 思 っ て 術 た 際 に 、 主 治 医 が 子 宮 が 大 き く な っ け る こ と に な り ま し た 。 そ こ で 開 国 さ れ 、 あ る が ん 専 門 病 院 で 手 術 東 京 で 手 術 を 受 け た い と い う こ と な い と 言 わ れ 、 そ れ な ら ご 両 親 の が 見 つ か り 、 子 宮 を 摘 出 し な い と 諸 検 査 を し て い る 中 で 早 期 の 子 宮 頸 な日潟 か っ た の で 現 地 の 不 妊 外 本 人 の 方 で 結 婚 後 2年 間 大 学 で の 最 初 の 症 例 は 、 カ 来子ナ を供ダ 訪が在 しか後 ま し た 。 ら 新 た に 、 2 0 1 2 3人 年 のに 方新 に潟 こ大 の学 手に 術赴 を任 でおに籍の 元 気 な 赤 ち ゃ ん を 出 産 し ま し た 。 母 さ ん は そ の 後 妊 娠 37週 に 帝 王 切 、 本 邦 で は 初 め て 成 功 さ せ ま し し て い た 2 0 1 2 年 に 世 界 で 5 継 続 を 目 指 す 手 術 を 、 大 阪 大 学 児 の い る 子 宮 体 部 と 膣 を つ な い で 即 ち が ん の あ る 子 宮 頸 部 だ け を 摘 出 指 す 目 的 で 妊 娠 中 に 広 汎 子 宮 摘 出 は 、 妊 娠 を 継 続 し な が ら が ん の 根 治 妊 娠 中 の 広 汎 子 宮 頸 部 摘 出 術 明の さ胎 れ児 て い ま せ ん 。 に 対 す る 影 響 に つ い て は 十 分 解 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年7月 2

[close]

p. 3

も し い び み か な 移 未 頸 例 の  術 ト ん グ し交歳ららめ期受におさて し た る 家 が な い を 満 が と 広 こ を で を 検 3ケ の 際 の れ め ら と 診 性 一 れ も 転リの族対リ症認のん同汎のし色得査月愛の時まきれ診、交人ま産 移 が 見 つ か れ ば 再 発 リ ス ク が 高 ン パ 節 を 迅 速 病 理 検 査 に 提 出 し 、 が 絶 対 条 件 で す 。 手 術 中 に 摘 出 が 子 供 を 得 る こ と を 強 く 望 ん で 象 と な り ま す 。 ま た 患 者 さ ん 及 ン パ 管 侵 襲 を 伴 わ な い 症 例 ) の 例 ( 間 質 浸 潤 1 / 2 未 満 で 明 ら め ず 、 再 発 す る 危 険 因 子 を 伴 わ I(じ BⅠで 1 期 ) で a 2 期 ま す 。 当 科 骨たで 盤はは 内腫、 リ瘍早 ン径期 パがの 節子 転 2㎝ 宮 子 宮 頸 部 摘 出 術 の 対 象 と な る 症 手 術 の 適 応 と な る 症 例 は 、 通 常 て い る の を 知 り 受 診 さ れ ま し た 。 々 検 索 し た 結 果 、 当 科 が こ の 手 る 方 法 は な い か と イ ン タ ー ネ ッ で 子 宮 頸 が ん と 診 断 さ れ 、 赤 ち ゃ で 妊 娠 し 、 初 期 の ス ク リ ー ニ ン を時かしれ 実 ら せ 結 婚 さ れ ま し た 。 期 も あ っ た よ う で す が 、 ら 付 き 合 っ て い る 彼 と 、 た 。 3人 目 は 、 栃 木 の 方 ず に 新 潟 ま で 手 術 を 受 結 遠でけ 婚 10年 距 、 に 後越離 こ 18 ま し た が ど う し て も 子 供 を あ き 断 さ れ ま し た 。 根 治 手 術 を 強 く 勧 精 査 の 結 果 、 子 宮 頸 が ん Ⅰ B 1 時子し に 出 血 を 認 め た た め に 供た が。 お ら 2人 れ目 るの 方方 では す、 。大 妊阪 前娠在 医住 を 12週 で み た い と い う こ と で 当 科 に 紹 介 後 イ 能 部 き で よ 本  ス 心 で 原 つ て さ ら 卵 で め が 紮 宮 血  を ん 子 き い はロ性がく、っ来がが拍す因けいに ぐきにこしが量手確が宮ずと 分 娩 ま で 入 院 で 管 理 し 、 膣 内 の 洗 ン 糸 で 巾 着 縫 合 し 補 強 し ま す 。 術 が あ り ま す 。 そ こ で 子 宮 頸 部 を ナ 胎 児 を 支 え ら れ ず 流 早 産 に な る 可 な っ て い く と 、 短 く な っ た 子 宮 頸 こ れ か ら 胎 児 が ど ん ど ん 発 育 し て 大 てな ら 1・ 4㎝ 5㎝ は 程あ 度る と子 短宮 く頸 な部 りが ま手 す術 のに ん の あ る 子 宮 頸 部 を 摘 出 し た 後 は 、 か か っ て い な い か モ ニ タ ー し ま す 。 を 確 認 し 、 胎 児 に 致 命 的 な 。 手 術 中 は 30分 毎 に 超 音 波 で に な り 得 る た め 、 細 心 の 注 意 ス胎が ト児必 レの要 る と 大 量 出 血 に 繋 が り 胎 児 死 亡 の ま す 。 そ の た め に 少 し で も 血 管 を 傷 な 17週 ら ま っ て お り 、 血 流 が 非 常 に 多 の 子 宮 は 子 供 の 頭 ぐ ら い い の 大 き さ で す が 、 妊 娠 せ ん 。 そ の 上 、 子 宮 は 通 く な の常 大 15週 鶏 っきかの 子 宮 を 栄 養 と す る 子 宮 動 脈 は 結 紮 の 手 術 で は 胎 児 が 子 宮 内 に い る た 出 血 量 を 減 ら そ う と し ま す 。 と こ ろ ん の 手 術 で は 、 ま ず 子 宮 動 静 脈 を 結 を 減 ら し た い と 考 え ま す 。 通 常 、 子 術 の 際 に 術 者 は で き る だ け 術 中 出 認 し ま す 。 残 る こ と な く 摘 出 さ れ て い る こ と 頸 部 も 迅 速 病 理 検 査 に 提 出 し 、 が 、 子 宮 全 摘 術 に な り ま す 。 摘 出 し た 考 え ら れ ま す の で 胎 児 の 温 存 は で 婦 施 施 術 セ 期 ま こ あ 十 し 施 開 論 は  人設設にン管たとく分て行腹文私妊 科ので習タ理高をまないさで・が娠 腫 瘍 専 門 医 、 麻 酔 科 医 、 周 産 期 倫 理 委 員 会 の 承 認 を 得 た う え で 、 行 う べ き で あ り 、 施 行 に 際 し て は 熟 し た 婦 人 科 腫 瘍 専 門 医 が い る ー を 持 ち 、 か つ 広 汎 子 宮 頸 部 摘 出 を 必 要 と し ま す の で 、 総 合 周 産 期 度 な 術 中 の 麻 酔 管 理 、 術 後 の 周 産 十 分 に 認 識 す る 必 要 が あ り ま す 。 で チ ャ レ ン ジ ン グ な 医 療 で あ る デ ー タ の 蓄 積 が 行 わ れ て お ら ず 、 まれの学執 す、手会刀 。 術発し し 16例 と 表 た か し に 無 8例 を 含 4例 こ の 手 術 は 、 未 だ 事 赤 ち ゃ ん が 誕 生 の 膣 か ら の 手 術 が め て 世 界 で 14例 の を 含 め 、 こ れ ま で 、 中 の 広 汎 子 宮 頸 部 摘 出 術 の 報 告 お わ り に び ん る 週 患 病 た し 週  早 浄 家は治で者理。たで新産お 族元療帝さ検 。陣潟をよ の 方 か ら 感 謝 さ れ て い ま す 。 気 に 育 っ て お り 、 患 者 さ ん お よ を 追 加 し ま し た 。 3例 と も 赤 ち ゃ 王ん査 切とで 開よリ し 、 そ の 後 抗 が ん 剤 に よ く 相 談 し た 結 果 、 妊 娠 31 ン パ 管 侵 襲 を 認 め た た め 、 3例 目 は 、 広 2例 目 は 、 汎 子 宮 頸 部 摘 37週 で 帝 王 切 開 痛 が 始 ま り 緊 急 で 帝 王 切 大 学 の 3症 例 は 、 1例 目 が 予 防 し ま す 。 出し開妊 後まし娠 のしま 33 び 黄 体 ホ ル モ ン の 投 与 を 行 い 流 早 に 療 介 を る け 子 国 ワ 1 奨 の ま り 宮 先 減 の 先 ン し は 1 い 宮  ン 家 科 期 発 見 が 重 要 と 考 え ま す 。 よ る 予 防 と 、 子 宮 頸 が ん 検 診 に よ 法 を 開 発 す る 以 上 に H P V ワ ク チ し た よ う な 究 極 の 選 択 と い う べ き 捨 て る こ と を な く す に は 、 本 稿 で 女 性 が 子 宮 頸 が ん の た め に そ の 希 る 可 能 性 が あ り ま す 。 挙 児 希 望 の 宮 頸 が ん の 罹 患 率 が 高 い 国 で あ り の 中 で 日 本 だ け が い つ ま で た っ て ク チ ン 接 種 が 再 開 さ れ な け れ ば 先 % 未 満 に 落 ち 込 ん で い て 、 こ の ま の 一 時 中 止 に よ り 現 在 の 接 種 率 は 子し、頸進少 宮た対が諸が 頸 が ん 予 防 ワ ク チ ン の 積 が象 、者 平の 成接 種 25年 率 は 6月 一 の時 厚 生 80% ん 予 防 ワ ク チ ン が 定 期 接 国 に 遅 れ て 平 成 25年 4月 報 告 さ れ て き て い ま す 。 日 極労を種よ本 的働超とりで H P V 感 染 率 や 前 が ん 病 変 発 生 率 進接て 9 国 種 い 40歳 7 でプま未5 開ロす満年 始グ。の以 さラ一女降 れム方性暫 、が、が増 ワ平子年し ク成宮間、 チ頸2 ン 18年 が 20人 0 0 接 種 ご ろ ん ワ 近 く 1 3 世かク死年 ま す 。 子 宮 頸 が ん に よ る 死 亡 者 数 頸本ト が邦を ん に 罹 患 す る 時 代 だ と い で は 今 や 女 性 の 10人 0 に 1 取 っ て か ら 行 う 必 要 が あ り わ人ま れがす 族 か ら 十 分 な イ ン フ ォ ー ム ド コ ン 専 門 医 等 関 連 各 科 を 交 え て 患 者 及 る ン 治 紹 望 あ 続 も 進 ま 0・ 勧 省 え な 子 は の 代 ら チ 亡 に は て 子 。 セ び 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.12

[close]

p. 4

難定ス維ス体ほ体衛り 体ははのま部部て基 ですト持(力と力体、行力、こ考す分分い礎体 あるレ力刺がんで力体動のこのえ。ををまと力 るこスで激外どすは力体構れ分方こ防行すなと かと負あ)部あが、測力造ま類がれ衛動。るは ら で す 。 防 に な り 、 安 荷 に 対 す る る こ と か ら に 対 す る 身 環 境 か ら の り ま せ ん 。 、 体 力 測 定 行 動 体 力 と 定 で 捉 え る は 、 活 動 体 を ま と め た で 報 告 さ れ を 基 本 と し 示 さ れ て い ま で 体 力 に 体 力 と し て 体 力 、 生 存 そ し て 活 動 身 体 的 能 力 「、 人 間 の 衛全生、体様そでと体力もててま対理のの」活 体性理そ内々れ扱も力とのきいすす解基基と動 力の反の部なはうにで同でたまがるさ礎礎定や も点応検環ス、こ重す義す広す、幾れとと義生 高でを査境ト防と要。と。義。多つてななさ存 齢困測はのレ衛はな防な の図くもいるるれの 高 齢 者 の 体 力 の 捉 え 方 裏め間者 一る違に 体こいと のとあっ 関でりて 係防ま重 に衛せ要 あ体んな る力が体 のも、力 で良行で 、好動あ 高と体る 齢な力こ 者るをと は表高は 図 体力の構造[出村慎一監修(2006)健康・スポーツ科学講義(P40)杏林書院より引用改変] るい康り康要運は 要ま関にを素動重高 素す連関維で技要齢 に。体連持す能で者 はこ力す・。やすに 、のとる増そ競がお 形 態 面 で は 身 体 組 成 、 健 康 関 連 体 力 を 構 成 す い う 概 念 が 提 唱 さ れ て 体 力 と い う 意 味 で の 健 進 す る た め の 健 康 づ く こ で 、 病 気 の 予 防 や 健 技 能 力 に 関 連 し た 体 力 、元 々 こ れ ら の 多 く は 、 い て も 全 て の 体 力 要 素 1健 康 関 連 体 力 代 表 的 な も の に つ い て 説 明 し ま す 。 価 す る 考 え 方 が あ り ま す 。 次 に そ の 類 と は 異 な る 視 点 か ら 体 力 を 捉 え 評 「 行 動 体 力 」「 防 衛 体 力 」 と い っ た 分 た 体 力 の 維 持 を 考 え た 場 合 、 前 述 の 高 い Q O L を 伴 う 老 い ”) を 目 的 と し ス フ ル ・ エ イ ジ ン グ ( 健 康 的 な 老 い 、 素 は 若 年 者 と 同 様 で す が “、 サ ク セ 高 齢 者 で あ っ て も 、 体 力 の 構 成 要 で あ る と 考 え ら れ ま す 。 行 動 体 力 の 維 持 ・ 向 上 に 努 め る べ き 「 高 新 潟 齢 期 医 療 福 に 必 祉 大 学 健 康 要 (な 重 科 学 要 部視 佐 健 康 ス す べ 藤 ポ ー ツ 学 き 体) 敏科 力 教 授 」 郎 て 、「 転 倒 予 防 」 が あ 高 齢 期 に お い て 特 徴 2転 倒 関 連 体 力 り的 まな す観 。点 高と 齢し 鍵かによ力連できかが(す活に 在関いり険良連連久機 と な り ま す 。 が 高 齢 者 の 生 活 基 盤 体 力 の 下 肢 の 機 能 低 下 を 如 何 に 予 う に す る か が 重 要 と 考 え ら 、 筋 持 久 力 を 如 何 に 低 下 さ 体 力 の 要 素 の う ち 、 心 肺 機 き る 、 の 3 つ の 体 力 で す 。 る 、 ③ と っ さ に 身 を か わ す り と し た 足 取 り で 上 が で き る 、 ② 4㎞ ) を 、 余 3段0 程 度 の 裕 を 持 っ る階て こ段歩 。 具 体 的 に は 、 ① や や 長 基 盤 体 力 を 保 持 す る こ と が は 、 一 定 以 上 の 体 力 、 す な 高 齢 者 が 「 健 や か に 老 い る の 主 流 と な っ て い ま す 。 連 体 力 に 焦 点 を あ て る 考 え る こ と か ら 、 高 齢 者 の 体 力 、 高 齢 者 の 機 能 水 準 と も 合 因 子 レ ベ ル が 低 い 状 態 と さ い 状 態 に あ り 、 そ れ ら の 発 さ れ る 体 力 要 素 の 個 々 の レ 体 力 は 、 疾 病 や 機 能 障 害 発 力 、 柔 軟 性 が 含 ま れ ま す 。 能 面 で は 筋 力 、 筋 持 久 力 、 充防れせ能健ことをくい重わ」 方は致れ症ベ症健全 実す、な、康とがしこ距要ちた が健してのルと康身 のる特い筋関がでっと離で生め 現康てお危が関関持 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年7月 4

[close]

p. 5

を 抑 え る 転 び 方 を す る こ と か ら 、 転 べ 、 骨 量 が 多 い 、 又 は と っ さ に 衝 撃 倒 関 連 体 力 の 高 い 者 は 、 低 い 者 に 比 る 頻 度 も 多 く な り ま す 。 し か し 、 転 に あ る た め に 転 倒 危 険 場 面 に 遭 遇 す の 高 い 高 齢 者 は 活 動 空 間 も 広 い 傾 向 生 す る 可 能 性 が あ り 、 転 倒 関 連 体 力 高 齢 者 を 除 い て 、 ど の 高 齢 者 に も 発 る こ と は 可 能 で す 。 転 倒 は 寝 た き り た と き に 回 避 す る 体 力 」 は 身 に 付 け し に く い 体 力 「、」 転 倒 し そ う に な っ 倒 関 連 体 力 を 改 善 す る こ と で 「 転 倒 し に く い で す が 、 転 倒 に 関 連 す る 転 害 、 服 薬 は 本 人 の 努 力 だ け で は 改 善 視 聴 力 の 低 下 や 疾 病 、 関 節 ・ 姿 勢 障 ( 転 倒 後 症 候 群 。) 転 倒 要 因 の う ち 、 寝 た き り 状 態 に 陥 る こ と も あ り ま す が 生 じ 、 不 活 動 な 生 活 か ら 要 介 護 ・ 倒 経 験 の 恐 怖 感 か ら 身 体 活 動 に 制 限 因 と な り ま す 。 骨 折 し な く と も 、 転 要 介 護 ・ 寝 た き り 状 態 の 直 接 的 な 原 の 衝 撃 に よ る 骨 折 リ ス ク も 高 ま り 、 も に 骨 粗 し ょ う 症 が 進 む た め 、 転 倒 険 性 が 高 い で す 。 さ ら に 、 加 齢 と と 境 の 変 化 に 対 応 し き れ ず 転 倒 す る 危 て 、 姿 勢 制 御 で き な く な っ た り 、 環 を 副 作 用 に も つ 薬 な ど の 原 因 に よ っ 症 、 関 節 障 害 や 姿 勢 障 害 、 ふ ら つ き 卒 倒 や 麻 痺 を と も な う 疾 病 や 後 遺 者 は 、 身 体 機 能 の 低 下 、 ふ ら つ き 、 運疾らはムがれ器転障動低はこに 動患の、の提ば障倒害に下でと低高 習をツ7早唱な害関がすをきで下齢 慣 の 導 入 や リ ハ ビ リ テ ー シ ョ 早 期 に 発 見 で き れ ば 、 適 切 な ー ル を 利 用 し 、 運 動 器 障 害 ・ 項 目 か ら 構 成 さ れ ま す 。 こ れ 期 発 見 の た め の 診 断 ツ ー ル す る ロ コ モ テ ィ ブ シ ン ド ロ ー り ま せ ん 。 日 本 整 形 外 科 学 会 を 危 険 因 子 と し て 考 慮 し な け 連 体 力 の 改 善 に お い て 、 運 動 挙 げ ら れ ま す 。 し た が っ て 、 る 身 体 的 疾 患 と し て 、 運 動 器 加 速 さ せ ま す 。 高 齢 者 を 不 活 ま す が 、 運 動 不 足 な 生 活 は 、 そ の 低 下 を 緩 や か に す る こ と し ま す 。 活 動 的 な 生 活 を 送 る 者 の 身 体 機 能 は 、 加 齢 と と も ₃自 立 に 必 要 な 体 力 敏力ス移生すわ日発す倒 捷(能乗活。る常生。に 性下力能を転活生す転よ ) か ら 構 成 さ れ ま す 。 肢・上 肢 筋 力 、 バ ラ ン ス 能 力 、 、 全 身 持 久 力 ) と 転 倒 回 避 能 力 ( 体 幹 ・ 下 肢 筋 力 、 バ ラ ン 営 む う え で 重 要 と な る 移 動 ・ 倒 関 連 体 力 は 、 自 立 し た 日 常 動 体 力 と 考 え る こ と が で き ま 活 動 作 を 中 心 と し た 転 倒 に 関 る こ と か ら 、 転 倒 関 連 体 力 は 倒 は 、 日 常 生 活 動 作 に お い て っ て 重 篤 な 怪 我 を し に く い で 通点体自て すか力立、高 るらのに健齢 こ説特必康者 と明異要関に はし性な連必 、 日 常 生 活 動 作 の 成 就 ま し た が 、 こ れ ら に 共 と い っ た い く つ か の 観 体 力 、 自 立 水 準 に よ る 体 力 、 転 倒 関 連 体 力 、 要 と さ れ る 体 力 に つ い ま り作の護と滑生まとる行どすあ異 はン と め ま数日・いに活た同高う、るりな自 すを常寝う、動、じ齢「運、まる立 。増生たこ安作日よ者身動マす立水 ₄自 立 水 進の 行導 の入 や活きと定を常うで体強ラ。場準 準 抑に す動りが的中生なあ的度ソスでや の 制よ こ と を 目 指 す こ と に な 作 の う ち 成 就 で き る 動 高 齢 者 で あ れ ば 、 種 々 重 要 と な り ま す 。 要 介 に 、 持 続 し て 行 え る か 心 と し て 、 ど の 程 度 円 活 自 立 で あ れ ば 、 日 常 体 力 を 必 要 と し ま す 。 れ ば 、 壮 年 期 、 中 年 期 エ リ ー ト 」 の 状 態 に あ の 高 い ス ポ ー ツ 活 動 を ン や 登 山 に 取 り 組 む な ポ ー ツ 競 技 大 会 に 参 加 体 力 を 捉 え る 考 え 方 も 体 力 水 準 の 違 い に よ り 違 い に よ る 体 力 の 特 異 性 がり 期、 待症 で状 きの ま改 す善 。あ る い じ た 考 え 方 が 必 要 と な り ま す 。 に は 、 よ り 幅 広 い 体 力 の 個 人 差 に 応 す 。 こ の よ う に 高 齢 期 に 必 要 な 体 力 な ど の 質 問 紙 を 使 う こ と も あ り ま 動 作 の 成 就 判 定 に は 、 A D L 評 価 票 状 態 に 近 い 高 齢 者 の 場 合 、 日 常 生 活 す る こ と に な り ま す 。 さ ら に 要 介 護 生 活 動 作 が 成 就 で き た か 否 か で 判 定 立 が 精 一 杯 の 高 齢 者 の 場 合 は 、 日 常 単 位 で 測 定 で き ま す が 、 日 常 生 活 自 者 で あ れ ば 、 距 離 、 力 、 時 間 な ど の 比 較 的 高 い 活 動 体 力 水 準 に あ る 高 齢 定 方 法 は 異 な っ て き ま す 。た と え ば 、 体 症 状 や 目 的 に よ っ て 活 動 体 力 の 測 齢 者 で あ っ て も 、 活 動 体 力 水 準 、 身 な り ま す 。 そ の 他 の 日 常 生 活 自 立 高 体 力 測 定 し て も 個 人 差 を 捉 え に く く る た め 、 日 常 生 活 動 作 の 成 就 能 力 を 齢 者 の 場 合 、 よ り 高 い 体 力 水 準 に あ に 扱 う こ と に な り ま す 。 こ れ ら の 高 期 の 体 力 観 に 類 似 し て お り 、 例 外 的 「 身 体 的 エ リ ー ト 」 高 齢 者 は 、 壮 年 能 力 が 中 心 と な っ て い る こ と で す 。 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.12

[close]

p. 6

容 と し て は 、 ス ト ー マ ( 手 術 に よ っ を 行 う 体 制 を 取 り ま し た 。 事 業 の 内 に越 まさ 顧と会しっ 問新のたた 医潟組。の をの織今が 置 と年、 き 4地 し で 源 、区て 川 会 に は 4年1 医 員分、を科 のけ県迎器 相、内え械 談地をま㈱ と区上すで 指ご中。あ 導と下 り し て 、 事 務 局 の 場 所 を 引 き 受 け て 下 て 、 こ の 会 が ス タ ー ト し ま し た 。 そ そ れ に 医 局 の 先 生 方 の 応 援 を 頂 い 藤 輝 一 教 授 が 自 ら 初 代 会 長 と な り 、 の 希 望 を く み 取 っ て 、 新 潟 大 学 の 武 ケ ア も し て ほ し い 」 と い う 患 者 た ち 工 肛 門 の 造 設 だ け で な く 、 そ の 後 の の「 新 潟 会 館 」で 誕 生 し こ の 会 は 、 昭 和 5年0 と 名 付 け ら れ ま し た 。 ま し た 。「 6月 に 新 潟 人市 に 似 て い る こ と か ら 「 雪 椿 友 の 会 」 人 工 肛 門 が 丁 度 新 潟 県 の 花 の「 雪 椿 」 県 支 部 」 で あ り ま す 。 腹 部 に つ け た 益 社 団 法 人 日 本 オ ス ト ミ ー 協 会 新 潟 工 膀 胱 保 有 者 の 会 で 、 正 式 名 は 「 公 「 雪 椿 友 の 会 」 は 、 人 工 肛 門 と 人 は 「 社 団 法 人 」 と な り 、 以 降 、 交 通 訓 練 事 業 」 が 開 始 さ れ 、 平 成 元 年 に にが始 「整さ オ備れ スし、 トてオ メまス イいト トりメ にまイ 対しト すたを る。取 社昭巻 会和く 適体 応 61年 制 マ を 造 設 し た 人 ) の 障 害 者 適 用 が 開 改 正 が あ り 、 オ ス ト メ イ ト ( ス ト ー 会 」 が 発 足 、 身 体 障 害 者 福 祉 法 一 部 本 ス ト ー マ ・ リ ハ ビ る よ う に な り ま し た が あ り 、 人 工 膀 胱 使 昭 和 57年 に は 互 療 会 「 日 本 E T / W O C で 苦 労 し た も の で し 膚 の か ぶ れ や パ ウ チ リ テ ー 昭。 和 用 者 が シ ョ ン 5年9 「に 加 入 で 学日き 会 則 の 一 部 改 正 協たか 会。ら 」が 発 足 し 、 昭 和 5年6 に の 便 の 漏 れ う な 立 派 な ス ト ー マ 装 具 も 無 く 、 皮 な り ま し た 。 こ の 時 代 に は 、 今 の よ ホ互等 テ療で ル会あ でにり 全加ま 国入し 大した 会、。 を昭翌 開和年 催、 す 55年 全 るに国 まは組 で東織 に映の 会 員 の ア ン ケ ー ト 調 査 、 会 報 の 発 行 た 排 泄 口 ) 管 理 ・ 指 導 、 食 事 指 導 、 て 便 又 は 尿 を 排 泄 す る た め に 作 ら れ を 教 訓 に 災 害 対 策 を 全 国 支 部 に 勧 め 協 会 本 部 と し て は 、 東 日 本 大 震 災 応 が 必 要 と な り ま す 。 ま い り ま し た 。 こ れ か ら は 、 こ の 対 実 が 進 む に つ れ 、 会 員 離 れ が 進 ん で ト ー マ 装 具 助 成 な ど の 福 祉 制 度 の 充 近数1 くは4 に現・ な在6 っ5 た 事 も あ り ま し 21名 0 で す 。 か つ て 人 と な り ま す たはが が、、 、会 ス 50名 0 員 は 3 4 4 3 名 で 、 1 万 人 に 対 し て ししに たたも 時。計 に は 県 内 の オ ス ト メ 平 成 24年 に ア ン ケ ー ト 画 表 の 配 布 を お 願 い い イをた ト集し 数計ま 今 年 度 は 、 ス ト ー マ 装 具 の 販 売 業 者 載 の 協 力 を 頂 い て お り ま す 。 さ ら に で 計 画 し 、 県 内 の 市 町 村 広 報 に も 掲 ( 女 性 、 ウ [ロ 泌 尿 器 ]、) 1 泊 研 修 下の 越充 、実 県を 央中 、心 新に 潟 、 佐 県 内 を 渡 )、 6地 区 2部 ( 上 会中 の 事 業 体 制 は 「 社 会 適 応 訓 練 事 業 」 こ の よ う な 状 況 変 化 の 中 で 、 当 会 よ う に な り ま し た 。 機 関 ・ 各 種 料 金 の 割 引 が 適 用 さ れ る 雪 皆 椿 友 の 川会 会 長   「 雪 椿 友 の 会 の」 活 動 紹 介 厚 業師( を 進 め て ま い り ま す ( 2名 40名 ) の ご 意 見 を ) と 皮 膚 ・ 排 泄 。頂ケ きア な認 が定 ら看 事護 当 会 は こ れ か ら も 顧 問 医 の 先 生 す 。 し で も 理 解 の 進 む こ と を 願 っ て い ま 障 害 者 差 別 解 消 法 の 施 行 に よ っ て 少 浴 の 問 題 が 生 じ る こ と が あ り ま す 。 イ レ 利 用 で ト ラ ブ ル に な る こ と や 入 判 別 が で き ま せ ん の で 、 障 害 者 用 ト オ ス ト メ イ ト は 外 観 か ら 障 害 者 の ま す の で 窓、 口 の 心 配 は あ り ま せ ん 。 「 ス ト ー マ 外 来 」 を 設 け ら れ て お り 排 泄 ケ ア 認 定 看 護 師 」 が 居 り 、 更 に マ 造 設 の 病 院 に は 専 門 職 の 「 皮 膚 ・ ど習今 のを年 申設度 しけか 込まら みし「 がた術 あと後 りこ ま ろ 5年 し、未 た現満 。在の ス会 ト 20名 」 ーほ講 談 や 質 問 が 出 て ま い り ま し た の で 、 し で 退 院 と な る 患 者 が 多 く な り 、 相 マ 装 具 を つ け て の 充 分 な 生 活 訓 練 な 近 年 、 医 療 技 術 の 発 達 で 、 ス ト ー て お り ま す 。 中 越 沖 地 震 を 経 験 し 連 絡 体 制 は 出 来 て い ま す が 、 当 支 部 で は 中 越 地 震 と 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年7月 6

[close]

p. 7

本財団では市町村をはじめ、健康づくりを推進 する団体等に健康に関する教育資材の貸出しを 行っています。 貸出期間は、原則 14 日以内で貸出料金は無 料ですが、資材の郵送をご希望の場合、郵送料 は借受者の負担となります。なお、「らくらくウエル ネス(血管年齢・脳年齢等測定機)」 は精密機 械ですので、貸出、返却の際は本財団までお越し ください。 「らくらくウエルネス」 は昨年度末に購入し、3月 29日(日)に朱鷺メッセで開催された 「元気にいがた健康フォーラム」 で使用したところ、測定待ちの 行列ができるほど大変好評でした。 使い方は非常に簡単で、性別、年齢を入力し、人差し指を測定センサーに入れると約20秒後に血管 年齢が表示されます。また、プリンタを使って A4 白紙に印刷も可能です。 ぜひ、健康フェアや健康教室などで住民等への健康づくりの動機づけのツールとして、他の貸出資材 とともに積極的にご利用ください。 健康教育資材の詳細につきましては、本財団ホームページの 「啓発普及機材貸出」を参照ください。 http://www.nhf.or.jp/hp/keihatu.html 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.12

[close]

p. 8

27 開催時期 事業名 7 平成27年 5月29日 市町村健康診査等事務担当者研修会 20 6月2日 検診機関協議会平成27年度定例総会 会 場 新潟市 新潟県医師会館     〃     〃    6月6日 糖尿病対策推進会議幹事会  〃     〃    6月8日 健康づくり財団第15回定例理事会  〃     〃    6月16日 がん検診研究会第1回理事会  〃     〃    6月24日 健康づくり財団第11回定時評議員会  〃     〃    7月1日 がん教育授業  〃  中之口中学校 7月10日 糖尿病対策推進会議第1回理事会  〃  新潟県医師会館 8月21・22日 細胞診研修会  〃     〃 8月22・23日 24時間テレビチャリティブース出展  〃  万代シティ歩行者天国 8月 生活習慣病予防等功労者表彰選考委員会  〃  新潟県医師会館 9月1~30日 がん征圧月間・健康増進普及月間 9月4日 がん征圧全国大会 群馬県前橋市 9月25日 がん教育授業 新潟市 亀田西中学校 9月 県乳がん検討委員会小委員会  〃  新潟県医師会館 10月2日 第32回がん征圧新潟県大会 長岡市 長岡リリックホール 10月 健診保健指導支援協議会健診委員会 新潟市 新潟県医師会館 10月 県・地域乳がん検討委員会合同会議  〃     〃    11月 糖尿病対策推進会議“県民公開講座” (調整中)    11月 特定健診集計データ統計利用方法研修会   〃     11月 第2回糖尿病対策推進会議総会 新潟市 新潟県医師会館   12月3日 第28回がん検診研究会総会  〃     〃    12月 検診機関協議会中堅幹部職員養成研修(第1回)  〃     〃    12月 県前立腺がん検討委員会  〃     〃    12月 乳がん検診セミナー  〃     〃    平成28年 1月 平成28年度健康診査事業合同打合せ会 新潟市 新潟県自治会館 1月 検診機関協議会中堅幹部職員養成研修(第2回)  〃  新潟県医師会館 1月 大腸がん予防講演会 三条市 2月 検診機関協議会中堅幹部職員養成研修(第3回) 新潟市 新潟県医師会館    2月 肺がん検診セミナー  〃     〃    2月 県・地域肺がん検討委員会合同会議  〃     〃    2月 がん検診研究会第2回理事会  〃     〃    2月 糖尿病対策推進会議第2回理事会  〃     〃    3月3日 検診従事職員研修会  〃  ホテルラングウッド新潟 3月 健康づくり財団第16回定例理事会  〃  新潟県医師会館 3月 健康づくり財団第12回臨時評議員会  〃     〃    3月 検診機関協議会役員会  〃     〃    (調整中) がん教育授業 津南中学校、十日町中学校 (調整中) 生活習慣病・がん予防講演会 上越市、弥彦村 テーマ 慢性腎臓病 子宮頸がん 前立腺がん 糖尿病 歯周病と生活習慣病 出 演 講 師 新潟大学保健管理センター所長 鈴木芳樹 先生 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 榎本隆之 先生 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 冨田善彦 先生 新潟大学大学院医歯学総合研究科准教授 羽入修 先生 新潟県歯科医師会常務理事 稲富道知 先生 放送日 7月13日、27日 8月10日、24日 9月14日、28日 10月12日、26日 11月9日、23日 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成27年7月 8

[close]

Comments

no comments yet