陽光10号

 

Embed or link this publication

Description

陽光10号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

び異臓にくるこ力十臓 動のの動液にを 不常病は酸血のが分が心力血中脈を収契心 整 脈 な ど が あ り ま す ( 表 1 )。 ( 心 筋 症 、) 虚 血 性 心 臓 病 お よ 、) 弁 の 病 気 ( 弁 膜 症 、) 心 筋 の 、 生 ま れ つ き の も の ( 先 天 性 心 素 と 栄 養 を 受 け て ま す 。 心 臓 病 管 ( 冠 動 脈 ) か ら 、 休 む こ と な た め 心 臓 は そ れ 自 身 を 養 っ て い 発 生 で き な け れ ば な り ま せ ん 。 発 揮 で き ま せ ん 。 心 筋 も 正 常 に 血 液 を 送 り 出 す ポ ン プ の 働 き は 拍 数 は 遅 す ぎ て も 早 す ぎ て も 心 に な り ま す 。 圧 が 全 身 に 血 液 を 送 る 循 環 の 原 の 圧 ( 血 圧 ) が 高 ま り ま す 。 こ ) に 血 液 が 送 り 出 さ れ る と 血 管 送 り 出 し ま す 。心 臓 か ら 血 管( 大 縮 し て 全 身 の 臓 器 ( 細 胞 ) に 血 機 に 心 臓 の 筋 肉 ( 心 筋 ) が 一 斉 臓 は 、電 気 信 号 ( 心 電 図 と な る ) 1   心 臓 の 働 き る動梗ジ最み 病脈塞が悪、心 気がであの呼臓 で血すり場吸病 、 心 筋 は 酸 素 不 足 に 陥 り そ 液 の 塊 に よ っ て 突 如 詰 ま 。 心 筋 梗 塞 は 心 臓 を 養 う 冠 ま す 。 そ の 代 表 が 急 性 心 筋 合 急 死 す る と い う イ メ ー 困 難 、 シ ョ ッ ク を き た し 、 は 突 然 発 症 し 、 強 い 胸 の 痛 2   動 脈 硬 化 と 心 臓 病 1)先天性心臓病 2)弁膜症 3)心筋の筋肉疾患(心筋症) 4)虚血性心臓病 狭心症 心筋梗塞 5)不整脈 6)その他 表1 代表的な心臓病  ( 虚 血 性 心 臓 病 ) に つ い て 述 べ ま す 。 以 下 に 動 脈 硬 化 が 原 因 と な る 心 臓 病 子動化 と脈を虚 呼硬基血 び化盤性 まをと心 す増し臓 。悪て病 昔さ発は かせ症、 らるし冠 言もま動 わのす脈 れをがの て危、動 い険こ脈 る因の硬 3   動 脈 硬 化 の 危 険 因 子 拡場塊いテめくな役とし胞のの 張合をるル一解っ割がたの痛ま さは除血検刻除たはしこ死みま せ ま す ( 図 1 )。 バ ル ー ン で 血 管 を 正 去 し た 後 に 血 管 が ま 液 の 塊 を 除 去 し ま す 。 査 を 行 い 、 血 管 を 閉 塞 も 早 い 入 院 と 、 同 時 に す る こ と に あ り ま す 。 冠 動 脈 の 閉 塞 を 1 秒 、 急 性 心 筋 梗 塞 で は ば し ば で す 。 循 環 器 専 と の な い 苦 悶 症 状 を 滅 に よ る も の で 、 か つ は 心 筋 の 酸 素 不 足 や で は 間 も な く 死 滅 し ま 常だ血さカこで原門伴て心す へ細液せテのも因医う経筋。 といのてーた早とのこ験細胸 冠動脈の閉塞(詰まり) 血の塊  新   潟 大     学 名 誉   教 授       立 川   メ デ   相 ィ カ ル   セ ン 澤   タ ー 研 義 究 開   房 発 部 長 心 臓 病 と 健 診 冠動脈の開通 血管を詰めていた血液の塊で、カテーテ ルで除去したもの 心臓を養う血管を造影すると矢印の間で 途絶している 図 1 急性心筋梗塞の治療。入院後直ちにカテーテル治療を行った例 血液の塊を除いた後、血管をバルーン治療 で拡張し、矢印の部位は他の正常部位と同 様の太さに回復している 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 2

[close]

p. 3

のゴりす本 思れらそり久対臓 か2喫動 タ バ コ の 宣 伝 を 最 後 ま で 許 し て い ー ル デ ン タ イ ム の 時 間 帯 に T V で ま す か。 つ て 先 進 国 の 中 で 日 本 は 、 。 禁 煙 は も っ と 徹 底 す る 必 要 が あ 誌 で も 繰 り 返 し 指 摘 さ れ て お り ま 喫 煙 の も た ら す 諸 々 の 健 康 被 害 は い ま す 。 ば 回 避 で き る だ け に 非 常 に 残 念 に れ る 例 が 今 で も あ り 、 治 療 し て い の た め に 脳 卒 中 な ど で 入 院 し て こ ま し た 。 し か し 、 高 血 圧 を 放 置 し し く 、 殆 ど の 例 で 降 圧 が 可 能 に な し て は 有 効 な 薬 物 治 療 が 出 現 し て 、 腎 臓 、 脳 を 傷 め ま す 。 高 血 圧 に 高 血 圧 は 、 動 脈 硬 化 を 悪 化 さ せ 心 り ま す 。 。) こ れ ら の 危 険 因 子 は 健 診 で 分 煙 、高 コ レ ス テ ロ ー ル 血 症 で す( 図 脈 硬 化 の 三 大 危 険 因 子 は 、 血 圧 、 可活 能習健 な慣診 限にで り問動 回題脈 避が硬 しあ化 、れの あば危 る、険 いこ因 はれ子 治らや 療を生 4   動 脈 硬 化 の 診 断 と 治 療 脈ク質カトもりスれレで た 硬症代ロフ遅まテ、スに1国 化 疾 患 を 増 や し ま す 。 候 群 に 関 連 し た 代 謝 異 常 と 動 謝 異 常 、 糖 尿 病 な ど メ タ ボ リ ッ リ ー の 過 剰 摂 取 は 、 肥 満 、 脂 ー ド の 普 及 も 背 景 に あ り ま す 。 れ を と っ て い ま す 。 フ ァ ー ス す 。 し か し 、 日 本 で は こ れ ロ ー ル の 値 は 低 下 傾 向 に あ と っ く に 一 般 市 民 の 血 中 コ レ テ ロ ー ル を 含 む 食 品 は 敬 遠 さ 健 康 食 品 へ の 意 識 は 高 く 、 コ 9 7 0 年 代 に 遡 り 米 国 で は す で す 。 危険因子 *高血圧  悪玉コレステロール  喫煙習慣 *肥満 *耐糖能異常、糖尿病  善玉コレステロールの低下 *中性脂肪の上昇(150以上) *項目の3つ以上の組み合わせ =    メタボリック症候群 動脈硬化の進展 発病・再発 狭心症 心筋梗塞 図2 動脈硬化と心臓病 中きないます破しる易狭にりでり部 るはよ下き動脈 すに指病す に は 動 脈 硬 化 を 安 定 化 さ せ る も の る こ と も 判 明 し て い ま す 。 薬 物 の 動 脈 硬 化 の 有 無 が あ る 程 度 予 測 で 例 や 他 の 血 液 検 査 所 見 で 、 不 安 定 せ ん 。 し か し コ レ ス テ ロ ー ル が 高 る こ と を 予 測 す る こ と は ま だ で き け 血 の 塊 が で き て 心 筋 梗 塞 が 発 生 ま う か ら で す 。 動 脈 硬 化 の 表 面 が 、) 破 け た 表 面 に 血 の 塊 が で き て く ( 不 安 定 な 動 脈 硬 化 巣 と 呼 ば れ 心 症 に 比 べ 動 脈 硬 化 の 表 面 は 破 け な り ま す 。こ れ は 程 度 が 軽 く と も 、 軽 い 動 脈 硬 化 が 多 く の 場 合 に 原 因 き ま す が 、 心 筋 梗 塞 で は 狭 心 症 よ ま す 。 血 の 塊 は 動 脈 硬 化 の 表 面 に に 血 の 塊 が 突 然 で き て 血 管 が 塞 が 一 方 、 心 筋 梗 塞 で は 血 管 の 壁 の 一 こ と は 極 め て 重 要 で す 。 動 脈 硬 化 の 危 険 因 子 を 治 療 し 続 け っ て 狭 窄 が 治 せ ま す 。 再 発 予 防 に す る 様 で あ れ ば 、 バ ル ー ン 療 法 に ま す 。 狭 心 症 の た め 生 活 の 質 が 低 負 荷 検 査 な ど で 診 断 す る こ と が で 硬 化 の た め 症 状 が 出 ま す の で 、 運 狭 心 症 で は 、 一 定 以 上 に 進 ん だ 動 。 対 し て も 心 を 配 る こ と が で き ま 摘 さ れ れ ば そ の 分 、 虚 血 性 心 臓 病 に 最 も 重 要 な こ と で す 。 リ ス ク が る こ と は 虚 血 性 心 臓 病 の 予 防 や 未 うらめさ険既全で子有が 。、とれ因に身、が無、動 そして子予のそあが健脈 の 結 果 を 十 分 に 活 か し ま し ょ た 健 診 で 異 常 を 指 摘 さ れ た い ま す 。 特 定 健 康 診 査 を は じ の 値 の 治 療 目 標 と と も に 報 告 防 と 治 療 の ガ イ ド ラ イ ン が 危 臓 器 障 害 の 予 防 が で き ま す 。 の 進 展 を 遅 ら せ 、 心 筋 梗 塞 や れ ば 是 正 し 、 治 療 を す る こ と 分 か り ま す 。 こ れ ら の 危 険 因 診 で は 動 脈 硬 化 の 危 険 因 子 の 硬 化 は 完 全 に 回 避 で き ま せ ん 5   お わ り に にも 役知 立ら っれ て、 いこ まれ すら 。は 心 筋 梗 塞 の 予 防 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 4

と禁実でのの国薬いにい 「煙施す静成最のま関う前 ワ成さ。岡功下調すし話回 ー功れし県率位査。てを、 ス率たか( とで2もい新 トは同も 17・ い 新 0 新 た 潟 1 全 様 47・ う 潟 0 潟 し 県 」 国 の 2年 1% 結 県 9 県 ま は の で 調 後 1% は 果 の 年 は し 喫 二最査の)成で禁の残た煙 連もで2の功し煙フ念が対 覇低も0約率た成ァ県、策 をく新1 全。功イと禁後 達 、 潟 1 3分 国 新 率 ザ な 煙 進 成な県年の1潟はーっ分県 しんのに 位県全製て野と 1 「と らキ喫なし 美 に 47都 2 い ン 煙 ど わ た 肌、道0でグ者の、ば 県 グ ラ ン プ リ 」 を 実 施 し ま 日 本 一 の 美 肌 県 を 府 県 の 約 8万 人 の デ 1 2 年 に ポ ー ラ 化 粧 決ー品 定タが すを全 るも国 す 。 フ ェ イ ス と い う 言 葉 も あ る ぐ 特 有 の 老 け た 顔 貌 に は ス モ ー 原 因 に な り ま す 。 こ の よ う な し み 、 た る み 、 く す み 、 抜 毛 こ の 煙 は 美 容 に も 大 敵 で す 。 新 潟 肌 美 人 を 増 や そ う 全新 づ介がで 国潟 くさら、前 最県 りせ近今回 下の のて年回は 位禁 ごいのは少 ?煙 参たた新し 成 考だば旧固 功 にきこ、い 率 なま関硬話 は れす連軟が ば。のを中 幸地話取心 い域題りで でのを混し す健ごぜた 。康紹なの のの禁ジ化 調て 応み煙ャし禁査い 援な治ーて煙でる 窓ら療がいはよの 口ずを、ま我うで を産受身す慢やす 増業け近。かく( や保らで県ら最ち し健れ適内支下な ま、る切の援位み し薬よな禁、をに ょ局う禁煙治脱2 うな医煙チ療出0 。ど療支ャへ)1 地機援レと。3 域関やン進 年 女 プの県もで位あ調一性と性い響側にみ輝し 性新に禁と全すはり査低喫をの」がは?にいた の潟つ煙も国。低、)く煙あ喫と少「)新た。 禁 煙 を 応 援 し よ う と 2 県 福 祉 保 健 部 で は 、 新 な が る 秘 訣 か も し れ ま 率例に ア年比 ッべ プ 40位 短 が前く 新後都 潟で道 肌す府 美か県 人ら順 日い最。 照 ほ 新 一 5~ 時う(方 間 か 2 、 7% はら0新で 新 1潟す 潟 31番 0 県 ( 県目年は国 、と) 民 島 い の 10~ 生 率 は 2 0 0 0 年 以 降 常 げ て い ま す 。 実 は 島 根 煙 率 が 全 国 で も 最 も 低 い う 気 象 条 件 に 加 え て な い ) 」 、 「 水 蒸 気 密 日 照 時 間 が 短 い ( 紫 外 。 そ の 美 肌 要 因 と し て 潟 県 は 33位 。 新 潟 美 人 の は 「 島 根 県 」 で す 栄 え あ る 初 代 グ ラ ン 0潟せ度、位根う全 活に県い、度線主は(プ 1 県 ん ア 女 は 県 状 国 11% 基 全 の 」 「 が の 催 ど ち リ 2の。ッ性両と況順で礎国女こ女高影者こなに たゾ例と ス医ク(にスでは喫すに昨 はーえを近費療が喫支トす年煙。対今長 た ば こ を 吸 い ま す か 」 と の 質 問 ト の 採 用 情 報 サ イ ト に は 「 あ な ば 、 リ ゾ ー ト 運 営 会 社 の 星 野 リ 明 言 す る 企 業 も 増 え て い ま す 。 年 は 「 喫 煙 者 を 採 用 し な い 」 こ 用 な ど で す 。 費 の 増 加 、 喫 煙 室 の メ ン テ ナ ン 高 い と い う 報 告 が あ り ま す ) 、 煙 者 は 非 喫 煙 者 に 比 べ 欠 勤 リ ス 払 う 賃 金 及 び 生 産 性 の 低 下 、 欠 勤 項 目 は 、 喫 煙 時 間 ( 非 労 働 時 間 ) 。間者 な約を お一 計 20~ 人 算雇 に 60万 っ 用円た いに場 らな合 れるの たと企 主の業 なこ損 コと失 国 内 外 の 研 究 の 試 算 に よ れ ば 、 す る 企 業 の 関 心 も 高 ま っ て い ま 、 喫 煙 者 の 雇 用 に 生 じ る コ ス ト ら く 不 況 、 不 況 と い わ れ 続 け た 就た 活ば でこ 損を を す る ? 吸 てっ い る と ~ 新 潟 大 近 年 学 医 学 の た 部 保 健 ば こ 学 科   事 情 教 関授 & 新 潟  県 の 奈 現( ※ 現 状状 1 は 緒 2№に 9 ~掲 載 ) こ れ か ら の 喫 煙 対 策 に 向 け て だ さ い 。 で 情 報 も 豊 富 で す 。 ぜ ひ 一 度 ご 覧 く ち ら も ピ ン ク 色 の か わ い い デ ザ イ ン 室 等 に お い て あ る と の こ と で す 。 ど と い う リ ー フ レ ッ ト も 作 成 し 、 美 容 『 手 に し た い の は 明 日 の 女 子 力 ! 』 ム ペ ー ジ を 立 ち 上 げ て い ま す 。 ま た 年 に『 に い が た 禁 煙 女 子 』と い う ホ ー 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 4

[close]

p. 5

在 までて説はかの ま引全報禁病るきまらら煙安クま禁れ用申が 求こすはもも不と有イすき面酬煙院とまたのれ者全製す煙、ししあ 職れ。と喫あ採い無ン。下禁改推機こせ医不るの管造。の作て訳り 中か のら 喫就 煙活 者に の臨 みむ な学 さ生 まさ 、ん 企や 業現 い煙り用うをタ うの、に質聞ー 求有採な問かネ 職無用るやれッ 側が条ら、たト の採件し喫が上 不否へい煙不に 安にのと室利は が影明いにに面 感響記う入な接 じすが都っらで らるな市たな喫 れのく伝者い煙 げ な ど が 関 連 し て い る と 考 え 煙 で な い 医 療 機 関 の 診 療 報 酬 正 ( 2 0 1 2 年 ) に よ る 屋 内 進 が 求 め ら れ る こ と や 、 診 療 能 評 価 で 全 館 禁 煙 及 び 職 員 の ろ が 増 え て い ま す 。 こ れ に は ん 」 と い う 採 用 条 件 を 提 示 す 療 機 関 で も 「 喫 煙 者 は 応 募 で 公 平 感 に も 言 及 し て い ま す 。 こ と に 対 す る 非 喫 煙 者 社 員 か み に 喫 煙 の た め の 休 憩 が 認 め 理 、 作 業 効 率 の み な ら ず 、 喫 所 の 採 用 情 報 に は 、健 康 管 理 、 化 学 品 メ ー カ ー の 岐 阜 セ ラ ツ 重 要 性 が 詳 細 に 記 載 さ れ て い 業 効 率 や 企 業 競 争 力 な ど 社 員 お り ま せ ん 」 と の 画 面 が 現 ご ざ い ま せ ん が 、 喫 煙 者 は 採 、 Y E S を 選 択 す る と 「 大 変 し れ な い ) 時 代 に な っ て き た の か も だ け で な く 恋 愛 で も 損 を す る ( か も ま す 。 た ば こ を 吸 っ て い る と 、 結 婚 をの女き学 恋 子な) 人 6割 の い に に し 、 女 6割 」 と よ れ た子にいば く学の な生ぼ いのり 」、 と 5割 ま 回はた 答「男 し喫子 う 学 生 が 男 子 の 、「 喫 煙 者 と は 結 て い 煙 者 学 生 7割 、 婚 で 大 学 生 調 査 ( 2 0 0 9 年 、 法 政 大 な り 低 下 し て し ま う と の こ と で す 。 り の 場 合 は 実 際 に マ ッ チ ン グ 率 が か く 、 あ る 結 婚 相 談 所 に よ れ ば 喫 煙 あ に 相 手 に は 非 喫 煙 者 を 望 む 人 が 多 わ っ て い る の が 喫 煙 で す 。 男 女 と も ま す 。 こ の 婚 活 の 成 否 に 大 き く 関 お り 、 近 年 婚 活 市 場 が 活 発 化 し て い く て も で き な い と い う 人 も 増 加 し て の性1口 結で9問 婚も8 離0 れ 2倍 年 も以時 題 研 究 あ上に所 りの比) ま増べで す が 、 結 婚 加 で す 。 若 男 性 は 8倍 あ り 、 こ し年、れ た層女は ( 2 0 1 3 年 、 国 立 社 会 保 障 は 男 性 2・0 1% 、 女 性 1・0 2 0 1 0 年 の 生 涯 未 婚 率 ( 2 0 ・ 人 6% 1 0 ) 喫 煙 し て い る と 婚 活 で 損 を す る ? ジ被選 しら択 てなの みい幅 てたが はめ狭 いにく かもな が、る で禁な し煙ど ょにの うチ不 かャ利 。レ益 ンを しピ大育 児ラ局 で常まり常喫ももか 幼映たまネば ニし てーなの1のー(米す習すも習煙影のつニ児像ばしッこ2 きクど推9病医F国。化。多喫開響喫急コ、でこたトを0 まにの進9気師Dで し児対、0」はAも た 。 子 ど も た 童 、 生 徒 の 喫 策 が 進 み 、 2 学 校 の 敷 地 内 年 後 半 以 降 、 だ と 指 摘 し て 「、 ニ コ チ ン ) 長 官 で 小 児 同 様 で 、 米 国 ち煙0禁喫い依科食 の率0煙煙ま存医品 健は0化防す症の医 や減年の止。はケ務 か少を拡教 小ス薬 に 至 る 人 は ほ と ん ど い な い の つく煙始 まが者年 り は齢 成 18~ は 人 6割 強 後 20歳 が く にに 関 喫 喫 18歳 連 煙煙まし ををで、 経開に成 験始、人 しし残の は 重 大 で す 。 喫 煙 の 習 慣 化 と 煙 は 成 人 よ り 依 存 と い う 点 で 速 に 陥 る と さ れ て お り 、 子 ど チ ン 依 存 は 低 年 齢 ほ ど 容 易 に 喫 煙 」 で 検 索 を 。) す( 関 心 の あ る 方 は「 ロ シ ア 、 を す る と い う シ ョ ッ キ ン グ な 。 幼 児 が 自 ら 手 を 出 し も ら い 上 の 動 画 に 世 界 が 衝 撃 を 受 け 回 し 飲 み す る と い う イ ン タ ー 1 4 年 4 月 、 幼 児 と 父 親 が た コ チ ン 依 存 は こ ど も の 病 気 ? れ ま せ ん 。 く族めめ ががで 充地いな だでににみああ大た実域」将 さ、ももなたたきばし、気来 い ま す よ う ・ ・ ・ 。 た ば こ に つ い て 一 緒 に 考 え て ど う ぞ 、 地 域 で 、 職 場 で 、 家 地 域 社 会 の す て き な 未 来 の た さ ま の 心 と か ら だ の 健 康 の た り ま え の 社 会 へ 。 り ま え の 社 会 か 「ら 吸 わ な い 」 くこて 変をい わ り ま し た 「。 取 り 巻 く 環 境 は き た い も の で す 吸こ。 うの 」 の 10年 学 校 、 家 庭 が 連 携 し て さ ら に 持 ち を 育 て る 喫 煙 防 止 対 策 を に 向 け て 「 た ば こ を 吸 わ な 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 6

なこの形Nう たう壊じあえ一 れで原でAにど部一しでりるつが ばす因傷がなう分つな、ま性はん 。 20% 一 位説 がに んよ はる 無と くた なば りこ まが す無 。く と し て 圧 倒 的 に 多 い の が た ば が つ い て が ん に な り ま す 。 そ あ り ま す 。 D N A に 何 ら か の る の か 。 細 胞 に は 核 が あ り D し て 無 尽 蔵 に 増 殖 し て い く よ に が ん が 飛 ん で い く こ と で す 。 は 転 移 が あ り ま す 。 体 の 離 れ が ら 、 拡 大 し て い き ま す 。 も 次 第 に が ん 細 胞 が 入 り 込 ん で す 。 水 が 少 し ず つ 染 み 込 む 感 質 、 次 に 、 浸 潤 と い う 性 質 が 、 抑 制 が き か ず に 無 尽 蔵 に 増 細 胞 は 3 つ 特 徴 が あ り ま す 。 が ん の 基 礎 的 な 話 に つ い て 教石 そ育山平 のに中成 講関学 演 要 旨 を 掲 載 い た し ま す 。 す る 講 演 が 開 催 さ れ ま し た 。 校 26年 で7 、月 3 年 17日 生に を、 対新 象潟 に市 が立 ん東 いて あ年人う がとす ま す 。 戦 前 、 戦 後 で は 、 肺 炎 や 結 い る こ と も 関 連 し て が ん が 増 え て 日 本 の 平 均 寿 命 が 世 界 一 位 に な っ り 、 老 化 現 象 と も 言 え ま す 。 、 積 み 重 な っ た 細 胞 の 傷 の 蓄 積 で 生話次 のでは 後す、 半。何 にが歳 ピん位 ーはで ク、が が あ り ま す 。 長 5歳0 位 か ら 増 え 、 ん に な る か と い 治 る と い う イ メ ー ジ で す 。 少 な く て 5 人 に 1 人 。 こ れ は が ん 。生 涯 に が ん で 亡 く な る の は も、 っ 現 在 、 2 人 に 1 人 が が ん に な り ま が ん に つ い て の 疫 学 的 な 話 に つ い て り活原とな放そ まし因1り射れ せてで0ま線か んいが0すもら 。るん0がD、 限に分、Nお りなのたA酒 でる1ばに、 はこ位こ傷ウ 考とでやをイ えはす酒つル る、。にけス 必通放くる、 要常射ら原当 はに線べ因然 あ生がるに、 “ い 新 潟 大 青学 医 学 部 医 山学 科 〜 が ん と 放 の ち ”に つ い 英放 射 射 て 線 医 線 の 史学 分 野   教 授 治 療 〜 講 演 会 ま んがりレ すがが、すビが 。ん、皆るドん 根の実さイラの 治治はんメマ治 は療放にーで療 字に射あジ抗は のは線まをが、 ご根治りおん多 と治療知持剤分 くとがらちに、 根緩あれとよ手 っ和りて思り術 こがまいい吐や かあすままい、 らり。せすたテ が ん の 治 療 の 話 に つ い て あの位んがはたほ来 合う原生にす で状な核 り ま せ ん 。 方 な の で 、 物 凄 く 心 配 す る 必 が が ん に な り ま す が 、 人 生 の が 定 年 退 職 し て 、 最 終 的 に は ん っとが今が が 2% て ん ん 、 高 影にもどに皆く 響な あなさな し り 1% り る ん り てまにま可はま いすもせ能 す ま が な ん 性 14歳 。 す、りしは位 。こま、、だ 今れせ 今と 後 は ん 20か 後 し 、一。ら て す る と が ん が 死 亡 の 原 因 に な 因 で 亡 く な る こ と に な り ま す き ら れ な い の で 、 最 終 的 に 何 減 っ て き ま し た 。 人 間 は 永 遠 が 、 生 活 習 慣 の 改 善 等 に よ り 次 の 問 題 は 脳 出 血 や 心 臓 の 病 感、 染 す る こ と が 多 く あ り ま し 態 が 悪 く 、 抗 生 物 質 も な か っ っ て い ま す 。 こ の 頃 は 、 国 の な ど の 感 染 症 が 死 因 の 第 一 要最半皆部女 10年 、 る。かに徐気たた衛位 は 後 分 さ 乳 性 30年 間 将 割そがは々で。の生に   あ 早 うおなががにチ経早でか~たが のる どはう況択ががが っ検 て診 病で 院 で 見 つ か っ た 場 合 見 つ か っ た 場 合 と 、症 ど状 のが 期 発 見 ・ 早 期 治 療 の 話 」 と 伝 え て く だ さ い 。 母 さ ん に 「 が ん 検 診 を 受 け ま し ょ い け ど 、 家 に 帰 っ た ら 、 お 父 さ ん 、 り ま す 。 皆 さ ん は 、 ま だ そ 齢の で は 、 “ が ん 検 診 を 受 け ま し ょ う ” に 繋 は 、 今 日 の 講 演 の 目 的 の 一 つ で す ャ ン ス は 結 構 長 い の で す 。 そ の た め 過いき し て い ま す 。 実 は 早 期 で 見 つ が ん で も 見 つ か る ま で に れ ば 相 当 早 い が ん に な り ま か 10年 す るは。 る の は こ の 範 囲 で す 。 1 ㎝ で 発 見 2 、 10~ が 年 3回 1 ん 間 の ㎝ 20年 が で細かの、 す胞ら期1 。分2間㎝ 検裂㎝がの 診でに必が 等、な要ん でこるでに がのにすな ん期は。る が間、とに 見はたこは つ1っろ、 か も し れ ま せ ん が 、 0 . 0 0 1 ㎜ 位 が ん は 急 に 大 き く な る イ メ ー ジ が あ ち ら か の 治 療 が 必 要 で す 。 治 り ま せ ん 。 放 射 線 治 療 か 手 術 の と す る 場 合 に は 、 薬 の 治 療 だ け で に よ り ま す が 、 が ん を 完 全 に 治 そ す る か は 、 大 体 が ん の 発 見 時 の 状 ん に な っ た 時 に ど ち ら の 治 療 を 選 ん に 伴 う 痛 み な ど を 和 ら げ ま す 。 ん を 完 全 に 治 し ま す 。 緩 和 は 緩 く 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 6

[close]

p. 7

き ん療概 一部し医治のの聞る はん 放 まXあの念日般のてがるイ4い割な がア 射 す 線 り 成 が 本 の 学 い 少 イ メ つ て 合 ぜ 29% 放 メ 線 。 が ん を 根 治 す る た め に 1 回 で 治 療 す る と D N A に 傷 が つ ま す 。 績 が ほ ぼ 同 等 の が ん も た く さ あ り ま す が 、 手 術 と 放 射 線 治 で は 手 術 の 方 が 良 い と の 固 定 方 は も っ と 知 ら な い は ず で す 。 生 で こ の よ う な 状 況 な の で 、 る 」。 と 言 っ て い ま す 。 医 学 な い 。 放 射 線 治 療 機 器 が 不 足 メ ー ジ が 少 な い 。 放 射 線 腫 瘍 ー ジ が 悪 い 。 放 射 線 で 腫 瘍 が で す 。「 被 爆 国 な の で 放 射 線 い ま す が 、 だ い た い 答 え は 次 が 低 い の か 、 毎 年 、 新 大 生 に 、 日 本 は 放 射 線 治 療 を 選 択 す 位 に な っ て い ま す 。 射リ 線カ 治等 療で をは 受、 け ま 60% す位 がの 、患 日者 本さ 治 療 の 話 えちま場見 かま位 て ゃ す 合 つ 90% れ す の くん。はかにば。が だ さ い 。 と 受 け て ね 」。 こ っな の 20% た り こに場ま とな合す かり 。 ら 、 60% 肺 もかでが 1 0 0 % 治 り 、 例 え ば 、 乳 が ん ん が 治 っ て い る とぜな、ん症はか ごひり症は状検の 家「低状、が診比 族検くが検あで較 へ診な出診る見を 伝をりたでとつし には が方すすこ管るも危が2をに射すし小 2まミうし中ミ 約 比 、 D あ が 。 こ と 理 と の 険 ん 0 ミ な 線 。 て さ 20ミ 0 す リ た れ に リ 30回 2 例大Nりがまとにさいのかに0リら量福おなリ0がシめな福シ位0 し ま す 。 そ の 放 射 線 の か け る 雑 把 に 言 う と か け た 放 射 線 量 A に 傷 を つ け る 量 と い う の ま す 。 ん 細 胞 よ り 回 復 し や す い 性 質 た 、 D N A の 傷 は 正 常 組 織 の が で き る と い う こ と に な り ま よ り 、 非 常 に 安 全 で が ん も 治 れ た 状 態 で し っ か り 治 療 す る う こ と に な り ま す 。 放 射 線 は 影 響 の 方 が は る か に 危 険 で あ と い う と 、 生 活 習 慣 に 関 す る な る 確 率 を 考 え る と ど ち ら が 0 ミ リ シ ー ベ ル ト 位 に な り 、 シ ー ベ ル ト に 置 き 換 え る と な い 数 値 で す 。 た ば こ と 酒 は 高 い け れ ど ほ と ん ど 問 題 島 県 も 他 県 よ り 、 わ ず か に 放 い て い た だ き た い と 思 い ま 数 字 で す 。 こ の 辺 り は 、 認 識 シ ー ベ ル ト は 比 較 で き な い 位 0 ミ リ シ ー ベ ル ト で す 。 年 間 、 放 射 線 治 療 は 1 回 1 分 位 で ー ベ ル ト を 安 全 基 準 に に 言 い ま す が 、 国 は い の で 、 あ え て 安 心 し し年て て間も いら 20 島 に 関 係 す る 生 徒 が い る か も ー ベ ル ト 位 に な り ま す 。 こ の 、 そ う す る と 大 体 6 0 0 0 0 0 0 ミ リ シ ー ベ ル ト を 、 合 計 最 ン を ン 多 ま に ク で に 少 大 以  が 大 小 近 で き る よ う に な り ま し た 。 C T ト 照 射 で す 。 動 く 腫 瘍 に 対 し て も 次 に 動 く 腫 瘍 に 対 し て の ピ ン ポ イ 照 射 す る こ と が で き ま す 。 ポ イ ン ト で 腫 瘍 の 形 に あ っ た 放 射 線 方 向 か ら 放 射 線 点一を に 集 中 し 、 ピ る こ と で 、 頭 を 固 定 す る 方 法 で す 。 合 せ 、 そ の 状 態 で 常 温 に 戻 し 、 固 を 温 め 、 ふ に ゃ ふ に ゃ に し て 顔 の 形 採 用 し て い る の は 、専 用 の プ ラ ス チ ッ 直 接 固 定 す る 方 法 で す 。 新 潟 大 学 し 眠 って い る 間 に フ レ ー ム を 頭 蓋 骨 変 で あ り 以 前 か ら も ってや い た の は 、 内 の 精 度 を 出 す と い う こ と 、 実 は ま ず 、 定 位 放 射 線 照 射 で す 。 1 ㎜ あ り ま す 。 き な 腫 瘍 に は 強 度 変 調 放 射 線 治 療 さ な 腫 瘍 に は 定 位 放 射 線 照 射 で 、 2 つ の 特 殊 な 治 療 を 紹 介 し ま す 。 放 射 線 治 療 方 法 の 紹 介 す外置前す Nこ分 る照がにがどAと布 装射あ導、うのにを 置装り入新や傷よが が置まさ潟っのっん 12すれ大て量ての 台 あ り 合、 計 3 台 で す 。 台 、 身 体 の 中 か ら 照 射 。 体 の 外 側 か ら か け る た 放 射 線 治 療 の 照 射 装 学 病 院 に は 、 3 4、 年 近 づ け る か と い う 話 で に 差 を つ け ま す 。 、 が ん と 正 常 組 織 の D 形 に な る べ く 近 づ け る とが歩て常まが傷止年んうあな気 をんにくにせんをめのは。りるでが 伝 え 、 終 わ り に し ま す 。 で も 治 せ る も の が 増 え て い る こ よ っ て 、 手 術 が で き な い よ う な だ さ い 。 最 後 に 放 射 線 治 療 の 進 少 な い こ と は 、 是 非 知 っ て お い ん が 、 相 対 的 な 割 合 で 言 う と 非 の 原 因 に な る こ と は 0 で は あ り 治 す 性 格 も あ り ま す 。 放 射 線 が る と か 。 ビ タ ミ ン C は 遺 伝 子 の 生 活 習 慣 と な っ て い る た ば こ を 実 は 結 構 あ り ま す 。 例 え ば 、 長 生 活 習 慣 の 改 善 で 防 止 可 能 な が 、そ の た め に 、検 診 を 受 け ま し ょ べ く 早 く 見 つ け る こ と が 重 要 で す が 不、 治 の 病 で は あ り ま せ ん 。 ん は 思 っ て い る よ り も 身 近 な 病 ま と め る生こいすのボすの 技まのま。みー。画 術れ方す放治ルあ像 で す 。 た 技 術 で 世 界 に 広 ま り つ つ あ 法 は 県 内 で 可 能 で す 。 日 本 で 。 ミ サ イ ル の イ メ ー ジ で す 。 射 線 動 体 追 跡 迎 撃 照 射 法 と 言 療 す る た め の 放 射 線 が 出 ま を 入 れ 、 あ る と こ ろ に 来 た 時 ら か じ め 腫 瘍 の 周 り に 金 の を 再 構 成 し て 、 照 射 し て い ま 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 8

はもこを族そきいを 子言と痛にこまう抱家 どえがめがかし子え族 もるあてんらたどなが の 心 に 思 っ て い る 以 上 に 大 こ と で す が 、 が ん と い う 病 り ま し た 。 個 人 の 経 験 か ら い る だ ろ う と 切 な く 感 じ る 患 者 を も つ 子 ど も は さ ぞ 心 く る の で あ ろ う 言 葉 に 、 家 。が ん に 対 し て の イ メ ー ジ 、 も を 、 今 ま で に 何 人 も み て が ら 誰 に も 言 え ず に い た と が ん に な っ て 、 大 き な 不 安 いかい家 し仕択にわジ子どこ病 き まけて族こた事の対っがどにと気今な しと考のの。が一すた、もつ、で回影 たなえ健講 。り、康話 ま家やは し族病、 養 たで気子 護 。話のど 教 あし予も 諭 り合防た 珊 瑚 がう、ち と良治が うい療自 実 ごきに分 加 ざっつや 加つると少たい検あ子響 わ っ た り し た 子 ど も も い ま と し て 放 射 線 医 療 に 関 わ る 考 え が 変 わ っ た り 、 職 業 選 感 じ ま し た 。 ま た 、 放 射 線 な か ら ず 明 る い 方 向 へ 変 ち の が ん に 対 し て の イ メ ー て 知 る こ と が で き ま し た 。 診 の 大 切 さ や 最 新 の 治 療 な る こ と 、 不 治 の 病 で は な い ど も た ち は 、 が ん は 身 近 な を 与 え る の で す 。 『 が ん 予 防 講 演 会 新』 潟か 市 立 東 ら 学 石ん 山だ 中 学 校 こ と   健 れ  が わ い し そ 2 恐  康ま将大れ病まの人ろ今 診せ来事て気ううにし日 断 や が ん 検 診 を 受 け に 行 こ う と 思 ん 。 な の で 、 大 人 に な っ て か ら は 、 絶 対 が ん に な ら な い と は 言 い 切 だ と い う こ と で す 。 いでそ まはう すなで 。くす そ、。 のし た 50% か めくし がら、 んい決 のはし 早治て 期る治 発とら 見言な ち 4 人 に 1 人 は が ん で 亡 く な っ て 1 人 が か か る と い う 国 民 病 で す 。 い も の だ と 実 感 し ま し た 。 が ん は の お 話 を 聴 き 、 僕 は が ん は と て も を 分 中  風 い 来 明 射  も し り た イ 今 線  つ け て い き た い と 思 い ま す  。    ( 女 子 ) だ け で な く 親 や 周 り の 人 に も 伝 え て 、 気 で 大 事 な こ と が た く さ ん あ り ま し た 。 自 さ ら に 、 お 話 の 中 に は こ れ か ら の 生 活 の に 人 の 役 に 立 つ 人 間 に な り た い で す 。 る の で す ご く 憧 れ ま す 。 私 も こ う い う 、 医 療 系 の 研 究 に 携 わ り た い と 考 え て し た 人 は す ご い と 思 い ま し た 。 私 は 将 線 治 療 で 治 療 で き る と 知 り 、 こ れ を 発 ま た 、 手 術 で は 治 療 で き な い も の も 放 考 え て み た い と 思 い ま す 。 も の こ と が あ っ た 時 に は 、 放 射 線 治 療 ま し た 。 だ か ら 、 自 分 や 周 り の 人 に も く さ ん 知 り 、 安 全 だ と い う こ と が わ か メ ー ジ で し た が 、 放 射 線 治 療 の 良 さ を ま で は 『 放 射 線 』 と 聞 く だ け で 危 険 な 治 療 に つ い て の 考 え 方 が 変 わ り ま し た 。 私 は 今 回 の 講 話 を 聴 い て 、 が ん の 放 射 〈 生 徒 の 感 想 〉 い 治 り 最  放 患 し ん る 放 い 思 す 校  意 て 高  ですも先私射者かと方射たっ。1今外遠いが す方大端は線に治い法線のて今年回とい病ん 。法切の今は手らっで治はいま生の身存気と ( 女 子 ) が 見 つ か る こ と は と て も う れ し な も の だ と 思 う の で 、 少 し で も 治 療 法 を 学 び ま し た 。 命 は 何 よ 回 の 講 演 で が ん の 恐 ろ し さ と 、 す ご い と 思 い ま し た 。 も 触 れ ず に 確 実 に 治 し て く れ る な い も の だ と 思 っ て い ま し た が 、 た ら 、 メ ス を 使 う 難 し い 手 術 で と て も 元 気 だ と 聞 き ま し た 。 が 療 と い う 手 術 よ り も 手 軽 に 行 え 初 耳 で し た 。 そ の 高 校 生 も 今 は ま し た 。 高 校 生 が か か っ た と 聞 で が ん は 高 齢 者 だ け の 病 気 だ と が が ん に か か っ た と い う お 話 で 講 演 会 で 興 味 深 か っ た の は 、 高 近 に あ り ま し た 。 在 だ と 思 っ て い ま し た 。 し か し 、 だ そ う で す が。 ん は 私 た ち に と っ い う 病 気 は 日 本 で 一 番 死 亡 率 が し し  思 こ な な に い たて今いのりどバま  。     い ま す 。 日 お 話 し ま す 。 よ う な こ ま せ ん 。 、 日 常 生 ラ ン ス の し た 。 ま 本く と今活とた 当だ にさ あっ りた が青 と山 う先 ( 男 子 ) ご ざ い ま 生 に 感 謝 は わ か ら な か っ た こ と と 日 の 講 話 が な か っ た ら 、 か ら 直 し て い か な け れ ば れ た 食 生 活 や 適 度 な 運 動 、 が ん を 未 然 に 防 ぐ た め 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 8

[close]

p. 9

がん教育のアンケート結果 新潟市立東石山中学校  新潟大学の青山先生から “ がん ” に関する基礎的なお話をいただき、講演前と講演後で ” がん ” に対する考 え方や思いがどのように変化したのか、中学生にアンケートを実施しました。 ※回答者数:講演前 156 名、講演後 158 名 Q1. “ がん ” は怖い病気だと思いますか?  Q2.“ がん ” は早い段階で見つけると治る確率が高いと    思いますか? (%) (%) Q3. “ がん検診 ” を受けてみようと思いますか?  Q4. 家族と “ がん ” について話したことがありますか     (話してみようと思いましたか)?  (%) Q5. “ いのち ” や “ 健康 ” について考えたことはありま     すか(考えてみようと思いましたか)? (%) (%)  本財団では、今年度から、中学生に対し、「がん教育」を 行っております。  専門家から “ いのちの大切さ ”、“ がんについての基礎知 識 ”、“ 早期発見・早期治療のため検診を受診することの重 要性 ” 等について講演いただき、生徒の “ がん ” に対する理 解を深めることを目的として実施しております。  「がん教育」の実施を希望される中学校がございましたら、 本財団にお問い合わせください。 9 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 10

がル員員 り員を除はに懇のた体だた1胃と 、本 会 と し て は そ、 の こ と よ り も 「 フ 、 写 真 な ど の 活 動 を 行 っ て い ま 交 流 会 、 研 修 旅 行 、 女 性 の 集 い 、 相 互 の 親 睦 と 助 け 合 い 」 と し て 、 会 の 趣 旨 目 的 に 関 し ま し て は 、「 ま せ ん 。 一 同 感 謝 し 御 教 導 を 忘 れ る こ と は 説 か れ て い た 両 先 生 の 御 見 識 に 、 後あよ のりっ ケまて アせ設 のん立 重。を 要み 性 2年0 た やほと 患どい 者もっ 組前て 織にも の、過 意胃言 切 な 御 指 導 を 賜 り 、 両 先 生 の ご 支 佐 々 木 先 生 ( 当 時 ) 、 梨 本 先 生 の っ て は 、 県 立 が ん セ ン タ ー 新 潟 病 の 誕 生 と な り ま し た 。 会 の 結 成 に き 1 0 0 0 名 を 超 え る 会 員 規 模 の 。9が 幸9ん い6の に も 多 く の 方 々 に ご 賛 ( 平 成 8) 年 4 月 の こ 患 者 団 体 を 立 ち 上 げ 同とた いでの が あ る 」 こ と だ け で す 。 私 ど も 会 員 資 格 は 「 胃 の 手 術 を 受 け た 医すゴ会会 あ会義切で援ご院あ団たしはがこ 副理度強た及す援薬 て伸つ をを会のあ力療 作 用 「」 切 除 後 の 早 期 障 害 「」 切 除 後 – 「」 T S 1 ( テ ィ ー エ ス ワ ン ) の の 講 演 テ ー マ は 「、 周 術 期 の 栄 養 管 会 な ど で す ( ち な み に 、 2 0 1 4 年 め の 質 疑 応 答 会 、 ④ く す り 服 用 の 勉 び ② 体 験 発 表 、 ③ 術 後 日 浅 い 会 員 の 。 具 体 的 に は 、 総 会 時 の ① 学 術 講 演 の 下 に 展 開 さ せ て い た だ い て お り ま 剤 を 含 め て 県 立 が ん セ ン タ ー の ご 支 医 療 サ イ ド と の 学 習 交 流 は 、 栄 養 、 い ま す 。 に い さ さ か で も 寄 与 で き れ ば と 考 え の 交 流 に よ り 、 会 員 の 活 動 寿 命 の 延 い ず れ に せ よ 、 学 習 と 親 睦 と い う 二 持 続 で き た よ う に も 思 わ れ ま す 。 堅 持 し て き た か ら こ そ 今 日 ま で 活 動 運 営 の “ 個 性 ” で あ り そ、 の “ 個 性 ” 類 似 組 織 と 対 比 し た 場 合 の 私 ど も の ろ う か と 思 い ま す 。 こ の 点 が 、 全 国 点 を 置 い て い る こ と が 最 大 の 特 徴 で サ イ ド と 会 員 患 者 と の 学 習 交 流 」 に 分調事 ててすに関ここグしに めをし席般の 担整会会い濃。つやととルてよ会て中て困の後 に よ っ て 処 理 す る こ と と し て お 、 受 発 信 な ど の 実 務 処 理 も 幹 事 でのま 行意す っ思。 て決 い定 まは す、 。 企 14名 画で 立構 案成 、す 連る 密 に 交 流 し た い 旨 の 声 が 寄 せ ら 会 員 か ら は も っ と 小 グ ル ー プ 化 い て 全 員 が 発 言 し 述 べ 合 う も の 患 者 団 体 に 要 望 し た い 事 項 」 な 「、」 今 、 知 り た い 情 報 「、」 医 療 」、「 健 康 維 持 の た め 心 が け て い ー プ に 分 か れ 、「 今 、 困 っ て い 設 け ら れ た 事 業 で す 。 十 名 程 度 り 会 員 同 士 が 自 由 に 語 り 合 う 場 員 相 互 の 交 流 会 は 、 会 員 の 要 い る と こ ろ で す 。 心 に 編 集 し 、 最 新 の 情 報 提 供 に い ま す が 、 極 力 医 療 専 門 的 な 内 難 な 会 員 の た め 年 2 回 会 報 を 発 事 情 に よ り こ れ ら の 学 習 機 会 に 遺 症 ( 後 期 の も の 」) で し た 。) りの絡幹 れしでど機るるのと望 努容行出諸 「 胃 ・ 友 の 会 」 「 胃 の ・ 友 の 活 動 会 久 」 会 に つ 長 間 い て 健 二 上賜た すとり力いし他 いなし会す津プすめに地と 継滑制 ま げ る 次 第 で あ り ま す 。 り ま し た 先 生 方 に は 重 ね て 感 謝 を 申 し 関 係 各 位 、 と り わ け 継 続 し て ご 協 力 を 約 二 十 年 に 亘 り 、 会 を 育 て て い た だ い 。 な り 成 り 立 っ て い る も の で あ り ま 、 そ の ご 奉 仕 に よ り 会 の 活 動 が 可 能 に 全 面 的 に 依 存 さ せ て い た だ い て お た だ く 先 生 方 の 献 身 と 幹 事 諸 氏 の 労 て 賄 っ て い ま す 。 従 っ て 、 ご 指 導 を に 入 会 時 1 0 0 0 円 ) の み を 財 源 と 会 の 財 政 は 、 年 会 費 ( 1 5 0 0 円 、 こ と を 痛 感 い た し て お り ま す 。 け れ ば 容 易 に 実 現 で き る も の で は な い も の と い え 、 当 該 地 域 に 人 材 を 得 員 の 利 便 性 ・ 参 画 性 の 観 点 か ら 望 ま 。 こ の よ う な 地 域 密 着 の 実 践 活 動 は 地 区 の 三 地 域 の 発 足 を み て お り ま 、) 新 発 田 「( い い 友 ・ し ば た 、」) 新 。 こ れ ま で 新 潟 ( 坂 井 輪 地 区 グ ル ー 支 援 す る と い う 手 法 を 採 っ て お り ま は 、 会 の 地 域 活 動 と し て 予 算 面 を 含 域 的 な 結 集 の 機 運 が 醸 成 さ れ た 場 合 と し て お り ま す が 、 特 定 の エ リ ア で 私 ど も の 会 は 支 部 等 は 置 か な い こ 続 す る こ と と し て い ま す 。 な 会 運 営 を も た ら し て お り 今 後 と も に よ る 集 団 指 導 体 制 は 効 率 的 か つ 円 こ れ ま で の 実 務 経 験 に よ れ ば 、 幹 事 す 。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 10

[close]

p. 11

きなピ急の数罹定続率乳1りは涯亡はり に 立 か で ー ク に 上 問 題 は 1 患 数 さ れ け て 、 死 が ん 人 が 男 性 、 男 の う く、 な 3万6 平 本 邦 ち ふ さ が る 病 気 な の で あ る 。 も 社 会 的 に も 極 め て 重 要 な と を 迎 え る こ と で が り は じ め 、 は 、 3歳0 の 後 半 3 4 0 0 人 に の あ る 。 4歳0 代 か ら 罹 ぼ る 。 家後患乳 庭半率が のにがん はるい 、、る 8平。 6成こ 7れ 0 2年6 ま 0ので 人乳の 、が傾 予ん向 測のか 死予ら 亡測推 亡 率 と も に 右 肩 上 が り に 増 え も 増 え て お り 、 年 齢 調 整 罹 患 が ん に な る と い わ れ て い る 。 の性ち 2でに 人何 に 4%9 ら 1、か 人女の 、性が 女でん 性に の 3%7 か 3、か 人つる にま人 る 人 は 増 え 続 け て い る 。 一 生 人成で に の ぼ る 。 し か も 、 2年4 に が ん で 亡 く な 最 も 多 い 死 因 は が がっん んたで で人あ めこ子 法ン既スト期こ初出る限あ増関 るとのとはを往クロ間れ潮産とらる加連乳 。で変こ、併、とゲにら年経言ず。はしが 遺、異ろ乳用乳なンわは齢験わ、ア乳てん 伝乳にでがしがるはたエががれ昔ルがいの 性がよ、んたん。乳るス早なてかコんる発 乳んっ が全て ん体発 での症 有5す 名〜る な乳 遺 1%0 が 伝をん 子占の 遺 伝 性 乳 が ん は 、 遺 伝 の 発 症 と 関 連 が あ る 。 閉 経 後 ホ ル モ ン 補 充 療 の 家 族 歴 、 黄 体 ホ ル モ 良 性 乳 腺 増 殖 性 病 変 の が ん の 発 症 に 対 し て リ こ と と 関 連 す る 。 エ ス ト ロ ゲ ン の 分 泌 が 長 い い 、 閉 経 年 齢 が 遅 い 、 い 、 授 乳 経 験 が な い 、 い る 。初 産 年 齢 が 遅 い 、 ら 発 が ん と の 関 連 が あ ー ル や 喫 煙 は 乳 が ん に の 発 症 と 大 い に 関 連 が 。 閉 経 後 の 肥 満 や 体 重 症 に は 主 に 環 境 因 子 が 乳 が ん の 新疫 潟 県 学 立 新 発 田 病 院 外 科 医 長  池   田   義   之 乳がん発症と確実に関連がある 閉経後肥満、アルコール、良性乳腺増殖性病変 の既往、初産年齢が遅い、出産経験がない、授 乳経験がない、乳がん家族歴がある、閉経後ホ ルモン補充療法(黄体ホルモン併用) 乳がん発症とほぼ確実に関連がある 閉経後の腹部肥満、成人になってからの体重増 加、閉経後の脂肪摂取増加、喫煙、初経年齢が 早い、閉経年齢が遅い 乳がん発症と関連がある可能性がある 受動喫煙、夜間勤務、経口避妊薬 乳がんの多く(90~95%)は、遺伝以外の環境因子 が主に関与していると考えられている 参照:乳癌診療ガイドライン デてのしス卵リ的軽す遺の ー タ が な い た め に 、 勧 め る だ け の 薬 剤 を 投 与 す る こ と は 、 十 分 な 高 い 女 性 に 対 し て 、 発 症 予 防 と し か し 本 邦 で は 、 乳 が ん 発 症 リ ス ク ト ロ ゲ ン 剤 内 服 ) が 挙 げ ら れ る 。 巣 ・ 卵 管 切 除 )、 化 学 予 防 ( 抗 エ ス ク 軽 減 手 術 ( 予 防 的 乳 房 切 除 、 に は 、 が ん 検 診 サ ー ベ イ ラ ン ス 、 減 の た め の 対 応 が 望 ま れ る 。 具 体 る と 思 わ れ る 人 の た め に 、 リ ス ク 伝 子 で あ る 。 高 率 に 乳 が ん を 発 症 異 常 は B R C A 1 、 B R C A 2 た い ﹁ ピ ン 乳ク がリ んボ 検ン 診ホ とリ 乳デ がー ん の 基 礎 知 識 ﹂ 2 0 1 4 ﹂ が と し て 3 人 の 先 生 に よ る リ レ ー 講 座 と 10月 5 日 に 新 潟 日 報 メ デ ィ ア シ ッ プ で 開 座 長 の 小 山 催 さ れ ま し 先た 生。 を ご そ の 紹中 介か しら ま 「 す 。 知 っ て お き 〜 リ レ ー 講 座 〜 知 っ て お き た い 乳 が ん と 乳 が ん 検 診 の 基 礎 知 識 ピ ン ク リ ボ ン ホ リ デ ー 2 0 1 4 市 民 公 開 講 座 ●自己発見及び無症状で発見される“乳がん”の増減率 (%) 乳がんの症状は・・・腫瘤が最も多いが、無症状で発見される乳がんが増えている 参照:日本乳癌学会乳癌登録集計 な乳よは な診るなが あ根 る が る マ 2%9 か で 。 く 最 乳 る 拠 普ん。ンとっ発平発もが。が 及 と 啓 蒙 活 動 が 重 要 で あ る 。 が 多 い と は 言 え ず 、 検 診 の 更 し か し 、 無 症 状 で 発 見 さ れ る モ グ ラ フ ィ 検 診 の 普 及 な ど に ほ ぼ 2 倍 に 増 え て い る 。 こ れ た見成 のさ に れ 1年6 対るに し乳は てが、 、平 成 ん が 症 状 が 2年3 に は 、 1%5 に す ぎ な く 、 検 見 さ れ る 乳 が ん が 増 え て い 多 い 。 し か し 最 近 で は 症 状 が ん は 、 腫 瘤 で 発 見 さ れ る こ と な く 、 そ も そ も 保 険 適 応 外 で 11 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 12

) ( る意かラ そは達がんなグ加る検 る望でるる域をれ型 高がとフしの異し悪罹いラす。診現こには。検検[る検日 濃 度 乳 房 乳 腺 の 密 度 が 必 要 で あ る 。 閉 経 前 で い う と 、 そ う で は な く 、 ィか理 検し由 診、で をあ 受 4歳0 る け以。 て上 いの れ人 ばが 絶マ 常 陰 影 が 描 出 さ れ に く い てい患こフる は在 お こ 率 と ィ が 3歳0 の り と は 、 検 、 後 4歳0 日 、、低 診 半以本 マ い 4歳0 の 4歳0 か 上 で ン 4歳0 こ 以 効 未 ら を は モ未と上果満乳対、 グ満かとににが象マ ラでら比関対んにン フは検べすす罹行モ ィ乳診るるる患わグ と も 可 能 で あ る 。 よ り 超 音 波 検 診 等 を 組 み 、 マ ン モ グ ラ フ ィ に 加 え 一 方 人 間 ド ッ ク な ど の 任 査 方 法 は マ ン モ グ ラ フ 診 な ど の 対 策 型 検 診 で は 表 2 ] に 示 し た 。 住 民 検 。 そ の 定 義 を [ 表 1 ] に 診 と 任 意 型 検 診 の 二 つ に 本 の 検 診 は 、 大 き く 分 け 濃い少対ン こ検腺のと報マ率れラ 合て意ィ、診、分て いわし安モ と診が効乳告ンはてフ わ、検で主や特け対 状ゆ注心グ がで発率ががモ増いィ せ希診あた職徴ら策 さグ 果全い本い化べ 可期検グがめ多る査いがたはわ態 れラ高が国な当うをる超能発診ラあ、く。がこんめ、ゆで たフ濃待的いに研要と音性見をフる比の超乳とを、乳る、 方 の 中 に は 、 1 年 以 内 に 自 己 ィ 検 診 で 「 異 常 な し 」 と 診 断 度 乳 房 の 方 に 限 ら ず 、 マ ン モ た れ て い る と こ ろ で あ る 。 な 研 究 が 進 ん で お り 、 そ の 結 。 現 在 、 そ の 有 効 性 を 調 べ る 有 効 か ど う か は ま だ わ か っ て 究 結 果 も あ り 、 超 音 波 検 診 が 精 検 と し す ぎ る 欠 点 が あ る と 、 治 療 の 必 要 の な い 良 性 の 変 波 検 診 は マ ン モ グ ラ フ ィ に 比 が あ る 。 に 大 き な メ リ ッ ト が 得 ら れ る 併 施 す る こ と で 、 乳 が ん の 早 ィ 検 診 の み で は な く 、 超 音 波 。 高 濃 度 乳 房 の 方 は 、 マ ン モ 較 的 発 見 し や す い と い う 利 点 乳 が ん は 黒 く 描 出 さ れ る た 音 波 検 査 で は 、 乳 腺 は 白 く 、 が ん の 発 見 に 役 立 つ こ と が あ が あ る 。 そ の 場 合 、 超 音 波 検 区 別 し て 見 つ け る こ と が 難 し 正 常 な 乳 腺 組 織 の 中 に あ る 乳 腺 も 乳 が ん も 白 く 描 出 さ れ る 白 い 部 分 が 多 い 乳 房 の 方 で マ ン モ グ ラ フ ィ で み る と い  乳 が ん 検 新診 潟 市 の 民 病 仕 院 乳 腺 組 み 外 科 と 副 部 現 長   状 坂   田   英   子 乳ピ 受た期で画検 がーま診ら的異像診 <定 義> んドたす次に常診で 対策型検診 任意型検診 家の、るの自な断乳 目   的 対象集団全体の死亡率を下げる 個人の死亡リスクを下げる 族早 歴い の乳 あが るん 方も なあ どり は、 、濃 対厚 策な 頻こ検 度と診 はがを 低大待 い切た がでず 中あに にる医 は。療 増機 殖関 スを 己し 検と 診い をう 行結 い果 、で 異あ 常っ をて 感も じ定 にが はん 限 界 が あ る た め 、 検 診 を 見 つ け る 方 が い る 。 概要 検診 提供者 検診 対象者 検診方法 検診例 [表1] 予防対策として行われる公共的な 医療サービス 市区町村や職域・健保組合等のが ん対策担当機関 検診対象として特定された人 (一定の年齢範囲の住民など) 当該がんの死亡減少効果が確立し ている方法を実施 住民検診、職域検診 医療機関・検診機関等が任意に提 供するサービス 特定されない 定義されない 当該がんの死亡率減少効果が確立 している方法が選択されることが 望ましい 人間ドックなど <特 徴> のり がこ型 低、そ得と検 下検れらで診 に診ぞれ、に つ受れる乳加 な診の可がえ げ率利能ん任 ら向点性早意 れ上をも期検 る・活あ発診 こ乳かる見を とがす。の取 をんこ メり 願死と リ入 う亡に ッれ 。率よ トる 検診費用 提供体制 検診方法 の選択 受診勧告 方法 感度・ 特異度 精度管理 対策型検診 無料。一部、少額自己負担が設定 される 公共性を重視。個人の負担を可能な 限り軽減した上で、受診者に等しく受 診機会があることが基本となる 「有効性評価に基づくがん検診ガイ ドライン」に基づき、市町村が選択 対象者全員が適正に把握され、受 診勧奨される 特異度、および不利益の最小化が重 視されることから、最も感度の高い 検査方法が必ずしも選ばれない がん登録を利用するなど、追跡調 査も含め、一定の基準やシステム のもとに継続して行われる 任意型検診 全額自己負担。ただし、健保等で 一定の補助を行っている場合あり 検診提供者の方針を優先して、検 診サービスが提供される 個人あるいは検診実施機関が自由 に選択 一定の方針はない 最も感度の高い検査が優先されがち であることから、特異度が重視され ず不利益を最小化することが困難 一定の基準やシステムはなく、検診 提供者の裁量に委ねられている [表2] 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 12

[close]

p. 13

片あの視レ指ム か有針さ い使なみ豊ラ良うと異他触 側 る に 触 オ 摘 の 検 、 効 ほ く 1、6 は う る る 富 ー 悪 場 な 常 に 診 乳 の 一 か 所 か ら 出 血 す る 場 合 、 分 。 異 常 が 乳 頭 分 泌 の 場 合 、 特 に 、 M R I で の み わ か る 乳 が ん も 診 、 M M G 、 U S で 異 常 が な い ガ イ ド 下 吸 引 組 織 生 検 を 行 う 。 で き な い こ と が 多 い た め 、 ス テ 沈 着 ) の 場 合 、 U S で は 病 変 を 診 で の 異 常 が 石 灰 化 ( カ ル シ ウ 良 性 で あ れ ば 経 過 観 察 と な る 。 で あ る 。 病 理 検 査 で 異 常 が な い ど 多 く の 組 織 が 取 れ 、 診 断 に は な る 1、4 や や 針 ( 。 U に 従 1、1 太 い 2ゲ1 S を い 太 い 針 と な る 。 太 い 8ゲ ー ジ と 、 数 字 が 小 針 で 組 織 を 採 取 す る 。 ー ジ ) で 細 胞 の み 、 或 見 な が ら 、 血 液 検 査 に ( 乳 が ん は 硬 い ) こ と が 参 考 に )、 エ ラ ス ト グ ラ フ ィ で 硬 さ を で 血 流 を み る ( 乳 が ん は 血 流 が 性 の 鑑 別 が 微 妙 な 場 合 、 ド ッ プ 合 は 針 の 検 査 を 行 う [ 図 1 。] る 。 U S 上 異 常 が あ り 、 癌 を 疑 が な け れ ば 終 了 、 又 は 経 過 観 察 エ コ ー ( U S ) を 行 う 。 U S 上 、 マ ン モ グ ラ フ ィ ( M M G ) の が ん 検 診 で 異 常 が あ る 場 合 、 視 ルルナ すよめてなしたてあ手ル学 てるで潤て 切ど泌 が あ る [ 表 1 。] 病 理 検 査 で エ ス B H e r 2 、 H e r 2 、 ベ ー サ ー ル A 、 ル ミ ナ ー ル B 、 ル ミ ナ ー 乳 が ん の タ イ プ に は 、 大 き く ル ミ る こ と が 必 要 で あ る 。 っ て そ れ ら を 制 御 し 、 再 発 予 防 を 、 手 術 の 他 に 化 学 療 法 な ど の 薬 に い る ( 微 小 転 移 ) 可 能 性 が あ る た い が ん 細 胞 が す で に 全 身 に 転 移 し 得 る 。 一 方 、 浸 潤 性 は 、 目 に 見 え め 、 手 術 の み ( ± 放 射 線 ) で 完 治 選 択 す る 。 非 浸 潤 性 は 転 移 し な い り 、 患 者 さ ん の 状 態 や 希 望 に よ っ 術 は 乳 房 切 除 術 と 乳 房 温 存 療 法 が モ ン 剤 、) 分 子 標 的 療 法 が あ る 。 療 法 ( 抗 が ん 剤 )、内 分 泌 療 法 ( ホ 治 療 法 と し て 、 手 術 、 放 射 線 、 化 治 療 方 針 が 異 な る ( 個 別 化 )。 浸。 潤 性 な ら 進 行 度 タ、 イ プ に よ っ 転 移 を 起 こ す も の か が 重 要 に な 性 で 極 め て 早 期 の も の か 、 浸 潤 性 病 理 検 査 で 行 う 。 乳 が ん な ら 非 浸 以 上 の よ う に 、 良 悪 性 の 診 断 は 全 除 を 行 う 。 を 行 い 、 最 終 的 に は 乳 腺 腺 葉 区 域 液 の 細 胞 診 、 乳 管 造 影 、 M R I な ~乳 乳 が ん が ん の 診 検 新 潟 断 ・ 治 診 で 県 立 中 央 療 ~ 異 常 病 院 外 が み 科 部 つ 長  佐   藤 か っ た   友 ら   威   – – – ●乳がんのサブタイプと治療法 サブタイプ 病理結果 ルミナールA ER陽性 PgR陽性 Her2陰性 Ki67低値 治療法 ホルモン療法 ルミナールB ER陽性 PgR? Her2陰性 Ki67高値 ホルモン療法 (+化学療法) ルミナールB- Her2 ER陽性 PgR? Her2陽性 化学療法+分子標的療法 +ホルモン療法 Her2 ER陰性 PgR陰性 Her2陽性 化学療法+分子標的療法 ベーサル ER陰性 PgR陰性 Her2陰性 化学療法 [表1] ER:エストロゲン受容体、PgR:プロゲステロン受容体 にBルは的Bモルかそ容ト は 化 学 療 法 が 必 要 で 、 手 術 前 か ら H e r 2 、 H e r 2 、 ベ ー サ ル に は 化 学 療 法 を 行 う 。 ル ミ ナ ー ル 化 学 療 法 と 分 子 標 的 療 法 、 ベ ー サ 療 法 、 ホ ル モ ン 療 法 、 H e r 2 に H e r 2 に は 化 学 療 法 と 分 子 標 ン 治 療 と 化 学 療 法 、 ル ミ ナ ー ル モ ン 療 法 、 ル ミ ナ ー ル B に は ホ ル を 推 定 す る 。 ル ミ ナ ー ル A に は ホ れ ら の 発 現 パ タ ー ン で ど の タ イ プ 体 、 H e r 2 、 K i 6 7 を 調 べ 、 ロ ゲ ン 受 容 体 、 プ ロ ゲ ス テ ロ ン 受 吸引細胞診   (21G) 針生検 (16G) 針生検 (14G) 吸引針生検 (11G) 吸引針生検 (8G) [図1] 療行 法う )。 こ と も 標 準 的 で あ る ( 術 前 化 学 13 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

p. 14

かす本りし義 行たい多方がれの診か気フたデ識き上は かいに、て之まっめっいが待ばかを,でィ。ィ」たさ、ピ り年おど、先ずてにたの疑ち良、受乳あで乳スといせ乳ン や す い の か ( 危 険 因 子 齢 、 ど う い っ た 人 が 乳 け る 乳 が ん の 動 向 や 罹 の よ う な 特 徴 が あ る の 乳 が ん と は ど う い う 病 生 に 「、 乳 が ん の 疫 学 、 県 立 新 発 田 病 院 外 科 い た だ き ま し た 。 、 リ レ ー 講 座 を 3 名 の 疑 問 点 に 少 し で も お 応 で は な い か と 思 い ま す 問 や 不 安 に 思 っ て い る 受 け て い る の か 、 な ど い の か 、 今 後 ど の よ う 検 診 で 引 っ か か っ た ら け る た め に は ど う す れ が ん 検 診 と い う シ ス テ る の か 、 現 在 増 え て す が 、 乳 が ん と は ど う が ん 検 診 の 基 本 は マ ン カ ッ シ ョ ン を 開 催 い た 題 し て 、 リ レ ー 講 座 と 乳 が ん 検 診 と 乳 が ん の る こ と を 目 指 し 「、 知 が ん 検 診 の 受 診 率 を さ ク リ ボ ン ホ リ デ ー 2 0 )が患か気」の 先え。こ一などばムいいモしパ基っら1 なんし、でと池 生すこと般検う良、るうグまネ礎てに4 どにや日あ題田 にるうがの査すい検の病ラしル知お向で 長威坂のいス囲たネ 幸ののまどから検が科だ歴状田続に 岡先田講たトに。ルリいご詳しを、、診見のき史」英いつ 赤生英師だも分新デレで寄細た分どどでつ佐ま、と子てい 十 字 病 院 外 科 の 萬 羽 尚 子 先 生 ( 上 越 地 区 ) の 3 名 に 加 え 、 子 先 生 ( 新 潟 地 区 、) 佐 藤 友 、 池 田 義 之 先 生 ( 下 越 地 区 、) き ま し た 。 前 述 の リ レ ー 講 座 各 地 区 か ら 1 名 ず つ 選 ば せ て か れ て お り ま す の で 、 パ ネ リ 潟 県 は 上 ・ 中 ・ 下 越 と 広 い 範 ィ ス カ ッ シ ョ ン を 行 い ま し ー 講 座 に 引 き 続 き ま し て 、 パ す 。 稿 を ご 参 照 し て い た だ け れ ば に つ き ま し て は 、 各 々 の 先 生 。 各 先 生 の リ レ ー 講 座 の 内 容 か り や す く 解 説 し て い た だ き の よ う な 検 査 を 行 う の か 、 な の 医 療 機 関 に か か れ ば 良 い の 精 密 検 査 が 必 要 と 判 定 さ れ た か っ た ら 」 と 題 し て 、 乳 が ん 藤 友 威 先 生 に 、「 検 診 で 異 常 し た 。 最 後 に 県 立 中 央 病 院 外 仕 組 み に つ い て 解 説 し て い た 題 し て 、 日 本 の 乳 が ん 検 診 の 先 生 に 、「 検 診 の 仕 組 み と 現 、 新 潟 市 民 病 院 乳 腺 外 科 の 坂 て 解 説 し て い た だ き ま し た 。 知ピ 座 長 新 潟 大 っ ン ク て お リ ボ ン き ホ リ 学 大 学 た い デ ー 2 院 消 化 器 ・一般 外 科 准 0 乳 が 1 4   ん 第 1 検 診 部 、 リ と レ ー 教 授  小 乳 が ん 講 座 と パ ネ   山       諭 の 基 礎 知 識   ル デ ィ ス カ ッ シ ョ ン た各心状をつあな法病こ全行の越つ 生のさの定い検と乳意 だに 。地に、受かるど(院とてっ検地い続よ検ら大期わ診」が見まき中 ま た 、 新 潟 県 で は 乳 腺 専 門 医 が 区 で の 特 徴 が 明 ら か と な り ま し な っ て 検 診 を 行 っ て い る な ど 、 そ れ に 対 し 上 越 で は 医 師 会 が 中 け 入 れ る 余 裕 が な か な か な い 現 の 病 院 が 中 心 で す が 、 一 次 検 診 こ と 、 中 越 で の 施 設 検 診 は い く ) が 多 岐 に わ た っ て い る 特 徴 が 視 触 ・エ診 コ ー・マ ン モ グ ラ フ ィ や 検 診 施 設 、 検 診 機 関 、 検 診 方 、 新 潟 地 区 で は 検 診 を 請 け 負 う 集 計 し て 疫 学 調 査 も 行 っ て い る て お り 、 下 越 の 検 診 の デ ー タ を 診 も 全 て 一 か 所 の み の 施 設 で 区 で は 、 任 意 型 の 検 診 も 対 策 型 て 述 べ て い た だ き ま し た が 、 下 い て 、 各 地 区 で の 検 診 の 特 徴 に り 述 べ て い た だ き ま し た 。 診 が 大 切 で あ る 」 こ と を 池 田 先 に 「 定 期 的 」 と は 「 2 年 に 1 回 切 さ を 改 め て 確 認 い た し ま し た 。 的 に 検 診 を 受 け て い た だ く こ と け で は も ち ろ ん あ り ま せ ん の で 、 を 受 け て い る か ら が ん に な ら な と ご 回 答 を 頂 き ま し た 。 乳 が ん ん を 早 く 見 つ け る も の で あ る こ を 伺 い 、 佐 藤 先 生 よ り 「 検 診 は ず 、 乳 が ん 検 診 の 目 的 に つ い て ま し た 。 越 地 区 代 表 と し て 参 加 し て い た ま様ス 良な法すまばが さど地ま すにカパいらもがし良高最れを区だ 。、ッネの一あ、たいい後ま使とま あこシリで度るM。のハにし用もだ りのョスは病のR自かイ、たし乳不 が場ントな院でI費、リ若。てが足 とをにのいに、や診にス年 工んし う借ご先かご心遺療つクで 夫診て ごり参生と相配伝にいの乳 し療い ざて加方の談で子なて場が てでる い感頂や結い悩検っ、合ん いはこ ま謝きパ論たま査て討にに る連と し申まネでだれとし論どな こ携か たししルしくていまをうる とパら 。上たデたのいうい行す危 もス、 げ皆ィ。がる方まいれ険 示な各 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成26年12月 14

[close]

p. 15

 表紙写真説明 山々と共に暮れゆく木の実かな  飯田龍太 志賀高原の帰り道、美しい紅葉に出会う。近づくと夕陽に輝く 無数の赤い実が、歓び勇んで撮影したのも遠い記憶のはて。 写  真 ヤマボウシの実 撮影場所 長野・渋温泉付近 撮 影 者 新潟市西蒲区巻甲  高田 進 氏 表紙題字 書家 大矢大拙 氏 15 Report of Niigata Health Foundation Vol.10

[close]

Comments

no comments yet