陽光7号

 

Embed or link this publication

Description

陽光7号

Popular Pages


p. 1

平成25年 11月30日発行 No. 7 Co n t e n t s ● 福祉と連携した健康づくりの推進 ● 糖尿病の克服にむけてさらなる前進を ● 健(検)診業務における保健師の役割について ● 新潟県検診精度管理調査について ● 第30回がん征圧新潟県大会開催状況 ● 「24時間テレビ36 愛は地球を救う」のチャリティーブースに参加しました 新潟県健康づくり財団の事業内容 (健康づくり財団 七つの柱) 1  普及啓発事業 2  健康診査事業 3  健康情報管理事業 4  脳卒中調査事業 5  調査研修事業 6  新潟県健診保健指導支援協議会事業 7  日本対がん協会連携事業 公益財団法人 新潟県健康づくり財団

[close]

p. 2

す 健 げ の こ て と 望 い 取 慣 し 理 う に れ あ 点 康  ス く  1 、 と し て い る 。 こ の よ う に し て 康 で 幸 せ に 暮 ら せ る 社 会 を め ざ す、 べ て の 国 民 が 共 に 支 え 合 い 、 相 互 扶 助 が 機 能 す る 社 会 を 掲 と の で き る 社 会 、 地 域 や 世 代 間 い て も 、 満 足 で き る 人 生 を 送 る し て と ら え 、 疾 患 や 介 護 を 有 し や 生 き が い を も て る 社 会 の 基 盤 る 。 評 価 で は さ ら に 、 健 康 を 希 組 等 を 新 た な 課 題 と し て あ げ て に 起 因 す る 要 介 護 状 態 の 予 防 の 、 こ こ ろ の 健 康 づ く り や 生 活 習 念 と 発 想 の 転 換 が 必 要 と 指 摘 あ り た い 型 」 へ の 転 換 等 新 た な お け 「る こ う す べ き 型 」か ら「 こ る ア プ ロ ー チ 、 個 人 の 健 康 設 計 っ て も 一 病 息 災 で 相 当 に 生 き ら の 1 つ と し て 、 病 気 や 障 害 が づ健タ く康ー りト 運 21の し 動最た の終。 方評 針価 をで 検は 討、 す次 る期 視健 り 昭  対和は 策じ は 5年3 め 、にに 今始─ 年ま健 、っ康 第たは 4国社 次民会 を健の 数康基 えづ盤 て 連 の  の 導 検携変本概き 討し遷稿念出 した(でがさ て健表は図れ い康 、1た く づ 1) 高 で 健 こくを齢あ康 とりた者る日 にのどを。本 し推り中 た進、心 いに福に 。つ祉施 いと策 21(第 2 次 ) た 念 る 努 に 持 に 化 て て の 法 を 福 じ 必 康 に 充 現 を  2 。 と 」“ め 参 し 心 を 生 も 老 が 目 祉 、 要 の は 実 し 背 昭 変   こ の 老 人 福 し て 示 さ 心 構 え ” が る も の と 加 す る よ う 、 社 会 的 活 身 の 健 康 を 自 覚 し て 、 ず る 心 身 の 、「 老 齢 に 伴 人 自 身 に つ 制 定 さ れ 、 的 に 老 人 福 を 図 る 」 こ も つ て 老 人 な 措 置 を 保 持 及 び 生 「、 老 人 に 対 し て い く こ 生 活 水 準 は 景和遷 に 国 3・0 民 皆 4年0 高 齢 者 福 祉 祉れ理すに動保常変つい当祉との講活しの向保代 と の、年上険、 健 安そ代し、高 康 定の、た皆度 増 の心昭。年経 進 た身和施金済 対 めの 策が成 策 に 健 38年 が 実 長 の   福 祉 と 連 携 し( 公 財 ) 新 健 た 康潟 県 づ健 康 づ く  鈴 く り り  財 木 団 理 の  事 推      進    昭     防成口 に腔 向 2年3 保 け)健 たでの 取は推 組「進 を自に 行 う と と も に 、 ら 歯 科 疾 患 の 予 関 す る 法 律 ( 平 ら な い 」 と 明 定 さ れ 、 さ ら に 歯 科 に 、 健 康 の 増 進 に 努 め な け れ ば な 自 ら の 健 康 状 態 を 自 覚 す る と と も はとび 責健義 務康務 と増が し進明 て法ら 「、 生 涯 に わ た っ て 、 ( 平 成 1年4 ) で 国 民 か に さ れ た 。 こ の あ ビ ス を 利 用 す る 」 と 国 民 の 努 力 及 な 保 健 医 療 サ ー ビ ス 及 び 福 祉 サ ー リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン そ の 他 の 適 切 と な っ た 場 合 に お い て も 、 進 ん で 「 要 介 護 状 態 を 予 防 し 、要 12年 施 行 の 介 護 保 険 法 に 関 す る 法 律 ) に 引 き 継 が 介おれ 護い、 状て平 態は成 法法 (の 現理 在念 のは 高、 齢昭 者和 の 医 5年7 療の の老 確人 保保 に健 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成25年11月 2

[close]

p. 3

  http:// www.doctoral.co.jp/WebAtlas/ 地 年 民 ヘ 普  で 型 年 人 と 図 保 業 予  い 健 祉 て し 検 市 ル ル 行 す い  な 口 健 定 域 に 健 ル 及 福 あ シ の 医 48年 で 」 健 を 防 老 え 康 創 い 、 討 町 ス 、 動 る え こ 責 腔 指 期 保ゴ康スに祉るス介療のありの総、人るづ設る概会村プ改様身ばの務保導的 健 ー づ プ 重 ・ 。 テ 護 費 無 っ 、 向 合 治 保 だ く の 。 念 報 保 ロ 善 式 体 「、 よ の 健 を に 法ルくラ点保 ム保の料た医上的療健ろり時昭図告健モすな的自う規に受歯 、 7 年 に ド プ ラ ン り ) の あ ン( 昭 和 を お い た 健 施 策 は 高 齢 、 平 と 、 6年3 ア ク 、 運 者成翌第テ動 対 平2イ習 策 6年 成 次 ブ 慣 基に元国 の 80 へ険問化が療及に、法うが点和の書活ーるど要らな定努け科 の法題を、費び実機の。進か ② 動シプの素の法にめるに 転にが契そ削老施能ね 換おあ機の減人し訓ら もけっに背に福、練い 同るた増景つ祉も等は 様 予 。 大 に な の つ の 、「 の防平すはげ増て保疾 事重成る昭る進国健病 情視 老和こを民事の 17 め ら れ て き た 、 と ら 30年 、 .平 の 福代③成再 祉末、 構 と 、 ④ 19年 築 連高を)に 携齢内に関 し者包相す た福し当る ョ (ン 厚 生 労 働 省 : ロ セ ス 」 で あ る ヘ 要 因 を コ ン ト ロ ー ラ、 イ フ ス タ イ ル 、 健 康 と 健 康 を 決 定 の 理 念 は 大 括 り で な っ た 。 る 」 と よ り 具 体 的 こ と に よ り 、 歯 科 係 る 検 診 、 歯 科 保 カ シ ― と 関 連 し て 前 稿 で 述 べ た 。 ル ・ キ ャ ピ タ ル 、 セ ル フ ・ エ フ ィ 定  保2 健次 指予 導防 にと つし いて ての は特 、定 ソ健 ー診 シ、 ャ特 進 さ れ る こ と が 肝 要 で あ る 。 め に は 2 、 3 次 予 防 が 相 俟 っ て 推 緊 の 課 題 で あ る が 、 効 を 奏 す る た か ら も 強 力 な 1 次 予 防 の 展 開 が 喫 わ っ て ( 平 成 を 感 じ い る 。 メ ン タ ル ヘ ル ス の 面 2年3 版 厚 生 労 働 白 書 が) 横 た て い る 「 不 安 社 会 の 到 来 」 民 の 7 割 が 日 常 生 活 に 悩 み や 不 安 死 、 児 童 虐 待 な ど の 裾 野 に は 、 国 の予ト 評 価 時 、 防 活 動 の ラ イ フ 指具プ 摘体ロ さ例ジ れでェ たあク 自るト 殺。は 、健、 過康1 労次 21 ア ク シ ョ ン を 提 案 「 適 切 な 食 生 活 」、「 生  活生 を活 送習 る慣 た病 めを に予 し禁「防 て煙適し い」度、 るのな健 ス 運や マ 3つ 動 か ー の 、」 な る 。 予 防 す べ て の 次 元 に わ た っ て い 図  2福 に祉 示と し連 た携 よし う に 1 次 か ら 3 次 た 健 康 づ く り は 、 3 く  り予 の防 推つ 進な が り の 福 祉 ・ 健 康 づ 合転策施がに本 っ換の行始1法 て点変さま次制 いや遷れり予定 る こ と が 分 か る 法 整 備 の 時 期 を 並 べ て み て い た 。 福 祉 と 健 康 、 同 じ 年 に 介 護 防 を 重 視 し た 健 と 続 く 。 そ し て 。がくづ保康平 重とく険日成 なそり法本 り の 施 が 12年 21 報 意 リ い 再 県 会 る ま げ し 冒 増  く と 以 告 し て い る 。 思 ・ 体 力 を 取 り 戻 し て い る 」 と の 結 果 「、 介 護 度 が 下 が り 弱 っ た 楽 し む 」 日 ご ろ の 介 護 、 リ ハ ビ 生 産 し 、 生 き て い る こ と を 味 わ )」 で は 「、 生 き る エ ネ ル ギ ー を 福 祉 法 人 夢 の み ず う み 村( 山 口 人せ 続ん 出  と」 し て 広 く 知 ら れ る「 車 椅 子 を 必 要 と し な く 社な 膳 、 据 え 膳 の 介 護 は ほ と ん ど し い 課 題 へ の 取 組 に つ な が る 。「 上 頭 述 べ た 健 康 づ く り に お け る 新 進 と 広 く と ら え な お す こ と は 、 介 護 予 防 を Q O L の 向 上 、 健 康 。 り わ け 介 護 と の 関 連 で み て い 下 、 健 康 づ く り に つ い て 福 祉 、   求の 護 料 診 た に づ ラ  推 い が 事  4 地めよ 予 を デ め い く ン 福 進 は 大 業 平 ン  域らう のれな 腕る地 の。域 みの せ見 どえ 防共ーにるりデ祉で福き計成デお W e b ア 有 ・ 活 用 し タ 等 地 域 に は 、 死 亡 率 。 ブ ラ ン デ に 大 き く 寄 ィ ン グ 化 は と 連 携 し た も あ る 。 祉 と 連 携 し な テ ー マ と 画ィ で 2年7 ン はかグ 、ら化 地の わ り に ― 健 トたお、ィ与、健 たな域第 康 こ る ラ、け介ンす魅康 健る包6 づ ろ 化 スたる護グる力づ 康。括期 く で の (と既情化立あく づそケ介 り あ工 え存報をちるり くのア護 の る夫 ばの、図位地の りね計保 ブ 。 が」 介資健る置域ブ のら画険 ラ て が 機 が 強 施 れ 護 口 は  い る か 、 そ の 能 向 上 い 増 進 化 が 望 設 に お た 。 健 予 防 重 腔 機 能 、 運 動 平 成 ら で あ る 。 根 幹 を 口 腔 の 健 康 が 担 っ 、 栄 養 改 善 が 必 要 で あ る に は 、 先 行 す る 運 動 器 の ま れ る 。 社 会 参 加 と 生 き け る 口 腔 ケ ア ー の 取 組 の 康 づ く り の 観 点 か ら 福 祉 視 シ ス テ ム に 転 換 が 図 ら 向 上 を 中 心 に 介 護 か ら 介 器 の 機 能 17年 の 改 向正 上介 、護 栄保 養 改 善 、 険 法 で 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.7

[close]

p. 4

あ も 糖 み  で 高 高 る 人 ~ 齢 の と 高 人 2 行 類  る た 尿 だ 高 あ 齢 齢 と 口 5→ 者 う 3 齢 口 0 し を 日 い ら 病 し 齢 る 者 化 報 は 6歳4 と ち 割 者 が 1 て み 本 は 老 老 介 護 、 さ ら に は 認 知 し 、 な お か つ 一 人 暮 ら し 、 な ど の 生 活 習 慣 病 の 増 加 を て い る 。 高 血 圧 脂、 質 異 常 、 化 は さ ら に 大 き な 問 題 を 産 。 の は 告 5・3 の い 三 増 の 減 0 過 さ さ 1・3 生 う 人 加 割 る 年 半 ら れ 9% 産 時 に す 合 と に 数 に て 1→ に 人 代 一 る は と 比 を進い 、口を人。 もべ 超 み る 1・0 が 迎 が す 23・ に 2 え 、 。 0~ 総 え な 、 0 るそ 日 7歳5 の 0% に 14歳 人 口 も以う減のの る 6歳5 わ 0→ 4 。 以 ち 65歳 0 一 上 全 36・ 以 年 間上ち少若 方の人 上に 近 が に す 年 6・3 15 高 口 1% の は い る 。 厚 労 省 の 推 計 で は な い ほ ど の ス ピ ー ド で 進 に 於 け る 高 齢 化 は 世 界 に 日高 本齢 化 社 会 の ま っ た だ 中 に い る の き わ り 実 が ン て 上 題  高 ろすの一施くしたく機 にちか、は足ト来もに糖 齢 うべま向設とて。こ能 洋んらイ予りロた糖直尿 糖 かもまにもこ治さとの 服となン約なー人尿面病 尿 。なこ改満ろ療まが低 のしくスのいルが病しの 病 くの善杯がをざ難下 ボたなリ日とに、のて診 タ身っンを文乱あ診い療 ン が ず れ て い る 。 な り だ っ た は ず な た り す る 。 普 段 は 注 射 器 の 使 い 方 が と う に 過 ぎ て い た 句 を い っ て く る と れ が で は じ め 、 薬 る と き か ら 血 糖 コ 療る現 を。場 定今で 期まも 的で深 に刻 続 20年 な け以問 患 者 の 診 療 現 場 で は 社高さのなしましな 会齢れ状いてないど は化る態。も病世自 進社気がす治状の立 ん会配何でっで中し でをも年にた病にて い乗なも老と院な生 くりい前人きにっき の切。か保に入てて だるこら健い院きい 判 病 る 日 す や 析 合 ン  困 多 近 血 ら 回 に は で 来 そ と ン ワ 明で高のる脳療併トあ惑いい糖なも老ずはののうのイ し血齢よ高梗法症ロるすと。コいイいな元おうと前シ 往糖者 診 を 頼 ま れ る 。 が 3 0 0 m/g の 半 数 は 未 治 イ ン d以l 療 の ス上糖 リと尿 う に 大 腿 骨 の 骨 折 で 手 術 す 齢 者 が あ と を た た な い 。 毎 塞 で 離 床 が 困 難 に な っ た り が 必 要 に な っ た り 、 心 不 全 が 進 行 し 、 腎 不 全 に よ る 透 ー ル が 十 分 で な い と 秘 か に い は 長 い 経 過 の 中 で 血 糖 コ る 。 い う 事 実 を 目 の 当 り に し て や は り 糖 尿 病 に は 認 知 症 が ン ン込の気 ト 1型 ス ん に で ロ糖リで か ー 尿 ン く 80歳 く ル病注るをし はだ射。超ゃ ほっしそえく ぼたなれたと 不りくが途し 可すて一端て 能るは日急い にとな 速た 4 世 話 に な っ た り す る 。 今 ま ち 低 血 糖 、 高 血 糖 で 救 急 外 う 来 た か と 思 っ て い る と 、 の チ ャ ッ ク が 開 い て い る 。 ャ ツ の 袖 口 が 真 っ 黒 、 ズ ボ  ① わ と ス 界 い し ろ る に る た 尿 満 と も  検 めはリ型はてわよよい。病た 簡糖診 て 有 そ の ン 反 もす 確 75g み な い う に り 早 は 診 特 定 と 診 す 場 略尿で 化病早 用 で あ る 。 後 の 管 理 に と 応 の パ タ ー ン 実 に 診 断 で き ブ ド ウ 糖 負 荷 や か に 診 断 す 場 合 で も 早 期 な っ た 。 も し 期 に 糖 尿 病 が 療 の 現 場 で も 健 診 、 事 業 所 断 で き る よ 合 に は 初 回 の が と も さ れ 1回 の 診 断 基 にの準 糖採は 期 に 発 見 す る っをる試るに条診こ検う検尿血従 て知。験。再件断の診に査病で来 もるイであ検がで方、なで型血よ きこン境る査そき法あっ糖を糖り く る  し我糖 か々尿 なの病 い医を 。療克 資服 源す をる 総た 動め 員に しは て今 いあ にこ 展れ 開か しら ての い糖 く尿 べ病 き医 か療 を ど の よ う   HbA1c 糖 尿 病長 岡 の中 央 綜 克合 病 服院   に副 院 む長   糖 尿 病 セ  八 ン タ  ー さ ら な け て る幡 長   前    和        明     進 を のいいしいをすン だっこかなうるで ろたとながっの調 う事にいらてか整 か態頭。もく?す 。ををこ緊れ家る 解悩ん急るにの 決まなで人帰だ すせ症治はっが るて例療いたそ 手いがをるらの 段る珍開の誰後 は。し始かかは あこくすと注ど るうなる思射う 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成25年11月 4

[close]

p. 5

図1  ④ ら か ど 1 4 る だ い る 軽 者 向  先 診 、。う00。糖 。症がが人し療 い そ や 0 0 糖 尿 1型 専 の あ 強 々 て 連 ざ と い う と き の れ な の に 病 院 は っ て 診 て い け 0 万 人 近 い 糖 尿 0 人 も い な い 尿 病 の 専 門 医 病 患 者 を 大 勢 糖 尿 病 や 合 併 門 医 の 所 に は 治 患 者 が 集 中 し ふ れ 、 専 門 医 の く な っ て 大 き い の 大 病 院 志 向 や 進 め よ う 携 シ ス テ ム を 構 た便と病。は抱症療すと病専 築 め利い患そ全えののぎこ院門 し にだう者れ国て進難てろに医 て 病かのをででいんしいに患志 率   ② 的 指 か を か 題 機 な 持 さ い 忙 検 置  検 な導。しそで関いちれ糖し診しせ診 取の検てのどに。のて尿い後てっ後 組介診い場こ押検かし病病にしかの を入しくでをし診たまは院医まく事 おなっべの気つをもっ相な療っ早後 願どぱきわをけしおた手ど機て期指 い し た い 。 検 診 機 関 の 積 極 な し で な く 生 活 で は な い だ ろ う か り や す い 説 明 つ け れ ば い い の ず に 、 ど こ が 問 た か ら に は 医 療 ら れ る か も し れ と い う 経 験 を お に さ れ ず 追 い 返 で は 境 界 型 や 軽 関 を 受 診 し て も は 意 味 が な い 。 に 発 見 し て も 放 導  ③ 待 治 が 治 い が ロ う 4 準 か る を 数 さ 9  適 し て い 療 状 況 登 場 し 療 薬 の 。( 図 発 症 す ー ル 不 い っ た 0 万 人 に 達 し で も 良 。 さ ら 受 診 し の 4 0 れ て い 0 万 人 2 0 0 切 な 医 る 。 が 改 善 さ れ る て き た こ と で 開 発 が 進 み 次 1) こ こ 数 年 る 危 険 が き 良 の 人 た ち か 治 療 中 断 者 く ら い し か い て い る 人 は 約 好 な コ ン ト ロ に 治 療 し て い て い な い と 言 0 万 人 近 く が る の に そ の う が 糖 尿 病 で あ 7 年 の 調 査 に 療 を 継 続 す る こ糖々糖わらやな ーるわ医ちるよ と 尿 と 尿 め 合 コ い 3割 ル 人 れ 療 の と れ を病新病て併ン。のののて機約推ば 期の薬の高症トこ1基ない関半計8      ⑤ 年 な 者 の  人 にけの患専材 日 本 糖 尿 病 療 養 指 れ ば な ら な い 。 2 0 指 導 を 行 な う 人 材 を 養 者 を 診 る こ と は 困 難 だ 門 医 だ け で は こ れ だ け 育 成 導0成。大 士0し患勢 模を師い医る携ば医もイ間強ずとな頼水いなそと切診まあ院 索通会るが診のいのたラがもなこいし道宮くん入っ察でふの しじ、か疲療シい悲なルたしのろ。て管大てな院てし1れ医 たて糖も弊体スの痛いがりなには専いの工はな患外な0て療 い早尿しし制テだな。続なく。そ門る蛇になか者来け0いを 。急病れてをムろ叫疲いいて研ん家よ口アらでがをれ人る要 に シ ス テ ム 作 り を 対 策 推 進 会 議 な ど な い )。 大 学 、 医 し ま う ( も う し て 作 ら な け れ ば 専 門 を 作 っ て 余 裕 の あ う 。 早 急 に 診 療 連 び は ど こ に 届 け れ れ 切 っ て い る 専 門 て は こ ち ら の 身 が 。 こ ん な 負 の ス パ は な ら な い の に 時 究 会 や 学 会 で の 勉 な こ と で は な い は に 期 待 さ れ て い る う な も の か も し れ 修 理 を 毎 日 毎 日 依 パ ー ト 一 軒 一 軒 の な い 。 今 は 腕 の い 研 修 医 の 指 導 も し 待 ち 受 け て い る 。 終 え 病 棟 に あ が る ば な ら な い 。 疲 れ 近 い 糖 尿 病 患 者 を 。 結 局 朝 か ら 夕 方 求 し 患 者 が 廊 下 に あ 課 ど い  え題うか今 てはななこ 警とるいの 鐘てのと一 をつか糖つ なも・尿一 らな・病つ しく・診を た大・療真 いき・の剣 。い直行に の面く考 だす末え とるはて  ⑥ し ら を に 発 で る  市 て健開市活病い糖民 い康催民動気は尿へ きづし公がの一病の たくて開重予般患啓 いり住講要防住者発 。を民座でや民や活 目のやあ治、そ動 指意市る療学の す識民。に校予 人を健そ対教備 を変康のす育軍 増え大たるの、 や自学め啓中あ 高なでい3て(にで導( い研活医0人 新なに 今。 後 の 展 開 に 期 待 し た い 。 修 会 も 開 催 し そ の レ ベ ル は 動 を 開 始 し て い る 。 定 期 的 療 ス タ ッ フ が 誕 生 し 各 地 域 0 人 を 超 え る 糖 尿 病 に 詳 し 材 を 育 成 し て い る 。 す で に ) の 制 度 を つ く っ 潟 県 地 域 糖 尿 病 療 養 指 導 士 い 。 そ こ で 新 潟 県 で は 独 自 あ た っ て は い る が ま だ 十 分 ) が 誕 生 し て 患 者 の 指 CDEJ CDEniigata 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.7

[close]

p. 6

た 。 エ イ ト を 占 め る よ う に な り が 市 町 村 保 健 師 の 業 務 の 大 き 施  課 行昭題 さ和で れし 、 5年8 た さ。 ら 2月 にに 健は (老 検人 )保 診健 診 者 を 増 や し 疾 病 予 防 を 行 う 内 最 下 位 で 、 い か に 健 ( 検 ) 者 が 多 く 、 健 ( 検 ) 診 受 診 者 策  で村 しの た健 。康 脳課 卒題 中は に、 よ脳 る卒 寝中 た予 師 と し て 就 職 し ま し た 。   私 は 昭 和 5年7 に 旧 笹 神 村 の 【 健 診 受 診 率 向 上 へ の 取 組 】 まな業法 か診もき防 保 しウ務が が受管り対 健 す 。 全 住 民 の 健 康 一  定保 地健 域師 をの 受仕 い ま す 。 る 機 会 を い た け  るこ 保の 健た 師び の、 【 は じ め に 】 管け事 だ役健 理 に 携 わ る 仕 事 で 持 ち 、 そ こ に 住 む は “ 予 防 ” で す 。 き割( あに検 りつ) がい診 とて業 う紹務 ご介に ざすお   私 は 、 当 市 の 合 併 後 は 、 【 法 律 改 正 後 の 健 診 ・ 保 健 指 10年 間 導 】 な 精 実 も は 展 す ま 民 康 康 座 や  市 に  が 住 責  時度績浸県開べでとは推談す当町し特実民務健 代管が透統さても一自進会取時村てに施をと( を理集さ一れの対緒ら員を組はで受働さ対し検 過が約れ方て人象にの等開と、も診きれ象て) ご整さて式いを者考力の催し健課を盛てに行診 しっれおがま対はえで協して(題さりい基わ実 てて、りどし象市て守力、、検でせのま本れ施 きいが、のたに町きるを地集)しる男し健、主 ままん市健。健村ま」得域落診たの性た診 体 し し 検 町 ( 特 康 に し 大 な の 単 受 。 か を 。 、 4歳0 は たた診村検にづ在た切が医位診 がど が以市 。。等ご)新く住。さら師で者 どの ん上町 そ で と 診 潟 り す あ を 「、 、 健 を こ よ 検 の 村 んもので県がるく住健健康増 のう 診全の 住 き を  険 実 ま 民 今  特 保  管 症 た 診  い 近 認  携 福 民な持健加質しをま実定に平理かの等介まは知介わ祉 へい参診入 た対で施保関成のらかで護す末症護っ分 の 。 し 会 者 40歳 。 象 の 主 健 す 重は。発を。期、保て野 対 複 な 場 の ~ 私 と よ 体 指 る 20年 要 、 特 見 受 が第険いで 応 に 雑 な け れ に は みた と 74歳 ち し た う に が 保 導 が 法 律 に 「 性 を 糖 尿 に 若 す る け る 困 惑 し て い ま す 。 健 診 体 制 に 戸 惑 う ば 受 け る こ と が で 、 受 診 券 と 保 険 証 な り ま し た 。 ま で の 国 民 健 康 保 市 町 村 の 対 象 者 も 健 診 で は な く な り 市 町 村 に 住 む 全 住 険 者 に 位 置 づ き 、 実 施 さ れ ま し た 。 」に よ り 特 定 健 診・ 高 齢 者 の 医 療 の 確 感 じ ま し た 。 病 、 高 血 圧 の 自 己 い 男 性 の 脳 卒 中 発 こ と は で き な か っ 状 態 に な る 前 に 健 ん二のま介 に位申し護 よが請た保 る脳理。険 申卒由 の 請中の 相 もで第 談 増す一 業 え。位 務 て最は に 阿 賀 野 市 健 康 推 進 課 成 人  関 保 健  係 川 長      清        美     (健 検 診) 業 務 に お け る 保 健 師 の 役 割 に つ い て 専 門 職 紹 介 シ リ ー ズ ④   と 思 っ て い て  地今 域後 にも 根住 て い ま す 。 動 を 展 開 す り  、健 そ診 のは 結あ 【 最 後 に 】 まざ民 る果く すしに こにま 。た身 と基で 活近 がづも 動な 重くス を相 要“タ 行談 と予ー い役 認防ト たと 識”で いし し活あ 理 働 健 す か し し 歳 者 国 ん  す み み 健  にき師る保いてのをがと複るでと診健 努かのこ健」い国増狙か雑こ、な結診 めけ持と師とま保やっ健なと住り果結 てをつがにいす加すて診健が民、は果 い ま す 。 し 、 家 族 全 体 の 健 康 管 機 能 と し て 家 族 単 位 の で き ま せ ん 。 し か し 保 よ る 家 庭 訪 問 で は 面 接 う こ と を 理 由 に な か な 。働 き 盛 り の 男 性 は「 忙 入こい受 者とる診 に 全 数 訪 問 を 実 施 を 目 4歳0 的代 に男 性 40歳 の と受 診 45 者 を 増 や す よ う 、 診 で は あ り ま す が 、 な 難 し く な っ て い ま す 。 全 体 の 健 康 状 態 を 把 握 健 診 会 場 の 場 の 提 供 の 市 町 村 に は こ な い 仕 組 も 社 会 保 険 被 扶 養 者 の 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成25年11月 6

[close]

p. 7

新潟県検診精度管理調査について  近年、検診を実施している検診実施機関の精度管理について、調査をすることの必要 性が求められており、本財団と“がん検診”の契約をしている検診実施機関の精度管理 が確実に実施されていることを確認し、その結果を市町村に公表することが求められて いる。  そこで、伝統ある新潟県の健(検)診並びに検診実施機関を今まで以上に発展させ、 住民に“安心”して健(検)診を受診していただくことを目的に、平成25年度から新た に「精度管理調査委員会」を立ち上げ、「新潟県検診機関協議会」の会員を中心に精度 管理調査を実施することとした。調査の概要、スケジュール等については、以下のとお りである。 ◆◆◆◆ 新潟県健康づくり財団精度管理実態調査フロー図 ◆◆◆◆ ◎本事業における、調査等手順 ● 表紙写真説明 ● もみじば こよい 黄葉の渦まく惜しみ思ふどち 遊ぶ今夜は明けずもあらぬか 万葉集 1591  万葉集には、暮れゆく秋の寂しさはほとんどなく、焔のように燃え上がる山の輝きや、恋ご ころの明るい燃え上がるような歌が多い。 写真 落ち葉 撮影場所 長岡市越路地内 撮 影 者 新潟市西蒲区 髙田 進 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.7

[close]

p. 8

平 成 25年 第30回がん征圧新潟県大会開催状況 11月  「第30回がん征圧新潟県大会」が平成25年 9 月10日、新潟市中央区の新潟県民会館大ホールで開 30日 発 行 催され、県内各地より多数の方からご参加いただきました。  式典では、開会挨拶、来賓祝辞に続き、長年にわたり保健衛生の向上、地域医療に貢献された 1   編 集 団体に「保健文化賞受賞記念特別表彰」並びに 9 人に「公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長 表彰」が行われました。 発 行    式典に続いて、日本対がん協会が主に中学生向けに制作した DVD「がんちゃんの冒険」を放映し、 参加者アンケートでは「非常に分かりやすい内容であった」と好評でした。 公 益 財  第 3 部の特別講演では最近のホットな話題となっている「“がん”と“糖尿病”」について新潟県 立がんセンター新潟病院内科部長の谷 長行先生から御講演をいただきました。講演では、 2 千数 団 法 人 百万人が糖尿病及び予備群であること、糖尿病があるとがんの発症率が20%増加することなどが報 告され、生活習慣の改善とがん検診の重要性を訴えられました。 新 潟 県  最後に、昨年に引き続きミニコンサートを開催し、「新潟ウインドオー ケストラ」のメンバーによるクラリネットアンサンブルとサックスア 健 康 づ ンサンブルの演奏を楽しんでいただきました。  なお、表彰を受賞された方々は次のとおりです。 く り 財 ◎保健文化賞受賞記念特別表彰 団 (  橋田地域づくり推進協議会 県 医 師 会 ◎公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長表彰  (個人の部) 館 内  ) 新   山 﨑 雅 司 (医 師)    大 浦 研 二 (医 師)   村 山 伸 介 (医 師)    加 藤 政 美 (医 師)   今 井 容 子 (保健師)    安 原 ゆき江 (保健師) 潟 市 中   目 黒 節 子 (保健師)    田 中 陽 一 (医 師)   小田辺 なお子 (臨床検査技師) 央 区 医 学 町 通 「24時間テレビ36 愛は地球を救う」のチャリティーブースに参加しました 二 番 町 十  本財団では、特定健診・がん検診さらには歯科保健の重要性を多くの方に伝えるため、保健医療に携 三 わる各団体の協力を得て、昨年度に引き続き平成25年 8 月24日、25日に日本テレビ系列局主催の「24時 番 地 間テレビ36 愛は地球を救う」のチャリティブースに参加しました。    会場の万代シティ歩行者天国には暑さや突然の大雨にもかかわらず、お子様連れからご年配の方まで 電 話 0 道路を埋め尽くす程の人が集まりました。  私共のブースにお越しいただいた皆様にも健康知識を楽しみながら学んでいただけたと感じており、 2 お子様からご高齢の方まで幅広い層の方に健康意識の向上及び特定健診やがん検診等の重要性をアピー 5 ─ ルすることができました。 2  今後とも様々な取組で普及啓発事業を展開してまいりますので、皆様のご支援をお願いいたします。 2 4 ─ 1  参加団体 6   新潟県国民健康保険団体連合会、新潟県歯科保健協会、 1 6   新潟県労働衛生医学協会、新潟県健康づくり財団 1 2  実施内容    8 月24日(土)   ・保健師による乳がんモデルを使った乳がん自己触診法のアドバイス   ・判定機器「メタボリ先生」を使用した血管推定年齢と肥満度測定       8 月25日(日)   ・唾液の検査による歯周病のチェック   ・色 の変化する専用のガムを使用した食事の際の噛む力を検査する咀 嚼力テスト 3  来場者数   350名 公益財団法人 新潟県健康づくり財団「陽光」 平成25年11月 8

[close]

Comments

no comments yet