会報5号

 

Embed or link this publication

Description

会報5号

Popular Pages


p. 1

会 報 平成25年 2 月15日発行 No. 5 Co n t e n t s ● 健康づくりは まちづくり ● 新しい成人歯科健診と特定健診・特定保健指導 ● 臨床検査技師の業務について ● がん教育 DVD「がんちゃんの冒険」についての感想 ● 第29回がん征圧新潟県大会開催状況 ● 「24時間テレビ35 愛は地球を救う」のチャリティーブースに参加しました 新潟県健康づくり財団の事業内容 (健康づくり財団 七つの柱) 1 .普及啓発事業 2 .健康診査事業 3 .健康情報管理事業 4 .脳卒中調査事業 5 .調査研修事業 6 .新潟県健診保健指導支援協議会事業 7 .日本対がん協会連携事業 公益財団法人 新潟県健康づくり財団

[close]

p. 2

   い ピ 書 特  に を の 成 頼 い 制 シ  て と 意 範 を ン い  み タ 2・4 ( 定 本 な も 住 が ・ る や ャ 内 い い 味 」 契 グ た ア   1 て い く こ と に す る 。 ル と 健 康 づ く り と の 関 係 7) H を も 24・ と に 3)、 ソと ーり シま ャと ルめ 保 健 指 導 に 関 す る 最 近 の にキ(報 つャH告 稿 で は 、地 域 保 健 や 特 定 健 診 ・ っ て い る 。 た ら す 、 と い う こ と が 明 ら か む コ ミ ュ ニ テ ィ へ の 高 い 評 価 生 活 上 の 安 心 感 を 高 め 、 自 分 ネ ッ ト ワ ー ク ・ 社 会 活 動 の 形 可 能 性 が 示 唆 さ れ 、 個 人 の 信 出 生 率 の 維 持 な ど に 寄 与 し て ル キ ャ ピ タ ル が 失 業 率 の 抑 閣 府 の 研 究 調 査 で は 、 ソ ー る 。 う 新 し い 概 念 が 人 口 に 膾 炙 し す る ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル に 支 え ら れ た 「 つ な が り 」 を 機 に 「、 信 頼 「、」 互 恵 と い う 規 (」 2 0 0 0 、 邦 訳 2 0 0 6 ) パ ッ ト ナ ム 著 「 孤 独 な ボ ウ リ メ リ カ 社 会 の 崩 壊 と 再 生 を 描 は じ め に 0 と ボ る よ 育 づ ら と ソ 動 シ 健 る  な 康 ル が 住 ル  人 、 母 子 保 健 推 進 員 2 、 7 0 3 、 食 生 活 改 善 推 進 委 員 4 、 3 5 ラ ン タ リ ー な 人 々 を み て い く 保 健 医 療 福 祉 の 領 域 で 活 躍 す る う な 人 材 と し て 新 潟 県 内 に お け 成 す る と し て い る 。 因 み に こ の く り の 核 と な る 人 材 を 発 掘 し 、 と の 連 携 を 積 極 的 に 進 め 、 健 康 し て 学 校 、 企 業 等 を あ げ 、 こ れ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル 形 成 の 場 の 展 開 を 強 調 し て い る 。 そ し て ャ ル ・ キ ャ ピ タ ル に 立 脚 し た 活 康 な ま ち づ く り に 向 け 、 ソ ー 住 民 ニ ー ズ に 即 し た 住 民 主 体 の 報 告 書 で は 、 多 様 化 ・ 高 度 化 す っ て き て い る 。 を 育 む と い う こ と が 明 ら か に キ ャ ピ タ ル の 蓄 積 は 住、 民 の 健 低 い 等 、 地 域 に お け る ソ ー シ ャ 民 の 主 観 的 健 康 感 が 高 く 死 亡 率 キ ャ ピ タ ル が 豊 か な 地 域 ほ ど 近 年 、 多 く の 研 究 か ら ソ ー シ ャ 脚  2 しソ たー 健シ 康ャ づル く りキ ャ ピ タ ル に 立 防 完  業 ス ら 校  た キ り 殺 の 子 体 に 法 の 図 ぶ 9 6 人 人 止成乳はリは、人。ャ地対医どが及人認る。85、、 等す幼健テい企材 ピ域策療も展ん中証活さ17ボ民 をる児診ラう業発 考こ期のシまは掘 えとに場ーで、、 あやすでをも健育 わ小でも学な康成 せ児にあぶくづの る期味る場、く場 とか覚。で学りと 生らの あ校のし 涯の発 りは観て の肥達 、ヘ点の 健満が 企ルか学 タのな・・開で、数動ら人、ラ生 ル の す そ 野 を 形 成 し て き 財 産 と し て ソ ー シ ャ ル ど 多 岐 に わ た り 文 字 ど お 介 護 、 障 害 者 の 自 立 、 自 子 育 て 、 が ん ・ 難 病 な ど し て き た 多 彩 な 活 動 は 、 いは る 3割 、 。を現 こ超在 れえ、 らる全 の2体 人0の 々56 や法0 団人4 を 行 っ て い る N P O 法 人 に 保 健 医 療 福 祉 の 増 進 を な ど の 数 字 が す ぐ 浮 か ボ ラ ン テ ィ ア 数 1 9 1 、 ン テ ィ グ・ア ル ー プ 数 2 、 委 員 児 童 委 員 4 、 8 5 5 ( 公 財 ) 新 潟 県 健 康 づ  鈴 く り  財 木 団 理  事          昭     健 康 づ く り は ま ち づ く り ド ロ ー ム の 該 当 者 を 減 ら す こ と が 保 健 指 導 に よ り メ タ ボ リ ッ ク シ ン と約万 し点 て 1万0 弱 い円く るのら 。差い こが、 のあ医 こる療 と(費 は同に 、議年 健事間 診録平 ・ )」 均 階 層 別 に 大 体 ど こ を 見 て も 年 間 1 当 者 、 非 該 当 者 間 で 男 女 別 、 年 齢 「 メ タ ボ リ ッ ク シ ン ド ロ ー ム の 該 表 さ れ た ( 表 1 。) こ れ に よ る と 、 ( 2 0 1 2 年 7月 30日 に) お い て 公 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 の デ ー タ を 分 析 し た 結 果 が 、 第 56 成 果 を 示 す 、 レ セ プ ト と 特 定 健 診   こ の 特 定 健 診 ・ 特 定 保 健 指 導 の の  3 成特 果定 健 康 診 査 ・ 特 定 保 健 指 導  組 健 学 健 用 な 取 康  要 に  に 健 域 き 康 み康校康・い組診平とお同す康にいづ で あ る 、と い う こ と が で き る 。 づ く り に 向 け た 地 域 全 体 の 取 や 企 業 活 動 等 と の 協 働 に よ る 長 寿 な し 」 の 健 診 文 化 を 育 む 醸 成 を 通 じ た 「 健 診 な く し て 、ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル の 活 み や 行 政 サ ー ビ ス に と ど ま ら 査成な ・っ 特 20年 て 定度き 保かて 健らい 指始る 導ま。 はっ 、た 個特 人定 の健 い て も 、 地 域 ・ 職 域 連 携 が 重 様 に 企 業 に お け る 健 康 づ く り る 。 づ く り を い っ そ う 豊 か な も の お け る 保 健 活 動 と の 協 働 は 、 。 学 校 に お け る 健 康 教 育 と 地 く り に 果 た す 学 校 の 役 割 は 大 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成25年2月 2

[close]

p. 3

と 地 い 窺 健 共 す わ キ 仮 反 は  る 率 と 率 ( 合 種 率 い 状  よ て ず 施 る で で 蓄 積 さ れ た 肯 定 的 コ ミ ュ ニ テ ィ 域 保 健 活 動 に 対 す る 住 民 の 信 頼 保 健 指 導 実 施 率 は 、 こ れ ま で の わ れ る 。 一 方 、 国 保 の 比 較 的 高 診 実 施 率 に 作 用 し て い る こ と が 済 組 合 の 強 い 凝 集 性 が そ の 高 い れ ば 一、 般 的 に 考 え て 組 合 健 保 ・ れャ説 るピの 組タ域 織ルを のの出 凝変な 集数い 性のが を、 引 1つ ソ きとー 合しシ いてャ に扱ル 映 し て い る も の と 考 え ら れ る 。 、 保 険 者 そ れ ぞ れ の 組 織 属 性 を 速 報 値 に み ら れ る こ れ ら の 構 造 。 で あ る 、 と い う 構 造 に な っ て 8% )・ 共 済 組 合 ( 1・0 4% ) は 最 も 高 率 で 、 組 合 健 保 ( で は 32・ 9% ) 健 保 逆 0% に ( に)お 市 は い 67・ 町低 村く 国、 保保 が健 指 20・ 導 実 て 高 く 、 市 町 村 国 6% )・ 共 済 組 合 ( 類 別 に み る と 健 診 実 施 率 で は 13・ は 7% 4・3 で あ 3% り、 、保 こ健 れ指 ら導 を実 保施 険率 く と 全 国 ・ 全 保 険 者 の 健 診 実 況 ( 平 成 2年2 度 速 報 値 ) を み 特 定 健 診 ・ 特 定 保 健 指 導 の 実 い 低 14・ 9% 施 保 7・0 組 者 は 施 て 施 っ て 明 ら か に な っ た と、 い え る 。 も 重 要 で あ る こ と が デ ー タ に 、 増 大 す る 医 療 費 の 縮 減 か ら み 率 向 上 が 健 康 づ く り の み な ら 。 特 定 健 診 ・ 特 定 保 健 指 導 の 実 き る と い う こ と を 示 唆 し て い き れ ば 、 医 療 費 を 減 ら す こ と が るりズんミ感 。なのでュ覚 ど充いニに か足るテ由 ら、地ィ来 な影域感す る響に覚る 感力対とと 覚、しは考 の情て、え 度緒い人ら 合的だがれ いつくそる でなニの。 あがー住コ し な が ら 、 自 分 だ け で な く 、 周 囲 分 の 生 き が い を も ち 、 環 境 に 適 応 毎 日 を 生 き い き と し て 暮 ら す 「。 自 で き な く て も 周 囲 の 支 え に よ り 、 て も 自 分 で 対 処 し あ る い は 自 分 で え な い で 、 病 気 や 障 害 を 有 し て い と を 目 指 す こ と で あ る 、 と 狭 く 考 ま  で健 も康 なづ おく いり っは そ、 う健 健康 康な で人 あが るい こつ て い る こ と を 改 め て 実 感 し た 。 予 防 の 考 え 方 が 定 着 し 浸 透 し て き 着 実 に 介 護 の 社 会 化 、 そ し て 介 護 と 、 そ し て 介 護 保 険 法 施 行 以 降 、 Q O L の 維 持 に 寄 与 し て い る こ た 地 域 の つ な が り が 住 民 の 健 康 、 る 。 調 査 を 通 じ て 、 信 頼 に 基 づ い 農出たこ 村し。と 集て を 落 い 4年5 窺 にる後わ お高のせ け齢超る る化高声 エ率齢が ピ 社多 ソ 4%0 会 く ーを日寄 ド超本せ でえをら あた現れ な 毎 日 の 暮 ら し を 大 切 に し て い る て い る 老 後 へ の 不 安 よ り も 穏 や か 健 康 教 室 に 通 う な」 ど 、間 近 に 迫 っ れ ば 、 保 健 師 さ ん が 誘 っ て く れ た れ る と 思 う 「」 農 作 業 が で き な く な 役 所 に 相 談 す れ ば ど う に か し て く 特 養 に 入 る の は 難 し い よ う だ が 、 な い 」「 要 介 護 状 態 に な っ て す ぐ に し て い る か ら と く に 心 配 な こ と は 「 困 っ た と き は 日、 ご ろ 近 隣 に 相 談 区  高筆 齢者 者 世 帯 ら が 関 与 のし 住た 民佐 調渡 査市 で は 、 羽 茂 地 体  4 の介 健護 康・ づ福 く祉 り、 保 健 、 医 療 と 一 を 康 な ワ エ 健 づ  期 づ る ー ン 康 く ソ  5 待くとさパづりーお さりまれワくのシわ れはちるーり関ャり てまも。さに係ルに い る 。 ち づ く り で あ る こ と 元 気 に な る 。 今 、 健 一 人 ひ と り が 元 気 に れ る と 地 域 も エ ン パ よ っ て 一 人 ひ と り が に つ い て み て き た 。 キ ャ ピ タ ル と 健 康 うをも介こ現考永かがの 。もの護のすえ俊けで人 っと・こる方博てきも たし福とこと:いる、 もて祉にと進地くよよ の に 発 展 し て い く だ ろ さ ら に 広 が り と 奥 ゆ き 、 保 健 、 医 療 と 一 体 の よ っ て 健 康 づ く り は 、 と、 積 極 的 に と ら え る 。 め 方 . 2 0 0 3 を). 実 域 づ く り 型 保 健 活 動 の こ と が で き る 生 活 」( 岩 う に 、 そ の 環 境 に 働 き り よ い 生 活 を 送 る こ と  3 Report of Niigata Health Foundation Vol.5

[close]

p. 4

 http://www.jda.or.jp/ case finding risk finding 対  の 効 い れ る 場 対 症 患 る  に ニ お 療 病 現 テ 園  は 策 さ 面 果 て る 40、 状 の 象 を 検 歯 現 思 ー け 勧 気 在 ー 児 歯 じ をらか 大にら き、も な平十 柱成分 とと し 2年0 は た度言 生 活 習 慣 病 か ら 糖 尿 病 え ま せ ん 。 は行検 況 も わ 診 50、 で とれと す よ て し 60、 。 り 、 重 い ま す て 健 康 70歳 の 一 方 歯、 症が増ふ周 化、進し疾 予 法め患 防 1次 に に 検 対予基行診 策防づわは 環 境 改 善 等 に よ り 激 減 し て い と な る 酸 蝕 歯 は 現 在 、 職 業 現 検 診 す る 特 殊 健 診 の み で す 。 診 と 職 業 性 疾 患 と し て の 酸 蝕 科 健 診 は ふ し め に よ る 歯 周 疾 行 の 制 度 で は 、 成 人 期 に お け い ま す 。 ズ に 沿 っ た も の で は な い よ う る 健 診 で は 必 ず し も 受 診 者 告 が 主 で あ り 、 特 に 成 人 期 に の 発 見 ・ 早 期 治 療 の た め の 治 の 健 診 シ ス テ ム で は 歯 や 口 の ジ 別 に 実 施 さ れ て い ま す が 、 、 学 校 、 成 人 な ど 各 ラ イ フ ス 科 健 診 は 妊 婦 、 乳 幼 児 、 保 育 め に ド せ  し 会 し 通 プ 心 健 発 い る 健 歯  健 健 ら 病 国 あ が 予 でるこたホ、称ロと指見て項康科そ診康、と民る始防 きたの。ー平:グし導し、目行健この概こしのむまと る よ う め 誰 で も プ ロ グ ラ に無ム な料は っで、 てダ広 いウく ま す 。 ン ロ ー 普 及 さ ム成生ラたを、環を動診で必念れて約しりし ペ活 ー 21年 歯 ジ援 に 7月 プ おにロ い日グ て本ラ 公歯ム 表科を し医作 ま師成 ム ・ 保 健 指 導 マ ニ ュ ア ル 」 「行そ 標うれ 準とを 的い改 なう善 成す 人 1次 る 歯予た 科防め 健をの 診中保 境 及 び 行 動 的 な リ ス ク を 中 心 に し た 質 問 紙 等 を 用 、 生 活 や 職 場 環 境 に 関 わ 受 診 者 の 症 状 、困 り ご と 、 、 日 本 歯 科 医 師 会 で は 、 要 性 が 高 ま り ま し た 。 に 沿 っ た 新 し い 成 人 歯 科 ま で の 健 診 か ら 、 新 た な の 歯、 位 8%0 、 歯 置が歯科 づ罹周領 け患病域 で)(の あも る 生 35歳 2大 こ活以疾 と習上患 か慣ので て 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 の ク れ と 環 す 行  ま 患 治 そ な  生 防導定受てず( 対をてが境る動おせ率療の高歯 活 にをし診もし 処早い、的も(口んの(健い周 支 寄受、者、も (期まそリの口の。低 診罹病 援 与けその質歯 にすのスで腔病 減 の患や の するの病問科 発。予クあ保気 に 意率う た るこ上気紙医 見そ防をり健は は 義を蝕 め もとでの(師 しれに診、行、 、には断行動そ )そは不し動)の との病可対的に人 しリ気欠処リ強の てスのとすスく日 のクリいるク関常 保へスわこや連の 必 ず し も つ な が り ) に 求 め て も 罹 を 早 期 発 見 ・ 早 期 有 す る 病 気 で は 、 ( む し 歯 ) の よ う の 歯 科 健 診 のに、か図が でよしか 口 す 。 り 、 病 気 の 予 っ か り 保 健 指 り や す さ を 判 1) の 回 答 で 、 の 中 を 診 な く ) 特 徴 は 必 新 し い 成 特人 定歯 新 潟 健 科 県 歯 科 医 師  会  佐 常 務  理 診 ・ 特 定 健 診 と 保藤 事   健             徹     指 導 重 る 見 容 効 タ 把 の す い 必 て 科  効 が る 動 支 者 保  要 る し の ま を 識 に 健 健 要主かに率イ握訴。、要い医効 果 必こ変援か健具で保た中で有や成診指 で観らは的プしえそ行なる療果 的 要と容的ら指体す健歯ののす態人プ導 あ的み、で分、・の動保こ従的 な で)(対受導的。へや保専る度はロや る の で 、 保 健 指 導 の 評 価 と 対 処 の 自 己 決 て も 、 本 人 の 病 気 に こすけ れ ま で (。 図 ( 類 型 の 行 動 科 学 2) ま た 行、 化 ) す る こ そ れ を い く つ か に 事 環 境 ・ 行 動 の 課 題 を た め に は 、 事 前 に 受 変 容 を 確 実 に 促 す こ 健 医 療 情 報 の 提 供 と に 耳 を 傾 け 、 そ の 事 者 が 受 診 者 の 最 も な 歯 科 保 健 指 導 と は 保 健 指 導 と は あを好応診のに る効まに者場は と果し転へ面、 考的い換ので健 えに行し指、診 て促動、示歯結 いすに受的科果 ま保変診対医の す健化者応療説 と口健門た・、グ健 専のか家め行小ラ康 門中らを、動児ム教 家を、中そにとが育 の通受心のかは必を 意じ診と対な異要包 識て者し応りなで括 転健をたにのりあし 換康中歯は個そりた 場定対の動と前ま診とを人困、 。指さのか従明 もを心やこ別の、歯 面がす知変がにず者で行にっ歯 導せ行ら事や 必診と口れ性知特科 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成25年2月 4

[close]

p. 5

ン し グ れ ン 疾 特  セてラにド病定平 プいム基ロ発健成 トるでづー見診 と 生 あ く ム 型 ・ 20年 一 致 し て い る も の で す 。 活 歯 援 プ ロ グ ラ ム の コ り 、 ま さ に 本 稿 で 説 明 一 体 的 な 保 健 指 導 プ ロ と い う リ ス ク 診 断 と 、こ か ら 、 メ タ ボ リ ッ ク シ 特 定 保 健 指 導 は 従 来 の 度 か ら 実 施 さ れ て い る 特 定 健 診 ・ 特 定 保 健 指 導 と の 関 係 る こ と が 必 要 で あ る と 思 い ま す 。 を 持 ち 、 お 口 の 健 康 を 新 た に 捉 え ( 生 活 の 質 ) な ど を 統 合 し た 考 え 方 口 の 中 の 状 態 お、 口 の 機 能 Q、 O L の で は な く 、 保 健 行 動 、 環 境 、 お 一 的 な 事 象 を 口 腔 の 健 康 と 捉 え る う に 、 病 気 の 有 無 、 歯 の 数 な ど 単 で す 。 そ の た め に は 、こ れ ま で の よ ン  に行 は動 、変 行容 動の 後た のめ 自の 己モ 評チ 価ベ がー 重シ 要ョ い ま す 。 ア プ ロ ー チ が 必 要 で あ る と 考 え て し て 効 果 を 増 す ) と い う 段 階 的 な 後 の 評 価 と フ ォ ロ ー ア ッ プ ( 継 続 な く 、 そ の 効 果 を 高 め る に は 健 診 導 で 達 成 さ れ る こ と は 、 極 め て 少 か っ た た め 、 行 動 変 容 が 一 度 の 指 お  勧 1回 一 めの方 ま で 完 結 し て い る 場 合 が 多 健 診 で 保 健 指 導 か ら 治 療 の こ、 れ ま で の 歯 科 健 診 で は 、 が 求 め ら れ ま す 。 己 決 定 で き る よ う な 場 と な る こ と が 、 保 健 行 動 目 標 を で き る だ け 自 す を 診 医 健 促 者 一 ら  い に の の の 勧 お 診  こ 歯 定 る て モ 事 す 以 検 能 シ  る継者療診すの体、しまは歯役受めけで従 れ科 で産おデ業。上査力ス新 た め の 続 的 に の 行 動 機 関 は で は 、 た め の 行 動 変 化 し 、 保 健 指 か し し た 。 求 め ら 科 医 療 割 が 、 け 皿 と や 精 密 る 受 診 は 、 健 来 の 歯 保支変、歯歯容受導な れ機地し検の診科 健援容受科科を診とが て関域て査おに健 か医 ら療 の機 役関 割の す業りルにまのが判テ潟 。歯、事よた市導定ム県 科 保 健 推 進 の 核 今 後 は さ ら に 職 業 を 地 域 や 職 域 り 、 生 活 歯 援 プ 、 県 歯 科 医 師 会 町 村 で 導 入 さ 入 さ れ て お り 、 検 査 、 歯 周 病 リ 外 で は あ り ま す に お い て は 、 国 と域でロはれ県スがの すに実グ県て内ク、制 るお施ラ委い半判咀度 予けしム託ま数定嚼の ●類型化について 質問紙により類型化し、支援タイプを決定する。 保健指導の必要性が 低い者 中程度の者 高い者 要精査 1.知識提供・気づき支援型(対象者:保健指導の必要性が低い者を含めた全員に実施) → 結果通知・結果の説明・リーフレットの説明・「あなたの歯の健康力」(サイコロ図)の提示・健康相談・情報提 供・保健指導 2.相談・カウンセリング型(対象者:保健指導の必要性が中程度または高い者) →個人面談またはグループワークによる健康相談 3.環境・受け皿整備型(対象者: ①歯科疾患が疑われ、歯科医院での精査が必要な者 ②保健指導 の必要性が中程度または高い者で、歯科医院での定期健診等が必要な者) →歯科受診動機づけ支援・歯科医療機関の紹介 の保 設健 定行 動 目 標 4.実技指導型(対象者: ①保健指導の必要性が高い者 ②歯科疾患が疑われ、歯科医院 での精査が必要な者) →保健指導・実技指導(月に1回の3ヶ月間の継続指導(フォローアップ)・通信指導や e-learningなども利用 5.受診勧奨(対象者:歯科医院での精査が必要な者) 評 価へ 分 ア  す 能 ン ば 衛 す 指 にッこ。すスか生。導 機プの るやり士しの 能がよ す る た め に 、 現 在 一 体 化 し た シ ス テ う な 、 健 診 と フ 、ムォ こ保ではた受 と も 重 要 と な 健 指 導 の 専 門 家 な く 、 継 続 的 な 治 療 の 専 門 家 と が っ て 、 歯 科 医 け 皿 に な る こ と っとメい師が てしンうや必 地がロ きてテ観歯要 域十ー ま機ナ点科で ら ン 導 保 関  制 科 師 の れドや健わこを健・歯 る こ と に な る と 予 想 さ れ ま す 。 ロ ー ム 対 策 へ の 関 わ り も 求 め 禁 煙 支 援 な ど メ タ ボ リ ッ ク シ 指 導 と し て 咀 嚼 指 導 、 栄 養 指 り も 含 め 、 歯 科 医 院 に お け る れ か ら は 、 特 定 保 健 指 導 と の 確 立 し つ つ あ り ま す 。 診 に か か わ る 多 職 種 の 研 修 体 歯 科 衛 生 士 を は じ め と す る 歯 科 医 療 機 関 に お け る 歯 科 医 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.5

[close]

p. 6

  て た そ 系 大 や な  ま 営 が 健 職 後 が て り  検 が る 検  そ検っのに別超ど検す業、診場も占お、当査と機査こ し査て検人さ音の査。職研施は継めり全技技う会技の てをい査気れ波検業 次 々 と 新 し い 検 査 項 目 実 施 し て い ま す 。 る た め 検 査 技 師 が 分 担 し 項 目 も 非 常 に 多 岐 に わ が あ る よ う で す 。 ま た 、 ま す が 、 近 年 は 生 体 検 査 検 査 の 様 な 生 体 検 査 系 に 体 検 査 系 と 、 心 電 図 検 査 務 は 、 血 液 検 査 や 尿 検 査 と究設病続てま国師師ごを師度 し て 勤 務 し て い る 方 も い 機 関 や 試 薬 メ ー カ ー 等 に 等 が 中 心 と な っ て い ま す 院 、 医 院 、 検 査 セ ン タ ー 、 す る と 言 わ れ て い ま す 。 い て 、 こ の 女 性 すで 。は そ の 5万 名 8割 の 近会 会 は 県 内 で 千 優く員二 位をを百 は女有名 今性し余 数 と 業 務 内 容 ざ い ま す 。 い た だ き ま し て 誠 に あ り ) の 業 務 に つ い て 紹 介 す は 、 臨 床 検 査 技 師 ( 以 下 い  精 担 て 検 は 闘 室 い て 図 聴 は 心 施  健 て を 菌 検 あ や てこ度当い診、しでまい検力、に設健診い取検査り、 はれ保しるの大て、すて査、尿関に診とま得査士ま検 、ら証て前意腸い健。、、視検わ勤業のすし等やし査 神臨にい立義がま診検獅眼力査っ務務関。ての輸て方 経床つま腺にんすの体子底検をてしにわ い関血専法 質検いすがつ検。血検奮検査はいてつり る連検門が な査て。んい診ま液査迅査、じまいき 優学査化開 位の のてのたをにの等血めするま 秀会、が発 に精 P、便、相お活々圧と。検し な認血進さ 注度 S議潜が手い躍ま測し健査て 方定液みれ 意管 A論血んにてをで定て診技は も技検、た し理 てに おつ 検 査 も と な っ 検 査 や 検 診 で 日 々 格 も 検 査 見 せ て 担 当 し 、 心 電 、 採 血 、 現 場 で 師 が 中 、 健 診 増師査超こ 加資、音と し格細波も と め  り る 取 が 備 す 日 に  日 の も の と  化 し の に 上 り 叱関終ま活り、を。本新二本新徐認し更がて結よと、 咤係わす性組県鋭現医潟〇医し々定てに進も果り共検 激各り。化み内意在学市一学いにを発臨ん誤でまに査 励位に をか、 おら今 願、後 い絶と い大も たな貴 を 図 る こ と を 目 、 検 査 技 術 の 向 検 査 技 師 が 総 力 進 め て い る と 、 担 当 県 と し て 検 査 学 会 が 開 「 と き メ ッ セ 」 四 年 五 月 一 七 日 検 査 学 会 を 担 当 潮 流 と な っ て い 増 加 し て お り 、 取 得 す る 施 設 が 足 し た I S O 1 床 検 査 室 の 国 際 で い ま す 。 差 範 囲 内 に 入 る は 、 県 内 ど の 施 し て 、 外 部 精 度 担 当 す る 検 査 技 機 器 、 検 査 試 薬 しる財 指上をこの催に・ ま精全5標 ほ設管師の まご団 しと挙ろ企さお一 す度国1準 どで理の品 す協は て更げで画れい八 。保的8規 標検調努質 。力じ おなてす準まて日 証に9格 準査査力向 臨 床 検 査 技 師 の 新 潟 県 会臨  床 長検  松 査 技  師 田 会      和        博     業 務 に つ い て 専 門 職 紹 介 シ リ ー ズ ❷   自動分析装置を担当する検査技師 超音波検査を実施する検査技師 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成25年2月 6

[close]

p. 7

がん教育 DVD「がんちゃんの冒険」についての感想  公益財団法人日本対がん協会は、子どもたちにも「がん」のことを知ってもらうため、主に中学 生を対象にしたアニメによるがん教育 DVD「がんちゃんの冒険」を作成しました。  この DVD は、希望する中学校に無償配付して、授業等で活用いただいておりますが、今回、その 活用状況や感想について 2 名の先生方から寄稿いただきましたので、御紹介させていただきます。  DVD「がんちゃんの冒険」を活用しています!  柏崎市立第三中学校 中 林 左知男   自分自身が「がん体験者」であるため、3 学年の保健体育の時間で「健康な生活と疾病の予防」の中で“が ん”の授業を実践しています。「がんちゃんの冒険」は、短編でわかりやすく、17の項目の 1 つ 1 つが数 分で構成されている(全体でも20分間)ので生徒に飽きさせずに視聴させることができます。また、全 部を見せなくても、必要な部分にしぼることもできます。「検診の大切さ」「日頃の生活習慣でのがん予防」 「治療方法や緩和ケア」など、生徒はわかりやすく学べています。また、“がん”は怖いイメージではなく、 アニメを通じて「誰にでも“がん”になる可能性があること」がわかる内容で大変よいと思います。  今回、 3 クラスで視聴しましたが、どのクラスも楽しく飽きることなく視聴できました。「がんの特集 だと、いつも悲しい感じや真面目過ぎるところ があるけど、がんちゃんの話は面白くて興味を もてました。」( 3 年男子)「検診のことは CM で よくやっているのに、実際に検診に行く人は少 ないと思いました。私もがんになる可能性があ るので、今からしっかり知識をつけたいと思い ました。」( 3 年女子)このように生徒に“がん” を含め病気に対して考えさせ、健康について興 味・関心をもってもらい、「生きる力」の 1 つと して実践できるよう、今後も DVD の活用等を含 め健康教育に努力していきたいと思います。  『がんちゃんの冒険』  長岡市立小国中学校 養護教諭 大 平   愛   「日本人の二人に一人はがんになる。」この事実を知ったとき、ドキッとし「生活習慣に気をつけよう。」 と考える大人は多いでしょう。では、子どもはどうでしょうか ? 子どもは、がんという病名は知っていても、 知識は豊富とはいえません。さらに、子どもは「今」を見ているので、今後起こるかも知れない、見え ない未来に対する「予防」という考え方を持つことはなかなか難しいです。だからこそ「これでいいの かな ?」という思いを持たせることが、生活を改善しようと思うきっかけになると考えます。  この物語はがん細胞の「がんちゃん」と、肉食で喫煙を好む「オッジさん」の「これでいいのかな ?」 という生活を通し、がんの基本的な知識が分かりやすく説明されます。テンポよくストーリーが展開し、 興味深く見ることができます。また、単に「日本人の二人に一人は…」と恐怖心だけをあおることなく、 「がん細胞を抹消する免疫機能」、「がんは 6 割が治り、早期発見で 9 割が治る」という、安心感の得られ る内容となっています。  『がんちゃんの冒険』は、未来の健康について前向きに考えられる作品です。多くの子どもたちが、が んに対して関心を持ってくれたらと思います。 ● 表紙写真説明 ● かたくり 残り雪と片栗の花 やそ ら かた か ご 「もののふの八十をとめ等が汲みまがふ寺井の上の堅香子の花」  大伴家持 凍てついた大地から萌え出る草は柔らかく、みずみずしい。春を運んで来た片栗の花は、色合 いも優しく妖精のようである。 撮影場所 柏崎市鵜川地内 撮 影 者 髙田進 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.5

[close]

p. 8

平 成 第29回がん征圧新潟県大会開催状況 25年 2月  「第29回がん征圧新潟県大会」が平成24年 9 月21日、新潟市中央区の新潟県民会館大ホールで開催さ れ、県内各地から多数の参加者を得て盛大に行われた。当日は、朝から荒天模様で来場者数に影響す 15日 発 るかと心配されたが、開演時刻までには急速に天候が回復し、例年どおり多数の方から来場いただいた。 行    式典では、開会挨拶、来賓祝辞、公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長表彰、保健文化賞受 編 賞記念特別表彰が挙行された。 集 発  式典に続いて、日本対がん協会が、主に中学生向けに制作した DVD「がんちゃんの冒険」を放 行 映し、参加者アンケートでは「非常に分かりやすい内容であった」と好評をいただいた。   公  続いて、特別講演として、新潟大学医歯学総合病院光学医療診療部の小林正明准教授から「早期 益 財 胃がんに対する最近の内視鏡診療とがん検診」のテーマで、医療関係者以外は見る機会の無い、内 団 視鏡による胃がん切除の動画を交えながら、内視鏡診療の最前線を御紹介いただくとともに、がん 法 人 検診による早期発見・早期治療の重要性をレクチャーしていただいた。 新  最後に、今回、初の試みとして、ミニコンサートを企画・実施し、 潟 県 参加者にクラシック音楽の演奏を楽しんでいただいた。 健 康  なお、表彰を受賞された方々は次のとおりです。 づ く り ◎公益財団法人新潟県健康づくり財団理事長表彰 財 団  (個人の部) 山谷 正喜(医 師)    田中  隆(医 師) (        横山 道夫(医 師)    牧野 英二(医 師) 県 医        富田 哲夫(医 師)    目黒 恵子(保健師) 師        金子 一郎(医 師)    馬場千恵子(保健師) 会 館        島垣二佳子(臨床検査技師) 岡部 正明(医 師) 内  )  (団体の部) 上越市食生活改善推進員会 新 潟 ◎保健文化賞受賞記念特別表彰 市 中  (個人の部) 土屋 俊晶(医  師) 央 区 医 学 町 通 「24時間テレビ35 愛は地球を救う」のチャリティーブースに参加しました 二 番 町  本財団では、普及啓発事業の一環として、関係団体の協力を得て、平成24年 8 月25日、26日に万代シティ 十 歩行者天国で行われたチャリティーブースに出展いたしました。 三 番  両日とも炎天下にもかかわらず、お子様連れから御年配の方まで非常に多くの方に御参加いただきま 地 した。皆様、医療に関心のあるご様子で、幅広い層の方に健康意識の向上及び特定健診・がん検診の重   電 要性をアピールできました。 話 0 2  本財団にとって初の試みでしたが、保健医療に携わる各団体の皆様の御支援、御協力を得て、大盛況 の内に終了いたしました。 5 ─  今後とも様々な取組で普及啓発事業を展開してまいりますので、皆様の御支援をお願いいたします。 2 2 4 1  参加団体 ─   新潟県国民健康保険団体連合会、新潟県歯科保健協会、 6 1   新潟県労働衛生医学協会、新潟県健康づくり財団 6 1 2  実施内容    8 月25日(土)   ・脈波計「メタボリ先生」を使用した血管年齢と肥満度測定   ・保健師による、乳がん自己触診法の指導    8 月26日(日)   ・歯周病を判定する唾液テスト   ・咀 嚼により色が変化するガムを用いて、食べ物をかみ砕く 能力と、唾液とよく混ぜ合わせ、飲み込みやすい状態にす る能力を検査する咀嚼力テスト 3  来場者数   350名 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成25年2月 8

[close]

Comments

no comments yet