会報4号

 

Embed or link this publication

Description

会報4号

Popular Pages


p. 1

会 報 平成24年 6 月30日発行 No. 4 Co n t e n t s ● がんを取り巻く課題と方向性 ● 腎臓病の現状と展望 ● 検診業務での診療放射線技師 ● 平成24年度収支予算 ● 平成24年度新潟県健康づくり財団の主要行事予定 ● 第29回がん征圧新潟県大会のお知らせ 新潟県健康づくり財団の事業内容 (健康づくり財団 七つの柱) 1 .普及啓発事業 2 .健康診査事業 3 .健康情報管理事業 4 .脳卒中調査事業 5 .調査研修事業 6 .新潟県健診保健指導支援協議会事業 7 .日本対がん協会連携事業 公益財団法人 新潟県健康づくり財団

[close]

p. 2

ラ イ フ ス タ イ ル の 変 化 治  る医 時学 代の と進 な歩 りで ま、 しが たん がの 【 が ん の 現 状 】 な ど に よ 、高 齢 化 、 約 半 数 は 題 で あ る と 認 識 し て お り ま す 。 が ん 検 診 受 診 率 の 向 上 が 重 要 な 課 早 期 発 見 に よ る 早 期 治 療 の た め 、 ん 対 策 に 取 り 組 ん で い ま す 。特 に 、 見 、 が ん 医 療 体 制 の 整 備 な ど 、 が 画 が  す を 20年 ん 県 。 策 対で 定 7月 策 は しに推、 、新進平 が潟条成 ん県例 の が を 1年9 予ん制 防 対 定 3月 や策しに 早推、新 期進平潟 発計成県 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま い り た い と 考 え て お り ま す の で 、 を い た だ き 、 職 務 に 取 り 組 ん で ま 様 を は じ め 多 く の 皆 様 の お 力 添 え し た 小 山 で ご ざ い ま す 。 財 団 の 皆 て 、 健 康 対 策 課 長 を 拝 命 い た し ま 県  福こ 祉の 保た 健び 部、 副山 部﨑 長前 )課 の長 後( 任現 と新 し潟 【 は じ め に 】 率 き 慣  (、をが 5年 生 存 率 ) も 高 い の で す が 、 検 診 で 早 期 に 発 見 す る と 治 る 変 え る こ と で 7割 は 予 防 で ん は 、 禁 煙 を は じ め 、 生 活 習 【 生 活 習 慣 改 善 で が ん 予 防 】 な 代 し ん 胃 肺 の 国 り 国 は す 死  が 労 り っ の 、 は の の 状 で 、 で 、 。 亡 昭 ん 1人 働 、 て比乳年順順況 特高人平原和でが省が お り ま す 。 較・齢 的 若 い 世 代 子 宮 が ん は が 上 が る と が 4歳0 と ピかも ーらに ク上 と 50歳 昇 に 多 く 、 胃 ・ 大 腸 ・ 肺 の が に 、 女 性 は 、 大 腸 、 乳 房 、 で 2番 に は目胃 、とが 男なん い 方 か ら 口成 10万 2年2 対の 因 の 第 57年 以 降 死 亡 す る が ん に 罹 研 究 班 の ん は 増 加 性 は 、 胃 、 大 腸 、 っ て い ま す 。 罹 患 でで 亡 10番 3 く目2 なと7 るな・ が ん に よ 1位 と な 、 が ん は るっ新 方っ 死て潟 は て 7と 亡 い 県 全お全率まの とり推傾 さ、計向 れ でに て 3人 は あ いに、り ま、 す 1人 2人 厚 。がに生 と が 求 め ら れ て い ま す 。 本 県 の が く の 住 民 の 方 か ら 受 診 い た だ く こ 基 本 で あ り 、 精 度 の 高 い 検 診 を 多 が  ん市 の町 死村 亡が 率実 を施 減す 少 さ せ る た め の る が ん 検 診 は 、 【 が ん 検 診 の 状 況 】 む こ と が 必 要 で す 。 な く 、 県 民 の 皆 様 と と も に 取 り 組 い ず れ も 行 政 や 関 係 機 関 だ け で は 運 動 」な ど の 取 組 を 進 め て い ま す 。 「 8 0 2 0 ( ハ チ マ ル ニ イ マ ル ) の 健 康 を 維 持 し 食 生 活 を 支 え る の 対 策 、 そ し て 、 生 涯 を 通 じ て 歯 こ う N I I G A T A 大 作 戦 」 な ど 運 動 習 慣 の 普 及 定 着 を 目 指 す 「 歩 が た 減 塩 ル ネ サ ン ス 」 県 民 運 動 、 菜 を 多 く 摂 る こ と を 薦 め る 「 に い 関 す る 情 報 提 供 、 塩 分 を 減 ら し 野 言 施 設 」 の 登 録 推 進 や 禁 煙 支 援 に し  て県 いで たは だ、 く日 た頃 めの 「生 禁活 煙習 ・慣 分を 煙見 宣直 て い な い の が 現 状 で す 。 こ の こ と を 県 民 の 皆 様 に 伝 え き れ 新 潟 県 福 祉 保 健 部 健 康  小 対 策  課 山 長      歌        子     が ん を 取 り 巻 く 課 題 と 方 向 性 れ診合職りなし法せの値策くん ま者的域、どて的ん他(推な検 す数に検市で人な。の肺進っ診 。は見診町も間位一がが計ての 増ま等村がド置方んん画い受 加 し て い る も の と 思 わ す と 、 全 体 と し て 、 受 の 受 診 者 数 の 状 況 を 総 検 診 の 受 診 率 の 状 況 、 ん 検 診 が 実 施 さ れ て お ッ ク や 企 業 の 福 利 厚 生 付 け が な い 任 意 検 診 と でに 市、 町 村 検 診 以 外 に 、 50% 70% )、 に胃 はが 届ん い て 6%0 い、 まそ 掲 げ る 受 診 率 の 目 標 ま す が 、 新 潟 県 が ん 対 診 率 は 概 ね 全 国 よ り 高 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年6月 2

[close]

p. 3

い り た い と 考 え て い ま す 。 ま た 、 受 診 で き る 環 境 の 整 備 を 進 め て ま し 、 い つ で も 、 ど こ で も 、 気 軽 に も 受 診 で き る よ う に 機 会 を 拡 充 な が ら 、 休 日 や 居 住 市 町 村 以 外 で ま す 。 職 域 と の 協 働 も 視 野 に 入 れ な い 方 が 多 く い ら っ し ゃ る と 思 い 受  診働 がき 難盛 しり いの 方方 、な 検ど 診に 日は 程、 が平 合日 わに い ま す 。 企 業 の 福 利 厚 生 な ど で 実 施 さ れ て 市  町前 村述 だし けた でと なお く 、 人 間 ド ッ ク や り 、 が ん 検 診 は 、 境 の 整 備 】 【 気 軽 に が ん 検 診 を 受 け ら れ る 環 す 。 集 中 し た 受 診 勧 奨 に 努 め て い ま と し て 、関 係 機 関 と 連 携 し な が ら 、 が ん 検 診 を 。」 を 共 通 の フ レ ー ズ け る よ う 、「 い つ も の 暮 ら し に 、 部 と し て が ん 検 診 を 捉 え て い た だ 別 な も の で は な く 、 日 常 生 活 の 一 す 。 県 民 の 皆 様 に 、 が ん 検 診 は 特 診 を 受 け て い た だ き た い と 思 い ま 療 で が ん を 克 服 す る た め に が ん 検 て い る 方 こ そ 、 早 期 発 見 ・ 早 期 治 げ ら れ て い ま す が 、 健 康 だ と 思 っ こ と が 怖 い な ど 、 様 々 な 理 由 が 挙 自 分 や 家 族 が が ん の 告 知 を 受 け る い て も 、 時 間 が 無 い 、 関 心 が 無 い 、 て  、が がん ん検 検 診 と い う 言 葉 診 を 受 け な い は理 知由 っと てし 【 が ん 検 診 は 日 常 生 活 の 一 部 】 ゆ と り の あ る 生 活 を 確 保 で き な い 野 に お い て も 、 時 間 的 、 精 神 的 な な が り が 注 目 さ れ ま し た 。 健 康 分 備 え 、 助 け 合 い と い っ た 地 域 の つ き 、 さ ま ざ ま な 形 で 災 害 に 対 す る ま で 経 験 し た こ と の な い 災 禍 が 起 津  波昨 に年 原の 子東 力日 災本 害大 が震 加災 わで るは 、 こ れ 地、 震 、 【 健 康 長 寿 の 新 潟 県 健 康 づ く り 】 と 考 え て い ま す 。 対 策 を 総 合 的 ・ 計 画 的 に 進 て  、県 新と 潟し 県 の 地 域 特 性 を て も 関 係 機 関 踏と り ま し た 。 ら せ る 社 会 の 構 築 」 が 新 た 指 し 「 が ん に な っ て も 安 心 家 族 を 社 会 全 体 で 支 え る こ 苦 痛 を 和 ら げ る た め 、 患 者 と そ の 家 族 の 精 神 心 理 的 、 さ れ 、 ま た 、 全 体 目 標 と し 小 児 へ の が ん 対 策 の 充 実 」 受 診 率 の 向 上 な ど の 「 働 く と 早 期 発 見 、 働 く 世 代 の が 宮 が ん と い っ た 女 性 の が ん で は 、 重 点 課 題 と し て 乳 が 国 の 次 期 が ん 対 策 推 進 基 【 国 の 方 向 性 と 県 の 対 応 】 めま連 にしとと社てが世んのん本 たえ携 加てをそ会患追代検予・計 いたし わ暮目の的者加や診防子画 ま討小結要 すをさ果精 。重く通検 ねな知の てるに通 まよ至知 いうるか り、まら た関で精 い係の検 と機間受 考関の診 えと不そ ての安し い検がて に い な し 関 村  い な も 方 、合おたなな今とが含や 一い一がどどま考らめ、 丸な層、がのでえ健て健 と な っ て 対 策 を が ら 県 民 の 皆 連 携 し 、 不 足 す こ れ か ら は 、 関 一 生 懸 命 取 り 組 行 政 、 医 療 機 関 の が ん 対 策 は 、 て い ま す 。 康 を 守 る 環 境 を 、 社 会 全 体 で 相 康 づ く り に 関 心 進様る係ん、県 整互の めと分機で検、 備にな てとは関き診市 し支い いも補がま機町 たえ方 を 関  思 新 で 策 の  く よの今っ潟心課健多必 ろ皆後て県豊と康く要 し様といづかしをのが くのもまくにて支課あ お御、すり生、え題る 願理財。に活県るはと い解団 努で民役あ思 いとの めきの割りい た一皆 てる皆をまま し層様 い健様担すす まの、 き康がうが。 す御関 た長健健、 。協係 い寿や康県 力機 とのか対民 3 Report of Niigata Health Foundation Vol.4

[close]

p. 4

こ ま い に 如 は   る い 慢 る と す き 医  増 万 部 年 慢  は に れ う 見 何 、 20% 全 。 て 性 。 ら る た 療 こ え 人 を 末 性 わ じ もたこてに今が世 も腎しえも制ののただ卒で腎がめ 無環と恵経ま日界 く 、 透 析 医 療 を 境 が 今 後 も 続 く を 物 語 っ て い る ま れ た 環 境 に あ 済 的 あ る い は 社 で の 本 邦 の 腎 不 本 人 で あ る と の 透 析 患 者 の 取保。っ会全い、 深 刻 に 受 け と め る 臓 病 ( C K D ) の か し 、 そ の 基 礎 疾 る 必 要 は な い と の で あ り 、 決 し て 度 や 社 会 基 盤 の 充 普 及 と 発 展 、 そ れ 透こ 析と 患に 者な のる 増。 加  は っ た の で 、 そ の 業不 し 3万0 全 た人患 1を者 9超の 8え数 3たは 年。、 国 の 透 析 治 療 を 必 に 必 増 患 考 否 実 を 、 6倍 に 私 2 要 り証こた基医うな 要加とえ定を支腎 以はが0と 巻はのか盤療事ん がになて的反え不 上約医1す くど恵と的が実と あつるいに映て全 に 学0る 5 0 患 を 人 R の K  あ 病 希 も で 腎  る 慢 0者もが)指D2るなな、な不透理性 0数と が標が0こど疾そく全析由腎 年 を に 4・ で 全 0 と と 患 の 世 患 療 臓 か 推 E 60 あ 人 2 が 同 で 原 界 者 法 病 ら計 す 10年 る 後と の、 2そ 0の 1数 0は 年2 S R 6% 存 m/ l る 糸 口 の 年 米 D ( 末 期 腎 不 全 ) 在 す m/in 球 体 10・ 国 腎 る こ 1・ 濾 過 9% 臓 学 と 7㎡3 率 、 会 、以(腎は こ下G機、 れのF能C 分 か っ て き た 。 様 の あ り ふ れ た 病 気 で は な く 、 高 血 圧 や 糖 尿 疾 患 と な る C K D は 、 的 な 傾 向 で あ る 。 し か 数 の 増 加 は 、 日 本 だ け や 腎 移 植 が 必 要 な 末 期 ( C K D ) が 注 目 さ れ 状 と  し 療 環 と定本つ資境 対義稿つ源は 策、であ面、 に新はるに社 つ潟、とお会 い県Cいい保 てのKうて障 述慢D見も面 べ性の方、で た腎概もすも い臓念あで人 。病のるに的 の意。悪な 現義 化医 と 病 し の 数 り と フ 事 疾  D の やみうを対る算療こに い態て、の明がァ故患一対複 で認改策こでにとは うと、特膨ら、クやで方策数 な識善をと 関を 認し国に大か多タ死あ、をの く が す 繰 も 2兆 わ 発 3万7 識て民心さにくー亡るC取国 国一るり明円る表人 が位の血とさのとあばKり際 (際気こ広らか直しか 拡置健管とれ大しるかD始組 腎にとげから接たら がづ康障もた規ていりはめ織 っけを害に。模もはで末たが たる脅の、C疫重入な期。本 。べか危腎K学要院く腎 格 きす険臓D研での、不 的 で重因病は究あリ心全 な) あ要子以そにるス血の Cな るなと外のよこク管原 Kど 臓 学 会 ( I S N ) 拡 が っ た 。 米 国 の が 必 要 で あ る と い て こ の よ う な 状 況 と医 な 3兆 療 り円費 、にも 全膨日 国れ本 的上円 なが換 。 ま 6万6 た人 、に 腎増 不加 全す 医る 新 潟 大 学 医 歯 学 総 合 研 内究 部科 環 境 医 学 生 体 機 能 教調 授節  成 医 学  専 田 攻      一        衛         腎 臓 病 の 現 状 と 展 望 KDIGO Kidney Disease Improving Global Outcome   かは   の が と で た る タ  新 表 8% け 、 1% 5% 実 相 高 、 の 。 C を 私 潟 にて1とで際違いス調表K基共県 2は 増 の 9 急 あ 、 に が テ 査 Dにはに 同 加 9 速 っ 米 よ 、 ー ( 1に ス 、 新 お 調 し 10年 7 に た 国 る お ジ そテ県潟け NHANES 査た間年増がでもそ に 。 で か 加 、 も の ら 3以 のー内県る 結ジのに現 お い ら 9・ 2 し約 た 5年 と 考 く 高 上 の ) 果 を の 頻 一 般 お け 状 て 、 1 9 1% か ら 0 0 7 年 。 新 潟 県 前 1年5 え で前ら ははれ る 齢 者 の 割 C K D 頻 と 比 較 す 示 す 。 米 度 を 推 定 人 口 に お る 検 診 デ 9 1・1 に で 8・ 4・ 。 合 度 る 国 し け ー 朝 日 新 聞 ほ か 。) と 3/行 発 7㎡3 7 い 表 し た ( 2 0 0 5 以 下 は 4 8 0 万 万 m/in 人 、 1・ G F 73㎡ R以 下 50 の 、 日 本 国 内 に は G て  推2 算0 式0 に5 よ年 る度 Gに F約 R て き た 。 の 把 握 と C K D 対 策 の し て 、 日 本 に お け る C 学 会 、 日 本 糖 尿 病 学 会 れ 、 日 本 透 析 医 学 会 、 慢 性 腎 臓 病 対 策 小 委 員 ( 当 時 、下 で  も以 平上 成の 条よ 文 16年 う 武な 理 11月 経 事、緯 長日の 年 人 存 m/ l 人 が F R 測 5万2 定人 提Kな日会)本中 言Dど本がに腎で 6月 2日4 在 す る m/in 1・ 2 , 1 60 ml 調 査 を に 対 し を患と高設お臓、 行者協血置い学日 っ数力圧さて会本 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年6月 4

[close]

p. 5

かによ   C か つ び 1に C K りいリ示KD つてスすD対 けはク。に策 医腎因C対 や臓子Kす 検専のDる 診 関 係 者 を 含 む 門 医 で は な く 、 軽 減 、 早 期 発 見 リ ス ク の 認 識 お 集 学 的 対 策 を 図 の発慣血さあ合07 調症病症れるの7年 査のが、て。リ年C か危、肥い多ススK ら険そ満るくクテD も因れ、がの因ーで 確子ぞ糖、危子ジは 認とれ尿特険を な さ な 独 病 に 因 解 3以 か れる立な高子析上っ たこしど血のしにた 。とたの圧関たな人 がC生、与もっが 、K活高がのた2 こD習脂示で場0 ず ら 的 ス  検 に す に 慎 て 葉 割 社 る 社 、は治テCな腎こ、重しでを会。会 そあ療ーKど臓と疾にま、担にそ全 れ ぞ れ の ス テ ー ジ 毎 に 共 通 るがジ 程必( 度要腎 、に機 原な能 疾 患 に (る 図 ) に 応 か か 1。) じ た わそ集 られ学 D 患 者 に 対 す る 治 療 は 、 各 を) 行 う こ と も 重 要 で あ る 。 専 門 医 に お け る 精 査 ( 腎 生 が 無 い よ う に 、 適 切 な 時 期 患 特 異 的 な 治 療 の 機 会 を 逃 な ら な け れ ば い け な い 。 特 う こ と の 功 罪 に つ い て は 、 多 様 な 腎 疾 患 を 一 括 り に し う 。 一 方 、 C K D と い う 言 対 す る 啓 発 活 動 を 進 め る 役 の 中 で 、 腎 臓 専 門 医 は 地 域 体 で の 取 り 組 み が 重 要 と な 省 腎 と 影  携 分 器 医 に あ 生 し 医 ジ の 科臓う響Cが野連の対る活てと も 学 研 究 戦 略 研 究 の 対 象 疾 患 に 病 ) の 一 つ と し て 、 厚 生 労 働 つのK 、あD がるは ん 、 6疾 、 国 エ患民 イ ズ 、 感 覚 器 、 ( 糖 尿 病 、 自 殺 の 健 康 に 大 き な 必 要 で あ り 、 有 効 で あ る 。 と の 診 療 お よ び 研 究 面 で も 連 関 も 視 野 に 入 れ た 多 臓 器 、 多 み で は 困 難 な 病 態 も 多 く 、 臓 す。習 るま慣 予た指 防C導 ・が 対 VD 進 策(行 は 、 腎 臓 専 門 心 血 管 疾 患 ) 抑 制 に 重 要 で 栄、 養 士 や 保 健 師 に よ る 食 事 、 腎 3以 の 臓前が 専に多 門おい 医い。 とて特 のはに 連、C 携かK をかD 中りス 心つテ とけー 与 が 普 て が ガ な の D 的 さ 年  お すさ及い、イど程のにれ こわ る ら は る 適 ド 、 度 分 は 、 6月 の り こな今。切を前)類大ま、原に と を 期 待 し て い る C K D 対 策 の 後 の 課 題 で あ る こ の 新 た な 診 療 に 反 映 さ れ て い 臨 床 的 に 評 価 回 ( 2 0 0 9 年 と 原 疾 患 の 記 載 に 蛋 白 尿 ( ア ル き な 変 更 は 無 い も な く 公 表 さ れ C K D 診 療 ガ イ 稿 を 書 い て い る る進がガるし)がブがるド2 。展、イとたの加ミ、。が0 にそド考結診わンC基改1 寄れのえ果療る尿K本訂2 こびはタの予促腎国指 と、じー検防進臓 定 が 有 め ト 討 の す 専 1ヶ5 さ 期効とし”為る門所れ 待 さ れ る 。 な C K D 対 策 が し た 取 り 組 み て い る 。 こ の 戦 と い う 前 向 き の 診 療 シ ス テ ム 慢 性 腎 臓 病 患 者 医でて と、い 腎平る 臓成。 専 門 2年0 新 潟 医度県 実が略研のののかを 現実研究有重協ら含 す を 究 が 用 症 力 、“ む る結をス性化を非全 5 Report of Niigata Health Foundation Vol.4

[close]

p. 6

潟  ま 機 健 7 設  し 療 体 設 す と 倫 展 師  上 頂 る 門 康  第私す関康0に新て現で立るに理に会私げきと職づこ 二自。にづ0働潟き場すしこよ及努は達ままい種くの 病身 もく名く県まに。たとりびめ、、すしうかり度 院、 が勤 胃務 集先 団で 検し 多 く の 技 師 が り 財 団 が 広 く ほ ど が い ま す 診 療 放 射 線 内 に は 臨 床 病 し た 。 お い て 、 そ の 創 立 以 来 、 多 診 療 放 射 線 技 を 目 的 と し て 、 県 民 医 療 の 技 術 水 準 の 向 る と と も に 、 診 療 放 射 線 技 社 団 法 人 新 潟 。 た こ と に 心 よ こ と か ら 、 寄 ら の 寄 稿 を シ 財 団 会 報 に お 、 公 益 財 団 法 診た 従関。技院 身種師昭発上会術県 り稿リい人 車済 事わそ師、 分多の和展を員の放 感のーて新 を生 しるのは検 を様職 に図の向射 謝機ズ、潟 保 会 て 検 中 、 診 確 の 能 18年 寄 る 職 上 線 申 会 化 各 県 有新 い診で約施 立医団に与こ業発技 しをす専健 又 1 は ガ な げ 圧 濃 の し て な 技 と し こ 達 し 接 部  致 ま し は0、イすて迫度大た来ど師し、とはた検撮昭しでて D0随ド』ま撮、き胃たがたて現に、。診影和まのい (R デ ジ タ ル 透 視 撮 影 装 置 。 ㎜意ラかい ×にイらり 1ン 0 7枚 に 平 成 ま し 0 ㎜ 間 以 上 、 よ る 基 1年6 の た 『。 接( ロ ー ル ) フ ィ ル ム も 本 撮 影 体 位 胃 が ん 検 診 単 に 数 を こ 影 な ど 目 覚 ま し い 発 展 を 遂 発 泡 剤 の 加 減 、 体 位 交 換 、 さ 、 造 影 剤 ( バ リ ウ ム ) の 部 間 接 撮 影 で も 、 フ ィ ル ム よ う に 思 い ま す 。 私 が 経 験 、 撮 影 技 術 の 向 上 に 繋 が っ ち の 技 術 ア ッ プ を 図 る 気 運 の 競 争 も 影 響 し 、 勤 務 す る 在 は 検 診 団 体 も 増 え 、 企 業 終 始 し た も の で し た 。 し か と に か く 数 を こ な す と い う 胃 部 間 接 撮 影 に 取 り 組 む 私 車 の 普 及 率 は 低 か っ た 頃 で がし 主 42年 た 流頃。 では あ、 り検 、診 まと だい 胃う 部と 間胸 間た 、、 胃昭 部和 住 民 4年2 検か 診ら の平 経成 験 を 5年 し す 部 と 研 来 も 乳  を 深 ネ 画 す の る 圧 こ g 末 1 あ る I 、る門し修ま各が検見くッ像。方こ迫の前)8り。・ そ れ が 各 部 門 で の 精 度 管 理 に 必 要 性 が 生 じ て い ま す 。 し か で の 専 門 技 師 認 定 資 格 を 取 得 、 専 門 性 を 高 め る た め 、 検 診 会 な ど に お い て の 研 鑽 を 必 要 し た 。 そ れ に は 各 種 講 習 会 、 々 の 分 野 で 専 門 性 が 問 わ れ て ん 検 診 も 始 ま り 、 放 射 線 技 師 診 業 務 は 胸 ・ 胃 部 の み な ら ず 張 る も の が あ り ま す 。 係 る こ と か ら 、 そ の 普 及 は 目 ト ワ ー ク に よ る 病 診 連 携 に も の デ ジ タ ル 化 に つ い て は 、 特 に C R 、 D R に 代 表 さ れ る 法 で 実 施 し て い る の が 現 状 で と を 目 指 し 、 各 検 診 機 関 独 自 等 を か ら め 、 よ り 効 果 を 上 げ 基 準 に 準 じ な が ら 追 加 撮 影 や 後で0 の1% 基5以 準0上 がの 示 m、 l 濃 さ発度 れ砲、 、錠低 各の粘 施量性 設は( は5粉 、 同 ガ イ ド ラ イ ン か ら 現 在 の 造 影 剤 濃 度 に つ い て も 同 じ で I 又 は F P D ) を 選 び 撮 影 す 検 診 業 務 で の 診 新 潟 会県  放 長射  本 線 技  師 望 会      鐐        一     療 放 射 線 技 師 専 門 職 紹 介 シ リ ー ズ ❶   ま 行 献 力 が  さ に 放 で チ 医 通 的 に ど の 局  を こ ら  を 設 か 多 ン 職 置 ア  繋 すかすをあ我れ応射あー療知につに補長平果ろ撮そ占とら様グ場等ッまが 。なる入り々たえ線りムスさ活い関助か成たに影しめの、なやにのプたっ け診れ、はとて技、医タれ用てすをら し、技てる情様受、お状を、て れ 療 、 読 、 思 く 師 検 療 ッ て す 、 る 行 『 22年 て 放 術 、 も 報 々 診 集 け 態 目 放 い ば な 放 射 今 ま 影 力 こ の わ れ れ る に 課 診 業 の 推 フ の 早 る こ 診 療 説 明 う こ 画き 像 4月 た 射 線 の 向 お 互 の に 交 換 な 事 者 の 団 検 る 技 や 技 指 す 射 線 る の ら な い と 思 っ て い 線 技 師 を 目 指 し て で 以 上 に 医 療 に 貢 を 高 め る 教 育 に も 期 待 に 応 え る 義 務 ま す 。 も の と 判 断 し て 出 し て 、 十 分 に 期 待 務 も 含 め て 現 在 の 進 に つ い て の も の 協 働 ・ 連 携 に よ る 2年 、 こ の 通 知 は 、 と が 望 ま れ る 』 と 放 射 線 技 師 を 積 極 ・ 相 談 を 行 う こ と と 、 放 射 線 検 査 な 診 断 に お け る 読 影 に 厚 生 労 働 省 医 政 と 思 い ま す 。 技 師 と し て の 役 割 上 を 図 っ て い る と い 切 磋 琢 磨 し な が な っ て い ま す 。 な ど も 重 要 な 位 置 例 等 に つ い て 他 施 検 査 を す る と こ ろ 診 で は 多 く の 多 種 師 同 志 の ミ ー テ ィ 術 情 報 の 共 有 か ら 研 鑽 と と も に 、 装 技 師 自 身 の ス キ ル も 確 か で す 。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年6月 6

[close]

p. 7

平成24年度 資金収支予算総括表 平成24年4月1日から平成25年3月31日まで  (単位:千円) 科     目 Ⅰ 事業活動収支の部 1 .事業活動収入   1  基本財産運用収入   2  特定資産運用収入   3  会費収入   4  特定健診・特定保健指導支援手数料収入   5  がん検診管理料事業収入   6  補助金等収入   7  寄付金収入   8  雑収入   9  特定健診等健康情報管理還元代行等手数料収入   事業活動収入合計 2 .事業活動支出   1  特定健診・特定保健指導事務費支出   2  がん検診受託事業委託費支出   3  がん検診等受託事業事務費支出   4  がん登録事業費支出   5  がん予防普及啓発維持会員募集費支出   6  がん予防普及啓発がん征圧県大会開催費支出   7  がん予防普及啓発がん対策推進事務費支出   8  がん予防普及啓発がん研究助成金支出   9  がん予防普及啓発検診従事職員研修会費支出  10 がん予防普及啓発細胞検査士研修会費支出  11 がん予防普及啓発がん診断医師等研修会費支出  12 生活習慣病予防普及啓発事業事務費支出  13 生活習慣病予防研究助成金支出  14 脳卒中調査事業費支出  15 特定健診等健康情報管理還元代行等事務費支出  16 管理費支出   事業活動支出合計   事業活動収支差額 Ⅱ 投資活動収支の部 1 .投資活動収入   1  特定資産取崩収入   投資活動収入合計   2 .投資活動支出   1  基本財産取得支出   2  特定資産取得支出   3  固定資産取得支出   投資活動支出合計   投資活動収支差額 Ⅲ 財務活動収支の部 1 .財務活動収入   1  借入金収入   財務活動収入合計 2 .財務活動支出   1  借入金返済支出   財務活動支出合計   財務活動収支差額 Ⅳ 予備費支出   当期収支差額   前期繰越収支差額   次期繰越収支差額 金 額 700 54 3,040 52,000 71,710 8,250 1,100 1,169 33,701 171,724 52,000 0 73,234 5,597 584 1,713 2,824 380 220 171 472 1,371 150 1,559 23,400 5,934 169,609 2,115 2,000 2,000 600 2,797 0 3,397 △ 1,397 20,000 20,000 20,000 20,000 0 1,818 △ 1,100 1,100 0 平成24年度 損益収支予算 平成24年4月1日から平成25年3月31日まで  (単位:千円) 科   目(大科目) 当初予算額 Ⅰ 一般正味財産増減の部 1  経常増減の部 ⑴ 経 常 収 益  ① 基本財産運用益 700  ② 特定資産運用益 54  ③ 受取会費 3,040  ④ 特定健診・特定保健指導手数料益 52,000  ⑤ がん検診管理料事業収益 71,710  ⑥ 受取補助金等 8,250  ⑦ 受取寄付金 1,100  ⑧ 雑  収  益  ⑨ 特定健診等健康情報    管理還元代行等手数料益   経常収益計 1,169 33,701 171,724 ⑵ 経常費用  ① 特 定健診・特定保健指導支援事業費 53,585  ② がん検診受託事業費 87,042  ③ 生活習慣病予防普及啓発等事業費  ④ 特 定健診等健康情報    管理還元代行等事業費  ⑤ 管  理  費 9,597 25,561 7,322 経常費用計 183,107 当期経常増減額 △11,383 当期一般正味財産増減額 △11,383 ● 表紙写真説明 ● はなしょう ぶ 花菖蒲 はなびらの垂れて静かや花菖蒲  高浜虚子 白・群青・萌黄と花色もきわめて豊 富で、優雅な花を咲かせる日本の代 表的な園芸種です。 撮影場所 南魚沼市六日町 上の原菖蒲園 撮 影 者 新潟市西蒲区巻 高田 進 編 集 後 記 夏本番を迎え今年も節電の夏となりそうです が、猛暑にならないことを祈るばかりです。さ て、本号から検診事業に関わる専門職を紹介するコーナーを設 けましたが、今回の診療放射線技師に続き臨床検査技師、保健 師等の皆さんから寄稿いただく予定です。どうぞ、お楽しみに。 名称募集 本財団の「会報」の名称を募集します。 たくさんのご応募、お待ちしています! 賞品 名称を採用させていただいた方には、5,000円分 の図書カードをプレゼントします。 (採用者多数の場合は抽選で 2 名) 応募 方法 名称とネーミングの理由・由来及び住所・氏名 を記載の上、下記あて郵便、メール、FAX で ご応募ください。 〒951-8124 新潟市中央区医学町通 2 −13  新潟県健康づくり財団普及情報課 FAX:025−224−6165 E-mail:nhf@kenkoudukuri.jp 締切 8 月31日㈮ 7 Report of Niigata Health Foundation Vol.4

[close]

p. 8

平 成 平成24年度新潟県健康づくり財団の主要行事予定 2年4 開催時期 事  業  名 会    場 6月 平成24年   4 月18日 成人病検診機関協議会決算監査  新潟市 新潟県医師会館 3日0   5 月 9 日 発 行     5 月16日   5 月22日 編  6月8日 成人病検診機関協議会常任幹事会①役員会① 健診保健指導支援協議会総務委員会 市町村健康診査等事務新担当者会議 健康づくり財団平成23年度事業決算監査会   〃     〃   〃  新潟県自治会館   〃  新潟県医師会館   〃     〃 集   6 月12日 成人病検診機関協議会平成24年度定例総会   〃     〃 発   6 月14日 がん検診研究会平成23年度事業決算監査   〃     〃 行   公 益   6 月18日   6 月21日   6 月26日 健診保健指導支援協議会総会 健康づくり財団第 7 回定例理事会 健康づくり財団第 5 回定時評議員会   〃  新潟県自治会館   〃  新潟県医師会館   〃     〃 財   6 月26日 健康づくり財団第 8 回臨時理事会   〃     〃 団   6 月29・30日 細胞診研修会   〃     〃 法 人 新 潟   6 月    7 月    8 月  糖尿病検診研究会平成23年度事業決算監査 生活習慣病予防等功労者表彰選考委員会 糖尿病検診研究会理事会   〃     〃   〃     〃   〃     〃 県   8 月  がん検診研究会理事会   〃     〃 健  8月 県・地域肺がん検討委員会合同会議   〃     〃 康 づ く り   9 月 1 〜30日   9 月13・14日   9 月21日 がん征圧月間・健康増進普及月間 がん征圧全国大会 第29回がん征圧新潟県大会          香川県 高松市  新潟市 新潟県民会館 財   9 月  県・地域乳がん検討委員会合同会議   〃  新潟県医師会館 団  10月  健診委員会   〃     〃 ( 県 医 師  10月  11月  11月 成人病検診機関協議会専門部会委員会・合同専門部会 第16回糖尿病検診研究会総会 脱メタボリックシンドローム講演会   〃     〃   〃     〃  未定 会  12月 第24回がん検診研究会総会  新潟市 新潟県医師会館 館  12月 健康診査事業懇談会   〃     〃 内  )  12月 平成25年 郡市医師会事務局長会議   〃     〃 新  1月 平成25年度健康診査事業合同打合せ会  新潟市 新潟県自治会館 潟 市 中 央  1月  1月  1月 肺がん読影医研修会 成人病検診機関協議会常任幹事会②役員会② 乳がん検診セミナー   〃  新潟県医師会館   〃     〃   〃     〃 区  2月 乳がん読影医研修会   〃     〃 医  2月 成人病検診機関協議会精度管理立入調査         学 町 通 二  2月  3月  3月 成人病検診従事職員研修会 県前立腺がん検討委員会 肺がん検診セミナー  新潟市 新潟グランドホテル   〃  新潟県医師会館   〃     〃 番  3月 健康づくり財団第 9 回臨時理事会   〃     〃 町  3月 健康づくり財団第 6 回臨時評議員会   〃     〃 十 三     未定 地域保健統計研修会  未定 番 地   電 お知らせ 話 0 2 5 第29回 がん征圧新潟県大会 ─ 2 9 212 4 ─ 日時 平成24年 月 日金 会場 新潟県民会館大ホール 6 1 6 午後1時〜 (入場無料) (新潟市中央区一番堀通町3−13) 1 内容 ❶ 表彰式 ❹ ミニコンサート ❷ DVD映写  「がんちゃんの冒険」  企画・制作 公益財団法人 日本対がん協会 演奏者 中林 恭子(フルート)、佐々木友子(ヴァイオリン)     宇野 哲之(チェロ)、岡田龍之介(チェンバロ) 曲 目 ①テレマン作曲 トリオソナタホ短調     ②テレマン作曲 パリ四重奏曲イ短調 ❸ 特別講演  テーマ   「早期胃がんに対する最近の内視鏡診療とがん検診」  講師   新潟大学医歯学総合病院光学医療診療部  准教授 小 林 正 明 先生 ❺ その他  県大会当日は、12 時から生活習慣病予防健 康相談・パネル展示等を新潟県民会館ホワイエ において実施いたします。  主催:公益財団法人 新潟県健康づくり財団  (TEL:025 ー 224 ー 6161) 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年6月 8

[close]

Comments

no comments yet