会報3号

 

Embed or link this publication

Description

会報3号

Popular Pages


p. 1

清津峡瀬戸口温泉付近 ・長生きする生活習慣とは―大規模コホート研究の成果から― ・大腸がん検診とがん予防 ・第28回がん征圧新潟県大会開催状況 ・全国巡回がんセミナー 「検診受けて早期発見!」 が開催された ・今こそがん予防・早期発見の再スタート ・がん征圧維持会員ご入会のご案内 ・「地1 域|保R健ep統ort計of研N修iig会ata」Hへeaのlth誘Foいundation Vol.3 (健康づくり財団 七つの柱) ① 普及啓発事業 ② 健康診査事業 ③ 健康情報管理事業 ④ 脳卒中調査事業 ⑤ 調査研修事業 ⑥ 新潟県健診保健指導支援協議会事業 ⑦ 日本対がん協会連携事業

[close]

p. 2

表1 いくつあてはまりますか? ★ 太ってもやせてもいない  (BMI 18.5 以上、25.0 未満) ★ たばこは吸わない・やめた ★ 酒類は飲まない・飲んでも少しだけ  (日本酒換算で概ね1合以下) ★ 1日1時間以上歩く ★ 緑黄色野菜をほぼ毎日食べる ★ 睡眠は6時間半~7時間半以内 げ  じ く は 者 基 シ 県  て生め一ど向にン民こ あ活ご般ちけしド会の り習了向らにてロ館原 ま慣承けか編いーで稿 すにくにと集まム行は 。関だないはす講わ平 皆係さっう加。演れ成 さしいてとえよ会た ん た 。 い 専 て っ 」 「 2年3 は項 る門いてで脱 い 目 こ 家 ま 、 の メ 1月1 くが と向す本講タ つ 表 を け が 会 演 ボ 1日7 当1 あで、誌内リに てに らは内の容ッ新 は挙 かな容読をク潟 表2 死亡リスクは★2個以下の人より どれくらい少ない? 男性 女性 ★ 40-59 歳 60-79 歳 40-59 歳 60-79 歳 3 個 16% 21% 25% 17% 4 個 25% 29% 42% 26% 5 個 30% 44% 47% 41% 6 個 42% 60% 47% 48% (Tamakoshi A, et. al: Prev Med. 2009;48:486-92 より) 個みす亡か C慣すま の る ( リ ら 6万 C 」 る り 男と表ス、 研で、ま 性 、 2 ク こ 2千 究 す い す で は 2 年 、 女 性 で は ★ 0 。) が 低 〜 2 個 の 6歳0 の 人 い こ と が 人た報 にち告 比でさ の人と 生をい 活う 習 1年2 全 慣半国 の追共 数跡同 がし研 多た究 。 私 た ち も 参 加 し て わ ゆ る 「 長 生 き す か ? こ の 6 つ が 今 1べ試れい調にいる回 年て算てほ査おる生ご 、★しいど結いJ活紹 ★3てま死果てA習介 絶 低 特 ト 困 で ス M の ど L 参 る 病  ★ い と が 故 年 6 望下にロ難はクI罹脳S加こ、肥太ととるこ、個 さに身ーなBを増患梗0しと血満っ思思のの長の せ有体ル場M高加率塞次ては清者ていいかよ生男 な い よ う に 注 意 し つ つ 、 生 活 効 で あ り 「、 理 想 」 を 強 調 し て 活 動 の 増 加 は こ れ ら の リ ス ク し よ う と す 「る 努 力 そ の も の 、」 合Iく もをす ある り 25未 主 ま満要 すま因 がでで 、落し 体とた 重す。 をこ肥 コと満 ンは者 に 伴 う 血 圧 上 昇 が こ れ ら の リ が 高 く な っ て お り ( 図 1 )、 B 脳、 出 血 、心 筋 梗 塞 ( 男 性 の み ) 研 究 」 で は 、 B M I が 高 い ほ い る 別 の 全 国 共 同 研 究 「 J A ご 承 知 の 通 り で す 。 私 た ち が 脂 質 異 常 症 の リ ス ク が 高 く な で は 血 圧 高 値 、 高 血 糖 ・ 糖 尿 も や せ て も い な い ま す 。 ま す が 、 簡 単 に 解 説 し て み た 、 本 会 誌 の 読 者 に は 習 知 の こ う な 生 活 習 慣 が 長 生 き に つ な き性 すで るは と 推 1年0 定弱 さ、 れ女 ま性 しで たは 。約 何8 長 生 き す る 生 活 習 慣 と 新 潟 県 ― 大 は 立 大 規 学   人 模 コ 間 生 ホ 活 学 ー 部 健 康 ト 研 栄 養 究 田   邊 学 科 ・ 教 授 の 成 果  か 直   仁 ら ― 図1 BMIと循環器疾患発症率の関係(JALS0次研究より) う 。 で は な い か 、」 と い う 視 点 が 大 切 で し ょ は 「 病 気 が 隠 れ て い な い か 」、「 低 栄 養 ( 図 2 。) 以 前 に 比 べ て や せ て き た 人 で が 高 い こ と も 明 ら か に な っ て い ま す > こた ろち 、が ) に 65~ 新 潟 お い て 要 介 護 と 74歳 で は 肥 満 よ り 県 内 の 2 町 村 で な る リ 、や (せ 調 査 し スた クと や す い も の と 考 え ら れ ま す 。 ま た 、 私 養 不 良 」 が 原 因 で や せ た 人 が 早 死 に し で  すや がせ 、特 に 「 隠 れ て に お い て も 死 い亡 るリ 病ス 気ク 」は や高 「い 栄の 習 慣 改 善 を 働 き か け た い も の で す 。 (Yatsuya H, et. al: Circ Cardiovasc Qual Outcomes. 2010 ;3:498-505 より) BMI 18.5 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年2月| 2

[close]

p. 3

に 要 動 血 リ 酒  ★ に て で る  ★ は因脈清スなJおでいは必喫た 血と硬HクらA酒ある、要煙ば E D ~}v| 圧 上 昇 や 肝 障 害 、 ア ル コ ー ル 依 考 え ら れ て い ま す 。 た だ し 飲 酒 化 性 疾 患 の リ ス ク 低 下 が そ の 一 D L コ レ ス テ ロ ー ル 上 昇 に よ る が 低 い と い う 報 告 が あ り ま す 。 全 死 因 死 亡 や 循 環 器 疾 患 死 亡 の C C 研 究 で は 1 日 2 合 未 満 の 飲 は 飲 ま な い ・ 飲 ん で も 少 し だ け る こ と が 報 告 さ れ て い ま す 人 は 吸 わ な い 人 よ り 約 5 年 早 6歳0 の 人 た ち で 推 定 す る と 吸、 は な い で し ょ う 。 J A C C 研 死っ究 の リ ス ク に つ い て は 今 さ ら 述 べ こ C を B 吸 わ A w #x な E い D } ・ C や め B w #x た A iV 46 -" 図2 要介護になる危険性は普通体重の何倍? 新潟県 T 町とS 村の 1580 人、約6年の追跡結果から:未発表データ (最近の入院者や、心臓病・脳卒中・肝臓病・腎臓病の既往者を除外) 疾 異 防 野 は 焦  ★ を る は さ 止 脂 で た で  ★ し し 飲 に 有 せ い ク 存 患常に菜毎点J緑増「危れや質しち行私1ょてみなすん人上、 、症有は食をA黄や歩険ま転異たよった日うし過るる。に昇口 大 腸 が ん 、 胃 が ん 、 肺 が ん ( 緑 、 便 秘 の 予 防 ・ 改 善 、 虚 血 性 心 効 で し ょ う 。 ま た 高 血 圧 や 脂 質 低 カ ロ リ ー の も の が 多 く 肥 満 予 を 基 本 に 考 え た い と 思 い ま す 。 絞 っ て い ま し た が 、 野 菜 全 体 で C C 研 究 で は 「 緑 黄 色 野 菜 」 に 色 野 菜 を ほ ぼ 毎 日 食 べ る し た い も の で す 。 行 」 な ど の 強 さ で は な く 「 量 」 で す の で 、 ま ず は 普 段 行 っ て い す 。 た だ し 運 動 を 急 に 始 め る の 倒 予 防 な ど 、 多 く の 効 果 が 期 待 常 症 の 予 防 ・ 改 善 、 体 力 低 下 防 運。 動 に は 血 圧 や 血 糖 値 の 低 下 、 り 死 亡 リ ス ク が 約 4%0 低 い 結 果 た 調 査 で も 、 歩 行 時 間 が 短 い 人 ち が 新 潟 県 内 の あ る 村 ( 当 時 ) 1 時 間 以 上 歩 く ( 自 戒 を こ め て 。) ま わ な い よ う な 注 意 も 必 要 で ぎ の 人 が 「 お 酒 を 飲 む 理 由 」 に こ と は 言 う ま で も あ り ま せ ん 。 場 合 に は よ り 厳 し い 制 限 が 必 要 ま た 飲 酒 に 関 連 す る 健 康 障 害 を も 勧 め る と い う こ と で は あ り ま な ど の 弊 害 も あ り 、 普 段 飲 ま な 腔 ~ 食 道 が ん や 大 腸 が ん の リ ス 必 と 症 て  要ものきこ が「原まこ あ生因しま る活とたで でのしがは し質て、「 ょ」脳日長 うの卒本生 。観中でき 脳点がは」 卒か非要に 中ら常介焦 の考に護点 予慮多やを 防すい認あ にるこ知て 必 は て 眠 切 高 昼 ク 研 の 睡 ま こ 間  ★ い 慣 入 け ま 黄 要、いれとい寝が究で眠すのがデ睡でのれてす色 も あ る と 思 い ま す 。 隠 れ た 健 康 障 害 が な い か 注 意 す る る の に 疲 れ や 眠 気 が 取 れ な い 人 で ず に 昼 に 眠 く な る 人 や 、 夜 十 分 寝 い う こ と で し ょ う 。 ま た 、 夜 よ く 睡 眠 が と れ る よ う な 健 康 管 理 が 大 す る 必 要 が な い く ら い 十 分 で 質 の 高 い 」と い う 結 果 を 報 告 し ま し た 。 か ら 、「 昼 寝 を す る 人 は 死 亡 リ ス は な い で し ょ う か 。 私 も J A C C 時 間 を 十 分 に と れ な い 人 が 問 題 な 長。 く 寝 て も 疲 れ が 取 れ な い 人 や 、 時 間 に こ だ わ る 必 要 は な い と 思 い 一 番 長 生 き な の で す が 、 必 ず し も ー タ の 上 で は こ れ く ら い の 睡 眠 時 眠 は 6 時 間 半 ~ 7 時 間 半 以 内 し ょ う か 。 一 つ と し て 強 調 し て 良 い の で は な る 」 こ と が で き る 数 少 な い 生 活 習 「 制 限 」 で は な く 「 積 極 的 に 取 り 。 野 菜 の 摂 取 は 、 健 康 の 維 持 に む 野 菜 ) な ど の 予 防 効 果 も 期 待 で き ば が な に て ぎ ご て 生 活 来 特 題  ス り い 高 す は 幸 い で す 。 、 あ ら た め て 考 え る き っ か け に な れ か な か 解 決 で き な い 難 し い 課 題 で す す る に は ど の よ う な 対 策 が 必 要 か 、 も 皆 で 良 好 な 生 活 習 慣 を 保 て る よ う ま せ ん が 、 健 診 異 常 が あ っ て も な く 紹 介 し た 生 活 習 慣 は 参 考 の 一 つ に す い る き ら い は な い で し ょ う か ? 今 回 活 習 慣 病 一 次 予 防 」 の 比 重 が 下 が っ 習、定 慣健健 改康診 善日・ へ本特 の定 集 2で1 保 団強健 ア調指 プさ導 ロれが ーて始 チいま にたっ よ「て る生以 が あ る わ け で は あ り ま せ ん し。 か し 、 さ て 、 本 稿 に は 取 り 立 て て 新 し い 話 の」 重 要 性 も 強 調 し た い と 思 い ま す 。 組 ん で い る 「 に い が た 減 塩 ル ネ サ ン ま す が 、 こ れ ら に 加 え て 新 潟 県 が 取 血 圧 対 策 に 寄 与 す る も の が 含 ま れ て 。 こ こ ま で 述 べ て き た 生 活 習 慣 に も 血 圧 を 上 げ な い こ と が 最 も 重 要 で 3 | Report of Niigata Health Foundation Vol.3

[close]

p. 4

+ 「 」 早 大  大  期腸大腸 発が腸が 見んがん ・死ん検 早亡検診 期率診制 治をの度 療低目 に下的 よさは りせ⑴ 個る集 人こ団 負との 担、中 も⑵で ば に ト 潟 は 度 県 続 胃 第 す 人 り 療 け 化  増 い死6県人のはけが3。の、さ、や食え け亡位は口大大るん位男人平れこ高生て な い が ん の 一 つ で す 。 率 減 少 の た め に 取 り 組 ま な け れ と 腸腸と 、 11・ 10万 が が 考 新1人んんえ 潟と対 死ら 県 都 全 75歳 亡 れ の道国未率て が府平満がい ん県均年高ま 対別が齢くす 策で 調、。 と は 10・ 整 平 特 しワ1死成に てー、亡 新 特 ス 新 率 2年1 潟 の 順 と な っ て お り 、 今 後 も 増 え 女、 性 で は 第 1 位 で 次 に 肺 が ん 、 性 で は 肺 が ん 、 胃 が ん に 次 い で が成、の齢 大 腸 が ん で 亡 く な っ て 21年 度 は 年 間 約 4 2 0、 亡 く な っ た 人 は 2 倍 以 上 20年 間 で 大 腸 が ん と 診 断 化 な ど で 大 腸 が ん は 増 い0と・え ま0な治続 活 を 中 心 と し た 生 活 環 境 の 欧 米 い ま す 。 大 腸 が ん ! 検 策 腸 す の す 自 診 み 疫 ス よ 診  う 的 こ さ が 者 便 か 併 診型がる適。主全入法がる群過必ととれんをなしせ で検ん研切平的てれを得死は去要限で、か対ス限て の診検究な成施をら用ら亡非のが界す少ら象ク界医 ス ク リ ー ニ ン グ 法 と し て の 推 の 集 団 検 診 ・ 個 別 検 診 や 職 域 診 ガ イ ド ラ イ ン に よ れ ば 、 対 班 の 有 効 性 評 価 に 基 づ く 大 方 法 と そ の 評 価 法 の 1年6 度 厚 生 労 働 省 行 と な り 現 在 に 至 確がっ 立んて に検い 関診ま 一れい 般、た 財平検 源成診 化が し 1年0 老 、度人 地か保 方ら健 自は事 治が業 体んに の検組 れ 、 平 成 4 年 度 か ら 便 潜 血 免 リ ス ク を 下 げ る と の エ ビ デ ン 検 診 受 診 群 に 比 べ て 大 腸 癌 に 症 例 対 象 研 究 に お い て 検 診 受 あ り ま す 。 を 十 分 説 明 し 、 納 得 し て も ら 。 よ っ て 検 診 受 診 者 に そ の 目 な か ら ず 偽 陰 性 者 が 存 在 す る の 出 血 が な け れ ば 陰 性 と 判 定 と し て お こ な う 検 査 で あ り 、 リ ー ニ ン グ 法 を 用 い て 無 症 状 は あ り 、 便 潜 血 反 応 と い う 簡 療 費 を 節 減 す る こ と で す 。 し 療診で は  管 新 機 方 、 40歳 大 新 理 潟 関式年以腸潟 県 をで 上が県 受 す 1回 の ん ( ・ 新 診が行職検新 潟 す、い場診潟 市 る新ま等の市 施潟すで受を 設 検 診 方 式 で す 。 市 の 場 合 、 契 約 医 。 新 潟 県 は 集 団 検 受 診 機 会 の な い 方 診 対 象 者 は と も に 除 く ) と 新 潟 市 で の 大 腸 が ん 検 診 と 精 度 まもさら全症はど高お法る疫奨 す陽れで性な検まいよ・人法A 。性、すのど診っこび免間のは と1。確無とてと注疫ドみ、 な日日保視しいは腸法ッで便 れ法本、でてま明検のクす潜 ばとで不き行すら査みで。血 精2は利なう。かなでも一化 密日便益いにこでど、推方学 検法潜の不はれすは全奨、法 査が血説利検らがが大A任お があ免明益査の、ん腸は意よ 必り疫ががにオ推の内便型び 要、法必あ伴プ奨診視潜検便 と1が要りうシC断鏡血診潜 な回推だ、合ョに率検化で血 りで奨か安併ンとが査学あ免 大 腸 が ん 検 診 と が ん 予 防 新 潟 県 立 が ん セ ン タ ー 新 船   潟 病 院 越    和 内 科 部  長 博 表1 平成21年度新潟県地域別大腸がん検診成績 影 響 を 与 え て い ま す ( 表 1 。)   ( 保 健 所 区 分 別 ) 大 腸 が ん 検 診 成 績 に り 、 こ れ が 少 な か ら ず 新 潟 県 の 地 域 別 大 腸 が ん 検 診 制 度 に は 多 少 の 相 違 が あ 関 で す 。 こ の よ う に 新 潟 県 と 新 潟 市 の 新 潟 市 の 場 合 、 検 診 を 受 診 し た 医 療 機 保 健 師 が 行 う こ と に な っ て い ま す が 、 の 受 診 勧 奨 は 新 潟 県 の 場 合 は 市 町 村 や で 行 う 事 と な っ て い ま す 。 2 次 検 診 へ く 、 新 潟 市 の 場 合 は 全 大 腸 内 視 鏡 検 査 は S 状 結 腸 内 視 鏡 注 腸 検 査 で も よ が 望 ま し い が 、 そ の 実 施 が 難 し い 場 合 2 次 精 検 方 法 も 新 潟 県 は 全 大 腸 内 視 鏡 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年2月| 4

[close]

p. 5

は が で せ も さ く れ  大 がんはんかれのば職腸 ん2な。か、人問場が 対次く平わまが題等ん 策検、成らた検あの検 基診全 ず4診り検診 本 が 大 18年 、 人 を ま 診 の 法推腸に精に受せや推 に奨内厚密1診んド進 基さ視労検人しがッと づれ鏡省査はて、ク問 く、検よを便い を題 が 平 査 り 受 潜 な 40歳 受 点 ん成で注け血い以診 対 の腸て陽と上し 策 1年9 大 検 い 性 推 の て 推に腸査まに測多い るな摘診施こ医ん市全が率6率全 検  の で な い か と 考 え て い ま す 。 く 、 受 診 勧 奨 制 度 の 相 違 も あ げ ら れ さ れ て い ま し た が 、 住 民 意 識 だ け で 率 が 都 市 部 で 低 い こ と は 以 前 よ り 指 設 へ は 指 導 を 実 施 し ま し た 。 精 検 受 と が 判 明 し 、 異 常 に 要 精 検 率 が 高 い 療 機 関 ご と に 大 き な ば ら つ き が あ る 検 診 検 討 委 員 会 で 調 査 し た と こ ろ 、 だ体、は けで新新 高 潟潟 い 7・5 市 市 こ5の以 と%み外 にでがで 関す は し 。 6・2 す て要9べ ・ 8 % 、 新 潟 市 が 8 ・ 2 新精%て% 潟検で 、 市 率 、 8%0 精 大が新台検 腸新潟で受 が潟県す診 と 言 え ま す 。 要 精 検 率 は 新 潟 県 が 国 平 均 16・ 5 % と 比 べ る と 高 い 受 診 24・2 % と 決 し て 高 く は あ り ま せ ん が 、 診 の 受 診 率 は 22・ 9 % 、 新 潟 市 は 平 成 21年 度 の 新 潟 県 全 体 の 大 腸 が ん − − 0 の  ・大平 腸成 60% が 、 ん 2年1 女発度 性見の 0率新 ・は潟 0市 2%8 ・ の と検 男 40% 診 性で受 の、診 が男者 ん性中 の 予 後 が よ い こ と は 明 ら か で す 。 早 Ⅲ Ⅰ 積 1  期 59 が ん が 多 く 占 め る ス テ ー ジ 0 と Ⅰ b 5・6 96・0 % 0 % Ⅱ、 、 Ⅳ 812・ % 13・ 2 Ⅲ、 %a 年 生 存 率 は 、ス テ ー ジ 0 で あ 74・1 93・4 り%% 、、、 9 1 1 9 9 4 年 症 例 の 大 腸 癌 累 大 腸 癌 研 究 会 ・ 大 腸 癌 全 国 登 録 早 期 発 見 ・ 早 期 治 療 が 大 切 で す に全診なほ診ともが運在鏡受でら診進 も体でどど受い大高用にで診、れ率基 なののの大診っ腸く上改精率こまを本 っ検精点腸者た内なの善検でのし 計 て 診 検 が が の 思 視 ら 問 の 可 あ 目 た 5%0 画 い精結あん精い鏡な題兆能り標。以で ま度果げに検も検いだしな、値し上、 す管等ら関受強査原けは医まにかに5 。理のれす診くは因で見師たはしす年 が把まる率、怖とならの新遠4る以 困握す知が高いしくれ不潟く年目内 難が。識低齢、て、ま足県及経標の と難まがい者恥住精せや内ば過計が なした高、のず民検ん地でなし画ん るく職く胃逐か側受。域はいたが検 一、域なが年しか診ま的内検時立診 因県検いん検いら率た偏視診点て受 域 げ が か 徴 す  つ く さ ん で 抗 内 て 方 療 さ す 内  く 発 早 人 発で発 医 て ん ら で 。 大 な な れ と す が 視 か 、 、 れ 。 が 早 あ 見 期 の 6・4 見 し 見 療 機 い ま 検 診 働 き 、 国 特 に 腸 が が り り 、 、 内 診 断 。 症 ん 剤 鏡 治 ら 発 血 便 残 り た 大 新 潟 ん の 期 が る は さ れ が7 ん 1人3 % 率 は た 。 率 が 関 か ら は こ れ 以 上 の す 。 し か し 2 次 検 診 無 料 ク ー ポ ン 券 配 布 盛 り の 世 代 を 対 象 と は そ の 対 策 と し て 平 男んま 性はす で。 の 50 増 加 6歳0 がか 著ら し増 最 終 的 に 医 療 コ ス ト 視 鏡 で 治 療 が 可 能 な さ れ た ほ う が よ り 早 状 が で る 前 に 検 診 を 治療見 療、さ やれ 治 7%0 た 療が大 困手腸 難術が と療ん い法の やの腸 腹 痛 と い っ 約 50% が 手 が ん の 約 が ん セ ン タ ー た 症 状 術 療 法 50% が で は 検 多 く は 内 視 鏡 治 療 ん の う ち 、 さ ら に 初 ず で す 。 ず 治 療 さ れ て い な い とにで 診1し 断人た さが。 れがつ てんま い、り ま便 す 1人9 潜 7・ 3 % で 、 早 期 が 精 検 受 診 者 に 占 め る 高 い と い う 例 年 ど お 内を制し成いえ の症期契っ、約がで内診が期 ががに血ん大り 視担度た のて 削例に機た 出す視で可の ん、1陽割腸の 鏡 う を 大 23年 も き 減 が 発 に 割 1%0 20% 現 。 鏡 発 能 粘 はま人性合が結 検地掲腸度特ま に多見が合ががし一治見で膜 多だがのはん果 粋 で す 新 潟 県 ( 平 成 を 守 る 期 発 見 力 で 検 医 療 機 は  有が 効ん 最 後 に ) 大 会 で の 23年 9 月 こ と が 大 ・ 早 期 治 診 を さ ら 関 な ど 、 で す 。 行 か ら 県 民 特 別 15日 切 で 療 で に 普 新 潟 政 機 を 守 講  す 一 及 の 関 る 演第。 内 容 28回 かが らん の征 抜圧 人 で も 多 く の 命 さ せ 、 が ん の 早 地 域 ぐ る み の 協 、保 健 師 検、 診・ た め に が ん 検 診 ら 活 病 れ 動 を タ 体 赤 う 1  大 のやのてが確ボ脂肉2次が腸 身 を 守 る 方 法 と 言 え ま す 。 生 活 習 慣 の 改 善 は す べ て の 病 気 か 一 般 的 な リ ス ク と も 一 致 し 、 食 生 い ま す 。 こ れ ら の 項 目 は 生 活 習 慣 リ ス ク を 確 実 に 低 下 さ せ る と い わ 実 に 上 昇 さ せ 、 運 動 な ど の 身 体 活 ) と い っ た 項 目 が 大 腸 が ん リ ス ク 肪 ・ 内 臓 脂 肪 が 多 い ( い わ ゆ る メ 、加 工 肉 、男 性 の ア ル コ ー ル 飲 料 、 次 予 防 が あ り ま す 。 国 際 評 価 で は 予 防 と 、 早 期 発 見 ・ 早 期 治 療 を 行 ん の 予 防 に は 環 境 や 食 生 活 か ら の が ん か ら 身 を 守 る た め に す県積査 。内極増 の的加 自にに 治 体 は 多 く な い の が 現 状 で こ の 制 度 を 利 用 し よ う と い う は 対 応 で き な い と の 理 由 で 、 5 | Report of Niigata Health Foundation Vol.3

[close]

p. 6

第 28 回 がん征圧新潟県大会開催状況  「第 28 回がん征圧新潟県大会」が平成 23 年9月 15 日、新潟市中央区の新潟県民会館大ホールで開催さ れ、県内各地から多数の参加を得て盛大に行われた。  式典として、開会挨拶、公益財団法人新潟県健康づくり財団代表理事理事長表彰、保健文化賞受賞記念 特別表彰、来賓祝辞が挙行された。式典に続いて、「健やかな 未来のために がん検診」をテーマに「は つらつトーク」を行い、県医師会理事川合千尋先生をコー ディネーターにお迎えし、パネリストの雪椿友の会・網干 隆氏、新潟市在住・清水董且氏が自身の体験をもとにがん 検診を受診することの大切さを訴えた。続いて、新潟県立 がんセンター新潟病院内科部長船越和博先生が「大腸がん とがん予防」と題しての特別講演があり、船越先生は、検 診による早期発見・早期治療の重要性を訴えられた。  なお、表彰を受賞された方々は次のとおり。 公益財団法人新潟県健康づくり財団代表理事理事長表彰  (個人の部)   片桐 正則 (医師)   星野 邦夫 (医師)   森下 英夫 (医師)   若林真理子 (臨床検査技師)   丸山 成子 (管理栄養士) 保健文化賞受賞記念特別表彰  (団体の部)   加治コミュニティー協議会健康福祉部会 全国巡回がんセミナー「検診受けて早期発見!」が開催された  がんの早期発見を呼びかけるために日本対がん協会と新潟日報社、本財団主催の「全国巡回がんセミ ナー」が平成 23 年 10 月 26 日に新潟市中央区の新潟市民プラザで開催された。  日本対がん協会長の垣添忠生先生は、「がんを予防するには生活習慣を見直して、定期的に検診を受け ましょう。」と講演された。  また、近年増加している大腸がんについて、新潟市保健 所長の月岡恵先生が、「がん検診の中でも、大腸がん検診 は死亡率が確実に下がる十分な根拠がある検診。早く見つ ければ、負担の少ない治療で切除することができる。早期 発見早期治療が大事。」と講演された。  さらに、胃・友の会の大橋敏江さんは、「早期発見早期 治療のおかげで、現在も新発田市の行政相談委員として仕 事をし、以前と変わらず同じ生活が送れる。」と講演され、 会場では、350 人の参加者が熱心にじっと耳を傾けていた。 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年2月| 6

[close]

p. 7

今こそがん予防・早期発見の再スタート 新潟県福祉保健部健康対策課長 山﨑 理  がん検診の受診率向上は、古くて新しい課題です。  もちろん、県民も、自らの健康を他人任せ、行政任せ  例を挙げれば、平成 2 年の本県の肺がん検診受診率 にしてはいけません。がん予防・早期発見のためには、 は 48.2%であったものが、20 年を経過して 30.8%(平 規則正しく食事を摂る、適度に身体を動かす、検診を受 成 22 年度速報値)にまで低下していることは、看過で ける、そうしたことが、誰から言われるのではなく当た きない事実です。しかし、単に受診率の数値を改善する り前の生活習慣となるよう、自らの健康を自らの手で守 ことが重要なのではなく、がん検診を受けるという行動 ることに貪欲になっていただきたいと考えますが、それ を、県民自身が、そしてそれを取り巻く行政をはじめ関 にはやはり私たちの側からアクションを仕掛けることが 係者がどう考えるかを今問われているのではないでしょ 必要です。 うか。  そして、市町村に対する県の関わり、これは今後を左  これまでの市町村、検診機関、医師会等関係者の努力 右する大きな要素であると考えますが、これまでの関わ には多大なものがあったことは、周知のとおりです。し りについては不足していた点が多々あります。県では平 かし、県民一人ひとりに目を向けた場合、こうした取組 成 22 年度から「乳がん検診モデル事業」等を通じ新た はいったいどのように受け止められてきたでしょう。私 な取組を模索しているところであり、県としての主体性 たちは、自らの取組を振り返ってみる必要があります。 を発揮し、市町村の取組が効果的に進むよう取り組んで  新潟県民は、行政の言うことをよくきいてくれる “ 県 まいりたいと考えています。 民性 ” があると言われ、そうした “ 県民性 ” のおかげか、  これまで先人が努力を積み重ねてきた成果として、多 これまでも多くの人が検診を受けています。 くのがんは早期発見により余命が延伸し、さらに予防が  検診を受けてくれる人は、行政にとって「ありがたい」、 可能な部分も示されるようになりました。その成果が今 ある意味「都合の良い」相手です。一方、検診を受けな 後消えていかないよう、今こそ県民の生涯を通じた健康 い人は、検診という言葉は知っていても、必要性がわか を県民が自ら創り上げる、そうした社会の実現に向け、 らない、関心がない、何かの理由で受けたくない、な 関係者が一丸となって、がん予防・早期発見に向けた再 ど、受けない要因は様々であると思われますが、そうし スタートを切るべき時であると強く認識しています。 た方々の声に対し、どこまで真剣に向き合おうとしてき  関係する皆様の御尽力、御支援を引き続きよろしくお たか、そのことが問われているのだと考えます。 願いいたします。 がん征圧維持会員ご入会のご案内  「がん」は人類最後の敵といわれています。  世界の医学界は、いまがん征圧のため懸命の努力を続けています。  がんを撲滅するためには、がんに対する知識の普及はもとより、専 門家の育成、研究、検診の拡大等の充実などが必要ですが、これには 多額の資金を要します。  我が国では、昭和 33 年に行政への支援協力団体として「財団法人 日本対がん協会」(平成 22 年 10 月1日から「公益財団法人 日本対が ん協会」に移行認定された)が設立され、官民総ぐるみの国民運動を 展開しております。  本県でも、昭和 57 年9月、「財団法人 新潟県成人病予防協会」内 に「日本対がん協会新潟県支部」を発足させ積極的に対がん協会本部 事業を支援してまいりましたが、本財団は、平成 22 年 12 月1日から、 公益法人制度改革に基づく、公益財団法人に移行認定され、また、法 人名称を「公益財団法人 新潟県健康づくり財団」に改称し、新たな 法人としてスタートを切ることになりました。  本財団は、がん撲滅に向かって全県的な “ がん征圧運動 ” を推進す るため、(公財)日本対がん協会と連携を図り、本県のがんで死亡す る人を一人でも少なくするため、がん予防知識の普及啓発、並びに、 がん集団検診の推進等の活動を行ってまいります。 県民の皆様には是非ともこの趣旨にご賛同いただき、ご支援・ご協力 くださるようお願い申し上げます。 ◆ 事 業 ◆  本財団は、広く各界にわたり募金運動を進め、“ がん征圧運動 ” を 自発的に支援してくださる会員の皆様の会費と、一般の方々から寄せ られた尊いご寄付によって、次の事業を行っています。   1.がん知識の普及啓発   2.集団検診の推進   3.専門家の育成研修   4.調査研究への助成 ◆入会と寄付◆  ご入会又はご寄付くださることは “ がん征圧運動 ” にご協力される ことになり、がんで死亡する人を1人でも少なくすることに役立ちま す。ご入会の方には、会員証・機関誌・パンフレット等をお送りします。 1. 維持会員  1)個人会員 “ がん征圧運動 ” を自発的に支援してくださるため継続して、         毎年1回 3,000 円以上の会費を納入される方。  2)法人会員 “ がん征圧運動 ” を自発的に支援してくださるため継続して、         毎年 10,000 円以上の会費を納入される法人等。 2. 一般寄付  本財団は、公益財団法人(特定公益増進法人に該当)として認定を 受けています。本財団へのご寄付は税法上の優遇措置の対象となりま す。 7 | Report of Niigata Health Foundation Vol.3

[close]

p. 8

平 成 24年 「地域保健統計研修会」への誘い 2 月 10日 公益財団法人新潟県健康づくり財団 常務理事 松井一光 発 行  特定健康診査等結果の集計データは新潟県国民健康保険団   編 体連合会と新潟県健診保健指導支援協議会の支援のもとで、 集 発 すでに平成 20 年度と 21 年度分が提供されるとともに、一般 行   にも公表されている。その方法は、①健康づくり財団ホーム 公 益 ページ上のアップロード、②市町村等の協議会構成団体への 財 団 CD による直接提供、③結果集計報告として印刷された冊子 法 人 の3種類によっている。これらの集計データは厚生労働省か 新 潟 ら提供されるものとは異なった視点からとらえており、内容 県 健 康 も詳細を極めているので、それぞれの団体において、その年 づ く 度の特定健診受診者の状況を把握するのに、ほぼ必要十分な り 財 情報が得られるものである。すでに新潟県立大学田邊直仁教 団 ( 授のご指導により、集計数値の意味ならびに見方、比較につ 県 医 いて十分な吟味を加え、それぞれの現場に活用している団体 師 会 の保健関係者も多数に及んでいるはずである。そこで、この 館 内 詳細データをさらに生かして、学生時代に習得したはずの保  ) 新 健統計の分析技術をもう一度ブラッシュアップしてみようと 潟 市 いう試みが平成 23 年 8 月にスタートしている。 中 央  統計研修会の副題は、「特定健診、特定保健指導等の結果 地域保健統計研修会テキストの目次と参考 区 医 資料を利用した、いくつかの統計分析手法の習得」である。 Ⅰ. Excel による特定健診等の評価分析用データの調製 学 町 やや面白みに欠けた副題ではあるが、保健関係者が通常必要 Ⅱ. Excel 本体だけを利用した平均値の差の検定 通 二 とされる統計分析手法をもう一度ゼロから解説し、特定健 Ⅲ. n、平均、標準偏差の3点セットを調製するその他 番 の方法 町 十 診のみならず保健アンケート等の分析に活用できるものを Ⅳ. 母集団のパラメータ(平均値、分散、標準偏差) 三 番 取り上げている。2 群の平均値の差の検定とカイ2乗検定を の標本からの推計(期待値) 地 超えられずにあきらめている方々には、相当に価値のある Ⅴ. 検定の論理と手順   電 研修である。すなわち、3群以上の場合は?とか、多い普 Ⅵ. 対応のない3集団以上の平均値の差の検定 話 0 2 5 通少ないとなっている順序尺度の分析はどうしたら?とか、 実務で必要な手法を、自らが常に関わる集団のデータを使っ Ⅶ. ノンパラメトリック法による順序データの分析  1. 2群の比較 Wilcoxon-Mann-Whitney の2標 2 2 4 て分析できるのである。  研修会へのハードルは決して高くない。Excel を常日頃利 本検定  2. 3群以上の比較 Kruskal-Wallis の検定 Ⅷ. 交絡因子である年齢を除去する方法 6 1 用していて、時折 Excel 関数を使用する、あるいは少なく  1. SMR 手法を基礎とする SPR を求める方法 6 1 とも他人の作った埋め込み関数を覗いたことのある人はす  2. Mantel-Haenszel 法 でに研修適格である。難しい統計分析関数はあらかじめ用  3. ロジスティック回帰分析 意されているし、高度な分析手法は統計ソフトを利用すれ ばよい。学術論文では多変量解析が主流であるがその本質 は前述の検定であり、それらを高嶺の花とみている人には、 多変量解析を自ら手掛けるチャンスでもある。身近なデー タを使って活用範囲の広い統計ソフトを利用してみる、そ (参考目次) 1 質的データと量的データ 2 p値 3 対数正規分布データの log 変換 4 検定方法のまとめ れは過去のデータの再発掘、未来のデータの最適化に優れ 5 ダミー変数と相対危険 て役立ちうる可能性を秘めている。  結びに代えて、「有意差が分かるあなたを超えて、p値を 計算できるあなたになってみませんか。」 6 多重共線性とは 7 判別分析とロジスティック回帰分析 8 ロジスティック回帰分析における定数項の意義 −− 公益財団法人 新潟県健康づくり財団 会報 平成24年2月| 8

[close]

Comments

no comments yet