会報創刊号

 

Embed or link this publication

Description

会報創刊号

Popular Pages


p. 1

会報 平成23年3月30日発行 創刊号 Contents ・公益財団法人新潟県健康づくり財団がスタートしました。 ・新潟県健康長寿化に向けて ・新潟県のがん予防対策~健康長寿のトップランナーをめざして~ ・新潟県の胃がん検診 ・子宮がん検診の精度管理 ・肺がん検診の精度管理 ・新潟県における乳がん検診の歩み ・大腸がん検診の今日的な課題 他 彼岸桜(五泉市小山町) 新潟県健康づくり財団の事業内容 (健康づくり財団七つの柱) ① 普及啓発事業 ② 健康診査事業 ③ 健康情報管理事業 ④ 脳卒中調査事業 ⑤ 調査研修事業 ⑥ 新潟県健診保健指導支援協議会事業 ⑦ 日本対がん協会連携事業

[close]

p. 2

      め 質 の 業 議  1 Ⅰ 次  け れ 等 れ て  し と 財 益 財 法 は 防  、 的 特 を 会 新 指    の 当 や 寄 税 た い こ た し 団 財 団 人 、 協 旧 本 県 の 特 定 健 診 ・ 特 定 保 向 上 な ど の 後 方 支 援 に 努 定実の 健施構 診し成 ・、員 保県と 健下し 指全て 導、 業 30市 次 務町の の村事 潟 県 健 診 保 健 指 導 支 援 協 導 に 関 す る 支 援 事 業 特 定 健 康 診 査 ・ 特 定 保 健 公 益 目 的 事 業 と お り で す 。 財 団 の 主 な 事 業 内 容 は 、 す く な り ま し た 。 付 金 等 の 社 会 的 支 援 が 受 制 上 の 優 遇 措 置 が 適 用 さ こ と で あ り 、 寄 付 金 控 除 る 事 業 の 公 益 性 が 認 め ら の こ と は 、 当 財 団 の 行 っ 。 て の 活 動 を 開 始 い た し ま 」 に 変 更 し 、 新 た な 法 人 団 法 人 新 潟 県 健 康 づ く り 法 人 に 移 行 し 名、 称 「を 公 制 度 改 革 昨 年 の (会 昭 和 財 団 法 人 に 基 づ く 、 公 益 1月2 1 日 か ら 公 益 4年2 3 月 に 設 立 ) 新 潟 県 成 人 病 予 の し の 町 の 管 ん 業  2      すに健 と ま 高 村 業 理 検 を 当 等  ⑶⑵ ⑴。機指 おすいか務及診実財事が業診制特め材特等査催よ「 り。がらをびに施団業ん 率度定、確定の項にる健 で事ん受新広付しは 検 向の健研保保結目よ審診 す業検託潟域随て直 診 上啓診修及健果のる議委 。内診し県的すい接 等 の発・会び指の検、・員 容をて及なるま、 に た普特等技導事討精答会 の住、び普検せが 項民よ県及診んん 目にり内啓のが検 関 す る め の 広 及 並 び 定 保 健 の 企 画 術 向 上 実 施 者 務 処 理 、 評 価 度 管 理 申 」) ( 専 門 能導 さ せ る 役 割 を 制 度 を 効 率 的 ・ 担効 は提精全発精、診 受 報に指実のの 分、の家 い果 次供度市等度が事 託 事受導施た人 析検開に ま的 す 。 普 及 啓 発 活 動 を 展 開 し ま 域 的 に 、 効 果 的 、 効 率 的 な 当 財 団 と し て は 全 県 的 ・ 広 努 め る 」こ と と さ れ て お り 、 や 検 診 受 診 に 関 す る 啓 発 に 「 が ん に 関 す る 知 識 の 普 及   に  ⑴ 掲新が げ潟ん る 当 財 団 の 県 が ん 対 策 推 予 防 普 及 啓 発 役進事 割計業 は画 3 事  業生 活 習 慣 病 予 防 に 関 す る  事 業 の 実 施 に 努 め ま す 。 連 携 し 、 よ り 精 度 の 高 い 検 診 当 し 、 各 検 診 事 業 関 係 機 関 と 診 機 関 協 議 会 」 の 事 務 局 を 担 診 研 究 会 「」 新 潟 県 成 人 病 検 診  研そ 究の 会他 」「 新 に 、「 潟新 県潟 糖県 尿が 病ん 検検 普 及 啓 発 事 業 研 修 事 業 ⑹ 連 絡 調 整 事 業 ⑺ 会 の 設 置 、 運 営 事 業 ⑸ 研 究 員 会 及 び 地 域 が ん 検 討 委 員 録 事 業 ⑷ 新 潟 県 が ん 検 討 委 業 ⑵ 疫 学 調 査 事 業 ⑶ が ん 登 ⑴ が ん 検 診 結 果 統 計 分 析 事 公 益 財 公団 益 財 団 法 人 法 人 新 新 潟 潟 県 健 康 県 健 づ く り 財 団   渡 代 表  理 部   事 理 事  長 ス タ ー ト し ま し 康 づ く り 財 団 が   透       た 。          以 上 3 つ の 公 益 目 的 事 業 を 上 に 努 め ま す 。 ( 健 ) 診 従 事 者 の 資 質 向 員 の 受 講 推 薦 を 行 い 、 検 修 会 へ の 関 係 検 診 団 体 職 対 が ん 協 会 が 主 催 す る 研 る と と も に 厚、 生 労 働 省 、 診 断 医 師 研 修 会 を 開 催 す 細 胞 検 査 士 研 修 会 、 が ん イ 健  康技 診術 査者 従研 事 者 研 修 会 、 修 会 の 開 催 :   ま す 。 助 成 す る 等 の 支 援 を 行 い 成 果 収 録 事 業 」 等 に 対 し 潟 支 部 が 実 施 す る 「 研 究 ア 成  :が 日ん 本 臨 床 細 胞 研 究 事 業 学へ 会の 新助 ⑶ 研 究 研 修 事 業 に 供 し ま す 。 関 係 機 関 に 配 布 の う え 活 用 を 作 成 し 、 市 町 村 を は じ め 元 を 行 う と と も に 、 報 告 書 行 い 、 関 係 者 へ の デ ー タ 還 集 し 、 審 査 、 集 計 、 解 析 を 市 町 村 か ら の 調 査 票 等 を 収 機 関 か ら の 通 報 票 等 並 び に と の 防 止 を 図 る た め 、 医 療 支 援 ・ 要 介 護 状 態 と な る こ 把 握 及 び 脳 卒 中 の 再 発 や 要 県 内 の 脳 卒 中 発 症 者 の 実 態 ム  実新 施潟 要県 領脳 に卒 基中 づ情 き報 、シ 新ス 潟テ ⑵ 脳 卒 中 調 査 事 業 ろ と で る 多 ス 統 も め 組 営 し 協  事 保 に 定 式 県 普 習 防 中 の 診 市  業 情 し ま 中 しご、よ数体制にる織理い会こ業健よ健」に及慣活、健団町こ」報てす心 く お 願 い い た し ま す 。 支 援 を 賜 り ま す よ う 、 よ 今 後 と も 、 皆 様 の ご 理 解 う 努 力 し て ま い り ま す の の 県 民 の 利 益 増 進 に 繋 が 制 の 整 備 を 行 い 、 不 特 定 の 強 化 、 コ ン プ ラ イ ア ン 、 一 層 の 意 識 改 革 、 内 部 よ う 情 報 公 開 を 行 う と と の「 透 明 性 」「 公 平 性 」を 高 念 を 創 造 し 、 従 来 以 上 に 公 益 財 団 法 人 と し て の 経 の 草 創 の 志 を 忘 れ ず 、 新 れ か ら も 、 旧 成 人 病 予 防 を 展 開 し て ま い り ま す 。 指 導 利 用 率 向 上 の た め の る 二 次 予 防 並、 び に 特、 定 診 、 が ん 検 診 受 診 率 向 上 を 基 本 理 念 と し て の 、 特 類 を 見 な い 「 全 県 統 一 方 啓 発 に よ る 一 次 予 防 、 他 改 善 に 係 る 正 し い 知 識 の 動 を 推 進 す る た め 、 生 活 心 臓 病 等 の 生 活 習 慣 病 予 康 づ く り 及 び が ん 、 脳 卒 体 等 と 連 携 し 、 新 潟 県 民 村 、大 学 医、 師 会 、検 ( 健 ) の よ う に 、 当 財 団 は 、 県 、 等 を 行 い ま す 。 管 理 電 子 化 業 務 代 行 事 「、 特 定 健 康 診 査 等 健 康 。 こ れ に 、 Ⅱ 収 益 事 業 と に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 し 2

[close]

p. 3

一 に す る こ と で す 。 目 標 は 新 潟 県 を 健 康 長 寿 日 本 目 を 担 っ て い ま す 。 そ の 最 終 の 普 及 啓 発 を 一 層 推 進 す る 役 使 は 県 民 に 対 す る 健 康 づ く り れ ま し た 。 こ の 新 潟 県 元 気 大 「 新 潟 県 元 気 大 使 」 に 任 命 さ ズ は 新 潟 県 の 泉 田 知 事 よ り の 活 動 が 認 め ら れ 、 ケ ー シ ー す 。 そ し て 、 昨 年 5 月 に は そ オ 番 組 を 中 心 に 活 動 し て い ま を 合 言 葉 に 健 康 講 演 会 や ラ ジ 「 新 潟 発 。 笑 い ・ 元 気 ・ 健 康 」 健 康 お 笑 い コ ン ビ を 結 成 し 、 2 人 で 「 ケ ー シ ー ズ 」 と い う A M A R A 代 表 の 江 口 歩 氏 と 療  の私 傍は ら現 、在 新、 潟内 お科 笑医 いと 集し 団て N診 心 よ り 御 礼 申 し 上 げ ま す 。 機 会 を い た だ き ま し た こ と を の 記 念 す べ き 創 刊 号 に 寄 稿 の に お め で と う ご ざ い ま す 。 そ ら び に 会 報 創 刊 号 の 発 刊 、 誠 県  健こ 康の づ度 くは り公 財益 団財 へ団 の法 移人 行新 な潟 に も 大 変 注 目 さ れ て い ま す 。 県 な の で す で。 す か ら 全、 国 的 医 療 費 も 少 な い と い う 理 想 の 県 で か、 つ 、一 人 当 た り の 老 人 に 少 な い の で す 。 日 本 一 長 寿 長 野 県 は こ れ も 全 国 で 3 番 目 療 費 の 発 表 が あ り ま し た が 、 年 の 県 別 一 人 当 た り の 老 人 医 か も 、 先 日 厚 生 労 働 省 よ り 昨 い 間 取 り 組 ん で き ま し た 。 し ン に 掲 げ 、 健 康 長 寿 運 動 に 長 「 ピ ン ピ ン コ ロ リ 」を ス ロ ー ガ 野 県 で は 佐 久 市 を 中 心 と し て イ ン し 続 け て い ま す 。 そ の 長 で は 5 位 と 常 に 上 位 に ラ ン ク 続グす 1で。 位も県 、長別 女野の 性県平 もの均 直男寿 近性命 のがラ デン ー 20年 キ タ連ン い 県 は お 隣 の 長 野 県 な の で 気 で 長 生 き 」 の 人 の 割 合 が 多 思 い ま す 。実 は 日 本 で 一 番「 元 く の 人 の 切 な る 願 い で あ る と な く 「、 元 気 で 長 生 き 」 が 多 る 今 日 、 た だ 単  「 超 高 齢 化 社 に会 長」 生と きい でわ はれ ち で 質 潟  し え こ を 県 問 せ と 真 も す 性 で 一 潟 変 も 9 命  ら も 長 寿 上 位 グ ル ー プ な の す 。 女 性 に 関 し て は 両 県 ど は 根 本 か ら 全 く 異 な る も の 県 と 長 野 県 で す が 、 そ の 性 同 じ 老 人 医 療 費 の 少 な い 新 て い る も の だ と 思 い ま す 。 て い る あ る 問 題 を 顕 著 に 表 の 事 実 が 昔 か ら 新 潟 県 の 抱 一 番 使 わ な い 県 な の で す 。 は 一 人 当 た り の 老 人 医 療 費 題 が 存 在 し ま す 。 実 は 新 潟 ん 。し か し 、こ こ に は 大 き な い う こ と に な る か も し れ ま ん 中 だ か ら ち ょ う ど よ い 。」 な い け れ ど ビ リ で も な い 、 。県 民 性 で 言 う 「と ト ッ は 全 国 2位3 と ほ ぼ 真 ん は あ り ま せ ん 一。 方 新、 プ中潟 でで男 グ ル ー プ 」と い っ て も 過 言 女 性 は 実 質「 健 康 長 寿 日 本 わ ら な い ほ ど の 僅 差 で 、 新 、 こ れ は ト ッ プ と ほ と ん ど 位 と 健 闘 し て い ま す 。 し か は と い う と 、 女 性 は 全 国 で 一 方 、 わ が 新 潟 県 の 平 均 寿 「 新 潟 県 健 康 長 寿 さ化 とに う 内 向 科 ・ け 青 山 て ク」 佐 リ ニ  ッ 藤   ク   院 万長   成       に は 、 ま ず 我 々 の 題  でさ すて 。、 健こ 康れ 長か 寿ら け ま し ょ う 。 に 早 期 発 見 や 早 期 健 康 に 関 し て は や 療 費 も か か り ま せ ち ろ ん 、 打 つ 手 が と い う 人 が 多 い よ 受 診 し た 時 に は す け 、 い よ い よ 我 慢 受 診 せ ず に ず っ と 少 具 合 が 悪 く て も ジ が あ り ま す 。 た 「 我 慢 強 く 寡 黙 と」 こ と で す 。 昔 か ら は 医 者 嫌 い の 人 が り 、 言 い 換 え れ ば で あ る と 考 え ら れ 多 い 。 こ の こ と が 者 に 行 か な い で 早 生 き で あ る が 、 新 男  性何 はが 医問 者題 にか もと 行い で す 。 のが一 平方 均 2位3 で 寿な、 命の新 ので潟 違す男 い。性 寿長な 命野が の男ら 1性、 位は男 を性 キ 2年0 に ー連限 で 問 題 は あ り ま せ 命達い 治せんなうでし我医しい新多、ま非く潟かう がこはプ続っん を成よ 奪のい うたよ 敵め本 療 を 心 が 我 慢 せ ず 。や は り 、 け れ ば 医 で す 。 も に 手 遅 れ き れ ず に 慢 を し 続 療 機 関 を か に 、 多 う イ メ ー 潟 男 性 は い と い う 新 潟 男 性 す 。 つ ま 常 に 問 題 死 ぬ 人 が 男 性 は 医 ず と も 長 と 、 長 野 問の平しして。 題男均てていし な性寿い平うか の側命る均とし す の で 、 実 行 し ま け に 食 費 が 2 化 を 予 防 す る こ ん元 な 10時 凶 簡以で 単降す なは。 こ飲腹 と食八 病 の も と で あ り 「 腹 八 分 目 」 で リ が 実 現 で き ま 寿 が 達 成 さ れ て 活 で 心 が け る こ る 3 つ の 簡 単 な 感  じな でん すだ がか 、と こて ま す 。 す る 」 生 活 が 重 を 高 め る 「」 動 長 寿 達 成 の た め ギ を 握 っ て い ま 肺 炎 も 免 疫 力 低 肺 炎 で 9 ・ 8 % す 。 さ ら に 、 死 硬 化 に 絞 っ て も か ら 、 我 々 の 敵 原 因 と な る の が が 、 心 疾 患 ・ 脳 けの患が を で の ん 21年 知 全 体 の 約 6 17・0 % で 158・ % で 31・0 す、% 度 日 本 人 の る こ と が 肝 な割とだを分、すすピとこれも 要脈にす下で因いは動血割。3、死心 い戻がけし目動。。ンでとか難 に硬はかがすのいが脈管をこ位2因で 手っででなで脈肥一ピ、をらし な化「ら大。第とん硬と占のが位第す はてき動い特硬満つン健日紹そ っを免、きが4思と化もめ3脳が1。 あき、脈。に化は目コ康常介う て予疫健なん位い動でそまつ血心位平 りまお硬こ夜の万がロ長生すな き防力康カもはま脈すのすだ管疾は成 3

[close]

p. 4

  し ま は た つ き で う り 暇 活 ン も か も 代 く ま 暖 温 性 の 体 あ 度 日 わ と と  ま 三 つ 目 は 「 笑 う 門 に は 福 来 ま す 。 す の で ぜ ひ 実 践 を オ ス ス メ 認 知 症 の 予 防 に も つ な が り 生 活 内 で 「の ま め ま め 行 動 」 な が り ま す 。 ま た 、 こ う し 、 結 果 的 に 免 疫 力 ア ッ プ に 筋 力 低 下 を 防 ぐ こ と が で 日 々 の 積 み 重 ね を す る こ と 、 普 段 か ら ま め に 動 く と い を み つ け て ま め に 歩 い た も 一 因 だ と 考 え ら れ ま す 。 を 始 め 便 利 に な り す ぎ た 生 い わ れ る 車 社 会 や 、 リ モ コ ら 、 や は り 今 や 1 人 1 台 と 低 下 し て し ま い ま す 。 そ れ 謝 が 下 が っ て し ま い 、 体 温 」、 こ れ で は 私 た ち の 基 礎 す 。「 夏 は 寒 く 」、「 冬 は 熱 房 の 効 か せ す ぎ が 考 え ら れ 化 の 原 因 と し て 、 ま ず は 冷 も 指 摘 さ れ て い ま す 。 低 体 発 症 率 と 関 係 し て い る 可 能 温 低 下 が 、 増 え 続 け る が ん り ま す 。 以 前 か ら 日 本 人 の 近 く 下 が っ た と い う 報 告 も 本れ免」 人て疫で のい力す 体まが。 温 は す体 が 30% 温 平 均 で 0 ・ 、 こ の 30年 低 下 す る と が 1 度 下 が 5でいる 二 つ 目 は 「 冷 え は 万 病 の も せ ん 。 も 健  う 良 と か か テ あ げ 疫 い 常 は 報 で る る ラ れ い と 漫 す で タ な 会 す こ る 、康しで質ん上りィげて力まにア告アた免ーはうで才がすーいま。と」 おにかすなどげまーるあにす高トもトめ疫細笑報延や、。を良で2はで 笑 い を 見 る 時 間 良 い と わ か っ し な が ら 、 笑 う 。 薬 な の は 間 違 い な の で 、 や は り る か の 一 方 的 作 す 。 普 通 の 薬 は の 働 き を す る こ と い っ た オ ー げ 、 高 す ぎ れ ば 対 し て 、 低 す ぎ が 、 結 果 的 に 笑 す ぎ る と も 考 え ピ ー の 方 は 免 疫 あ り ま す 。 免 疫 ピ ー が 改 善 す る で す 。 一 方 、 笑 細 胞 の 活 性 が 高 胞 と い う が ん を う こ と で ナ チ ュ 告 も 多 数 あ り ま 命 効 果 が 認 め ら 落 語 を 定 期 的 に 末 期 が ん の 患 者 そ の 笑 い の 効 能 各 病 院 へ 配 布 し 質 な 薬 」 と い も が 「 笑 い は 副 0 0 7 年 に は 日 最 近 で は 有 名 す 。 笑 い が 健 康 もてこ な笑用下とル下れいら力学とうめ退ラすれ見さ効たう作本なに ないと いいがげがマげばはれが的いこら治ル。たるん果ほポ用医話い けてが よがほるわイて上免て異にうとれすキことこがでどスの師でい 今 ま で に 背 伸 び 呼 吸 健 康 法 に 究 を 行 っ て い ま す そ。 の 結 果 、 て き て 、 複 数 の 大 学 と 共 同 研 康 効 果 が 表 れ る こ と が わ か っ 操 で す 。 こ れ に よ り 様 々 な 健 吸 法 を 組 み 合 わ せ る 簡 単 な 体 う ス ト レ ッ チ 運 動 と 独 自 の 呼 伸 び 呼 吸 健 康 法 は 背 伸 び と い 少 し 触 れ て お き ま す 。 こ の 背 伸  びそ 呼れ 吸か 健ら 康 法 」 に つ い て 私、 が 開 発 し た「 も背 笑 い を 試 し て み て く だ さ い 。 ぜ ひ 皆 さ ん も 朝 1 回 の つ く り な る こ と は 保 証 し ま す の で 、 い ま す 。 一 日 が 爽 快 な 気 分 に す ぐ に 洗 面 所 の 鏡 で 実 践 し て 私 は か れ こ れ 5 年 以 上 起 床 後 に は 鏡 を 見 る こ と が 必 要 で 、 に で き て い る か ど う か の 確 認 ら な け れ ば い け ま せ ん 。 本 当 わ が 出 来 る く ら い し っ か り 作 り 上 げ て 、 目 じ り に は 笑 い じ 笑 い と い っ て も 口 角 を し っ か れ た の で す 。 た だ し 、 つ く り 果 が あ る と い う こ と が 実 証 さ 笑 っ た 時 と 同 じ よ う な 健 康 効 「 つ く り 笑 い 」だ け で も 本 当 に が 届 き ま し た 。 な ん と 、 最 近 な か な か 笑 え な い 人 に も 朗 報 で は な い で し ょ う か そ。 ん な 、 い う 新 潟 男 性 は と て も 多 い の れ ば 、 見 て も 全 然 笑 わ な い と さ ト 代 お て 医 業 は ラ 長 一 す し  に や い 吸 な 際 や 文 る す の う イ 国 表 の 効 よ んッ以坊い師家1ン寿教。面最しイて健っ用「発英。論ロトのさ論果る がプ降さまは、位キラ授そ白後てン興康た語天表語元文ーに国れ文、肥 長 寿 な の は 食 べ 物 が 良 だ っ た そ う で す 。 お 坊 、 い つ の 時 代 も 常 に ん の 長 寿 順 位 は 奈 良 時 す さ。 ら に 驚 く こ と に 、 残 念 な が ら 4 位 と な っ 3 位 が 政 治 家 で 、 我 々 が お 坊 さ ん 、 2 位 が 実 ン グ で は 、 長 寿 の 職 業 ン キ ン グ 」 で す 。 そ の の 調 査 に よ る 「 職 業 別 れ は 郡 山 女 子 大 学 の 森 い デ ー タ を 紹 介 し ま に 長 寿 に 関 連 し て 、 少 く だ さ い 。 タ ー ネ ッ ト な ど を 参 考 味 の あ る 方 は 私 の 書 籍 法 の や り 方 や 効 果 に つ の で す 。 こ の 背 伸 び 呼 と し て 通 用 す る よ う に ぷ ら 」 と 同 じ よ う に 国 か ら 背、 伸 び が 「 寿 司 」 が な く 、 去 年 の 私 の 論 来 「 背 伸 び 」 に 対 応 す を 見 る こ と が 出 来 ま マ 字 入 力 を す る と 、 私 senobi お い て 「 」 と い 立 医 学 図 書 館 の 検 索 サ て い ま す 。 最 近 で は 米 が 国 際 的 医 学 雑 誌 に 発 う つ の 改 善 効 果 の 3 つ 満 改 善 効 果 や 喘 息 軽 減 る 日 も さ う と の で ま し か 可 も な 止 自 て も て て し 背  考 な 日 ン ま か げ と い 日 を 楽 し み に し て い も 早 く 健 康 長 寿 日 本 お 役 に 立 っ て 、 新 潟 ん の 生 活 に こ の 話 が 気 配 が 感 じ ら れ ま せ も に 弱 っ て い る 人 は 生 命 力 を 感 じ ま す し 呼 吸 の 音 が 聞 こ え ん す 。 健 康 な 人 か ら は ろ「 病 は 呼 吸 か ら 」だ ら 」 と い い ま す が 、 能 な の で す 。 よ く 「 で き る し 、 強 く す る ら 1 分 く ら い は 止 め め ら れ な い の で す が 分 の 意 志 で は 1 秒 た く れ る お か げ で す 。 心 臓 が 動 い て 肺 が 呼 い ら れ る の は 、 寝 て く だ さ い 。 我 々 が 毎 っ か り す る 習 慣 を 取 筋 を 伸 ば し 意 識 し て 皆 さ ん も 普 段 の 生 活 え て い ま す 。 っ て い る か ら で は な 唱 え る こ と が 良 い 呼 と 伸 ば し な が ら 、 お す が 、 基 本 的 に は 背 し な が ら 、 私 の 持 論 な ど の 諸 説 が あ り ま か 、 邪 念 の な い 生 活 と か 規 則 正 し い 生 活 ま一県少んそ、ば、と私病こる、り心吸い日り呼で い吸経筋にすのが すにがし。う心かま考ははとこ呼と臓をる生入吸是 か法ををな。お良 。な1で皆い身りるえむ気もと吸もはし間きれを非 とに毎ピりしかい 4

[close]

p. 5

 ; 「 健 康 長 寿 の ト ッ プ ラ ン ナ ー 」 わ が 新 潟 県 が 、 日 本 に お け る に ま だ 若 干 差 が あ り ま す が 、 国 国 平  第第均平 9 寿成 位 23位 命 ) と 、 ト )、 女 性 は 1年7 、男 性 に お け ッ プ 8・6 78・ る 新 と 27歳 75歳 潟 の((県 間全全の 人  え の 死 あ と 、日ま予因りな 女本す防とまる て  平、 近 成年 の 1年9 動 3き 月「 と 新し な っ て い ま す 。 人り降本た 以 上 の 方 が 亡 く 、年 間 で 7、5 0 0 死県と 因では のはい 第 一 位 で あ 昭 和 57年 以 う も の の 、 病 で は な く な っ て き ん は 必 ず し も 不 治 の 療 の 進 歩 に よ り 、 が す 。 近 年 の 医 学 、 医 か る と 言 わ れ て い ま 涯 の う ち に が ん に か 性 で は 3 人 に 1 人 が 生 人 の 男 性 で 2 人 に 1 。 が 大 き な 鍵 に な る と 考 し て 最 も 多 い 「 が ん 」 せ ん 。 そ の た め に は 、 こ と は 、 決 し て 夢 で は 想 を 上 回 る 反 響 が あ り 、 ほ ぼ 受 け ら れ る と い う 試 み は 、 予 ( 5 0 0 円 ) で 、 予 約 な し で 」 で 「、 休 日 に 、 ワ ン コ イ ン す い 検 診 体 制 を 模 索 す る 趣 旨 実 施 し ま し た 。 県 民 が 受 け や て 、 乳 が ん 検 診 モ デ ル 事 業 を ん  し プ昨て ロ年い ジま ェ 10月 す クに。 ト 」 の は 「、 一女 環性 との しが 効 果 的 に 推 進 し て い く こ と と た 県 内 の が ん 対 策 を 総 合 的 ・ が ん 予 防 、 検 診 、 医 療 と い っ の 質 の 向 上 を 全 体 目 標 と し 、 の 苦 痛 の 軽 減 並 び に 療 養 生 活 ⑵ す べ て の が ん 患 者 及 び 家 族 ⑴ が ん に よ る 死 亡 者 の 減 少 、 定 し ま し た 。 こ の 計 画 で は 、 潟定潟 県 が ん 対 策 推 ・ 施 行 さ れ 、平 県 が ん 対 策 推 進成進 計条 画 20年 例 」に」 を「が 策新制 新 潟 ~県 健の 康が 長ん 新 潟 県 福 祉 寿 の ト ッ プ ラ 予 防 対 策 保 健 部 健 山 康 対  策 﨑   課   課  長   理       ン ナ ー を め ざ し て ~ の 社 思 一 む は し で す を か が  し し 様 す は と か 次 か 実 ま 大 受 す 仕会わ人こ、ょあ。促にん最て、々い、なの年っ施りき付べ 組 み や 仕 掛 け を ど と し て サ ポ ー ト す れ る 行 動 を と り 、 が 積 極 的 に 健 康 に と は 困 難 で す 。 県 受 診 率 の 大 き な 向 う 」 と 声 を 挙 げ る り 、 単 に 「 検 診 を こ れ は 古 く て 新 し し て い く か と い う 県 民 に ア ピ ー ル し 検 診 を 受 け る 必 要 も 重 要 な の は 、 定 い く 考 え で す 。 事 業 を ア レ ン ジ な 条 件 を 分 析 体 制 と な る よ う さ ら に 受 診 し や り ま し た 。 今 後 課 題 が 浮 き 彫 り 度 に 向 け い く つ た こ と も 多 く 、 し て 初 め て わ ま し た 。一 方 で 、 く 超 え る 人 が 集 開 始 時 に 定 員 を て の 実 施 日 で 、 のるそよ民上だ受いこ、性期 よたれい一をけけ課と定を的 うめをと人望でま題で着いに 検 診 モ ( 写 真 ま す 。 デ ル H 事 業 22・ 益 々 の 御 発 展 を 生 ” 新 潟 県 健 康 重 要 な パ ー ト ナ て  いこ けう るし よた う県 、民 め ら れ て い ま す 築 し て い く こ と 「 健 康 戦 略 」 を に 組 み 立 て て い 会 1・0 祈づー県の。がしく 場 の 1  0 念くで、期 申りあ市待 、っか 今か、 様乳 し財る町に こりい 子が 上団“村応 そとわ )ん げの新のえ 求構ば 5

[close]

p. 6

も る か あ 見 は 見 で 割 る 死 に 胃 治 な の 亡 共 ん が が  重 要 な 事 項 は 検 診 の 有 効 こ と を 意 味 す る 。 更 に 、 最 っ た 胃 が ん の 殆 ど は 治 癒 す っ た 。 こ れ は 検 診 で さ れ た 胃 が ん は 51・5 % で あ り 、 9・80 検 診 さ れ た 胃 が ん の 5 年 生 見%で存 つで発率 、もが 新大、 潟き胃 県いが で。ん は平検 検成診 診の 以 1年4 普 外の及 で集の 発計役 亡 率 減 少 の 大 き な 理 由 で あ 発 見 や 治 療 が 可 能 な こ と も が ん は 内 視 鏡 検 査 等 で 容 易 癒 率 は 5%0 を 超 え て お り 、 っ た 。 一 方 、 発 見 胃 が ん の 22・3 % に 率 は 男 性 次 い 19・1 で% 第と 2肺 位が とん に 第 1 位 で あ る 。 一 方 、 死 が 男 2・21 % 、 女 162・ % と ん 登 録 デ ー タ に よ れ ば 胃 が ん 罹 患 率 は 、 平 成 17年 度 の 日 本 人 、 と く に 新 潟 県 人 の て つ  検 理 を 適 重 診 O と 対 り 率 義 認 み は る し 亡 性 おかが診で検切要方でがししのなめを日。て率、 りのんはあ証にと法認出てて確胃て公本世認減即 、方検許りす行なをめ来のい保がい式で界め少ち 一法診さ、るわる広らな有なやんるなの保ら効検 般がのれいのれ。くれい効いそ検。エ胃健れ果診 的制精るわがてこ実た。性との診こビが機るがに に は 受 診 率 、 度 的 に 確 立 し 度 管 理 に は 幾 も の で な い 。 ゆ る 垂 れ 流 し 検 診 の 精 度 管 い る か ど う か れ ら の 検 診 が 施 す る こ と が 高 い 精 度 の 検 従 っ て 、 W H を 発 揮 す る こ 、 そ の 地 域 に 方 法 が し っ か も 、 そ の 受 診 の よ う に 有 意 デ ン ス と し て ん X 線 検 診 の 関 ( W H O ) か ど う か で あ エ ビ デ ン ス と よ る 胃 が ん 死   討 検 民 結 慣 デ 協 健 わ 精  診 新 約 法 診 る あ そ 治 方 まが診検果病ー会康れ度新の潟さ、ののるの療法 ず 、 受 診 率 は 新 潟 県 平 均 行 わ れ て い る 。 部 会 で 年 1 回 デ ー タ の 検 診 は そ の 胃 が ん・大 腸 が ん を 検 討 し て い る 。胃 が ん 住 検 診 等 管 理 指 導 協 議 会 で タ を 集 計 し 新、 潟 県 生 活 習 等) の 協 力 で 、各 市 町 村 の づ く り 財 団( 旧 成 人 病 予 防 て い る 。新 潟 県 で は 新 潟 県 管 理 も 含 め 市 町 村 別 に 行 潟 県 の 胃 が ん 住 民 検 診 は 精 度 管 理 県 に お け る 胃 が ん 住 民 検 れ る で あ ろ う 。 ③ 検 診 の 効 果 の 有 無 に 集 シ ス テ ム や 技 術 的 な 方 は ① 受 診 率 の 向 上 、 ② 検 。 そ の 中 で 特 に 問 題 と な 副 作 用 を 確 認 す る な ど で の 方 法 、 検 診 の 効 果 及 び 論 、 検 査 の 技 術 的 問 題 、 新 潟 県 立 が ん セ ン タ ー 小 新 潟  病 越   院   参 和与   栄       新 潟 県 の 胃 が ん 検 診 会よい1で診さ精検村る診部苦護受診勧村考対定き8町し全度で で は こ れ ら が 低 い 地 域 に 対 る ば ら つ き も 多 く 、 検 診 部 。 こ の デ ー タ に も 市 町 村 に 5 4 % に 比 し て 著 し く 高 3・0 7 6 % と 全 国 平 均 ・0 胃 が ん 発 見 率 は 平 成 1年9 度 れ て い る 。 新 潟 県 の 住 民 検 検 率 な ど が 市 町 村 別 に 集 計 診 に よ る 胃 が ん 発 見 率 、 要 の 検 診 の 精 度 管 理 で あ り 、 。 次 い で 重 要 な 点 は 各 市 町 率 向 上 の 努 力 を 期 待 し て い 会 と し て は 、 市 町 村 毎 の 受 労 し て い る 市 町 村 も 多 い 。 違 反 と の ク レ ー ム も あ り 、 診 勧 奨 を 行 う と 個 人 情 報 保 率 は 高 い が 、 未 受 診 者 へ の 奨 を 行 っ て い る 市 町 村 の 受 の 差 は 明 ら か で あ る 。 受 診 と す る 必 要 が あ る が 、 市 町 象 年 齢 人 口 別 の 受 診 率 も 参 方 式 に も 多 少 の 差 が 有 り 、 が%村 あかの っらば た 。 検 診 対 象 数 の 算 77・5 % と 大 き な 開 ら つ き が 多 く 、 ・9 く 高 い 。 し か 国 平 均 10・2 2・21 % で あ 平 成 2年0 度 し 新 % に り 、 20・1 潟 県 比% し 2年0 、 のて度 市 著 の 2年1 る な 管 お 例 そ 学 少 る  が 見 0 1 最  9 は る 度  新 言 県 告 断 算 し 。 胃 が ん 撲 滅 を 目 標 と し て い 理 も 全 般 的 に 行 い 、 最 終 的 よ び 検 診 の 副 作 用 等 の 精 度 の 検 討 や 、 検 診 方 法 の 評 価 の 他 、 検 診 に よ る 見 逃 が し 的 有 意 差 が 見 ら れ て い る 。 効 果 も 内 視 鏡 、 X 線 共 に 疫 検 診 に よ る 胃 が ん 死 亡 率 減 胃 が ん 検 診 の 最 終 目 的 で あ 示 さ れ た 。 率 ・ ・ 18年 終 が で も 高 齢 者 38% 01% で、 あX っ線 度 の 平 均 で 的 胃 が ん 発 ん 登 録 デ ー 受た施内見タ 診。設視率と の年検鏡は照 必代診検、合 要別で診 し 性 発 は は 15~ た % 。管 は 内 視 鏡 検 診 で あ る 。 2・39 % と 高 率 で 、 う 検 診 受 診 率 は 平 成 ち 21年 理 が 積 極 的 に 行 わ れ て 51・ 度 い 新 潟 市 で は 胃 が ん 検 診 の 精 潟 市 の 胃 が ん 住 民 検 診 え る 。 の 胃 が ん 検 診 は 高 い 水 準 と し て い る 。 全 般 的 に は 新 潟 方 法 も 含 め 精 度 の 改 善 を 勧 定 を 求 め 、 異 常 な 場 合 は 診 、 検 診 の 感 度 や 偽 陰 性 率 の 6

[close]

p. 7

に く ば あ 落 ( 主 宮 の が 検 定  1 精 胞 偽 こ と も 胞 器  発 展 し た 事 例 が あ る 。 、 2 0 1 0 年 に は 医 療 訴 訟 診 断 が 偽 陰 性 と な り や す り 、 細 胞 標 本 が 不 良 で あ れ sampling error screening error と し ( ) が ) と 検 鏡 見 因 は 、 細 胞 検 体 不 良 が ん 検 診 に お け る 偽 陰 性 の 条 件 が 提 案 さ れ て い る 。 子 陰 性 で あ っ た 浸 潤 癌 症 例 」 診 歴 が あ り 、 そ の 検 査 所 見 義 は な い も の の 「 一 年 前 の 細 胞 診 の 偽 陰 性 は 、 明 確 な . 細 胞 診 断 の 精 度 管 理 度 管 理 に つ い て 述 べ る 。 診 診 断 と 検 診 運 営 の 面 か ら 陰 性 を 少 な く す る た め 、 細 と が 知 ら れ て い る 今。 回 は 、 す 偽 陰 性 が 約 5 % 程 度 あ る の の 、 悪 性 細 胞 所 見 を 見 落 を 採 取 し や す い 利 点 が あ る を 容 易 に 直 接 観 察 し て 、 細 子 宮 頸 が ん 検 診 は 、 目 的 臓 診 で は 、 細 胞 検 査 士 と 細 胞 診 し か し 、 新 潟 県 の 子 宮 が ん 検 は  臨、 床 施 設 経内 過の で細 明胞 ら診 か断 と な る 。 の 精 度 ② 細 胞 診 の 診 断 精 度 こ と に 結 び 付 い て い る 。 と が 知 ら れ 、 再 検 査 を 避 け る 不 適 正 標 本 が 極 め て 少 な い こ 液  状ま 検た 体、 法検 は体 従処 来 法 と 比 較 し 理 法 別 で は 、 を 避 け る 。 な く 不 適 正 率 が 高 い の で 使 用 あ り 、 綿 棒 採 取 は 細 胞 数 が 少 に 影 響 す る 一 つ に 採 取 器 具 が が 行 わ れ る 。 そ の 採 取 細 胞 数 例 を 「 不 適 正 」 と し て 再 検 査 5 0, 0 0 個 ) 以 下 と 不 鮮 明 8 ,0 0 0 個 ( 液 状 検 体 で は れ 、 標 本 中 の 扁 平 上 皮 細 胞 が 胞 検 体 不 良 の 判 定 基 準 が 示 さ 準 拠 : ベ セ ス ダ 分 類 ) は 、 細 ( ベ セ ス ダ シ   子 宮 頸 部 ス細 テ胞 ム診 2報 0告 0様 1式 ① 不 適 正 標 本 項 論 小 由 こ 過 経 調 科 の こ に と 落 は  ③ が 致 織 い 確 で 専 が 提 供 さ れ て い る 。 さ れ 、 細 胞 所 見 で の 留 意 事 細 胞 癌 な ど ) の 細 胞 像 が 議 や 特 殊 な 組 織 型( 悪 性 腺 腫 、 れ ま で 、 偽 陰 性 と な っ た 理 去 の 標 本 を 見 直 し て き た 。 過 が 一 致 し て い な い 症 例 の 査 し 、 細 胞 診 断 結 果 と 臨 床 が ん で は 進 行 癌 の 検 診 歴 を 後 援 で 年 2 回 行 わ れ 、 婦 人 の 講 習 会 は 、 県 ・ 県 医 師 会 よ る 見 直 し を 続 け て き た 。 専 門 医 に よ る 標 本 の 再 鏡 検 と し 」 対 策 と し て 、 検 査 士 、細 胞 診 講 習 会 を 通 じ 「て 見 日 本 臨 床 細 胞 学 会 新 潟 支 部 細 胞 診 講 習 会 必 要 で あ る 。 例 で は 再 鏡 検 が 可 能 な 環 境 結 果 と を 比 較 し 、 そ の 不 一 。 初 回 細 胞 診 と 二 次 検 診 組 か さ を 知 る こ と は で き な き な い た め 、 自 己 の 診 断 の 門 医 は 精 密 検 査 結 果 が 把 握 子 宮 が ん 検 診 新の 潟 県 精 立 が ん 度 管 セ ン 理 タ ー 新 潟 児 病 院    玉   臨 床 部 省長   二       ① 2 努 ブ て ③ 名 定 検 が て 診 な 評 導 度 連 日 管 細 生 で 検  ④ の 2 イ  診 理 新 . め ル 専 陰 を の 査 あ 検 報 検 価 医 管 サ 本 理 胞 検 あ 査 細 施  判0ン全部指潟行るチ門性受割士り査告体しと理ー臨の診査り全胞設 定 基 準 は ベ セ ス ダ 0 7 年 「は 不 適 正 標 本 」 は 毎 年 改 訂 作 業 さ れ 、 県 統 一 方 式 の ガ イ ド ラ 会 導 協 議 会 ― 子 宮 が ん 検 県 生 活 習 慣 病 検 診 等 管 政 に よ る 精 度 管 理 こ と 、 を 求 め て い る 。 ェ ッ ク に よ る 再 検 査 に 医標け も本る しのよ く は 検 査 士 が ダ 10% 以 上 に つ い う 努 め る こ と 、 合 で 専 門 医 の 判 定 と 署 の 署 名 を 行 い 、 ま た 一 、 陰 性 報 告 に お い て も 士 お よ び 専 門 医 の 署 名 書 に は 陽 性 報 告 に お い 採 取 に 努 め る 、 ② 細 胞 て い る 。そ し て 、① 適 切 検 査 士 が 調 査 員 と な り に 参 加 し 、 当 学 会 の 指 ビ ス 振 興 会 を 介 し て 精 床 細 胞 学 会 は 、 医 療 関 実 施 が 謳 わ れ て い る 。 を 含 め た 各 検 査 の 精 度 所 立 入 検 査 実 施 要 綱 に 、 本 邦 で は 厚 労 省 の 衛 般 と 同 様 に 重 要 な 課 題 診 の 精 度 管 理 は 、 臨 床 の 鑑 査 と 認 定 る 。 続 け る こ と が 大 切 と 感 じ て い 奨 で 「 検 診 効 果 」 の 評 価 、 を 要 精 密 検 診 者 の 把 握 と 受 診 勧 「 異 常 を 見 逃 さ な い 」、行 政 は 、 本 と の 出 会 い を 大 切 に し て 胞 採 取 」 し 、 細 胞 検 査 士 は 標 は  、子 個宮 々が の 医 師 が 「 丁 ん 検 診 の 精 寧度 に管 細理 地 域 性 が 明 ら か に さ れ る 。 地 域 別 に 把 握 可 能 と な り 、 率 、 陽 性 反 応 的 中 率 な ど が 率 と 精 検 実 施 率 、 が ん 発 見 で は 、受 診 率 の 他 に 、要 精 検 ス ト を 提 示 し て い る 。 こ こ 用 の そ れ ぞ れ に チ ェ ッ ク リ 用 、検 診 実 施 機 関 用 、市 町 村 理 項 目 を 記 載 し 、 都 道 府 県 必 要 最 低 限 の 検 査 の 精 度 管 月報業 」告評 で書価 仕(の 様案在 書)り に:方 明平に 記成つ すい べ 20年 て き3: 我  が厚 国生 に労 お働 け る が ん 省 は 、「 検今 診後 事の ② 市 町 村 の 役 割 を 導 入 し て い る 。 定 さ れ 、 細 胞 標 本 の 評 価 法 ダ 2 0 0 1 の 完 全 実 施 が 決 記 、 2 0 1 1 年 か ら ベ セ ス 2 0 1 0 年 は 旧 分 類 と の 併 2 0 0 1 の 導 入 で 評 価 し 、 7

[close]

p. 8

  い る が 、 死 亡 率 減 少 効 果 を 認 が ん 検 診 」 の 有 効 性 は 認 め て イ ド ラ イ ン 」 は 、 現 行 の 「 肺 厚 生 労 働 省 の 「 肺 が ん 検 診 ガ 受 け て 頂 く 事 が 必 要 で あ る 。 い 検 診 を 、 よ り 多 く の 人 達 に 少 で あ り 、 そ れ に は 精 度 の 高 集 団 の 「  「 肺 が 肺ん が検 ん診 死」 亡の 数 」 の 減 目 的 は 、 ② 肺 が ん 検 診 の 目 的 待 た な い 。 早 期 発 見 ) で あ る こ と は 論 を 煙 ) と 二 次 予 防 ( 検 診 に よ る ん 対 策 の」 基 本 は 一 次 予 (防 禁 要 性 が 叫 ば れ て い る 。「 肺 が 6 万 人 を 超 え 、 そ の 対 策 の 重 中死に で亡罹 もは患 「年し 肺間て が ん 30数 い る 死万。 亡 数 」 は 人 に 上 り 、 又 「 が ん 」 本  人超 の高 2齢 人社 に会 1を 人 は 「 が ん 」 迎 え 、 現 在 日 ① は じ め に a③い精と法た影め る膜胸特うあと熟胸が影X撮.肺る度しで場等る 、へ膜異臓る、し部前に―影技が。管てな合をの ま た 肺 門 部 広 が っ て 進 直 下 に 発 生 性 ( 例 え ば 器 の 中 に 発 。「 肺 が ん 比 較 読 影 が た 医 師 に よ X ― P 写 真 提 と な る 。 耐 え る 写 真 P 写 真 の 現 機 器 の 性 能 術 的 精 度 管 ん 検 診 の 精 の 太 い 気 管 行 が ん と な す れ ば 、 胸 小 さ く と も 生 し て く る 」 は 肺 と い 必 須 条 件 で る 二 重 読 影 の 読 影 に 習 読 影 医 師 も を 撮 る こ と 像 な ど 、 読 撮、 影 条 件 、 理 : 放 射 線 度 管 理 理勧いに含は のめ場限む、 重ら合定標二 要 性 を 強 調 し て れ な い と 述 べ 、 は「 肺 が ん 検 診 」 さ れ 、 標 準 的 方 準 的 方 法 を 行 っ 重 読 影 、 比 較 読 織 を と っ て 検 査 で き る の と 胃 内 視 鏡 で 比 較 的 簡 単 に 組 な い 。( 胃 が ん 検 診 で は 、 る の も 困 難 な 場 合 が 少 な く 「 肺 が ん 」 か 否 か を 決 定 す を チ ェ ッ ク し た 時 、 そ れ が よ う に 小 さ い わ ず か な 陰 影 さ ) と し て い る 。 ま た こ の 下 ( Ⅰ a 期 … 1 円 玉 の 大 き 下 ( Ⅰ 期 ) 出 来 れ ば 2 ㎝ 以 さ は X ― P 写 真 上 、 3 ㎝ 以 る 「 肺 が ん 」 の 目 標 の 大 き 診 」 と 言 え る 。 現 在 発 見 す 精 度 管 理 の 難 し い 「 が ん 検 が 異 な る ) な ど か ら 、 最 も 型 で も 発 育 速 度 、 X ― P 像 生 物 学 的 多 様 性 ( 同 じ 組 織 の 早 期 発 見 は 困 難 )、 や 、 早 い 小 細 胞 が ん で は 検 診 で そ の 組 織 型 ( 非 常 に 発 育 の ― P で は 発 見 で き な い 、) 支 か ら 発 生 し た 時 に は 、 X 「 肺 が ん 検 診 の 精 度 新管 潟 県 理 保 健 」 衛 生 セ 栗 ン タ  ー 田     理 事 雄長   三       b 潟しくあ院診健収ら法容期把要把.要検るか例共いがXなをは 県、かるの担師集ず?…か握精握情と機。をがにてん―る得大 健旧ら。医当さの重)手ど(検、報な関ま知最、、のPこずき 康 づ く り 財 団 ) を 通 成 人 病 予 防 協 会 ( 新 そ の 重 要 性 を 認 識 新 潟 県 医 師 会 で は 早 師 の 協 力 が 不 可 欠 で 者 、 地 域 医 師 会 、 病 ん を は じ め と す る 検 た め に は 市 町 村 の 保 要 で あ る 。 こ の 情 報 な ど の 情 報 管 理 が 劣 術 ? 放 射 線 ? 化 学 療 う か … 病 期 、 治 療 内 が ん で あ っ た 時 は 早 受 診 率 、 精 検 結 果 の 受 診 勧 奨 、 受 診 率 、 管 理 : 検 診 対 象 者 の る 。 と の 密 接 な 連 携 が 必 た 一 次 検 診 と 二 次 精 る こ と が 重 要 と な 終 的 に な ん で あ っ た 自 分 が 要 精 検 と し た 写 真 読 影 に あ た る と X ― P 像 を 念 頭 に お 読 影 医 師 は 、 早 期 肺 と も あ り う る 。 検 診 し ば ら く 経 過 観 察 と な 差 が あ る 。) や む 討 を お 願 い し た い 。 で き る よ う 関 係 各 位 が ん 検 診 」 デ ー タ が 「 新 潟 県 が ん 登 録 」 あ る と 聞 い て い る が 築 す る に は い ろ い ろ 大 で 改 め て 、 シ ス テ 関 係 も あ り 、 受 診 者 診 と し て 長 年 行 わ れ な る 。 肺 が ん 検 診 は 診 断 し た か ? ) が 明 い 人 を 何 % 肺 が ん で 度 ( そ の 集 団 の 肺 が 何 % 発 見 で き た か ? 集 団 に 存 在 し た 肺 に よ っ て 検 診 の 感 度 の 把 握 が 必 要 で あ る の 間 に 発 生 し て く る あ げ る 為 に は 、 検 診 い る が 、 よ り 検 診 の な デ ー タ が 蓄 積 さ れ 検 診 の 評 価 」 の た め 行 っ て き て お り 「、 じ て が ん 検 診 の 疫 学 のリと、困ム数て結らなん)が(。肺と精ての肺調 ごン「是難をがき核かいで特んそそが検度き貴が査 検ク肺非が構膨た検にとな異をのれん診をて重んを 8

[close]

p. 9

フ ィ ( M M G ) 検 診 を 採 用 し な ぜ な ら そ の 頃 マ ン モ グ ラ 検 診 不 要 論 と 非 難 を 受 け た 。 の 事 実 か ら 一 部 の 評 論 家 か ら 間 に 差 を 得 ら れ な か っ た 。 こ 症入た 状に。 をよ加 有りえ すて る 1年0 、 外生腫 来存瘤 患率自 者に覚 群お者 といの のて混 機 構 の 欠 如 な ど が あ げ ら れ 感 度 の 低 さ 、 フ ィ ー ド バ ッ ク 医 の 量 と 質 の 問 題 、 視 触 診 の し た が 、 そ の 原 因 と し て 検 診 ピ ー ク に 0 ・ 1 % 前 後 で 固 定 に初れ 向のに 上0従 し・い た 。 し か し 06% か ら 0 ・ 、 乳 が ん 発 、見 こ 11% 率 れまは をで当 くで業 こ開と と始し にさて なれ視 っ、触 たそ診 。の単 新後独 潟検 県 13年 診 も間の そ続形 法  の 62年 わ も(が と1国 に9の 第8乳 27が 次)ん 老に検 人老診 保人は 健保昭 事健和 【 視 触 診 単 独 】 策 定 し 、 同 年 用はる 乳平こ が成と んが 検 1年3 決 診3定 上 に マ ン モ グ 事  入 業平】 (成 老 健 12年 第の 【 マ ン モ グ ラ え た 。 会 」 を 立 ち 上 た 乳 が ん 検 診 組 織 と し て 「 医 師 会 が ん 対 に 乗 る べ く 平 て い た 。 新 潟 M G 検 診 の 精 を 基 盤 と し て 関  す一 る方 幾、 つわ かが た か ら で あ る 死 亡 率 は 既 に て い た 欧 米 先 4の月しラ 第 フ げにM策成県度、の国。下進 月 実 に た フ 6号5 4 ィ 国 関 M 委 で 管 学 厚 で が 国 か 施 「 。 ィ ) 次 の の す G 員 10年 も 理 会 労 は り で ら要M新をで老 試 発るを会6こに主省M 始の 全領M潟導 人 験 令小導の月の着導班M め乳 県 」 G 県 入 5歳0 保 的 に 委 入 下 に 潮 手 で 研 G て が 統を併です以健 導 備員し部県流しM究に いん   6 年 が 経 過 し た 現 在 、 新 潟 け 】 【 マ ン モ グ ラ フ ィ 検 診 の 幕 開 な っ た 。 ん 検 診 が 開 始 さ れ る こ と に 較 に 耐 え ら れ る 本 格 的 な 乳 が 1 号 ) と し て わ が 国 も 国 際 比 健 事 業 ( 老 老 発 0 4 2 7 0 0 月なも よっ当 りた分 第。の 4そ間 次しは (て残 延、さ 長平れ )成る 老こ 人 16年 と 保4に M G の 対 象 に な っ た が 視 触 診 に お い て 40歳 以 上 の 全 て が M 「の が ん 検 診 に 関 す る 検 討 会 」   平 成 15年 3 月 に 開 か れ た 国 わ せ た 読 影 体 制 を 整 え た 。 ぞ れ の 地 区 で 地 域 の 事 情 に 合 が ん 検 討 委 員 会 」 を 設 け そ れ の ブ ロ ッ ク に 分 け た 「 地 域 乳 が 発 足 し 、 さ ら に 県 下 を 4 つ 「 新 潟 県 乳 が ん 検 討 委 員 会 」 始 さ れ た 。 ま た 、 同 年 8 月 に 一 方 式 で M M G 併 用 検 診 が 開 新 潟 新県 潟 県 に 労 働 衛 お け 生 医 る 学 協 乳 会 新 潟 が ん ブ レ 検 ス ト 検 診 佐 セ ン  タ 野   ー   所 診 の 歩 み 宗長   明       し研 で て 究 1年9 あ 事にろ 40歳 業 第 う 代の3。 を戦次こ 対略対れ 象研がに に究ん対 M課総し M題合て G1戦平 単と略成 視 さ れ て い る の は 超 音 波 検 査 の  補超 完音 的波 検検 査査 と: し現 て在 最、 もM 有M 力G 【 こ れ か ら の 課 題 】 い た だ き た い 。 が ん 死 亡 率 の 減 少 に 寄 与 し て さ ら な る 精 度 管 理 に 努 め 、 乳 回 る 成 績 を 残 し て き た 。 今 後 3 % 以 上 を 保 ち 全 国 平 均 を 上 め 、 乳 が ん 発 見 率 も 常 に ・0 セ ス 指 標 で 全 国 の 上 位 を 占 ず 、 新 潟 県 で は 幾 つ か の プ ロ く な っ た 。 そ れ に も か か わ ら に 何 ら 法 的 規 制 力 が か か ら な 健加年用まもクの描 康しよさたあー啓き 増たりれ、りポ蒙、 進 法 に 変 わ り 検 診 業 務 。約る 法4M 律倍M ものG 平機 成 40台 器 以も 2年0 上 平 かに成 ら増 12 県 内 で 検 診 の た め に 使 23・2 % ま で に な っ た 。 ン 券 配 布 な ど の 追 い 風 活 動 や 平 成 2年1 の 無 料 ピ ン ク リ ボ ン 運 動 な ど き た 。 受 診 率 も 右 肩 上 が り を は 量 と 質 と も 順 調 に 向 上 し て 県 に お け る 乳 が ん 検 診 の 成 績 た い 検 に 益 そ 少 の 診  考 を コ り 知 転 次 診 設 極 に G  が が 音 試 加 独 だこ診公だれのそで利え提ン道識が検断でめ認検精待走波験すと きとで的と以みの得益る示セををあ診とはて定診査たっ検「るM た い 。 を 常 に 念 頭 に は そ の 概 念 は 資 金 を 投 入 す も い わ れ て い 外 の 行 為 は す で あ り 、 極 論 臓 器 に よ る 死 ら れ る 利 益 は と 不 利 益 : 最 。 す る べ き で は ン サ ス を 得 た し な い よ う に 持 た な い 要 精 っ て は な ら な と 二 次 検 診 で 生 検 が 要 求 さ さ ら に 精 度 の 高 い 。 し か し 制 度 で あ り そ は ハ ー ド 、 ソ 検 査 施 設 : 現 れ る 。 て い る 。 3 年 査 の 有 効 性 乳 が ん 検 診 に 2 群 間 の 無 作 M G に 超 音 波 置さるるべで亡そ後 な精各検い精れ高、のフ在 後をお為検 いら対。てい率のに い査地者。度るい精精トの の検け化査 てに策と不えの地、 か施域が何の。画査度とM 結討る比を い強型く利ば減域検 と設で回も逆一像施はもM 果」超較追 9

[close]

p. 10

制 効 果 は エ ビ デ ン ス と リ ー プ 切 除 に よ る 大 腸 療 で き る こ と で す 。 腸 早 期 が ん は 発 見 と 同 く の 大 腸 ポ リ ー プ や 一 し ま す 。 こ こ で の 特 徴 腸 内 視 鏡 で 行 う こ と を ニ ン グ を 行 い 、 精 密 検 血  検大 査腸 二が 日ん 法検 で診 一は 次、 ス免 た だ き ま す 。 な 課 題 に つ い て 述 べ さ わ っ て き た 者 と し て 、 潟 市 大 腸 が ん 検 診 に 「 会 報 」 の 創 刊 に あ た ま す 。 新 潟 県 健 康 づ く 増 進 法 に 基 づ い て 行 わ か の 変 遷 を 経 て 、 現 在 検 診 の 根 拠 と な る 法 律 す か 的  。ら大免 区今腸疫 市年が便 町 村 で ん 検 潜 血 に よ る 大 2年0 目 を 診 が 開 始 検 査 を 用 しが大時部は基査ク疫 せ今長りりれはは腸迎さい てん腸にの、本はリ便 て日年、財て健何がえれた 示抑ポ治大多と大ー潜 い的関新団い康回んまて法 こ 放 は 検 率 始 い あ 瘍 便 見 腸 す ん  る 亡 検 生 い 亡 方 さ れ置発未が当とりが潜さが。検平検率診労る抑式れ にさ見受伸初い、発血れん精診成診がの働こ制にて 対 し 、 要 精 検 者 へ の 電 れ る と い う こ と で す 。 さ れ る べ き 大 腸 が ん が 診 と い う こ と は 、 本 来 び 悩 む こ と で し た 。 精 か ら の 問 題 は 精 検 受 診 え ま す 。 一 方 、 検 診 開 検 診 効 率 は き わ め て 高 見 さ れ る と い う こ と で 陽 性 者 の 半 分 は 大 腸 腫 てが検 い、受 ま約診 す者 。換 言 す れ ば 、 41% で 腺 腫 が 発 の 約 9 % で 大 成 績 を 表 1 に 20年 度 の 新 潟 市 の 一 つ と さ れ ま 示大し し腸た まが。 下 が る 十 分 な 根 拠 が あ 有 効 性 評 価 」 で は 、 死 省と効 研か果 究らも 班、明 に平ら よ成か るに 「 15年 さ がのれ ん厚て よ る 大 腸 が ん 検 診 の 死 お り ま す 。 ま た 、 こ の 回 た と 後 理 と 存 こ 室 一 女 こ 大 き  て な エ 続 た 様 機 話 実め粘の由も率ろに般性の腸た約いおネ的。々関に 施 す る 現 在 の 検 診 で は 解 と 推 定 さ れ ま す 。 年 に 1 液 腺 が ん が 相 対 的 に 多 い 悪 い 中 ・ 低 分 化 型 腺 が ん は 、 女 性 の 大 腸 が ん は 予 判 明 し ま し た 。 そ の 主 な は 男 性 よ り 有 意 に 低 い こ 、 女 性 の 大 腸 が ん 5 年 生 デ ー タ 提 出 を 依 頼 し た と 的 で す 。 新 潟 県 が ん 登 録 の が ん 発 見 率 が 低 い の が 方 式 の 大 腸 が ん 検 診 で は が ん の 性 差 の 問 題 で す 。 課ま 題 2年0 す も間。 あの り蓄 ま積 すか 。ら そ見 れえ はて 悩 ま し い 課 題 と し て 残 っ ル ギ ー が 必 要 で あ り 、 今 に 上 げ る た め に は 相 当 の し か し 、 精 検 受 診 率 を 継 な 介 入 が 試 み ら れ ま し へ の 問 い 合 わ せ な ど 、 よ る 受 診 勧 奨 や 検 診 実 施 大 腸 が ん 検 診 の 今 日 的 な 課 新 潟 題 月 市 保  健 岡   所   所  長   恵       い な に で う す を 診 が が 成 す す 券 た 算 し 診 問 集 受 診 検 標 は た 率  と 決 あ検受ははこしでっ、 る。の大でょの題計診が診が、がでもいが り 討 診 、 言 と て も て 思 2年1 無 女 配 腸 働 う 受 は す 者 行 以 掲 受 ん す う う 難 ま せ ん 。 課 題 と な る こ と 率 向 上 策 が 今 後 検 診 効 果 を 上 げ っ て も 、 公 的 が は 難 し い で し ょ も 受 診 率 を 大 幅 、 こ の よ う な 政 い ま せ ん 。 大 腸 っ た ほ ど 受 診 度 か ら 行 わ れ て 料 ク ー ポ ン 券 配 性 特 有 の が ん 検 布 制 度 を 掲 げ が ん 検 診 無 料 ク き 盛 り 世 代 を 対 か 。 国 は 平 成 診 率 向 上 策 は あ 別 に し て 、 大 腸 る の か と い う 根 数 ( 率 ) を ど の わ れ て い る 状 況 外 に 企 業 検 診 や げ ら れ て い ま す 診 率 5%0 以 上 と 対 策 推 進 基 本 。 平 成 19年 に 策 一 つ の 課 題 は 検 こ と で し ょ う 。 し い 問 題 を 孕 ん は の る ん う に 策 が 率 い 布 診 て ー 象 23年 る が 本 よ の 個 。 い 計 定 診 で 間重た検。伸誘んはまはにいポと度のん的う中人公う画さ受 い 違要め診そば導検上す平対まンし予で検なにで検的目でれ診 る 表1 平成20年度新潟市大腸がん検診成績 受診者数 要精検率 精検受診率 発見大腸がん がん発見率   男     女   早期がん割合 精検受診者に占めるがん発見率 精検受診者に占める腺腫発見率 62,565人 8.2% 66.8% 313人 0.50% 0.74% 0.36% 69.2% 9.1% 40.5% い で 理 機 す 各 診 要 さ の る 査 要 検 り  まはシ関る々療精れ増精待が処要最 すなスが課のす検つ加検ちあ理精後 。 い か 、 と 私 は 認 テ ム を 構 築 す べ 協 議 し て 新 し い 題 で は な く 、 関 医 療 機 関 の 努 力 る の か 。 そ れ 者 を ど の よ う に つ あ り ま す 。 増 に よ り 日 常 診 療 施 設 が 多 く 、 要 の 期 間 が 1 カ 月 り ま す 。 大 腸 内 能 力 の こ と も 考 検 者 が 増 え た 場 に 、 検 診 受 診 率 識き精係では円加が精を視え合が し問検す解今滑す圧検超鏡るの上 て題処る決やにる迫者え検必精が 10

[close]

p. 11

合 厚 連 綜 新 医 域 タ カ 地 新  病生村合潟学胃ール域潟検 院連上病県協集、セ総市診 、上総院健会団嵐ン合医機 厚越合、康、検南タ健師関 生総病厚管新診メー康会協 連 け い 合 病 院 院 、 厚 生 連 三 理 協 会 潟 県 保 協 議 会 ジ カ ル 、 下 越 管 理 セ メ ジ カ 議 会 な ん 総 合 病 院 、 厚 、 厚 生 連 糸 魚 川 総 生 連 栃 尾 郷 病 院 、 条 総 合 病 院 、 厚 生 、 厚 生 連 長 岡 中 央 健 衛 生 セ ン タ ー 、 、 新 潟 県 労 働 衛 生 セ ン タ ー 、 魚 沼 地 総 合 健 康 開 発 セ ン ン タ ー 、 柏 崎 メ ジ ル セ ン タ ー 、 上 越 魚 市 町 原 市 新  沼魚市郡刈潟郡 郡沼中、羽市市 市市魚加郡、医 、川沼茂、長師 佐口郡市新岡会 渡町、、発市 、村見田、 糸上附北上 魚市市蒲越 川岩南原、 市船蒲、三 、郡原五条 燕、郡泉市 市小、市、 、千十東柏 南谷日蒲崎 ミ 院 ク 消 画 立 十 樋 新 B 市 港 院 院 南 化 桑 デ 県  リ、、化、川字口潟S民病、、部器名ィ立法 ー佐こ器堀メ病医県N病院信下郷科病コが人 ク藤ん科クデ院院栄ア院、楽越総医院新ん リ医のわリィ、、養イ、新園病合院、潟セ ニ院脳たニカ㈳㈳士ネ島津病院病、柏営ン ッ、神なッル新新会ッ津医院、院㈲崎業タ ク丹経べクセ潟潟、ト内療、西、双中所ー 、 斎 藤 内 科 ・ 消 化 器 羽 医 院 、 こ ば り フ ァ ク リ ニ ッ ク 、 石 崎 医 医 院 、 潟 東 ク リ ニ ッ 、 山 口 医 院 、 内 科 ・ ン タ ー 、 ㈲ L 保 険 企 県 臨 床 検 査 技 師 会 、 県 看 護 協 会 、 長 岡 赤 ㈳ 新 潟 県 薬 剤 師 会 、 、 大 熊 内 科 医 院 、 ㈳ 科 医 院 、 ㈱ 日 青 堂 、 セ ン タ ー 病 院 、 新 潟 小 飯 塚 医 院 、 新 潟 臨 川 内 科 医 院 、 石 川 医 北 日 本 脳 神 経 外 科 病 葉 印 刷 、 中 島 医 院 、 央 病 院 、 中 村 内 科 消 、㈾ 中 北 車 体 工 作 所 、 新 潟 病 院 、 ㈱ 日 立 メ 羽 村 、 関 川 村 、 粟 島 浦 村 千 谷 雲 崎 町 、 川 口 町 、 湯 沢 町 、 津 南 町 、 刈 院 、 聖 籠 町 、 弥 彦 村 、 田 上 町 、 阿 賀 町 、 出 防 協 魚 沼 市 、 南 魚 沼 市 、 妙 高 市 、 胎 内 市 、 病 院 魚 川 市 、 五 泉 市 、 阿 賀 野 市 、 佐 渡 市 、 リ ハ 十 日 町 市 、 見 附 市 、 村 上 市 、 燕 市 、 糸 新 潟 崎 市 、 新 発 田 市 、 小 千 谷 市 、 加 茂 市 、 生 会 新  潟市 市町 、村 長 岡 市 、 上 越 市 、 三 条 市 、 柏 厚生 生連  ( 敬 称 略 )   こ こ に ご 芳 名 を 登 載 し 、 重 ね て 厚 く お 礼 申 ご  協平 力成 、二 誠十 に一 有年 難度 うの ご会 ざ員 いは ま し た 。 、次 の 方 々 で す 「。 総新会、ビ医新連刈 しが 合潟、ゆリ療潟魚羽 病こ白きテ生第沼郡 院ば根ぐー活二病総 り健にシ協病院合 病 院 、 新 潟 南 病 院 、 小 生 病 院 、 山 北 徳 洲 会 病 大 和 病 院 、 健 康 医 学 予 ョ ン セ ン タ ー ・ み ど り 同 組 合 木 戸 病 院 、 総 合 院 、 済 生 会 三 条 病 院 、 、 厚 生 連 豊 栄 病 院 、 済 病 院 厚、 生 連 中 条 病 院 、 上ん げ征 ま圧 す運 。動 」 へ の ご 支 援 、 日 本 対 が ん 協 会 維 持 会 員 河 史 山 木 内 建 助 山 佐 力 相 朝 司 伊 博 結 和 岡 昭 滝 ツ 黒 稲 涌 譲 野 植  辺江崎村山郎、静藤、澤輝、藤隆城、玲夫沢、島月井、キ木個 明、英道聖、米恵一姉義、会正、瑛五子、佳阿昌作茂初シ岩人 彦 、 佐 野 正 俊 、 布 施 和 夫 、 花 野 吉 田 英 春 、 北 澤 幹 男 、 古 川 一 雄 、 彦 、 長 部 タ ミ 、 内 山 政 二 、 鈴 木 夫 、 深 沢 省 三 、 鷲 塚 隆 、 岸 裕 、 、 佐 野 宗 明 、 澤 田 洋 一 、 杉 田 隆 、 畠 山 勝 義 、 高 木 顯 、 高 橋 喜 子 、 田 恒 男 、 杉 田 玄 、 遠 山 晃 、 興 梠 、 西 川 登 美 子 、 鈴 木 宏 、 田 澤 勘 義 、 小 山 和 良 、 佐 々 木 壽 英 、 守 崎 静 記 、 福 田 与 志 嗣 、 阿 部 常 一 、 房 、 吉 沢 浩 志 、 大 川 賢 一 、 笹 川 今 井 昭 雄 、 石 田 央 、 馬 場 肝 作 、 田 恵 、 上 村 桂 、 本 間 信 一 、 上 村 一 、 薄 田 芳 丸 、 川 室 優 、 齋 藤 良 柳 玲 子 、 佐 々 木 繁 、 青 木 洋 二 、 、 立 川 厚 太 郎 、 大 山 芳 郎 、 羽 尾 十 川 正 矩 、 村 山 実 、 番 場 道 夫 、 、 佐 藤 正 子 、 加 瀬 マ サ 子 、 能 登 日 戸 平 太 、 橋 本 増 一 、 渡 部 透 、 子 、 倉 品 克 明 、 松 井 一 光 、 木 澤 部 カ ズ 、 栗 田 雄 三 、 野 沢 幸 男 、 美 、 富 樫 益 郎 、 近 藤 進 、 高 橋 セ 之 助 、 五 十 嵐 広 隆 、 丸 山 正 義 、 、 服 部 博 司 、 松 元 寿 、 河 内 實 、 野 弥 一 、 永 井 ヒ ロ 、 高 橋 陽 一 、 子 、 鈴 木 義 衛 、 磯 部 喜 八 、 桑 原 太 、 篠 田 亀 太 郎 、 松 澤 キ ヨ 、 中 会相ま小篠関ニ科 保沢ク池川医ッ医 険医リ内内院ク院 出 版 社 院 、 竹 内 病 院 、 金 子 医 院 、 ㈱ 社 ニ ッ ク 、 松 井 女 性 ク リ ニ ッ ク 、 科 消 化 器 科 ク リ ニ ッ ク 、 す な や 科 医 院 、 江 部 医 院 、 佐 和 田 病 院 、 、 庭 山 外 科 医 院 、 亀 田 第 一 病 院 、 、 戸 井 田 内 科 医 院 、 宮 医 院 、 大 、 安 宅 医 院 、 お お む ら 内 科 ク リ 上 継 自   ② 法 以 継 自 ① 個 維 持 大 会 ご 入 寄 付 率 の 定 さ ち ま を 一 る こ は  「ご  入 の続発人上続発人会等会し税れす人とが入 会 費 を 納 入 さ れ る 法 人 等 。 し て 、 毎 年 1 0 0、 0 0 円 以 的 に 支 援 し て く だ さ る た め 会 員 … 「 が ん 征 圧 運 動 」 を の 会 費 を 納 入 さ れ る 方 。 し て 、 毎 年 一 回 3 、0 0 0 円 的 に 支 援 し て く だ さ る た め 会 員 … 「 が ん 征 圧 運 動 」 を 員 開 催 案 内 を お 送 り し ま す 。 の 方 に は 、 会 員 証 ・ 機 関 誌 ・ や す い 環 境 に な り ま し た 。 制 上 の 優 遇 措 置 が 適 用 さ れ 、 た こ と に よ り 、 寄 付 金 控 除 。 特 に 今 回 、 公 益 法 人 に 認 で も 少 な く す る こ と に 役 立 に な り 、 が ん で 死 亡 す る 人 ん 征 圧 運 動 」 に ご 協 力 さ れ 会 又 は ご 寄 付 く だ さ る こ と 会 と 寄 付 川  田 さ さ  年 平 合個 脳とわ法 十成 千人 外うな人 一二 尋 科内か 月十 内科医 末二 科ク院 現年 医リ、 在度 院ニ山 、ッ田 長 沼 医 院 ク 、 小 林 医 院 、 栗 医 院 、 宮 尾 医 院 、 )新 規 会 員 ( 平 成 二 十 二 政 晴 、 霜 鳥 克 彦 、 青 木 和 男 、 林 栄 子 11

[close]

p. 12

平 成 23年 第27回がん征圧新潟県大会開催状況 3月 30日 発  去る平成22年9月17日新潟市の新潟県民会館大ホールにおいて、第27回がん征圧新潟県大会が開催されまし 行   た。 編 集  県知事のご来臨をいただき、県内各地から多数の参加を得て盛大に行われました。 発 行  式典として、開会挨拶、来賓祝辞、日本対がん協会新潟県支部長表彰、新潟県成人病予防協会理事長表彰、   保健文化賞受賞記念特別表彰、来賓祝辞を行い、「声かけて 地域 公 益 ぐるみで がん検診」をテーマに、医師や「胃・友の会」及び「あ 財 団 けぼの会」のがん体験者から早期検診の勧めや体験を発表した「は ◎日本対がん協会新潟県支部長表彰  (個人の部) 法 人 つらつトーク」があり、特別講演として、国立病院機構名古屋医療   藤巻 宏夫   (医  師) 新 潟 センター高度診断研究部長の遠藤 県 健 先生による「知っておこう、乳が 康 んのこと」と題して、『乳がんは   澤中 信行   (医  師)   加藤 喜代子  (保 健 師) ◎新潟県成人病予防協会理事長表彰 づ く 無症状のうちに発見すれば、ほと  (個人の部) り 財 んどの方が助かる病気であり、「無 団 ( 症状だから大丈夫」ではなく、「無   大津  匡   (医  師)   関塚 正昭   (医  師)   花野  明   (医  師) 県 医 症状だからこそ」検診を受けま   大貫 啓三   (医  師) 師 しょう。』と検診による早期発見   真柄 純子   (医  師) 会 館 の重要性を講演していただき、閉  (団体の部) 内  ) 会挨拶を行い、大会の幕を閉じま 新 した。   三条市健康推進員協議会 ◎保健文化賞受賞記念特別表彰 潟 市  (個人の部) 中   番場 道夫   (医  師) 央 区 医 学 町 通 二 平成22年度がん征圧全国大会が福井県で開催されました 番 町 十  去る平成22年9月10日福井市フェニックスプラザにて、平成22年度がん征圧全国大会が開催されました。 三 番  今年度の日本対がん協会賞には、本県の栗田雄三先生(新潟県保健衛生センター理事長)が受賞されました。 地   栗田先生は、肺がん検診において旧厚生省の研究班員として、喀痰細胞診の普及や二重読影および比較読影を 電 話 取り入れた新潟県方式構築に尽力されまし 0 2 た。 5  記念講演は昨年同様、ほほえみ大使のア 2― 2 グネスチャンさんが行い、家族愛とがん検 4 診の重要性を語られました。 6― 1 6 1    ( 表 紙 写 真 編集後記 提 供 ・  公益財団法人新潟県健康づくり財団「創刊号」の編集方針として、財団の名称を「成人病予防」から「健康づくり」 写 を冠としたことから、佐藤先生には「健康づくり」の寄稿を依頼しました。また、公益目的事業として、各種検診の統 真 計分析、疫学調査等を実施していることから、がん検診の専門分野の先生方に寄稿依頼をしました。各先生には多忙な 店 「 ところ執筆いただき大変感謝しております。 写  私たちが、様々な活動ができるのは、健康な心身を持ち合わせ個体が社会の一員として生きているおかげかと思います。 楽 )」 聖書に「老いた者には知恵があり、命の長いものには悟りがある」とあります。健康で年を取ることを心から喜べる個 体になりたいものです。  新潟県健康づくり財団は、これからも健康づくり活動に寄与して参りたいと存じます。 12

[close]

Comments

no comments yet