atauta202

 

Embed or link this publication

Description

atafuta

Popular Pages


p. 1

Vol.202 8 2015年 月号 Show! 2015 8 9

[close]

p. 2

8 8.21(FRI) ※各日入場時に1ドリンク(¥500〜)別途オーダーいただきます。 Live Schedule 2015 August 8.14(FRI) 8.23(SUN) 8.15(SAT) 4 OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥4500 / DOOR ¥5000 5 OPEN 19:30 / START 20:00 ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 6 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 12 8.17(MON) 8.18(TUE) OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 13 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 17 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 18 OPEN 18:30 / START 19:20 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300 19 OPEN 18:30 / START 19:30 ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 20 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 24 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 25 OPEN 18:30 / START 19:20 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300 26 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 27 OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥3000 / DOOR ¥3500

[close]

p. 3

APIA40では随時出演者を募集しています! 毎月行われる新人オーディションで実際に演奏して頂き審査いたします。電話または店頭にてご応募ください。 要予約 03(3715)4010  詳しくはHPをご覧ください。 1 8.2(SUN) 昼の部 2 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 夜の部 OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥2500 / DOOR ¥3000 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 7 OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥2500 / DOOR ¥2800 8 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 9 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 ¥1500 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ADV ¥2500 / DOOR ¥2800 14 OPEN 18:30 / START 19:20 ADV ¥2000 / DOOR ¥2300 15 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 16 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 21 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 22 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 23 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500 28 OPEN 18:30 / START 19:20 ¥1500 29 昼の部 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 30 昼の部 OPEN 13:30 / START 14:00 ¥1500 ¥1500 夜の部 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥1500

[close]

p. 4



[close]

p. 5



[close]

p. 6



[close]

p. 7

チエルーム! 〜じゃばらちっく ナイト      withトワトワ ト〜 2015 8.1 チエルーム アピア 40 にも何度か登場したことのある沼の王女 ユニット 「沼娘」 の妹王女・千泳に瓜二つ (?) の、 ク ロマチックアコーディオン弾き語り 「チエルーム」 。 今年 3 月、 『此処彼処』 と 『僕らの未来を』 という 2 枚 のアルバムを同時リリース、 現在全国ツアー中。 トワトワト 4 月に渋谷で開催したフルメンバー参加のワンマン ライブに引き続き、 東京レコ発第2弾となる今回の ライブは、 『此処彼処』 参加メンバーの菅野稔子との 2 台のアコーディオンとパーカッションによるア コースティックアレンジの 『此処彼処』 は、 チエルー ムのクロマチックアコーディオン弾き語りに鍵盤 アコーディオン菅野稔子とパーカッション田中良 太が加わり、 生音に近いバランスで、 優しく温かく 時にダイナミックな響きを味わえるアルバム。 ダイ レクトな唄声と歌詞がすうっと心にしみこむ。 ツインアコーディオンでしっとりじっくりとチエ ルームの世界をお届け!!共演はバイオリン柴田 奈穂とアコーディオン熊坂路得子による素晴らし いデュオ 「トワトワト」 。 出演メンバー 4 人のうち 3 人がアコーディオンという、 なんともじゃばらちっ くな夜をお楽しみください。 一方の 『僕らの未来を』 は、 チエルーム初の試みとな るシンセによるエレクトリックアレンジ。 3 人の個 性的なシンセ弾きたちによって色付けされたエレ クトリックサウンドに、 ふわりと乗るアコーディオ ンの音色とチエルームの唄声が見事にマッチした 表情豊かなアルバム。 チエルームの唄の新しい魅力 が引き出されている。 『此処彼処』  POYA-0009  販売元:ラッツパックレコード  2015年3月7日発売 10曲  ¥2000(税込¥2160) 『僕らの未来を』  POYA-0010  販売元:ラッツパックレコード  2015年3月7日発売 9曲  ¥2000(税込¥2160)

[close]

p. 8

CD の所有枚数は 2000 枚を超える CD ジャンキーのマーブル後藤 (a.k.a. ごとう はるか / アピア 40 スタッフ / ホーミータイツ ) が、 mp3 全盛のこの時代にさすがに 整頓するかとちょこちょこ処分を始めた折、 これだけは手放すまい!と決めた マイ・ゴールド・ディスクを誰からも要望がないので自らご紹介。 ▼ ロックって 100 年くらい前からやってそうにつ い思うのですが、 その誕生から 100 年は経って いません。 けれども、 100 年前にも “ロックな人” はいたであろうと思うのです。 タモリさんが 「ジャズというジャンルはない、 ジャズな人が いるだけだ」 「音楽やってなくてもジャズな人 がいる」 という持論を展開していますが、 これ には僕も賛同します。 ロック以前、 ジャズ以前 にも、 ロックな人、 ジャズな人はいたと思うの です。 しかしながら、 そういう人に対する “ロッ ク” や “ジャズ” ほど明快な形容詞はなかったで しょう。 なかったものに名前がつくというのは 大変な事で、 例えばセクシャルハラスメント、 通称 “セクハラ” という言葉が日本で使われる ようになったのは 1980 年代です。 それ以前に も間違いなくセクハラは存在していましたが、 その行為に対する呼び名はなかったのです。 現 在でも、 そのような “名前はついてないが確実 に存在する事象” はまだまだ数多く残されてい ます。 例えば僕が発見したところでは、 「青春期 を彩った楽曲・バンドをある種の気恥ずかしさ から 『好きだ ( った )』 と公言できない」 という 現象にも名前がついていません。 また逆に、 そ んな現象にまで名前付いてんの!というのも あります。 例えば 「携帯電話が鳴った(振動した) と思ったけど気のせいだった」 という現象には “ファントム・バイブレーション・シンドロー ム” という名前がついています。 ところで、 ここ だけの話ですが、 僕は中学、 高校と、 ルナシーの コピーバンドでベースを弾いていました。 もち ろんライブ ( 横浜スタジアムとか東京ビッグサ イトとか ) にも行きました。 まさに僕の青春期 はルナシーによって彩られていたと言っても 過言ではありません。 その後、 パンク、 メロコア の時代が来てしまい、 ルナシーを聴いていたり コピーしたりするという行為が極めてダサい 行為ということになってしまい ( 僕の高校周辺 では )、 そのことを公にするのが憚られるように なってしまいました。 ダサい過去は、 できるだ け隠したいもの。 何しろ、 ここアピアは弾き語 りの殿堂です。 出演の応募資格にも 「ビジュア ル系は不可」 と書いてあります ( 本当です )。 僕 はルナシーのコピーバンドをやっていたとい う過去を隠して生きていく事を選択したので す。 しかし思春期を共に過ごした音楽の味は忘 れがたく、 15 年を経た今でも、 当時聴いていた 音楽はどうにもしっくりきてしまう、 というこ とは否定できません (←この現象も名前ついて ない? )。 ルナシーが 1991 年にリリースしたイ ンディーズでの 1st アルバム 『LUNA SEA』 を、 20 年の時を経て全曲そのままセルフカバーし たこのアルバムに心躍ってしまった事はここ だけの秘密です。 これは手放すわけにはいきま せん。

[close]

p. 9

今月の ピックアップ PICK UP! 2015 JULY APIA40 8 8.5 高満洋子 出演 Penny days〜 レコ発ワンマンライブ 8.7 出演 ※セッションゲスト有り 出演 うたかた 8.19 大貫沙織 謡象 伊東正美 謡象音樂會 謡象 are... (vo) (vo,g) 太田佐和子 河合徹三 (ba) (p) 石塚俊明  from 頭脳警察 (dr) 出演 8.25 声の届くところ、思いのあるところ... AZUMI Profile 1960 年姫路生まれ。 19 歳でソロ・デビュー。 憂歌団、 有山淳司らと交流。 '85 年 「宇 崎竜童&ホームレス」 にギタリストとして参加。 甲本ヒロトプロデュースによる 「ワ ンナイトブルースフェス」 に参加。 '88 年 「アズミファースト」 発表。 以降オリジナ ルアルバムを多数発表。 '01 年シカゴサンフランシスコアジアンアメリカンジャズ フェスに出演、 全米ツアーを行う。 '07 年、 シンガー豊田道倫プロデュースとなる 「ALBUM」 発表。 年間ライブ 200 本。 ブルーズ・シューズをはき西へ東へ唄い歩く。 AZUMI 8.27 THE END THE END are... 遠藤ミチロウ新バンド結成記念 出演 THE END

[close]

Comments

no comments yet