shiyu-4

 

Embed or link this publication

Description

紫友再刊第4号

Popular Pages


p. 1



[close]

p. 2

校友会北海道支部総会が盛大に開催 されますことを、心からお慶び申しあ げます。平素は、本学に対しましてご 厚情、ご支援を賜わり、誠にありがと して厚くお礼申しあげます。   同志社大学は1875年の同志社英 学校としての創立以来、自治自立の精 神に富み、自由を尊び、良心を手腕に 育研究活動を展開してまいりました。 そして、より個性的で特色ある私学で あ り 続 け る た め に、 時 代 に 即 応 し た 140 様々な改革に取り組んでおり、創立 周年にあたる2015年には次の取り 組みに注力しているところです。   一点目はグローバル化への取り組み です。アーモスト大学に学んだ新島の 伝統を継承し、グローバル・リベラル アーツ副専攻を設置するなど、数を競 う量的なグローバル化ではなく、これ までの実績を活かした同志社らしく、 も力強く進めてまいります。「スーパー より老舗」のグローバル化を目指して まいります。   二点目は学内のガバナンスの整備で す。今や 14 学部4独立研究科を擁する 本学において、学内の合意形成を経て 実行することはたいへんな時間と労力 を要します。一方で、社会が大学に求 める変化の程度やそのスピードは一層 大 き く 速 く な っ て お り、 こ の 内 外 の ギャップを解消することが喫緊の課題 めているところです。 です。昨年 11 月に設置した学長室を中 の発想でしょう。学生にはぜひ新島に 心に、学長の企画立案機能の強化と意 ついて知ってもらいたいと考えていま 思決定・校務執行システムの改革を進 す。新島について知ることは、近代の 日本、同志社、そして、我々自身の来 うございます。教職員を代表いたしま   三点目は2025年の同志社創立 150 歴について知ることでもあるからで 周 年 に む け た「 同 志 社 大 学 ビ ジ ョ ン す。 2 0 2 5」 、 そ の ビ ジ ョ ン 達 成 に む け   第三は、同志社がキリスト教を教学 的に進めてまいります。 781 てのアクション・プランの策定を全学 の基盤に据えているということです。 明治以来、日本の人口に占めるキリス 運用する力強い人物の輩出を願い、教   また日本には もの大学があります ト教徒の割合はわずか1%にすぎませ が、その中でも本学はまことにユニー んが、国際社会ではキリスト教人口は クな存在だと考えています。本学には 三つの特徴があります。第一は、京都 に位置しているということです。全国 同志社大学  学長 村田 晃嗣 の大学生の約4割が首都圏の大学で学 んでおり、たいへんな首都圏集中とい 校友会北海道支部総会の開催を祝して えます。首都圏で学ぶことのメリット   同志社の徽章、三つ葉のクローバー も大きいでしょうが、首都圏以外の多 様な視点から社会を考察することも実 に重要です。特に学生が伝統と革新の の意義は決して小さくありません。 共存する京都で青春時代を過ごすこと 京都らしい質的なグローバル化を今後   第二に、同志社は私学だということ です。同志社には創立者・新島襄の教 育理念が生き続けています。明治政府 がいわゆる和魂洋才で、近代化のため に西洋の技術や制度を模倣しようとし た折に、新島は西洋の技術や制度を支   最後になりましたが、本日ご列席の える市民社会の重要性を訴え、その市 民社会を構成する賢明で自立的な市 民、つまり「良心を手腕に運用する人 に国禁を犯して単身アメリカに渡り 物」を育成しようとしたのです。幕末 年余をそこで過ごした新島だからこそ 10 22 億人にも上ります。キリスト教の視 点から社会や物事を考察し、キリスト 教について一定の理解や知識を有して いることは、多様性と国際性の両方に 通じるのです。 は知徳体を表していますが、京都、私 学、キリスト教という三つの特徴に見 立てることもできるかもしれません。 そして、そこに共通するのは、多様性 であり、寛容の精神であり、自立心で す。これらなしに今後のグローバル社 会をクリエィティブに生き抜くことは できません。同志社は伝統ある学校で すが、その特徴や教育目標はきわめて 今日的でもあるのです。 みなさまが、この場を通じて相互の交 流をより一層深められますとともに、 今後ますますご活躍されますことを心 からお祈り申しあげます。 1

[close]

p. 3

同社校友会北海道支部の活動を振り返って 支部長 山川 寛之(1969年 経済学部卒)   小生が校友会活動にタッチし出した のは、故三好定巳支部長の時代だから もう約 支部長を拝命してからでも、 目をむかえようとしている。今の校友 会支部活動は、本部から活動助成金が 支給されるから、通信連絡費、切手代 も出せない時代と較べると隔世の感が ある。かつて当支部の活動目的は第一 に財政基盤の確立にあった。その手段 として校友の諸先輩に会社広告をお願 いし、集めた資金をその後二年間の活 動資金に充てるもので二年に一度、校 友会名簿を改刷し、広告代が年間 円程度の源資となった。 50 万 10 年の節 ある。それに加えて当支部に特徴的な ことは、校友諸先輩が実に優しく同志 社思い、後輩思いだということ。故三 好支部長の夫人和子さんは、生前主人 が、 〝 同 志 社、 同 志 社 〟 と 言 っ て お 世 話になったということで、金百万円也 の大金をご寄付下さった。ゴルフ好き で、同窓会活動は「楽しくないと人は 集まらないぞ、続かないぞ」との三好 先輩の声が今も耳に残っている。同志 社 ば か り で は な く、 今 で は 関 西 六 大 方が集まる大コンペに連綿として拡が り続いている。何でも一例ならあるが 二例目となると? 歳で札幌市民大会 ৫ ᄯ ‫ޏ‬ 新設 「北海道支部アンバサダー」 として 同志社校友会評議員 ・ 大阪支部役員 早瀬孝行(1978年 経済学部卒) 20 早くテイクオフし安定的な活動をする   北海道が大好きでこの ことが出来たのは、この二大事業が会 員の努力と協力により実現したからで 年毎夏に渡   フェイスブックでは同志社今出川会 道し、北海道の雄大な景色、グルメを (同志社同窓コミュニティ)の管理人 30 年も前になる。その名誉ある 堪能し、温泉、乗馬、ラフティング、 をしており、同志社情報を共有し同志 カヌーなどアウトドアスポーツ体験、 社 を 盛 り 上 げ 応 援 し て い ま す。 そ の チーズ作りや農業体験などしたりして フェイスブックを通じて京都で武田事 います。利尻島、礼文島、天売島、焼 まなく巡りました。 2 務局長と知り合った御縁で草野幹事長 尻島、奥尻島の離島から全道市町村く や山川支部長と親しくなりました。渡 年前には好きが 道の折には北海道支部メンバーと交流 高じて千歳に拠点を構え、年間の渡道 しています。 頻度も増しています。同志社校友会他   今後は北海道支部アンバサダーとし ります。 大 学 の OB 会 の 世 話 役 を 色 々 し て お て道内各地の同志社校友の方々と交流 をして行きたいと思います。 81 140 学 OB ゴ ル フ 対 抗 戦 に 人以上もの 卓球の部現役シニア代表選手、加藤明 史先輩から、会社をリタイアしたので と矢張り百万円のご寄付を頂戴した。 何と嬉しく涙の出る話である。自分や   この資金の下で年間行事、新しい企 画を実行して来た。結局のところ、① 組織の確立即ち名簿の作成とそのメン テ、プラス②活動資金調達(ファンド の確立)の二つが校友会活動の基盤・ 原動力となる。北海道支部が、比較的 自分の家族が同様の行動を取れるか? 甚だ疑問である、誠に有難いことであ る。この様な素晴らしい先輩達のお陰 様で同志社校友会北海道支部は、伝統 的に活発で先進的な活動を成し遂げて 来られたのだと考えている。 ɺ ˋ ʨ ʍ ʘ ῴ ! ഁ ā ౧ ā ৗ ā   ! V S M nbjm ़ ā ൑ āāā gbdfcppl ‫ێ‬ ࣻ ଁ ཞ ႘ ‫ޠ‬ ັ ૅ င ວ ૂě ଜࣻ ਱ ୸ě ರ ‫ޏ‬   ວ‫ێ‬ ૂહ ଜ ວહ ഋ ʋཞ ʷ ↕ ʣଁ ʞ ⅓ě   ࠣཞ ᆅ ఱě iuuq;00ipllbjep/eptijtib.bmvnoj/psh ibzbtf2517Azbipp/dp/kq . . ວ ૂ ଜ ༃৫ ॄᄯ ੟‫ޏ‬ ߔ င࿎ ലࡼ ࣞۙ   ਄ 2 紫友 再刊第 4 号

[close]

p. 4

必然でしょう。残念ながら私の学生時 います。 違うとおもいますが。 小樽同志社クラブ 会長 浜村 光久 小樽同志社クラブの歴史は している状況です。今後は益々札幌支 部 と の 交 流 を 深 め、 「最後の1人」に   私の学生時代(半世紀前!)から活 なるまでクラブを存続させていきたい と決意を新たにしています。 母校への想い 動しています。小樽公園通り教会が歴 代同志社出身牧師だったこともあり (現在もそうです) 、オーテスケリー 先生が顧問をしていただいた時期もあ りました。ただ、時代が過ぎていくと   一昨年の大河ドラマを観て、ふっと 共に小樽には就職先が乏しいこと等で 会 員 は 減 少 の 一 途。 現 在 は 山 川 支 部 長、草野幹事長、武田事務局長等の札 幌支部会員の出席で総会懇親会を維持 思いました。新島襄先生の創立時のあ る の だ ろ う か。   「 東 の 東 大、 西 の 同   さて、母校入学以来、幾多の尊敬す (1969年 経済学部卒) る先輩と親交をいただきました。残念 ながら他界された方々も多いのです が、お会いできて有意義で楽しい時間 を過ごすことが出来て本当に感謝して 「同志社大学苫小牧会」の歩み 同志社大学苫小牧会 幹事長 星野 岳夫(1995年 文学部卒) 38 3 53 れほどの高い志は現在引き継がれてい   同志社大学苫小牧会の歩みは、初代 会長の八島瑞夫さん(工・S 年卒・ 志社」との大きな夢を目指した時期も あったのに、なんと昨年はスーパーグ ローバル三十数校の指定にも落ちまし た。我々OBの母校愛は強いのだろう か?そしてOBとしての義務ははたし ているのだろうか?(勿論   私を含め てです) 。 がいますが、彼は校友会活動に極めて 熱心です。二年連続入学志願者数日本 一でもあり(魅力は近大鮪だけでは無 いのですよ) 、母校愛は生半可ではあ りません。彼とはよく飲みながら話を しますが、学生時代彼のまわりは殆ど 近大が第一志望だったと云います(志 を持っての入学です) 。第一志望に入 学できたなら母校愛も一層強まるのは 39 69 小樽同志社クラブ 代はそうではありませんでした。今は   ふと立ち止まってみると私も今年で 歳になります。ここまで現役できま したが、会社の事業継承、後継者につ いて具体的に準備に入りました。後は 母校の為に何が出来るのか考えていま す。同志社への愛着は歳と共に間違い なく強まっています。 をもとに前述のお二人と現副会長の野 村信一さん(経・S 年卒)の 名が 故人)と現会長の三橋泰一さん(経・ S 年卒)が、苫小牧にも幾人かは存 し始めた昭和 50 主体となり平成 年 月 会 が 発 足 し ま し た。 (当時の名称は同 在 す る で あ ろ う 同 志 社 大 学 OB を 探 志社大学苫小牧校友会。市内初の関西 年にスタートします。 したが正式な会の発足は平成 つ事となります。 3 の 大 学 OB 会 と し て 苫 小 牧 民 報 に 取 その後少しずつ仲間を増やしていきま りあげられました。 ) 年を待   そ の 後 は 順 調 に ・・・ と 言 い た い 所ですが残念ながらそうではなく、平   私の親しい取引先の社長に近大OB   現 在 の 苫 小 牧 会 の 特 徴 を 示 す キ ー 成 年にも開催された苫小牧インカレ ワ ー ド は「 同 志 社 大 学 体 育 会 ア イ ス に お い て OB5 名 と 現 役 選 手 の 父 母 ホッケー部」 です。 会の発足もホッケー とで歓迎会を開催した以外、具体的な 部がきっかけでした。平成元年に同志 活動が行われないまま実質の休会状態 社大学アイスホッケー部が出場する冬 となってしまいました。 季インターカレッジが苫小牧で開催さ   会が活動を再開し現在の状況(会員 れ、チームの主要メンバーに苫小牧出 約 身者が数名いる事を受け、数少ない苫 りホッケー部との繋がりが重要でし 小 牧 在 住 の OB と 現 役 選 手 の 父 母 と た。ホッケータウン苫小牧では、いつ で歓迎会が開催されました。この流れ の頃からか全国の大学ホッケー部が夏 20 5 名)に至るまでの道のりも、やは 21 日に正式に 3 3 3

[close]

p. 5

12 合宿を行うようになっており、平成 年からは正式に大学交流戦がスタート していました。同志社大学アイスホッ ケー部も苫小牧で合宿・交流戦を行う ようになっており、毎年 8 9 にかけて現役学生が苫小牧に滞在する   最後になりますが、毎年 9 ようになっていたのです。また、高校 アイスホッケー界の古豪苫小牧東高校 40 アイスホッケー部から、 志社大学に進学しているという実績も ありました。   その様な中、私を含め、現役時代に 苫小牧会の歓迎を受けた世代が苫小牧 20 に戻ってきていた事もあり平成 苫小牧インカレを期に、平成 合宿から、現役選手たちの歓迎会を開 催する運びとなりました。毎年定例で 行 う 活 動 が 生 ま れ た 事 で OB 間 の 繋 がりが深まり情報共有も進み、会員数 が徐々に増えて行きました。また、ア イスホッケー以外の活動も創ろうとの 想いから、 忘年会 ・ 新年会はもとより、 ゴ ル フ も 楽 し む よ う に な り ま し た。 (現副会長で市議会議員の金澤俊さん ( 文・H9 年 卒 ) の ゴ ル フ コ ン ペ に 21 年の夏 年の た、他の大学との応援合戦に大変苦戦 しているという状況もあります。是非 と も 全 道 の OB の 皆 様、 苫 小 牧 に 集 結頂き共に母校を応援しましょう!… ご協力宜しくお願いします!! 名近くが同 持 つ 事 が 出 来 る 貴 重 な 機 会 で す。 ま 行 わ れ る「 大 学 ア イ ス ホ ッ ケ ー 交 流 月上旬に 月から 月 にも参戦し交流を深めています。 いを受け、毎年5月のボーリング大会 ボーリング大会を開催するというお誘 す。 )さらに、苫小牧で大学 OB 対抗 も 同 志 社 OB チ ー ム で 参 加 し て い ま な」との思いで札幌での総会やクリス ご鞭撻をいただきながら、室蘭クラブ マス会へと赴きました。その縁で校友 の再興を願っております。 会名簿発行時に室蘭支部の会員動静の   苫小牧支部の会員である永井真也さ 確認係となり、室蘭支部のどなたにも んが室蘭工大の先生であり、校友会を 許可をいただいたわけではありません いただいております。 通じて親しくなりました。同僚に同志 が、当面の窓口として連絡係をさせて 社出身のご夫婦が居られるとのこと で、四月末に山中真也さん真弓さんご 戦」は北海道内で現役学生と繋がりを   数年分の室蘭会員のことをお伝えす 家族、永井さんご家族と私ども家族の ると、板垣道男さん、小松克安さん、 お出かけ交流会が実現しました。小さ 三木茂生さんが天に召されました。ま な集まりが広がっていくことをお祈り た金森昌夫さん・宏子さんご夫妻が転 察いたしております。 おりませんが、勝間亮造さ ん、鈴木雄二さん、山下盛 一さんら諸先輩方より「以 前は泊まりの温泉旅行が恒 例 だ っ た な ぁ」 「一年に一 度は顔を合わせていた」と のお話を伺っております。 どなたからも「また機会が あれば」とお聞きしますの で、何年ぶりかとなる会合 を開くことが課題です。ま た、かつてクリスマス時期 には私の教会より、クリス いただけますと幸いです。 居されました。ご高齢によってかと拝   道内各地の校友会の皆様より伊達・ 室蘭・登別近郊の会員をご紹介いただ   まだ数度しか皆様へのご挨拶をして きたく、ここにお願い申し上げます。 「室蘭クラブ近況」 同志社校友会室蘭クラブ 事務局員 石川 宣道   私が室蘭に来て七年目を迎えます。 着任当時の私個人のことを言えば、三 マス音楽会のお誘いを室蘭 会員の皆様にしていたこと を教えられました。過去六 (2002年 神学部卒) 年そのようなことを一度も したことなく、失礼を重ね 年ぶり二度目の道民となる為「今度は 同志社校友会に顔を出してみようか ていたことを思わされまし た。今後も皆様よりご指導 4 紫友 再刊第 4 号

[close]

p. 6

めているかは曖昧) 。 被製作などが懐かしく思い出される。 「同志社旭川同窓会」と私 同志社旭川同窓会 小西 一朗   「旭川周辺の同志社出身者は連絡 だけで、年代を超えてわかりあえる、 許しあえる雰囲気があり非常に心地よ い。青函連絡船で京都に向かった最後 の 世 代 と し て は、 「想えば遠くの大学 と、「京都でよい青春時代を過ごせた」 という満足感がことのほか同窓の結び つきをを強くしているように思う。 英語の校歌は初めてとのことで、盛大 な拍手と歓声で迎えられた。この後、 このイベントが解散になるまで毎年参 加した。当初から幹事世話役を務めて Doth signify: one lofty aim; To train thy sons in heart and hand To live for God and Native Land Dear Alma Mater ,sons of thine Shall be as branches to the vine Tho’ through the world we wander   さて幹事役を引き受けたものゝ東川   今年になり、新しい同窓の発掘と集 も松村勝芳先輩(商・ 39 町に住む私は段取りがわからず、いつ まる機会を増やそうとの気運が再び盛 年卒)に相談 り上がってきた。諸先輩も私も時間の (1982年 商学部卒) をして進めていた。旭川の中心で百貨 経過とともに、相応に年齢を重ねてき 店を経営されていた松村さんはとても ており、これからの集まりは「一期一 忙しいにも関らず、伺うといつもにこ 会」のつもりで、積極的に呼び掛けて を」という、大きな広告が新聞に出た 二十数年前。連絡先になっていた井戸 諭さん(文 話をする。呼び掛けの目的は「旭川寮 歌校歌祭」にオール同志社で参加する とのこと。顔合わせを兼ねて、後日河 合楽器の旭川スタジオに集まると、私 け た。 本 部 か ら 取 り 寄 せ た LP に 合 せて卒業後初めて合唱したカレッジソ ングのうれしさは今も忘れられない。 41 年卒・故人)に勇んで電 やかに対応してくれて、その場で日程 くれていた。 いきたい。 から会場の手配まで万事サポートして   また、校友会北海道支部とも連携を 密にしながら、横の繋がりも拡げてい へはるばる行ったものだ」という感慨   この間、大学バスケット部の旭川夏 40 きたい。 合宿の支援協力(当時の冨井監督は旭   ずぼらな性格で、過去の資料をほと 川出身) 。高原一記市議(法 ・ 年卒) んど紛失しており、残っている記憶だ が市長選へ出馬表明をされた際の決起 けの拙い印象記になってしまったこと が一番の若輩だったが、すぐに打ち解   「 旭 川 寮 歌 校 歌 祭 」 に 参 加 す る と、 集会。紫に染め抜いた旭川同窓会の法 を反省し、この稿を終えます。 オホーツククラブ いた井戸先輩が、何度目かの校歌祭で far and wide, Still in our hearts thy precepts One purpose, Doshisha,thy name Doshisha College Song 盛り上がった二次会の席上「誰か後任 の幹事役をやってほしい」と提案され きを考えず挙手、 「私がやります」 。以 10 shall abide ! 同志社校友会北海道支部オホーツククラブ 海田 有一(1981年 法学部卒) た際、酒の酔いも手伝ってか、あとさ   自分の子どもたちが大学へ進学し社 後 年ほど幹事役を務めた。   以来、新年会・夏のビール会・校歌 祭を三大行事に、親交を深めてきた。 60 ピークには 名以上の同窓が名を連ね ていたように思う。ちなみに「同志社 旭川同窓会」には特に会則はなく、旭 川 周 辺 に 在 住 す る 大 学 OB に 限 ら ず 女子大その他の関係者全てを対象にし ている(旭川周辺は何処のエリアを含 ん。 会人として就職するようになり、自分   わたしは 自身の同志社との関わりが以前よりも す。 見へ戻り、すでに30年近くが過ぎま 大きな意味を持ってきたように感じま した。今まで地域で校友と関わること はほとんどなく、現役がラグビーで合 当時は企業の支店、出先機関も多く、   先日東京の同期友人宅にて、同志社 宿に来ているのですが関知せずに過ご コール・フリューゲルのわたしの同期 してきました。しかしここ数年、同志 これがきっかけとなり、その後の諸先 輩との交流は私のかけがえのない財産 である。   中学、高校は、同期・同クラス単位 の仲間が中心だが、大学は同窓という を中心とする恒例の新年会が開催さ 社校友会北海道支部のみなさんとかか れ、京都など各地から10名を超える わりが増すにつれて、地域にはどんな 同期が集まりました。10名を超えた 校友がいるのだろうか、この地域と同 のは初めてで、おそらくわたしと同様 志社はどんなかかわりがあるのだろう 心境の変化があったのかもしれませ かと気になってきました。 20 代の終わりに出身地の北 5

[close]

p. 7

  同志社校友会北海道支部オホーツク (昭和 59 和 年 クラブは、そんなわたしがお世話役な ものですから、今のところ名前だけの ようなもので、各地にて活発に活動さ れているみなさまにはもうしわけなく 既に 感じています。これから少しづつ活動 を積み重ねようと思い、まずは校友を 探すところから始まります。 います。周辺は公園として整備され、 野外音楽会が開催されることもあり、 うちの子が出演したときに、木漏れ日 のなか芝生に腰を下ろした思い出があ ります。ヴォーリーズはメンソレータ ム、メンタームの近江兄弟社の経営者 ていたことから、 当時はっかの一大 産地であった北見 地方となんらかの かかわりがあった のでしょうか。   飲 み 会 で 話 題 に な っ た「 北 見 で カ レッジソングを歌おう!」という背景   ところで、オホーツクには同志社と 意 外 な ご 縁 が あ り ま す。 今 出 川 の 啓 には、じつはこのような歴史があるの です。 も含めた十勝管内の卒業生 15 ソン夫妻の足跡を偲ぶ博物館となって として保存され、開拓期の宣教師ピア (ピアソン記念館)です。市の文化財 れているのです。それは旧ピアソン邸 10 建物が北見市に現存し、市民に親しま W.M. ヴ ォ ー リ ー ズ の 設 計 に よ る なぜかカレッジソングの作詞もした 明 館 や ア ー モ ス ト 館 な ど を 設 計 し、 3 28 年神)にお会いしたのは、昭 の 夏 休 み、 グ リ ー ク ラ ブ の 帯 広 公 演 月だった。北海タイムスの札 幌本社から帯広支社に転勤になり着任 が あ り、 地 元 に 帰 省 し た 現 役 学 生 や OB が チ ケ ッ ト 売 り に 奔 走。 同 窓 の 直後のことだった。同志社を卒業して 絆が一気に深まった。そして 数年、同窓会なるものにも一度 半には三木さんも赴任し、昭和 も顔を出したことがない私であり、こ 同志社創立 の 突 然 の 訪 問 に は 正 直、 び っ く り し 十勝クラブの基礎が固まった。 た。 「 近 く、 同 志 社 の 集 ま り が あ る か ら顔を出すように」 。 「どうして同志社   年に一度の集まりが中心事業だが、 OB と 分 か っ た ん だ ろ う?   帯 広 に たまには臨時の集まりもあった。卒業 はまだそんなに深い付き合いの人がい 生の土井たか子さんが社会党委員長と ないのになぜだ?」いくつもの疑問が うなずくしかなかった。 して一大フィーバーを起こし、日本中 100 周年の寄付集めを機に、 わいたが、半ば命令調の先輩の言葉に を駆け巡っていた昭和 思う) 、帯広でも講演する機会があっ でもあり、原料としてはっかが使われ   後で聞くと、三木さんは当時、帯広 た。 同 志 社 卒 業 生 の 集 ま り が あ る と 三条高校で教鞭を執り、熱心に同志社 知った土井さんは、時間を割いて懇談 の校友会活動に取り組んでおられると と 記 念 写 真 撮 影 に 応 じ て く れ た。 「主 のことだった。それにしてもすごい情 義主張はさておいても同志社の絆は強 報収集力でただただ感心させられた。 いものなんだな」と改めて認識させら その後、年に一度の十勝クラブの集ま れたできごとだった。 りに参加し、最近では事務局長として せていただいている。 ささやかながら集まりのお手伝いもさ   十勝クラブは、小規模ながら女子大 30 人余りを い る。 参 加 者 は 例 年 人から 20 把握、毎年暮れ近くに集まりを持って 十勝クラブの歩みと課題 同志社校友会十勝クラブ 事務局長 夏川 憲彦   「夏川君はいるかね?」   「はい、私ですが」 人の 間。 毎 回、 「 若 い 人 た ち、 転 勤 族 も 把   また、同志社ラグビーの代名詞でも 62 年(だったと 握して参加者を増やそう」と声を掛け 会長の石川博機さん(昭和   「同志社の三木です」   こんな感じで今は亡き三木茂生さん できたのは昭和 39 40 ある岡仁詩先生をお迎えして 10 50 40 年代後 年の 人ほど (1971年 法学部卒) 合ってはいるが、大きな変化はない。 で宴を開いたこともあった。平成 年 年商)に の 夏、 「ラグビー部は北見で夏合宿を よ る と、OB 会 と し て 集 ま る 機 運 が しているが、内容に変化を持たせるた 年頃という。この年 めに、十勝あたりでミニ合宿できたら 6 紫友 再刊第 4 号 14

[close]

p. 8

いい」ということで帯広に来られた。 ラグビーファンクラブの会員でもあっ た私が一日十勝各地の候補地をご案内 し た。 宿 泊 施 設 の 部 屋 が 足 り な い と か、グラウンドの行き来が不便、など   十勝クラブは若手の会員増強が課題 の理由で結局は実現に至らなかった 50 10 が、夜の宴は盛り上がった。ほとんど お酒は飲まない先生だったが「同志社 というのは不思議な学校で、卒業して からどこにも負けない愛着がわいてく る」とご機嫌だった。 「同窓会活動も継続が大事。北海道支 部が柱になって卒業生の連絡や各クラ ブ間の協力態勢ができるといい。若い によって十勝クラブの将来につなげた い」と話している。校友会の活性化に 向けて故三木先輩のような行動力は欠 かせない。同時に大学当局や北海道支 部の情報収集力と発信力に期待した い。   かなか情報が集まらない。石川会長は 卒業生も少なくないとみられるが、な はや 代 だ。 転 勤 族 や U タ ー ン し た   昨年 になっている。若手と呼ばれる会員も る。 方々とも交流が出きれば、と願ってい 限り続くはずだ。北見地区の卒業生の 「同志社釧路 OB 会」のこと 同志社校友会釧路OB会 髙橋 義雄(1975年 商学部卒) 月武田事務局長より突然お電 グビー部が 回来釧し、大東文化大学 話がありまして、クラブ訪問で是非釧 と の 交 流 試 合 で OB 会 一 同 打 ち 揃 っ 路にお伺い致したいとのことでした。 て大声援を送ったものです。勿論打ち その週末、丁度私に札幌出張の予定が と約束が出来上がりました。 上げは牛飲馬食の現役選手相手のこ ありまして、札幌でお会いしましょう と、これしか無いとビールとジンギス カンの飲み食べ放題で大いに盛り上が 人が一人でも多く参加してもらうこと   当日、地下鉄大通駅で待ち合わせ。 り親睦を深めました。 全くの初対面ですのに携帯を鳴らす前   その頃に較べますと、 会 員 数も 高 齢 に、お互い直ぐに目星が付きました。 化のため減 少 傾 向にありますが、 例 会 双方、同志社の匂いがしたのかもしれ には ません。草野幹事長もご一緒で、その しい話に花が咲きました。 加してくれています。釧路市内だけでな 夜は旧知の友のごとく美味しい酒と楽 く、 遠 く 根 室からもいつも 10 名 前 後が固 定メンバー として参 3 名が駆け 付けてくれます。ことに昨 年 末の忘 年   さ て 私 ど も「 同 志 社 釧 路 OB 会 」   後年、会社経営で大成功を収めたラ グ ビ ー 部 OB が ど う し て も 農 業 も や り た い、 と い う こ と で 十 勝 に 農 地 を 持った。「十勝はニュージーランドそっ くりだよ」という岡先生の推薦があっ たことは言うまでもない。   私事であるが、ラグビー部の北見合 宿は今も続き、東京や大阪のファン数 人は、毎年いったん帯広に集まり、私 45 や士幌町に住む吉弘英八さん(昭和 年法)の車で北見に向かい全国のファ ンが資金を出し合った牛肉の差し入れ や檄文を届けている。北見合宿がある 会には、 札 幌 在 住の「 釧 路 OB 会 」 帯 広 は、1980 年 代 初 め に 再 結 成 さ れ の OB が 名馳せ参じてくれまして近 (それ以前にも小規模ながら存在した 年に無い大 盛 会となりました。その折 が中断)現在に至っています。会則も には商 学 部 樹 徳 会の辻 亨 氏よりミネラ 無し、会長も無し、年会費も無しと無 てか、三十数 年間年に二回 欠かさず例会 を開いており ます。   1990 ルウォーター「最襄級」ダンボール 一箱 い無い尽くしの緩いところが功を奏し をお送り 頂き、この場をお借りして御 3 2 礼 申し 上 げます。ほとんどの会 員が 歳 半 ば 過 ぎとなり ましたが、いつも 大 学 時 代に戻った気 分で同志 社を 語り、 京都を語り、 母校愛を深めております。   遠方ゆえ札幌での北海道支部の催し になかなか参加できませんが、私ども 北 見   年代には当地 「釧路市ラグ ビー祭」にラ 釧 路 OB 会 一 同、 同 志 社 校 友 会 北 海 道支部の益々の発展をお祈りしており ます。 60 7

[close]

p. 9

同志社校友会北海道支部は こんな電子媒体で広報活動を行っています 215 名参加のメーリングリストです。クローズドな環境で 運営されております。参加希望の方は以下までご連絡下さい。 info@hokkaido.doshisha-alumni.org(武田) ユーチューブで動画を流しております。会員限定で配信してい ます。リアリティあふれる様子をお伝え致します。 メーリングリスト、フェイスブック内で URL を限定公開。 フェイスブック同志社校友会北海道支部です。高崎幹事を中心 に運営されております。参加希望の方は以下までご連絡下さい。 info@hokkaido.doshisha-alumni.org(武田) フェイスブック同志社今出川会(同志社同窓コミュニティ)で す。現在 4500 名ほどが参加しております。 北海道支部アンバサダーの早瀬さんが運営しております。 同志社校友会北海道支部のホームページです。予定、沿革、各 クラブの様子を全て見ることができます。 http://hokkaido.doshisha-alumni.org 校友会活動の基幹ホームページです。全国校友の様子を見るこ とができます。 http://www.doshisha-alumni.org 8 紫友 再刊第 4 号

[close]

p. 10

人 物 点 描 ・新 島 襄 (そのⅣ) なんこう 違いないと私は思った。   そのような当時の新島襄の〝心象風 楠木正成に深く傾倒した新島襄    楠公精神と新島精神との脈絡について 常任相談役  武谷 洋三 (1969年 法学部卒) 景〟を映す一例として小枝氏が挙げた のが、新島の兵庫・大湊神社参拝であ   「 温 故 知 新 」 と い う 言 葉 が あ る。 古 る。 要 点 の み 記 す と「 『鳴呼忠臣楠子 きを尋ねて新しきを知る —ということ たず 之墓』と記したるを読みて一拝し、又 だが、戦後七〇年を経た今日、敗戦を 読みて一拝、墓後に廻り朱子の文を読 を覚えながら…。 新島を「脱国」に駆り立てたもの こえだひろかず 境に日本人が失った最たるものの一つ さい (新島襄手 めば益感し涙流さぬ計なり」 おり おり は、我々の父祖や先人達が国史に刻ん 記『玉島兵庫往復紀行』 ) 。 くすのきまさしげ   そ ん な 思 い を 抱 い て い た 折 も 折、 料調査員)による『新島襄にとっての函 だ偉大な足跡や光輝ある民族の物語で 小枝弘和氏(同志社社史資料センター社史資   楠木正成の墓を拝み、感極まって涙   今回もまた浅学非才を省りみず、校 祖・新島襄の人物点描を試みたい。   昨年六月十四日、新島襄が函館の地 から国禁を犯して脱国した一八六四年 (元治元年)の同日が、ちょうど一五〇 はなかろうか。 を流す —。言うまでもなく楠木正成は   楠木正成 —その名は敗戦とその後の 館』と題した記念講演が、碑前祭のあ とに行われた。これが私には実に興味 深く、同時に少くとも永年抱いてきた モヤモヤした気分が晴れる思いがした のである。 し め た 幕 末 か ら 大 東 亜 戦 争 敗 戦 ま で、 「忠君 なんこう 占領統治の間に、封建思想や軍国主義 愛 国 」 の シ ン ボ ル で あ り 続 け、 そ の でも特筆大書される存在だった。 を連想する悪しきシンボルとして弊履 あ へいり 〝楠公精神〟は戦前の「修身」教科書 のごとく捨てられ、顧みられなくなっ て久しい。 年 後 に あ た る の を 記 念 し て、 「新島の アーが企画され私も参加した。   二十一歳の新島が —武士の思ひ立田 の山紅葉 錦着ざればなど帰るべき — と、まなじりを決してまさにここから 旅立った《新島襄海外渡航乗船之処》 さいかい   し か も 新 島 は、 こ の 墓 の 拓 本( 左 の   しかし、楠公精神に秘められた忠誠 足跡を辿る」二日間にわたる碑前祭ツ   小枝氏はまず、襄が幼名の七五三太 であった時代に着目する。襄の父・民 治は安中藩で江戸詰めの「祐筆」とい う職にあり、幕末動乱期の様々な出来 事に関する「通達」を地元上州安中藩 に発出する立場にあった。 り、襄はそこで生まれ二十一歳まで暮 らした。従ってペリー来航、日米和親 条約、 安政の大獄、 桜田門外の変など、 その頃国を揺るがす事件を頻繁に身近 で体感し、情報にも接していたわけで ある。 いたいと願う「憂国の志士」へと、燃 ジとの間に、少なからざる「違和感」 ゆるが如き情熱をたぎらせていったに ひんぱん 写 真 )を 額 装 し て 自 宅 に 掲 げ、 そ れ は 心、道徳的清らかさや潔よさ、礼節、 いさぎ 現在もあるという。墓参の詳細な記録 廉恥、信義、犠牲心などの武士道の徳 れんち を残し、なおかつその拓本を終生大切 じんじょう 目を一つひとつ追っていくと、驚くほ に持っていた…。この新島の楠木正成 ど高貴な〝新島像〟と重なるではない への尋常ならざるシンパシーについ 説を私は寡聞にして知らない。 かぶん か。新島はキリスト者の前に「武士」 て、明快にその心理を〝解剖〟した論 だったのだ。 碑の前に、しばし幕末・維新に際会し   その安中藩邸は江戸城のすぐ横にあ た当時の日本男児の「志」というもの について思いを巡らした。   そして国禁を犯してまで文字通り命 がけで脱奔出国する ——この新島の激 しい情熱は何故に生じ、いずこに向お う と し て い た の か を 想 っ た。 後 年 の おんりょうきょうけん なにゆえ だっぽんしゅっこく   してみれば、新島襄が楠木正成の墓 前に落涙し、並々ならぬ思い入れを生 涯抱きつづけたことも得心がゆくとい とくしん うものである。   「良心教育」 「キリスト教主義」 「自 由 ・ 平等」 「国際主義」…いずれも〝新 島精神〟に源を発する同志社の教育理 温 良 恭 謙 、 慈 愛 に あ ふ れ、 徳 に 満 ち   だから国を憂い、国の為に何事か報 た、敬恭なキリスト者・新島のイメー けいきょう 念に相違ない。しかし — さっちょう ごと   『先生は薩長人の如く真向から尊皇 攘夷を唱えなかったが、然も熱烈なる しか 9

[close]

p. 11

ナショナリストであり、愛国者であっ たことは間違いない』 (ピューリタニズム)   『清教徒の精神 は、 ただ わがはい 者であれば、誰しも彼の人と人との縁 の 多 彩 さ に 驚 く。 「絢爛たる出会いの 人」と称されるのも至極もっともだ。 生涯をたどると、あたかも神の恩籠に よる導きとしか言いようがないほど、 妙縁に満ちている。 からの雄として今日もなお屹立した存 在である。しかしながら、福沢諭吉は 徳川末期からすでに洋学者として天下 に聞こえ、著書『西洋事情』や『学問 のすすめ』は超ベストセラーだった。 大衆的人気は群を抜く存在だったこと は改めて強調するまでもない。 としゅくうけん ぐん ぬ ゆう こんにち きつりつ けんらん えにし 引き寄せられた典型的な一人だった。 より、あらゆる意味で滞米中の〝家庭 たいべい 大隈は新島の没後二〇回忌に際して すいふく 教師〟だったフリント、そのフリント 「明治年間に功労ありし教育家は少な が紹介したアマースト大学のシーリー 新島固有の武士道精神に厚みと強みと 新たなる風格と美しい 風 韻 (おもむきの あること)を加えたるに過ぎなかった』 ふういん くない。併し我輩の最も推服している 教授、ヴァーモント州知事のページ、 のは福沢先生と新島先生の二人であ そしてハリス理化学校としてその名が る」 と断じ、 次のように回顧している。 残る、アメリカのザ・ニューロンドン ( 前 略 )我 輩 も 当 時 ( 一 八 八 八 年 —明 治   この二つの所懐は、新島の心中を識   慶応、早稲田、同志社は私学草創期   『 シ テ ィ・ ナ シ ョ ナ ル 銀 行 頭 取 ハ リ ス ること右に出る者はいない、と自他と もに認める徳富蘇峰の断案である。   私は常々、 いわゆる 「戦後民主主義」 の時流に阿ねた軽佻浮薄な言説や論調 を苦々しく思ってきた人間である。戦 説本はすこぶる多い。だが、なにか砂 をかむような味気なさ、潤いのなさを 涙、切ない吐息や胸の高鳴りが伝わっ てこないのだ。   『 歴 史 を 知 る と い う の は、 古 の 手 ぶ り口ぶりが見えたり聞こえたりするよ (小 うな、想像上の経験をいうのです』 林秀雄) 。そう、同志社人には『後から 4 4 4 4 4 4 いにしえ おも けいちょうふはく だんあん 二一年) すでに数年間、 東京専門学校(早 これ 等々…挙げていけばキリがない。 稲 田 大 学 の 前 身 )の 経 験 が あ っ た の で、   勝海舟、木戸孝允、山本覚馬、徳富 深 く 新 島 君 に 同 情 し、 直 ち に 之( 資 金 くわだ 4 4 4 りんれつ 4 蘇峰らについてはすでに繰り返し述べ 援 助 )を 承 諾 し … ( 中 略 )… 次 い で 新 島 てきた。新島の人脈形成の際立って特 きわだ 君は、この事業を企てるに至った精神 4 異な点は「類は友を呼ぶ」で、イモヅ 後出版された新島襄の伝記、評伝、解   また大隈重信の政治力や財界人脈、 を話されたが、その熱誠と凛烈たる精 なかった…(後略) 。 』 4 ル式に人から人へと伝播・増殖する点 でんぱ 神には一同みな感動しないではいられ にある。   並はずれた愛国の烈しさと愛人の深 はげ 感じて仕方がない。新島襄の血や汗や   そんな両者に肩を並べ、徒手空拳、   この出来事は、新島が「同志社大学 ほとんど無名に近かった新島襄が私立 の、それもキリスト教主義を標榜して 因習と敵愾心の充満した伝統的勢力の 強い京都に学校設立を企てる —。それ 涙なしには語れない(そのⅡ・そのⅢで詳 述) 。 4 4 4 くわだ てきがいしん ひょうぼう さ、そして国を救わんとした経国済民 設立之主意」を揚げて設立資金募集に の 宗 教 と 多 情 な 涙 …。 そ れ ら が 渾 然 こんぜん 東奔西走していた時で、当時外務大臣 一体となって比類なき新島の人間像を いったい だった大隈が官邸に政財界の大立物を おおだてもの 形成していたのだろう。類型のない教 集め、援助を募った時のことである。 育者 —それが新島襄だと言いたい。 がどんなに困難な道のりだったかは、   大隈によれば、 『当時(明治二〇年頃)   最後に、本稿を左記の徳富蘇峰の言 一千円は、今の(大正初期)数千円に当 を以て締めたい。 歩む者は、故人(新島)の跡を求めず、 4 しんげん 4 4 4 4 4 る価値がある。それがすこぶる少数の   『 惟 う に、 新 島 の 教 育 者 と し て の 資 きつけてやまない「良心」と「人格」 という名の強烈な 〝磁力〟 のみだった。 新島にはひとたび彼に接すると、真摯 にして誠実、かつ、ひたむきな熱火の ごとき情熱に打たれ、放っておけない いわ い がた おも (松   新島にあったのは、ただただ人を引 故人(新島)の求めたる所を求めよ』 尾 芭 蕉 )の 箴 言 を 絶 え ず か み し め な が 人であったが即座に三万円もの金(今 格中もっとも卓越したるは、おそらく 日の貨幣価値に換算すれば一億円を優に超える 4 4 は多量な〝情緒〟が、日本武士道と新 ら、アメリカで「世界の百聖人」の一 人と賞揚される新島襄を、折節、心の 中で〝追跡〟すべきではなかろうか。 人を引きつけてやまない新島の 〝磁力〟 しょうよう のではないか)が 集 ま っ た と い う の は、 英州(アメリカ・ニューイングランド州)の 新島君の至誠が人の心を動かしたとい おもう」より。 『大隈重信は語る』所収) ないぞう 清教徒精神とによりて洗練せられ、浄 ( 大 隈 重 信「 新 島 先 生 を うより外はない』 化 さ ら れ、 淳 化 せ ら た る 一 点 で あ ろ 気 持 に か り 立 て る 曰 く 言 い 難 い〝 磁   新島磁石に引き寄せられた人々は、 石〟が内蔵されていたもののようだ。 この根本的性格を知らねばならぬ』 。 もちろん国内に留まらない。第二の両   新島襄の人間像を少しでも探索した   大隈重信もそうした新島襄の磁力に (平成二十七年五月吉日記) 親とも言うべきハーディー夫妻はもと 10 紫友 再刊第 4 号 う。彼の教育者たるを知るには、先ず

[close]

p. 12



[close]

Comments

no comments yet