高知県立牧野植物園研究報告 創刊号 08

 
no ad

Embed or link this publication

Description

第1回台湾植物調査報告

Popular Pages


p. 1

やまとぐさ 第 1 号:93 ︲ 103. 第 1 回台湾植物調査報告 園地管理課  藤井 聖子 高知県立牧野植物園では,これまで温暖な気候を生か して西南日本から台湾までの暖地性ツツジ属植物をコレ クションしてきた.現在その数は 60 種を超えているが, 世界的にも価値あるコレクションとなるよう,ツツジ属 植物を収集して更なる充実を図ることにした.調査対象 地域を台湾としたのは,台湾のツツジ属植物には固有種 や観賞価値の高い種が多く,これまでの経験から当園で の栽培に適していると考えられたからである.本採集調 査は,2012 年と 2013 年の秋の計 2 回行われた.本稿 では第 1 回目の 2012 年調査について述べる. 1.採集目標種リストの作成と調査準備 (1)採集目標種リストの作成 を行った.TAIF の研究員が効率よくリストに掲載され ている種を採集するための旅程をコーディネートし,配 車・運転から現地ガイド,種子・標本の採集および国外 持ち出し許可の申請までをお願いすることになった. 打ち合わせ後は TAIF にある台湾の樹木図鑑の検索表 やツツジ属植物のページを撮影した後,採集目標として いるツツジ属植物の標本をすべてチェックし,平均的な 特徴を持つ標本の画像および分布情報を収集した. ちなみに,TAIF の標本庫には日本統治時代に東京帝 国大学の早田文蔵らによって採集された古い標本が多数 収蔵されており,かつての日本人の活動の一端を垣間見 ることができた. 2.第 1 回調査 (1)調査内容 第 1 回調査は林業試験所が提案した 11 月 5 ~ 14 日 の 10 日間で,果実を確実に採集できることに加えて, 一昨年の果実の中の種子が落下せずに残っている可能性 が高いためこの時期に設定した.今回の調査で採集した ツツジ属植物の種子は,蒴果ごと紙封筒に入れ (種子が 細かいのであらかじめセロハンテープなどで封筒の底の 隙間を埋めておいた) ,シリカゲルを入れたチャック付 ビニール袋に入れて保管した.また,種子を採集した 個体の証拠標本を 1 ~数枚採集し,採集当日に宿泊地 で押し直しを行い,台北の TAIF に戻った際に乾燥機に (図 1 ) , かけた.調査地はルート順に SITE1 ~ 20 とし 同一個体または同一生育地で採集した種子,植物体およ をつけ,それぞ び標本は採集順に採集者番号 (MRET) れ植物名,場所,GPS データ,植物の形質,自生地環 境等の情報を現地で記録した.なお,本調査ではツツジ 属植物以外の種子や標本も採集しており,ツツジ属植物 と同様に取り扱った.主な採集品として以下の文中では ツツジ属植物のみを記述するため,他の植物種の成果に を参照のこと.採集した ついては採集品リスト (表 2 ) 植物の学名等の情報は,Herbarium of National Taiwan Li (1978) および Li et al. (1998) , Yamazaki (1996) , の文献から,高知県で栽培が可能と考えられ, 徐 (2006) かつ花が美しく観賞価値の高いツツジ属植物を選定し, それぞれについて標本情報等から分布エリアを調査して たたき台となる採集目標種リスト案を作成した.ツツジ 属植物の専門家である新潟県立植物園の倉重祐二副園長 に調査への同行を依頼するとともに,採集目標種リスト 案をチェックしていただき,収集の必要性から 3 段階 の優先度を定めて台湾ツツジ属植物採集目標種リストが . 完成した (表 1 ) (2)台湾林業試験所への協力要請と調査行程の検討 採集目標となったツツジ属植物の分布情報を収集する 必要があったため,台湾植物誌を執筆した小山鐵夫園長 (現・名誉園長・顧問) のご縁により,台湾行政院農業 委員会林業試験所 (日本の農林水産省に相当し,台湾全 土の森林・国家公園・植物園の管理および自然生態保全 を行う機関) の邱文良博士に本調査への協力を要請した. 調査前に 2012 年 9 月まで当園と共同研究を行っていた 台湾国立中国医薬研究所標本館長・李宜融博士協力のも と同年 10 月に台湾を訪問し,採集目標種リストをもと にて打ち合わせ に台北市内の林業試験所 (以下 TAIF) 第 1 回台湾植物調査報告 93

[close]

p. 2

Ann. Makino Bot. Gard. A: FLORA OF TAIWAN (1978 and 1993) B: Takasi Yamazaki (1996) A Revision of the Genus Rhododendron in Japan, Taiwan, Korea and Sakhalin C: 徐 源秦,(2006) 太魯閣國家公園杜鵑花属植物遺傅多様性調査 1 Top priority (8) Rhododendron latoucheae セイシカ 西施花 Rhododendron Rhododendron Rhododendron Rhododendron Rhododendron ovatum var. lamprophyllum ovatum var. ovatum kanehirai rubropilosum var. grandiflorum 長卵葉馬銀花 ラ ンダイ ヒ カゲツツジ 馬銀花 ウライツツジ 烏來杜鵑 不明 ● ● ● (R. taiwanalpinum) rubropilosum var. taiwanalpinum ヒメキンモウツツジ 台灣高山杜鵑 simsii タイワンヤマツツジ 唐杜鵑 ● Rhododendron Rhododendron formosanum タイ ワンシャクナゲ 台灣杜鵑 ● 2 Second priority (9) Rhododendron Rhododendron Rhododendron breviperulatum nakaharai noriakianum ナンオウツツジ 南澳杜鵑 ナカハラツツジ 中原氏杜鵑 イサオツツジ 細葉杜鵑 ● ● ● Rhododendron oldhamii キンモウツツジ 金毛杜鵑 ● Rhododendron rubropilosum var. rubropilosum (R. lasiostylum) sikayotaizanense farrerae mariesii chilanshanense アカゲツツジ 紅毛杜鵑 志佳陽杜鵑 ホンコンミ ツバツツジ 丁香杜鵑 シュジョウツツジ 守城滿山紅 タイ ワンゴヨウツツジ 棲蘭山杜鵑 ● Rhododendron Rhododendron Rhododendron Rhododendron ● ● 3 Third priority (2) Rhododendron Rhododendron kawakamii kawakamii var. flaviflorum シマシャクナゲ 着生杜鵑 黄色着生杜鵑 ● ● 計 19 種類(網掛けされている3種は分類があいまいで,存在が疑われるもの。 ) 94 やまとぐさ

[close]

p. 3

MRET1 MRET2 MRET3 MRET4 MRET5 MRET6 MRET7 MRET8 MRET9 ― Rhododendron oldhamii Ardisia crispa Lathianthus fordii Rhododendron oldhamii Hydrangea angustipetala Rhododendron hyperythrum Lysionotus apicidens Rhododendron mariesii Gordonia axillaris Dodonaea viscosa MRET10 Itea oldhamii MRET11 Rhododendron nakaharai MRET12 Rhododendron formosanum MRET13 Rhododendron formosanum MRET14 Rhododendron chilanshanense MRET15 ― ― ― Rhododendron kawakamii var. flaviflorum Rubus liuii Vaccinium randaiense Gaultheria cumingiana Rhododendron rubropilosum var. taiwanalpinum MRET16 MRET17 Hydrangea angustipetala MRET18 Senecio scandens MRET19 Clematis grata MRET20 Rhododendron oldhamii MRET21 Pittosporum illicioides MRET22 Rhododendron noriakianum MRET23 Rhododendron rubropilosum MRET24 Lyonia ovalifolia MRET25 Acer serrulatum MRET26 Callicarpa formosana MRET27 Clematis lasiandra MRET28 Hydrangea aspera MRET29 Rhododendron ovatum ― ― ― Pinus taiwanensis Cyclobalanopsis stenophylloides Pinus taiwanensis MRET30 Anemone vitifolia var. matsudai MRET31 Astible macroflora MRET32 Rhododendron rubropilosum MRET33 Rhododendron rubropilosum MRET34 Rhododendron pseudochrysanthum subsp. morii MRET35 Aconitum fukutomei MRET36 Tsuga chinensis var. formosana MRET37 Rhododendron oldhamii MRET38 Rhododendron breviperulatum MRET39 Rhododendron latoucheae MRET40 Tylophora taiwanensis MRET41 Rhododendron simsii MRET42 Cyclobalanopsis pachyloma MRET43 Uncaria lanosa var. appendiculata MRET44 Rhododendron farrerae 第 1 回台湾植物調査報告 95

[close]

p. 4

Ann. Makino Bot. Gard. 台北 TAIF &台北 BG 2 桃園 新竹 台湾 1 4 3 25°N 6&7 10 ▲ 台中 雪山 5 8&9 15 16 11-13 14 花蓮 嘉義 ▲ 玉山 台南 23°N 標高 ( m) 台東         高雄 2000~ 3000 1000~ 2000 500~ 1000 0~ 500 3000~ 18&19 17 20 120°E 60 ㎞ ● :第1回調査  (2012 年 11 月 5 ~ 14 日) University (2012) を利用した. 採集した種子は長江圃場 で栽培し, 証拠標本は高知県立牧野植物園標本室 (MBK) に収蔵した. (2)台湾活動記録 ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員,錢欣氏 ②経路:台北市内の宿泊地より TAIF 公用車で北上し, 陽明山国家公園に向かい,政府公務局の花卉試験中 心においてシュジョウツツジ Rhododendron mariesii, キンモウツツジ R. oldhami などの栽培個体と,邱文 良博士監修の台湾に自生するシダ植物展示温室を見学 し,その後以下の場所にて調査,採集を行った.台北 市内のホテルにて宿泊. ③メモ:陽明山国家公園は台北市の北に位置し,車での アクセスが容易である.この公園は大屯山や七星山な ど複数の火山から形成されており,火山に由来する奇 観や温泉で知られる観光地である.この地は亜熱帯性 気候に属しているが,標高の高いところではごくまれ 96 やまとぐさ

[close]

p. 5

に積雪が観測されることもあり,豊かな自然を育んで いる. ④採集品: 大きな岩石がところどころに露出している常 緑広葉樹林.タイワンツバキ,ヒイラギズイ ナ,ハウチワノキ,ルソンガマズミなどが見 られた. (ナカハラツツジ) …種子, ・Rhododendron nakaharae (開花枝含む) 採集. 標本 2 枚 SITE 1:新北市大屯山,標高 988 m : 山頂へ向かう道 路沿い.日当たりのよいススキ属植物が生い 茂る草原.他に見られたのはツクバネガシや ヒイラギ (開花) ,ササキビ,タイワンサン キライ (開花) など. … 種子, ・Rhododendron oldhamii(キンモウツツジ) 標本 2 枚採集. ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員 ②経路:台北市内の宿泊地より 5 号高速公路で宜蘭縣 まで南下.員山を経由して 7 号道棲蘭を経て国定自 然保護区へ入山し以下で調査.台湾科学院宜蘭研究招 待所にて宿泊. ③メモ:保護区への入山は行政院により厳しく制限され ており,入口には常駐の監視員がいた.たとえ林業試 験所の関係者であっても,許可書類がないと入山を認 められない.林業試験所の書類に一部不備があり少し 入山に手間取った.道中には歴代神木園という場所 があり,そこには樹齢 1000 年を超えるベニヒの巨木 約 60 株が保護されており,それぞれ中国歴代人物の 名がつけられていた.山中は霧が立ち込め湿度が高く, 樹木の枝にはもれなく蘚苔類や地衣類が垂れ下がって おり,雲霧林を形成していた.このエリアのツツジ属 植物はすべて固有種だった.保護区内にある台湾科学 院宜蘭研究招待所には大学の植生調査員も滞在してい SITE 2:新北市菜公坑山,標高 793 ~ 881 m:タブ ノキが優占する常緑広葉樹林.トクサラン, タイワンアキギリ, カラタチバナ, リュウキュ ウルリミノキ,カラコンテリギ,タイワンシ シンラン,タイワンサンキライ,タイトウカ ンアオイなどが見られた. …種子, ・Rhododendron oldhamii(キンモウツツジ) 標本 3 枚採集. (アカボシシャクナゲ) … ・Rhododendron hyperythrum 種子,標本 3 枚採集. SITE 3:台北市馬槽付近,標高 400 m:常緑広葉樹林. 山中にハマユウやタイワンホトトギスが見ら れた. (シュジョウツツジ) …標本 ・Rhododendron mariesii 2 枚採集.不作のため種子を発見できず. SITE 4:台北市軍艦岩,標高 141 ~ 187 m (図 2) : 第 1 回台湾植物調査報告 97

[close]

p. 6

Ann. Makino Bot. Gard. た (招待所とは,政府機関,大学,企業などの組織が 設置する関係者のための宿泊施設) .1 階は共用キッ チンとトイレ,テーブルが並べられたスペースがある. 夕飯と朝食の材料は入山前に立ち寄ったスーパーで調 達し,招待所内の共用キッチンで調理した.2 階に人 ひとりが寝起きできる広さの部屋が何室かあり,宿泊 の際には備え付けの寝袋や布団を利用できる.就寝の 際は布団がかび臭く少し寝苦しかった.湿度が高いた め,採集した標本は携帯式乾燥器にて乾燥させた. ④採集品: SITE 5:宜蘭縣大同棲蘭山,標高 1567 m (図 3) :タ イワンヒノキ,ベニヒが優占する自然性の高 い針広混交林.ニイタカカマツカ,コバノシ ロダモなどが見られた. (タイワンシャクナ ・Rhododendron formosanum ゲ) …種子,標本 2 枚採集. SITE 6:宜 蘭 縣 大 同 棲 蘭 山 鴛 鴦 湖, 標 高 1671 ~ 1702 m (図 4, 5, 6) :ツガ属やヒノキ属が優 占する苔むした針広混交 (雲霧) 林.林床では, 固有種ルブス・リウイイやヒサカキ属,コト ネアステル属,メギ属,オウレン属の植物が 見られた. (タ イ ワ ンシ ャ ク ナゲ) … ・Rhododendron formosanum 種子,標本 1 枚採集. 98 やまとぐさ

[close]

p. 7

・Rhododendron chilanshanense (タイワンゴヨウ ツツジ) …種子,標本 8 枚採集. (チャ クセイ シャ クナゲ) … ・Rhododendron kawakamii 種子,標本 2 枚採集. ①同行者:同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩 文博士,陳建帆研究員 ②経路:宿泊地から一度鴛鴦湖周辺に向かい,下山後に 7 号道を南下して台中市思源唖口で採集.武陵南湖大 山登山口を経て台中市武陵にて採集,台中市和平區に て宿泊. ③メモ:7 号道は台湾を縦断する雪山山脈と中央山脈の 間の谷を流れる蘭陽渓に沿っており,台湾の雄大な 山々を目の当たりにした.険しい谷では,気候を生か して現地の人々がキャベツなどを栽培していた.蘭陽 渓は台風による甚大な被害をうけ,広いところでは幅 1 ㎞近くにわたって河川が暴れた跡が残っており,一 面石と岩で埋め尽くされた異様な光景が広がっていた. 思源唖口は谷地でありながら標高が高く,コヤスノキ, タカネハンショウヅル,タイキンギクなど西日本で見 られる植物がある一方,SITE8 にほど近い SITE9 で はナカハラカエデやイサオツツジ,アカゲツツジと いった固有種や,人の顔より大きい花序を持つカワカ ミアジサイなどが見られ,それらの種子を採集するこ とができた. ④採集品: ・Rhododendron rubropilosum (アカゲツツジ) …種 子,標本 1 枚採集. タイワンヒノキ,ベニヒが優占する針広混交 林内の西向きの岩壁.岩壁にはランダイシャ シャンボやタイワンシラタマ,タイワンアセ ビ,林内にはアリサンテンナンショウなどが 見られた. ・Rhododendron rubropilosum var. taiwanalpinum (ヒメキンモウツツジ) …標本 2 枚採集. SITE 7:宜蘭縣大同棲蘭山鴛鴦湖付近,標高 1671 m : SITE 9:台 中 市 思 源 ~ 武 陵 南 湖 大 山 登 山 口, 標 高 1846 ~ 1915m: 周 囲 に リ ン ゴ や ナ シ 類 と いった果樹園やキャベツ畑が周囲にある荒地. タイワンハンノキやキイチゴ属,ススキ属の 生える暗い斜面にてタカネハンショウヅルと カワカミアジサイの種子と標本を採集した. SITE 10: 台中市武陵,標高 1707 m(図 8) :タイワ ントガサワラやマツ属,ナナカマド属,ウ ラジロガシなどからなる針広混交林.武陵 農場に向かう道路沿いの露岩の多い北西向 き凸形斜面. (ランダイヒカゲツツジ) … ・Rhododendron ovatum 種子,標本 3 枚採集. SITE 8:台中市思源唖口, 標高 1870 ~ 1824 m (図 7) : コナラ属,タブノキ属,アリサンシデ,マツ 属などからな針広混交林.川沿いの断崖を走 る道路沿い,西向きの谷壁斜面. (キンモウツツジ) …種子, ・Rhododendron oldhamii 標本 2 枚採集. (イサオツツジ) …種子, ・Rhododendron noriakianum (開花含む) 採集. 標本 4 枚 第 1 回台湾植物調査報告 99

[close]

p. 8

Ann. Makino Bot. Gard. ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員 ②経路:宿泊地台中市和平區から花蓮縣合歓山,南投縣 合歓山,仁愛郷清境で採集の後,埔里にて宿泊. ③メモ:合歓山など 2000 m以上の山では,日本の暖地 で見られるような植物種が多く見られた.3200 mを 超えると,高木はほとんど見られなくなった.山頂を (南投縣合歓山,2871 m) で ぬけ,下山途中 SITE14 は偶然,高木の種子を採集する林業試験場のシードバ ンク採集隊と遭遇した.彼らが雇った現地の人々は高 さ 15 m以上はあるかというタイワンツガの太い幹に コの字型のくさびを打って足掛かりを作り,あっとい う間に樹冠まで登っていった.その時採集した枝と種 子をわけてもらい,採集品としている.シードバンク 採集隊が採集した種子は,データと共に保管庫にて保 存されるという. ④採集品: SITE 11: 南投縣合歓山 (北東側) ,標高 2657 m:ニ イタカアカマツの優占する針葉樹林の西向 き斜面.明るい林床にはコニシカマツカ, ニイタカカマツカ,ニイタカセキチク,サ クマソウ,アスティルベ・マクロフロラ, タイワンシュウメイギクなどが生える. ( アカゲ ツツジ ) … ・Rhododendron rubropilosum 種子,標本 1 枚採集. ・ Rhododendron pseudochrysanthum subsp. morii (モリシャクナゲ) …種子,標本 2 枝採集. SITE 14: 南投縣合歓山 , 標高 2871m:周囲はタイ ワンツガが優先する針葉樹林.道路路肩に はツルギバノギク,ミヤオギク,ミヤマコ ケリンドウ,タイワンソクズ,タチスズシ ロソウ,タカサゴクワノハイチゴ,ヒメタ カサゴイナモリ,ニイタカコゴメグサなど が見られた. SITE 12: 花蓮縣合歓山 (東側) ,標高 2900 m:タイ ワンツガやニイタカトドマツからなる針葉 樹自然林. SITE 15: 南投縣仁愛郷清境,標高 1345 m:道路沿 いの荒地. (キンモウツツジ) …種子, ・Rhododendron oldhamii 100 年前に森林火災があり,植生が回復し たところは一面ニイタカヤダケが被覆し ていた.採集地は道路沿いの岩斜面.山 頂のビジターセンターでは,タイワンゴ ヨウツツジ Rhododendron chilanshanense 2 枚採集. 標本 (開花含む) ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員 ②経路:宿泊地である埔里より北上して仁愛郷惠蓀林場 にて採集,6 号,3 号,1 号高速公道で台北市林業試 に帰還.標本・種子整理の後,市内にて 験場 (TAIF) 宿泊. ③メモ:台湾には山地内に林場と呼ばれる施設が多数あ り,植物に囲まれて散歩や森林浴,スカイウォークを 楽しんだり,宿泊したりと,近郊の人々のレクリエー Kurashige が写真入りパネルで紹介されて いた. (アカゲツツジ) …種 ・ Rhododendron rubropilosum 子,標本 2 枚採集. SITE 13: 花蓮縣合歓山,標高 3204 m (図 9 ) :高木 層はなく,匍匐性のタイワンビャクシンや クロミノヘビノボラズ,ヒイラギソヨゴか らなる風衝低木林がひろがる. 100 やまとぐさ

[close]

p. 9

ションの場として大変人気がある.今回訪問した惠蓀 林場は中興大学付属という背景もあって植物解説パネ ルだけでなく園内の植物ガイドブックが販売され,植 物園に近い教育普及を行っていた.ここに限らず土日 は特に林場や植物園に訪れる人が多く,日本人より台 湾人のほうがより植物を好み,親しんでいる印象を受 けた. ④採集品: SITE 16: 南投縣仁愛郷惠蓀林場,標高 704 m:タイ ワンゴヨウマツ,アカメガシワ属,シイ属 などからなる常緑の針広混交二次林. (ナンオウツツジ) … ・Rhododendron breviperulatum 種子,標本 2 枚採集.ただし林場内にはツツジ の園芸品種が植えられていたので,これらとの雑 種である可能性がある. ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員,錢欣氏 ②経路:台北市内の宿泊地にてデータなどを整理の 後,タクシーで台北車站へ向かった.台湾高速鐵道 (台北市)から左營車站 (高雄 (THSR)で台北車站 市) に移動し,一気に南下した.駅からはレンタカー を借りて高雄市から屏東縣大山温泉農場餐廳まで移動, 宿泊. (移動日) (セイシカ) … 標本 2 ・Rhododendron latoucheae 枚採集.不作のため種子採集できず. SITE 18: 屏東県牡丹付近,標高 491 m (図 10) :タ ブノキ属,コナラ属が優占する常緑広葉樹 二次林.着生ラン,ナカハラセッコクや林 床ではタイワンエビネ,タイワンアオキが 見られた. (タイ ワンヤマツツジ) …種子, ・Rhododendron simsii 標本 5 枚採集. SITE 19: 台東縣達仁・屏東科技大学演習林,標高 ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員,錢欣氏 ②経路:宿泊地から牡丹高士佛山,牡丹付近にて採集後, 台東縣達仁にある屏東科技大学演習林に入山して採集, 同県内で宿泊. ③メモ:牡丹付近は台湾南部で熱帯に属していながら, モンスーンや貿易風の影響から亜熱帯域の植物が生え ており,夜間は絶えず吹く穏やかな風が心地よかった. ④採集品: 580 m:パサニア・ドドニイフォリア,イ ジュが優占する常緑広葉樹林.林下ではタ イワンアオガンピ,タイワンエビネ,トク サランが開花. (トウサクラツツジ) …種子, ・Rhododendron farrerae 標本 4 枚採集. SITE 20: 屏東県 墾丁国家公園,標高 10m 程度.熱 帯性気候にあたる台湾最南端.海岸より内 陸に入った山中ではツリガネニンジンやコ ンロンカ,フトボナガボソウが,海岸沿い の切り立った岸壁にはガランビタヌキマメ, アサガオガラクサなどが見られた. SITE 17: 屏東縣牡丹高士佛山,標高 485 m:タブ ノキ属やゴルドニア属,フトモモ属,リュ ウキュウモチ,リュウキュウモクセイ,シ ナヒサカキ,ツリガネガシなどからなる常 緑広葉樹二次林. 第 1 回台湾植物調査報告 101

[close]

p. 10

Ann. Makino Bot. Gard. ①同行者:行政院農業委員曾林業試験場 鐘詩文博士, 陳建帆研究員,錢欣氏 ②経路:宿泊地より南端経由で左營車站まで戻り,台湾 にて左營車站 (高雄市) から台北車 高速鐵道 (THSR) (標本と種子) 站 (台北市) に移動.TAIF にて採集品 を総点検した後,それらの送付方法等について打合せ, 送付を依頼した.台北市内に宿泊. *標本・種子については,手続きの都合上 TAIF から 当園への航空便輸送とした. 3.調査を終えて 現地ガイドを引き受けてくれた林業試験所の鐘詩文博 士と陳建帆研究員は,台湾全土の植物を対象に調査・研 究し,図鑑などを執筆されているため植物の自生地情報 に詳しく,非常に効率よく種子を採集することができた .今回の調査では亜熱帯に位置する台湾北部か (図 11) ら標高 3000m をこえる中央山脈,そして熱帯に位置す る南端にまで足を運び,日本での導入栽培例が少ない種 を含むツツジ属植物 12 種の種子と標本 16 種,それ以 (標本合計 79 枚) を 外の植物 35 種の種子と標本 28 種 . 採集することができた (図 12) 採集した種子は帰国後すぐにクリーニングを行い,当 .播種したツツジ属 園の栽培施設にて播種した (図 13) 植物は園地植栽用植物として少しでも早く大きく育てる ため,冬に発芽させ,冬季も生長を続けるよう最低温度 5 ~ 10℃を維持できる温室にて栽培している.10 年以 内にその他の台湾産の植物と共に園地へ植栽し,台湾コ レクションとして一般公開したいと考えている. 第 2 回調査では,ターゲットリストに掲載されながら (種 も第 1 回調査で採集できなかった植物種の採集をし ,その他の植物種も第 1 回調 子 6 種,標本 9 種 32 枚) が得ら 査を上回る成果 (種子 14 種,標本 84 種 96 枚) れている.次号では,第 2 回台湾採集調査の詳細を述 べたい. 4.台湾の植物多様性情報について 標本庫を見る限りその標本庫に専門家のいないグルー プに関して検討の余地があるように思われた.台湾植 物誌など多数の研究資料の IT 化が進んでおり,1つ 102 やまとぐさ

[close]

p. 11

のサイト (例えば Plants of TAIWAN) で植物名を検索 すると植物の基本情報や記載論文の情報,FLORA OF (タイプを含む数点を TAIWAN 等の文献,そして標本 表示.地図データ付採集地情報あり) が一度に閲覧でき る.今回,短時間で採集植物リストをまとめることがで きたのは,同行した台湾人研究者の知識もさることなが ら,この充実した台湾のデータベースが一般に無料で公 開されていたからでもある.国土が九州ほどの大きさの 台湾と比較すると日本は広く,植物種数も多いので同じ ようなデータベースを作成するのは難しいとは思うが, 時間はかかっても台湾のようなデータベースを構築する ことは日本の植物分類学の発展や植物多様性の保全に大 いに役立つことが期待できる. 引用文献 徐源秦.2006.太魯閣國家公園杜鵑花属植物遺傅多様性調査. 内政部營建署太魯閣國家公園管理處.花蓮(台湾) . Herbarium of National Taiwan University. 2012. Plant names & Info, Plant specimen. Plant of Taiwan. (http://tai2.ntu. edu.tw/) Li, H.-L. 1978. Rhododendron. In: Li, H.-L. et al. (eds.), Flora of Taiwan, 1st ed. 4: 21 – 38. Editorial Committee of the Flora of Taiwan. Epoch Publishing, Taipei, Taiwan. Li, H.-L., Lu, S.-Y., Yang, Y.-P. and Tseng, Y.-H. 1998. Rhododendron. In : Huang, T.-C. et al . (eds.), Flora of Taiwan, 2nd ed. 4: 22 – 33. Editorial Committee, Dept. Bot., National Taiwan University, Taipei, Taiwan. Yamazaki, T. 1996. A revision of the Genus Rhododendron in Japan, Taiwan, Korea and Sakhalin. Tsumura Laboratory, Ibaraki, Japan. 第 1 回台湾植物調査報告 103

[close]

Comments

no comments yet