magazine235

 

Embed or link this publication

Description

magazine

Popular Pages


p. 1

H I S S P I R I T I S S T I L L H E R E . . .

[close]

p. 2

遠藤 新 ( えんどう あらた ) 工学院大学工学部建築都市デザイン学科准教授。1973 年愛知県生 れ。東京大学工学部都市工学科卒業・同専攻修士課程修了。2004 年博士 ( 工学 ) 取得。1997 年 -2005 年都市デザイン研究室助手。 主な著書に『米国の中心市街地再生 エリアを個性化するまちづく り』  ほか多数。 遠藤新先生を訪ねて —北沢猛先生特集 第2弾— The Interview of Assoc. Prof. Arata Endo at Kogakuin University - Special Feature: Prof. Takeru KITAZAWA #2  7 回 忌 を 迎 え た 故 北 沢 猛 先 生 の 人 物 像 に 迫 る べ く 始 ま っ た 連 続 イ ン タ ビ ュ ー 企 画。 第 1 弾 ( 第 230 号 ) の 特 集 で イ ン タ ビ ュ ー さ せ て い た だ い た 鈴 木 伸 治 先 生 か ら の バ ト ン を 渡 す べ く、 編 集 部 一 同 は 西 新 宿 高 層 ビ ル 群 の 一 角 を な す 工 学 院 大 学 へ。 超 高 層 の キ ャ ン パ ス か ら 見 る東京の景色に高揚感を覚えながら奥 に 進 み 、研 究 室 の ド ア を ノ ッ ク し ま し た 。 待 望 の 北 沢 先 生 特 集 第2 弾 。 で は 、 北 沢 先 生 と 深 く 関 わ り の あ っ た 遠 藤 先 生 に 、 自 身 の 学 生 時 代 の 話 か ら 北 沢 先 生 と の 関 わ り、 さ ら に こ れ か ら の 都 市 デ ザ イ ン の 職 能 に 対 す る お 考えなど、様々な話をお伺いしました 。                                       ( 編 集:M 1 砂 塚・M 2 高 橋 ) ー 紹 介 も 兼 ね て、 学 生 時 代 の お 話 を 聞 か せてください。  修士の時はプロジェクトものばかり や っ て い ま し た。 学 部 卒 業 の 時 に 同 期 が 卒業旅行に行くなか、一人粛々と研究室 にこもって卒業設計を展覧会に出すた め に 作 業 し て い て、 そ の 後 修 士 に 入 っ て す ぐ に 研 究 室 の プ ロ ジ ェ ク ト で、 長 野県須坂の町並み環境整備事業の基本 計画を作るプロジェクトをやっていま し た 。 修 士 の 最 初 の 頃 は、Mini C AD ( 現 ・ Vec t o r W ork s) を 使 っ て 計 画 図 を作ったり施設の設計をしたりと、一人 で CAD の 練 習 を し な が ら プ ロ ジ ェ ク ト を 中 心 に 活 動 し て いました。 ー修士研究はどのようなことをされたの ですか。   気 付 い た ら 修 論 の 時 期 に な っ て い て、 設 計 方 面 で 頑 張 ろ う か な と 思 い、 修 士 設 計 を や り ま し た。 代 官 山 ヒ ル サ イ ド テ ラ ス の 研 究 を し て い て、 オ ー プ ン ス ペ ー ス の 作 り 方 や、 建 物 の 表 層 部 分 の 作 り 方 が 面 白 い と 思 い、 そ れ を な ん ら か の 設 計 言 語 に し よ う と 研 究 し て い ま し た。 一 連 の ヒルサイドテラスの空間の特徴を分析 し、ヒルサイドテラスの隣に敷地を設定 して、その続きを設計するという修士設 計を行いま し た 。 ー博士課程 1 年のときに助手になられた と い う こ と で す が 、 そ の 経 緯 は… 。  博士に進んだ時に北沢先生が赴任され ま し た。 博 士 課 程 で は 修 士 時 代 か ら や っ ていたプロジェクトをやりながら、北沢 先生と一緒に新しい都市デザイン系のプ ロジェクトを少しずつやっていくつもり で し た が、 進 学 早 々 に 都 市 工 の 助 手 を 引 き 受 け る こ と に な り ま し た。 都 市 デ ザ イ ン研究室は丹下研の流れから演習で都市 設 計 を や っ て い た こ と も あ り、 西 村 先 生 なりに設計方面を強化していこうという 思 い が あ っ た ん だ と 思 い ま す。 そ れ で 北 沢 先 生 に 来 て も ら っ た り、 演 習 助 手 に 自 分のような設計ばかりやっていた若手を 丹下研究室の流 れ か ら 、 西 村 先 生 な り に 設計方面を強化していこうという思いがあったんだと思います。 2

[close]

p. 3

北沢先生が最初に考えていたのは、 もっとガリガリとデザイン す る オ フ ィ ス の よ う な も の で し た 。 送 り 込 ん だ り し て い た ん だ と 思 い ま す。 助 手 着 任 後 は( 鈴 木 ) 伸 治 さ ん が 博 士 論 文を書き始める時期で忙しくなるという こ と も あ っ て、 修 士 時 代 の も の だ け で な く北沢先生が始めたプロジェクトも多く 関わりました。 ー 赴 任 さ れ た 当 初 は、 北 沢 先 生 は ど の よ う な 活 動 を さ れ て い たのでしょうか。  北沢先生は研究室に来て最初の年から アメリカのアーバンデザインの研究を始 め ま し た。 北 沢 先 生 が 大 学 で 学 び 横 浜 市 役所の都市デザイン室で実践していた頃 と い う の は 、 70 年 代 の ニ ュ ー ヨ ー ク や 80 年 代 の ウ ォ ー タ ー フ ロ ン ト な ど、 日 本がアメリカのアーバンデザインから学 び、実践に取り入れていたものも多かっ た。北沢先生はそうしたアメリカの成果 と現状を自分の眼で見て、そこから日本 のアーバンデザインの次の展開を膨らま していこうと考えていたんだと思いま す。  アメリカ研究の二年目くらいからは自 分も同行させてもらうことになり、ミネ ソタ州のセントポール市を拠点にして 色 々 な 都 市 を 見 て 回 り ま し た。 東 海 岸、 ― 現 地 視 察 や ヒ ア リ ン グ な ど、 ア メ リ カ でやっていたことがその後のアーバンデ ザ イ ン セ ン タ ー ( 以 下、 U D C ) の 構 想 につながってい っ た の で し ょ う か 。  調査をしてい た 頃 の ア メ リ カ は BI D が 注目されていた 時 期 で し た 。そ う し た 「ま ち づ く り 組 織 」 を 設 置 し て、 衰 退 し た エ リアの再生を担っていくようなアーバン デ ザ イ ン を ア メ リ カ で 実 際 に 見 て、 北 沢 先生なりに日本での展開の手応えを感じ ていたのではな い で し ょ う か 。  1998 年 に 横 浜 で 開 催 さ れ た 第 2 回 都 市 デ ザ イ ン フ ォ ー ラ ム の 際 に、 セ ン ト ポール市の都市再開発会社で活躍されて ―UDC に つ い て、 当 時 北 沢 先 生 は ど の ようなことを考えていたのでしょうか。  北沢先生が一番最初に考えていたの は 、 現 在 の UD C よ り も も っ と ガ リ ガ リ とデザインするオフィスのようなもの だ っ た か と 思 い ま す。 大 野 村 や 釜 石 の プ ロ ジ ェ ク ト を や っ て い た 頃、 そ う い う オ フィスをつくりたいという話を何度も聞 い て い ま し た。 プ ロ ジ ェ ク ト を 進 め る 地 域ごとにアーバンデザインのオフィスを シ リ ー ズ で 作 っ て い き た い、 と い う 話 を 度々口にしていました。その時は「アー バンデザインオフィス」という名前を 中 西 部、 西 部、 南 部 の 幾 つ か の 都 市 を 巡 り ま し た。 都 市 再 開 発 会 社 等 が 中 心 と なって衰退したエリアを再生する計画が 形 と な っ て 見 え て き た 時 期 だ っ た の で、 そ れ ら の 仕 掛 け 人 と な る 人 に、 ど ん な 都 市 デ ザ イ ン の 戦 略 を 持 っ て、 ど ん な こ とをやってきたのかをヒアリングしてい ました。北沢先生は、そうしたアメリカ の 実 践 を 元 行 政 マ ン の 目 線 で 見 な が ら、 アーバンデザインの新しい方法論を考え ようとしてい た の だ と 思 い ま す 。 い た ウ ェ イ ミ ン グ・ ル ー さ ん を 呼 ん で 話 を 聞 き ま し た 。今 思 う と 、 北 沢 先 生は ウ ェ イ ミ ン グ・ ル ー さ ん に は 大 き な シ ン パ シ ー を 感 じ て い た と い う か、 結 構 な 影 響 を 受 け て い た よ う に 思 い ま す。 ル ー さ ん も 元 行 政 マ ン で、 ミ ネ ア ポ リ ス 市 で は ニ コレットモールの計画を中心とするダウ ンタウンの再生計画などのアーバンデザ イ ン を 実 践 し て き た 人 で す 。 199 1 年 に 行われた第1回都市デザインフォーラム で意気投合してから北沢先生とは長い付 き合いだったようです。 3

[close]

p. 4

his mind is still here... 4

[close]

p. 5

設計者ではなく、行 政 マ ン が 来 た こ と で 都市デザインのあり方 が 大 き く 変 わ っ て い き ま し た 。 ノートに書き記していたのですが、その 後アメリカのクリーブランド市で大学が 中心になって地域のアーバンデザインを 進 め て い る 「 CU D C」 ( ※ Cle ve la nd U r b a n D es i g n Col l a bora tive ) に ヒ ン ト を 得 て、 「UD C ◯ 」 と い う 言 い 方 に変わったように思います。アメリカの アーバンデザインセンターやヨーロッパ のアーバンセンターの事例やコンセプト が 合 体 し て、 日 本 版 の UDC に な っ た の ではないかと思います。 ー北沢先生とアメリカに一緒に行った際 に 、 印 象 的 だ っ た こ と はありますか。   北 沢 先 生 は、 い つ も ホ ッ ト ド ッ グ を 食 べ て い ま し た。 あ ん ま り ち ゃ ん と し た レ ストランに一緒に入った記憶はないです ね。 ( 笑)   あ と、 北 沢 先 生 と は と に か く よ く 街 を 歩 き ま し た。 ア メ リ カ に 行 く と た い て い の場合向こうの人が車で案内してくれる ん で す が、 そ れ に 乗 ら ず に よ く 歩 い て い らっしゃいました。 ー岩手県の大野村や釜石などでは、実質 的に遠藤先生が設計をされたという話を 伸 治 先 生 か ら お 聞 き し ました。  岩手県の一連のプロジェクトはもとも とは西村先生が岩手県庁の知人を通して 始 め ら れ た も の で す。 歴 史 的 資 源 を 生 か して街をどう立て直していこうかという プ ラ ン を つ く り、 実 際 に 街 を 変 え る ア クションにつなげていこうとしていま し た。 ポ ス ト イ ッ ト を 駆 使 し た ワ ー ク シ ョ ッ プ を 重 ね て、 住 民 の 合 意 形 成 を す るというのを研究室でやるようになった のは岩手県のプロジェクトの頃からだっ ー 北 沢 先 生 が 来 ら れ て、 研 究 室 が 変 わ っ た部分はありま す か 。  プロジェクトの数と種類が増えたとい う こ と は あ る と 思 い ま す。 そ れ ま で は 古 川や須坂などの街並み環境整備事業な ど 、 歴 史 的 資 源 を 調 査 し、 そ れ を 生 か し て 計 画 を 作 る も の が 多 か っ た か と。 北 沢 先 生 が 来 ら れ て か ら は、 歴 史 的 資 源 の あ る ま ち だ け で は な く、 岩 手 県 の 大 野 村 など、都市ではなく資源も何もないよう な 場 所 で 新 た な 価 値 を 見 い だ し て、 ア ー バンデザインを構想していくようなプロ ジ ェ ク ト も 行 い ま し た。 岩 手 の 田 舎 の 町 は、 全然アーバ ン じ ゃ な い 。 (笑) しかし、 そういう場所でも地域の人達の意向を収 集し、歴史的かどうかに関わらず資源を 見いだしマッピングしたりする作業は有 効で、それが方法論として広がっていっ た よ う に 思 い ま す。 国 等 の 補 助 事 業 の 枠 組みの中でプロジェクトをやるのではな く、道筋が何もないようなところからま ち を 構 想 す る と い う こ と を、 北 沢 先 生 は ープロジェクトでの北沢先生の様子につ いて聞かせてください。  行政が事業化できるように計画をまと め る の が う ま く、 ま さ に 行 政 マ ン な ら で はのやり方でプロジェクトを進めている た と 記 憶 し て い ま す。 住 民 参 加 の ワ ー ク ショップは北沢先生は横浜市時代には何 度 も や っ て い た そ う で、 大 学 に 赴 任 さ れ てからも住民との合意形成の常套手段と して用いられま し た 。  北沢先生はファシリテーターとしての ず ば 抜 け た 能 力 を 持 っ て い ま し た。 ど こ で 学 ん だ の で す か、 と 聞 き た く な る く ら い。 「ポストイットの魔術師」といった 感 じ で( 笑 ) 、模造紙のまとめ方やポス トイットの使い方はすごいものがありま した。当時の学生は岩手のプロジェクト を通して、北沢先生と一緒にやりながら そういった方法 論 を 覚 え て い き ま し た 。 ー田村や郡山などのまちも手がけていた そ う で す が、 北 沢 先 生 は 地 方 都 市 に 力 を 入 れ て い ら っ し ゃ っ た の で し ょ う か。   そ う で す ね 。 岩 手 も そ う だ し 、喜 多 方 、 京 都 の 舞 鶴 も や り ま し た。 歴 史 的 な 資 源 は 探 せ ば 出 て く る し、 ど の ま ち に も あ る も の で す が、 そ う い っ た も の だ け に 頼 ら ない新しい空間のデザインを通じて地方 都 市 を 再 生 す る と い う の は、 北 沢 先 生 が 来てからやり始めたことなのかも。  西村先生も当然そういうことは考えて い た と 思 い ま す が、 そ れ を 実 践 し て も ら うために北沢先生にお願いしたのでしょ う。 「都市デザイン研究室」に名前が変 わ っ た の も そ の 頃 で し た。 「都市設計研 究 室 」 だ っ た 当 時、 渡 辺 定 夫 先 生 の 後 任 の 山 田 学 先 生 が 亡 く な ら れ て、 西 村 先 生 が 渡 辺・ 山 田 研 の 一 切 の 仕 事 を 引 き 継 ぐ 形 に な り ま し た。 西 村 先 生 は 歴 史 的 な 街 に関連した仕事を多く引き受けていたよ う で す が、 や は り 都 市 設 計 の 部 分 も 引 き 継がなければいけないということで、北 沢 先 生 を 招 き「 都 市 デ ザ イ ン 」 と い う 形 で引き継いでいったんだと思います。特 に、 建 築 の 設 計 者 で は な く、 行 政 マ ン が 研究室に来た影響はとても大きく、そこ で都市デザインのあり方が随分変わった ように思います。 従来の方法をうまく応用しながらやって いました。 4 4 4 4 大野村での会議の様子 5

[close]

p. 6

印象でした。役場の人との話でも「元行 政 マ ン だ か ら こ そ 通 じ る 話 が あ る 」 と、 北沢先生自身もよく仰っていました。そ れ だ け で な く、 ま ち の お ば ち ゃ ん た ち に も相当ウケが良かった。住民を味方につ ける行政マンは強いなぁと思って見てい ま し た。 住 民 を 味 方 に つ け る と い う こ と は、 現 在 の 僕 の 仕 事 で も 常 に 意 識 す る と こ ろ で す が、 そ う い っ た 技 術 は 北 沢 先 生 に 学 ん だ も の か も しれません。 ー北沢先生は飲み会が好きだったと聞い ていますが…。   は い、 ま ち の 人 た ち を 巻 き 込 ん で よ く 飲み会をしていました。飲み会に誘って た い が い 反 応 が い い の は お ば ち ゃ ん で、 おばちゃん達と一緒に飲む機会がよくあ りました。  北沢先生から学んだことは沢山ありま す が 、中 で も 印 象 的だったことの一つは、 住民や行政のなかにスパイを作るという こと。つまり、遠隔地のプロジェクトを 遂 行 す る に は、 そ れ な り の 情 報 網 を 持 っ ていることはとても重要です。現地の重 要な情報を得るためには,遠隔地であろ うと常に住民と良好な関係を築いておく ことが大切だということを教わりまし た。 ー 北 沢 先 生 は「 都 市 デ ザ イ ン 」 を ど の よ う な こ と だ と 考 え ていたのでしょうか。  大学から社会に出て一番初めに気づく の は、 ア ー バ ン デ ザ イ ン は チ ー ム で や っ て い る と い う こ と 。我々は 「計画を作る」 と い う 意 識 が あ る か ら、 対 象 を ど こ ま で 網 羅 す る か、 ど う い う 風 に し て 戦 略 を 立 てて全体を動かしていくのかということ を、俯瞰的な目線から描くことまでは苦 もなくで き る 。  ただ、全部を動かして形にしていくの は、アーバンデザイナーという一人じゃ 絶 対 に で き な い。 そ こ で 信 頼 で き る 人 を チームに 入 れ て 、い か に 任 せ て い く の か 。 一方で全てを任せきらずにアーバンデザ イナーがプロジェクトの全体を主導する 立ち位置と影響力をどうやって持ち続け る の か 。 そ こ が 大 事 な ん だ と、 北 沢 先 生 は 仰 っ て い た。 北 沢 先 生 自 身、 当 然 一 人 で や ろ う と 思 っ て い た わ け で は な く て、 建築分野には気の合いそうな建築の専門 家の方を呼んできて一緒にプロジェクト に 参 加 し て も ら っ た り、 照 明 は 照 明 の 専 門 家 に 任 せ た り し て い た。 大 事 な の は 全 体をどういう方向にディレクションする の か、 と い う と こ ろ。 全 体 を つ な ぐ・ ま とめるという作業をアーバンデザイナー がやらなければ都市の構想は進んでいか ない。北沢先生が僕らに伝えたかったの はそこだ と 思 い ま す 。 ーディレクター的な存在が育っていかな ければな ら な い と い う こ と で し ょ う か 。   そ う で す。 デ ィ レ ク タ ー 的 な 人 は 設 計 し た り、 絵 を 描 け た り し な い 人 で も い い。もちろん自分が絵を描けるのであれ ば、それを強みにしてアーバンデザイン を デ ィ レ ク シ ョ ン し て い け ば い い。 も し で き な い の で あ れ ば、 そ う じ ゃ な い ア プ ローチでディレクションすればいいのだ と 思 い ま す。 た だ 外 せ な い 点 と し て 、 空 間的なことをどうやってチームで共有し てくのか。その手法は自分なりに持って い な い と い け ま せ ん。 言 葉 な の か 、 既 存 の 事 例 を う ま く 伝 え る 技 術 な のか 。   絵 が 描 け る と、 空 間 的 な 考 え を そ の 場 で 共 有 し や す い で す よ ね。 北 沢 先 生 は 飲 み 会 の 席 で も、 割 り 箸 の 袋 の 裏 に 「 こ う いうのをつくろう」と言いながらよく絵 を 描 い て い ら っ し ゃ い ま し た よ。 ー現在建築系ではない学科で都市デザイ ンを教えていらっしゃる伸治先生は、都 市 デ ザ イ ン を 概 念 的 に 学 ん で、 建 築 の 人 と空間的なことも話せる人が育っていく ことが大事と仰っていました。  空間の話を持ち出すか持ち出さないか は、 都 市 を 構 想 す る 際 に 経 済 系 の 人 と 我 々 と の 一 番 の 違 い で す。 空 間 が こ う あ るべきだとは経済系の人は絶対に言わな い。A か B か、どちらを選択した方が得 か、 そ の 結 果 と し て 都 市 は こ う い う 姿 を し て い る、 と い う こ と は 言 う が 、 空 間 の あるべき姿は彼らにとって結果でしかあ り ま せ ん。 我 々 は こ の 空 間 が ど う あ る べ き か、 そ の 道 筋 を ど う す べ き か を 考 え, 提 示 し な け れ ば な り ま せ ん。 そ こ が 都 市 デザインを専門として学ぶ我々の責務で す。 そ う い う 意 味 で 経 済 系 の 人 と は 相 容 れないところがありますね。   ま た、 1/100 ス ケ ー ル 等 の 詳 細 な 設 計図面を描くところを仕事にしている建 築設計者やランドスケープアーキテクト 全てを任せ き ら ず に ア ー バ ン デ ザ イ ナ ー が プ ロ ジ ェ ク ト の 全 体 を 主 導 す る 立 ち 位 置と 影響力をど う や っ て 持 ち 続 け る の か 。 そ こ が 大 事 な ん だ と 北 沢 先 生 は 仰 っ て い た。 6

[close]

p. 7

複数 の空間像をど う や っ て 一 つ の 現 実 の 空 間 に ま と め て いく のかを考えることが我々に求められ る 技 能 な ん で す 。 と(我々のような)アーバンデザイナー の 仕 事 も 違 い ま す。 ア ー バ ン デ ザ イ ナ ー に 求 め ら れ る の は、 そ う い っ た 詳 細 図 面 を描くことではありません。設計をする と い う こ と は、 あ る 線 を ど こ に 引 く の か を 決 め る と い う こ と。 建 築 な ど の モ ノ の 設計は様々な与条件をもとに最終的にあ る線を引くことだけど、空間になるとそ こまで厳密ではないアバウトなものだか ら、もう少しざっくり考えられます。一 本の線を描くのとは違う次元で、この空 間を A ではなくて B にするということ を 誰 か が 決 め て、 そ の 方 向 に 全 体 の 流 れ を持っていかないといけません。アーバ ンデザインはそこをやっている仕事だと 思っています。 ー経済系・建築系の人々をつなぎ、一つ の方向に導くのが都市デザインの仕事と い う こと で す ね 。   そ う で す ね。 誤 解 を 恐 れ ず に 言 う と、 好ましい将来像とか空間像というもの を、建築家は一つしかないと思っていま すが、我々のように都市の専門家は一つ の場所であっても複数の好ましい空間像 が あ り え る と 思 っ て い ま す。 「住宅地」 という観点から見たらこういう空間像が 正解かもしれない。でも、まちは住宅だ け じ ゃ な く、 商 業 者 も い て 賑 わ い の 場 で も あ る。 「賑わいの場」という観点で見 ると、空間像は商店を中心としたものが ベストなのかもしれません。また、例え ば 釜 石 な ら ば、 漁 業 の ま ち で あ る と 考 え れ ば、 「 水 産 加 工 業 」 の 文 脈 が あ り、 そ ういう目線から見ると空間像は海から考 え て こ う な る よ ね、 と い っ た よ う に な り ます。   同 じ場 所 に 3 つ 4 つの空間像が許容で きて、それらが共存しているのがまちと い う も の で す。 そ れ ら 複 数 の 空 間 像 を ど うやって一つの現実の空間にまとめてい くかのかを考えることが我々に求められ る技能なんです。そこが、アーバンデザ イ ン の 一 番 大 事 な と こ ろ だ と 思 い ま す。 一 つ の空 間 像 を「 絵 」にするのは建築家、 ランドスケープアーキテクトがやります が、いろんな空間像を一つの空間にまと める(合意形成する)のがアーバンデザ イ ナ ー・ 都 市 計 画 の 人 が や る べ き 領 域 な ん だ と思 い ま す 。 ▲北沢先生のアメリカでの知見がまとめられた『都市 のデザインマネジメント』 。懇意だったウェイミング・ ルー氏についてもこの中で触れられている。 11 月のウェブ記事 ー そ こ が 重 要 で あ る か ら こ そ、 ア ー バ ン デザインの職能はあるといえるのでしょ うか。   そ の 意 味 で、 お 金 に な る か ど う か は 別 と し て 、 職 能 は あ る は ず。 ま ち に は 様 々 な 価 値 観 を 持 つ 人 が 住 ん で い る。 共 存 し て い か な い と い け な い か ら、 複 数 の 市 街 地 像 を 共 存・ 調 和 さ せ る こ と に 価 値 が 出 て き ま す 。 そ し て、 そ こ に ア ー バ ン デ ザ インの職能があるべきなんだと思いま す。共存しえる価値の形成を空間志向で 考 え る こ と が、 東 大 都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 が昔から目指してきたところではないか と思います。 ー最後に、次の 人 を 紹 介 し て く だ さ い 。  伸治先生から僕に来た流れでいった ら、 次 は 横 浜 国 立 大 学 の 野 原 卓 先 生 で し ょ。 大 野 村 の 続 き も や っ て い ま す し 、 北沢先生のいろいろな話を聞けると思い ます。野原先生とは研究室にいた時期は か ぶ っ て い る ん で す が、 僕 が 在 外 研 究 で アメリカに行くときに大学の仕事を全部 任 せ ち ゃ い ま し た。 (笑)というわけで 野原先生でお 願 い し ま す 。 三 ま ち な か 研 究 発 表 展 示 を 開 催 !      10 月 24-25 日に行われた三国湊〜東尋坊ストリームで 三国 PJ チームが行った研究発表展示に関する報告です。 11/2 11/13 11/20 11/26 11/26 11/27 11/27 飯 山 高 校、 訪 問。                を訪レました。その時の様子をご紹介します! 研 10 月 22 日に長野県・飯山高校の高校生たちが研究室 都 市 設 計 特 論 第 一、 始 ま り ま し た !    研 西村先生の担当する「都市設計特論第一」が開講しまし た。2 回目以降についても随時情報を更新してゆきます。 佐原 佐 ま ち ぐ る み 小 劇 場           10 月末から行われた「佐原まちぐるみ小劇場」の様子 をお伝えしています! 松本 遺 市 現 地 調 査 報 告 会        夏に松本市で実施した現地調査の内容を共同研究者の 方々に報告しました。 神 田のキャンプ場に現れた情報センター「ウチクル」 10 月 31 日から 4 日間行われた 「アーバンキャンプトー キョー」 、 および神田 PJ の企画「ウチクル」の紹介です。 神 超多 神 町 探 検。 開 催 し ま し た !! 神田暮らし探検隊ツアー 「超多町探検。 」 を開催しました。 是非ご覧下さい:http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/ja/ *   遠 藤 先 生、 お 忙 し い 中 貴 重 な お 話 を 聞 か せ て い た だ き、 誠 に あ り が と う ご ざ い ました。   2 回 目 の 特 集 を 終 え、 北 沢 先 生 の 人 間 像 が 徐 々 に 見 え て き た よ う に 思 い ま す。 第3回は、遠藤先生にご紹介いただいた 横浜国立大学の野原卓先生にお話を伺い ます。次回もど う ぞ ご 期 待 く だ さ い 。 ■ 12 月の予定 12/8,10 修士論文中間発表会 ( 地域デザイン研究室と合同 ) 12/13-16 現地調査 ( 三国 PJ) 12/17 研究室忘年会 12/20『都市空間の構想力』出版記念イベント 編集後記 砂塚 大河 「羊の解体」を見せてもらえると聞き、びくびくしな がらゲルの外で待っていると、家主が徐ろに草原の上 に一匹の羊を寝かせました。次の瞬間、家主のナイフ が羊のお腹に刺さり、すかさずその穴から強引に手を 入れて血管を圧迫し息の根を止め、そのまま解体作業 が始まりました。さっきまで鳴いていた羊さんがお肉 生きるために食べる。食べるために殺す。これは生活 の中の一風景。スーパーで売っているスライスされた な気がします。いろいろ学んだモンゴルの旅でした。 になっていく光景に、 ただただ見入ってしまいました。 豚肉 300g も、豚さんだったことを忘れていたよう 7

[close]

p. 8



[close]

Comments

no comments yet