UrbanDesignLab Magazine #233

 

Embed or link this publication

Description

UrbanDesignLab Magazine #233

Popular Pages


p. 1

2015.09.30 vol. 233 西 村 研 の 夏 休 み を 覗 く HAVE A LOOK AT THE PROJECT ACTIVITIES IN THE SUMMER BREAK!   バ ン コ ク 、 海 外 学 生 と の挑戦   p. 2 各 プ ロ ジ ェ ク ト 鋭 意 活 動中!   p. 6 研 究 室 メ ン バ ー の 個 人 プ ロ ジ ェ クト情報  p. 1 0 東京大学 工学部都市工学科/ 工学系研究科都市工学専攻 都市デザイン研究室 今月の編集担当:中井雄太 今川高嶺 編集長: 今川高嶺 編集委員:中島健太郎 高橋舜 中井雄太 黒本剛史 砂塚大河 富田晃史 王誠凱 http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/

[close]

p. 2

バンコク、海外学生との挑戦 The Challenges with foreign students in Bangkok  Our Lab members jointed International Workshop on Urban Regeneration of Makkasan Redevelopment, Bangkok from 4th to 11th August 2015 at Bangkok Thailand. * Makkasan is a large plot by the State Railways of Thailand which is located in the heart of Bangkok. However, it has not been developed to its full potential yet and still be the major obstacle in connecting with the surrounding areas due to its function as the Maintenance and Service Centre of Railways System and the limited access to the area from the surrounding areas. A Airport Development Project leads to the Airport Rail Link which turned Makkasan Plot into the City Air Terminal, however the service did not succeed due to the incompleteness of the rail network, and the struggling mega project called "Makkasan Complex". some people needs more public use of this area. Makkasan Plot is considered as one of the opportunity areas for Urban Regeneration. The objective of this Workshop is to create a practical proposal with the demand of meeting the needs of every party equally in regenerating Makkasan Plot and this surrounding areas. (Edit: M2 Imagawa) Thailand Bangkok Target Area Schedule 09:00-12:00: Workshop 12:00-13:00: Lunch 13:00-16:00: Workshop 1st Arrival/chech-in 2nd Greeting and lecture, Site Visit and Welcome Dinner 3rd 4th 5th 6th 7th 8th M a k k a s a n Lo c a ti o n Workshop Evaluated and discussed by guest Evaluated and discussed by guest Final revision / Exhibition production Fina Presentation and Discussion,Cosing and Party 9th 2

[close]

p. 3

Concept Social Laboratory Suggest the Implication and Practice advanced approaches to social problems in the site with making use of its potentials Social Laboratory Association: WHAT TO DO? Coordination, Research Institute, Information Supplement, Funding, Education (workshop, lecture) PARTICIPANTS Residents, Private sector, Local government, NPO,University etc. ▲ GroupA: Socia Laboratory CONCEPT GREEN+LIFE→GREENING OF THE LIFE MASTER PLAN GREEN is a place where people perform actively. We have 3 principles to realized this concept.  Ⅰ INTERACTION Ac vi es in GREEN connect each  Ⅱ ECO-FRIENDLY func ons  ⅢCROSS-SUBSIDY SHOPPING The Heart of Bangkok ⅠINTERACTION CULTURE BUISINESS LIFE in the GREEN Proposal for the development of Makkasan area HOUSING CULTURE WALKING BUISINESS CHATTING SHOPPING EXACISING HOUSING RELAXING RUNNING Each func on is not connected Krongkamon Tangchivawattanakul Tienwanan Jomsueb Sarinee Pratumsuwan Pruethicheth Lert-udompruksa Masahide SHIBUYA Midori SASAOKA Masaya SAMMONJI Analysis ⅡECO-FRIENDLY ⅢCROSS SUBSIDY Global Scale Macro Scale Micro Scale ・Need for Incubating ・Geographical new industry and location: “center” growing talented people for the future ・Lack of “center of creativity” ・Cross way of long distance ・Climate ・Environmental Macro Scale Micro Scale Renovated factory CREATIVE AREA ! ・Makkasan is a single-owner large plot. Possiblity of drastical usage ・Lack of green linkage ・Not enough green spaces around the site to makeAREA ・The division of North MAIN ・necessity PARK and South area green spaces in the site ・accessibility to various transportation nodes Event space Vision INTERNATIONAL BUSINESS AREA A Energy Makkasan Area Energy The Heart of Bangkok means not only the physical location, but a metaphor of the heart in a human body. Function of human heart Function of Makkasan gather and distribute ENERGY to Bangkok as a pump of the city B Creativity CIRCULATION MAP Connectivity Energy Green Energy Creativity Staring point to incubating new industry, people, etc Connectivity Connecting area, people, transportation Green Creating Green for making Bangkok more vibrant gather and distribute BLOOD to a whole body as a pump The Makkasan’s history of the railway depot Global Scale Our 3 Concepts Green Space Area 44,179* Population Green enhances both human Creativity and Connectivity of people, functions and the areas. People with Creativity and creative places attract various people, and it leads to increasing Connectivity. This can develop Creativity. This circulation produces something new, such as new industry, talented people, etc. That is, it works as a “Heart” and generates energy to Bangkok. Urban Agriculture Makkasan is the transportation hub, and has a long history. This site is not only the hub of international connection, but also of regional connection. The history is more than 100 hundred years, and historical buildings owned by SRT (The State Railway of Thailand) remain. Household Unit : Khwaeng Makkasan Source : Analysis result, 2015 (Estimated) *include non-register 2014 2034 Year Forecast 2014 Year 2034 17,673 14,121 : Bangkok Source : Analysis result, 2015 (Estimated) *include non-register Forecast Strategy AREA Layers of functions A FLOOR-AREA [%] 600% WATER FLOW MAP 5,692,284 Population 8,472,454* RESIDENCIAL AREA k ・Climate ・Environmental ・Lack of green linkage ・Not enough green spaces around the site ・necessity to make green spaces in the site Condominium, Apartment, Flat, Dormitory, Mansion ea Target of Household Unit 1,730 1 bedroom 2 bedrooms 2 bedrooms Affordable Housing 3-4 bedrooms Resident Units 15,851 at least. : 7,232 units : 716 units : 3,618 units : 4,285 units Walk and bicycle pathway Krongkamon 4.46 Sq./person 25,344,805 Tangchivawattanakul Sqm . = 2011 2 Year Standard of Green Space Area NEED 2034 16 Sqm ./person In order to keep connectivity of varied functions and people, we propose “layers of functions” . Functions can be overlapped, and variations of usage will be mixed in each part of the area. Tienwanan Jomsueb 2 16 Sq./person 135,559,270 Sqm . Sarinee Pratumsuwan = Pruethicheth Lert-udompruksa Add Green space area Masahide SHIBUYA GreenMidori Space A rea in Makkasan Site : 1,384,666 SASAOKA Sqm .. Masaya SAMMONJI Source : Department Of City Planning, 2011 and Analysis result, 2015 (Estimated) *include non-register ▲ INTERNATIONAL BUSINESS AREA CREATIVE AREA RESIDENCIAL AREA Phasing enables to develop gradually, in order to correspond user’s demand in the future. In each phase, MAIN each PARK AREA 20% part of the area will develop including various functions, so in any phases, various activities can occur. Phasing Development GroupB: GREENING THE LIFE OF BANGKOK 250% 140% ▼ GroupC: The Heart of Bangkok hical “center” Vision The Heart of Bangkok means not only the physical location, but a metaphor of the heart in a human body. Function of human heart Function of Makkasan gather and distribute ENERGY to Bangkok as a pump of the city Energy Makkasan Area Energy ay of ance DETAILED DESIGN Creativity Connectivity ion of North h area ility to tation nodes Energy Green Energy ectivity Green Creating Green for making Bangkok more vibrant gather and distribute BLOOD to a whole body as a pump g area, ansportation Concepts Green enhances both human Creativity and Connectivity of people, functions and the areas. People with Creativity and creative places attract various people, and it leads to increasing Connectivity. This can develop Creativity. This circulation produces something new, such as new industry, talented people, etc. That is, it works as a “Heart” and generates energy to Bangkok. but also of regional f Thailand) remain. Year 14 2034 Forecast Strategy Layers of functions In order to keep connectivity of varied functions and people, we propose “layers of functions” . Functions can be overlapped, and variations of usage will be mixed in each part of the area. B A 8,472,454* Population 16 Sqm ./person 2 4.46 Sq./person 2 16 Sq./person area 384,666 Phasing Development Phasing enables to develop gradually, in order to correspond user’s demand in the future. In each phase, each part of the area will develop including various functions, so in any phases, various activities can occur. Sqm .. on-register Blood Vessel : Connectivity Flow of public transportation users, pedestrians, private cars, works as blood vessels. But in the view point of space, green also works as blood vessels, connecting each function of buildings and connecting green in Bangkok. 3

[close]

p. 4

B 黒 瀬 武史助 教 より ー WS の経緯と目的について  前任の阿部先生の時から GCOE の国際 WS プロ グラムがあり、それを引き継いでいる。2010,11 年は台北、2012,13 年はバンコク、2014 年は築 地と積み重ねてきた。12 年からは UEHAS( アジ ア都市環境保健学際コンソーシアム)のプログラ ムとして継続させて頂いている。  目的の一つは異なる教育を受けてきた学生と混 成チームを組み、どうやって短時間で案を決めて プレゼンできるかという事。批評も日本側の城所 先生や私だけでなく、タイ側の先生方も参加して くれるので、全く違う視点が得られる。  もう一つは、短期間で知らない国の知らないま ちの事を勉強し、どう使えるかという基本的な訓 練。お互い言葉だけでは十分に伝わらない環境で は、簡単な図を描きながら議論する機会も増える。  あと、何年もやっていると二年連続で参加して くれたり、友達や彼女を作ったり、日本に観光に 来てくれたり、人同士で繋がりが出来ていくのが 個人的にいいと思う。 ▲対象地の模型を囲んだ話し合いと、カフェでの各班のグループ作業の様子 C A NG NI EE GR SO C IA L K KO NG BA OF IFE EL TH A 川 ー 10 日間の挑戦 B LA BO RA 越  A グループは、バンコクが抱える様々な 社会問題(経済格差や環境汚染、 健康など) に 取 り 組 む ”Social Lab.” と い う「 機 能 」 の構築に焦点を当てました。タイ社会の将 来をどう描くか、また機能というソフトの 部分をどのようにハードの設計に組み込ん でいくか、とても難しい課題でしたが、そ の分得たものも大きかったです。 田 さ く ら 野 あ す ー初めての海外 WS TO RY M 1 M 1  考えていることを英語で伝えるのはとて も難しかったですが、お互いぎこちない英 語を必死に聞き取り意図を理解すること で、なんとか提案を形にすることが出来ま した。タイに来てまで徹夜するとは思いま せんでしたが、海外に同じ分野の研究をす る友達ができたのは私にとって大きな収穫 です。ただ、もう少しバンコクについて勉 強していけばもっと面白かったのではと反 省しています。 か ー参加した学生に対して  バンコクの抱えている社会的な問題を短期間に 考えていてテーマ自体はタイの先生にも評価して もらった。課題が残るのはそのテーマだからこの 形になったという説明が弱いところ。タイの学生 は形にするのが早いしうまい。一方で、日本の学 生はコンセプトの議論にこだわる。そのギャップ を十分埋める時間がなくて、コンセプトとデザイ ンの間が埋められなかった部分があったと感じた。 これは毎回感じる課題ですね。特に今回の敷地は 操車場跡地のため、 、団地のような暮らしが見られ る機会がなかったので、タイの暮らしに関する議 論が発展しなかった。 ー医療ツーリズムを実感  滞在中に熱を出してかかった病院が世界 的な医療ツーリズムの拠点でした。スラム に隣接した高級ホテル顔負けの病院に様々 な国の富裕層が訪れている様子は衝撃的で した。 ーゲイタクシーでハイクラスな病院へ  現地ではデング熱のような症状がでて、 私史上最高クラスの病院へ(保険のおかげ でタダ) 、黒瀬先生にアタックするゲイの 運転手さんのタクシーで向かうという、あ る意味貴重な経験もしました。 ー専門分野を深める   専 門 分 野 に つ い て よ り 深 く 勉 強 し、 そ の内容をいろいろな人と共有・議論する場 を持っていきたいと思います。 ー世界で活動できる機会を逃さない ように  タイ語は全く分からないけれど、英語な らタイ人とも意思疎通ができる。これから は英語をもっと使って、いろんな国の人と 一緒にプロジェクトをする機会を逃さない ようにしたいなと思います。 ー都市工の学生に向けて  コンセプトとデザインを結びつけるのは難しい が絶対にやらなくてはいけない。大学院では、実 在する都市を対象にしたアーバンデザインスタジ オを、しっかり充実させていかなければいけない と思っている。 4

[close]

p. 5

A B ▲最終日の観光で訪れたワットポー ▲各班の最終プレゼンテ ー シ ョ ン の 様 子 と 参 加 者 全 員 の 集 合写 真 C ▲最終日のタイの学生との交流 Th e H ea Th e H ea Sightseeing between Workshop C 三 さを感じました。 C rt rt 渋 of Ba of Ba ー唯一の学部生参加者として  学部生ながら、偶然同じ時期にバンコク に滞在しており、WS に参加させていただ きました。 本当にありがとうございました。 ー議論で国の違いを実感  タイ人の学生、本当に優秀でした。もり もりパースが上がってきます。脱帽です。 日本人学生がコンセプトを練る議論が大好 きなのに対して、タイ人はとにかく先に手 が動く感じです。あとは当たり前のことで すが国が違えば常識が違うというのはホン トのことで、我々日本で都市デザインを学 ぶ学生が往々にして繰り出す秘伝の技「現 在捨てられている高架下をクリエイティブ スペースとして再開発しちゃおう」という 案に対し、タイ人から「それどうやって治 安が維持されてるの?」 「スラム化するか ら無理」などボツを喰らったりしました。 国の事情をわかった上でデザインする難し ー卒業研究に向けて  卒業研究を台湾を舞台に進めていこうと 思っています。今回の経験が間違いなくど こかで活きるはずだと期待しています。 ※なお、上記の他に都市デザイン研究室か ら は M1 砂 塚 大 河 が グ ル ー プ B に 参 加 し ていました。 文 字 昌 也 谷 政 k ー初めての東南アジアの国で 日間でした。 ng ko ng ko k M B4   自分にとっては東南アジアの国を訪れ たのが初めてで、バンコク・タイについて はニュースで見聞きする程度の知識しかあ りませんでしたが、今回その都市の中で実 際に現地の学生とその都市の計画を考えた ことで、エネルギッシュなこの都市の一端 を体感することができ視野が広がった 10 ー黒瀬先生の誕生日  黒瀬先生の誕生日が期間中にあったので タイの学生がかなりのってくれ協力してく れました。 お祝いする企画が裏で進められましたが、 ー振り返りを少しずつやりたいです  今回現地で見聞きし体験したことを 様々な面から咀嚼し直して、この先の人生 で都市について考える時にちゃんと使える 知見にしたいです。 秀 2 ▲最終日の観光の様子 ▲トゥクトゥク最高! ▲ A グループはタイの学生から記念 にボクサーパンツをもらいました ▲観光をする C 班のメンバー 5

[close]

p. 6

さまざまな都市、   それぞれのプロジェクト。 各プロジェクト、鋭意活動中! Interim Report of Urban Design Lab. Projects.  現在、都市デザイン研究室では多くのプロジェクトが盛んに活動しています。そこで、今回はその中でも夏期にイベント・調査 活動等があったプロジェクトについて、近況報告と題しまして簡単な中間報告と今後の展望に関する報告をしてもらいました。本 企画では、ウェブマガジンでは拾いきれていない、プロジェクト全体の概要と現時点での目標、そして今後の展望を把握すること ができ、さらに 9 月に入学される都市デザイン研究室の新メンバーへのリクルート記事にもなっています。もし各プロジェクトの 詳細な情報について知りたい場合、プロジェクトに参加したい場合は、各プロジェクトに掲載してある連絡先へ連絡をしていただ くようお願いします。  今回の特集記事を作成するにあたりまして、お忙しい中写真や原稿などの提出にご協力いただきました、都市デザイン研究室、 地域デザイン研究室、空間デザイン研究室の各プロジェクト担当者様、ご協力ありがとうございました。 ( なお都市・地域・空間デザイン研究室のプロジェクト全体についてより詳細に知りたい場合は、都市デザイン研究室のマガジン 編集部員にお問い合わせください。今年度初めに行われた「2014 年度プロジェクト報告会」の資料をお渡しします )( 編集:M1 佐原 PROJECT 6 私達は、担い手とこれからの佐 原ということに着目して、 「高 校生によるまちづくり活動」の 支援と「佐原未来予想図」に向 けた活動を続けています。現在 は担い手に着目して、佐原を支 えている様々な方のお話をお聞 きしながら、 「失われつつある ものは何か」 「佐原にとって大 事なものとはなにか」 「それを 未来に繋げるためにはどうすれ ばよいか」ということを考え、 提案し、議論する場を作りたい と思っています。 想図 佐原未来予 ュー ビ タ ン イ 集中 8-9 月 10/ 秋の大祭での「佐原未来予想 図」の展示 10/ 佐原建物公開イベント(高校 生との協働イベント) 11/ 佐原まちなか文化祭イベント (高校生と協働イベント、 空き家活用) 3/ 報告書作成 3/ 発表会 連絡先:M2 今川高嶺(t-imagawa@ud.t.u-tokyo.ac.jp)

[close]

p. 7

東文研プロ ジェ クトの現地 調査 9/14-22 <カトマンズ> 11/ 下旬  東文研 PJ 第 2 回現地調 査 <ルンビニ> 1/ 下旬  ユネスコ International Scientific Committee 第3回会議 2/ 下旬 東文研プロジェクト最終 報告書 ネパールプロジェクトでは、今年 度3つのプロジェクトを進めて います。 ①ユネスコプロジェクト / ルン ビニ:地域保全計画の立案に向 行っている。 け、現段階では遺跡群の地図化を ②アジア開発銀行(ADB)プロ ジェクト/ルンビニ:国際空港化 に伴い、世界遺産までの電気自動 車導入計画をサポート ③東文研(東京文化財研究所)プ ロジェクト / カトマンズ:2015 援調査に都市計画チームとして 年 4 月に発生した地震の復興支 連絡先:M1 川田さくら(skawata@ud.t.u-tokyo.ac.jp) 生きた証 プロジェク ト調査 7/18,9/15 9/27-29 生きた証プロジェク ト調査 10/16 プロジェクトの振り返 東日本大震災後、都市デザイン 研究室では大槌町赤浜で、町の 震災時の避難行動、復興計画の 策定に伴う空間提案に関する調 多くの人と共有する試みも行っ てきた。  亡くなった方の人となりを家 査を行った。調査による知見を 文化資源、震災前の生活風景、 族や友人に伺い、後世に伝える ロジェクト」を昨年度から大槌 ことを目的とした「生きた証プ 町が始めた。今年度も赤浜集落 を担当し、地元の方の協力を得 ながらお話を伺っている。 連絡先:M2 益邑明伸(masumura@td.t.u-tokyo.ac.jp) 夏の夕方さ んぽ 開催しまし た! 8/29 10/  ミナトブンカサイ準備  10/18 ミナトブンカサイ ・・・ その後の予定の詳細はミー ティングにて ▶清水プロジェクトの近況は Facebook ペ ー ジ「 し み ず シ リーズ」をチェック! 静岡市にある清水港は貿易港とし て長い歴史を持っており、現在も 昔の名残が見られます。例えば石 造りの倉庫群は、蔵と近代的な倉 庫の過渡期 ( 昭和初期 ) に作られた もので、 瓦屋根、 木造石積みといっ た特徴を持っています。こうした まちに潜む資源を活用し、歴史を 感じるまちづくりを進めていく事 が清水 PJ のねらいです。現在は、 地元の市民団体、 大学、 住民の方々 営や調査研究を行っています。産 業遺産や港のまちづくりに関心の と協働して、イベントの計画・運 ある方、 是非 MTG にお越し下さい。 連絡先:新領域 D1 望月美希(mochi815@gmail.com) 清水 PROJECT 大槌 PROJECT ネパールPROJECT 7

[close]

p. 8

三国 PROJECT 神田 PROJECT 備 災害に 8 日本海側・九頭竜川の河口に位 置する湊町、福井県三国。かつ ては北前船の寄港地として、豪 商の店が連なる賑やかな街だっ た。しかし明治期以降、物流の 主体が船から鉄道・車へと代わ り、中心市街地は衰退の一途を 辿っている。中心市街地に新た な活力を与えるべく、福井大学 や地元まちづくり会社とともに 実際に 2 軒の空き家の改修設計 から企画運営までを行い、さら に場所を利用しながら、まち全 体のまちづくりのビジョンを策 定する。 集中 夏の 1 週間 調査 の 祭 ・ 査 調 8/24-30 10/5,6 現地調査・企画打ち合わせ | ストリーム企画・準備 | ビジョン策定に向けた仮説提示 10/24,25 三国湊〜東尋坊ストリー ム 11/ ストリームにて仮説検証・分析 12/ 三国のまち全体のまちづくり ビジョン策定 | 空家改修 ( 運営・利用 ) の手引作 連絡先:M2 柄澤薫冬(karasawa@ud.t.u-tokyo.ac.jp) 私達は、冊子製作を通じた地域 資源の発掘と 20 年後の担い手 づくりをテーマに活動していま す。その背景には、今後 20 年 の間に、神田では世代交代や新 規住民の急増、空間変容等が起 き、神田の人々が地域に根ざし て繋いできたものが失われるの ではないかという危機意識があ ります。現在は、神田多町二丁 目 に 着 目 し て、 そ こ で 暮 ら す 方々のお話を伺いながら、それ らを考えるきっかけとなるよう なまちあるきや冊子製作の準備 をしています。 神田暮らし ー調査 ュ ビ タ ン イ 8-9 月 10/30-31  神 田 多 町 二 丁 目 の まちあるきツアー実施 10/31- TransArtsTokyo へ の 出展~アーバンキャンプ情報セン ター 11/28  千 代 田 ま ち づ く り サ ポートでの中間発表 1/ 冊子製作 2/ 冊子配布・発表会 連絡先:M2 羽野明帆(hano@ud.t.u-tokyo.ac.jp) 地域デザイン・空間計画研究室のプロジェクト Spatial Planning & Design Lab. & Territorial Design Studies Unit Projects.  この度、都市デザイン研究室のプロジェクトの中間報告として各プロジェクトに活動内容を報告していただいておりましたが、多くの都市 デザイン研究室のメンバーが地域デザイン研究室 ( 窪田研究室 ) と空間計画研究室 ( 出口研究室 ) のプロジェクトにも参加していることを踏 まえまして、簡単な形ではありますが各プロジェクトの紹介をしようと思います。なお、詳細のメンバーや近況の活動報告等を知りたい場合、 プロジェクトに参加したい場合につきましては、各プロジェクトの連絡先へご連絡するようお願いいたします。( 編集:M1 中井 ) える超 街と 絶繁華 は? 、 連携し する が 」 民・学 を創出 「公・   賑わい        柏の葉 PROJECT s.kayano0919@gmail.com(M1 茅野 ) ※写真は UDCK の HP より引用 (http://www.udck.jp/event/002207.html) 渋谷 PROJECT shibuyaproject@ud.t.u-tokyo.ac.jp(M2 中島建 )

[close]

p. 9

小田原市・ 松本市現地 調査 7/31,9/1416 今年度は都市再生特別措置法に基づく立地適正化計画 を取り上げ、持続可能且つ快適な生活環境を実現して いくにあたりどのような都市像が描かれるべきなのか、 昨年度得られた知見等をもとに検証を行う。また現在 立地適正化計画の作成について具体的な取組みを行っ ている都市を対象に、現地でのフィールドワークや行 政の担当者との意見交換などを実施する予定である。 近代の幕開け以降、過去に例を 見 な い 人 口 増 加・ 都 市 成 長 を 経験したのが 20 世紀という時 代であった。しかし 21 世紀に 入り人口減少時代の都市計画 が検討される中、そうした 過 去 100 年間に形成された都市 基盤の更新活用が期待されてい 空間で今後も活用できるものと 紀都市遺産」という概念を構築 を理論化することが本プロジェ クトの目的である。 る。20 世紀に創出された都市 評価すべきストック=「20 世 し、都市ストックの評価と継承 連絡先:M2 高橋舜(shtak@ud.t.u-tokyo.ac.jp) 三地区連続 ワークショッ プデー 9/27 10.11/ 模型・パネル作成 11/17-29 魅力ある街のデザイ ン展 11/23 シンポジウム ( 基調講 演:伊藤香織先生 ) + WS 12-2/ 提案とりまとめ 3/   最終報告書提出 富士山の麓の御師まち・上吉田 地区にて、富士吉田市からの委 並 み 調 査 な ど に 基 づ い て「 多 くの市民が誇りに感じられるこ れからのまちの具体的な将来イ メージ」を提案することを目的 現在メンバーに東大生はいませ 託を受けて、歴史文化資源・街 に活動しています。残念ながら んが、昨年度まで中島研に所属 していた慶應の院生、学部生達 タルメディア開発研究所の松山 う体制で取り組んでいます。 と、 建築家の田中大朗さん、 トー 昌弘さん、中島直人准教授とい 連絡先:中島直人准教授(naoto@ud.t.u-tokyo.ac.jp) 元町の 風景 を止 と防災 揚する を 新価値 市計画 に 域 田園地 仕掛ける都           守山 PROJECT moriyama@td.t.u-tokyo.ac.jp(M1 澁谷 ) 浦安 PROJECT urayasu_pj@googlegroups.com(M2 李 ) た 心とし くり 中 を づ 神俣駅   まち       田村 PROJECT ken@ud.t.u-tokyo.ac.jp(M2 中島建 )     の 被災地 考える の 害 を 複合災   復興        福島 PROJECT fukushima@td.t.u-tokyo.ac.jp(M2 益邑 )     富士吉田PROJECT 二十世紀都市遺産 9

[close]

p. 10

研究室メンバーの個人プロジェクト情報 Introduction of Urban Design Lab. Members' Personal Projects.  前ページまでは研究室内の活動について報告してきましたが、都市デザイン研究室のメンバーの一部は、研究室内に留まらず個人で も積極的に活動をしています。本記事ではメンバー個人の活動の一部をご紹介いたします。( 編集:M1 中井 ) た な カ ー & ぷ ら っ と 歌声で人と人とをつなぎ笑顔の輪を広げる 《 気 仙 沼 》 演 奏 活 動 や 交 流 活 動 を 軸 に 地 域 の 方 々 と の 繋 が り を 広 げ 深 め る 《 女 川 》 中 学 生 と の 交 流 活 動 や ア カ ペ ラ の 指 導、 地 域 の コ ミ ュ ニ テ ィ 拠 点 へ の 訪 問 高 齢 化 す る 都 市 の 豊 か な 縮 小 を 描 く  M2 で始めた活動を、NPO 法人化し て継続しています。自治体からの委託 事業として、" たなカー&ぷらっと " と いうコンセプトの下、縮小を余儀なく される地域のこれからを、住民と一緒 に模索しています。柏市では空き地を パブリックな緑地として機能させるこ と、香取市と津和野町では買い物支援 と介護予防の拠点を創出すること、い わき市では将来の地域の担い手となる こども達に地域について考えてもらう ことを目指して取り組んでいます。  ゴスペラーズの北山陽一氏が代表を 務める団体 “Always With Smile”(通 称 AWS)で、アカペラや合唱の経験 を持つ学生が中心となって宮城県女川 町と気仙沼市にそれぞれ毎月訪問し、 人の声だけで作る音楽アカペラをコ ミュニケーションツールとして地域と の交流を深め笑顔の輪を広げる活動。 気仙沼 PJ では仮設商店街 “ 紫市場 ” を拠点に WS や商店街でのライブ、仮 設住宅の訪問などを行い、女川 PJ で は女川中学校で毎月交流活動や授業で のアカペラの指導を行うほか、地域の コミュニティ拠点や医療・介護施設へ の訪問も行っています。研究室の PJ のような直接まちづくりを行う活動と も一般的な被災地ボランティアとも性 格の異なる活動ですが、震災から4年 半が経ちボランティアも減る中、月一 回の高頻度で訪問して見えてくる地域 の現状、女川と気仙沼という規模も被 災の仕方も異なる二つの都市の復興像 や復興状況の違いなどを多く学ぶこと ができ、また自分の生きがいでもある 歌で人の心を繋げられることを実感し たり被災地の学校教育の現場に携われ たりと他では得られない貴重な体験を させてもらっています。今後はこれを 30 年間継続してまちの未来に寄与し ていくことを目標としています。いつ の日か復興を遂げたまちを見ながら女 川中の卒業生達と地魚や酒を囲んで語 り合える日が来ることを願って。 NPO法人 urban design partners balloon 連絡先 : ryohei@tanacar.co.jp ( 鈴木亮平 ) 鈴 木 亮 平 Always With Smile 学生アカペラプロジェクト 連絡先:aws.staff.jp@gmail.com( 外部窓口 ) 滝 澤 暢 之 菊 東 大 最 寄 り の 銭 湯 に ま つ わ る 人 々 の 思 い を 集 め て い ま す。 水 湯 の 記 憶 を の こ す 東京郊外の公共施設の改修案を考える 次 の 時 代 の 公 共 施 設、 ま ち の 中 心 を 住 民 主 体 で 計 画 す る に は 写真や図を自由に 配置 ( 複数枚可能 )  東大から最も近い銭湯、菊水湯の営 業が 2015 年 9 月で終了します。こ れまで多数の東大生や地域の人々を癒 し続けてきた銭湯の歴史が終わるに当 たって、菊水湯の記憶を集め、保存 するプロジェクトを立ち上げました。 ハード面だけではなく、ユーザーの思 い出や記憶、生活の実態などソフト面 にアプローチすることを目的としてお り、現在はネット・紙媒体を駆使して 声を集めているほか、今後は菊水湯に まつわる人々のヒアリングを経て、形 に残るものを制作してゆく所存です。  東京都狛江市の市役所に隣接する市 民センター(公民館+図書館)は改修 を行うことになった。市民有志を中心 とした団体は市と協定を結び、来年 の 3 月に向けて市民参加による改修 案策定を行っている。設計事務所の若 手ボランティアと新領域の環境音響学 研、都市工の国際都市計画・地域計画 研、 地域デザイン研の大学生が協働し、 駅周辺のまちづくりや将来を見据えた 公共施設+広場の提案や活動の支援を 行った。 「さようなら菊水湯」 プロジェクト 連絡先:kikusuiyu.archive@gmail.com 三文字昌也 狛江の「市民セン ターを考える会」 への提案 黒瀬武史助教 益 邑 明 伸 伊奈ゆう子 10

[close]

p. 11

M1 旅行に行ってきました! M1 Students Went on a Trip to Kumamoto! 9 月のウェブ記事 三 三国 會 所 ワ ー ク シ ョ ッ プ & 9/3 夏の集中調査 8/3-6 の三國會所WSと 8/24-30 の現地調査 (29 日 のイベント「帯のまち流し」以外 ) に関する報告。 三角西港排水路 菊池渓谷の吊り橋 裏見の滝:鍋ヶ滝 天草の大江天主堂  8 月 20 ~ 22 日にかけて、都市デザイン研究室 M1 全 8 名で M1 旅行に行ってきました。 本旅行では熊本の自然を満喫しただけでなく、文化遺産や隠れキリシタンの漁村等も訪れ、様々 な側面から熊本を間に津してきました。 以下、マガジンの一部をお借りして写真で簡単に報告 研 都 市 再 生 に 懸 け る バ ン コ ク の 暑 い 夏。 8/4-11 バンコクにて東京大学とタイのチュラロンコ ン大学の大学院生が共同都市再生提案 WS を行いま した! 9/5 をいたします。( 編集:M1 中井 ) 崎津天主堂の遠景 文化・歴史 自然 and... 遺 崎津集落にて住民と話す 三角西港の簡易裁判所跡 近 代化産業遺産群三 角 西 港 松 本調査 市街地分析から学ぶまちの読み解き方 20 世紀都市遺産 PJ が 9 月 14 日~ 16 日に松本市で 行った現地調査及びエスキースに関する報告。 9/29 吊り橋から飛び込 ん だ 菊 池 渓 谷 天草にてイルカ 阿蘇の鍋ヶ滝  2015 年 7 月に近代化産業遺産群として世界遺産登録された三角西港と、世界遺産への登録 を目指す天草の天主堂群を巡る中でガイドの方だけでなく住民ともお話をし、暮らしや生業を 維持しながらも、観光客を小さな漁村にどう受け入れていくかということなどを伺いました。  また、阿蘇山とその外輪山の高原・温泉・湧き水、天草の豊かな海と動植物といった、熊本県 の自然資源を全身で体感してきました。 研 デザ 9/29 O B の 先 生 方、 集 う! 9 月 17 日、222 にて冬学期に開講する西村先生の授 業「都市設計特論第一」に講義をされるデザ研出身 の先生方との懇親会が開かれました! 是非ご覧下さい:http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/ja/blog/ 10 月の予定 10/9-11 佐原 PJ: 佐原秋の大祭 10/24-25 三国 PJ: 三國湊~東尋坊ストリーム 10/30-31 神田 PJ: 神田多町二丁目のまちあるきツアー 10/31-11/3 神田 PJ: アーバンキャンプトーキョー 編集後記 中井 雄太 私は大学入学後に旅が好きになり、鉄道や車を 駆使して学部卒業までに全都道府県を訪れまし た。そんな今、私は秘湯巡りにハマっています。 先日も奥鬼怒~湯西川~南会津の秘湯を 3 日間 かけて巡るという旅に出て、11 か所の秘湯を訪 れました。一方、先日の台風 18 号の大雨災害の 直後だったため、各地で被災の現状を目の当た  プロジェクトや研究などでなかなか日程が合わないデザ研のメンバーですが、今後も早めに 予定をおさえて全員で旅行に行きたいと約束し、2 泊 3 日の小旅行は解散しました。おすすめ の地域等ありましたら是非 M1 へ教えてもらえれば、有力な候補にしたいと思います。 りにし、平地の少ない日本において切っても切 れない土砂災害の脅威も感じました。とはいえ 温泉も自然資源、自然とどううまくやっていく かを考えさせられた旅でもありました。 11

[close]

p. 12



[close]

Comments

no comments yet