UrbanDesignLab Magazine #231

 

Embed or link this publication

Description

UrbanDesignLab Magazine #231

Popular Pages


p. 1

ス タ ジ オ 課 題 の 、そ の 先 へ 。 G O I N G B E Y O N D T H E S T U D I O E X P E R I E N C E S

[close]

p. 2

彼らの選択、彼らのスタジオ。 Th eir Own Decis ions , Their O w n Studios...   都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 の メ ン バ ー の バ ッ ク グ ラ ウ ン ド は 極 め て 豊 か で あ る。 今 年 度 の M1 の 顔 ぶ れ を み て も、8 人 中 6 人 が も と も と の 専 攻 を 離 れ 他 学 部 か ら 入 学 し て い る 。 今 回 は、 夏 学 期 の 間、 学 部 3 年 の 設 計 演 習 で あ る「 地 区 開 発 計 画 演 習 」 に 奮 闘 し た M1 川 田( 経 済 学 部 出 身 ) 、 富 田( 工 学 部 機 械 工 学 科 出 身 ) 、 森 下 ( 農 学 部 出 身 ) の 3 人 に ス ポ ッ ト を あ て 、 TA で あ っ た D 1 矢 吹 さ ん 、M 1 黒 本 を 交え座談会を行った。自らの進路と し て 「 都 市 工 学 」 を 選 択 し た 彼 ら が ス タ ジ オ を 終 え て 、い ま 思 う こと と は … 。 (編集:M1 砂塚) ー 演 習 を 終 え た 率 直な感想 思い出は何 か あ る ? 富 田 : 前 半 の 事 例 見 学 で、 集 合 住 宅 っ て い ろ ん な タ イ プ が あ る ん だ な っ て、 そ う い う 視 点 で 見 る の が 初 め て で、 何 も か も 新 鮮 で 楽 し か っ た し 勉 強 に な っ た。 あ と グループワークで話し合って発表すると い う こ と は、 前 の 学 科 で は な か っ た こ と なので、グループワークでの自分の立ち 回 り な ど を 知 る い い 機 会 に な っ た。 模 型 の 作 業 も つ ら か っ た け ど、 だ ん だ ん 慣 れ てきて綺麗に作れるようになってくると 結構楽しか っ た で す ね 。 森 下 : 総 じ て 楽 し か っ た な。 つ ら い 時 期 が す ご く 長 か っ た け ど、 で も そ の 状 況 が む し ろ す ご く 楽 し か っ た。 学 部 の 時 に も し ん ど い レ ポ ー ト は あ っ た け ど、 楽 し く も な ん と も な く て、 何 や っ て る ん だ ろ う と 思 い な が ら や っ て い た。 今 回 の 演 習 で は、具体的に手を動かして作業するのも そ う だ し、 都 市 工 学 と い う 領 域 の 方 が 面 ー苦労したこと かはある? 森 下:難 し か っ た こ と し か な い け ど (笑) 。 設計図とか模型を作るよりも前にまずコ 黒 本 : 苦 労 し た こ と、 難 し か っ た こ と と 白 か っ た と い う の も あ っ て、 す ご く 学 ん でいるという気持ちがした。 川田:空間を個々人の生活単位で見るっ て い う 経 験 が な か っ た か ら、 事 例 研 究 を 通じて新たな視点を獲得するプロセスは 楽 し か っ た し、 そ う い う ふ う に マ ン シ ョ ンだったり町を見ることが出来るように な っ た の は 良 か っ た 。あ と 、 前半のグルー プワークでのフィールドワークがメン バーも良くてすごい楽しかった。まちに 出 て 空 間 の 使 い 方 を 調 べ た り、 区 役 所 で 地域の様々な課題を聞いたりすることで 共 通 の 問 題 意 識 に 繋 が り、 グ ル ー プ 発 表 もうまくできたと思う。 黒 本 : 演 習 を と っ てみて率直な感想は? 川 田 : 最 後 の 一 週 間がきつかった(笑) 行 っ て た し ね 。 お 疲れさまでした。 森下:もっとうまくやれたなあというの が 率 直 な 感 想 か な。 ぜ ん ぶ 出 し 切 れ な かった感がある。 黒 本: も っ と 時 間 を か け れ ば 作 り 込 め たってこと? 森 下:時 間 配 分 な どの計画性もそうだし、 内容としても未消化のまま終わってし ま っ た と い う 悔 し い思いがあるね。 富 田 : 僕 も 悔 し い と い う 気 持 ち が あ る。 ち ゃ ん と 完 成 さ せ た か っ た が、 「銭湯」 と い う コ ン セ プ ト に 引 っ 張 ら れ す ぎ て、 案 全 体 が 中 途 半 端 になってしまった。 ー 演 習 で 楽 し か っ たこと 黒本:ネガティブな感想が多かったけど (笑) 、逆に楽しかったこととか演習中の 黒 本: 当 時 は プ ロ ジ ェ ク ト で 福 島 に も 空間を 生 活 単 位 で 見 る と い う 新 た な 視 点 を 獲 得 す る プ ロ セ ス が 楽 し か っ た 。 演習を通 し て 、 ま ち を 見 る と き の 視 点 が 変 わ っ た こ と は と て も よ か っ た と 思 う。 2

[close]

p. 3

Stud io Works 川田さ く ら 富田晃史 森下暢彦 新 た な 下 町 で の暮らし 方 銭湯でゆるっとつながる コミュニ テ ィ 緑の手入れを通した 生活感の滲出と交流   下 町 の 本 質 と は、 自 分 以 外 の 人 の 暮 ら しを五感で感じられること。その本質を 活かすため、新たに、敷地や建物の内外 の連続性や多様な市民活動を誘発するよ う な 公 共 空 間 の 創 出 を 試 み た。 プ ラ イ ベートな空間と公共空間が今までの下町 にはない形で融合するよう、様々な工夫 を盛り込んだ。  新旧の住民や子どもからお年寄りまで 多様な地域住民が日常的に交流できる地 域のコミュニティの核として銭湯の利活 用 を 考 え た。 周 辺 地 域 と の 調 和 お よ び 象 徴性を求めて銭湯建築は宮型造りを採用 し、銭湯周辺の住環境への配慮と入浴後 の 利 用 客 の 溜 ま り 場 を 創 出 す る た め に、 段差を設けて銭湯を周辺の住棟よりも低 く し た 。 ま た 住 戸 は 共 用 廊 下・ 階 段 を 各 住 戸 で 囲 む こ と で、 下 町 な ら で は の 隣 人 との距離感の 実 現 を 試 み た 。  町屋の良さは通りへ滲み出る生活・活 動感や鉢植え等の緑の手入れの細やかさ だ と 考 え、 こ れ ら を 活 か す 事 を 目 指 し ま し た。 ま た 従 来 の 下 町 に は な い 新 た な 要 素として露地面での緑の楽しみ方を、バ ルコニーを広く取り人工地盤とする事で 提 案 し ま し た。 住 棟 に 囲 ま れ る 中 庭 に バ ル コ ニ ー が 面 す る 配 置 と し、 緑 の 手 入 れから中庭への交流の発展を意図しまし た。 中 庭 同 士 や 周 辺 オ ー プ ン ス ペ ー ス を 路地を介して連坦させ連続性を確保して います。 経済学部に居たときは数値 化 す る 部 分 し か や っ て い な か っ た 。 都市工に来て 、 数 値 化 す る 対 象 を 自 分 で 作 る こ と が で き た こ と は 面 白 か っ た 。 ンセプトがあると思うけど、それを見つ けるために地区研究をやったところでコ ンセプトはうまく見つけられないまま だ っ た し、 思 い つ い て も 定 ま っ て な い 気 がして戻ったりとかして、頭がごちゃご ち ゃ す る 難 し さ は 感 じたね。 矢吹:そういうときはどうやってコンセ プ ト を 深 め て い っ た ?三人で話したり? 森 下:そ れ は あ ま り な かったですね。 あっ た ら よ か っ た な と。 お 互 い エ ス キ ー ス し あったりした方がより良い提案になった とは思います。 黒本:今後はどんどん物申していこうと いうことですね(笑) 。 富 田: ス ケ ー ル 感 を つ か む の が 難 し く て 苦 労 し た。1:500 で 平 面 図 を 書 い て 1 : 2 0 0 に 移 っ た 時 に、 こ こ っ て こ ん な に広いスペースなんだ!と思って、その ギャップが大きかった。あと図面を模型 に す る と き に も、 建 ち 上 が る と こ れ ぐ ら いの大きさになるんだ!っていうギャッ プ も あ っ た。 そ う い う ギ ャ ッ プ が ど う し て も 埋 ま ら ず、 最 後 ま で ス ケ ー ル 感 を つ か め な か っ た の で す が、 そ う い う の は や っ ぱ 慣 れ な ん で す かね? 矢吹:慣れもあるし、気になった空間の 面積とか基準になる面積の数値と身体感 覚を照らし合わせていくといい。街の中 でも、この街路が幅員いくつだろって予 ー出身学部と の 違 い 黒本:みんなバックグラウンドが様々だ けど、自分がいた学部と違うところって 何かある? 森下:出身は農学部農業経済なので全然 違 う ん で す け ど、 今 ま で は 演 習 は 基 本 的 に農作業実習だけであとは講義だったの 想して、あとで図ってズレを見たりとか 修 正 し た り し て い く と、 ぱ っ と 見 て 大 体 わかるように な っ て い く し 。 森 下 : 講 評 の 時 窪 田 先 生 も、 普 段 の 生 活 の中で常にそういう目を持つことが大事 と仰っていて 、 そ の 通 り だ と 思 っ た 。 矢吹:そういう視点で空間を見るように なったという こ と は 大 き い ね 。 川 田 : 難 し か っ た こ と は、 こ の 空 間 が 居 心地が良いのか悪いのか最後までわから なくて…。エスキースでもここが良い悪 い っ て 指 摘 し て 頂 い た ん で す が、 そ れ も いまいち感覚的によく分からなくて直し 方 が 難 し か っ た し、 最 後 ま で 自 分 の 身 体 感覚として得 ら れ な か っ た と 思 う 。 黒本:ただ、居心地が良いと感じるか悪 いと感じるかって結構個人差があるもの だよね。都市って公共的なものだからた くさんの人が居心地が良いと感じるもの じ ゃ な い と い け な い 気 も す る け ど …。 難 しいところだ ね 。 で、 都 市 工 の 演 習 の よ う に 答 え が 決 ま っ ていないものを一から考えていくもの は、なかったかなあと思っている。 川田:経済学部とは同じ所はほとんどな い。 各 個 人 や 地 域 の 効 用 を 上 げ よ う と い う最終的な目標は同じかもしれないけ ど、 そ こ に 行 き つ く 方 法 や 評 価 の 仕 方 が 全 然 違 う と 感 じ て い る。 経 済 は 制 度 的 な 改革によって効用を高めるというのが第 一 で、 評 価 の 仕 方 も 効 用 関 数 で 表 す か ら そ こ も 違 う な と 思 っ た。 個 人 的 に 空 間 を 効 用 関 数 で 表 せ る の か な、 と か 思 っ た り していて、そうゆうのは面白そう。 黒本:関数を用いて幸福度とかをはっき り出す経済学部にいた川田さんにとっ て、 空 間 に お け る 良 さ と い う の が 漠 然 と しかわからないのはもどかしい? 川 田 : も ど か し く は な い け ど、 そ う い う ものも数値化しなきゃいけないんだと思 う。 現 実 世 界 は「 居 心 地 の 良 さ 」 み た い に完全に客観視できないものなんだろう け ど、 そ れ を 数 値 化 す る 段 階 も 存 在 す る の で。 た だ、 経 済 に 居 た と き は 数 値 化 す る部分しかやっていなかったけれど、都 市工に来て数値化する対象を自分で作る ことができたから、そこは面白かった。 黒本:実際には家賃とかである程度数字 と し て 現 れ て く る と 思 う け ど …。 た だ、 たしかに都市工では尺度がはっきりしな 3

[close]

p. 4

都市 計 画 と 他 の 何 か が 出 来 る と い う の は 、 す ご く 大 事 だ と 思 う 。 ひとつのことを極めることも大事 だ け ど 、 「 + 何 か 」 っ て い う の が あ る と 良 い。 いということはよく言われることですよ ね 。 ほ ん と に 工 学 なのかと(笑) 。 矢吹:数値が見えない所、数値に現れな い所をやろうとしている。行政の数字に は出てこない部分というのをどうデザイ ン す る の か。 こ れ を さ ら に 経 済 に フ ィ ー ド バ ッ ク す る の も 面白いかもしれない。 森 下 : あ と 、 経 済 は 評 価 は 出 来 る け ど、 効用関数から建物のデザインが決まるっ ていうことはないよね。一方で、デザイ ン と い う 側 面 か ら は形を決定できる。 矢吹:たしかに最終的に形まで提示でき る。 実 際 の プ ロ ジ ェ ク ト で は 経 済 の 要 因 が大きい面もありますが…。周辺環境と し て も、 緑 が 見 え る だ け で 家 賃 が 上 が っ た り し ま す か ら ね。 そ う い う 視 点 は 面 白 いですね。 富田:機械には、都市工の演習と似たよ う な も の が あ っ た。 メ カ ト ロ ニ ク ス と い う 分 野 で、 「なんでもいいからとにかく 面白いと思えるおもちゃを作れ」という 演 習 内 容 で、 そ の 時 に 先 生 か ら 何 回 も 言 わ れ た の が、 「要求機能をちゃんと考え ろ 」 と い う こ と。 ど う い う 機 能 を 要 求 さ れ て い て、 そ こ か ら 自 分 の コ ン セ プ ト は どういう機能を満たせばいいのかを考え ろ 、 と 。 僕 が 作 ろ う し て い た の は、 あ ま ちゃんの人形が海の底のウニを取るとい う も の。 ウ ニ を 取 る た め に は 磁 石 で 釣 る のか、ひっかけて取るのかとか、何が機 能として一番優れているかを考えなけれ ばならなかった。そういう意味では、こ の演習でも自分のコンセプトを空間に落 と す と き に、 ど う い う 空 間 が 必 要 な の か を考えるときには役立ったし、コンセプ ト を 考 え て い く の も苦ではなかった。 黒本:自分のバックグラウンドを活かせ たか、と い う 話 は ど う で す か 。 活 か し よ う が な か っ た( 笑 ) 。元々学部 で や っ て い た の が 地 方 財 政 だ っ た け ど、 荒川区は特に財政の問題がなかったの で 、 特 に 活 き た こ と は な か っ た か な。 た だ、その前の地区分析をまとめる段階で ーバックグ ラ ウ ン ド の 活 か し 方 黒本:それって集合住宅でいうと何を考 えるという こ と な の ? 富田:この敷地の中で銭湯をどこに置く か っ て 考 え た と き、 昔 か ら の 住 民 が 使 い やすいようにするという要求機能を満た す た め に、 敷 地 の 西 側 に 配 置 し、 さ ら に 入口も西に向けるのが一つの解じゃない か と 思 っ た。 銭 湯 の 要 求 機 能 か ら 周 辺 の 配置を決め て い っ た と い う 感 じ で す 。 矢 吹 : コ ン セ プ ト が あ っ て、 要 求 さ れ る 機 能 が あ っ て …。 ア プ ロ ー チ は 違 え ど、 考える筋道 は 一 緒 な ん だ ね 。 川田:実現する所までを考えているのが 工 学 系 。 文 系、 特 に 法 経 済 に な る と 実 現 ま で は 含 ま な く て、 実 現 さ せ る の は 政 治 というまた 違 う 枠 組 み に な っ て し ま う 。 黒本:政治ってある意味工学なのかもし れないね。 あ れ 違 う ? ( 笑 ) 矢吹:政策を提言するという意味では似 ているのか も し れ な い 。 黒 本 : 経 済 は ど ち ら か と い う と、 実 社 会 で 何 か を し よ う と い う よ り は、 仕 組 み を 理解することに重点を置いているのか な? 川田:仕組みをデザインするという感じ ですね。 は、 文 系 と し て の 積 み 重 ね が 結 構 活 か せ た し 、 グ ル ー プ に 貢 献 で き た と思 う 。 森下:僕も地区分析やまち歩きのときは 農 学 部 的 な 観 点 か ら 貢 献 で き た と 思 う。 「この木は○○っていう木だよ」とか教 え て あ げ た り。 半 分 趣 味 み た い な も の な ん で す が( 笑 ) 、そういう面ではバック グラウンドを活かせたかなと。 矢吹:設計のダイアグラムは緑を尊重し ている感じはしたよね。 森下:実は気づかないうちに活きている の か も し れ な い で す ね。 学 部 で 農 村 の コ ミュニティとか治水の授業とかを履修し て い た の が 大 き い 気 が す る。 そ れ を も っ と 深 く や っ て い れ ば、 都 市 で 活 か せ た か な と 今 更 思 い ま す ね。 そ こ は も っ た い な かったなあと。 矢吹:都市計画と何かが出来るというの は 凄 く 大 事 だ と 思 う。 実 務 を や っ て い て も、 都 市 デ ザ イ ン 部 門 に は 毎 年 都 市 デ ザ インをやってきた人が来るから、交通と か 土 木 の 問 題 が 出 て き た 時 に、 そ れ を 解 決するためには他の部門の担当者に聞く し か な い。 そ う い う 意 味 で、 同 じ 部 門 の 中に経済とか農学とかそういう他の分野 が 分 か る 人 が い た ら な あ、 と 常 々 考 え て い た。 都 市 デ ザ イ ン の 他 に 何 か 出 来 る っ て い う の は こ れ か ら 凄 く 活 き て く る し、 魅 力 的 だ と 思 う。 都 市 デ ザ イ ン だ け や っ ていてもダメってことはないんですけど イ ン と か、 環 境 に 特 化 し た 都 市 に つ い て 詳しくてそれで設計も出来るとか、色々 出 来 る と 良 い な あ と 思 う。 ひ と つ の こ と を極めることも大事だけど、 「+何か」っ ていうのがあると良いなあ。 川 田 :1:200 の ス タ デ ィ 段 階 で 言 え ば、 ( 笑 ) 、都市デザインの中でも歴史+デザ 4

[close]

p. 5

特 色ある 3 つのスタジオ Th ree stu dios with full of originality   都 市 工 学 科 に は 、 さ ま ざ ま な 演 習 が 存 在 す る。 そ の な か で も 異 彩 を 放 つ 演 習、 工 学 系 3 専 攻 が 協 働 し て 行 わ れ る「 復 興 デ ザ イ ン ス タ ジ オ 」 と 、 4 年生が自己の興味から課題を選択する 「 オ ム ニ バ ス 演 習 」 の 内 容 と 成 果 に つ い て 探 っ た 。 ( 編 集 : M 1 砂塚 ) Ur ba n R e de s i gn St udi o <課題概要> 復興デザインスタジオ   2014 年 8 月 19 日から 2 0 日にかけての豪雨に伴う 広 島 土 砂 災 害 は 、 74 名 の 死 者 と な る 大 惨 事 と な っ た 。  現場を対象とした空間計画が必要とされていることはいうまでもない。地元自治体や地域住民、関係する事業者や計 画 者 な ど の 努 力 が 続 い て い る。 広 島 市 は 2015 年 3 月 「 平 成 2 6 年 8 月 2 0 日 豪 雨 災 害 復 興 ま ち づ く り ビ ジ ョ ン 」 を 策 定 し た。 こ の ビ ジ ョ ン の 策 定 プ ロ セ ス を 理 解 し た う え で 、 有 効 性 に つ い て 議 論 し て 検 討 す る 必 要 が あ る 。 代 替 案 も し く は 付 加 部 分 の 提 案を試みることが、本スタジオの目 的 で あ る 。   被 災 直 後 で は な く、 半 年 以 上 が 過 ぎ た こ の 時 期 だ か ら こ そ 考 え ら れ る こ と が あ る の で は な い だ ろ う か 。 現 場 で の 必 死 の 積 み 上 げ が あ ることを、十分に理解する姿勢が求め ら れ る の は 言 う ま で も な い 。 「 現 場 へ の 提 案 」 を す る こ と は 、一 方 的 な 批 判 を し て 現場を混乱させるのではなく、今の 状 況 を よ り 良 く で き る か も し れ な い と い う 思 い か ら で あ る 。 広島土砂災害現場への / からの 復 興 デ ザ イ ン 復興デザインスタジオを履修して M 1  越野あす か   先 輩 方 か ら 去 年 の お 話 を 伺 い、 身 構 え て 履 修 を 決 意 し た 復 興 デ ザ イ ン ス タ ジ オ。 振 り 返 る と 確 か に 毎 日 広 島 の こ と を 考 え 、 徹 夜 も 当 た り 前 で、 他 専 攻 の 人 た ち との議論の進め方や技術力の違いに戸惑うこともあり ま し た。 し か し 一 つ の 災 害 に つ い て こ こ ま で 真 剣 に 向 き 合 い、 現 地 の 方 に 発 表 さ せ て い た だ く 機 会 を い た だ き、 自 分 の 課 題 へ の 取 り 組 み 方 に 大 き な 影 響 を 与 え る こ と が 出 来 ま し た 。 人 の 生 活・ 心 に 寄 り 添 う こ と、 実 現 性 を 担 保 す る こ と、 伝 え る こ と の 大 切 さ と 難 し さ を 改め て 感 じ た 4 カ 月でした。 演 習 担 当 TA か ら の コ メ ン ト M2 中島健太郎  昨年度は履修生として関わらせていただいたスタジ オ に 、今 年 度 は TA と し て 関 わ ら せ て 頂 き ま し た 。 被 災 箇 所 が 局 所 的 で あ る こ と や、 復 興 事 業 が 今 ま さ に 検 討 さ れ 現 場 が 動 い て い る こ と も あ り、 普 段 の ス タ ジ オ に はない具体性の高さが非常に高いハードルになってい たように感じます。   ま た、 現 地 で の 発 表 機 会 も 設 け ら れ て お り、 常 に 現 場を考えながら手と頭を動かす経験はなかなかできる も の で は な く 、 TA と し て 参 加 し て い た 私 も 学 ぶ こ と が 多かったように感じます。 5

[close]

p. 6

4 年 生 オ ム ニ バ ス演習 O mni bus : K anda St udi o <課題概要> 神田スタジオ   大 都 市 の 既 成 市 街 地 の 再 生 は、 都 市 計 画 上 の 大 き な 課 題 で あ る 。 主 要 鉄 道 駅 の 周 辺 な ど で は 大 規 模 再 開 発 事 業 が 展 開 さ れ て い る が、 そ の よ う な 事 業 が 相 応 し く な い イ ン ナ ー シ テ ィ 地 区 で は 、 地 区 の 歴 史 的 文 脈 を 踏 ま え つ つ 、 多 様 な 主 体 の 個 別 的 な 取り組みをうまく束ねながら、持続 的 に 再 生 す る 道 筋 を 検 討 す る こ と が 求 め ら れ て い る 。   近 年 、 東 京・ 神 田 で は、SO HO ま ち づ く り 構 想 や R E N プ ロ ジ ェ ク ト 、 C E T ( C e n t r al E as t Toky o) 、アーツ千代 田 3331 等 の、地域空間資源を活用したリノベー シ ョ ン 主 体 の ま ち づ く り の 取 り 組 み が あ る 。     本 ス タ ジ オ で は、 東 京・ 神 田 の 東 神 田 地 区 を 対 象 と し て 、 イ ン ナ ー シ テ ィ 地 区 の 持 続 的 再 生 を 考 え る 。 地 区 の 歴 史 的 文 脈 え お 読 み 解 き な が ら、 そ こ で 展 開 さ れ て い る 個 別 的 取 り 組 み を 理 解 し 、 長 期 間 に わ た っ て ど の よ う に 既 成 市 街 地 の 物 理 的 環 境 を更新していくべきか、その具体的 な 空 間 デ ザ イ ン の 内 容 と そ れ を 実 現 す る た め の 仕 組 み を 提 案 す る 。 Re- i n no v a tio n P u mp 東神田から 始 ま る こ れ か ら の 都 市 持 続 再 生 神 田 ス タ ジオ を 履 修 し て B 4  小林里 磋   正 直 「 ゲ ス ト・ シ ェ ア ハ ウ ス 」 と い う 案 自 体 に 真 新 し さ は な い 。 し か し、 神 田 の 文 脈 や 都 市 の 抱 え る 一 問 題 の 解 決 案 と し て 意 味 付 け て い く う ち に、 光 を 放 ち 始 め 、 自 信 を 持 って提案出来るようになりました。   ま た、 今 ま で 見 て き た 諸 々 の 提 案 の ク オ リ テ ィ を 達 成 す る に は 如 何 程 の 労 力 を 要 す る か、 先 生 方・TA さ ん の 熱 心 な 指 導 から身を以て学びました。   何 よ り 地 域 の 方 々、 神 田 と い う 土 地 に 恵 ま れ て い た の も あ っ て 、 ス タ ジ オ 全 体 と し て 80 % く ら い の 満 足 度 です。 6 演 習 担 当 TA か ら の コ メ ン ト M 2   今 川 高嶺   TA と い う よ り は 自 分 も 皆 と 一 緒 に な っ て 東 神 田 の 未 来 を 考 え て、 と て も 勉 強 に な り ま し た。 こ れ ま で の 演 習 と 違 っ て 何 を す る か も 明 確 で な い 中 で、 何 が 本 当 に 必 要 で、 何 を 提 案 す べ き か を 0 か ら 考 え、 そ し て そ の 妥当性を論理的に説明するのは難しかったと思います。 し か し、 神 田 に 新 し い 住 民 が 増 え て い く 中 で、 そ れ を ど う 受 け 入 れ る か、 ツ ボ 押 し か ら 法 定 都 市 計 画 ま で 睨 みながら議論したことは非常に重要だったと思います。 小 藤 田 さ ん 、 清 水 さ ん 本 当 に あ り が と う ご ざ い まし た 。

[close]

p. 7

4 年 生 オ ム ニ バ ス 演習 浦安スタジ オ <課題概要> Omni bus : U r a yas u s t udi o  木 造 密 集 市 街 地 は、日本近代都市計画の最重要課題 と し て 位 置 づ け ら れ て き た 。 し か し 、共 同 建 て 替 え や 不 燃 化 は 様 々 な 理 由 で 進 ま な い。 首 都 直 下 型 地 震 に よ っ て、 倒 壊 や 同 時 多 発 火 災 が 生 じ 、 大 惨 事 に な る こ と を 、 私 た ち は 避 け な け れ ば な ら な い。 そ の た め に は、 こ れ ま で に 実 践 さ れ て こ な か っ た 新 し い ア イ デ ィ ア 、 も し く は 根 本 的 に 異 な る 方 法 論 が 要 るの で は な い か ?   何 気 な い 行 為 の 蓄 積 が 浦 安 元 町 の 景 観 を、 結 果 と し て 顕 現 さ せ て い る 。 防 災 を 目 的 と し た 空 間 整 備 と 、 結 果 と し て 生 み 出 さ れ た 浦 安 元 町 の 暮 ら し を 支 え る 風 景 は、 相 互 に 深 く 関 係 を 持 つ 統 合 し た も の と し て デ ザ イ ン で き る の で は な い か?   本 ス タ ジ オ の 目 的 は、 こ う し た 考 え 方 に 立 ち、 非 日 常 に 備 え る 防 災 上 も 、 日 常 的 な 暮 ら し も 、 両 方 を 効 果 的 に 支 え る 空間 提 案 を す る こ とにある。 猫実・堀江のアン空地はどうな る べ き か 浦安スタジオを履修して B 4  三文字昌 也   今 回 の オ ム ニ バ ス 演 習 で 最 も 印 象 的 だ っ た の は、 今 までの演習ではなかった地元の方々とのつながりです。 ふと立ち寄ったギャラリーで予期せず 1 時間も地域の お 話 を 聞 い た り、 あ る い は 市 役 所 の 方 々 と 呑 ん だ く れ た り … … 。 演 習 と い う 枠 を 超 え て、 プ ロ ジ ェ ク ト に 参 加 さ せ て 頂 い て い る よ う で、 と て も 楽 し い 日 々 で し た 。 学部の演習の総大成として結果が出たかは分かりませ ん が 、 非 常 に い い 経 験 に な っ た と 思 っ て い ま す。 あ り が と う ご ざ い ま し た。 演 習 担 当 TA か ら の コ メ ン ト M2 森川千裕   一 緒 に 町 歩 き を し た 時 に、 路 地 裏 の 奥 に あ る お 店 に ど ん ど ん 入 っ て い き、 オ ー ナ ー に 話 を 聴 き に 行 く 姿 勢 は、 大 変 感 心 し ま し た。 最 終 ジ ュ リ ー で は、 ど の ス タ ジ オ よ り も 早 く 準 備 が 出 来 て い て( 模 型 も あ る し!) 、 素 晴 ら し か っ た で す。 1 か 月 と い う 短 い 期 間 で、 浦 安 の 特 徴 に つ い て ま と め、 提 案 に 落 と し 込 む と こ ろ ま で 行 う の は、 か な り 大 変 だ っ た の で は と 思 い ま す が、 今 回 学 ん だ プ ロ セ ス や 考 え 方 を、 卒 論 や 卒 計 で も、 是 非 活かしてください。 ​ 7

[close]

p. 8

留学生からの報告 Rep o rt from Exchange s tudent s 瀬川 明日 奈 Asuna SEGAWA 2014. 2 - 2015. 1 TU D el ft F acul ty of A rc h it e c t u re (Lands cape A rchi t ect ure /U r b a n is m ) 2015. 2 - 2015. 6 A cademy of A rchi tectu re , A m s t e r d a m (Lands cape A rchi t ect ure ) 建 築 学 科 内 の 模 型 づ く り の た めのホール ー 留 学 し て い る 大 学・ 学 科 に つ い て 教 え て下 さ い 。   学 科 自 体 は 建 築 学 科 な の で す が、 前 期 に は そ の 中 の ラ ン ド ス ケ ー プ の コ ー ス、 後期にはアーバニズムのコースに所属し ま し た 。 大 学 院 か ら は、 学 部 に 比 べ て 国 外 か ら の 留 学 生 の 割 合 が 圧 倒 的 に 増 え、 授 業 は 全 て 英 語 で 行 わ れ て い ま す。 建 築 コ ー ス の 中 に は 複 数 の 設 計 の コ ー ス と、 構 造 設 計 や 設 備 設 計 の コ ー ス、 そ の 他 に ラ ン ド ス ケ ー プ 、 ア ー バ ニ ズ ム、 不 動 産 の コ ー ス が あ り ま す。 こ れ ら の コ ー ス の 中の授業は、一部コース外の授業やスタ ジオを横断的に履修することも可能で す。 ー印象に残った講義やスタジオはありま すか ?  ランドスケープの時に印象深かった の は 、 19 世 紀 に 作 ら れ た Ne w Dutch Waterl i n e の 要 塞 のひとつに、新しい機 能とデザインを与えるというスタジオで す。 遺 産 を 保 存 や 放置という道ではなく、 積極的に活用する手段について学びまし た 。 ア ー バ ニ ズ ム の 時 は、 ロ ッ テ ル ダ ム のこれといって特別ではない住宅地を対 象 に、 分 析 し、 浮 き 彫 り に な っ た 問 題 に 対 し て、 サ ス テ ィ ナ ビ リ テ ィ を 切 り 口 と し て デ ザ イ ン す る、 と い う ス タ ジ オ が 印 象 に 残 っ て い ま す。 網 羅 的 に 分 析 す る 力 や、 都 市 デ ザ イ ナ ー と し て サ ス テ ィ ナ ビ リ テ ィ を ど う デ ザ イ ン に 組 み 込 む か、 そ の方法を学 び ま し た 。 ー日本の大学と違いを感じるところはあ りますか?   ま ず、 留 学 生 の 受 け 入 れ 体 制 が 整 っ て い る 点 が 大 き な 違 い だ と 思 い ま す。 前 述 したように講義もスタジオもすべて英語 で 行 わ れ る の で、 留 学 生 も 学 び や す い 環 境となって い ま す 。 また、 修士課程といっ て も、 研 究 室 と い う 括 り は な く、 ほ と ん どの学生がスタジオで設計課題をこな し、 設 計 す る 能 力 を 培 う こ と が 主 な 目 的 と な っ て い ま す。 一 方、 日 本 に 比 べ て あ まり現場に根付いたプロジェクトは多く な い の で、 対 象 地 の 問 題 を 実 際 的 に 解 決 できる機会 は 比 較 的 少 な い で す 。 ー現在はインターンシップをされている やっている の で し ょ う か ?  HOSPER landscapsarchitectuur e n s t e d e b ou w と い う 事 務 所 で 、 図 面 作 成、 パ ー ス 作 成、 デ ザ イ ン の 検 討 、 模 型 制 作、 お 昼 ご 飯 の 買 い 出 し な ど ま で を 含めて、 インターンシップをしています。 プ ロ ジ ェ ク ト 対 象 地 は 公 園 や 広場 、 農地、 港、 シ ョ ッ ピ ン グ セ ン タ ー の 駐 車 場 、 住 宅地など多岐に渡ります。 ー研究室にも留学を考えている学生がい ジをお願します! る か も し れ ま せ ん。 最 後 に 何 か メ ッ セ ー   私 の 場 合 は、 学 部 を 卒 業 す る 頃 か ら 漠 然と留学がしたいと思っていて、修士 1 年目の夏頃から準備を進めながらも、本 当 に 留 学 す る の か 実 感 が 湧 か な い ま ま、 気付いたらオランダにいました。なんと な く 決 め た 留 学 で し た が、 こ ち ら に 来 る と、 自 分 が 想 像 し て い た 以 上 の 体 験 を い く つ も す る こ と が で き、 留 学 を し て 心 底 よ か っ た と 思 う 日 々 で す。 工 学 部 の 留 学 提 携 校 の 選 択 肢 の 幅 は 広 く、 ま た た く さ ん の チ ャ ン ス が あ る の で、 少 し で も 関 心 が あ れ ば 、 ぜ ひ 試 し て み て く ださ い 。 と お 聞 き し て い ま す。 ど の よ う な こ と を アーバ ニ ズ ム の ス タ ジ オ で 提 案 し た 住 宅 地 を 流 れ る 川 の 上 に 冷暖房のためのタンクを作るというラデ ィ カ ル な 案 イ ン タ ー ン 先 の 事 務 所 が あ る シ ェアオフィス 昔 は 列 車 の 車 庫 と し て 使 わ れ て い た も の を リ ノベーション 8

[close]

p. 9

福永 友樹 Tomoki FUKUNAGA 2014. 9 - 2015. 9 U ni vers i ty C ol l ege London (The Bart l et t D evel opm ent P la n n in g U n it U rban D evel opm ent Pl anni n g ) U CL の メ イ ン の校舎 ー留学している大学・学科について教え て下さい。   現 在 留 学 し て い る U CL は ロ ン ド ン 中 心 部 に 位 置 す る 総 合 大 学 で す。1826 年 に設立された当初のイギリスの大学教育 はまだキリスト教の影響を強く受けてお り 、 無 宗 教 を 掲 げ た UCL は 他 と 比 べ て 非 常 に オ ー プ ン な 大 学 で し た。 そ の 意 味 で他宗教や国籍の学生の受け入れにも積 極的で、日本人では伊藤博文や夏目漱石 と い っ た 著 名 人 が 卒 業 生 と し て い ま す。 私のクラスも実に多様なバックグラウン ド か ら 生 徒 が 集 ま っ て お り、30 人 い る ク ラ ス に 22 ヶ 国 籍 の 生 徒 が 集 ま っ て い ます。   僕 が 所 属 し て い る の は、 プ ラ ン ニ ン グ スクールの中でも途上国の開発学を専門 的 に 扱 っ て い る 学 科 で す。 急 激 な 都 市 化 とグローバライゼーションという文脈の なかで、社会正義の通じた持続可能な開 発 の 手 法 に つ い て 学 んでいます。 ー印象に残った講義やスタジオはありま すか?  今年の1月から6月にかけてタンザニ アにおけるコミュニティエンパワメン ト の プ ロ ジ ェ ク ト で 現 地 に 赴 き、 参 加 し ま し た。 都 心 部 の 港 拡 張 に 伴 っ て 強 制 移 転 を 余 儀 な く さ れ、 新 し く 自 分 た ちの住宅団地を開発するために資金から 土地までを自ら見つけて移り住んでい る Chamazi の人々の生活向上手段を共 に 考 え る と い う 内 容 で し た。 彼 ら の 手 助 け を し て い る 現 地 の NG O(C C I) と、 よ りよい生活環境獲得に向けてハウジング フ ァ イ ナ ン ス、 就 労、 強 制 移 転 に 関 す る 条例策定の三分野において戦略提案をさ せていただき ま し た 。 ー日本の大学と違いを感じるところはあ りますか?   色 々 と 有 り ま す が、 や は り 周 囲 の 人 々 の多様性を一番の大きな違いとして感じ て い ま す。 先 程 も 述 べ た よ う に 世 界 中 の 人 々 が 集 ま っ て い る 学 科、 都 市 な の で、 生活のあらゆる場面で自分と周囲との違 い が 感 じ ら れ る こ と、 ま た 世 界 の 様 々 な 場 所 の 話 し が 聞 け る の が 面 白 い で す。 大 学 院 で あ れ ば 30 歳 前 後 の 学 生 が 多 い の で、 社 会 を 経 験 さ れ て い る 方 の 意 見 を 聞 けることもま た 刺 激 的 で す 。 ダ ル エ ル サ ラ ー ム のスラム ー研究室にも留学を考えている学生が要 願します。 る か も し れ ま せ ん。 何 か メ ッ セ ー ジ を お  学問においてはもちろんですが、それ 以外のことに関しても考え方が広がった よ う に 感 じ て い ま す。 考 え を 深 め る た め には都市デザイン研究室の環境が素晴ら し い よ う に 思 い ま す が、 広 げ る と い う 意 味では留学はとても手助けになると思い ま す の で お 勧 め 致 し ま す。 ま た 語 学 に 関 し ま し て は、 英 語 力 が 足 り て い な い こ と は教授の方々も承知の上でカリキュラム を 組 ん で く れ ま し た し( よ う は 宿 題 が た くさんでます) 、個別に英語の授業を提 供 し て く れ も し ま す の で、 そ の 点 は あ ま り心配する必要が無いと思います。 ( 編 集 : M 2 中島健) 22 ヶ国籍の 生 徒 が 集 ま る ク ラ ス の 集 合 写 真 Ch a ma z i に 隣 接 した道路 9

[close]

p. 10

個性あふれるメンバーが加わりました! Fiv e n ew menbers come!   今 年 も 、 卒 論 生 が 研 究 室 に 配 属 に な り ま し た 。 W e b M a g a z i n e に て 卒 論 生 の 歓 迎 会 の 報 告 も し て お り ま す が、 個 性 します。 あ ふ れ る 5 人 の メ ン バ ー が 加 わ り ま す ! 1 年 間 同 じ 研 究 室 で 切 磋 琢 磨 し な が ら 、 卒 業 論 文・設 計 に 取 り 組 む 彼らを紹介 ( 編 集 : M 2 中島健) 松田 季詩 子 Kishiko M AT SU D A 質問項目 ① ④ ⑤ ⑥ 出 身 地 ② 趣 味 ・ 特 技 ③ 小 さい頃の夢 入 学 か ら 今 ま で 一 番 が ん ば ったこと 研 究 室 を 選 ん だ 理 由 / や り たいこと 好きな都市計画家 / 建築家 中村 慎吾 多 方 面 で セ ン ス を 感 じ さ せ る。 あと、カップ麺が大好き。 ー by 中村 Shing o NA K A M U RA 旅 行 好 き で、 よ く 一 人 で 日 本 全 バ イ ト 4 つ 掛 け 持 ち 。 多才 。 ① 中 野 区 中 野 ② 小型ハープとイラスト ③ 手 術 す る こ と ④ 「色々取り組んだこと」 ⑤ デ ザ イ ン を 通 じ て 広 い 分 野 に 触 れ ら れ そ う・ 成 果 が 人 の間に立ち現われやすそうだから。古今東西の中庭につい てよく調べたい。 ⑥ フ ラ ン チ ェ スコ・ボッロミーニ 国 旅 し て る 。 バ ス に も 詳 し い。 ー by 藪田 ① 奈良県 ② 地図を見ること、出かけること ③ 気象予報士 ④ アルバイトいくつか ⑤ 諸要素の集合体であるまちの景観と正面から向き合い たいという思いから研究室を選びました。が、やりたいこ と は こ れ か ら 絞 っ て ゆ き ま す … 。 ⑥ S A NA A 三文字 昌也 M asaya SAMMO N JI キ ャ パ と 奥 は 海 よ り 深 く、 人 間 力 は 山 よ り 高 い。 ル ネ サ ン ス で 議な方です。 もスラムでも活躍しそうな不思 ー by 松田 籔田 航平 K o hei YA B U TA 一言一言がちゃんと脳を介し ている ( 中村くんとのやり取り に 見 え る が、 実 は そ ん な に テ ン ション低くない、犬。 は 例 外 )。 淡 々 と し て い る よ う ① 神 奈 川 県 大 和市中央林間 ② 泡 と 液 体 の 黄金比率を一発で完璧に実現するビ ー ル 注 ぎ ③ 特 に 考 え て いませんでした ④ ベ ネ チ ア で i Ph o ne を 盗 ま れ た 際 、 ホ テ ル の 防 犯 カ メ ラ か ら 犯 人 を 割 り 出して軍警察に取り返してもらっ た こ と ⑤ デザ研の先生と先輩のみなさまがすばらしく魅力的でし た 。 こ れ か ら ど うぞよろしくお願いいたします。 ⑥ ド ミ ニ ク ・ ペロー ー by 小林 ① 広島 ② 剣道 ③ 学校の先生 ④ 英語講師のアルバイト(大学 2 年の時から) ⑤ 自分が住んだことのある街で設計がやりたかったのだ が、スタディ段階でいろんな課題が見えてきてまだ方向性 が定まっていない。⑥ 磯崎新 小林 里 瑳 Risa KOBAYA SHI ① 大阪府豊中市 ② 読書と写真と髪型・ファッションをコロコロ変えて人 に面白がってもらうこと ③ 黄色い自転車に乗って仕事に行くこと ④ 専門始まってから取り組んだコンペ ⑤ 尊敬できる同期、先輩、大先輩がいたから。 人と都市と自然の関わり。河川や道路用地などの未・低利 用地の利用とマネジメント。 ⑥ 磯崎新、大谷幸夫 楽しそうなことはとにかくなんで も や っ て る ミ ス コ ン 出 場 者。 生 き 強すぎる。 様 が か っ こ い い で す。 そ し て 強 い。 ー by 三文字 10

[close]

p. 11

暑気払い BBQ ! BBQ Party Night!  7 月 23 日( 土 ) の 夜 、 暑 気 払 い の B B Q パ ー テ ィ ー を 開 催 し ま し た 。 そ の 様 子 を コ ン パ 係 の M 1 川 田 さ ん に 紹 介 し てもら い ま し た 。 ( 編 集 : M 2 中島健)   7 月 23 日 ( 木 ) 、 14 号 館 10 階 の テ ラ ス で 暑 気 払 い B B Q を 行 い ま し た 。 当 日 は お 天 気 が 心 配 さ れ ま し た が 、最 後ま で 崩 れ る こ と な く 、先 生 方 を は じ め 学 部 4 年 生 か ら OB ま で 、さ ら に 地 域 デ ザ イ ン 研 究 室 の メ ン バ ー も 参 加 し 、盛 会 の う ちに 終 え ることができました。前日 22 日に修士1年のジュリー、当日 は 修 士 2 年 の ジ ュ リ ー が あ り 、特 に 修 士 の 学 生 は 疲 労 感と 開 放 感に包まれ、笑いの絶えない BBQ となりました。普段研究室 の メ ン バ ー が 一 同 に 会 す る 機 会 が 少 な い 分 、研 究 の 話 から 恋 愛 相 談 ま で 話 に 花 が 咲 き 、時 間 が 過 ぎ る の が あ っ と い う 間に 感 じ ら れ た の で は な い で し ょ う か 。 締 め の あ い さ つ で は 、中島 直 人 先 生 か ら 、夏 休 み 期 間 中 の 学 生 の 成 長 に 期 待 す る 旨 の お話 が あ り ま し た 。 来 学 期 も 引 き 続 き 、研 究 室 メ ン バ ー 間 の 交 流が 深 ま る 場 を 設 け て い く 予 定 で す。 年 末 に は 忘 年 会 も あ り ま す の で 、 OBOG の 方 々 の 積 極 的 な ご 参 加 を お 待 ち し て お り ま す 。 (川田) 編集後記 7 月のウェブ記事 まちサポ審査会・助成決 定 ! 都市工+チュラロンコン 大 学 国際 WS デジタル展示会@日本橋 是非ご覧下 さ い :ht t p :/ / u d .t .u - t oky o.ac .j p / j a/ b l o g / 中島健太郎   夏 学 期 は 遅 ま き な が ら、 自 動 車 免 許 の 教 習 所 に 通 っ て い ま し た 。 実 際 に 車 に 乗 る よ う に な っ て 、町 の 中 の 標 識 と か 道 路 上 の 表 示 と か 、そ う い っ た も の を 驚 く ほ ど 見 て い な か っ た と い う こ と に 気づくのですね。そういえば、本号にも特集されていますが、3 年前の夏、大変苦しみながらやった集合住宅設計の成果物には、 路 側 帯 す ら 無 く 、描 い た 道 路 標 示 は 横 断 歩 道 く ら い の も の で し た (今なら「横断歩道あり」の道路標示は入れますね) 。 UEHAS バ ン コ ク ワ ー ク シ ョ ッ プ 三 国 PJ 現 地 調 査 三 国 PJ 集 中 調 査 期 間 三 国 帯のまち流し 8 月の 予 定 8 8 8 8 月 月 月 月 3 〜 13 日 3 〜6日 24 〜 31 日 29 日   ち な み に 、路 上 教 習 で は 高 島 平 団 地 の 周 り を ぐ る ぐ る 回 っ て い た の で す が 、僕 の 中 で は 高 島 平 は 「 道 路 が 広 い が 子 供 が 比 較 的 多 いので、 速 度 制 限 は 4 0k m / h で な く 30 k m / h に な っ て い る 場 所 」 としてインプットされました(一回怒られました) 。 11

[close]

p. 12



[close]

Comments

no comments yet