UrbanDesignLab Magazine #226

 

Embed or link this publication

Description

UrbanDesignLab Magazine #226

Popular Pages


p. 1

A F T E R F I N I S H I N G T H E P R E S E N T A T I O N

[close]

p. 2

A t t he Pa rt y A f t e r t h e Fi n a l D e f e n s e Messa g e From a Do ctor 研究室への置き手紙 Mi r e i l l e T chap i   M s . M i r e i l l e Tc h a p i f i n i s h e d h e r F i n a l D e f e n s e o n D e c e m b e r 2 4 t h . S h e l o o k e d b a c k o n h e r d o c t o r a l d i s s e r t a t i o n a n d h e r r e s earch life in urban design laboratory. (Edit: M1 N a k a j i m a ) - Pl ease exp l ain the content of your doctoral disser t a t i o n . My research looked at the transformation of the urban l a n d s c a p e , i t s r e a d a b i l i t y / i n t e l l i g i b i l i t y, a n d t h e q u e s t i o n of cognition of small-scaled vernacular landmark, as a n e c e s s i t y i n g l o b a l i z e d c i t y . I n To k y o , t h e v e r n a c u l a r small-scaled fabrics carry marks of Edo spatial legacy and a distinct atmosphere. The complexity behind the nicely arranged outdoors does not show only the liveliness, but also the essence of the place. I made the hypothesis that the outdoors of the small-grained densely built-up n e i ghbourhood l ead to a distinct visual cognition. Th e o b j e c t of the research was to analyse such vernacular fabric, by deepening the visual processes, in order to better grasp the atmosphere, so important to the eyes of the residents, for t h e i r w e l l b e i n g a n d t h e j o y o f a n y w a l k e r. T h e m e t h o d o l o g y follows a holistic approach, based on a set of visual tools, a p p l i e d t o t h e o u t d o o r s i n Wa k a b a , S h i n j u k u . I t f o c u s e s on the viewpoints through the non-built dimension of the fabric to sort out visual singularities from such spatial configuration. Therefore I introduced the viewpoint method (morphogenetic approach) to understand their hidden value, which might appear irrelevant in the first place, but which 2 T h e r e s e a r c h t i m e w a s a v e r y c h a l l e n g i n g a n d en t h r a l l i n g moment, not only because of the exercise but also to get to u n d e r s t a n d m o r e s u b t l y d i ff e r e n t c o n t e x t , s c a l e s , m i n d - s e t s , framework and opinions. I suppose, all doctoral students personally undergo different steps, an intertwined mix of e x a l t a t i o n a n d d e s p a i r, w h i c h i s p a r t o f t h e g a m e . I f o u n d myself great interests, which helped me to sustain my life as doctoral student, in discovering the sub-layers behind To k y o n o n - s p e c t a c u l a r f a c e s , s e a r c h i n g f o r t h e v a r i o u s fields around your research theme while keeping discreetly an eye on what happens in the lab life. It was essential to -How was the life as a doctoral student in Japan? carry the capacity to promote a cumulated visual experience t h r o u g h t h e d i s p l a y o f a v i s u a l i n t e l l i g i b l e o r d e r, t h e “ v i s u a l connectivity”. It represents a visual landmark, structuring t h e b l o c k s , t h e p e o p l e ’s v i s u a l e n c o u n t e r, a n d r e a d i n g v i s u a l s i n g u l a r i t i e s o f t h e v e r n a c u l a r a t m o s p h e r e o f Wa k a b a . S u c h approach, by using visual tools, could be further developed in terms of its applicability in other places, or for questioning the neighbourhood community and the design/planning practice for regeneration purposes.

[close]

p. 3

P ic tu r e s in Wa k a b a ( C a s e s tu d y s i t e) understand such complex place and culture from different angles and to feel closer to Japan, through learning on the c u l t u r e a n d t h e h i s t o r y, l o o k i n g a t t h e t r a d i t i o n a l c r a f t w o r k arts or just by having a short talk to an obachan met on a s m a l l street (d espite l anguage barrier). Especially I en j o y e d , as a strict discipline on regular bases cultural activities such as tea-ceremony or nagauta shamisen. Difficulties were with the language barrier (for research data, or deeper communication), the feeling of loneliness (partly from spending days reading), or periodically a feeling of floating i n t h e a i r, w h i c h I a s s u m e i s a n e c e s s a r y m o m e n t f o r o u r b r a i n t o process all the different information cumulated . - W h a t i s th e p oin t you had some troubles when you w ro t e y o u r d o ctoral d i ssertation? I would say that the most difficult part was the w r i t i n g process, from which the difficulties are also beyond the language itself. Establishing a balanced framework, finding the good tools to help you organizing the ideas with the bibliography (for instance I got to know but too late, softwares like Endnote or Zotero). One should briefly u n d e r s t a n d t h r o u g h t h e s u m m a r y, y o u p u r p o s e w h i c h i s n o t easy to do. I had to write so many times the introduction and conclusion. I suppose, we should keep in mind that the framework is not fixed at all and we should be flexible enough to reconsider it as many times as needed according t o t h e t hesis v ariations, even at the very end, which wa s n o t e a s y. T h e r e i s t h e d a n g e r “ t o s e e t h e t r e e b u t n o t t h e f o r e s t behind”, so it was very helpful for me to get many wise advices from senseis to clarify the problematic and its sidei m p l i c at ions, in order to stay focused. - H o w was th e F in a l Defense? I w as very happy to share the champagne, saucisson ( d r y F r e n ch sausage) and my favourite Italian cake Panettone w i t h Nishimura sensei, Kubota sensei, Christian sensei and the present lab members. Ending my PhD on Christmas day with all the jury members’ good appreciation and recognisance of t h e v a l u e o f m y l o n g w o r k , I g o t t h e b e s t p r e s e n t e v e r. I deeply thank Professors Nishimura, Kubota, Deguchi, M u r a y a m a , a n d O t a f o r t h e i r i n s i g h t s o n m y w o r k d u r in g t h e last step, and also I thank Christian and D-semi members for the advices while preparing the final defense presentation. - P l e a s e g i v e t h e l a b ’s j u n i o r s t h e m e s s a g e ! I would advise anyone, who wish to step into research, to g o f o r i t b u t t o b e p r e p a r e d t o s t a r t a m a r a t h o n . N e v e r f o rg e t to keep an eye on the final line, always...even after 6 years. It is a fascinating personal and professional adventure of truth. M o r e o v e r, i n t h a t l i f e o f r e s e a r c h , t a l k i n g a b o u t y o u r research (even for 5 minutes) to anyone, trying to exchange with other lab member (even if we are all very busy), and having s a few external activities to refresh your ideas and body can be more helpful than we imagine. And if you feel stuck, at a certain point, I would recommend strongly to search for another angle of view through a short trip somewhere. I went to Naples and their alleys inspired me as well. ▲ Al l e y in N a p l e s 3

[close]

p. 4

修 士論文、発表を終えて After Finis hing the Presentatio n of M aster T hesis  去 る 2 月 9 日 に 修士2年の高梨、 道喜、 C harl es の 3 名 が 修 論 発 表 に 臨 み ま し た。 発 表 を 終 え た 3 氏 に、 修 士 研 究 を 振 り返 っ て も ら い ま した。 (編集:M1 中島) * ーまずは修士論文を終えての率直な感想 を教 え て 下 さ い 。 高梨 : ま だ 終 わ っ た感無いよね。 ▲ 左 か ら M2 高 梨 、 道 喜、Ch ar les 道喜:無 い ね ( 笑 )ただ、 研究を振り返っ て み る と、 も う 少 し 早 く 現 地 に 行 っ て も 良かったかな、というのが反省かな。研 究の軸を決めてから行きたいという気持 ちだ っ た け ど 。 高梨:当初は 5 月にデトロイトに行って 9 月 に も う 一 度 行 く 予 定 だ っ た け ど、 カ タ ー ル に 行 く こ と に な っ て( 笑 ) 結 局 9 月に一度だけ行った。でも、半年まとめ に 使 え た し、 こ れ 以 上 長 い と だ れ て た か もし れ な い な と も 思うかな。 Cha rles : 道 喜 さ ん と 同 じ で、 も っ と 早 く や っ て い れ ば 良 か っ た。 タ イ ム マ ネ ジ メ ン ト が で き て な く て、 神 田 PJ の TAT ( Tran s A rts Tok yo, 2 2 5 号参照) に参 加 で き な か っ たのを後悔している。 ーみなさんの研究で面白いところはどこ です か ? 高梨:国交省が進めているコンパクトシ テ ィ 政 策 の 基 本 的 な 構 図 は、 範 囲 を 決 め て 投 資 を し ま く っ て、 そ れ で 投 資 を し な い地区から人が出て行くだろうというも の 。 だ け ど、 真 ん 中 に 投 資 を し た と し て も、中心市街地の外で住み続ける人がい て、都市ではない状況にならないんだよ ね。それでそういった部分を住宅地じゃ ない用途にすることを積極的にやらない と い け な い よ ね っ て こ と に な っ た。 投 資 の 対 象 が 逆 に な っ て、 縮 退 す る と こ ろ の 方が大切 だ よ ね っ て 。 道喜:北海道は明治期ぐらいまで人が住 ん で な か っ た 開 拓 地 で あ り、 江 戸 末 期 か ら開拓史が入っていって自分たちの暮ら す町をつくっていったという歴史があ る。だから人々にとってはもともと生ま れ た 土 地 で は な い の だ け ど、 生 産 空 間 を 形成していくことによって郷土意識が芽 生 え て い て、 さ ら に そ の 領 域 を 超 え た 周 辺の自然とか動植物とか先住民の歴史と かまで自分たちの郷土意識として認識し て い く と こ ろ が 面 白 い。 戦 後 の 郊 外 開 発 が 一 辺 倒 に 進 め ら れ て い っ て、 公 害 が 生 まれて反対運動が起きてってだけではな く て。 な か な か 発 表 で は 伝 え き れ な か っ たんだけど。 高梨:スーパー短いよね、発表時間。 ー W h a t d o y o u re s e a rc h , C h a r l e s ? Charles:From before, I have been interested in how empty land can be used. I think it's a waste of plants, especially flowers or trees because you can't eat them. So I want to do a research about urban agriculture. My topic is productive green area( 生 産 緑 地 ) a n d t h e r e a r e g o od a n d b a d M2 高梨遼太朗 デトロイトに お け る 地 区 単 位 の 積 極 的 非 都 市 化 に 関 す る 研 究 ー縮退の価値を反転させた多元的非営利セクターの相互作用ー   イ ン フ ラ 撤 退 地 区 の 将 来 像 を 描 か ず、 空 き を 上 手 く 利 用 し ようとしているグラスルーツ活動と乖離しているマスタープ ラ ン の 現 状 へ の 問 題 意 識 か ら、 デ ト ロ イ ト 市 に て グ ラ ス ル ー ツ 活 動 の 支 援 を 行 っ て い る 慈 善 財 団 主 導 で 策 定 さ れ た D e t r oi t Future Ci ty と い う 全 市 的 計 画 の 分 析 を 行 っ た 。 デ ト ロ イ ト の都市計画の長期展開とグラスルーツ活動の変遷を文献とヒア リ ン グ 調 査 か ら 明 ら か に す る こ と で、 そ れ ま で の 計 画 か ら 地 と 図の転換があり、 「 地区単位の積極的非都市化」 が行わ れ て い て 、 その転換が非営利セクターの相互作用によって成長したグラス ル ー ツ 活 動 か ら 着 想していたと考察した。 4 研 究 の き っ か け と な っ た D etro it B u s Co mpa n y が 空 き工場を使う

[close]

p. 5

デトロイト の 都 市 計 画 に お け る 地 と 図 の 反 転 ( 高 梨 論 文 ) ▲ 苫小牧市に お け る 郷 土 意 識 の 対 象 領 域 の 変 化 ( 道 喜 論 文 ) ▶︎ p a r t s o f it because it is very restrictive. So my thinking of this reseaech is how we can find the middle way for both f a r m ers and law. ー フ ィ ー ル ド ワ ー ク は どうでした? た く さ ん の 人 と 繋 が る こ と が で き た。 最 初にアポとる人たちは自分の範囲内だか ら、 そ の 範 囲 外 の 人 に 話 を 聞 け た こ と で 広がった気が す る 。 Charles:It was difficult to communicate with people, especially eldery people. I have to use honorific and communicate with people in a formal and p o l i t e w a y. ーテーマはどのように決まっていきまし たか? 道 喜 : も と も と 港 に 興 味 が あ っ た。 そ れ でプロジェクトを始めたことで自分の中 の 興 味 が も の す ご い 変 わ っ て い っ て、 卒 業設計のとき日本橋やってたのはなんで だろうって感 じ で( 笑 )そ れ ぐ ら い 180 度変わった気 が し て い る 。 高梨:卒業設計で大田区の中小の町工場 を ど う し よ う か、 っ て こ と を 考 え た の だ け ど、 結 局 最 初 の 興 味 に 返 っ て き て る ん だ よ ね。 大 き な 仕 組 み で は な く て、 自 分 たちでポコポコやっていることに興味が あった。   根 本 に は「 都 市 計 画 の 仕 事 っ て 何 だ ろ う 」 と い う 素 朴 な 疑 問 が あ っ た。 そ の 中 で、 都 市 計 画 の 職 能 が 確 立 し て い た り 、 都市デザインマネジメントの組織があっ たりするアメリカに興味を持っていっ た。 組 織 論 に 興 味 を 持 ち つ つ 対 象 都 市 を 探 し て い く 中 で、 デ ト ロ イ ト の グ ラ ス ル ー ツ 活 動 を 知 っ た 。 友 達 が f ace bo o k で シ ェ ア し て い た W ire d の 記 事 だ っ た のだけど。これは面白いなと。 ー論文にまとめていて感じたことってあ りますか? 高 梨 : 12 月 ま で や っ て た こ と が、 1 月 にふっとものになる瞬間があったんだよ ね。 児 玉 さ ん( 研 究 室 D 1) も 北 川 さ ん ( 研 究 室 OB/ 平 成 25 年 修 了 ) の 論 文 に つ い て 言 っ て い た の だ け ど、 「量が質に 転 換 す る 瞬 間 」 が あ る。 そ れ を 経 験 で き たのが楽しかったなと思う。   伸 さ ん か ら 都 市 遺 産 PJ で 計 画 を 考 え ているときの渡辺定夫先生のお話を聞い 高 梨 : ア ポ 取 り が 超 大 変 だ っ た。5 月 計 画 が ボ ツ に な っ て か ら、8 月 に 訪 問 す る 計 画 を 立 て た ん だ け ど、 ア ポ が 取 れ な く て。 そ こ で ア ポ 取 り だ け に 8 月 を 使 う ことにした。まず横張先生に紹介しても ら っ て 、 次 に 研 究 室 OB の 阿 部 大 輔 先 生 に 紹 介 し て も ら っ て、 そ こ か ら 広 げ て い っ た 。 メ ー ル の 回 数 を 増 や し て、 電 話 もして、すると徐々にメールが返ってき て。市役所の計画課にアポが取れたのは 嬉しかったね。 道 喜 :3 回 苫 小 牧 に 行 っ た の だ け ど、 ア ポを取ってインタビューしたのは去年 の 11 月 。 苫 小 牧 信 用 金 庫 の 方 が 「 面 倒 見 ま す よ 」 と 言 っ て く れ て、 郷 土 文 化 研 究会の会長さんや副市長さんを紹介して く れ た 。 実 際 に 行 っ て み る と、 そ こ か ら M2 道 喜 開 視 苫小牧市における生産空間の形成と郷土 意 識 の 醸 成 に 関 す る 研 究 ー企 業 城 下 町 か ら 新 産 業 都 市 指 定 に 伴 う 複 合 産 業 都 市 へ の 展 開 に 着 目 し て ー  苫小牧市において、中央資本や政府による工場や産業基盤を 中心とした生産空間形成への地域の対応を明らかにすることを 目 的 と し 、 生 産 空 間 形 成 前 後 の 社 会 情 勢 と 計 画、 空 間 の 実 態 か ら関係主体の論理と、生産空間に対する地域の関係主体による 視 点 や 活 動 か ら 郷 土 意 識 の 醸 成 過 程 を 明 ら か に し た。 こ こ で は、生産空間形成により郷土意識の対象が生産空間の外側へ拡 大し、移入者である住民にとって他者である先住民等の歴史や 自 然 環 境 を 郷 土 意 識 と し て 確 立 す る こ と で、 市 政 に よ る 生 産 空 間 形 成 に 影 響 を 与 え た ことがわかった。 市 街 地 と そ の 後 背 に 広 がる緑地 5

[close]

p. 6

た。 「 都 市 が 撤 退 撤 退 言 っ て る け ど、 撤 退 じ ゃ な い ぞ 」 と。 「手を引くみたいに ネガティブに考えてもどうにもならなく て、 違 う 形 を 考 え な き ゃ い け な い よ ね 」 と。 ーつまり渡辺先生の問題意識みたいなこ 高 梨 : ま さ に そ う! 伸 さ ん 曰 く、 「20 世 れ を 受 け て、 生 産 の た め に つ く っ て き た 空間が郷土に変わっていくという話をし ていた。窪 田 先 生 も 佐 原 で「 生 産 」と「 記 憶」の両方があることが都市にとって 大 事 だ と い う 研 究 を や っ て い て、 そ こ で やっぱり苫 小 牧 の 話 で も 、 「生産」と「郷 土 」 が 両 方 あ っ て こ そ、 都 市 に と っ て 大 事 な こ と な ん だ と い う 話 が 出 て き た。 開 発してきた土地を郷土として考えている ことが、法定都市計画じゃない都市計画 につながる ん じ ゃ な い か と 。 ー最後に何かメッセージをお願いしま す。 Charles:If you have strong will to do somethi n g , y o u s h o u l d g e t a d v i c e f r o m many people, and after you get advice, you sho u l d d o i t f i n i s h e d r e s p o n s i v e l y. 道喜:自分の場合テーマを変えてきた経 緯 が あ っ た ん だ け ど、 高 梨 が 言 っ た よ う に最後は自分の興味に還ってくる。振れ 幅が収縮して研ぎ澄まされていく。テー マを絞らない方がいいというわけではな い が 、変 わ っ た と し て も や ば い と 思 わ ず 、 一個一個に向き合っていけばいいと思 う。 高 梨: 超 恵 ま れ た 環 境 に あ る か ら こ そ、 先生たちに頼りすぎてもいけないと思 う。 自 分 の 脳 ミ ソ を 止 め て は い け な い、 自分の考えを投げ続けなくてはいけない と思う。 と が 、ま さ に デ ト ロイトで行われていた。 紀に一番バリバリ開発の設計していた渡 辺 先 生 が 21 世 紀 に 対 し て 言 う 言 葉 と 、 一番大変だった都市デトロイトが死んで も死にきれないゾンビ状態になってやる ことが一緒なんだ」と。もう鳥肌が立っ たよね。  そのときに窪田先生が「どうしてその 発想の転換ができたんだろう」って問題 提 起 を し て く れ て、 マ ス タ ー プ ラ ン は ま だ実行してないから効果はわからないの だ け ど 、制 定 過 程 は追えるのではないか、 と。 ど う し て そ う な っ た か を 整 理 し て いって、論文になった。グラスルーツ活 動と非営利セクターの相互作用が重要な 役割を担っていたのではないかと考察し た。  先生方には論文のコアな部分のフィー ドバックをもらえたんだけど、それはこ こまでの蓄積とこの恵まれた環境のセッ ト で で き る こ と だ と思う。 ー道喜さんは量が質に転換する瞬間はあ りましたか? 高梨:窪田先生が「佐原でやってきたこ と と 一 緒 だ !」 と 言 っ た と い う 話 を 聞 い たんだけど。 道喜:まず伸さんから、北海道の開拓の 歴史は近代の都市計画のまさにそれを表 現しているものだという話があった。そ ▲ 修 論 発 表 打 ち 上 げでの一枚! M 2 C h arl es L au S t u dy o n U rba n Ag r icu lt u r e b e f or e t h e R e v i s i o n o f th e U r b a n P r o d uc t i ve S p a c e A c t 1 9 9 1 A c ase st u dy o f s elected ur b a n fa r m er s i n S et ag ay a an d Ne r i m a War d, To k y o  生産緑地法は、都市における既存の農地を保存するために制 定 さ れ ま し た 。 こ の法律は 1 9 9 1 年に改定され、2 022 年 に 再 び 見 直 さ れ る こ と に な っ て い ま す。 こ の 研 究 で は、 法 律 の 見 直 しまで残すところあと 8 年になるにあたり、都市農業を営まれ ている方々の今後 8 年間のプランについての考え、そして東京 に お い て 今 後 8 年 間、 農 業 を 続 け る こ と に つ い て の 見 通 し に つ い て 、 調 査 す る こ とを目的にしています。 Far ml and i n Seta g a y a Wa rd 6

[close]

p. 7

4 年 間の集大成、卒業論文・設計審査会 Gran d Su m of 4 Years - The Final D efense of G raduation T hesis   2 月 16 日( 月 ) ・17 日(火)に、学部 4 年生が卒業論文・設計の審査会に臨みました。今年は卒業論文 2 名、卒 に卒業論 文 ・ 設 計 を 振 り 返 っ て も ら い ま す 。 業設計 4 名の計 6 名による発表となりました。発表当日の様子をお伝えするとともに、審査を終えたばかりの 4 年生 ( 編 集 : M 1 柴田) 活動静脈 ストレス社会 を 反 転 す る 世田谷高架下空間 黒本 剛史 設計の概要  ストレス社会を闘う人々の寝床でありながら、それをはきだす場に 欠ける住宅地の高架下空間に、 欲求解放の線状空間 「活動静脈」 を提案。 線路型遊歩道の軸と抜けのある施設設計により、活動が波及し、より 豊かに暮らせる材料としての設計を目指しました。 卒業設計を終えて  卒業設計は自分の責任と采配で行う過去最大のプロジェクト で、それ相応の慎重さを持って進めるべきでした。設計段階に 時間をかけすぎ、最後はパネルが模型が間に合わないとてんて こ舞いになり、先輩方にまで手伝っていただいてやっと完成に 1:100 ものづくりゾーン北側広場より こぎつけました。人生最大のありがたみ、焦り、苦悩となる卒 業設計でした。 都 心近傍の計画市街地におけ る 屋 外 空 間 の 遊 び 場 利 用 に 関 す る 研 究 豊 洲 1 〜 5 丁目の公開空地に着目して 越野 あすか   論文の概要  アクティビティ調査とインタビュー調査によって、豊洲の屋 外空間の遊び場利用の実態を把握し、公開空地の遊び場として の役割を明らかにしました。また、よく遊ばれる又はあまり遊 ばれない公開空地の空間的特徴を把握しました。 卒業論文を終えて  テーマを決めるのが遅く、設計者や管理者の意図まで把握す ることが出来なかったため、テーマをもっと早く決めるべきだっ たと反省しています。テーマが決まらず行き詰まっていたとき、 実際に街に出て子育て世帯を観察したことにより、テーマを決 高層マンションの公開空地で遊ぶ子ども達 めることができました。街に出て実態を知ることの大切さを改 めて感じました。 7

[close]

p. 8

終了後、毎年恒例浅瀬川にて。 新宿駅西 口 広 場 の 再 生 計画 光の注ぐ空 間 高島 稔  設計の概要   「新宿西口地下広場の再生計画」迷宮ともいわれる新宿駅の西 地へたどり着くことができるようにということをコンセプトに 設計を行いました。 口地下通路を、初めて来た人でもわかりやすくスムーズに目的 卒業設計を終えて  自分の設計なので模型なども全部自分でやろうと思っていま した。先生方には最後までご迷惑をかけ続けてしまいましたが、 最終的に形になってよかったです。反省点は、先生だけでなく同 作りながら設計部分を考え直すことが多かったので余裕をもっ て取り掛かれるとよかったことです。 期などともっと意見を交換し合えばよかったこと、また模型を 現状の新宿西口ロータリーを上から見た図 過疎地域の持続に向けた移 住 シ ス テ ム の 創 発 プ ロ セ ス に 関 す る 研 究 徳島県海部 郡 美 波 町 伊 座 利 地 区 を 対 象 と し て 浜田 愛 論文の概要  この度は徳島県の伊座利という小規模漁村集落におきまして、 の取り組みに関する調査を実施しその創発されているシステム 抽出を行う、という研究をさせていただきました。 地域持続に向けた住民主体型活動の一環としての「移住・定住」 卒業論文を終えて  地域の方々を始め皆様に多くのご迷惑をお掛けしながらの研 究となってしまいました。研究者という立場に戸惑い、自分の 甘さを思い知り、地元の方の覚悟の強さに恐れ入りました。地 域に入り見た事聞いた事感じた事入ってくる情報量に対し自分 人を繋げた伊座利の小さな学校 の理解と視野と処理が追いつかず、未熟さを痛感しました。末 端に行くほど全体が見えることを知りました。 8

[close]

p. 9

ともに歩む 道 「配慮」のタ ネ の 生 み 出 し 方 ・小町大路 原 由希子   設計の概要  対象地の鎌倉に今もなお残る「配慮」の文化(幅の狭い道を 通る時にお互いを配慮しあうといったもの)を後世に残してい 空間」の設計をしました。 きたいという思いから、鎌倉で3つの「配慮のタネを生み出す 卒業設計を終えて  自分なりに3つ提案しましたが、まちを歩いて配慮の様々な かたちをもっと空間に落としてみたかったというのが心残りで はあります。本格的に卒制を始めると決めてから先生方や友人、 先輩、たくさんの人々に支えられ、自分の納得できる形で提案 配慮のタネを生み出す「みまもりの丘」 することができたことが何よりも嬉しく、本当に感謝してもし きれない思いです。 街路空間の 再 編 か ら 考 え た 能動的利用 を 発 生 さ せ る デ ザイングラマー 深町 知貴   設計の概要  今回の設計では、人の活動がみえる都市が良いと考え、その ような活動が起こる外部空間を作るための制度を考えるという なりに意識してみたつもりです。 ことを行いました。建築ではなく街をつくるということを自分 卒業設計を終えて  終わってみると良くできる余地がたくさんあったなぁと思い ま す が、 と く に も っ と 数 字 を 使 う べ き だ っ た か な と 思 い ま す。 一般的な話をしたかったと思うのですが、その割には客観的な 指標が足りていなかったと感じました。また、本当に良い空間 2つの変数から生じるパターンを並べた模型 になったかを形で示せなかったことは反省です。あとスケジュー ル管理が本当に難しかったです。 2 月のウェブ記事 ロンドンの濁りに雑じる。 本年度のまとめに向けてデータと格闘中! 米国のランドスケープを訪ねて 是 非 ご 覧 下 さ い :ht t p :/ / u d .t .u - t oky o.ac .j p / j a/ bl o g / 編集後記 中島健太郎   1 年 は 長 い よ う で 短 い で す ね 。 こ の 前 、学 部 4 年 生 の 卒 業 研 究 の 発 表 を 聞 い て い て 、ふ と 思 い ま し た 。 あ の 日 か ら 、一 年 。 自 分 は何を為し、何を学んだのか。   修 論 発 表 を 聞 い て 、ち ょ う ど 1 年 後 、修 論 発 表 を や っ て い る で あろう自分を考えました。 「量が質に転換する」瞬間を迎えるた めには、次の1年間はもっと短いのかもしれません。 2・ 3 月 の 予 定 02 02 03 03 月 月 月 月 26 28 24 25 〜 27 日 日 日 日 大 槌 PJ 紀 伊 半 島 調 査 三 国 PJ ア レ ッ ク ス ・ カ ー 氏 シンポジウム 大学院修了式 / 追い出しコンパ 学部生卒業式 9

[close]

p. 10



[close]

Comments

no comments yet