225 re

 

Embed or link this publication

Description

magazine

Popular Pages


p. 1

2015.01.28 vol. 225 プ ロ ジ ェ ク ト の 知 の 共 有 I D E N T I F Y I N G O F P R O J E C T ’ S K N O W L E D G E 佐 原 PJ × 三 国 PJ 座談会開催 ! p . 2   「 都 心 に 住 む 」 を 考 えるには    神 田 PJ 1 年目の挑戦 p . 6 東京大学 工学部都市工学科/ 工学系研究科都市工学専攻 都市デザイン研究室 編集長: 高梨 遼太朗 http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/ 編集委員: 道喜 開視 原 由希子 今川 高嶺      柄澤 薫冬 柴田 純花 髙橋 舜      中島健太郎 益邑 明伸

[close]

p. 2

佐原 プロジェクトの知の共有 三国 × 2

[close]

p. 3

佐原 PJ ×三国 PJ 座談会開催 ! 歴史的空間の再編を考える A Talk by Mikuni & Sawara P r o j e ct Me mbe r s!   For Restructing H istoric S p a c e  普段はなかなか互いの活動内容を知 る 機 会 が 無 い プ ロ ジ ェ ク ト 同 士。 今 回 は佐原プロジェクトと三国プロジェク トのメンバー達がそれぞれの活動成果 や課題を共有するべく座談会を開催し ま し た。 空 家 の 改 修 や 歴 史 的 空 間 の 再 編等共通するテーマが多い 2 つのプロ ジ ェ ク ト 。 今 回 は 両 プ ロ ジ ェ ク ト の M1 メ ン バ ー で あ る 今 川・柄澤・高橋・滝澤・ 森 川 ・ 李 の 6 人 が 熱 く 語り合いました。 (編集:M1 高橋) * ー 今 の 課 題 ( 佐 原 PJ ) 李 : 今は さ わ ら ぼ ( 高 校生と共に行って い る 空 家 活 用 ) の 持 続 性が 1 番かな。 あ と 佐 原 の 問 題 と し て は、 色 々 な 団 体 が あ る が、 高 齢 者 中 心 の 組 織 で 新 陳 代 謝 が 起 こ っ て い な い 問題がある。 森 川 : 団 体 っ て い う のは? 李 : ま ち づ く り 団 体 の こ と。 考 え る 会 や 商 工 会 議 所 等 い ろ いろな団体がある。 今 川: 考 え る 会 は ま ち な み の 方 を ず っ と や っ て き た 組 織。 今 は 硬 直 化 し て い て、 新 し い こ と を し て い な い よ う に 見 え て し ま う 。こ れ か ら まちづくりを担っ ていくのが誰なんだということが言え な く な り つ つ あ る。 そ れ ぞ れ が 独 立 し て 動 い て い て 協 働 し ていない。 柄 澤: 今 言 っ て い た 団 体 が ば ら ば ら し て い る と い う の と 、さ わらぼが無くなっ てしまうという 2 つの問題が挙げられ た が 、 つ な げ て い き たい? 今 川: つ な げ て い こ う と は し て い る。 ち ゃ ん と 進 め ら れ て い な い が、 佐 原 の 担い手として若い人を育てなければい け な い と い う の が あ り、 そ れ で 小 学 生 や高校生にアプローチしようみたいな 意 見 も あ っ て、 い ま さ わ ら ぼ で 担 い 手 というかまちづくりに繋がる人材がど う生まれうるのかを今整理しようとし て い る 。 そ う い う 意 味でつなげたい。 柄 澤 : そ れ は で き そ う? 言 い 方 は 悪 い が、 今 さ わ ら ぼ が 成 功 し て い る と い う 風 に な っ て い る の は、 高 校 生 に 自 由 に 使わせてあげている状況があるからと い う か 。 こ れ か ら 1 0 年 20 年 し た と き に帰ってくるかいうときにそれは別の 問題。 今 川: 現 状 さ わ ら ぼ に は 色 々 な 関 わ り 方 が あ る。 例 え ば 部 活 動 で 写 真 を 展 示 す る よ う な 人 は、 そ れ を ま ち づ く り だ とは全然捉えていないが僕たちとして は普段まちなかにいなかったひとがま ちなかにでるということ自体に意味が あ る と 思 っ て い る。 で、 他 に 高 校 生 の まちづくり団体である佐原高校まちづ く り プ ロ ジ ェ ク ト チ ー ム(SMP) と い う の が あ る が、 今 そ の 人 た ち が 高 校 の 部活動がさわらぼで活動出来るように 動 い て く れ て い る。 そ う い う 人 た ち が 将来的にまちづくりや佐原のために何 かしてくれる 可 能 性 は あ る と 思 う 。 柄 澤: 間 接 的 に ま ち に 役 に 立 つ 関 係 が できるという こ と か ? 今川 :それを 今 議 論 し て い る 。 柄澤 :そうじ ゃ な い 意 見 と は ? 今 川 : 実 際 OB O G に な っ て 、 さ ー っ と (まちに)入っている人はまだいなくて 無理ではない か と い う 気 も し て い る 。 滝 澤: 佐 原 高 校 の 生 徒 は 卒 業 し て み ん な 東 京 な ど に 行 っ て し ま う の で、 関 わ ろうとしても時間的な制約から難しい と い う 面 も あ る。 た だ、 高 校 生 の 中 で もまちへの関わり方次第でまちに対す る 愛 着 は 違 う の か な と 考 え て い て、 そ の辺を詳細に 分 析 し た い と 考 え て い る 。 ー今の課題( 三 国 PJ ) 高 橋: 今 の 問 題 点 と し て は、 先 月 空 家 の 改 修 に 向 け た 提 案 発 表 を 行 っ た が、 結局まちづくりに積極的でない人の理 解 を 得 ら れ な か っ た。 提 案 は そ う い う 人たちを意識して作ったつもりだった が。 そ れ で 、 と り あ え ず や る し か な い ね と い う こ と で 話 が 進 ん で い る が、 将 来的にはそういう人たちも上手く取り 込む方法が必 要 。 滝 澤: 積 極 的 で な い と い う の は、 ま ち づくりに対し て 積 極 的 で な い の か 。 柄 澤: 先 ほ ど 會 所 が 空 家 を 改 修 し て 湊 座 を 作 っ た 話 を し た が、 そ こ で 夜 遅 く ま で ラ イ ブ を や っ た り し た。 そ れ と か 會 所 の 人 は 成 功 し た と 思 っ て い る が、 隣の家の人からするとうるさくてしょ う が な い。 そ れ で ま ち づ く り に 対 し て 懐 疑 的 に な っ て し ま っ た。 あ と 今 年 度 は 空 家 を 2 件 改 修 予 定 だ っ た が、 新 し く空家を見つけて来てそちらの改修を ▲ 設 計 し た 公 園 及 び 倉庫の模型  始めだしたので予算が足りなくなり、1 軒 の 空 家 は 現 時 点 で 保 留 に な っ た。 佐 原は団体と言った時に群雄割拠状態だ が、 三 国 は そ れ が 1 つ だ け。 そ こ が 明 確な意志を持たずに猪突猛進している。 李:會所は何人くらいいるの? 高 橋: セ ク シ ョ ン が 色 々 あ り 全 容 が あ まりわからない。 李: ( 會 所 は ) N PO ? 柄澤:一般社団法人。 森 川 :05 年 は N PO 法 人 三 国 湊 魅 力 づ く り PJ と な っ て い る 。 會 所 の 設 立 は 2012 年 と の こ と 。 滝 澤: こ の 人 た ち に 頼 ま れ て プ ロ ジ ェ クトがはじまったということ? 柄 澤: 頼 ま れ て 始 ま っ た が、 頼 ま れ た のかよくわからない状況にもなる。 滝 澤: な ん か 迷 走 し て 声 か け た だ け み たいにも聞こえる。 森 川: そ の 人 た ち と 坂 井 市 も 意 思 疎 通 出来ていない。 柄 澤: 坂 井 市 は す ご い 協 力 的 な ん だ け ど。 森 川: そ う。 大 学 生 が 思 う よ う に や っ てみたら良いよというスタンス。 柄澤:話すと考え方もわかってくれる。 公園の改修で入口に迎え入れるような 東屋を挿入してまちなみの連続を保ち つつ奥まで入っていけるようなものを 計 画 し た ん だ け ど、 公 園 に 立 て る 構 造 物は法律上2%以外の建坪率しかだめ と 決 め ら れ て お り、 僕 ら の 計 画 し た 東 屋 で は 全 然 立 て ら れ な い 状 況 だ っ た。 だけど坂井市は提案を評価してくれて 公 園 指 定 を 解 除 す る と 言 っ て く れた 。 3

[close]

p. 4

今 川:お 金 は 全 部 會所が握っているの? 柄 澤 : 基 本 的 に そ う。 さ っ き 言 っ た 森 田 銀 行 と か、 岸 名 家 の 業 務 委 託 と か も 會所はやっている。 滝 澤: 市 と 會 所 の 間 に 軋 轢 み た い な も の は 生 じ て い な い のか。 柄 澤: 業 務 委 託 と か は ち ゃ ん と や っ て い る し、 ま ち を 良 く し よ う と し て 事 業 も ち ゃ ん と や っ て いる。 森 川: 坂 井 市 と 三 国 會 所 が 全 然 違 っ た 解 釈 を す る と か っ て こ と は あ る。 で も ギ ス ギ ス は 全 然 し ていない。 ー 空 家 の 改 修 に つ いて 李: 今 空 家 の 提 案 を 考 え て い る と 思 う が、 ど ん な 人 を タ ー ゲ ッ ト に し て い る のか。 滝 澤: 例 え ば 観 光 客 に 来 て も ら う た め な の か 、 住 民 に 使 ってもらいたいのか。 も の か を 考 え る の が 1 つ あ る。 も う 1 つ は、 若 者 を ど う し よ う と い う 話 。 若 者 に は 更 に 2 パ タ ー ン あ っ て 、 20 代 で 人口流出が激しいという話が佐原同様 に あ る。 そ れ を ど う 食 い 止 め る か っ て い う の を 考 え な け れ ば い け な い。 と は いっても産業もないので、1 つの手とし て 空 家 活 用 は は ま っ て い る と 思 う。 で、 若 者 の も う 1 つ は 3, 40 代 の 主 婦 層 。 福 井県は共働きの世帯が日本で 1 番多く 世 帯 収 入 が 日 本 一。 な の で 女 の 人 が 元 気でまちを支えていく下地があると考 えている。そ の 人 た ち が ど う ま ち に 入 っ て い く か は ま だ 見 え て い な い が、 例 え ば網もの教室とかその人が得意とする こ と を や っ て も ら う と か。 お 金 は 生 み 出さないけど人がでて来て交流すると か。 そ う い う ア ク テ ィ ビ テ ィ を 生 み 出 せたら良い の か も 。 李:主婦層 の 人 は ど こ で 働 い て い る の ? 柄 澤: 実 態 は こ れ か ら 調 査 し て い く 予 定。 基 本 的 に 正 規 雇 用 に つ い て い る ら し い が、 ど こ に 勤 め て い る か は わ か ら ない。 今川:細 か い が 共 働 き な ら 寧 ろ ア ク テ ィ ブ じ ゃ な い の で は? 専 業 主 婦 が 多 い ま ちの方がまちづくりの担い手的な意味 で は そ う な り 得 る 気 が す る ん だ け ど、 なぜ 3,40 代 の 主 婦 に 目 を つ け た の ? 柄 澤 :1 こ あ る と 思 う の は 、 女 性 が 出 産 後 再 び 働 く 際 に、 そ れ が 労 働 じ ゃ な くてまちづくりに向くのはありかなと 思 っ て い る。 お 金 じ ゃ な く て、 物 々 交 換 も あ る か も し れ な い け ど、 積 極 的 に 動くポテン シ ャ ル は あ る 気 が す る 。 今 川: 余 裕 が な い か ら 共 働 き し て い る と考えた時にお金じゃなくてってでき るのかなっ て 気 に な っ た 。 柄 澤: 今 後、 お 金 が ど れ だ け 重 要 に な る か 分 か ら な い 所 が あ る。 若 者 の 仕 事 の選び方や価値観も全然変わって来て いる。 ー祭りの活 か し 方 高 橋: 三 国 に は 三 国 祭 が あ っ て そ れ を 提案にどう活かせるかということで一 通 り 調 査 を し た。 佐 原 も 大 祭 が あ り、 祭 り で 調 査 を し て い る と 思 う が、 そ の 調査がどう 提 案 に 結 び つ い て い る の か 。 今 川: 祭 り を ど う 提 案 に 活 か し て い る か と い う よ り は  祭 り で の 調 査 を ど う 提案に活か す か で や っ て い る 。 滝 澤: 祭 り の と き は そ の 時 し か 出 来 な い 調 査 を や っ て い る。 佐 原 の 最 大 限 の ポ テ ン シ ャ ル が 祭 の 時 に 発 揮 さ れ る。 だ か ら 例 え ば 路 地 を 歩 か せ た い と か、 路 地 に 店 を 出 し た い と な る と、 お 祭 り の時に路地に人が流れてこなくては無 理 で し ょ う み た い な。 逆 に 普 段 使 わ れ ていないけど祭りの時に人が行くよう な路地には空間的なポテンシャルがあ るのではないかと。 今 川: 基 本 的 に お 祭 り は 調 査 の チ ャ ン ▲ 佐 原 「 秋 の 大 祭 」 で の 聞 き 取り調査の様子 スとしか見ていなかった。 柄 澤: 祭 り の と き に 提 案 し て い な い の は そ う か も し れ な い が、 祭 り を 使 っ て 日 常 の 提 案 に ど う 反 映 し て い る の か。 今 の は 観 光 客 目 線 の 話 で、 地 元 の 人 目 線で見た時にお祭りって非日常だけど 日 常 だ と 思 う。 そ れ に 対 し て さ わ ら ぼ とかがどういう役割を持っているのか、 例えば祭りと日常みたいな話をしたと の 位 置 付 け 方 み た い な。 三 国 で は ま だ あまりわかっていないが。 今 川: 祭 り の 時 に 盛 り 上 が る 佐 原 じ ゃ なくて祭りの時以外にどうするってい う目線で考えていたから祭りを活かし た提案というのはなかった。 柄 澤: そ う す る と う ち ら と 一 緒 だ ね。 例 え ば 突 発 的 に 思 い つ い た が、 10 何 区 ある区が持ち回りでさわらぼで練習し て く れ た ら、 普 段 ま ち な か 観 光 に 来 て くれた人が非日常を感じることが出来 る と か そ う い う 絡 め 方 も あ る。 そ れ に よってさわらぼの存在と祭りの存在を 同 時 に 認 識 出 来 る。 そ う す る と 祭 り と さ わ ら ぼ が 繋 が る し、 そ う い う の も あ るような気がする。 滝澤:今はそういうのはない。 今 川: 提 案 と し て そ う い う も の は い ろ い ろ な 所 か ら 受 け て い る。 小 学 生 の 大 ▲改修予定の空家「雲乃井」 森 川 : 主 に は 住 民 を 考 え て い る。 三 国 は 祭 の 小 さ い 区 毎 に 分 か れ て い る。 い ま 一 区 切 り つ い た 倉 庫 の 改 修 だ が、 そ ちらの方は下新区という区の住民の方 に 主 に 使 っ て 欲 し い と 考 え て い て、 そ の生活が見えたりそこから外に出て行 く よ う な も の を 考 え た。 観 光 客 に つ い て は、 直 接 呼 び 込 む 訳 で は な い が 結 果 的に観光客も来たくなるようになった ら い い ね と い う 風 に し た。 で も 會 所 と の 打 ち 合 わ せ を 経 て、 最 終 的 に は 観 光 でどう呼び込むかという話もストー リーに組み込んだ。 李 : 住 民 は ど う い う人が多い? 高 橋 : 高 齢 者 ば か り。 柄 澤: 年 を 取 っ た 時 に 暮 ら し や す い ま ちであるというのはアクティブシニア 層 に と っ て 良 い ま ち だ と 思 う。 な の で 高齢者が生きやすいまちってどういう 4

[close]

p. 5

▲ 佐 原 P J の報告書 半が入る佐原郷土芸能部とか小学生の 活動の場として最適だよねみたいな議 論 は し て い る。 け れ ど 実 際 に ア ク シ ョ ンには至っていない。 森 川: そ れ は 今 ま で の 先 輩 方 が 日 常 の 人が大事でしょとみんなそういうふう に 考 え て 来 た か ら と いうこと? 今 川: 祭 り か ら 見 え る 佐 原 じ ゃ な い 佐 原を考えることの方が大事なんじゃな い か な と 思 っ て い る。 祭 り 時 の 佐 原 は 確 立 し て い る け ど 、 それ以外は不十分。 柄 澤: 祭 り の 形 成 が、 例 え ば 日 常 で コ ミュニティとかに大事だったりするか も し れ な い。 そ う し た 時 に ど う い う 空 間 が あ る の か な と 思 っ た。 日 常 が 大 事 と言っている日常は祭りに繋がってい る。 日 常 と し て 祭 を ど う 捉 え る か と う の が 何 か 無 い か な と。 三 国 も こ な い だ の 提 案 で は 祭 り も 大 事 と 言 い つ つ、 結 局 36 5 分 の 1 の 祭 り よ り 日 常 を 考 え る 方 が 大 事 と い う 流 れ に な っ た が、 で も 祭りは大事。 森 川: 先 ず 祭 り を 見 な い と 始 ま ら な い と い う こ と で 参 加 し 、山車を曳いた。 滝 澤: 佐 原 = 祭 り と い う 凄 い 単 純 な 図 式 が 成 立 し て い る が、 そ れ だ け だ と 広 が ら な い だ ろ う。 祭 り の 時 以 外 の 佐 原 をどう魅力に感じてもらえるかを考え る の が 大 事 だ と 思 っ ている。 今 川 : あ ま り 関 係 な い か も し れ な い が、 祭りのための会議とかがあるがこれが け っ こ う 村 社 会 的 に な っ て い る。 考 え る会とか祭りの組織がピラミッド型の 構造で 、若い人から見るとその存在に よって地元の人と関われると同時に押 さえつけられているみたいな状況も課 題 と し て 感 じ て い る。 そ れ を 解 決 す る 何 か と い う の は 今 の ところ無い。 柄澤 :(それは ) 共 通 の 課 題 。 ー後輩への 引 継 ぎ 方 髙橋 : 佐原の 話 で は な い か も し れ な い け ど、 下 の 学 年 の 受 け 入 れ 体 制 と い う か。 4 月に佐原プロジェクトに入って、高梨 さ ん な ど か ら 色 々 教 わ っ て き た と 思 う。 僕 ら は 4 月 に 2 年 目 に な る が、 ど う い う 体 制 を 用 意 し て 新 M1 を 迎 え る と そ の後の活動がスムーズに展開していく の か、 と い う の が 見 え て い な い 。 自 分 た ち が ど う 受 け 継 い だ か、 あ と こ こ は こうしてほしかったよ高梨さんという のがあれば 。 今川・李 : 言わ な い よ 、 そ れ は ( 笑 ) 今川 : なんか教 育 さ れ た … ? 李 : まち歩きに 一 緒 に 行 き 、 解 説 し て も ら っ た。 そ こ か ら は い き な り 高 校 生 と のミーティ ン グ に 一 緒 に 行 っ た り し た 。 滝澤 : 高校生 と の ミ ー テ ィ ン グ に 参 加 し て、 高 梨 さ ん と 中 野 さ ん が 喧 嘩 し て る のを見たり 。 柄澤 : 何か分 か ら な い け ど ひ た す ら ミ ー ティングに参加したという状況なのだ としたら、 そ れ は よ か っ た ? 滝澤 : 良い点 も 悪 い 点 も あ っ た 。 良 い 点 は、 具 体 的 に ど う い う 議 論 が 交 わ さ れ て い る か 見 て 覚 え ら れ た こ と。 解 説 し て も 分 か ら な い こ と も 多 い と 思 う。 他 に 良 か っ た 点 は、 い ち い ち 解 説 す る の に 労 力 を 使 っ て い る と、 プ ロ ジ ェ ク ト が 前 に 進 ん で い か な い。 そ う で も し な いと引継ぎ期間が半年くらいになって しまう。 今川 : 基本的 に は 、 最 初 プ ロ ジ ェ ク ト で 集 ま っ た 時 に、 報 告 書 と か あ る し 勉 強 会などはや ら な い よ 、と 窪 田 先 生 が お っ し ゃ っ て い た。 各 自 で 読 み な さ い と。 報告書読んだらだいたいわかる…とこ ろもあれば、分からないところもある。 滝 澤 : 報 告 書 は そ う い う 意 味 で はす ご く 大事だと思う。 柄 澤 : 高 梨 さ ん た ち の 代 の 報 告 書は そ の 時 な か っ た ん だ よ ね? そ れ は ど う や っ て引き継いだの? 今 川 : だ か ら 若 干 分 か っ て な か っ た 笑。 5 月くらいのミーティングで高梨さんと 中野さんが根本から議論している場面 が あ っ て、 そ れ を 聞 い て「 あ あ そ う い う流れなのね」というのを理解した。 李 : 良かったと思うのは、 担当分けして、 同 じ 目 線 で 見 ら れ た こ と。 割 り 振 り も してもらって、自分の責任が出てきた。 柄 澤 : な る ほ ど 、 最 初 か ら お 客 様で は な かったのね。 滝 澤 : た ぶ ん 来 年 1 個 下 の 人 た ちで 迷 っ ている人たちをいかに自分たちのプロ ジ ェ ク ト に 引 き こ む の か と い う の で、 最初にがっつり囲い込んでしまうのが すごく大事なのだと思った。  森 川 : で も 決 ま っ て い る 子 は 決 まっ て そ う だ よ ね。 迷 っ て い る 人 を い か に 入 れ られるかだよね。 *  2時間あまりの座談会では、白熱した議 論が交わされ、互いのプロジェクトの活動 について一層理解を深められたように思い ます。佐原と三国、場所は離れていますが、 抱えている課題に共通の要素が見られたの が非常に印象的でした。   両 PJ の皆さん、どうもありがとうござい ました。■ 5

[close]

p. 6

「 都心に住む」を考えるには     神 田 P J 1 年 目 の挑戦 Wh at Did the Kanda Project Team D o to Study on D ow ntow n Residence?   今年度から始まった新しいプロジェクト の一つに神田プロジェクトがあります。東 京の中心でどんなことを目標とし、なにを 思いながら、なにに取り組み、来年度に向 けてなにをしようとしているのでしょうか。 今回はあえてプロジェクトメンバーでない 筆者が、メンバーに話を聞きながら神田プ ロジェクトを振り返ります。 ( 編集:M1 益邑 ) こと、本 郷 から近い 等の好 条 件もあって、 委託等の要請を受けない比較的自由なプロ ジェクトとして始まった。  年度当初のプロジェクトの概要を説明す るプロジェクト報 告 会のスライドには目標 として、 「神田学会、 地域等と連携しながら、 神田らしさの実態・背景を明らかにし、そ の変容と将来の神田を考えていく」とある。 「神田らしさとはなにか」の問いのもとに 6 人の学生が集まった。 らを一つにまとめるような空間的な 「らしさ」 が初見では見いだせなかったからだった。  そこで 基礎調査 (5 月〜 6 月) という名の、 データによる地域の実態把握を行った。人 口、世帯数の町丁目別の違いに始まり、建 物や 路 地の 分 布、商 店 街、事 業 所、生 活 圏、地価、鉄道に至るまで地図上に表現し ていった。各データには解説として、見い だせる特徴を記した。窪田教授が「ぜひ他 のプロジェクトでもやろうよ」と評価する出 来だった。それをまとめていく過 程で神田 PJ のテーマが 話し合 われ、次 第に「 神田 の都心居住を考える」という流れになって いった。 神田 PJ の始まり   そもそも神田や千 代 田区は 研 究 室と繋 がりの 深 い 地 域 の 一 つ。その 繋 がりの 一 つが 西 村 教 授 が 理 事 長 の NPO 法 人 神田 学会だ。また、プロジェクトメンバーの一 人、M1 羽野は卒業論 文で「 神田における 老舗集積の立地要因と役割」というテーマ に取り組み、その過程で神田学会とも接点 を持っていた。神田に住む学生が複数いた 神田らしさの難しさ   神田 PJ の最初の活動はガイダンスを兼 ねた 街 歩き調 査(4 月) 。窪田教 授、中島 助教及び学生 7 人で 2 時間ほどの調査だっ た。歩いて感じた素朴な疑問は「神田らし さって本当にあるのだろうか 」だった。な ぜなら神田と一口に言ってもその範囲は広 く地域によって雰囲気が 違っていて、それ 都心居住   「 都 心 居 住を考える」とはすなわち、都 市の中心でいかに住み、働くかを考えるこ とである。それを神田で考える意味とはな 4 月に神田地区の人口、土地利用などの基礎情報 を手分けしたまとめた資料。 「そこから読み取れる 意味をもっときちんと記述して欲しかった。 」と辛 口の中島助教。 「でも分 析の視 点が ないころだっ たから。今ならもっとできるはず。 」 基礎調査 小藤田正夫さんとの勉強会。毎回ゲストをお呼び して神田の歴史や戦後の神田の実態、これからの 都市経営のあり方など、様々な切り口から神田に ついて考えていく。 神田勉強会 TAT のワークショップとして、神田の街をリサー チし縁台をデザインした。大きさの異なる縁台は 入れ子状にでき、向きを変えると立ち飲みに適し た高さの机になる。 「すっきりしていてかっこよく、 実用的なデザイン。 」と中島助教。 縁台 6

[close]

p. 7

神田 PJ の 1 年 4 キックオフ 街歩き調査 5 6 7 8 9 縁台組立 WS 10 神田百年弁当試作 11 TAT 開催 老舗ツアー主催 第 1 回神田勉強会 第 2 回神田勉強会 第 3 回神田勉強会 12 1 神 田 学 会 と の 基礎調査まとめ 初顔合わせ 神田学ツアーに 有志で参加 小藤田さんのレク チャー、打合せ にか。中島助教に尋ねると、 「そこがずっと 東京だった場所だから」という答えが 返っ てきた。 「都心居住や生業とか産業というものはどこ の都市にも当たり前にある。大阪や名古屋 や福岡にも、ニューヨークにもパリにも、シ ンガポールにも上海にもある。それが東京 の場合にはどうなのか。東京を都市として の根 本から考えるためには、都市に住む、 働くということを江 戸時 代からずっとやっ てきたところで追いたい。今までの変化や これからの未来はなにか、それをどう計画、 デ ザ インし てき た の だ ろう。2020 年 以 降どうデ ザ インするかに繋がっていくとい い。 」 いくことだ。プロジェクトメンバーは 6 月に 窪田教授の紹介で、小藤田正夫さんと知り 合う。小藤田さんは千代田区の職員として 働きながら江戸時代から現代までの、この 地域の歴史を研究してきた。小藤田さんの 現在の関心が「戦後の神田の衣食住」にあ ることもあって、ともに 神田勉強会(10 月 〜)をすることになった。大工や繊維業な どを神田で営む方々をゲストに話を伺いな がら、東大の調査の進捗も共有する。神田 の個々の産業を構成する多様な職のネット ワークやメカニズムを明らかにしようとして いる。 2014 ー 神 田・リビ ン グ パ ークー」 (以下 TAT)にプロジェクトチームとして参 加し た。今年から企画ディレクションチームに 加 わった中島 助 教 は、   「TAT の 全 体 のコ ンセプトは都市に暮らすということ。暮らし のたくさんの要素をイベントとして空き地 で次々に行った。最後は住んでいる人しか 味わえない週末の朝の神田を体験してもら うキャンプを企 画した。アートでもあるけ ど、都市デザインの実験イベントでもある。 アーティストやデザイナーがやりたい放 題 やっている場 所ではなくて、そこに神田っ ぽいものが込められている。 」   テントは 神 保 町 のお 店 が 貸し出したり 近くの 喫 茶 店 が コーヒーの 淹 れ 方 をレク チャーしたり、最 後には神輿が 登場したり したという。   神田 PJ としては TAT の一環として、縁 台ワークショップ に参 加し、老舗ツアー を TRANS ARTS TOKYO 2014  もう一つの方向性は、現在の神田に目を 向けることだであろう。昨 秋、神田エリア の 文 化 施 設 や 大 学 跡 地 を使 用したアート プ ロ ジ ェ クト「TRANS ARTS TOKYO  神田勉強会   神田で 都 心 居 住を考える一つの方向性 は、神田に蓄積された暮らしを掘り下げて TAT のプログラムを企画した。老舗をめぐり、お 話を伺う 3 コースを 2 日間実施。 「一番印象に残っ ている」と渋谷。羽野は「外に見せるものだった から、お店の選定やガイドの練習などをもっとし たかった。 」 老舗ツアー おみやげとしていろいろなものを作成した。写真 は読み札が老舗の説明、絵札はお店の写真のカル タ。他に、老舗の紙屋さんの紙で作った街歩き地 図や、老舗ツアーのロゴ 入りのどら焼きも。老舗 がたくさんある神田のプレゼンテーションになっ ている。 老舗ツアーのおみやげ 神田の老舗の味を集めた弁当を作成、老舗ツアー の 1 日目の最後に提供した。メディアの取材も受 けて、神田のネットワークを実感した。 「こんな機 会がなければできなかった。できてよかった」と 老舗の店主にも喜ばれた。 江戸神田百年弁当 7

[close]

p. 8

企画、運営した。   縁 台ワークショップは 神田の 街にふさ わしい縁 台を作 成するもので、他に東 京 藝術大学、日本大学のチームも参加した。 それぞれの作品はウェブ上で見られる。   老舗ツアーは事前に応募した参 加者を 神 田の 老 舗 に 案 内し、老 舗 の 店 主らの、 話を聞くもの。 「老舗ツアーで老舗に伺った時の対応が優 しくて感動した。観光客慣れしていないと ころも協力的だった。また老舗の人とつな がりができただけでなく、神田学会の繋が りから、初めて住んでいる人から(ツアー の一環で)話を聞くことができた。 」 (羽野)  しかし、初めての 街 歩きガ イドは 難し かったらしく、打ち上げは反省会になって しまい飲まずに終わったという。 がった。地域によってばらばらだけど人ベース では神田らしさはありそう。最後は空間の神田 らしさに結び付けたい。 」 (羽野)  PJ として来年度にむけてどのように動いて いくのだろうか。  1 月のミーティングで各自がこれからやりた いことを企画書として持ち寄って今後の方針を 話し合ったそうだ。やりたいことは少しずつ違 うが、どれも相互に関係 性があり、全 部一緒 にできるからやろうという結論に至ったという。 「 大きなプラットフォームは 共 有され ている。 自由度が高いプロジェクトだから、メンバーが やりたいことをやりたいなと思っている。自由 度が 高い分だけ深いところまでいかないと意 味がない。 」 (中島助教)  神田 PJ は当初には想像していなかった出会 いやイベントに恵まれていた。その中で考える ベースをメンバー内で築き、地域との繋がりを 作っていった 1 年だったといえるだろう。そし て、神田らしい空間のあり方に迫ろうと取り掛 かろうとしている。 義 や 現 状 の 問 題 が 曖 昧 のまま 進 ん でし まっているように思う。なんとなく「都心 に住む、働く」という言葉で片付け、調べ 物やイベント運営をするのではなく、 「都 心 」だと他の地 域となにが 違い、なにが 違うべきなのか、どういう圧力や期待がそ こにあるのか考えることが要るのではない か。勉強会や TAT を突然降ってきたイベ ントとして無難に処理するのではなく、そ こからなにを知見として得ようとし、得た のかが重要である。もっとも、現在まさに 反 省も踏まえ「 都心 居住」の定義から議 論は再開しているようだ。  詳しい人に話を聞き、地域で暮らす人々 に話を聞き、イベントを運営していくとい うこと自体は、都市デザイン研究室の他の プロジェクトを見ても決して新しくはない。 もちろんそれぞれに意味はあるが、そこか ら新しい都市計画、都市デ ザ インの知見 に結びつけるヒントを得られなければ、個 人としても研究室としてもインタビューや イベント運 営の技 術を磨いているだけに なってしまう。自戒の念も込めると、プロ ジェクトはせっかく多くのエネルギーを投 入するのだから、研 究 室に居るだけでは わからない地 域の固有性と普遍 性を見つ めながら、未来 像を描く意識が 不可欠だ ろうと思う。■ 神田プロジェクトのこれから  結局「神田らしさ」は発見できたのだろ うか。今 年 1 年の発 見はなにかという質 問をしたところ、 「神田らしい人」という部 分は実感できたようだった。 「神田の人は面白いよ。神田の人というの がある。エネルギーとか思慮深さとかいろ んなこと考えているというのはすごい。神 田は 大きくて密 度 が あって、その密 度 や ネットワークに圧倒された。 」 (中島助教) 「江戸からの歴史を継いでいるという自負 を感じる。 」 (渋谷) 「卒論の頃から地域が広がったから、住ん でいるところだけのイメージだったのが広 最後に   今回の記 事の趣旨は、プロジェクトの部 外 者があえて率直な感 想を述 べ、プロジェクト がいかにあるべきか考えるきっかけにするとい うことなので、最後にプロジェクトの今後の展 開への期待を込めて筆者の目線で問題提起を しておく。  それは学生一人ひとりが、都市の課 題の一 つでも心の中に持てているかどうかである。都 心居住を考えると言いながら、都心居住の定 1 月のウェブ記事   第 2 回 20 世紀都市遺産セミナー開催 ! ようやくスタート地点の中間報告 / 三国 まちづくり講演会で学生による中間発表!  是非ご覧下さい:h t t p : / / u d. t . u -t o k yo . a c . jp/ja /b l o g / 2 月の予定 2 2 2 2 2 2 2 月 月 月 月 月 月 月 3日 4 日   9 日~ 10 日 11 日~ 14 日 16 日~ 17 日 2 4 日 2 8 日 M2 修 士 論 文 審 査 2 0 世 紀 都 市 遺 産 PJ 全 体 MTG M1 &M2 ジ ュ リ ー 三国訪問 卒業論文審査 黒瀬助教ジュリー アレックス・カー シンポジウム ( 三国 )   ▲ 百 年 弁 当 の 試 作 中の 様 子 編集後記 髙橋 舜  先日、 年 末 年 始 の 休 み を 利 用 し て 映 画 を 見 に 行 っ て き ま し た 。ス ク リ ー ンに夢中になっていると、見たことのある並木道がそこに映し出されま した。思わず興奮してしまいましたが、都市を学んでいるとこういうこ とって少なくないのではと思います。因みにその時写っていたのは、昨 年 9 月 に 研 究 室 の み ん な と 訪 れ た 上 海 の 町 並 み で し た。 と い う こ と で、 ▲ TAT で 自 分 た ち が 制 作 し た 縁 台 に 座 る P J メ ン バー 一 同 本年も都市デザイン研マガジンをどうぞよろしくお願いいたします!  8

[close]

Comments

no comments yet