UrbanDesignLab Magazine #224

 

Embed or link this publication

Description

UrbanDesignLab Magazine #224

Popular Pages


p. 1

O U R G R E A T S E N I O R , W H A T D O Y O U D O ?

[close]

p. 2

覆 わ れ て お り、 厳 し い 自 然 と 向 き 合 い な が ら 長い歴史を刻んできたこの村の一面を垣間見 ることが出来ました。 石徹白地区は人口二百七十人ほどの集落で、   小水力発電の導入をきっかけに地域振興の動 きが高まり、移住者も増加している地域です。 そ れ を 陰 で 支 え て き た の が 平 野 さ ん で、 こ れ ま で さ ま ざ ま な 取 り 組 み を さ れ て き ま し た。 ま た、 二 ○ 一 一 年 か ら は こ の 石 徹 白 地 区 に 移 り 住 み、 地 域 に 暮 ら し な が ら 集 落 の 将 来 の た めに地域づくりを進めています。 「としとーく」では伊藤雅人さん、鎌形敬人   さ ん、 永 野 真 義 さ ん、 前 川 綾 音 さ ん、 矢 吹 剣 一 さ ん の 五 名 の 先 輩 が 来 て く だ さ り、 都 市 に ま つ わ る 仕 事 の な か で も、 特 に 設 計 事 務 所 か ら都市に関わるとはどういうことかというこ と を お 聞 き し ま し た。 先 輩 方 が 勤 務 さ れ て い 分厚い雪に覆われた冬の石 徹 白 地 区 る 会 社 の 実 情 や 違 い、 仕 事 の 面 白 い と こ ろ な ど 話 題 は 多 岐 に の ぼ り、 当 日 は 多 く の 学 生 と 先輩方で盛り上がっていました。 * 2

[close]

p. 3

あの先輩はいま、 今回の都市デザイン研究室マガジンは   O B ・ O G 特集です。今回は岐阜県郡上市白 鳥町石徹白地区に住む平野彰秀さんのインタ ビ ュ ー と、 十 月 に 行 わ れ た、 設 計 事 務 所 に 勤 務 さ れ て い る 先 輩 方 と の ト ー ク イ ベ ン ト「 と し と ー く 」 の 二 つ の 特 集 を 組 み ま し た。 都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 を 卒 業 さ れ た 方 が、 そ の 後 ど う い っ た 進 路 を 歩 ま れ て い る の か、 そ し て、 都市に関わることを仕事にするということは ど う い う こ と か、 今 回 の 特 集 で 少 し で も 迫 っ ていきたいと思います。 * この写真は、都市デザイン研究室   の平 野 彰 秀 さ ん を 訪 ね て、 十 二 月 五 日 か ら 六 日 に か け て 石 徹 白 地 区 に 行 っ た と き の 写 真 で す。 私たちが訪れたときには村は既に分厚い雪で O B 3

[close]

p. 4

Ab o u t ITOSHIRO Village   平 野 さ ん の 住 む 石 徹 白 地 区 と は ど の よ う な 村 な の で し ょ う か? ま た、 そ こ で は ど の よ う な 取 り 組 み が 行 わ れ て い る の で し ょ う か ? ま ず は 石 徹 白 地区のプロフィールと活動をご紹介し た い と 思 い ま す 。 ( 編 集:M1 今 川 ) ■石徹 白 地 区  石徹白地区は郡上市の最奥にある、縄文時代から続く歴史ある集落です。白山信仰 の拠点として古代から栄え、近世まではどの藩にも属さず、社家社人の人々が暮らす 村でした。もともと夏は白山信仰の旅人のための宿場を営み、冬は旦那場と呼ばれる 場 所 に 出 向 き 、 教 え を 説 い て 暮 ら し て い ま し た 。 昭 和 30 年 頃 約 1200 人 い た 人 口 は 現 在 1/4 ほ ど と な り 、 世 帯 数 100 戸 、 高 齢 化 率 約 50% と 、 過 疎 化 ・ 高 齢 化 が 進 ん でいる地域 で す 。 特 に 、 石 徹 白 小 学 校 は 全 児 童 が 12 人 と 、 存 続 の 危 機 に あり ま す 。   こ こ で は NPO 法 人 や す ら ぎ の 里 い と し ろ、NPO 法 人 地 域 再 生 機 構 な ど が 事 業 主 体 と な っ て 、 科 学 技 術 振 興 機 構 の 研 究 費 を 活 用 し 、 2007 年 頃 か ら 小 水 力 発 電 の 導 入 に む け て 動 き 出 し ま し た 。 小 水 力 発 電 は 、 エ ネ ル ギ ー の 自 給 自 足 だ け で な く、 村 が 一 つになって地域づくりを進めていくきっかけにもなっており、現在では特産品開発等 様々な活動 が 行 わ れ 、 移 住 者 も 増 加 し て い ま す 。 ▲白山中居神社のふもと ▲九頭竜川上流で、ここから福井まで流れる 4

[close]

p. 5

■小水力発 電  小水力発電は、主に年間 1000kW 以下の規模の水力発電のことを言います。基本 的には一定以上の落差と流量のある河川等を利用して行われ、昼夜年間を通じて安定 し た 発 電 が 可 能 で す 。 ま た 、 河 川 の 他 に 農 業 用 水 路 、 上 下 水 道 、 ダ ム 放 流 水 等、 さ ま ざまな場所で発電できることや、経済性の高さ、技術的問題がほぼ解決されているこ となどから、近 年 新 エ ネ ル ギ ー と し て 高 い 注 目 を 浴 び て い ま す 。  石徹白地区では、かつて村で水力発電がおこなわれていて、エネルギーを自給自足 し て い ま し た。 そ の こ と も あ り、 平 野 ら が 小 水 力 発 電 を し よ う と 呼 び か け た と き に 、 手を挙げたのが石徹白地区でした。手探りの状態でらせん型水車の設置・実用化に成 功 し、 最 初 は 電 球 を 灯 す だ け だ っ た も の が 、 や が て 住 宅 兼 N P O の 事 務 所 内 の 主 要 な 電 気 を ま か な え る よ う に な り ま し た 。 ま た 、 地 域 に こ の 電 力 を 還 元 す る た め に、 常 時 1 . 5 k W の 発 電 が 可 能 な 上 掛 け 水 車 を 設 置 し、 当 時 休 止 状 態 だ っ た 白 鳥 ふ る さ と 食 品 加工伝承施設(以下、加工所)の電気をまかなえるようにし、現在ではつぶもろこし 等特産品開発が 進 め ら れ て い ま す 。 写 真 は 村 に 設 置 さ れ た 上 掛 け 水 車。 2016 年 ま で に は 地 元 住 民 ら で 農 協 を 組 織 し、 他 に 68k W,103 k W の 2 つ の 水 力 発 電 所 を 作 る 予 定。 売 電 益 を 使 っ て 地 域 づ く り を 進 め、 こ の 石 徹 白 地 区 を存続させていこうとし て い ま す 。 加工所内の様子。小水力発電を利用し て加工所を動かし、とうもろこしの乾 燥品等農産物を使った村の特産品を 作っています。 これによってエネルギー と食の地産地消が進み、冬の雇用も生 み出しています。 ■地域 づ く り  小学校存続の危機の中、地域の存続のため子育て世代が住み続けられるよう、 「30 年後も小学校を残そう」をスローガンに地域づくりが進められてきました。石徹白地 区 で は、 村 の 若 い 人 た ち で 公 式 H P や オ リ ジ ナ ル グ ッ ズ を 開 発 し た り 、 村 の 女 性 が 中 心となって、村の食品を使ったカフェを開いたりと、様々な人を巻き込んだ地域づく り が 行 わ れ て い ま す 。 現 在 で は、 石 徹 白 に 視 察 に 訪 れ る 人 が 年 間 5 0 0 人 以 上 お り 、 小 学 生 未 満 の 子 供 7 人を含む、7 世帯 2 0 人が移住してき ま し た 。 5

[close]

p. 6

Life of AKIHIDE HIRANO   石 徹 白 で 一 泊 し た 次 の 日 の 朝、 平 野 さ ん の ご 自 宅 で、 ご 自 身 の キ ャ リ ア に つ い て イ ン タ ビ ュ ー し ま し た。 平 野 さ ん は 1975 年 岐 阜 市 に 生 ま れ、 学 部 は 都 市デザイン研究室、修士で東大院新領域 の 大 野 研 究 室 を 卒 業、 そ の 後 北 山 創 造 研 究 所、 ブ ー ズ・ ア レ ン・ ハ ミ ル ト ン を 経 て 2008 年 春 岐 阜 に U タ ー ン し、2 0 1 1 年秋より郡上市白鳥町石徹白に移住しま し た。 現 在、 地 域 再 生 機 構、 全 国 小 水 力 利用推進協議会理事等の仕事をされてい ます。今回はそんな特徴的なキャリアを 歩 ん で こ ら れ た 平 野 さ ん に、 中 学・ 高 校 時代からいまに至るまでの思いと歩みを 語 って い た だ き ま した。 の 郊 外 に あ る ん で す ね。 郊 外 と い う の は 都市計画的にいうと中心市街地があって そ こ か ら 大 体 3,4km 離 れ た と こ ろ な ん で す け ど、 も と も と は 田 ん ぼ が 一 面 に 広 がっていて農村集落が展開しているとい う 場 所 で、 そ こ が 宅 地 化 が 進 ん で い て、 区 画 整 理 が 行 わ れ て い ま し た。 僕 の 実 家 はまだ一面田んぼで宅地化は進んでいな くて、窓をあけると蛙の鳴き声が聞こえ て く る よ う な 場 所 で、 そ こ で 小 学 校 時 代 を 過 ご し て い ま し た。 中 学 か ら 鹿 児 島 に 行 っ た ん で す け ど、 近 く に 岐 阜 環 状 線 と い う 幹 線 道 路 が 通 っ た ん で す ね。 う ち の 実家は幹線道路から一本入ったその裏 で、幹線道路沿いにロードサイドショッ プ が 次 々 で き て い っ て。 そ う す る と そ の 一本裏は必然的に駐車場になるんです ね。本来的には都市計画的に言えば宅地 に な っ て い く は ず だ っ た の に、 一 面 駐 車 場になってしまったというのが中学高校 で 起 き た こ と で し た。 田 ん ぼ が な く な っ て駐車場になるというのは子供心に疑問 に 思 う と こ ろ が あ っ て、 で き れ ば 田 ん ぼ というか宅地と農地が混在をしていると い う よ う な、 家 の 近 く に 農 村 風 景 が あ る ようなところをなんとか残したいという のが一つの原点。  もう一つの原点は僕が中学生のころ に、 長 良 川 河 口 堰 と い う の が 建 設 さ れ る こ と に な り ま し た。 長 良 川 と い う の は 岐 阜 市 の ど 真 ん 中 を 流 れ て い て、 岐 阜 の 人 にとっては長良川と金華山がアイデン テ ィ テ ィ に な っ て い る と。 岐 阜 市 内 で も 川で泳げる場所があったりとかすごくき れ い な 場 所 な ん で す ね。 大 き な ダ ム も な い川であゆとかのぼってくるような川な ん で す け ど、 建 設 の 理 由 が 納 得 で き る 理 由 で は な く て、 当 時 僕 の 中 高 の こ ろ は 環 境問題がいわれるようになってきたころ な の で、 人 間 の 社 会 と 自 然 環 境 と 折 り 合 いをつける形というのを探りたいと思っ たのが中学の頃ですね。 * そもそもの原点は  中学高校のときに二つ原点となってい る 出 来 事 が あ り ま す。 僕 の 実 家 は 岐 阜 市 6

[close]

p. 7

家の近くに農村風景がある ようなところをなんとか残 したいというのが一つの原 点 都市計画のことだけをやっ ていたんじゃ不十分じゃな いかと思うようになって 学生のうちにいろいろやろ うと思って ▲加工所でつぶもろこしを食べています。  で、環境と名の付くところに行こうと 思 っ て、 都 市 工 学 で 環 境 衛 生 工 学 が あ る と 知 っ た の で、 そ れ で 実 は 都 市 工 に 興 味 を持ったと。で、都市工の都市計画コー スの先生が駒場に来て授業をする場面が あ っ て、 そ れ で 東 京 に 出 て て 東 京 の 街 の 成り立ちがこれまで経験してきたことと 全 然 違 っ て す ご く 面 白いなと思った。  三つ目の原点は田村明の都市ヨコハマ をつくるという本だった。都市工の先生 の 授 業 も そ う だ し、 田 村 さ ん も そ う な ん だ け ど、 街 と い う の が 、 横 浜 は イ メ ー ジ がいいとかなんとなくそういうふうに な っ て る の が、 実 は ま ち を こ う し た い と 思 う 人 た ち が 居 て、 そ の 人 た ち の 意 思 によって自然発生的な部分もあるんだけ ど、人がこうしようと思ったことがまち に反映されているところが面白いなあと 思 っ た と。 そ う す る と ま ち の 環 境 を 所 与 のものとして捉えるのではなくて、自分 がそういうところに働きかけることでま ち が 変 わ る と い う の が 面 白 い と 思 っ て。 それで都市工に行こうと思ったの。とこ ろが、都市工だとあんまり専門的なこと は 出 来 な く て、 建 築 の 方 が ち ゃ ん と で き ると。都市工学科の先生が、有名になり た か っ た ら 建 築 で、 金 持 ち に な り た か っ た ら 土 木 で、 都 市 工 に い く や つ は ジ ェ ネ ラ リ ス ト だ み た い な こ と を い っ て い て、 まわりがみんな建築にいくと言いだした から、僕は一年目の進振りは建築でだし ま し た 。 そ し た ら 0 .1 点 足 り な く て 建 築に行けなくて、留年したんですね。そ れは僕にとってすごく良かったことでし た。 早 稲 田 大 学 の 芸 術 学 校、 早 稲 田 大 学 専 門 学校で参加のまちづくりと都市デザイン を学ぶ社会人向けの講座というのがあっ た ん で す よ。 そ れ が 週 に 二 日、 半 期 ず つ あ っ た ん で す け ど、 そ の 中 心 的 な 先 生 が 卯月盛夫さん で 、国 吉 さ ん 、田 村 明 さ ん 、 石 山 修 さ ん、 佐 藤 滋 さ ん、 後 藤 春 彦 さ ん とか、実務の人も柳田石塚建築計画事務 所 の 人 た ち と か、 い ろ ん な 人 た ち が い た わ け で す 。 そ こ に 通 っ た ん で す よ。 そ れ で、 そ こ に 行 き な が ら 建 築 か 都 市 工 か ど っ ち に い こ う か 考 え つ つ、 そ の と き に はじめて参加のまちづくりとか都市デザ イ ン に ち ゃ ん と 触 れ た。 そ れ で 僕 は 都 市 工に行きまし た 。   も う 1 つ 留 年 し て た 時 に、 僕 は も と も と 活 動 的 な 学 生 で は な く て、 サ ー ク ル と家庭教師ぐらいしかなかったんですけ ど 、 留 年 し て 暇 だ っ た ん で、 先 輩 が ベ ン チャー企業を作ろうとしていて立ち上 げの手伝いを 3 年ぐらいやってたのか な。 そ れ は I T 系 の シ ス テ ム を 作 っ た り とかコールセンターに人材派遣をするよ う な 事 業 を 始 め た の で、 そ れ に く っ つ い て い っ て、 そ れ も 一 つ の 転 機 で し た 。 で、僕は都市計画でこういうことをやり た い と い っ た ら、 そ れ は だ れ に と っ て メ リ ッ ト が あ る の か と い わ れ て。 そ の 先 輩 はすごいビジネスベースでものを考える 人で、デザイン的にいいまちとか住民が 参加するとかいっても結局みんな経済メ リットで動くんだから甘いことじゃなく てビジネスをできるようになったほうが いいみたいな こ と を い わ れ ま し た 。  僕は都市工学科にいくことにしたんだ けど、都市計画のことだけをやっていた のでは物足りないというか不十分なん じ ゃ な い か と 思 う よ う に な っ て、 い ず れ そういう都市計画とかまちづくりとかや り た い ん だ け ど も、 学 生 の う ち に い ろ い ろ や ろ う と 思 っ て 、ベ ン チ ャ ー 企 業と か 、 ミスコン ( 平野さんは東大で初めてミス コンを開いた人だそうです)とか、原宿 通りで美大生集めて絵描くイベントやっ た り と か、 デ ビ ュ ー し た て の ラ テ ン 系 の 学園祭ツアーとかテレビ局の仕事とかと にかくイベントをやるっていうことを学 生、 大 学 三 年 生 四 年 生 で ひ た す ら そ う い う こ と を や っ て い て、 そ れ で 院 試 に 落 ち たの。 デザ研・大野研で  僕はもともとやっぱり都市工の中では 西村先生の都市デザイン研究室のやって る こ と に 関 心 が 強 く て、 交 通 と か 国 土 計 画 で も な い し、 そ う す る と 大 方 研 か 西 村 研 か っ て こ と だ っ た ん だ け ど、 あ ん ま り 法律よりはソフトっぽいことの方がいい と 思 っ て。 で も 実 は 卒 論 は が ち が ち の 都 市 計 画 を や っ て い た ん で す。 さ っ き い っ たとおりの岐阜市近郊での農村集落での 都市化過程と土地利用の問題に関する研 究 と い う こ と で、 な ぜ 実 家 回 り が あ あ い うふうになったのかということを知りた か っ た。 な の で、 歴 史 的 な 経 緯 は よ く わ か っ て、 区 画 整 理 の 時 期 と か に よ っ て 混 在とか宅地の大きさとか全然違ってき て、 同 じ ロ ー ド サ イ ド シ ョ ッ プ で も 、 区 画整理の時期とか雰囲気が全然違って面 白かった。   そ れ で( 都 市 工 の 院 試 は 落 ち て ) 大 学 院は大野研にも興味があったので大野研 に 行 っ て。 で、 大 野 研 に 行 っ て 建 築 と 都 市計画ってまったく世界と言葉が違うの で、 す ご く 面 白 か っ た。 全 然 違 う 価 値 観 で、 結 構 近 い 領 域 を 扱 っ て い る ん だ け ど も考えている観点が全然違うということ を、 大 野 研 に 行 っ た 中 で 学 び ま し た 。 学 部のころはベンチャーとかイベントとか 7 留年し て 考 え た こ と  建築か都市工かっていうのは、一年か けて考えようと思ったわけですね。当時

[close]

p. 8

つぶもろこしを使ったご飯と、肉漬など石徹 白独自の料理をごちそうになりました。肉漬 は白菜と鶏肉とニンニクを漬物にした料理の ことで、この集落にしかないとのことです。 味噌汁は郡上味噌を使っていて、箸は郡上割 り箸。 冬が厳しいので保存食が発達していて、 皆今でも漬けているそうです。 加工所で生産された石徹白つぶもろこし。そ のまま食べてもおいしいですが、上の写真の ようにご飯に混ぜ込んだりと、様々な食べ方 ができます。 北 沢 先 生 が「 自 分 の ま ち を 持て」という話をしていた ん で す ね。 じ ゃ あ 自 分 が 風の人として頑張るんじゃ な く て、 土 の 人 と し て ど っ か地域にずっと関わろうと 思った。 ト と か 普 通 だ っ た ら 床 を つ む ん だ け ど、 そ う じ ゃ な く て 15 年 間 の 期 間 限 定 で 広 場を作ってそこをまちのひとたちの居場 所 に す る と。 か つ そ こ の 広 場 を お 金 を か けてやるイベントとただでやるイベント と あ っ て、 車 の 展 示 会 と か 若 い ア ー テ ィ ス ト と か を 年 間 500 く ら い あ そ こ で イ ベ ン ト や る ん で す け ど も、 パ フ ュ ー ム と かあそこから巣立っていったの。民間の 開発なんだけど町のためとかそういうこ とをやってたのがすごく面白くて、北山 創研に行って北山さんのものの考え方 (いまどういう時代にあってそれから五 年後十年後どういう時代に向かっていて だからどういう場所が必要なのか考えろ と か 、そ れ が 枠 組 み を 考 え る と い う こ と ) と か、 そ う い う 時 代 の 半 歩 先 を 考 え る だ とかいろんな人とのネットワークを作り な が ら 仕 事 を す る と か。 や っ ぱ り 飲 食 店 とかデザイナーとか経営者の人たちが出 入 り す る と こ ろ だ っ た の で、 そ う い う と ころからすごく刺激を受けたことがあり ます。   やってたんだけども、大学院はいろいろ まちに関わることをやろうと思ったの で、 そ れ で 大 野 研 で も ド イ ツ 人 の 留 学 生 が墨田区の向島で博覧会をやって、空地 空家で海外からアーティスト呼んできて アートイベントやるっていうのを一緒 に や っ た り と か、 研 究 室 だ と 釜 石 の こ と をやっていたので、それをやったり、先 生にすすめられて三重県伊勢市のことを やったり大分県佐伯市で医学部に行って る 友 達 が い て、 都 市 工 だ け じ ゃ な く て 経 済とか医学とかいろんな学部の人たち と、 み ん な で そ こ の ま ち の こ と を や る っ ていうのを一年半くらいやっていた。鎌 倉の風致保存会とかも先生についていっ て や っ た り、 一 緒 に や る 人 も 都 市 工 の 研 究 室、 西 村 研 と し て や る こ と も 大 野 研 と し て や る こ と も、 全 然 違 う 学 部 の 人 と や る こ と も あ っ て、 と に か く い ろ い ろ や ろ うと 。 ど あ ん ま り も の に な ら な か っ た し、 な に よりも卒業してそこでぴたっと縁が切れ てしまうということがすごく自分の限界 を 感 じ た と こ ろ が あ っ た ん で す。 そ の と きに、北沢先生が修士の修了式の夜の集 ま り の と き に「 自 分 の ま ち を 持 て 」 と い う 話 を し て い た ん で す ね。 じ ゃ あ 自 分 が 風 の 人 と し て 頑 張 る ん じ ゃ な く て、 土 の 人としてどっか地域にずっと関わろうと 思った。ただそのときやっぱり自分は地 方 の 出 身 だ し、 東 京 の ま ち づ く り は い ろ ん な ひ と が や る と 思 っ た か ら、 ど っ か 地 方 の ま ち で、 自 分 が 関 わ っ て で き る こ と をやろう と 思 っ た 。  いきなりでもそういうところに飛び込 んでも。将来都市政策とか都市計画まち づくりに関わるのにどういうふうに仕事 をしていくかっていろいろ考えたんだけ ど 結 論 は 出 な く て、 と り あ え ず 短 期 間 で 経験が積めるところに就職しようと思っ たのと、あとはやっぱり自分が共感でき るところということで北山創造研究所に 行きまし た 。   そ れ で 最 初 仕 事 を し て い て、 ま た こ の 研 究 所 が ま っ た く 物 事 の 捉 え 方 が 違 う。 いいなと思ったのは民間の開発なんだけ ど、それを町のためっていう理念をかか げ て 開 発 を す る と。 亀 戸 の サ ン ス ト リ ー 大 学 院 を 卒 業 、 北山創造研究所へ  結果的にはあんまりなにもできなかっ た と こ ろ が あ っ て、 一 年 と か 二 年 と か い う時間は結構短い時間だったし、それは 僕の力があんまりなくて、僕としては学 生のときいろんなプロジェクトやったけ 8 経営コンサル た だ、 そ れ だ け だ と あ れ で ち ゃ ん と ビ ジ ネスっぽいこともしたいなと思ってコン

[close]

p. 9

平野さんのご自宅で、小 水 力 発 電 や 村 で こ れ まで進められてきた地域 づ く り 活 動 の 説 明 を 聞いているところです。 平 野 さ ん の ご 自 宅 は 木造の古民家で、心温ま る よ う な 素 敵 な 家 で した。また、今回視察で 同 席 し て い た 和 歌 山 大学の方は農業や環境系 の 方 が 多 く 、 平 野 さ んとの議論は勉強になり ま し た 。 サルに行ったんですね。経営コンサルは 面 白 か っ た け ど、 僕 は 北 山 創 研 で 仕 事 が で き な い 奴 で、 経 営 コ ン サ ル の と き は 仕 事が出来る奴になった。北山創研の方が 仕 事 が 難 し い。 向 き 不 向 き も あ る と 思 う けど、自分が経営コンサルにとてもむい て い る と 思 っ て い て 。2 , 3 ヶ 月 の 短 期 間 のスパンでひたすら一つのテーマについ て考えるというのがあったり、複雑に絡 み合ってる物事をどういう課題があって 物事の整理をして分析をしていくんだけ れ ど も、 そ れ で 幅 広 い 解 決 策 の 中 か ら 最 適そうなものを選択して、そういうこと をクライアントに提案していく、クライ アントの課題解決に関する仕事をするわ け。よかったのは企業がどういう論理で 動いているかっていうのがとてもよくわ か っ た し、 サ プ ラ イ チ ェ ー ン と か 物 事 の 流れとかそういうのを捉えるとか、だい たいいつもまったく知らない業界を 0 か ら 学 ん で や る の で、 そ う い う 経 験 は と て も 良 か っ た と 思 う。 直 接 的 に 役 に 立 っ て いるのはファシリテーションとか会議を 仕 切 る の は、 い ろ ん な 人 が い ろ ん な 意 見 がある中で道筋をたてていってそれで毎 回会議を重ねながら物事を作り上げてい くというのは経営コンサルの経験がとて も役に立ったと 思 い ま し た 。  他にもどんな仕事でもいろんなこと得 ら れ る と 思 う の で す が、 一 つ 印 象 的 だ っ たのは三年のうち一年くらい地方の自動 車部品の工場の仕事に張り付いていたこ と が あ っ て。 そ こ は 経 営 者 か ら 現 場 の 作 業している人までそれぞれの言い分を聞 きながら在庫管理とかそういうもののし く み を 作 る と い う の が あ っ て、 そ の 時 に 資 本 主 義 社 会 の 矛 盾 を 感 じ て、 現 場 で 頑 張 っ て い る 人 た ち が い て、 そ の 人 た ち の 言ってることがすごくまっとうだったり す る ん だ け ど、 そ う い う ひ と た ち が 工 場 の 意 見 で ば っ さ り 切 ら れ た り と か、 そ う いうのを目の当たりにしたことが結構 あって、そういうのが社会の矛盾を感じ るところでした 。   あ と は ど う で も い い 話 だ け ど、 経 営 コ ン サ ル は 給 料 も 高 い し 賢 い 人 た ち で、 MBA で た り し た 人 も い る ん だ け ど 、 北 山創研で見てきた経営者は圧倒的に面白 かったり人間的魅力があったりして。郡 上で地に足つけてやってたりとか、石徹 白 の 人 と 話 す と き も、 頭 の い い 経 営 コ ン サルタントが言うことよりも石徹白のお じいちゃんが言ってることの方がまとも でまっとうだったりしたんですね。北山 創研の経験も経営コンサルの経験も当然 いろいろ役に立っていると思います。 岐阜での活動  でもそうはいっても自分が将来どこの まちにいくかというのが僕の主たる関心 と し て は あ っ て、 た ま た ま 大 学 院 を 卒 業 するときに当時早稲田大学の一年生がい て、 あ る 勉 強 会 で 知 り 合 っ て 岐 阜 で 一 緒 になんかやろうってなったんですね。僕 は岐阜にそんな愛着があったわけでは ■石徹 白 社 会 科 見 学の様子 今 回 の マ ガ ジ ン 部・ 石 徹 白 社 会 科 見 学 は M 2 高 梨 ・ M 1 今 川 ・ 柄 澤 ・ 中 島・ 森 川 の 5 名 で 行ってきました。 朝 5 時 に 東 大 正 門 前 を 車 で 出 発 し、 お 昼 頃 岐阜県の美濃白鳥駅に到着しました。  豪雪地帯のため、そこで車をおいて、ここ からは公共交通に切り替えました。美濃白鳥 か ら 石 徹 白 へ は 1 時 間 ほ ど で、 日 曜 を 除 く 毎日往復 3 便ほど運行しています。    1 時に石徹白上在所に到着し、平野さんに 会いました。 9

[close]

p. 10

僕はそこで仕事をやめて岐 阜に行くって決断ができな か っ た。 自 分 が や り た い こ とのはずなのに勇気をもっ て飛び込めなかった。 ▲小水力発電と加工所 な い け ど、 じ ゃ あ 岐 阜 を や ろ う っ て こ と に な っ た。 岐 阜 大 学 の 学 生 た ち は 岐 阜 のまちってつまんないとか面白くないと か い っ て、 サ ー ク ル や っ て バ イ ト や っ て みたいな大学生活を過ごしていたんだけ ど、 学 生 の う ち に ま ち に 働 き か け る と い うことができるんじゃないかと。それで イベントをやるとかフリーペーパーを作 るとか自分が学生の頃にやっていたこと をやっていた。そうすると(自分でもい ろいろできるんだというふうに)それに 影響を受けた人たちとか勘違いした人た ち が た く さ ん 出 て き て、1 0 年 後 と か に そういう人たちが新しいことを始めてい く と、 岐 阜 っ て ま ち が 面 白 く な る ん じ ゃ ないかと思いました。で、ひとづくりか らまちづくりっていうのを岐阜でやろう と思って、仕事休みのときとか、年始と か長く時間がとれるときには岐阜市に通 い ま し た。 イ ベ ン ト や る と な る と す ご く 人 が 必 要 だ か ら も っ と 人 を か き 集 め て、 半 年 で 100 人 く ら い ス タ ッ フ を 抱 え た 団 体 を 作 っ て や っ て い ま し た。 そ れ を N PO 法 人 に し て 、 イ ン タ ー ン と か を や る NPO に 変 え る こ と に な っ て。 や っ ぱ り イ ベ ン ト や る の っ て 労 力 か か る か ら、 本当に夏休み 1 週間とか年末年始とか 皆 一 緒 に い て イ ベ ン ト 作 っ て た し、 昔 か らかもしれないけど仲間でなにかを作り 上 げ る の が す ご く 楽 し い。 学 生 の イ ベ ン ト や っ て た こ ろ も そ う だ し、 ま ち づ く り や っ て た こ ろ も NPO や っ て た と き も そ うだし、いまもそういうことやってるわ け だ け ど、 そ こ は 変 わ っ て な い と 思 い ま す。 は岐阜で一緒にできる仲間がいて、目指 すところが共有できる人がいて、岐阜で そ れ な り に 注 目 も 集 め て い て、 こ ん な に いいタイミングはないからぜひ一緒にや ろうということをいわれたわけ。それで 岐阜でまちづくりやってる仲間たちも岐 阜で一緒にやろうって言ってくれたんだ け ど、 僕 は そ こ で 仕 事 を や め て 岐 阜 に 行 くって決断ができなかったんです。結構 岐 阜 の 子 た ち が 僕 の 所 に 泊 ま り に き て、 平野さんが帰るというまで僕は帰らんみ た い な こ と を 言 わ れ、 僕 が 仕 事 か ら 帰 る たびにうちに 2,3 人泊まってるという状 態 が 1 週 間 く ら い 続 い て い て、 み ん な 本気で僕を岐阜に帰らせようとしていた わ け。 で も 僕 は 北 山 創 研 で も 仕 事 が で き る ほ う で は な く て、 仕 事 と し て も 不 十 分 だ し、 経 験 と し て も 不 十 分 だ し 、 理 屈 と しては岐阜に帰るのがいいと思っても自 分 の 心 が 動 か な か っ た ん で す。 決 断 が で き な か っ た ん で す ね。 自 分 が や り た い こ とのはずなのに勇気をもって飛び込めな 挫折と そ れ か ら   僕 は 一 回 そ こ で 挫 折 を し て い て、 社 会人になって二年目だったんだけど一 緒にやってた人が大学を中退して岐阜 で NPO を や る と い い は じ め て。 彼 は 僕 よ り 4 つ 下 な ん だ け ど、 会 社 を や め て 岐 阜 で 一 緒 に や ろ う と、 今 の タ イ ミ ン グ  まずは白山中居神社に行きます。雪かきを して人一人通れるほどの小道が作られ、なん とか神社にたどりつき ま し た 。   同 時 に 視 察 に 訪 れ て い た 新 聞 記 者 の 方 と、 和歌山大学の方々の方と合流し、小水力発電 装置の見学に行きました。  夕方から平野さんのご自宅で、小水力発電 や地域づくりの取組に関する説明をお聞きし ました。  活発な議論が交わされた後、旅館に移動し て晩御飯となりました。和歌山大学の貸し切 りバスを運転されていたドライバーの方と仲 良 く な り つ つ、 美 味 し い ご 飯 を 食 べ ま し た。 平野さんが東大で初めてミスコンを開いた方 だということを聞いて少し衝撃を受けまし た。 10

[close]

p. 11

まちにいてそういうのが課 題だっていってるのと違っ て現場でそういうことを実 践していくのがすごくいい と思った。 ▲インタビューにて かった。  大いなる挫折をして、一年くらい廃人 のような生活をしていました。岐阜のこ とを 2 年間くらいやってたんだけど社会 人 3 年目は岐阜のこともやらなくなっ て 、 岐 阜 の な か ま た ち は NPO を 自 分 た ちで作っていろんな活動を始めていたわ け。僕としてはせっかく岐阜のことやり 始 め た し、 東 京 に い て も や れ る こ と は あ るんじゃないかということで、挫折経験 の中で東京にいても岐阜のことをやるっ ていう支部を作るってことに至って。岐 阜 で や っ て た 団 体 は G-net っ て い う ん だ け ど、G-net 東 京 っ て い う 名 前 に し ま した。岐阜のメンバーはフリーペーパー 作っていて、水うちわっていう、長良川 に浸して仰ぐみたいな岐阜中いろんなと ころで使われてたものなんだけど、製造 さ れ な く な っ て 10 年 く ら い た っ て た も のを復活させようとしたりとか、岐阜の かっこいい中小企業の社長さんたちとか 特徴的な事業をやっている会社とか、そ ういうところの社長さんに東京来ても らって、若い人向けに話をしてもらうと い う の を や っ た り。 東 京 に 住 ん で い る 岐 阜出身者に U ターンの意向のアンケート を G -ne t の 東 京 支 部 で や っ て た り 、 イ ベントがあるたびにみんな連れてったり とかいうのをや っ て い ま し た 。   そ の う ち に、 水 う ち わ っ て い う う ち わ が 岐 阜 で う ち わ を 作 っ て い て、 提 燈 と か も 作 れ る ん だ け ど、 紙 は 上 流 の 美 濃 で 作 られて、 竹はそ こ ら じ ゅ う で 竹 が あ っ て 、 うちわって一つのものが基本的には長良 川流域でとれるものを原材料にして作っ て い る わ け ね。 そ う す る と 岐 阜 っ て ま ち で 完 結 し て な く て、 長 良 川 の 上 流 と 下 流 がつながってひとつの文化圏を作ってい たと。 僕らの仲 間 で 郡 上 出 身 の 子 が い て 、 その子の実家の田んぼを手伝いにいった りとか、林業の体験をさせてくれる人が い た り し て、 東 京 か ら ツ ア ー を 何 度 か や ると、郡上は自然が残ってたり田園風景 み た い な ん だ け ど、 も と も と は 農 業 生 産 があっていいとこなのに人が減っている というのを目の当たりにしました。   で、 実 は 林 業 体 験 の NPO と か 自 然 体 験 の NPO と か や っ て る 人 た ち が 長 良 川 河口堰の反対運動をしている人たちだっ た の 。そ の 人 た ち が す ご く か っ こ よ く て 、 山の話をするとか自然体験とか愛知県か らいっぱい子供連れて行ってするんだけ ど、 た だ 遊 ぶ だ け じ ゃ な く て 農 作 業 と か 手 伝 っ て も ら っ た り、 郡 上 の 元 の 風 景 を 体 験 し て ほ し い と 思 っ て る わ け。 と こ ろ が耕作放棄地が増えてくると人が手入れ して管理してきた田んぼとか荒れて行っ てもともとあった風景がなくなっていく か ら、 そ う す る と 子 供 の 自 然 体 験 だ け じ ゃ な く て、 農 地 を 復 興 す る み た い な の を都会の人が関わりながらやるっていう の を や っ て い ま し た。 す ご く 地 に 足 を つ け て い て、 で も 問 題 意 識 は す ご く ま っ と うなものをもって実践をしている人たち が郡上にたくさんいるということを郡上 に 通 い な が ら 知 っ て、 す げ え か っ こ い い  夜は柳田國男や宮本常一も泊まったことの あるという歴史ある藤屋旅館で飲み会。平野 さ ん や 記 者 の 方、 和 歌 山 大 学 の 方 と 、 深 夜 ま で都市について議論して い ま し た 。  次の日は朝加工所で石徹白つぶもろこしを 食べさせていただいた後、平野さんにインタ ビューしました。また、平野さんの奥さんに はとても美味しい石徹白独自のご飯をいただ きました。ご馳走様でした。  皆さんで写真を撮らせていただいた後、お 昼頃再びバスに揺られて郡上白鳥駅に向かい ます。駐車していた車は完全に雪に埋もれて いました。  帰りは重伝建である郡上八幡に少しだけ寄 ることができました。また、駅舎が温泉施設 になっているという、みなみ子宝温泉で温泉 に浸かり、今回のインタビューや見学したこ とを振り返りました。その後は車で高速を走 り、真夜中過ぎてようやく大学に着き、この 社会科見学は無事終了となりました。 11

[close]

p. 12

と 思 い ま し た。 ま ち に い て そ う い う の が 課題だっていってるのと違って現場でそ ういうことを実践していくのがすごくい いと思ったわけね。  それで岐阜のメンバーで長良川流域持 続可能研究会っていう勉強会を始めたん だ け ど、 長 良 川 流 域 で 持 続 可 能 社 会 を 作 るにはどうすればいいか、将来的には天 然のあゆが戻ってくるようになるにはど うしたらいいかっていうのを始めまし た 。 そ れ で 岐 阜 N PO セ ン タ ー の 理 事 長 や地域再生機構の理事長をやってる人が きて、いろいろ教えてくれて、もともと 農 山 村 は 食 と か 農 山 村 が 自 給 で き た と。 高度成長期以降は外からものを買うよう に な っ た の で、 ト ラ ク タ ー が 入 っ て き た りとか手植えが田植え機に代わったりと か、 そ れ で エ ネ ル ギ ー が 必 要 に な っ て、 機械も車も電気も外から買うし、そうす ると燃料代とかエネルギーだけですごい 支 出 に な る と。 外 か ら も の を 買 わ な い といけない社会体系になって、地域が衰 退してきたという側面があって、エネル ギーとか食べ物を賄える分は地域で賄っ て地域からお金が流れ出ていくことを止 め る っ て い う こ と。 グ ロ ー バ ル で 持 続 可 能 社 会 を 実 現 し て い く こ と は 難 し く て、 そ れ も や ら な く て は い け な い け ど、 地 域 地域でそういう持続可能な社会を作ると いうことがトータルでグローバルな意味 での持続可能な社会を作ることにつなが る ん じ ゃ な い か と 考 え ま し た。 郡 上 だ っ たら水力発電をやろうということになっ て、いろんな地域に持ちかけてった中で 2007 年夏に石徹白にきました。 う の も そ う だ し 、 人 口 が 1/ 4 に 減 っ た と い う こ と も そ う だ し、 な ん か 面 白 か っ たのは自分の親世代の人たちがおじい ちゃんくらいの感覚があるというのが一 番 面 白 い と こ ろ で、 昭 和 40 年 代 ま で 冬 外に出れないみたいな地域だから、感覚 が 全 然 違 く て。 自 分 で な ん で も や る と い う か、 ち ょ っ と し た 大 工 仕 事 を 自 分 た ち でやるとか除雪とかもそうだし、木を切 る と か も そ う だ し、 な ん か 手 を 使 っ て な にかを作る感覚だったり歴史とか文化と か信仰に対する感覚とかもともとはどこ にでもあったけど失われつつある暮らし の知恵とか価値観をここの人たちはまだ 持 っ て い る と い う の が あ っ て、 そ う い う 人たちといろいろなことをやっていきた いなと思いました。   そ う い う こ と が あ っ て、 そ れ で こ こ に 住 も う と な っ た ん で す。 エ ネ ル ギ ー の 問 題は今後必ず問題がでてくると思ってい た の で、 エ ネ ル ギ ー を 一 つ 仕 事 に し よ う と。 自 然 エ ネ ル ギ ー を 仕 事 に す る と い う こ と と、 こ の 集 落 を 再 生 を す る と い う こ 石徹白 へ  それで 2007 年に石徹白に来て、手前 まで来たことあったけど奥があるとは知 ら な く て、 す ご い と こ だ な と 思 っ て。 水 力発電設置するっていうのをうちの嫁さ んが中心になってやっててそれについて き て 週 末 こ こ に 通 っ て た わ け よ。 そ し た らここがすごく面白い地域だということ が わ か っ て き て、 そ れ は 歴 史 が 深 い と い 帰る直前に、平野さんのご自宅前で集合写真 12

[close]

p. 13

自分が自分のまちを持てと いうことで探していた場所 はここだったん だと思った。 と の 二 つ を や っ て い こ う と 思 い 立 っ て、 自分が自分のまちを持てということで探 していた場所はここだったんだと思っ た。 そ れ で 2007 年 夏 に 来 た ん だ け ど そ の 半 年 後 に は 会 社 を 辞 め て い て、 そ れ で 岐 阜 に 戻 っ て く る こ と に し ま し た。 本 当はもう少し長いこと会社勤めするつも り で、 35 か ら 4 0 く ら い に 会 社 辞 め て 独立しようと思ったんだけど思ったより 早くその時が来て、僕はかつて挫折をし て た け ど、20 代 の こ ろ は 悩 ま し い 20 代を過ごしていて、将来どういうことを やろうかずっと考えていてなかなか結論 が 出 な か っ た と こ ろ が あ っ た。 や っ ぱ り 会社を辞めて事業を起こすとか田舎に飛 び込むというのはすごい特殊な人が出来 ることで勇気のいることだと思っていた わけで、そういうのは自分にはなかなか できないと思ってたの。で、ある時挫折 をしたという話をベンチャー経営者の集 まりでリクルート出身の人に聞いたら起 業は気負ってやるものではなくてやると きが来たら腑に落ちたってときが絶対あ るんだって言われました。だから無理や り決断をするようだと本物ではなくて自 分がなにかやろうと思うときは腹に落ち たときにそういう行動が起こせるんだと いうことを言われていて。石徹白に来て 仕 事 辞 め る と き は 本 当 に そ ん な 感 じ で、 新しいこと始める気持ちがそれまでは 10% く ら い だ っ た ん だ け ど、 い き な り 200% に な っ た み た い な。 だ ん だ ん 上 がってくるのかと思ったら、迷う余地が 全然なくてここに来るんだと思って仕事 やめてここにき た と 、 そういう感じです。  ここに来てからは個人事業として経営 コンサルをやっていこうと思っていたん だ け ど、 仕 事 や る う え で は 法 人 格 が あ っ た方が仕事しやすいということがあっ て、 地 域 再 生 機 構 と い う 休 眠 し て い た NPO が あ っ て、 そ こ の NPO を 引 き 受 け て、 自 然 エ ネ ル ギ ー の 導 入 や 調 査 の 仕 事 を 始 め て、 そ れ で 小 規 模 な 水 力 発 電 や 木質バイオマス導入の仕事を始めた。そ ういう仕事をやりながら石徹白に通って 水力発電を導入しながら地域づくりをす る っ て い う の を 始 め て。 な か な か 家 が 見 つからなかったのでずっと通ってたんだ け ど 、 2010 年 の 冬 に こ こ の 家 を 手 に 入 れ て 改 装 し て 2011 年 9 月 に 入 り ま し た。   最 後 に、 平 野 さ ん か ら 都 市 工 学 科 と 専 門 性・ 進 路 に 関 し て 以 下 の よ う な メ ッ セージを頂きました。 *  都市工学科特有の「専門性」や「思考 パターン」というのがある。それは、昔 も 今 も 、変 わ っ て い ないような気がする。 専門性にとらわれることは、創造性に欠 けることだと僕は思っている。専門性に とらわれることによって、発想の自由度 が狭くなってしまう場合がある。都市工 学科の持つ「専門性」は、ある場面にお い て は 、 と て も 力 を 発 揮 す る。 (まちが 持っている課題を解決する上で、都市工 学 科 の 持 つ ツ ー ル が、 パ チ ッ と は ま る 場 合がある)しかしながら、まちの課題と いうのはもっと多様だし、課題解決の手 段というのは無限にありうるわけで、専 門性や手法論にとらわれることによっ て、課題の本質を見失ったり、まちの人 たちの心に寄り添うことのできなかった り、本当の課題解決につながらなかった りする場合がある。  僕自身は学生の頃から、都市工学科と は違うコミュニティを持つようにしてい た。 ( ベ ン チ ャ ー 起 業 家 仲 間 や、 イ ベ ン ト 仲 間 や、 他 大・ 他 学 部・ 他 学 科 の 友 人 や、美大生 ・ア ー テ ィ ス ト・留 学 生 な ど ) そ こ か ら ま ち づ く り の こ と を 考 え る と、 思いもつかないような視点や発想が出て く る。 す る と、 自 分 が、 あ る 種 の 固 定 概 念 に と ら わ れ て い て、 自 由 な 発 想 が で き て い な か っ た と 気 づ く。 北 山 創 研、 経 営 コンサル、岐 阜 で の N P O 法 人 立 ち 上 げ 、 そ の 東 京 支 部 の 立 ち 上 げ、 そ し て、 岐 阜 に 戻 っ て き て か ら の 活 動( 石 徹 白 で の 活 動 、 自 然 エ ネ ル ギ ー の 活 動 ) の 中 で、 多 種 多 様 な 人 た ち と、 ま ち づ く り に 関 す る プ ロ ジ ェ ク ト を や っ て き た。 立 場 や 経 験 に よ っ て 、 着 眼 点 も 発 想 も 手 法 も、 ま っ た く 異 な っ て い た。 そ の と き ど き の 状 況 の中で、課題とメンバーの中から最適な 手法を選択するということをやってき た。これら の 経 験 の 中 で 、新 た な 発 想 や 、 新たな仕組 み づ く り を し て き た と 思 う 。   人 は 誰 し も、 そ の 所 属 し て い る 組 織 や コミュニティの発想や手法にとらわれが ち で あ る。 そ の よ う に な ら な い よ う に 、 下 記 の よ う な こ と を 心 が け て い る。 「ま ち の 課 題 や 構 造 を、 よ く 観 察 し て、 よ く 考えること」 「関係する人の声に耳を傾 け、 そ の 人 の や り た い こ と・ 得 意 分 野・ 心の底にあることを理解すること」 「自 由で柔軟な発想を持ち続けられるように 心がけること」 「多種多様なバックグラ ウンドを持った人たちとつながり、とも に取り組むこと」 「 固 定 的 な 手 法 論 や、 所 属 す る 組 織 の 立 場・ 発 想 に と ら わ れ す ぎないこと」  手法論や事例を学ぶことも大切である が、 手 法 や 事 例 が 生 ま れ て き た 背 後 に あ る「 哲 学 」 「姿勢」 「行動原理」 「メカニ ズム」がとても大切であると思う。たと え ば、 僕 の 小 水 力 発 電 導 入 を 軸 と し た 地 域 づ く り 活 動 に つ い て は、 そ の 表 面 的 な 手法を真似することはあまり意味がない と 思 っ て い る。 軸 と な る 専 門 性 を 持 つ こ と は と て も 大 切 で あ る が、 そ の 専 門 性 を 持 ち つ つ も、 自 由 で 柔 軟 な 発 想 を 持 ち、 課 題 の 本 質 を 見 極 め、 多 様 な 人 材 を 集 め て、 人 々 の 心 を 束 ね て プ ロ ジ ェ ク ト を 推 進 し て い く こ と の で き る、 「まちの課題 解 決 が で き る プ ロ デ ュ ー サ ー 的 人材 」が 、 都市工学科からたくさん巣立っていって ほしいと思っている。 13

[close]

p. 14

当日は B2 から M2 までの多くの学生で大盛り上がりでした What is the work of Design Firm? Report on Toshi-Talk, October 24th   去 る 1 0 /2 4 ( 金 ) に 初 の 試 み と な る と し と ー く が 開 催 さ れ ま し た。 「としとー く」は都市にまつわる様々な仕事に携わ る 方 々 を お 呼 び し て、 都 市 の 仕 事 を 知 る ことを目的としています。都市にまつわ る 仕 事 に は、 そ の 対 象 か ら 関 わ り 方 に 至 るまで様々なものがありますが、就職活 動 の 時 期 を 除 く と、 わ れ わ れ 学 生 が そ の 実務について知る機会は限れられている の が 現 状 で は な い でしょうか。  その第一回として設計事務所に勤務さ れ て い る 都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 O B/ O G の 伊 藤 雅 人 さ ん(H2 0 修 了 ・ 日 建 設 計 ) 、 鎌 形 敬 人 さ ん ( H 21 修 了・ 三 菱 地 所 設 計) 、 永 野 真 義 さ ん(H 23 修 了・ 日 本 設 計) 、 前 川 綾 音 さ ん(H 24 修 了・ 日 本 設 計) 、 矢 吹 剣 一 さ ん(H 24 修了・久米設計) の 5 氏 を お 呼 び し て、 様 々 な お 話 を お 聞 きしました。ここでは、会の一部をご紹 介いたします。 * ーまずは自己紹介をかねて、最近やって いる こ と に つ い て 教えてください。 矢吹:久米設計の矢吹です。都市デザイ ン 研 究 室 を 修 了 し て 3 年 目 に な り ま す。 入 社 2 年 目 に は、 オ リ ン ピ ッ ク の 施 設 の 14 基 本 設 計 を ず っ と や っ て ま し た。 今 の 都 市計画だと臨海部のオリンピック施設は 建 て ら れ な い の で、 ど の よ う に 都 市 計 画 を 変 更 し た ら 建 て ら れ る か、 と い う 検 討 をしていま し た 。 伊 藤: 日 建 設 計 の 伊 藤 で す。 私 は 黒 瀬 先 生 の 2 つ 下 で、 都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 を 08 年 に 修 了 し ま し た 。 今 7 年 目 で す 。 上海で歴史的な建造物を残しながら都市 開 発 を す る コ ン ペ が あ り、 日 建 設 計 が 2013 年 に 参 加 し て 1 位 を と り 、 今 は そ のつながりでまちづくりに向けて動き出 しています 。 鎌 形 : 三 菱 地 所 設 計 の 鎌 形 で す。 今 6 年 目です。5年目までは地所設計の都市開 発 マ ネ ジ メ ン ト 部 に い た の で す が、 今 年 から親会社の三菱地所に出向していま す。大手町の連鎖型再開発や四川省での 国 際 コ ン ペ、 横 浜 駅 周 辺 の 行 政 マ ス タ ー プラン作成 な ど に 関 わ っ て き ま し た 。 前 川 : 日 本 設 計 の 前 川 で す。 矢 吹 君 と 同 期で、都市計画群というところで働いて 今 年 で 3 年 目 に な り ま す。 広 島 の 人 口 4 万 人 の 都 市・ 府 中 市 で、 道 の 駅 に よ る ま ち を 活 性 化 の 仕 事 を や っ て い て、 そ れ に併せてマスタープランを作成したこと が印象に残 っ て い ま す 。 永 野: 日 本 設 計 の 永 野 で す。 僕 は 今 、 都 市計画ではなくて建築設計の仕事をして い ま す。 入 社 し て か ら、 藤 沢 の ス マ ー ト タ ウ ン の 配 置 計 画 や 刑 務 所 の 詳 細 設 計、 東京日本橋の再開発事業などに関わって き ま し た。 刑 務 所 の 設 計 は お も し ろ か っ たですね。 ー今の設計事務所に入社を決めた理由は 何ですか? 矢 吹: 久 米 設 計 は 人 数 が そ こ ま で 多 く な く、 い ろ い ろ な 分 野 を 横 断 的 に や ら な く てはいけないところがあります。そこに 魅力を感じて決めました。 鎌 形: 正 直 な と こ ろ は、 同 期 の つ て で た またま OB 訪問ができて、 気 づ いた ら 入 っ て い た み た い な と こ ろ が あ る ん で す が、 よ く よ く 考 え て み る と、 エ リ ア の ま ち づ くりと単体のプロジェクトをちゃんとつ な い で い く、 み た い な こ と が や り た か っ た の だ と 思 い ま す。 三 菱 地 所 設 計 は 大 丸 有 や MM21 を や っ て い て、 こ こ な ら エ リアのことを考えてそれを建物に落とし ていくことができるのではないかと思い ました。 永 野: 設 計 と 開 発 で ど っ ち を や ろ う か 迷 っ て い た ん で す け ど、 就 活 を や っ て い

[close]

p. 15

るうちに設計のほうがいいのかなと思い 始めました。で、設計で一番楽しそうな のが日本設計かなと思ったんですね。日 本設計にはチーフアーキテクトでチーム を つ く っ て、 チ ー ム 単 位 で 設 計 し て ま す よということだったんです。5~6年で チームを移っていくのですが、いろいろ な人の設計を吸収できるのかなと思い決 めました。 ー ど の よ う な ひ と が 向いていますか? 伊藤:日建設計っていうのは、日本の組 織設計事務所の中で一番規模がでかいん で す よ。 規 模 が で か い っ て こ と は 仕 事 量 が単純に多い。仕事も多様で、自分が成 長できるチャンスがたくさんあるんじゃ ないかと思ってました。人数も多いので 多様な人が働いています。都市計画の人 を と っ て も、 今 150 人 く ら い い る の か な。なので、こういう人が日建に向いて いるというのは特には無いと思うんです が、特徴的なのはエネルギッシュな人が 多 い で す よ ね。 仕 事 で も 仕 事 以 外 で も、 1 0 0 % 楽 し ん で や る と い う か。 チ ャ ン ス は色々なところに広がっているので、こ れもやりたいしあれもやりたいという人 に は 良 い と 思 い ま す ね。 永 野 : 確 か に そ う 思 い ま す。 僕 も OB 訪 問 し て、 黒 瀬 さ ん だ っ た ん で す け ど 、 こ れ は 暑 苦 し い な と ( 笑) ー 女 性 の 職 場 環 境 は どうですか? 前川:定時に終わって帰るというスタイ ルの仕事ではないですよね。お客さんを 相 手 に し て い る の で、 夜 電 話 が か か っ て く る こ と も あ り ま す し。 た と え ば、 お 迎 えに行かなきゃいけないような状況に なったら、何時に行くんだろうと思うこ とはありますね 。 永野:産休・育休はしっかりしているよ ね。それ以外は女性はしんどいかもしれ ないよね。 伊藤:最近そのことについてよく考える ん で す け ど、 設 計 事 務 所 だ か ら 10 時 11 時までやって当たり前っていう風潮があ る以上は、本当に男女平等に機会が与え ら れ て い る と は 言 え な い で す よ ね。 海 外 と か の 事 務 所 を 見 て い る と、 女 性 が ト ッ プ み た い な と こ ろ が 結 構 あ る ん で す。 で 制 度 は し っ か り し て き て る ん で す け ど、 本質はそういうことじゃないと思いま す。 ー都市計画系で 何 人 く ら い い ま す か ? 鎌 形: う ち の 都 市 計 画 部 門 は 14~15 人 で 、 あ ん ま り 人 が 多 く な く て、 都 市 全 体 を 描 く よ う な U r b an Pl anni ng か ら ビ ル 単 体 の Proj e c t C o ns u l ti ng み た い な と ころまで、一つの部署がすべてやってい るところに特徴 が あ り ま す ね 。 伊 藤 : そ れ 結 構 す ご い こ と で す よ ね。 日 建 は 150 人 く ら い い て 、 人 に よ っ て は 入 社してからずっと同じようなことをやっ ている。人数が 多 い の も 善 し 悪 し か と 。 矢 吹: 久 米 設 計 の 都 市 計 画 は 30 人 く ら い で す。 地 所 設 計 と 同 じ よ う に 少 数 で 色々やってます 。 前 川: う ち は 都 市 計 画 群 と い う 単 位 で は 70 人 ぐ ら い か と 思 い ま す 。 そ の う ち 半 分 が 再 開 発 を や っ て い る 人 で、 残 り の 30 人 で そ の 他 の 仕 事 を や っ て い る と い う 感 じ で す。 ち な み に、 女 性 は 1 割 も い ないくらいです。 ー「 こ こ だ け は 変 え た い!」 と い う 都 市 空間ってありますか? 鎌 形: ハ ー ド の 話 で は 全 く な い の で す が、 会 社 に 入 ろ う と し た と き か ら 、 容 積 率の次のインセンティブを考えたいと 思 っ て い ま す。 大 都 市 っ て ど ん ど ん 超 高 層 が 建 っ て る じ ゃ な い で す か。 あ れ っ て 超高層にしたくてしているのでは無いも の も 、相 当 多 い 気 が し て い る ん で すよ ね 。 な素敵なまちになるんです」っていうこ と で あ れ ば 良 い こ と な ん で す け ど、 「た またま容積もらっちゃったから高くなり ます」ってのはおかしいんじゃないかっ て。 伊 藤: い ま ビ ル を 建 て 替 え る と き に 、 た と え ば 容 積 率 600 % を 1000 % に し な い とお金が回らないってのが現状なわけ で す け ど 、 30 年 、 40 年 、 50 年 経 っ て 、 1000 % に し た ビ ル を ま た 立 て 替 え た い っ て な っ た と き に、1400 % に す る の か っ て 話 な ん で す よ ね。 そ れ で 人 が 入 る の か っ て。 日 本 全 体 で シ ュ リ ン ク し て い く わ け だ か ら、 本 当 に 容 積 率 で な い 何 か が必要ですよね。 * 次回のとしとーくは4月の開催を予定し ております。奮ってご参加ください。 (編集・M1 中島) 、 「こん も、 日 本 で は あ ん ま り 無 い ん で す よ ね 。 「 超 高 層 の ま ち に し た い ん で す 」 12 月のウェブ記事 第 2 回 20 世紀都市遺産セミナー開催! 第二回、第三回神田勉強会ー「住」と「衣」 A w o rksh o p a n d tw o semin a rs w it h t h e title ‘ V ita l U rb a n S pa ce s ’ in S a n tia go d e C h ile ICCL – International Competition for Cultural Landscape by D iv isio n f o r C o n serv a t io n o f Herita ge S ites ( D C HS ) , B h ut a n オランダ便り2 中間発表会に向けて n ew memb er in tro d uc tio n : J o ã o S ilv a L eite 1 月の予定 1月9日 1 月 25-26 日 是非ご覧下さい:h t t p : / / u d. t . u -t o k yo . a c . j p / j a/b l o g / 研究室会議 大槌訪問 編集後記 ▲ 各 々 の 修 士 論 文・ 修 士 設 計 と と も に( 左 か ら 矢 吹 さ ん、 大 熊 さ ん ( 懇 親会より参加!) 、前川さ ん 、 鎌 形 さ ん 、 伊 藤 さ ん 、 永 野 さ ん ) 今川 高嶺   平 野 さ ん 、こ の 度 は 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。 石 徹 白 社 会 科 見 学・平 野 さ ん イ ン タ ビ ュ ー の 中 で 、 風 の 人 か 土 の 人 か 、 専 門性とは等、多くのことを改めて考えさせられました。 15

[close]

Comments

no comments yet