magazine222(new)

 

Embed or link this publication

Description

magazine

Popular Pages


p. 1

2014.10.28 vol. 222 異 V I S I 国 T I N G の A F O 都 R E I G 市 N C I へ T Y 杭州で超満 員 の 講 義   p . 2 The Urban Desig n Family a s a T ree  p . 6 9/27-9/29 研究室旅行 i n 杭 州   p . 4 ちょっ と 寄 り 道   p . 8 東京大学 工学部都市工学科/ 工学系研究科都市工学専攻 都市デザイン研究室 編集長: 高梨 遼太朗 http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/ 編集委員:道喜 開視 原 由希子 今川 高嶺 柄澤 薫冬 柴田 純花 高橋 舜 中島健太郎 益邑 明伸

[close]

p. 2

階段や地面にも多くの学生が座る西村先生の講義 杭州で超満員の講義  恒例の研究室旅行の今年の行き先は研 究 室 OG の 傅 舒 蘭 先 生 が い ら っ し ゃ る 中 国 の 杭 州 で し た。 こ の 号 で は そ の 様 子 を お伝えしていきます。まずは、中国美術 学院で西村先生が行い、傅先生が逐次通 訳した講義の質疑応答の様子をお送りし た い と 思 い ま す。 講 義 の 内 容 は 飛 騨 古 川 の ま ち づ く り で、 住 民 の 観 光 化 さ れ た 街 に し た く な い と い う 思 い を 尊 重 し、 長 い時間をかけて住民本位のまちづくりを 行っていったというものです。この質疑 応答には中国の学生の生の感想や西村先 生の熱い思いがつまっていて文化や考え 方の共通するところや違いを実感できる の で は な い で し ょ う か。( 質 問 の 和 訳 は 今秋から研究室に加わった特別研究学生 の 高 さ ん に 手 伝 っ てもらいました。) *  古川はリノベーションをして観光客が くるようになったという理解ですが、先 生の観光促進の方法論や経験を教えてい ただけますか。   ス タ ー ト し た 時 に 高 山 は 200 万 人 く ら い 観 光 客 が 来 て い て 古 川 が 10 万 人 く ら い で し た 。 今 は 高 山 は 300 万 人 く ら い で こ こ は 4 0 万 人 く ら い で す。 増 え て い 2     西 村 先 生 、 中 国 美 術 学 院 で 熱 弁! Professor Nishimura Lectur e s abo ut t he Machi duk ur i o f J ap an る け れ ど も、 変 化 と し て は そ れ ほ ど 急 激 ではないのでいろいろなことが対応でき る 。 地 元 の 人 に そ ん な に 不 満 は な い。 地 元の人も住んでいる人が良いようにやる の が い い と 最 初 か ら 思 っ て い た の で、 そ の よ う に 動 い て い ま す。 で も 結 果 的 に はすこしずつ観光客が増えていると食べ 物 屋 な ど も 増 え て い る し、 そ れ は 自 分 た ち の 選 択 肢 も 増 え る の で、 住 民 も 今 ハ ッ ピーにな っ て い ま す 。    2 つ の 質 問 が あ り ま す 。 1 つ 目 は 建 築 に 関 し て で す。 設 計 ・ 施 工 は 自 分 で 行 っ て い る か、 業 者 に 頼 ん で い る の で す か。 全 部 一 緒 に お こ な っ て い る の か、 ま た は ル ー ル が あ る の で す か。2 つ 目 は 大 工 は 招いたりなどはしているのかということ です。そういう人材を育てるためにどう いうこと を や っ て ま す か 。  1 番 目 の ル ー ル で す け ど 、 こ こ ら 辺 の 建 物 は 見 て も 分 か る よ う に、 間 口 が 狭 く て 奥 行 き が 大 き い わ け で す。 雪 が ふ る の で間を開けて建てるとそこに雪がつもっ て し ま う の で、 ピ ッ タ リ 建 物 を く っ つ け て建てるという意味では当然ながらルー ル が あ り ま す。 た だ 何 も や ら な い と こ の よ う に 下 が っ て 建 っ て し ま う の で、 駐 車 場 を 作 る た め に ね。 そ う じ ゃ な く て、 こ こ は そ ろ え て 建 て て、 駐 車 場 は 別 の と こ ろに作ってほしいというのをお願いして い て、 こ れ は 守 っ て く れ る と こ ろ も あ れ ば、 な か な か 守 っ て く れ な い と こ ろ も あ る。   2 番 目 の 大 工 さ ん で す け ど も、 大 工 さ んに関してはここは大工の技術が高いと いうことで日本の中でも有名なところで すけども、それでも最近まで大工になり たいという人が非常に少なくて自信を 失っているという状況がありました。だ から我々の調査も大工さんが自信を持っ てくれることをたくさんやったわけです ね。 そ れ は 雲( 軒 先 の 木 口 に 独 特 の 装 飾 を 施 し 白 く 塗 っ た、 そ の 家 を 建 て た 大 工 の サ イ ン の よ う な も の。 ) を 調 べ た り、 ミ ュ ー ジ ア ム を 提 案 し た り。 こ れ は 大 工 さんの技術を褒めるというためのもので す 。最 近 は 少 し ず つ 、 そういうことがあっ て か も し れ な い け ど、 状 況 が 変 わ っ て き ていて大工さんを希望する人が段々増え て き て い る 。 こ の 10 年 く ら い 日 本 の 若 い人たちの感覚が変わってきていて大工 さんのような手仕事をやったり、農業を やりたいという人の数は増えてきている ん で す よ ね 。で す か ら そ う い う 意 味 で は 、 非常に大きく今若い人たちの感覚が変わ りつつある時代だと思います。

[close]

p. 3

” 私がそもそもこういうこと を学生時代やり始めたときに は、 ま さ に 今 の 中 国 み た い な 状 況 だ っ た か ら、 誰 も こ う い うことをやろうという人はい なかった。”   杭 州 で は 南 宋 御 街、 河 坊 街 な ど の 街 が 歴史的町並みで有名です。しかし、現在 観光客が来すぎて元々の雰囲気がなく なってしまっているように思います。観 光客が増えすぎないために先生がやって い る こ と な ど は あ り ますか。   特 に 問 題 が あ っ た の は、 こ の 状 態 で す ね。( に ぎ わ っ て い る 店 先 の 写 真 を 映 す ) これはあるテレビ番組が半年間ここ の建物が主人公であったのですごくお客 さんが来たという非常に大きな問題があ りました。ここの店はろうそくを手作り で作っている伝統的なお店なんですけれ ど も、 普 通 考 え た ら こ の よ う な こ と が 起 こったら、店を増しお客さんにたくさん 送ろうと思うんだけれども、この店はこ れじゃあ仕事にならないということで表 にその人が出なくなって、お客さんがそ んなに来なくなるまで仕事を休んだんで す 。 ( 会 場 か ら 笑 い 声 、そしてざわつき )  考え方は長く安定してずっと続ける方 が良いと、あるときに大きくして投資を し て、 上 手 く い か な か っ た ら そ の 先 に リ ス ク が あ る。 そ う い う 風 に 考 え て い る 人 た ち が 多 い ん で す ね。 お そ ら く そ れ は 日 本 人 と 中 国 人 が 結 構 違 う と こ ろ で、 日 本人は大きくしたいという人もいます けど、安定して長くやる、そして次の世 代に安定した仕事を残すことが大事だと 思っている人がそれなりにいるんですよ ね。   W i k iped ia っ て あ り ま す よ ね。 W i k i p ed ia で ”Old es t Co mpany” と い うのを聞くと世界の古い会社のランクが 出 て い る ん で す ね。 そ の 中 の ベ ス ト テ ン の う ち の 7 社 が 日 本 の 会社なんですね。  だからここも一軒観光客向けの店がで き た け れ ど も 他 は で き て な い ん で す ね。 なのであまりそういうことに飛びつくの は良くないという感じの人が結構多いん で す ね。 そ れ は、 ち ょ っ と 感  覚 が 違 う か も し れ な い。 つ ま り そ う い う こ と を や る と、 は し た な い と 周 り か ら 思 わ れ る の が 嫌 だ と い う 人 が い る。( 会 場 か ら 笑  先生は日本でこの30年間の話をして いますが、日本の経済はそんなに動いて な い よ う に 思 い ま す。 そ の よ う な 中 で は 旅行者が増えることがそれほど望まれて い な い の で は な い か と 思 い ま す。 そ れ に 対して中国は現在は経済が成長していま す。お金が稼げない開発は考えにくいで す。  また中国においては基本的に保全活動 は 政 府 主 導 で 行 わ れ て い て、 住 民 は 歴 史 の 価 値 に 気 づ い て な く、 住 民 自 発 の 運 動 はありません。  はい、その問題は大きな問題としてあ り ま す 。 た だ、 そ れ は 全 部 の 建 物 を コ ン クリートで固めてしまうというのではな く て 、 大 き な 道 を 何 本 か 作 っ て、 そ こ ま で 消 防 車 は 来 て、 そ こ か ら ホ ー ス を つ な い で 消 火 に あ た る と。 そ れ に 消 火 栓 も た く さ ん 置 く と い う こ と で、 も う 少 し 面 と し て 考 え る。 一 個 一 個 の 建 物 を 完 全 に 燃 え な い も の と す る の で は な く て、 面 と し て消火活動を素早くするという考え方で す。  それでもやはりこれ以上密度があがる と防火建築を作らないといけないという ル ー ル が あ る ん で す け ど も、 こ こ の 街 の 場 合 は こ こ は 容 積 率 は 300 % で あ っ た の ね。 容 積 率 が 300 % だ と 日 本 の ル ー ル で やはり防火地区ということで防火建築を 作らないといけないというルールがある も の で す か ら、 彼 ら は 容 積 率 を 200 % に 下げて木造でも良いというルールで自分 たちの持っている容積率の権利を下げま し た 。 確 か に お っ し ゃ る よ う に、 こ れ 以 上密度が高いとこのような問題は常にあ る。  192 0 年 代 に 東 京 で 大 震 災 が あ っ た と 思 い ま す 。 道 が 狭 い 日 本 で、 消 防 車 が 入 れないなどはまちづくりの時にはどのよ う な こ と や っ て い ま す か? 火 に 弱 く な い のですか。   あ の、 言 っ て お き ま す け ど 、 我 々 の 入 っ た と き に は 1984 年 な の で 日 本 の 経 済 は 上 向 き で し た。 日 本 の バ ブ ル 崩 壊 は 1 9 91 年 な の で 、 ま だ ま だ こ う い う と こ ろ に 経 済 の 圧 力 が あ っ て、 ず っ と 安 定 し て い た わ け で は な い ん で す ね。 そ れ に 先 ほ ど の 質 問 に も あ っ た よ う に、 や っ ぱ り 木造は火災に危ないのではないかという ことで変化のプレッシャーというのはす ご く 強 い わ け で す。 そ れ は ず っ と 昔 か ら そうです。ですから大変難しかった。  私がそもそもこういうことを学生時代 や り 始 め た と き に は、 ま さ に 今 の 中 国 み た い な 状 況 だ っ た か ら、 誰 も こ う い う こ とをやろうという人はいなかったし、す ご く 少 数 派 で し た。 だ か ら 私 が 学 生 の 時 に日本がそんなにスローダウンすると 思 っ て な か っ た し、 誰 も 思 っ て い な か っ た の で、 そ う い う 時 代 だ っ た ん で す ね。 中 国 も 同 じ だ と 思 う。 皆 さ ん 今 す ご い 伸 びていると思うかもしれないけど、どこ かでいろんな変化が起こるんです。必ず どこかで経済がスローダウンして、それ は 良 い こ と な ん で す。 そ れ は 皆 の 生 活 が豊かになることが実感できる世界にな る の で、 い い こ と な ん で す ね。 そ う い う 時 代 は 必 ず 来 る し、 そ れ は な か な か そ の 真 っ 最 中 に い る と 予 測 で き な い ん で す。 我 々 19 9 0 年 に 来 年 バ ブ ル が は じ け る と い う 時 に、 そ の 時 で も や っ ぱ り 土 地 ( の 価値 ) は絶対この先永遠に上がり続ける と思ってた人がほとんどだったんですか ら。   時 代 は 変 わ る ん で す。 私 は 自 分 の 時 代 が 必 ず 来 る と 思 っ て 信 じ て、 そ れ で 仲 間 を 増 や し て 行 っ た ん だ か ら、 ど れ だ け 自 分が信念を持ってやれるかにかかってい るんじゃないかと思います。 以 上 です 。  ( 盛大な拍手 )    3 い)   そ の よ う な 経 済 成 長 中、 政 府 か ら の ト ッ プ ダ ウ ン で の 成 功 は あ り え ま す か。 どこか成功しているケースはあります か。 成 功 し な い と 思 わ れ る 場 合、 な ぜ 成 功しないと考えますか。

[close]

p. 4

9/27-9/29 研究室旅行 in 杭州 Lab Trip on 27 Sep.-29 Sep. in H ang Z hou  9 月 27 日 か ら 9 月 30 日、2 年 ぶ り の 研 究 室 旅 行 が 行 わ れ ま し た。 今 回 は 学 生 11 名 と 4 人 の 先 生 方、 総 勢 15 名 で 中 国 ・ 杭 州 を 訪 れ ま し た 。 今 回 滞 在 す る に あ た っ て、 当 研 究 室 O G で 現在は浙江大学の助教をされている傅先生がプランのコーディ ネ ー ト を 行 っ て く だ さ り ま し た。 ま た 浙 江 大 の 学 生 達 は 流 暢 な 杭州1日目は宿泊予定のホテル で 浙 江 大 の 方 々 と 合 流 し た 後、 バスに乗って杭州の都市計画博 物館を訪れました。館内には杭 州都市部全体の模型が展示され ていた他、まちの形成過程や今 後の整備計画について事細かな 解説が展示されていました。 ▲都市計画博物館   ▲夕食で出たトンポーロウ   日本語と英語で非常に分かりやすいガイドを務めてくれまし た 。 現 地 で 様 々 な 文 化・建 築・人 々 の 生 活 に 触 れ る こ と が で き 、 一 同 大 満 足 の 旅 行 と な り ま し た。 傅 先 生 は じ め 浙 江 大 学 の み な さま、本当にありがとうございました。 9/27(S a t) Today's schedule 都市計画展覧館ー銭江新城ー 知 味 観 ( 高 銀 街 店 )ー河坊街 9/28(Su n ) Today's schedule ( A 班 ) 小河直街歴史エリアー拱宸 橋ー橋西歴史エリアー工芸美 術館ー旧日本租界ー杭州百貨 大楼ー浙江大学紫金港キャン パス 2 日目午後に訪れた杭州百貨大 楼の最上階からは、開発の進む 杭州の様子を一望することが出 来 ま し た。 ま た そ の 後 訪 れ た 浙 江大学では、日頃我々が取り組 ん で い る PJ の 活 動 報 告 を 行 う 機会があり、先生方が発表され た 他 に ル ン ビ ニ PJ と 佐 原 PJ の 学生が英語で発表を行いまし ▲ 小 河 直 街 歴史エリアにて   た。 ▲佐原 PJ 発表の様子   9/29(M o n ) Today's schedule ( A 班 ) 西湖ー北山路と宝石山ー湖浜 路ー浙江大学玉泉キャンパ スー中国美術学院象山キャン パス 3 日目午前中は世界遺産である 西湖を訪れました。西湖周辺は 建造物の高さ規制が面的に設け られており、高層ビルが乱立し ていた杭州都心部とは違った風 景を目にすることができまし た。一方で湖の後背地には一際 目 を 引 く 軍 関 連 の 施 設 が 見 え、 中国の政治的な部分での複雑さ を改めて実感しまし た 。 ▲世界遺産・西湖   ▲中国美術 学院内の建物 番外編 M1&M2、前後で上海・黄山 へ   今 回 は M1 と M2 の 学 生 が 前 乗 り し て 上 海 を 訪 れ ま し た 。 上 海 で は 超 高 層 建 築 が 立 ち 並 ぶ 外 灘 地 区 や、 か つ て 世 界 で 3 番 目 の規模の食肉処理場として使われていた施設をリノベーション した 上 海 1 93 3 などを見学しました。  M1 は さ ら に、 杭 州 で の 旅 行 を 終 え た あ と 黄 山 へ。 黄 山 で は 文化遺産と自然遺産の複合遺産である風景区などを見学しまし た。 上 海 ・ 黄 山 旅行の詳細は 8 ページをご覧下さい。 ▲上海・外灘地区 ▲黄山風景区の様子  4 ( 編 集 : M1 高 橋 )

[close]

p. 5

研究室旅行を終えて − M1 か ら の 報告− A C om m ent After the Lab Tr i p 2 人 に 感 想 を 聞 き ま した。        -Report from M1-   浙 江 大 学 の 方 々 の 丁 寧 な ガ イ ド も あ り 、 得 る も の の 多 い 研 究 室 旅 行 と な り ま し た 。 今 回 メ イ ン で 訪 問 し た 杭 州 に つ い て 、M 1 の M1:中島健太郎   Kentaro Nakajima  杭州滞在2日目は、京杭大運河と運河沿いに広がる保存区を 訪 れ ま し た 。 京 杭 大 運 河 は、 北 京 と 杭 州 の 中 国 の 南 北 の 都 を つ な ぐ 総 延 長 1 97 4 km の運河であり、掘削の始まった春秋 時 代 か ら 2500 年を超える歴史を誇る、世界最大にして最古の人口運 河 で す。2014 年 の カ タ ー ル に て 開 催 さ れ た 世 界 遺 産 委 員 会 に て 世 界 文 化 遺 産 に も 登 録 さ れ て い ま す。 柳 並 木 や 遊 歩 道 と い っ た 運 河 沿 い の 整 備 は 進 ん で き て い る 印 象 で あ り、 水 面 と の 距 離 M1 : 滝 澤 暢 之   N o b uy uki Taki zaw a  上海発の列車から降り立った杭州駅がいかにも地方都市の駅 といった風情が漂っていたのとは裏腹に、実際に街を巡ってみ ると杭州はかなりの大都市。何よりも驚いたのは街のスケール 感で、地図を眺めた時に想像した数倍の大きさがあったのには 面食らいました。広大な土地に高層マンション群が次々と建設 さ れ て い る 光 景 は ま さ に 『 30 0 万 人 の 現 代 都 市 』 の 実 写 版 と いった具合で、こんな都市が至る所にある中国恐るべし…とい ▲ 中 国 国 旗 が 映 え る まちなみ   ▲小河直街歴史エリアの一風景   の非常に近い建築物は、運河と密接に繋がっていたであろう暮 らしを想起させました。  水上物流により古来より発展した町並みが数多く残る運河沿 い は、 指 定 保 存 地 区 と し て 歴 史 的 な 町 並 み の 保 全 が 進 め ら れ うのが一番率直な感想です。しかし一方で古い街並みや工場群 と い っ た 建 築 遺 産、 都 市 遺 産 の 保 全 に は 思 っ て い た 以 上 に 積 極 的で、 ま た 周 囲 に 合 わ せ た 歴 史 的 景 観 地 区 を “ 新 た に 作 り足 す ” という手法は賛否両論は分かれそうですが日本とは大きく異 ▲ 生 活 の 見 える風景   ▲西 湖の様子   て い ま し た。 国 慶 節 の 前 と い う こ と も あ り、 掲 揚 さ れ た 国 旗 の 赤 が 差 し 色 と な っ た 町 並 み は、 非 常 に 美 し い も の で し た 。 日 本 ですとこういった保存地区は地域の人々の暮らしと分けられた テ ー マ パ ー ク 的 な も の に な り が ち で は あ り ま す が、 こ こ で は 洗 濯 物 が あ ち こ ち で 干 さ れ る な ど 生 活 感 が 表 出 し て い て、 日 本 と 中 国 の 違 い を 感 じ ま した。 なっており興味深い点でありました。  ちなみに噂の大気汚染は想像以上に深刻でしたが、西湖の風 景は透き通った青空よりも案外あれぐらい霞んでいるほうが山 水画のようでそれらしいかな、と思ってしまうあたり、ある意 味 全 て を ひ っ く る め て 現 代 中 国 の “ 文 化 的 景 観 ”(?) と 言 え るのかもしれません。                                         ( 編 集 :M 1 高 橋 ) 5

[close]

p. 6

The Urban Design Family as a Tree 1本の木で表される都市デザイン 研 究 室   T he l ab t rip t his year was planned and executed by P r o f . F u w h o i s a g r a d u a t e o f t h e l a b o r a t o r y. T h e U r b a n D e s i g n L a b . t e n ds to visit the graduates of the lab. for the lab tr i p s , w h e r e we can experience cities to a depth that would have been d i fficult without the support. Prof. Nishimura used t h e w o r d s “extended family” to describe this network of the laboratory i n a l ecture at Zhejiang Univ.  Assistant Prof. Chris, who knows well of the laboratory system and other systems well, explains the peculiarities of these “extended families” and what we should keep in mind w hen being a part of them.     今 回 の 旅 行 は 研 究 室 の OG、 傅 先 生 の 企 画 の ス ケ ジ ュ ー ル で 行 わ れ 、 傅 先 生 と 先 生 の 生 徒 が 案 内 を し て く れ ま し た。 都 市 デ ザ イ ン 研 究 室 で は そ の 卒 業 生 の い る 国 に 旅 行 す る こ と で、 個 人 で旅行をしても体験することができない体験をすることができ ま す。 こ の よ う な 研 究 室 の OBOG か ら な る ネ ッ ト ワ ー ク の こ と を西村先生は、研究室旅行2日目の浙江大学の講義 に お い て ” Ex t e n de d F am i l y” と い う 言 葉 を 利 用 さ れ て 説 明 さ れ て い ま し た。   こ の 表 現 に 感 銘 を 受 け、 他 国 の 研 究 体 制 に も 精 通 し て い る ク リス先生から日本の研究室の持つ意味やどういう意気込みであ る べ き か な ど に つ いてお言葉をいただきました。 * 6 Assistant Prof. Christian Dimmer  The laboratory system is a core component of graduate education in Japan. It is a very unique and peculiar feature that does not exist in the same form at American, European o r A s i a n u n i v e r s i t i e s , w h e r e s t u d e n t s a r e n o t a ff i l i a t e d w i t h one particular teacher; one line of thought. In a laboratory practice and education are closely interlinked; students and t e a c h e r s a r e l e a r n i n g t o g e t h e r b y d o i n g r e a l - w o r l d pr o j e c t s .  The laboratory system can be understood as an extended f a m i l y, w i t h a l l t h e p a s t a n d f u t u r e t e a c h e r s a n d s t u d e n t s b e i n g p a r t o f a n e v e r e m e rg e n t f a m i l y t r e e .   I n t h e c a s e o f t h e U r b a n D e s i g n L a b o r a t o r y, w h o e l s e c a n claim to be part of a ‘family line’ that goes back to influential f i g u r e s l i k e K e n z o Ta n g e , E i k a Ta k a y a m a , S a c h i o O t a n i , S a d a o Wa t a n a b e , Yu k i o N i s h i m u r a , o r Ta k e r u K i t a z a w a ? H o w comforting it is, not to be doomed to start from scratch and instead stand on the shoulders of such giants; to develop new ideas by drawing on the wealth of previously developed experience and skills? How reassuring it is not to be left alone; always able to turn to other members of the family for advice?   As every coin has two sides so also family life is not eternal s u n s h i n e . B e i n g b o r n i n t o l a r g e a n d n o t a b l e f a m i l y, i t i s a s much a privilege as much as it is an obligation. Being in the same family line with giants the pressure can be significant.

[close]

p. 7

2 1 3 4 1 西湖を案内する 傅 先 生 と 西 村 先 生 、 同 済 大 学 の 張 松 先 生 。 2 中国美術学院で講演される西村先生と通訳をされる傅先生。 学生からは質問が 相 次 い だ 。 3 浙江大学紫金港 キ ャ ン パ ス に て 浙 江 大 学 の 方 々 と 集 合 写 真 。 4 小 河 直 街 歴 史 エ リ ア に て。 旅 行 中 は 国 と い う 垣 根 を 越 え て   互いの研究室の取 組 み に つ い て 活 発 な 意 見 が 交 わ さ れ た 。 Do I measure up to urban design pioneers like Kenzo Ta n g e , w h o b u i l t u p t h e w h o l e d i s c i p l i n e o f u r b a n d e s i g n i n J a p a n a l m o s t s i n g l e - h a n d e d l y ? Wi l l I g e t a n y w h e r e c l o s e t o Ta k e r u K i t a z a w a , w h o h a s a c t i v e l y s h a p e d t h e e m e rg e n c e o f Yo k o h a m a C i t y a s a n u r b a n d e s i g n c a p i t a l f o r d e c a d e s ? H o w t o b e c o m e l i k e Yu k i o N i s h i m u r a , w h o i s s k i l f u l l y s p r e a d i n g urban design and preservation ideas across East Asia and i n s p i ri ng a growing n etwork of experts and activists? In s h o r t , w h a t w i l l b e m y o w n c o n t r i b u t i o n t o t h e f a m i l y t r e e ? Wi l l I b e e v er able to m eas ure up; to become a useful and re s p e c t e d m e m ber?  Over the years the family tree has grown, with ever new limbs branching off to other universities, institutions and to other parts of world. Like a tree, this living and growing urban design network is infused with the original ideas and values from the roots, but on the other hand, these branches a r e a l s o f e e d i n g b a c k t h e e n e rg y t h a t t h e y g e n e r a t e t h r o u g h p h o t osynthesis, and thus re-energise the whole tree.  Rather than being static and immutable, this living family t r e e t h a t h a s g r o w n o u t o f t h e w o r k o f K e n z o Ta n g e a n d i t h a d t o res pond to the different challenges of the day: c a r v i n g out pedestrian space in the 1970s, making urban design more pluralistic in 1980s, preserving what was left of the cities’ built heritage in the 1990s and developing new tools for a highly differentiated, matured, post-growth society after 2000.   A tree is only as strong as it is able to tap into new nutrients and broaden its roots; as long as it stays flexible to bend its branches in strong winds. By inviting in new family members from different disciplines and backgrounds, entirely new kinds of skills and knowledge are grafted to the tree; making it more diverse, more colourful, and more strong.   A t r e e g r o w s e v e n s t r o n g e r i f i t h a s n ’t h a v e t o s t a n d o n i t s own, if it is part of a healthy, thriving and diverse eco-system. By spurring its seeds far and wide and by enriching its own D N A w i t h t h o s e o f o t h e r e q u a l l y p r o u d t r e e s , a b u rg e o n i n g , l a v i s h f o r e s t i s g r o w i n g ; f u l l o f d i ff e r e n t o l d a n d n e w t r e e s ; needle trees and and leafed trees; of high and low growth.   To l e a v e o u r m e t a p h o r b e h i n d : I n o r d e r t o m a k e o u r cities better in a time of growing counter market pressures, worsening environmental challenges, severe demographic, economic, and socio-cultural transformations, it is important t o b e r o o t e d i n s t r o n g v a l u e s , l i k e t h e f a m i l y t r e e . We m u s t branch out and connect to others. Only if we collaborate with many others from different disciplines, can we hope to succeed to make more liveable, loveable, sustainable, m e m o r a b l e c i t i e s f u l l o f d i v e r s i t y a n d e n e rg y.               ( 編 集 :M 2 高 梨 & M 1 高 橋 ) 7

[close]

p. 8

ちょっと寄り道 Visitin g Places on the Way to and f rom H ang Z hou  研究室旅行の前後では多くの修士の生徒が中国の近くの都 市 を 訪 れ て き ま し た。 杭 州 へ 向 か う 前 に 立 ち 寄 っ た 上 海 と 、 杭 州 か ら 向 か っ た 黄 山 に つ い て M2 チ ャ ー ル ズ と M1 森 川 に 報告 し て も ら い ま した。          ( 編集 :M2 高 梨 ) M2 : C harl es Lau The Stay in Shanghai  Urban Design Lab had a lab trip to Shanghai and H a n gzhou. We went to see many historic and moder n p l a c e s i n S hanghai.   T h e f i r s t w a s Ti a n X i F a n g . O r i g i n a l l y a n o l d r e s i d e n t i a l a r ea, i t was slated for demolition but was preserved f o r a r t s and culture after protests from residents and activists who w a n ted to preserve its old world charm. Next was X i n Ti a n Di. Another redeveloped residential area, it was originally a traditional Chinese Shikumen houses, but is not an area which has an active nightlife and art galleries.Shanghai Another was World Financial Tower. Built by Mori Building, i t i s c u r r e n t l y t h e h i g h e s t t o w e r i n S h a n g h a i , a n d o ff e r s a g r e a t v i e w o f t h e c i t y f r o m t h e t o p f l o o r. F i n a l l y, t h e Yu Ya n g G a r d e n s ( G a r d e n o f C o n t e n t m e n t ) i s a t r a d i t i o n a l Chinese garden which was originally planned in the 1560s. H ow ever, due to turbulent times such as the Opium Wa r s , i t w a s destroyed and rebuilt many times.  I believe that China what makes China distinctive is that while it pursues rapid modernisation, it is also trying to keep and preserve its centuries-old cultural heritage. It w ou ld be g ood to study the progress of China to see if it can successful preserve its cultural heritage yet achieve rapid m od ernization at the same time. M1: 森川 千裕 ▲ M1 中心のメンバー 黄山旅行   9 月 30 日 ( 火 ) か ら 10 月 2 日 ( 木 ) に か け て 、 M2 のラウ、 M 1 の 今 川・ 柄 澤・ 髙 橋 ・ 滝 澤・ 中 島・ 益 邑・ 森 川・ 李 の 計 9 名 で、 安 徽 省 黄 山 市 に 訪 れ ま し た。 黄 山 は、19 90 年 に 世 界 複 合 遺 産 に 登 録 さ れ て お り 、景 勝 地 と し て 知 ら れ て い ま す 。 9 月 30 日 は、 杭 州 か ら 約 3 時 間 30 分 バ ス に 乗 り、 黄 山 屯 渓 老 街 へ 向 か い ま し た。 石 畳 の 道 沿 い に 並 ん だ 徽 州 式 建 築 の 商 店 は 古 く、 時 代 の 積 層 が 感 じ ら れ ま し た。 翌 日、 黄 山 旅 行 の メ イ ン イ ベ ン ト で あ る 黄 山 風 景 区 を 訪 れ ま し た。 主 に 登 山 に な り ま す が 、途 中 ま で は ロ ー プ ウ ェ ー で 上 る こ と がで き ま す 。 こ の 日 は、 国 慶 節 と い う こ と も あ り、 混 雑 が 予 想 さ れ て い ま し た が、 人 も 少 な く、 す ぐ に 乗 る こ と が で き ま し た 。 ロ ー プ ウ ェ ー を 降 り て か ら 見 た 景 色 は、 見 渡 す 限 り の 雲 海 が 広 が っ て お り、 そ こ に 周 辺 の 岩 山 が 重 な っ て、 ま さ に 水 墨 画 の 世 界 で し た。 登 山 は 想 像 以 上 に 大 変 で し た が、 空 気 も き れ い で 、 久 々 に 青 空 を 見 る こ と が で き た た め、 有 意 義 な 時 間 を 過 ご す ことができました。 ​ ▲ T ian X i F an g ▲ Gar d e n o f C o n t e n t m e n t 10 月のウェブ記事 P J メンバー、全国の都市に飛ぶ 日本一の住宅地!?  視 察 案 内 アート & コミュニティ ス ペ ー ス 「 に こ ぷ ら 新 地 」 オ ー プ ン 住民ヒアリング in 旧森田銀行 重要無形文化財 佐原 秋 の 大 祭 ! 是 非 ご 覧 下 さ い : ht t p : //ud. t . u-t o k yo . ac. j p/ ja / b lo g/ ▲息をのむ景色 編集後記 高梨 遼太朗   僕 に は す ご く 地 味 な 趣 味 が あ り ま す。 そ れ は き っ と 皆 さ ん の iP h o ne に も つ い て い る け ど 聞 い た こ と の な い で あ ろ う 「 ポ ッ ド キ ャ ス ト 」と い う の を 聞 く こ と で す 。 録 音 さ れ た ラ ジ オ の よ う な も の で 、頭 を 使 わ な い 模 型 制 作 や レ イ ア ウ ト 作 業 中 、通 学 の 時 間 と か に ニ ュ ー ス や お 悩 み 相 談 、お 笑 い と か も 聞 い て ま す 。 電 車 の 中 で ク ス ク ス 笑 っ て い る 僕 を 見 た 場 合 、話 し か け る の は 笑 っ て い ないタイミングであるとあまり恥をかかなくて済むのでありが たく思います。 11 ,1 2 月 の 予 定 11 11 11 12 月 月 月 月 1 日 2 日  神田老舗ツアー 5 日  第 6 回研究室会議 27 日 第 7 回研究室会議 18 日       研究室忘年会@鳳明館 8

[close]

Comments

no comments yet